山下達郎」タグアーカイブ

竹内まりや「プラスティック・ラブ」という魔法「シティポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち」より


先月発売された「Guitar Magazine 2020年1月号」では、「シティポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち」として、80年代のシティ・ポップの名盤、名曲の紹介とともに、それらのバックとしてレコーディングに参加したセッション・ギタリストが特集されています。

この特集は、2019年4月号に掲載されたのですが、今では中古でも高価で販売されるほど好評だったようで、その第2段となります。

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2019年 4月号 (綴じ込みスコア付) [雑誌]

中古価格
¥3,385から
(2020/1/3 09:40時点)

前号が「~昼下がりのメロウ・グルーヴ篇~」として、70~80年代の「山下達郎」、「松任谷由実」、「吉田美奈子」、「大貫妙子」、「竹内まりや」、「尾崎亜美」などの名曲を支えたカッティング・ギターの名演フレーズ集と、その名演を誰が弾いていたのかとして、以下のギタリストにインタビューなどを交えての紹介でした。

そして、今号では、「~真夜中のファンキー・キラー編~」として、80年代のシティポップの名曲を支えたカッティング・ギターの名演として以下のギタリストを紹介しています。

(CD付き) ギター・マガジン 2020年 1月号 (特集:80年代シティポップ)

中古価格
¥1,460から
(2020/1/3 09:43時点)

雑誌の紹介文には、「コンプとコーラスをパンパンにかけてパキパキなカッティングを繰り出す、まさに『 80’s Japanese Sound 』を体現したギタリストたち」、と書かれています。

何れも私の大好きなギタリストばかりで、個々に紹介しようと思ったのですが、たまたま雑誌を読みながら聴いていた「竹内まりや」の「Variety」(ヴァラエティ) と、今回の特集の1人である「山下達郎」の紹介で、竹内まりや「プラスティック・ラブ」という魔法と書かれたページがタイミングよく重なり、この1曲だけでも1話になるのではと思い紹介します。

竹内まりや | プラスティック・ラブ
https://www.youtube.com/watch?v=9Gj47G2e1Jc (YouTube)

この曲は山下達郎との結婚を機に2年間の休業の後、1984年に約3年ぶりに発表されたアルバム「Variety」に収録の1曲です。
また、1985年3月に、このアルバムから3枚目となる 12枚目のシングルとしてリリースされています(最高86位)。

Variety (30th Anniversary Edition)

中古価格
¥1,910から
(2020/1/3 09:44時点)

このアルバムは、まだレコードが全盛の頃でしたがLPを購入し、今も大切に所有しています。
このアルバム以前にRCA(当時)からリリースされたアルバムも聴いていましたが、竹内まりやの曲の中でも一番好きな曲です。
楽曲の良さや竹内まりやの歌声はもちろんですが、冒頭の雑誌紹介の通り、山下達郎のギター・カッティングのカッコ良さからかもしれません。

2014年に「30th Anniversary Edition」としてCDが再発され、もっぱらこのCDで聴く事が多いのですが、ボーナス・トラックに、このプラスティ・ラブだけでも以下の3曲が追加されており、うち2曲は1985年に12インチ・シングル盤としてリリースされたバージョンで、このシングル盤はオークションなどでも高価で出品されており、それが聴けるのが魅力で購入しました。

  • プラスティック・ラブ [12” Extended Club Mix]
  • プラスティック・ラブ [12” Original Length ReMix]
  • プラスティック・ラブ [Karaoke]

この中からExtended Club Mixとカラオケを紹介します。

竹内まりや | プラスティック・ラブ [Extended Club Mix]
https://www.youtube.com/watch?v=KfAsLdj1Tjw (YouTube)

竹内まりや | プラスティック・ラブ [Karaoke]
https://www.youtube.com/watch?v=IvctmNe37lo (YouTube)

アルバムでこの曲のクレジットを見ると、アレンジはもちろんですが、ギターは山下達郎のみで、コード・カッティング、単音リフ、要所に入るフィル・イン、そして間奏のギター・ソロなど、カッティングの名手と言われるだけに、ギターのセンスの良さは流石です。
因みに、雑誌にはこの曲のスコアが付属していますので、スコアを見ながら聴くのもお薦めです。

そして、この曲といえば、TOKYO-FM(現:エフエム東京)&fm-osaka(現:FM大阪)の開局30周年を記念し、2000年に日本武道館と大阪城ホールで開催された、竹内まりやにとっては1982年のライブ以来、18年と7ヶ月ぶりとなるライブの模様を収録した、初のライブ・アルバム「Souvenir?Mariya Takeuchi Live」でも聴けます。

竹内まりや | プラスティック・ラブ |Live
https://www.youtube.com/watch?v=trMwbtoua8U (YouTube)

Souvenir~Mariya Takeuchi Live

中古価格
¥878から
(2020/1/3 09:45時点)

山下達郎がギター、コーラスで参加し、後半のコーラスは山下達郎そのものです。
もう1人のギタリストとして「佐橋佳幸(松たか子の旦那さん)」が参加しています。
また、間奏はギター・ソロではなく、「土岐英史」のサックスです。
アルバム「Variety」では間奏はギターソロで心地よいフレーズを弾いていますが、やはりこの曲調のアレンジとしては、2本のギターはリズム・カッティングに徹したかったのではと思います。

このライブの模様は映像として残っているようですが、DVDなどで販売されていないのが残念で、もし販売されたら即購入するのですが。

因みに、「Dear Angie?あなたは負けない/それぞれの夜」の初回限定盤や、「TRAD」の初回限定盤の特典DVDとして何曲か見ることが出来ます。
古い映像の為か、画面比率が4:3ですが。

Dear Angie?あなたは負けない/それぞれの夜 (初回限定盤)

  • 元気を出して

Dear Angie ~あなたは負けない/それぞれの夜 (初回限定盤)

中古価格
¥1,270から
(2020/1/3 09:47時点)

TRAD (初回限定盤)

  • カムフラージュ
  • SEPTEMBER
  • 不思議なピーチパイ

「駅」の土岐英史のサックス・ソロ、「SEPTEMBER」の山下達郎のギター・カッティングは心地よく、私のお気に入りです。

TRAD (初回限定盤) (DVD付)

中古価格
¥3,874から
(2020/1/3 09:48時点)

