YMO」タグアーカイブ

(c)カズキヒロ ぱたくそ「星降る夜(フォトモンタージュ)」(フリー素材)

マイ・フェイバリット・星空・ミュージック


長かった関東の残暑が終幕し、秋本番を迎えました。
やっと衣替えだと思ったら、10月17日~10月25日にかけて「低温に関する早期天候情報」が発表されています。早くも11月並みの気温になります。

17日(日)以降 全国的に気温は平年より低く 低温が続く 紅葉の色づきが進みそう(気象予報士 白石 圭子 2021年10月12日)
17日(日)以降 全国的に気温は平年より低く 低温が続く 紅葉の色づきが進みそう(気象予報士 白石 圭子 2021年10月12日)

映画「天気の子」気象監修の荒木健太郎さんが、低温に関して注意を呼び掛けています。

体調を崩さないようご注意ください。

奇跡的に全国の緊急事態宣言が解除されました。
しかし人流が減っていないのに感染が急減した理由が特定できていません。
新型コロナウイルスに対して政府から科学的な説明がまったくないことに不安が残ります。

12月に「第6波」の懸念があります。
感染対策に奇策はありません。
ワクチン接種の機会を逃さないようにして、日常では「複数人での飲食」「昼夜を問わず不要不急の外出」を自粛し、「テレワーク」を徹底し、一人一人が正し感染抑止に努めるしかありません。

さて、10月のお気に入りのテーマは「星空」です。
当ブログ執筆者がお勧めする8組8曲の「星」「宇宙」にまつわる音楽を紹介します。

荒木一郎|空に星があるように
https://www.youtube.com/watch?v=JiXxPTspVAo (YouTube)

ゴールデン☆ベスト荒木一郎~ビクター篇

  • 荒木一郎のラジオ番組「星に唄おう」のテーマ曲。メロディ、歌詞、とても好きです。(Hiro)
  • 「星に唄おう」はラジオを聴き始めた頃の懐かしい番組です。(Koji)

フィフス・ディメンション(The Fifth Dimension)|輝く星座(Aquarius)
https://www.youtube.com/watch?v=xwzWMDE6EL0 (YouTube)

Age of Aquarius

  • 1967年のロック・ミュージカル「ヘアー」の劇中曲。「ウッドストック」のロックフェスティバルなど、若者文化が全世界に広がった時代だったと思っています。(Hiro)
  • 私も大好きな曲です。「フィフス・ディメンション」といえば、後にメンバーで夫婦の「マリリン・マックー&ビリー・デイヴィス・ジュニアー」がリリースした「星空のふたり」も名曲で、今回のテーマで悩んだ曲です。(MAHALO)

YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)|COSMIC SURFIN’(コズミック・サーフィン)
https://www.youtube.com/watch?v=YastQM59JQE (YouTube)

イエロー・マジック・オーケストラ(US版)(2018年リマスタリング)

新品価格
¥2,900から
(2021/10/13 21:29時点)

  • YMOのデビューアルバム「YELLOW MAGIC ORCHESTRA」の収録曲です。このアルバムの曲はどれも衝撃的でした。この「COSMIC SURFIN’」は細野晴臣の作品で、元々は鈴木茂、山下達郎とのアルバム「PACIFIC」収録曲です。(Koji)
  • 細野サウンドが大好きです。YMOの世界進出にあたり当時のアルファレコードは、YMOを固有のバンドやグループではなく、細野晴臣のプロジェクトのように広報、宣伝をしていたと聞いたことかあります。(Yama)

トルネイドース(The Tornados)|テルスター(Telstar)
https://www.youtube.com/watch?v=WPDvsLSnUGc (YouTube)

Telstar

新品価格
¥446から
(2021/10/13 21:30時点)

  • ベンチャーズ版もありますが、本家「トルネードス」版の記憶が鮮明に残っています。NASAが打ち上げた通信放送衛星「テルスター」の打ち上げを記念して作られたとのことです。(Koji)懐かしいです。宇宙が身近になりました。(Hiro)

レオ・セイヤー(Leo Sayer)|星影のバラード(More Than I Can Say)
https://www.youtube.com/watch?v=GnIlo91CrBw (YouTube)

