ザ・ピーナッツ」タグアーカイブ

高度経済成長期のアイコン「安井かずみ」


先日、友人と飲んでいましたら、たまたま「六本木野獣会」の話になりました。
もちろん、このような会があったことを知ったいましたが、それは、 私が東京で暮らすようになってからです。メンバーは、すぎやまこういち、田辺靖雄、峰岸徹、中尾彬、大原麗子、小川知子、井上順、ムッシュかまやつ、福澤幸雄などでした。

さらに話題は「キャンティ」に及び、そのキャンティの常連客は、安井かずみ、加賀まりこ、コシノジュンコ、かまやつひろし、三笠宮殿下、島津久永、島津貴子御夫妻でした。そして最年少の常連客だったのは荒井由実(松任谷由実)でした。

ふと見ると隣の席では、フランク・シナトラやマーロン・ブランドなんかが食事してる。僕ら若憎は震えながら挨拶し、いろんなことを教わった。それはあたかも、真夜中の学校のようだった。

かまやつひろし、『キャンティ物語』推薦文

夜な夜なこのようなところで深夜まで集まって、だべってることが、若者である「時」を、「おしゃれ」で、「粋がって」、いかにも若さを全面に出して生きていたようで何かとても羨ましく、もし、人生が逆回転してくれるのであれば、20代にもどり、是非一度でも、その頃の「キャンティ」に行ってみたいと思っています。

中でも、「安井かずみ」はとても華やいでみえます。
安井かずみといえば作詞家としてすぐに思い出します。
ただ、子供の頃よく聴いていた、洋楽の日本語訳を安井かずみが手がけていたとは知りませんでした。

安井かずみが手掛けたのは、ヘイ・ポーラ、悲しき雨音、レモンのキッス、GIブルース、サマー・ホリデー、カラーに口紅、悲しき足音、アイドルを探せ、オー・シャンゼリゼ、雪が降る、マイ・ウェイ、ドナドナ、などなど。

「ザ・ピーナッツ」 が歌った「レモンのキッス」は忘れられません。 (訳詞:みナみカズみ、編曲:宮川泰)

ザ・ピーナッツ|レモンのキッス
https://www.youtube.com/watch?v=wz73-52vG-Y (YouTube)

レモンのキッス (MEG-CD)

新品価格
¥1,132から
(2019/11/14 01:46時点)

多くの歌手がカバーしていますが、やはり、1962年発売、みナみカズみ(安井かずみ)訳の ザ・ピーナッツ が一番記憶に残っています。

安井かずみは、新興楽譜出版社の草野昌一社長(ペンネーム、漣健児)に、20代前半で見出されて、はじめ「みナみカズみ」  のペンネームで洋楽ポップスの訳詞を書いていました。

そして、作詞するようになり、伊東ゆかりに書いた「小指の思い出」が大ヒットしました。そして、次に平尾昌晃作曲で、小柳ルミ子のデビュー曲となる「私の城下町」で洋楽ポップス系から、本格的に歌謡曲の作詞家となりました。
平尾昌晃は、安井かずみが「日本的な、伝統的なものも書いてみたい」と言ったことで、小柳ルミ子のデビュー曲の企画で安井かずみを作詞家として起用し、「私の城下町」の大ヒットを生むことができました。
平尾は「安井かずみの詞は曲をつけやすいんですよ。個性的だし、リズムがいいんです。」と言っています。

小柳ルミ子| 私の城下町
https://www.youtube.com/watch?v=UaKe0TwITlc (YouTube)

ゴールデン☆ベスト 小柳ルミ子 シングル・コレクション

新品価格
¥2,700から
(2019/11/14 01:48時点)

小柳ルミ子は、この「私の城下町」で、「第2回 日本歌謡大賞」の放送音楽新人賞、や「第13回日本レコード大賞」の最優秀新人賞など、数々の新人賞を受賞しています。また、大晦日には『第22回NHK紅白歌合戦』に初出場、華々しいデビュー年をかざりました。

作詞家はメロディーやリズムに乗って聴く人が一緒に口ずさみたくなるフレーズを編み出します。

日本最古の歌集「万葉集」で、「柿本人麻呂」「額田王」などは、ある抑揚をつけて、漢字の深い意味合いを歌と詠んだと言われています。
さしずめ、安井かずみは、現代の万葉詩人であったかも知れません。
生涯残した歌が4000曲とのことですので。