何れも初回限定盤という事もあり、新品、中古品ともオークションなどでも高価で取引されているようです。

尚、私は行けなかったのですが、2018年に期間限定Roadshowとして、この模様と、以降のライブ映像などを「souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~」として上映されました。

「souvenir the movie ?MARIYA TAKEUCHI Theater Live? 」予告編

そして、この曲を山下達郎自身もライブで演奏し、 1981年~89年にかけてのライブ音源を選りすぐった1989年リリースの2枚組のライブ・アルバム「JOY」のDisc 1に収録されています。
もう1人のギタリストとして、山下達郎のバンドのメンバーとして、レコーディングやツアーでおなじみで、今回の特集にも登場の「椎名和夫」が参加しています。
また、こちらも間奏はギター・ソロではなく、「土岐英史」のサックスですが、この方のサックスはいつ聴いても心地よく、「チキンシャック」の各アルバムは今でも愛聴盤です。

山下達郎 | プラスティック・ラブ (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=AdWHTqmAOe4 (YouTube)

JOY~TATSURO YAMASHITA LIVE

中古価格
¥3,668から
(2020/1/3 09:50時点)

冒頭のGuitar Magazineに戻りますが、この特集の前に関連して、「今、アジアのシティポップが熱い!」というミニ特集が掲載され、今回は日本のシティポップに影響を受けた、韓国、台湾などの新世代アーティスト/ギタリストたちのインタビューがありますが、韓国のヒップ・ホップ/R&Bレーベル「8 BallTown」のプロデューサー「Bronze」が、「竹内まりやのプラスティック・ラブを越える日本のシティ・ポップは現れてないんじゃないかな(笑)」と語っており、評価が高いとの事です。

そのBronzeが、昨年11月に「JAPANESE CITY POPオマージュ溢れる快作!!」(紹介文より)としてアルバムをリリースしています。
雑誌には「角松敏生」や「鳥山雄司」に影響を受けたなどと語っています。

また、ジャケットに使われたシティ・ポップの代名詞といえる「永井博」のイラストにも惹かれ購入しましたが、私は気に入っています。

Bronze | Birds Eye View
https://www.youtube.com/watch?v=q3Cj41k0psc (YouTube)

EAST SHORE

新品価格
¥2,530から
(2020/1/3 09:51時点)

また、2010年以降に日本のシティ・ポップが海外で評価されているという話をよく聞きますが、そのブームの切っ掛けとなったのがSNSやYouTubeなどにリミックスやサンプリング等で投稿されたこのプラス ティック ・ラブと言われています。

雑誌では韓国出身で2019年のフジ・ロックにも出演した、プロデューサー/DJの「Night Tempo」がリエディットし、YouTubeにアップしたプラスティック・ラブがブームに一役買ったと紹介されています。
確かに、980万を越えるほど視聴されており、コメントも殆どが英語です。

「Artzie Music」、「Future funk」、奥が深そうなので曲だけ紹介します。

Night Tempo | Takeuchi Mariya – Plastic Love (Night Tempo 100% Pure Remastered)
https://www.youtube.com/watch?v=Qm509gYHAe0 (YouTube)

おまけとなりますが、この曲が注目されたためか、昨年5月にWarner Music Japanもショート・バージョンとなりますがオフィシャルでYouTubeにアップし、やはり英語のコメントが多いです。

竹内まりや | プラスティック・ラヴ (Short ver.)

竹内まりやについては、昨年の「日本レコード大賞」で「特別賞」を獲得しました。
番組でも電話インタビューで本人が登場し、プラスティック・ラブへの英語のコメントを映すなど、こちらでも海外での評価の高さを語っていました。

そして、大晦日の「紅白歌合戦」に初登場でスペシャルパフォーマンスを披露しました。
残念ながら「いのちの歌」の1曲のみでしたが。
ただ、昨年は40周年を記念して、「竹内まりや Music&Life ~40年をめぐる旅~ 完全版」というのがNHK BSプレミアムでオンエアされました。
ご覧になった方も多いかと思いますが、ライブ映像を交え40年を振り返りと充実した内容だったかと思います。

本年も益々の活躍を期待しています。

マイ・フェイバリット・クリスマス・ミュージック2019


ユズの実 撮影:ヤマザキサトシ 撮影日:2019年12月12日
ユズの実 撮影:ヤマザキサトシ 撮影日:2019年12月12日

気象庁の中長期予報は「暖冬」傾向を伝えていますが、その分、寒い日が周期的にあり、去年よりは年末感が増した今年のクリスマスシーズンです。

コート要らずの陽気と真冬の寒さを繰り返すこの寒暖差は体にこたえます。ご自愛ください。

さて、12月の「お気に入り曲」のテーマは、毎年恒例の「クリスマス」です。

当ブログ執筆者がお勧めするクリスマス・ミュージック6曲を紹介します。

竹内まりや|ロンリーウーマン
https://www.youtube.com/watch?v=AfdzDiALtfA (YouTube)

Bon Appetit!

新品価格
¥2,300から
(2019/12/19 01:38時点)

  • いかにも都会の大人の知性にあふれた女性、その洗練された女性がみせる切なさ、何故か、私も切なくなります。クリスマス シーズンは一見華やかですが、実はそれぞれが寂しさを抱いているような、、(Hiro)

山下達郎|クリスマス・イブ
https://www.youtube.com/watch?v=KfUWILrjja0 (YouTube)

クリスマス・イブ

新品価格
¥3,000から
(2019/12/19 01:40時点)

クリスマス・イブ(2019 Version)

新品価格
¥1,250から
(2019/12/21 02:11時点)

  • 曲とコマーシャル映像がこれほどシリーズ化されてマッチしているものは無いと思います。こんなコマーシャルだったら、何度でも観てしまいます。若いっていいですね!(Hiro)
  • 「クリスマス・イブ」には、このJR東海の深津絵里が印象的でした。(Koji)
  • この時期は奥さんもですが、やはりこの曲ですね。今も1983年に発売の12インチのピクチャー・レコード(3万枚限定)を持っており聴いています。(MAHALO)
  • 今年は定番曲に一票!(Yama)

リベラ(Libera)|天使のくれた奇跡(Angel)
https://www.youtube.com/watch?v=6H9OH7wA4uM (YouTube)

【メーカー特典あり】 Christmas with LIBERA (通常盤) (クリスマスカード付)