The Gold Collection

新品価格
¥1,056から
(2021/10/13 21:34時点)

  • 邦題「星影のバラード」というこの曲を初めて聴いたのが「レオ・セイヤー」のカバーでした。メロディー・ラインがが心地よく、今でもよく聴く1曲です。(MAHALO)私も大好きな曲です。(Hiro)

マッキー・フェアリー・バンド(Macky Feary Band)|ア・ミリオン・スターズ(A Million Stars)
https://www.youtube.com/watch?v=SZ9y3niiO3Q (YouTube)

マッキー・フェアリー・バンド(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥6,357から
(2021/10/13 21:34時点)

  • この時期、海外旅行などは難しいかと思いますが、せめてこの曲を聴いてハワイの海岸で満点の星を眺めた気持ちにでもなれればと思います。「桑名晴子」のカバーで聴かれた方もいるのではと思います。(MAHALO)

アース・ウィンド・アンド・ファイアー(Earth, Wind & Fire)|宇宙のファンタジー(Fantasy)
https://www.youtube.com/watch?v=r58GQYFZeLE (YouTube)

All ‘n All

中古価格
¥1,455から
(2021/10/13 21:35時点)

  • 70年代のニューエイジ思想とオカルトブー厶が混在したようなピラミッドをあしらったアルバムジャケットのグラフィックアートが強烈でした。壮大な邦題が授けられたアース・ウィンド・アンド・ファイアーの代表曲かつ、リズム&ブルースのお手本曲です。(Yama)
  • 私もよく聴きました。懐かしいです。(Hiro)
  • 「EW&F」の名曲ですね。個人的には「Al McKay」のギターが気に入っています。相変わらずの人気で、別の曲ですが現在CMでも流れています。(MAHALO)

ランカ・リー=中島愛|星間飛行
https://www.youtube.com/watch?v=SilIScx7mY4 (YouTube)

マクロスFO.S.T.2 「娘トラ。」

中古価格
¥1から
(2021/10/13 21:35時点)

  • マクロスFの音楽監督で「星間飛行」の作曲:菅野よう子から作詞:松本隆に「銀河一のアイドルのデビュー曲を作ってください」と依頼があり「ぜひトライしてみたい」と快諾したそうです。なお「もしバラードだったら『瑠璃色の地球』(松田聖子)みたいになったかな」とも語っていました。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

(C)ELFA ぱたくそ「ハロウィンのかぼちゃ」

マイ・フェイバリット・異国情緒・ミュージック



10月23日(火)は、二十四節気の「霜降」(そうこう)でした。つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也、「秋が深まり野草に冷たい露がむすぶ」の意味です。

「トリック・オア・トリート!!」
秋らしい気候になり来週はハロウィンを迎えます。街には、ハロウィンの飾りや商品がたくさん並んでいます。
世界的な趣旨とは異なり、日本では大人も仮装を楽しむ変なイベントとして、定着してしまいました。

異なるに因み、10月のお気に入りのテーマは「異国情緒」「エキゾチシズム」です。

当ブログ執筆者がお勧めする「異国情緒」を感じる8曲を紹介します。

マイルス・デイビス&チャーリー・パーカー(Miles Davis & Charlie Parker)|チュニジアの夜(A Night in Tunisia)
https://www.youtube.com/watch?v=KxibMBV3nFo (YouTube)

チャーリー・パーカー・ストーリー・オン・ダイアル Vol.1

新品価格
¥2,799から
(2018/10/26 04:46時点)

  • ディジーガレスピー作曲のスタンダード。チェニジアは歴史的にも紀元前カルタゴとして地中海を制覇した時代もあり、歴史の古さから、街に独特の色彩のイメージが浮かびます。(Hiro)

庄野真代|飛んでイスタンブール
https://www.youtube.com/watch?v=Tt6_DWH8GCI (YouTube)

飛んでイスタンブール~庄野真代 ベスト・ヒット~

中古価格
¥23,980から
(2018/10/26 04:47時点)