安井かずみの数ある傑作の中でも、沢田研二の「危険な二人」は印象深いです。

沢田研二|危険な二人
https://www.youtube.com/watch?v=1s2BvG_NY9k (YouTube)

ロイヤル・ストレート・フラッシュ

新品価格
¥1,942から
(2019/11/14 01:49時点)

数多くのビッグヒットを生み出し、その生涯を「おしゃれな生活」でつらぬいた安井かずみはの曲、彼女の書いた詞の数々はこれからもずっと色あせずに生き続けていくのだと思います。

安井かずみは、1960年代から、社交場「キャンティ」に出入りし、六本木を「ロータス・エラン」で疾駆し、まさに日本が上昇気流に乗る、「高度経済成長期のアイコン」だったのではと思います。

世界の「ザ・ピーナッツ」



シャボン玉ホリデーでも書きましたが、双子ディオの「ザ・ピーナッツ」(伊藤エミ伊藤ユミ)の歌唱力は多くのファンもさることながらプロのミュージシャン、そして海外の音楽関係者からも高い評価を受けていました。それが、証拠に日本人で「ザ・ピーナッツ」ほど海外での音楽番組、ステージに出た歌手も少ないのではと思います。

  • 1963年 オーストリアのテレビ番組「カテリーナ・ヴァレンテ・ショー」に出演
  • 1964年 西ドイツ、テレビ番組出演
  • 1966年 アメリカで「エド・サリヴァン・ショー」に出演
  • 1967年 アメリカで「ダニー・ケイショー」に出演
  • 1967年 オランダにて「カテリーナ・ヴァレンテ・ショー」に出演
  • 1968年 アメリカ公演「ホノルル~サンフランシスコ~ロスアンゼルス~サンタモニカ」

1963年から1968年の5年間に、年1回(1965年以外)、海外での番組出演、公演を行っています。
この当時としてはとても驚かされることです。

ザ・ピーナッツ|恋人よ我に帰れ(LOVER COME BACK TO ME)|エド・サリヴァン・ショー
https://www.youtube.com/watch?v=lg9GW6iAifQ (YouTube)

THE PEANUTS “THE BEST 50-50”

新品価格
¥3,186から
(2014/12/11 15:30時点)


エド・サリヴァン・ショー(Ed Sullivan’s Show)」での「恋人よ我に帰れ」です。

「恋人よ我に帰れ」は、ブロードウェイのミュージカル「ニュー・ムーン(The New Moon)」の中の、シグマンド・ロンバーグ作曲、オスカー・ハマースタイン2世作詞の曲です。ザ・ピーナツの実力をみせつけられる一曲と思います。ジャズアレンジで米国の有名なテレビショーで堂々とここまで歌える歌手は、そうは日本にはいなと思います。

カテリーナ・ヴァレンテ(Caterina Valente)&ザ・ピーナッツ|恋のバカンス
http://www.youtube.com/watch?v=-SqyrLZirzo (YouTube)

ザ・ピーナッツ 恋のバカンス 情熱の砂漠 情熱の花 可愛い花 月影のナポリ ふりむかないで 明日になれば ジョニー・エンジェル ジューン・ブライド 心の窓にともし灯を こっちを向いて さよならは突然に 哀愁のヴァレンティーノ サンフランシスコの女 東京ブルー・レイン 大阪の女 12CD-1051B

新品価格
¥1,000から
(2014/12/11 15:32時点)


「恋のバカンス」は宮川奉作曲、岩谷時子作詞です。「恋のバカンス」を、カテリーナ・バレンテもカバーしました。バレンテは「ザ・ピーナッツ」のことを「どの国で歌っても通用する」と高く評価していました。

そして、「クリムゾン・キングの宮殿(In The Court Of The Crimson King)」の「エピタフ」のカバーがあります。キング・クリムゾンのプログレッシブ・ロックというジャンルを確立した記念碑的な曲です。女性コーラスの「エピタフ」は、世界でもザ・ピーナッツだけという話です。

ザ・ピーナッツ|エピタフ(Epitaph)
https://www.youtube.com/watch?v=Nsf_wK_fHpo (YouTube)