新品価格
¥3,300から
(2019/12/19 01:42時点)

  • リベラの天使の歌声で聴くクリスマスソング・アルバムは最高のクリスマス・プレゼントです。(Koji)

ペンタトニックス (Pentatonix)|クリスマス・イブ(Christmas Eve)
https://www.youtube.com/watch?v=VT2FqN9FEPA (YouTube)

ベスト・オブ・ペンタトニックス・クリスマス (ジャパン・エディション) (通常盤) (特典なし)

新品価格
¥1,980から
(2019/12/19 01:44時点)

  • クリスマス・ソングのど定番「山下達郎|クリスマス・イブ」をアカペラで聴くのも良いものです。本家山下達郎の2019 Version[B07ZTKJ4CG]も健在です。(Koji)
  • 「本家」も「アカペラ」も、どちらも好きです。(Yama)

ブライアン・カルバートソン(Brian Culbertson)|ディス・クリスマス(This Christmas)
https://www.youtube.com/watch?v=QeMT53YnhbQ (YouTube)

Soulful Christmas

新品価格
¥2,830から
(2019/12/19 01:45時点)

  • キーボディスト、「ブライアン・カルバートソン」の「Soulful Christmas」というアルバムに収録された「ダニー・ハザウェイ」作のこの曲は心地良いです。アルバムのタイトルのとおり、クリスマス曲を収録したこのアルバムは全曲ともお勧めです。(MAHALO)

チキンシャック(Chickenshack)|クリスマス・ソングス:クリスマス・ソング~プリーズ・カム・ホーム・フォー・クリスマス(Christmas Song~Please Come Home For Christmas)
https://www.youtube.com/watch?v=L-ytfS5vXsk (YouTube)

PRIME TIME

中古価格
¥2,335から
(2019/12/19 01:46時点)

  • 「チキンシャック」の六本木PIT INNでのライブ・アルバムに収録のこの曲は、この時期の定番曲としてよく聴いています。「山岸潤史」のギターもですが、「土岐英史」さんのサックスが心地よいです。ライブは7月でしたが、アルバムのリリースが11月という事もあり、この曲のみお客さんの入場前に録音されたそうです。(MAHALO)
  • 土岐英史のサックス、山岸潤史のギター、本当に優しい音色です。クリスマスの夜のイメージの優しく包んでくれる世界にぴったりです。(Hiro)

ユニコーン(奥田民生)|雪が降る町
https://www.youtube.com/watch?v=YTZuk83g9Xs (YouTube)

ザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン

新品価格
¥2,577から
(2019/12/19 01:47時点)

  • 年末の情景が蘇る12月になると聞きたくなる年末ソング。私にとってのクリスマス・ソングです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・レイトサマー・ミュージック2019



梅雨明けと共に南も北も、太平洋側も日本海側も、異常高温が続いた8月の日本列島。
「お盆」を過ぎて、日中は湿度が下がり、熱帯夜が一段落して、多少「晩夏」らしくなりました。

しかし、長期予報によると引き続き高温傾向で、9月は残暑、11月は紅葉が遅れるようです。今年も秋は短いようです。

秋遠のく 9月に猛暑 続く台風シーズン 3か月予報(日直予報士 2019年08月24日) – 日本気象協会 tenki.jp
秋遠のく 9月に猛暑 続く台風シーズン 3か月予報(日直予報士 2019年08月24日) - 日本気象協会 tenki.jp

8月のテーマは「晩夏」です。9月になっても「晩夏」が続くようなので、もう少しこのテーマを楽しめます。

当ブログ執筆者がお勧めする、様々な晩夏ミュージックを7曲、紹介します。

森高千里|夏の日
https://www.youtube.com/watch?v=gu0_dLs6ow0 (YouTube)

ザ・シングルス(通常盤)

中古価格
¥1,700から
(2019/8/27 18:24時点)

  • 夏の終わりのもの悲しい海、私も子供の頃、何度も一人で行きました。本当に多くの海水浴客の賑わいが嘘のようなさみしさを感じました。この恋の行く末がなんとなくわかる曲ですね。(Hiro)

井上陽水&安全地帯|夏の終わりのハーモニー
https://www.youtube.com/watch?v=WCSeiSOaHxY (YouTube)

ALL TIME BEST

中古価格
¥2,604から
(2019/8/27 18:26時点)

  • 夏の終わりは、やっぱり、祭りの後の侘しさと共通しますね。ですので、やっぱり別れの曲になってしまいますね。(Hiro)
  • 陽水と玉置浩二の醸し出すハーモニーが心に響きます。(Koji)
  • この神宮球場コンサートでの井上陽水と玉置浩二の距離感がたまりません。お互いを信頼し尊敬していることがよくわかります。(Yama)

Namy presents(Mixed,Recorded by Yuki Kanesaka)|あの夏へ~千と千尋の神隠し~
https://www.youtube.com/watch?v=H5szByteYk0 (YouTube)

Namy presents ジブリ Lounge

中古価格
¥5から
(2019/8/27 18:28時点)

  • ジブリ風の映像は編曲及び演奏(全楽器)のYuki Kanesakaの故郷の外房の田舎です。(Koji)

J-WALK|何も言えなくて…夏 -ORIGINAL LONG VERSION-
https://www.youtube.com/watch?v=ZkoQPOhhu38 (YouTube)

JAYWALK SUPER BEST

中古価格
¥1,588から
(2019/8/27 18:29時点)

  • 色々あって店頭から「J-WALK」のアルバムが消えたこともありましたが、中村耕一の歌うバージョンがやはり一番です。(Koji)
  • 大好きな曲の一つです。友人がカラオケで必ず歌います。(Hiro)

Jorge Laboy|It Was Just A Game
https://www.youtube.com/watch?v=aqFf9hZ1p7A (YouTube)

3 AM

中古価格
¥179から
(2019/8/27 18:30時点)

  • まだ暑い日が続いていますが、季節が夏から秋へとなる頃にこの曲を聴いています。夕暮れなどにピッタリではと思います。(MAHALO)

デビッド・ベノワ(David Benoit)|サム・アザー・サンセット(Some Other Sunset)
https://www.youtube.com/watch?v=1f3gQ0mw8wA (YouTube)

サマー

中古価格
¥898から
(2019/8/27 18:30時点)