  • イスタンブールは、アジア、ヨーロッパが交差するところで、東ローマ帝国の首都を含めずっと東西文化の交流点。異国情緒満載。(Hiro)
  • ジタンのタバコも吸ったことはありませんが、何故か「久保田早紀|異邦人」と並びこの曲が頭に浮かびました。(Koji)
  • この「飛んでイスタンブール」が1978年4月、「魅せられて」 (ジュディ・オング)が1979年2月、「異邦人」(久保田早紀)が1979年10月の発表で、この頃は「異国情緒」の当たり時期です。(Yama)

リチャード・ボナ(Richard Bona)|風がくれたメロディー(KAZE GA KURETA MELODY)
https://www.youtube.com/watch?v=E7NMYVeV4p0 (YouTube)

レヴランス

新品価格
¥2,523から
(2018/10/26 04:47時点)

  • 西アフリカはカメルーン出身のベーシストのリチャード・ボナですが、ベースを弾きながら歌う彼の声は何故かアフリカの息吹を感じます。母国語は当然ですが、日本語でもそう思えるのが不思議です。(Koji)

ジプシー・キングス(Gipsy Kings)|インスピレイション(Inspiration)
https://www.youtube.com/watch?v=IwsKWc8AZo8 (YouTube)

究極ベスト~エッセンシャル・ジプシー・キングス

新品価格
¥2,225から
(2018/10/26 04:48時点)

  • CMやタモリ倶楽部(空耳アワー)などでもお馴染みのジプシー・キングスですが、この鬼平犯科帳のエンディングに使われたこの曲が妙にしっくりきます。(Koji)
  • 私もこの曲、昔から好きです。最近、池波正太郎が気に入っていまして、TVでも、剣客商売、雲霧仁左衛門、そして鬼平犯科帳を再放送も含めてよく観ています。鬼平のエンディングほんんといいですね。(Hiro)

Yellow Magic Orchestra (イエロー・マジック・オーケストラ)|Tong Poo(東風)
https://www.youtube.com/watch?v=AyoH2FhWlC8 (YouTube)

Yellow Magic Orchestra

新品価格
¥990から
(2018/10/26 04:49時点)

  • この曲もそうですが、YMO自体がエキゾチック満載です。(Koji)

松任谷由実|Hong Kong Night Sight
https://www.youtube.com/watch?v=JLwV7zEZDJc&t=337s (YouTube)

水の中のASIAへ

新品価格
¥1,608から
(2018/10/26 04:50時点)

  • 香港は香港島の高層ビル群など近代的な反面、一歩路地に入り露天市場などに行くと異国情緒を感じさせます。私が行ったのは、まだ啓徳(カイタック)空港の時代で随分前の事ですが、今でも旅番組などを見てもその雰囲気は変わらなく懐かしく当時を思い出します。今でもこの曲を聴くたびにそんな香港に行きたくなります。「そうだ”HongKong” 行こう」ではないですが。(MAHALO)
  • はい、香港懐かしいですね! シャングリラホテルの前で記念写真を撮ったような、、啓徳に着陸するのスリルがありましたよね。ジャンボも忘れられません。タイガーバームも。笑(Hiro)

ニルソン(Harry Nilsson)|時のたつまま(As Times Goes By)
https://www.youtube.com/watch?v=w7SVzknep8M (YouTube)

Little Touch of Schmilsson in the Night

新品価格
¥540から
(2018/10/26 04:51時点)

  • 映画「カサブランカ」のテーマ曲で、「ニルソン」がカバーしています。アフリカ、モロッコ、カサブランカ、旅番組でもこの地は異国情緒の代名詞としてよく取り上げられています。(MAHALO)
  • 確かに、昔のカルタゴから、モロッコはとても異国情緒を感じますね。白い砂と青い空と。(Hiro)

久保田早紀|異邦人
https://www.youtube.com/watch?v=AsVsN43Fzxk (YouTube)

サウダーデ

新品価格
¥1,625から
(2018/10/26 04:52時点)

  • 「エキゾチック」という言葉を覚えたのはこの曲がヒットして、毎日のように聴いた頃です。中近東方面の、強い日差しと乾いた風を感じる土地の青空を想像します。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・マジック・ミュージック