IT’S TOO LATE~ザ・ピーナッツ・オン・ステージ

新品価格
¥1,836から
(2014/12/11 15:34時点)


「ザ・ピーナッツ」は、民謡からシャンソン、ポップス、ハードロックまで、ジャンルを問わず歌いこなしてしまう圧倒的な歌唱力があっと思います。そして、「ザ・ピーナッツ」は、ユニゾンと、ハーモニーを巧みに使いこなし、聴く側に素晴らしい感動をもたらす天才デュオだと思います。

マイ・フェイバリット・ファミリー・アーティスト・ソング



街路樹の紫陽花

街路樹の紫陽花

関東は梅雨真っ盛りです。
雹(ひょう)が降ったり雷鳴やゲリラ豪雨も交じり、さながら悪天候の博物館の状態です。
そんな梅雨空ですが、街路樹の紫陽花が、癒してくれます。

でも、6月26日に沖縄が梅雨明けしました。

本格的な夏は、もうすぐです。

さて、6月の「お気に入り曲」のテーマは「ファミリー・アーティスト」です。
当ブログ執筆者4人のお勧めの、ファミリー・アーティスト・ソングを8曲を、紹介します。
洋の東西を問わず名曲が集まりました。

カーペンターズ (Carpenters)|二人のラブソング(All You Get From Love Is A Love Song)
https://www.youtube.com/watch?v=1Y6fyqQ8UPs (YouTube)

40/40

新品価格
¥1,038から
(2014/6/27 16:05時点)

兄弟ディオといえば、やはり、「カーペンターズ」が頭にすぐうかびます。軽快な曲、しっとりとした曲、いずれも心が癒されます。その中でも、All You Get From Love Is A Love Song(邦題「二人のラブソング」)は、何とも言えない情感があります。ラブソングは愛に傷ついて生まれる・・・という歌詞がメロディーにぴったりです。(Hiro)
ライブ・ハウスを貸し切って行った忘年会でこの曲をやったのを思い出します。私のパートは「コンガ」でした。私の中ではカーペンターズのベスト3に入る曲かと思います。(MAHALO)

ザ・ピーナッツ|モスラの歌
http://www.youtube.com/watch?v=mHXLyzy_GjI (YouTube)

THE PEANUTS “THE BEST 50-50”

新品価格
¥2,880から
(2014/6/28 00:18時点)

映画「モスラ」の劇中歌です。ザ・ピーナツには数限りなく好きな曲がありますが、この映画でのモスラの歌は、映画で見て強烈な印象を受けて忘れられません。インドネシア語で歌われています。ですから、全く意味不明でしたが、何度もくりかす、モスラ~ヤ モスラ~は南国のイメージが鮮明に浮かびます。(Hiro)

ビリーバンバン|さよならをするために
http://www.youtube.com/watch?v=gEzXKL1QGcY (YouTube)

40周年記念ベストアルバム テーマ・ソング コレクション~また君に恋してる~(DVD付)

新品価格
¥2,500から
(2014/6/28 00:21時点)

1972年、石坂浩二、浅丘ルリ子主演の日本テレビのテレビドラマ「3丁目4番地」の主題歌。詩がやさしく、メロディ、そしてビリーバンバンの歌声がもの悲しいメローな感じを伝えています。(Hiro)

平原綾香|ジュピター(Jupiter)
https://www.youtube.com/watch?v=eBTAI1rHNt4 (YouTube)

my Classics selection

新品価格
¥2,900から
(2014/6/27 16:07時点)

祖父はジャズ界の草分け的トランペット奏者の平原勉、父の平原まことは現役マルチリード奏者。姉のaika(平原愛花)はバークリー出身の歌手、サックス奏者。妹の綾香のコンサートのサポートもするようです。筋金入りの音楽一家でしょう。(Koji)

カーペンターズ (Carpenters)|遙かなる影(Close To You)
http://www.youtube.com/watch?v=6inwzOooXRU (YouTube)

シングルズ 1969-1981

新品価格
¥999から
(2014/6/27 16:12時点)

カーペンター兄妹の音楽は、妹の声の特徴を最大限に引き出した、兄の編曲能力が成功の一因だったかも知れません。(Koji)
カーペンターズの良さはもちろんですが、 バート・バカラックの名曲ですね。(MAHALO)