  • 「サマー(Summer)」というアルバムに収録のこの曲を聴くと終わりゆく夏の夕暮れを感じます。(MAHALO)
  • 過ぎゆく夏と夕日、ボサノバでもの憂い感じがいいです。このサンセット映像もいいですね!(Hiro)

山下達郎|さよなら夏の日
https://www.youtube.com/watch?v=L5GWzJqvi2s (YouTube)

ARTISAN(アルチザン)

中古価格
¥1から
(2019/8/27 18:31時点)

  • 毎年聞いている名曲。アルバム「ARTISAN」(アルチザン)収録曲なので、気づいたら28年のお付き合いです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち 「松木恒秀」~「松原正樹」


少し前ですが2冊の雑誌を購入しました。
1冊は「Guitar magazine 4月号」で、「シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち」として以下のギタリストを特集しています。

松原正樹 / 松木恒秀 / 鈴木茂 / 村松邦男 / 山下達郎

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2019年 4月号 (綴じ込みスコア付) [雑誌]

中古価格
¥2,257から
(2019/4/19 10:54時点)

以前も「恋する歌謡曲。」という特集が組まれ、「歌謡スターとギタリストたちの物語」や「ギタリストが選ぶ“ギターがカッコいい”歌謡曲名選」など歌謡曲のバックでプレイするセッション・ギタリストの特集が組まれました。

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2017年 4月号 (CD付) [雑誌]

中古価格
¥2,690から
(2019/4/19 10:56時点)

何れもセッション・ギタリストにスポットを当てたものですが、このような特集はマニアックかもしれませんが評判も良く、今でも新品、中古ともプレミア価格と高価で売られています。

今号もセッション・ギタリストが好きな私には良い内容でした。

先に紹介した5人のギタリストで私が気に入っている曲を紹介します。

松木恒秀

日本の「エリック・ゲイル」などとも言われた名プレイヤーで、ジャズ・プレイヤーとしても知られていますが、私は「鈴木宏昌」率いる「コルゲン・バンド」や、「ザ・プレイヤーズ」への参加が印象に残っています。

またセッション・プレイヤーとして多くのアーティストの楽曲に参加し、アルバムとしては「山下達郎」の六本木PIT INNでのライブ・アルバム「IT’S A POPPIN’ TIME」は今もよく聴く1枚です。

IT’S A POPPIN’ TIME (イッツ・ア・ポッピン・タイム)

中古価格
¥1,670から
(2019/4/19 10:57時点)

松木恒秀のセッション・プレイヤーとしてお薦めの曲がこの曲です。

大橋純子 | ペイパー・ムーン
https://www.youtube.com/watch?v=jpi2AVEY350 (YouTube)

PAPER MOON

中古価格
¥897から
(2019/4/19 10:58時点)

2012年にライブ中に倒れ活動休止するも復帰し活動しますが、惜しくも2017年6月に亡くなられました。

鈴木茂

「はっぴいえんど」、「ティン・パン・アレー」、そしてソロとしての活躍など、紹介の必要もない 名プレイヤーです。
昨年の紅白歌合戦でもユーミンのバックでプレイしていました。

ソロ活動としてはこの曲でしょう。

鈴木茂 | 砂の女
https://www.youtube.com/watch?v=RWuae3_kJkA (YouTube)

BAND WAGON [UHQCD]

中古価格
¥4,063から
(2019/4/19 10:59時点)

そしてセッション・プレイヤーとして印象に残っている曲がこちらとなります。
歌のバックでのカッティングもですが、間奏のソロなど、ギターを始めた頃の私はどうしたらあのようなフレーズが思いつくのか驚きでした。

荒井由実 | 卒業写真
https://www.youtube.com/watch?v=lJYhj9653OE (YouTube)

COBALT HOUR

中古価格
¥1,405から
(2019/4/19 11:00時点)

村松邦男・山下達郎

この2人と言えば「Sugar Babe(シュガー・ベイブ)」でしょう。
「SONGS」というアルバム1枚のみで解散してしまいましたが、このアルバムと言えばこの曲でしょう。
村松邦男のイントロからのギターは当時は驚きで、昔、忘年会で演奏したのですがコピーできず、グダグダな演奏だった記憶があります。

Sugar Babe(シュガー・ベイブ) | Downtown(ダウンタウン) | LIVE
https://www.youtube.com/watch?v=bWAR2gZW1gc (YouTube)

SONGS -40th Anniversary Ultimate Edition-

中古価格
¥1,650から
(2019/4/19 11:02時点)

また、アルバム1曲目の「Show」ですが、後にこの曲を聴き思わずニヤッとしてしまいました。

Peter Gallway | Harmony Grits
https://www.youtube.com/watch?v=azfBMMbLK_g (YouTube)

そして「山下達郎」のギター・カッティングと言えばこの曲でしょう。
愛器であるテレキャスターでのプレイでも、「カッティングは1弦から6弦全てを使う」との事です。

山下達郎 | Sparkle
https://www.youtube.com/watch?v=gQ9pmFMc5oM (YouTube)

FOR YOU (フォー・ユー)

中古価格
¥1,498から
(2019/4/19 11:04時点)

松原正樹

そして今回特集のギタリストで私にとってはやはり「松原正樹」です。

2016年に61歳で亡くなってしまいましたが、今でも自身のアルバムやセッションで参加したアルバムを聴いています。

YouTubeに松原さんが参加した曲をライブでメドレーにして弾いています。
カッティングもですが、印象に残るソロを聴かせる内容となっています。

皆さん知っている曲ばかりではと思います。

松原正樹 | 松原正樹WORKSメドレー
https://m.youtube.com/watch?v=nY0UnQbEyV8 (YouTube)


松原正樹 35th Anniversary Live at STB139/21 NOV 2013

中古価格
¥5,943から
(2019/4/19 11:08時点)

松原正樹 35th Anniversary Live at STB139 / 21 NOV 2013 [DVD]

新品価格
¥4,932から
(2019/4/19 11:09時点)

ライブのMCではセッションで参加した曲は「2万曲まではやってないと思うが…」、「飲み屋で流れるBGMを耳にし、あれっ、このギター俺かな…?」、そしてこのメドレーについては演奏後に「この歳になって自分のフレーズをコピーするとは…」と言っています。