樹氷と月冬の絶景といえば樹氷です。

雪原にアイスモンスターが立ち並ぶ姿は「冬の魔法」と呼ばれます。
まるで「アナと雪の女王」の世界観です。

さて、2月のテーマは「魔法」「マジック」です。
当ブログ執筆者がお勧めするマジック・ミュージック8曲を紹介します。

サンタナ(Santana)|ブラック・マジック・ウーマン(BLACK MAGIC WOMAN)
https://www.youtube.com/watch?v=FKJPmOh74Xg (YouTube)

ザ・ベスト・オブ・サンタナ

新品価格
¥1,541から
(2017/2/23 07:54時点)

  • 20代の前半、ジャズ喫茶やでディスコで数え切れないくらい聴いた曲です。(Hiro)
  • サンタナ・サウンドの真骨頂という感じです。(Yama)

スリー・グレイセス| 魔法使いサリーのうた
https://www.youtube.com/watch?v=YuxhBzwE9Dw (YouTube)

魔女っ子大作戦~スペシャル・ソング・コレクション

新品価格
¥2,430から
(2017/2/23 08:00時点)

  • 「鉄人28号」、「伊賀の影丸」の横山光輝のアニメの主題歌。小林亜星、作曲で、スリー・グレイセスが歌ってます。(Hiro)
  • 「スリー・グレイセス+薗田憲一とデキシーキングス」だったんですね。(Koji)

荒井由美(松任谷由美)|魔女の宅急便 (やさしさに包まれたなら)
https://www.youtube.com/watch?v=o9n8I6enqVs (YouTube)

魔女の宅急便 サントラ音楽集

新品価格
¥2,076から
(2017/2/23 08:01時点)

  • スタジオジブリの長編アニメ「魔女の宅急便」の挿入歌「やさしさに包まれたなら」です。当初、松任谷由実に書き下ろし曲を依頼したそうですが、主題歌「ルージュの伝言」と併せて荒井由実時代の既存曲の採用となったようです。(Koji)

ザ・ビートルズ(The Beatles/Paul McCartney)|マジカル・ミステリー・ツアー(Magical Mystery Tour)
https://www.youtube.com/watch?v=Cu7Rh2l_Lf0 (YouTube)

マジカル・ミステリー・ツアー

新品価格
¥1,600から
(2017/2/23 08:02時点)

  • 今年もまた4月末にポールの日本ツアーが東京ドームで開催されるようですが、この曲も歌ってくれるでしょうか?https://www.youtube.com/watch?v=AXOWBJ4ux3Y(Koji)
  • 考えてみたら、映画「マジカル・ミステリー・ツアー」を見たことがありません。早速、YouTubeでトレーラーを見ました。なる程、あの「モンティ・パイソン」の国です。ビデオは、ポール・マッカートニーのライブ版です。(Yama)

YMO(YELLOW MAGIC ORCHESTRA)|ライディーン(雷電、Rydeen)
https://www.youtube.com/watch?v=MFu66ye6YWM (YouTube)

YMO

新品価格
¥1,718から
(2017/2/23 08:02時点)

  • YMOというと高橋幸宏の鼻歌を坂本龍一が採譜したといわれる、この曲が何より先に浮かんできます。しかも曲名は「雷電」として。(Koji)
  • テクノポリス(technopolis)と双璧の名作です。(Yama)

ラルフ・マクドナルド(Ralph MacDonald)|ミスター・マジック(Mr. Magic)
https://www.youtube.com/watch?v=_Aq08pk_SdE (YouTube)

サウンド・オブ・ア・ドラム[国内プレス盤 / 最新リマスター / 日本語解説付き](CDSOL-5615)

新品価格
¥1,750から
(2017/2/23 08:04時点)

  • 「グローバー・ワシントンJr.」でおなじみのこの曲、ギター好きならば「ジェフ・ゴルブ」の演奏もお勧めですが、やはり作者本人による演奏が好きですね。このラテン・アレンジによるノリ良さはパーカッショニストならではです。(MAHALO)

アール・クルー(Earl Klugh)|瞳はマジック(Magic In Your Eyes)
https://www.youtube.com/watch?v=onESzfhX-NI (YouTube)

瞳のマジック

中古価格
¥1,639から
(2017/2/23 08:07時点)