日野皓正|Alone, Alone And Alone
http://www.youtube.com/watch?v=Nn-LQpFhGIY (YouTube)

TARO’S MOOD (24 BIT)

新品価格
¥1,244から
(2014/6/27 16:09時点)

日本のジャズ界に残した日野兄弟(皓正、故元彦)の功績は大きいと思います。「たった一度で終わった南房総の夏のジャズ・フェス」(https://music.isi-tec.com/?p=5165)でも紹介した「行川ジャズ・フェスティバル」の演奏は印象的でしたし、最近も若手メンバーとジャズ・フェスでも見かけます。また、皓正の次男の賢二はベーシストとして活躍しています。故元彦の未亡人(日野容子)は六本木のジャズ・クラブ「alfie」のオーナーです。(Koji)
いいですね! すごく気持ちが落ち着きますね。Blue MitchelltとChick Corea のAlone,Alone and Aloneもいいですが。(Hiro)

ウィルソン・ブラザース(Wilson Brothes)|シャドウズ(Shadows)
http://www.youtube.com/watch?v=aLx-lmWN4Rc (YouTube)

アナザー・ナイト

新品価格
¥1,194から
(2014/6/27 16:16時点)

今回のテーマで真っ先に思いついたのが、スティーヴ・ルカサー弾きまくり!「ウィルソン・ブラザース」でも紹介したこの兄弟デュオです。「新・名盤探検隊」でも再発されるなど、今でもよく聴くアルバム、曲です。曲の良さもですが、スティーヴ・ルカサーのギターが名演でもあります。(MAHALO)

アイズレー・ブラザース(Isley Brothers)|イフ・ユー・ワー・セア(If You Were There)
http://www.youtube.com/watch?v=l-KtG6CGOgI (YouTube)

3+3

新品価格
¥374から
(2014/6/27 16:20時点)

R&Bからスタートしたアイズレー・ブラザースですが、私はファンク・ロックなどと呼ばれた頃が大好きで、この曲が収録の「3+3」は今でも聴く1枚です。この曲は山下達郎ファンにはお馴染みかと思います。「Between The Sheets(邦題:シルクの似合う夜)」なんて、タイトルや歌詞も意味深(?)な曲も名曲ですが。(MAHALO)
山下達郎の 「DOWN TOWN」に似ていますね。リスペクト曲だと思います。かなり意識しているようです。(Yama)

カウシルズ(The Cowsills)|雨に消えた初恋(The Rain The Park And Other Things)
http://www.youtube.com/watch?v=LsqlAGsPkY0 (YouTube)

Best of the Cowsills

新品価格
¥1,018から
(2014/6/27 16:23時点)

当ブログで紹介しました「パートリッジ・ファミリー」ですが、その元となり影響を与えたのがアメリカ、ロードアイランド州出身の兄弟ポップ・グループ、カウシルズです。タイトルが雨でも、ジメジメとした梅雨の雨とは違うかと思います。(MAHALO)
カウシルズと云えば、この曲とともに「牛も知ってるカウシルズ」のフレーズが頭をよぎります。(Koji)

山下達郎|ビッグ・ウェイブのテーマ(The Theme From Big Wave)
http://www.youtube.com/watch?v=bHBoiyLMwCA (YouTube)

Big Wave (30th Anniversary Edition)

新品価格
¥2,376から
(2014/6/27 16:24時点)

ご存じ「竹内まりや」と夫婦で活躍するアーティスト。今年は夏の定番アルバム「Big Wave」が発売されてから30周年。記念のリマスター盤がボーナストラック付きで、7月23日に発売されます。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

<おくやみ>作詞家の岩谷時子さん死去「愛の讃歌」「恋の季節」



作詞家の岩谷時子さん死去 「愛の讃歌」「恋の季節」(毎日jp)

作詞家で文化功労者の岩谷時子(いわたに・ときこ、本名トキ子)さんが、10月25日、肺炎のため東京都内の病院で死去しました。97歳でした。
越路吹雪の「愛の讃歌(さんか)」「ラストダンスは私に」「サン・トワ・マミー」の訳詩と、加山雄三の「君といつまでも」ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」、フランク永井の「おまえに」、ピンキーとキラーズの「恋の季節」の作詞が代表作。