松原さんは何回か会いましたが、一度は仕事で銀座の音響ハウスというスタジオに行った際、仕事を終え他のスタジオを見ると「東芝EMI」と書かれており覗いてみるとユーミンのレコーディング中で、コンソール・ルームにはユーミンがおり、そしてスタジオを見ると松原さんがプレイしていました。
その時のアルバムが「昨晩お会いしましょう」でした。

最後にセッション・プレイヤーとしての松原正樹のお気に入り曲は何かと聞かれると、真っ先に思いつくのがこの曲かと思います。

松原みき | 真夜中のドア STAY WITH ME | シングル盤バージョン
https://www.youtube.com/watch?v=h1L_fLJX7Gk (YouTube)

プラチナムベスト 松原みき(UHQCD)

中古価格
¥1,384から
(2019/4/19 11:10時点)

当時はレコードでしたが、シングル盤は「松原みき」がイントロから歌ったりとLPのテイクより評価が高く、今でも中古盤が高価で取引されています(紹介のベスト盤はシングル・バージョンが収録されています)。
曲中のカッティングもですが、エンディングのギター・ソロは名演かと思います。

もう1冊は次回紹介します。

マイ・フェイバリット・ドライブ・ミュージック2018



(C)土田凌/ぱくたそ「海沿いドライブ」関東は観測史上最も早く梅雨が明け好天が続いています。

その一方、西日本では災害続き。
「大阪北部地震」「平成30年7月豪雨」で被災された皆様には、心よりお見舞い申しあげます。被災地の一日も早い復興をお祈り申しあげます。

さて、梅雨が明ければドライブシーズンが到来。
7月のお気に入り曲のテーマは「ドライブ」です。

当ブログ執筆者がお勧めするドライブにおすすめな8曲とアルバムを紹介します。
真夏のドライブをお楽しみください。

平山美紀|真夏の出来事
https://www.youtube.com/watch?v=1_B2sotxBi8 (YouTube)

筒美京平 ウルトラベストトラックス

新品価格
¥1,570から
(2018/7/26 22:30時点)

  • 曲調と声が印象的で、湘南の夏の夜のドライブがパッとイメージされてしまいます。(Hiro)

荒井由実|中央フリーウェイ
https://www.youtube.com/watch?v=suki5GuRhMo (YouTube)

松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (通常盤)

新品価格
¥2,703から
(2018/7/26 22:32時点)

  • ”フリーウェイ”という言葉と、新宿に向かうと近づく高層ビル群が、いかにもアメリカの都市へと向かう”フリーウェイ”の景色と重なってしまいます。(Hiro)
  • 定番ですね。(MAHALO)
  • 新宿から調布方面にドライブ時にタイミングよくラジオからこの曲が流れたらラッキーです。(Yama)

America(アメリカ)|Ventura Highway(ヴェンチュラ・ハイウェイ)|Here & Now
https://www.youtube.com/watch?v=Ps2CMcyditQ (YouTube)

Here & Now

新品価格
¥787から
(2018/7/26 22:33時点)

  • アルバム「America|Here & Now」は2007年リリースの2枚組アルバムです。当時の新曲のDisc1と過去のヒット曲のライブ収録のDisc2共に、アコギと透明感のあるハーモニーはドライブのBGMに最適です。特にヒット曲「Ventura Highway」は秀逸です。(Koji)

山下達郎|RIDE ON TIME(ライド・オン・タイム)|COME ALONG 2
https://www.youtube.com/watch?v=xOAPa2b3p2s&feature=youtu.be&t=15m47s(YouTube)

COME ALONG2

新品価格
¥1,818から
(2018/7/26 22:34時点)

  • 夏のドライブには「山下達郎」がお薦めですが、人気DJが参加したンピレーション・アルバム「COME ALONG」シリーズは最適です。「RIDE ON TIME」で入道雲が目に入れば最高です。(Koji)
  • 発表当時は、カセットテープのみの販売でした。(Yama)

Nils(ニルス)|Pacific Coast Highway(パシフィック・コースト・ハイウェイ)
https://www.youtube.com/watch?v=rmreiMTiemg (YouTube)

Pacific Coast Highway

新品価格
¥1,598から
(2018/7/26 22:36時点)

  • 以前も紹介しましたが、曲のタイトルからもこれからの季節、海岸線のドライブにピッタリかと思います。アメリカ西海岸ですかね。(MAHALO)

Gregg Karukas(グレッグ・カルーカス)|Rio Drive(リオ・ドライブ)
https://www.youtube.com/watch?v=_8b47FQeGnM (YouTube)

Soul Secrets

新品価格
¥1,786から
(2018/7/26 22:37時点)

  • 「グレッグ・カルーカス」私のお気に入りのキーボディストの一人です。リオ・ドライブと如何にも夏向きのタイトルなのですが、考えたら南半球はこれから冬なんですよね。ちなみに、間奏のギター・ソロは「リカルド・シルヴェイラ(Ricardo Silveila)」です。(MAHALO)すごくリズミカルで、陽気で優しく。ドライブしてる感じになります。(Hiro)

今井美樹|DRIVEに連れてって
https://www.youtube.com/watch?v=0VZPPGDkj9A (YouTube)

IMAI MIKI TOUR 1999“未来” [DVD]

中古価格
¥3,608から
(2018/7/26 22:38時点)

  • タイトルのとおりドライブ・ソングですね。紹介のライブ映像とは違いますが、DVDとしてもリリースされた「未来」というタイトルのライブはギター好きには堪りません。今は亡き「松原正樹」、そしてこの映像にも出演の「今剛」の名演ライブと言えます。(MAHALO)

土岐麻子|イージュー★ライダー|CASSETTEFUL DAYS ~Japanese Pops Covers~
https://www.youtube.com/watch?v=1ggSHajydRs (YouTube)

CASSETTEFUL DAYS ~Japanese Pops Covers~ (MINI ALBUM)

新品価格
¥2,000から
(2018/7/26 22:39時点)

  • 土岐麻子の2012のカバーアルバム「CASSETTEFUL DAYS ~Japanese Pops Covers~」も、お気に入りのドライブアルバムです。1曲目の「イージュー”ライダー」から、のオリジナルは、ご存知の通り、奥田民生/1996年です。奥田民生バージョンは https://www.youtube.com/watch?v=Mg7rtAWKdok です。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

クリスマスイブとクリスマス当日

マイ・フェイバリット・クリスマス・ミュージック2017



10月末日までハロウィン・カラーのオレンジ色をまとった都内も、12月になるとクリスマス・カラー一色に切り替わりました。

今年のクリスマス・イブは日曜日。家族で過ごす方が多いのでしょうか?