  • 「アコギでフュージョンの先駆け」で紹介の「アール・クルー」は今も良く聴くギタリストですが、この曲もお気に入りの1曲です。「瞳はマジック」という邦題も洒落ています。(MAHALO)
  • 確かに、「瞳はマジック」ですね。繊細なギターにエレクトリックピアノと、そして乾いたドラムのリズムがいいです!(Hiro)

ゴダイゴ|モンキー・マジック
https://www.youtube.com/watch?v=tg2a-f67Uy0 (YouTube)

ゴールデン☆ベスト ゴダイゴ

新品価格
¥2,700から
(2017/2/23 08:08時点)

  • テレビドラマ「西遊記」というと、最近ではフジテレビ版が有名ですが、元祖テレビドラマ「西遊記」の主題歌がこの曲。ゴダイゴ自身も、日本テレビ版「西遊記」と共に、メジャーになりました。因みに、日本テレビ版「西遊記」のエンディングテーマは「ガンダーラ」でした。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・トーキョー・ミュージック



東京タワー「ダイヤモンドヴェール」

東京タワー「ダイヤモンドヴェール」(帰属:Kakidai、ライセンス:CC BY-SA 4.0、http://ja.wikipedia.org/wiki/東京タワー)

5月23日(月)、東京都心では今年初めて最高気温が30度以上になる「真夏日」になりました。
この日、関東各地の最高気温は、東京30.9度、横浜29.8度、千葉30.0度、熊谷33.0度、甲府32.4度でした。

残念ながら、梅雨入り前の貴重な「カラッとした暑さ」は、長く続きません。
西から雨の季節が近づいています。

残り少ない初夏の陽気を満喫しましょう。

さて、5月のお気に入り曲のテーマは「東京」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「東京」に纏わる8曲を紹介します。

テレサ・テン|スキャンダル
https://www.youtube.com/watch?v=Qx11zFoDc2c (YouTube)

テレサ・テン プレミアム・コレクション BHST-161

新品価格
¥1,000から
(2016/5/26 00:25時点)

  • 歌詞の街名、三茶、下北、吉祥寺、恵比寿、十番、西麻布、私の30代、40代の「東京」でした。本当に曲にぴったりで、おしゃれな街です。何回カラオケで歌ったか。 今は、神田、新橋、門前仲町、でしょうか。(Hiro)

Yellow Magic Orchestra(YMO)|Technopolis(テクノポリス)
https://www.youtube.com/watch?v=zFADf3CW8zI (YouTube)

Solid State Survivor

新品価格
¥634から
(2016/5/26 00:28時点)

  • 「TOKIO」というヴォコーダーの音からスタートするYMOのヒット曲。アルバム「Solid State Survivor」の「Technopolis」→「Absolute Ego Dance」→「Rydeen」の冒頭の流れは何時聞いても「YMO」そのものです。(Koji)

アン・ルイス|六本木心中
https://www.youtube.com/watch?v=nFq-kJpH7MA (YouTube)

アン・ルイス Best Selection

新品価格
¥1,643から
(2016/5/26 00:30時点)

  • 湯川れい子の作詞を含めて秀逸の名曲ですね。(Koji)
  • 当時、見ていた深夜ドラマのエンディング・テーマ曲で、ドラマ名は「トライアングルブルー」。とんねるずが主演で、故・可愛かずみも、出演していました。プロモーションビデオがそのまんまエンディング・ロールに使われる奔りだったと記憶しています。この曲自身は音楽ランキングで上位にランクインしませんでしたが、カラオケで長く歌われた、思い出深い曲です。(Yama)

矢野顕子|Walk On The Way Of Life
https://www.youtube.com/watch?v=qBVemdVfchU (YouTube)

東京は夜の7時

新品価格
¥1,966から
(2016/5/26 00:34時点)

  • タイトルや歌詞に「東京」は無いのですが、「矢野顕子」の2枚目のライブ・アルバム「東京は夜の7時」のラストを飾る名曲だと思います。途中メンバー紹介となりますが、亡き「松原正樹」をはじめメンバーが凄いです。最後に紹介のコーラス2人など今では考えられません。(MAHALO)