この他、当ブログで紹介した「君をのせて」(沢田研二、作曲は宮川泰)「ふりむかないで」(ザ・ピーナッツ、作曲は宮川泰)も岩谷時子さんの作品です。

謹んで、哀悼の意を表します。

(編集長)

 

越路吹雪 ゴールデン☆ベスト

新品価格
¥1,702から
(2013/10/30 12:41時点)

フランク永井 ベスト&ベスト PBB-09

新品価格
¥1,060から
(2013/10/30 12:43時点)

ピンキーとキラーズ ベスト・ヒット

新品価格
¥1,000から
(2013/10/30 12:45時点)

同名異曲の「ふりむかないで」



先週のバス・ストップのように、私は同じタイトルだが異なる曲が全て好きなケースがなぜか多い。「ふりむかないで」も、そんな「同名異曲」な1タイトルです。
「ザ・ピーナッツ」、「シモンズ」そして「ハニー・ナイツ」が同名の異なる曲を歌っています。

ザ・ピーナッツ|ふりむかないで
http://www.youtube.com/watch?v=ZP8POMdGYAg (YouTube)

ふりむかないで (MEG-CD)

新品価格
¥1,100から
(2013/5/20 18:52時点)

ザ・ピーナッツ」の「ふりむかないで」は、1962年リリースです。
本当に明るくアメリカンポップス的な雰囲気の曲で、すごく新しさを感じた曲でした。
この曲に出てくる女の子は、私たちの憧れのイメージでした。明るくて、おしゃれで、かわいくて、豊かさを感じるようになってきた時代の象徴だったのかもしれません。
後から知ったのですが、添付のYouTubeの「ふりむかないで」はステレオ録音だそうです。そのころは全てモノラル録音でしたのですが、この曲は立体録音されているそうです。高音のところがとてもきれいです。

シモンズ|ふりむかないで
http://www.youtube.com/watch?v=ctIWv-1gOxo (YouTube)

ヒット・コレクション

新品価格
¥1,721から
(2013/5/20 16:55時点)

シモンズ」は、1971年デビューの女性2人のデュオ(玉井妙子、田中由美子)です。
「シモンズ」という名前は、アメリカの有名な男性デュオ「Simon & Garfunkel」の「Simon」からとったと言われています。
この「ふりむかないで」はアリスの谷村新司が作詞、作曲しています。
曲調が二人の澄み切った声にピッタリで、別れの歌なのですがなんとも言えない爽やかさを感じてしまいます。

ハニー・ナイツ|ふりむかないで
http://www.youtube.com/watch?v=dgvqSzEge9U (YouTube)

魅惑のムードコーラス ベスト&ベスト KB-6

新品価格
¥1,100から
(2013/5/20 18:53時点)

ハニー・ナイツ」は、男性コーラス・グループです。吹き込んだCMソングやアニメソングの総数は5,000曲に達するそうです。
この「ふりむかないで」は1972年、ライオン「エメロンシャンプー」のCMソングです。
各都市の街頭で女性に「ちょっとふりむいてもらえますか?」とマイクを向け、その反応をそのままテレビで流すコマーシャルでした。素人の方々なので、今までのコマーシャルとはまったく違った印象を受けました。
この曲はご当地ソングとして72番まで歌詞があるとのことです。作曲はドラマ「寺内貫太郎一家」で「寺内貫太郎」を演じた「小林亜星」です。
明るく軽やかで、そしてシンプルな繰り返しの曲調ですが、各都市の紹介が映像とともに映されますので、飽きることなく観ました。

3曲とも、ヒットした曲です。
日本が経済成長の真っただ中、全てが自身に満ちた時代の歌です。
だから、基本、明るく、爽やかな、そして歌いやすく、乗りやすい、シンプルな曲だと思います。

シャボン玉ホリデー



1961年から日曜日の夜に日本テレビで放映していたバラエティー番組「シャボン玉ホリデー」を、今でも覚えています。ここにジャズバンドの「ハナ肇とクレージーキャッツ」がホストとして出演していました。主役は、双子の女性デュオ「ザ・ピーナッツ」です。
同じころ、NHKでは、土曜日の夜に「夢であいましょう」を、黒柳徹子さんの司会で放映していました。