さて、12月の「お気に入り曲」のテーマは、毎年恒例の「クリスマス」です。
当ブログ執筆者がお勧めするクリスマス・ミュージック7曲を紹介します。

マライア・キャリー(Mariah Carey)|恋人たちのクリスマス(All I Want For Christmas Is You)
https://www.youtube.com/watch?v=yXQViqx6GMY (YouTube)

Merry Christmas

新品価格
¥499から
(2017/12/20 11:51時点)

  • クリスマスソング、ということでは必ずこの曲が第一番に思い浮かびます。クリスマスの「わくわく感」をメロディー、リズム、ともに100%表しています。(Hiro)

MISIA(ミーシャ)|Everything(エヴリシング)
https://www.youtube.com/watch?v=aHIR33pOUv0 (YouTube)

Everything

新品価格
¥1,121から
(2017/12/20 11:52時点)

  • この曲の「ミュージック ビデオ」の映像が雪が降っていたので、クリスマスのシーンとダブってしまいます。もちろん、クリスマス ソングとして聴いて、歌っています。(Hiro)
  • 私も大好きな曲です。どうしてもドラマ「やまとなでしこ」が頭から離れませんが。(MAHALO)

塚谷水無子(MinakoTsukatani)|パッヘルベルのカノン(Canon by Pachelbel)
https://www.youtube.com/watch?v=D-AMI0XuFpk (YouTube)

愛と祈りのパイプオルガン

新品価格
¥2,641から
(2017/12/20 11:53時点)

  • クリスマスに聴くパイプオルガンの調べは格別です。(Koji)

山下達郎|クリスマス・イブ
https://www.youtube.com/watch?v=_8owydQcpw8 (YouTube)

クリスマス・イブ(2017クリスマス・スぺシャル・パッケージ)

新品価格
¥1,080から
(2017/12/20 11:53時点)

  • 定番中の定番。今年もまたクリスマス・スぺシャル・パッケージが発売されます。(Koji)
  • JR東海のコマーシャル映像とぴったり、焼き付いています。(Hiro)
  • 1986年~2016年、31年連続でオリコン週間シングルランキングTOP100にランクインはギネス記録。さて、今年は?!(Yama)

アイズレー・ブラザース(The Isley Brothers)|ウィンター・ワンダーランド(Winter Wonderland)
https://www.youtube.com/watch?v=fLi-KVJ7Z_c (YouTube)

I’ll Be Home for Christmas

新品価格
¥1,189から
(2017/12/20 11:54時点)

  • クリスマス・ソングの定番曲ですが、アイズレー・ブラザースが歌うとこのようにお洒落になります。私はこのアレンジが一番かと思います。(MAHALO)

ボニー・ジェイムス(Boney James)|クリスマス・ソング(The Christmas Song)
https://www.youtube.com/watch?v=XKYoD9jUs64 (YouTube)

Boney’s Funky Christmas

新品価格
¥3,638から
(2017/12/20 11:55時点)

  • 最近よく聴くサックス・プレイヤーです。ナット・キング・コールの歌唱で知られるこの曲ですが、サックスで聴くのも良いもので心から温まります。(MAHALO)
  • ほんとに、外は雪、部屋には、ストーブの温かなぬくもり、そんな中でゆったりまどろむクリスマスという気持ちになりますね。(Hiro)

稲垣潤一|クリスマスキャロルの頃には
https://www.youtube.com/watch?v=IyNyaOOiD_s (YouTube)

男と女2

新品価格
¥2,932から
(2017/12/20 11:55時点)

  • この時期の王道のクリスマスソングですが、冬歌の女王「広瀬香美」とのデュエット・バージョンがあります。稲垣潤一のデュエット・カバー・アルバム「男と女2」(2009年)に収録されています。シングルカットしたDVD付CDは、現在大変高価なコレクターアイテムになっています。(Yama)
上を見上げる浴衣女子 [モデル:河村友歌]

マイ・フェイバリット・サマー・ミュージック2017



8月初旬に暦の上で「立秋」をむかえても、秋の気配は乏しいです。
しかし、お盆も過ぎ、8月下旬になると、最高気温が30度を下回る日が訪れ、ついに夏が終わる気配を感じます。

盛況のうちに花火大会や夏祭りが終わりましたが、8月のお気に入りのテーマは「夏」です。
過行く夏を、音楽で振り返りましょう。

当ブログ執筆者がお勧めする「夏音楽」を8曲、紹介します。

ケツメイシ|お二人Summer
https://www.youtube.com/watch?v=yIWtQsH1P8Q (YouTube)

お二人 Summer

新品価格
¥380から
(2017/8/29 01:37時点)

  • この曲が好きで、何度もカラオケで歌いたいと、トライしているのですが、いまだに歌う事ができません・・・(Hiro)

サーカス|ミスター・サマータイム
https://www.youtube.com/watch?v=FpYdEcM7It0 (YouTube)

GOLDEN☆BEST/サーカス 歌の贈り物

新品価格
¥2,424から
(2017/8/29 01:42時点)

  • フランスのシンガーソングライター、ミッシェル・フュガン作曲、サーカスの歌は、男女が、夏がもっている不思議な力で誘惑されるという、まさに夏の魔力を感じる。(Hiro)
  • 夏の定番曲です。(Yama)

美空ひばり|真赤な太陽
https://www.youtube.com/watch?v=oGhNrSxyumg (YouTube)

美空ひばりベスト 1964~1989 (紅盤)

新品価格
¥2,050から
(2017/8/29 01:42時点)

  • 美空ひばりとしてはめずらしい有名なポップス曲です。 この曲のカバーして、monologことYuki Kanesakaプロデュースで「Saucy Lady ‎| Makka Na Taiyo(Vinyl, 7″, 45 RPM)」を今年リリースしています。尚、作曲者の原信夫の孫がギターで参加しています。(Koji)

山下達郎|さよなら夏の日
https://www.youtube.com/watch?v=FaqMSkHOPAg (YouTube)

OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~(通常盤)

新品価格
¥2,991から
(2017/8/29 01:44時点)