笠井紀美子|ベリー・スペシャル・モーメント(Very Special Moment)
https://www.youtube.com/watch?v=vLdwnL3tD8Q (YouTube)

トーキョー・スペシャル(期間生産限定盤)

新品価格
¥989から
(2016/5/26 00:31時点)

  • この曲もタイトルや歌詞に「東京」は無いのですが、「笠井紀美子」の「Tokyo Special」というアルバムに収録されています。Tokyo Specialという曲も収録されていますが、このアルバムではこの曲が大好きです。最初に聴いたのは40年近く前の事ですが、今でも東京といえばこのアルバム、そしてこの曲を思い出します。ちなみに作曲は「横倉裕」です。(MAHALO)
  • 笠井紀美子、懐かしいです。ずっと忘れていた名前です。マル・ウォルドロンの名前も浮かんできました。「ワン・フォー・レディ」(Hiro)

サディスティックス(Sadistics)|The Tokyo Taste
https://www.youtube.com/watch?v=dObnGoMRy6o (YouTube)

Sadistics

新品価格
¥2,130から
(2016/5/26 00:35時点)

  • サディスティックスのファーストに収録されたこの曲は今聴いてもお洒落です。(MAHALO)

井上陽水|Tokyo
https://www.youtube.com/watch?v=QVLE1JPiDeE (YouTube)

GOLDEN BEST

新品価格
¥3,516から
(2016/5/26 00:36時点)

  • 銀座、新宿、渋谷、青山、赤坂、浅草の地名が登場し、はとバス、地下鉄の情景が思い浮かぶ写実主義な歌詞に、少しメルヘンなワードが混じる井上節です。(Yama)

鈴木雅之&菊池桃子|渋谷で5時
https://www.youtube.com/watch?v=FqgWM3Z5qxw (YouTube)

ALL TIME BEST ~Martini Dictionary~

新品価格
¥3,040から
(2016/5/26 00:37時点)

  • 携帯電話がなかった時代、渋谷の夕方の情景を思い出します。当初は鈴木雅之のアルバム収録曲でしたが、後に鈴木杏樹主演のポケベル「東京テレメッセージ」のCMに採用され、リメイクでシングルカットされました。(Yama)
  • カラオケでこの歌よく聴きました。鈴木雅之と菊池桃子とは知りませんでした。(Hiro)
  • ポケベルもカセット・ウォークマンも懐かしアイテムになりましたね。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・エレクトロニック・ミュージック



台風11号は「梅雨明け」を齎(もたら)しましたが、台風14号は「秋の気配」を置いてゆきました。朝の空気のひんやり感に、ほっとします。
まだまだ残暑は続きますが、エレクトロニック音楽で、クールダウンしましょう。

8月の「お気に入り曲」のテーマは、「エレクトロニック・ミュージック」です。
当ブログ執筆者がお勧めするエレクトロニック音楽9曲を紹介します。

冨田勲|「ベルガマスク」組曲 第3曲「月の光」
https://www.youtube.com/watch?v=8ajSyyzIC_8 (YouTube)

月の光

新品価格
¥1,523から
(2015/8/26 13:58時点)

  • まず、シンセサイザーで頭に浮かぶのな、冨田勲。NHKのドラマなどの音楽を担当していて名前はよく知っていました。で、あらためて曲は?と考え、YouTubeでこの「月の光」を見つけました。とてもナイーブな演奏だと思いました。(Hiro)
  • やはりアナログ・シンセサイザーの深みを感じる代表曲だと思います。(Koji)

YMO|ファイアー・クラッカー(Fire Cracker)
https://www.youtube.com/watch?v=MFUVylPVVMc (YouTube)

Yellow Magic Orchestra

中古価格
¥988から
(2015/8/26 13:59時点)

  • YMOのデビュー曲。新しい音楽の方向を示している曲。(Hiro)

Yanokami|終りの季節
https://www.youtube.com/watch?v=lAXPWpjmAwQ (YouTube)

yanokami

新品価格
¥1,900から
(2015/8/26 14:00時点)