「ハナ肇とクレージーキャッツ」は、昨日の秋吉敏子さんの回で少しふれましたが、メンバーのみなさん、元々ジャズ喫茶で本格的なJazzを演奏していました。
しかし、この「シャボン玉ホリディ―」に出演したころは、コメディグループとして、番組でコントやギャグを演じたり、歌を流行らせたりしていました。
ですので、私の記憶には、ジャズバンドの「ハナ肇とクレージーキャッツ」は残っていなく、コメディグループとしての「ハナ肇とクレージーキャッツ」しかありません。

このシャボン玉ホリディーのエンディングは「ザ・ピーナッツ」が歌った「スターダスト」です。私の印象に残るJazzスタンダードの1曲です。

ザ・ピーナッツ | スターダスト(Stardust)
https://www.youtube.com/watch?v=olhmZH0v5d8 (YouTube)

ザ・ピーナッツ ベストアルバム

新品価格
¥1,800から
(2013/1/30 11:29時点)


以前に見たYouTubeのコメントに、以下のように書いてありました。

「この歌にはエピソードがあり、当時お忍びで来日していた作曲者の­ホーギー・カーマイケルがホテルのロビーで見ていたシャボン玉ホリデーで偶­然この歌を聴き、おれの作った曲を実に上手く歌っていると、スタ­ジオに電話してきた。スタッフはいたずら電話かと思ったが本人と­知ってビックリ。翌日、ザ・ピーナッツが帝国ホテルまで会いに行­った。次の週の番組に本来なら目の玉が飛び出るようなギャラを放­棄して特別出演してピアノで伴奏したという。作者の惚れこんだ彼­女達の歌は本物だ」

1967年に、グループ・サウンズ(日本のバンド グループ)の中心的グループとなる、「タイガース」がデビューしました。そのタイガースも、シャボン玉ホリディーにゲスト出演しました。

谷啓 ザ・ピーナッツ 園まり ザ・タイガース 布施明 | 青空の笑顔
http://www.youtube.com/watch?v=w1EITvrrJfo (YouTube)

ボーカルの「沢田研二」さんは、今のジャニーズ・アーティスト以上の人気を博していました。そして、ザ・ピーナッツの姉「伊藤エミ」さんと結婚しました。しかし、残念ですが、その後離婚し、「伊藤エミ」さんは昨年亡くなられました。

番組のゲストで、ダークダックス、白木秀雄(ドラム)、鈴木章治(クラリネット)、スリーファンキーズ、
が出演していた回がありました。ある年代以上で無いと知らないかもしれませんが、大変有名なミュージシャンです。

鈴木章治、ザ・ピーナッツ、安田伸 | すずかけの道
http://www.youtube.com/watch?v=Rhk6ah-x-90 (YouTube)

鈴懸の径~メモリアル・ベスト・

中古価格
¥4,088から
(2013/1/30 11:47時点)


「鈴木章治(作曲者)」さんが、銀座のクラブで「すずかけの道」を演奏していた時、来日していた「ベニー・グッドマン楽団」のリード・アルト・サックスを担当「ピーナッツ・ハッコー」さんが鈴木さんの演奏を聴いて、大変気に入り、その後「プラタナス・ロード」という曲名で演奏していたとのことです。

一緒に演奏している「安田伸」さんは、「クレージーキャッツ」のメンバーですが、東京芸術大学で本格的な管楽器の勉強をされていたとのことです。ただ、学生時代からJazzに転向し、サックスで進駐軍キャンプなど、いろいろなところで演奏活動をしていたとの事です。

「シャボン玉ホリディー」は、私たちの年代は、ほぼ全員覚えているのではないでしょうか。
家庭の居間に、白黒テレビ置かれるようになった時代です。
それまで、子供の楽しみはたま行く映画、漫画雑誌などでした。それが、家で「動く紙芝居」が見れるのですから、それはもう、テレビの前にずっといて、そこから離れなかった記憶があります。
そして、「シャボン玉ホリディー」は、毎週、同じパターンでのバラエティ番組でしたが、ゲストを含めて構成、内容、出演者の「質」の良さは、子供ながらに感じました。約50年前のテレビ番組ですが、今でも忘れずにいます。

That’s WATANABE ヒットソング・コレクション~ザ・ヒットパレード&シャボン玉ホリデー~

新品価格
¥3,064から
(2013/1/30 11:35時点)