  • 夏の定番曲の多い山下達郎です。このアルバムからピックアップして夏を感じるのも一興です。(Koji)
  • やはり、夏は若さの象徴なのでしょうか、年を重ねて夏が遠ざかります。(Hiro)
  • 毎週日曜日午後放送のラジオ番組「サンデー・ソングブック」では、毎年8月最終放送日のエンディング曲です。今年も、この曲でした。(Yama)

メゾフォルテ(Mezzoforte)|サマードリーム(Summer Dream)
https://www.youtube.com/watch?v=AcagOLEu3Xw (YouTube)

Anniversary Edition

新品価格
¥1,874から
(2017/8/29 01:43時点)

  • メゾフォルテの曲で一番好きな曲です。レコードは持っているのですが、つい最近この曲が聴きたくベスト盤を買ってしまいました。間奏のギター・ソロが心地よいです。(MAHALO)

グレッグ・カルーカス(Gregg Karukas)|Rio Drive
https://www.youtube.com/watch?v=_8b47FQeGnM (YouTube)

Soul Secrets

新品価格
¥1,441から
(2017/8/29 01:45時点)

  • 最近、ブライアン・カルバートソンとともに好んで聴くキーボーディストです。タイトルからも海辺のドライブで聴くにピッタリかと思います。「リカルド・シルヴェイラ」のギター・ソロも心地よいです。(MAHALO)

ラルフ・マクドナルド(Ralph MacDonald)|シーブリーズ(Seabreeze)
https://www.youtube.com/watch?v=A6dwuVH1Vj0 (YouTube)

ポート・プレジャー

中古価格
¥420から
(2017/8/29 01:45時点)

  • 私の夏の定番曲です。この曲をBGMに白い砂浜に寝ころんでビールを片手に聴くにはピッタリかと思います。叶わぬ夢ですが…。サックスは「グローバー・ワシントン Jr.」です。(MAHALO)
  • ニュー・アダルト・コンテンポラリー、癒やされますね。(Hiro)
  • グローバー・ワシントンJrのサックスが心地好いですね。(Koji)

フジファブリック|若者のすべて
https://www.youtube.com/watch?v=IPBXepn5jTA (YouTube)

SINGLES 2004-2009

新品価格
¥2,119から
(2017/8/29 01:46時点)

  • お盆を過ぎると、この曲の情景が蘇ります。このイントロを聴かないと、8月が終わらないと思うくらい、2010年以来のお気に入りです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・クリスマス・ミュージック2016



飯田橋セントラルプラザ・ラムラ

飯田橋セントラルプラザ・ラムラ

今週は、クリスマス・ウイークです。

2011年の自粛で下火になった時期もありましたが、11月から、都内、首都圏、全国の主要施設が、クリスマス・イルミネーションで彩られています。

さて、12月の「お気に入り曲」のテーマは、毎年恒例の「クリスマス」です。

当ブログ執筆者がお勧めするクリスマス・ミュージック7曲を紹介します。

マライア・キャリー(Mariah Carey)|恋人たちのクリスマス(All I Want For Christmas Is You)
https://www.youtube.com/watch?v=yXQViqx6GMY (YouTube)

Merry Christmas II You

新品価格
¥791から
(2016/12/21 08:23時点)

  • この曲は、聴いて、歌って、感じて、全てが、X’masです!(Hiro)

ジョン・レノン(John Lennon)|ハッピー・クリスマス(戦争は終った)(Happy Xmas (War Is Over))
https://www.youtube.com/watch?v=flA5ndOyZbI (YouTube)

Happy Xmas

新品価格
¥15,367から
(2016/12/21 08:24時点)

  • メッセージソングだと思いますが、聴いていて、暖かい気持ち、明るい気持ちにさせられます。やはり、すごい才能を感じます。(Hiro)
  • やはりクリスマスのスタンダード曲の一つですね。(Koji)

Namy(ナミー)|Merry Christmas Mr Lawrence(戦場のメリークリスマス)
https://www.youtube.com/watch?v=LZxPmTkafXU (YouTube)

Namy presents Nordic Christmas

新品価格
¥242から
(2016/12/21 08:26時点)

  • この季節になると聴きたくなる坂本龍一の名曲を「monolog」を名乗る前のYuki Kanesakaによる編曲、演奏、コーラスで制作しています。総合プロデュースの「Namy」提供のこのアルバムはクリスマスの贈り物にお勧めです。(Koji)

山下達郎|クリスマス・イブ
https://www.youtube.com/watch?v=vqocw6y1z6I (YouTube)

クリスマス・イブ(30th ANNIVERSARY EDITION)(初回盤)

新品価格
¥2,480から
(2016/12/21 08:26時点)

  • JR東海のCMとこの曲はクリスマス曲の鉄板です。(Koji)
  • やはり、クリスマスの定番ですね。曲もいいのですが、コマーシャルの映像もいいですね。(Hiro)
    未だにこの曲が収録のピクチャー・レコードを持っています。発売当初は品薄で、寒い中、新宿、渋谷とレコード店を10数店廻り、ようやく「隠し在庫だよ…」と言われ購入した事がこの曲、そしてクリスマスの思い出です。(MAHALO)
  • 1986年~2015年の30年連続でオリコン週間シングルランキングTOP100にランクインした、ギネス認定の名曲です。http://www.oricon.co.jp/news/2069031/full/(Yama)

アイズレー・ブラザース(The Isley Brothers)|ウィンター・ワンダーランド(Winter Wonderland)
https://www.youtube.com/watch?v=fLi-KVJ7Z_c (YouTube)

I’ll Be Home for Christmas

新品価格
¥1,259から
(2016/12/21 08:27時点)

  • この曲のカバーは数知れずですが、私はこのアイズレー・ブラザースのカバーが一番かと思います。渋い歌声がたまりません。(MAHALO)

デヴィッド・T.ウォーカー(David T. Walker feat. Barbara Morrison)|This Christmas
https://www.youtube.com/watch?v=7kE9-qSp76I (YouTube)

Wear My Love

新品価格
¥2,070から
(2016/12/21 08:28時点)

  • 2009年にリリースされたクリスマス・アルバムからの1曲です。この曲はバーバラ・モリソンをフューチャーしたボーカル曲ですがギタ・インスト曲もあり、アルバムとしてこの時期に聴くにはお勧めの1枚です。本当にデヴィッド T.のギターは癒されますね。(MAHALO)

back number(バックナンバー)|クリスマスソング
https://www.youtube.com/watch?v=JfgOjtq440o (YouTube)