  • 矢野顕子とハラカミ・レイによるユニットのyanokamiによる細野晴臣の「終りの季節」のカバーですが、独特の世界を表現が印象的でした。矢野顕子によって「世界遺産」に独自認定された異才の早逝が惜しまれます。(Koji)

YMO|ライディーン(Rydeen)
https://www.youtube.com/watch?v=MFu66ye6YWM (YouTube)

ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー

新品価格
¥2,120から
(2015/8/26 14:01時点)

  • 衝撃的であったYMOの出現でしたが、この曲が特に印象的でした。(Koji)
  • Rydeenとtechnopolis、どちらも衝撃的でした。(Yama)

喜多郎|シルクロード(絲綢の道)
https://www.youtube.com/watch?v=oU7JWTtJaL4 (YouTube)

NHK特集「シルクロード」オリジナル・サウンドトラック シルクロード

新品価格
¥2,699から
(2015/8/26 14:02時点)

  • NHKの番組に良くマッチした音楽でした。シンセサイザーの魅力を引き出した名曲だと思います。(Koji)
  • 何か聴き覚えのあるような懐かしさを感じるメロディとシンセサイザーの奏でる音が心を和ませてくれます。(Hiro)

イエス(Yes)、リック・ウェイクマン・ソロ(Rick Wakeman Solo)|ヘンリー八世の六人の妻(The Six Wives of Henry VIII)
https://www.youtube.com/watch?v=bRfxSLcmx7s (YouTube)

イエスソングス

新品価格
¥2,520から
(2015/8/26 14:02時点)

  • 私にとってシンセサイザーとの出会といえば「Yes」の「リック・ウェイクマン」と「EL&P」のキース・エマーソン」の2人です。特にYesのライブ・アルバム「Yessongs」でのリック・ウェイクマンのソロは当時は驚きでした。曲はリック・ウェイクマンのソロ・アルバム「ヘンリー8世と6人の妻」からです。マルチ・キーボーディストという言葉もこの2人で知ったかと思います。(MAHALO)

細野晴臣|コズミック・サーフィン(Cosmic Surfin’)
https://www.youtube.com/watch?v=mcddDuKv0fw (YouTube)

PACIFIC

新品価格
¥1,591から
(2015/8/26 14:03時点)

  • 今回のテーマで真っ先に思いつくのが「YMO」かと思いますが、まだYMOがデビューする前に聴いたのがこの曲でした。「Pacific」というアルバムに収録され、他の曲に比べ異色だなと聴いていたのですが、間もなくしてYMOの時代となります。この曲も「坂本龍一」、「高橋幸宏」が参加しYMOとも言え、のちにアレンジを変えYMOとしてこの曲をリリースしていますが、私はこのアレンジがお気に入りです。(MAHALO)
  • 既にこの時点でYMOそのものでしたね。(Koji)
  • YMOバージョンしか聞いたことありませんでした。アレンジが違って、面白いです。(Yama)

エレクトリック・ライト・オーケストラ (Electric Light Orchestra)|トワイライト(Twilight)
https://www.youtube.com/watch?v=o-uaXyc6Mlw (YouTube)

ベリー・ベスト・オブ・ELO

新品価格
¥1,589から
(2015/8/26 14:03時点)

  • シンセサイザーを使わない英国の「電灯楽団」。SF感があふれる80年代洋楽の代表曲は「DAICON IVオープニングアニメ」「電車男」でお馴染みです。動画は、プロローグ付きのライブバージョンです。(Yama)

ダフト・パンク(Daft Punk)|ゲット・ラッキー(Get Lucky)
https://www.youtube.com/watch?v=h5EofwRzit0 (YouTube)

Random Access Memories

新品価格
¥631から
(2015/8/26 14:04時点)

  • 2014年、第56回グラミー賞でノミネートされた5部門すべてを受賞した「ダフト・パンク」と「ゲット・ラッキー」。先鋭的な現代音楽はすべてエレクトロかもしれません。(Yama)
  • 何かセンスの良さがビビットに感じられ、曲調がとても面白いです。(Hiro)
  • 今回のテーマとは真逆でアナログではありますが、ナイル・ロジャースのギターは何時聴いてもナイル.ロジャースですね。カッティング、サウンドとも大好きなギタリストの1人です。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)