アンコール(ベストアルバム)(初回限定盤A/DVDver.) (2CD+2DVD+フォトブック)

新品価格
¥5,749から
(2016/12/21 08:28時点)

  • 去年のこの時期、2015年第四四半期シーズンのドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」の主題歌でした。去年から、お気に入りに追加しました。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

白い砂浜とエメラルドグリーンの海

マイ・フェイバリット・アクアテック・ミュージック



7月18日(月)「海の日」に、九州~東海で梅雨明けの発表がありました。

九州から東海 一斉に梅雨明け(日直予報士) – tenki.jp
九州から東海 一斉に梅雨明け(日直予報士) - tenki.jp
18日午前11時、九州南部(奄美地方を除く)、九州北部、中国、四国、近畿、東海で続々と梅雨明けの発表がありました。いよいよ夏本番です。(2016-07-18 11:02:31)

関東以北でも、高気圧に覆われて晴れる日が多く、いよいよ夏本番です。

さて、夏らしく7月のお気に入り曲のテーマは海や川にいる「水中生物」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「海」などに纏わる8曲を紹介します。

アラン・メンケン(Alan Menken)|アンダー・ザ・シー、リトル・マーメイド(Under the Sea, The Little Mermaid)
https://www.youtube.com/watch?v=GC_mV1IpjWA (YouTube)

リトル・マーメイド・スペシャル・エディション・サウンドトラック

新品価格
¥2,916から
(2016/7/18 15:34時点)

  • 「海の中」という言葉で、すぐに浮かんだのが、「人魚姫」でした。(Hiro)

ビリー・ヴォーン楽団(Billy Vaughn)|真珠貝の歌(Pearly Shells)
https://www.youtube.com/watch?v=TPFXbiG6Cpg (YouTube)

ビリー・ヴォーン 楽団 ベストコレクション 浪路はるかに 小さな花 真珠貝の歌 CD2枚組 2CD-404

新品価格
¥1,580から
(2016/7/18 15:35時点)

  • 南国の恋、けど、身を焦がす恋では無くて、やさしさに包まれた恋。(Hiro)
  • 真珠といえば私もこの曲を思い出します。夏のBGMの定番ですね。(MAHALO)

浦島太郎(桐谷健太)|海の声
https://www.youtube.com/watch?v=-zQWavER7to (YouTube)

海の声

新品価格
¥250から
(2016/7/18 15:38時点)

Sugar Cane Cable Network

新品価格
¥2,163から
(2016/7/20 05:12時点)

  • オリジナルのBEGINによるアルバム「Sugar Cane Cable Network」収録バージョンもありますが、桐谷健太の浦島太郎によるauのCMバージョンは乙姫への切ない愛を感じます。最近富に有名になった「木更津の竜宮城」も亀が誘ってくれるのでしょうか。(Koji)
  • 「桐谷健太」は、味のある声をしています。Hiroさんが紹介した映画「パッチギ!」にも出演しています。(Yama)

町田義人(元ズー・ニー・ヴー)|白いサンゴ礁
https://www.youtube.com/watch?v=VOWaQma1G-c (YouTube)

ズー・ニー・ヴー ゴールデン☆ベスト

新品価格
¥1,845から
(2016/7/18 15:38時点)

  • サンゴ礁と云えば「青い」松田聖子も良いのですが、「白い」ズー・ニー・ヴーがより懐かしく感じます。(Koji)
  • 本当に懐かしい1曲です。(Hiro)

渡辺香津美|Mermaid Boulevard(マーメイド・ブルーヴァード)
https://www.youtube.com/watch?v=Hm4_a8FpvR8 (YouTube)

マーメイド・ブールヴァード

新品価格
¥5,000から
(2016/7/18 15:39時点)

  • 今回のテーマですが「魚」で曲を考えたのですが思いつきませんでした。思いついたのがマーメイド(人魚)で、マーメイドはこの曲をはじめ多いのですが。この曲はレコードの時代から今でもよく聴き、この曲収録アルバムは名盤ですね。(MAHALO)

鈴木茂|コーラルリーフ
https://www.youtube.com/watch?v=0Spqb1Bv6Rc (YouTube)

PACIFIC

新品価格
¥1,393から
(2016/7/18 15:40時点)

  • サンゴ(珊瑚)も海の生き物ですよね。やはり美しい海といえばサンゴ、そしてサンゴ礁(コーラルリーフ)が欠かせません。(MAHALO)
  • アルバム「Pacific」はこの季節にピッタリですね。(Koji)

ポール・ブラウン(Paul Brown)|Sugar Fish
https://www.youtube.com/watch?v=BCdMdq5eQlg (YouTube)

Love You Found Me

新品価格
¥1,480から
(2016/7/18 15:41時点)

  • 聞き心地がよいギタリスト」として紹介しました「ポール・ブラウン」ですが、このようなタイトルの曲があります。「シュガー・フィッシュ」とは何?と検索してみると、ロサンゼルスに複数のお店をもつ有名な寿司屋のようで、常連?なのでしょうかね。(MAHALO)
  • LAでは有名な寿司屋みたいですね。マリーナデルレイにもあるそうです。何かヨットハーバーを連想する曲の感じですね。(Hiro)

山下達郎|踊ろよ、フィッシュ
https://www.youtube.com/watch?v=Y_rkTFDVekA (YouTube)

僕の中の少年

新品価格
¥2,194から
(2016/7/18 15:42時点)

  • 一連の山下達郎の夏路線ソング・シリーズの終盤を飾るのがこの曲です。1987年のANA沖縄キャンペーンソングです。キャンペーンガールは石田ゆりこでした。CM動画 https://www.youtube.com/watch?v=JIXC1Sm5Oxk (Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

新宿ミナミルミ

マイ・フェイバリット・クリスマス・ミュージック2015



今週は、クリスマス・ウイークです。今年も、都内各所がクリスマス・イルミネーションで彩られています。また、今年は、六本木ヒルズ、日比谷公園、丸の内仲通り、等でクリスマスマーケットが行われ、去年より幾分華やいだ雰囲気です。
さて、12月の「お気に入り曲」のテーマは、毎年恒例の「クリスマス」です。
当ブログ執筆者がお勧めするクリスマス・ソング8曲を紹介します。

マライア・キャリー(Mariah Carey)|恋人たちのクリスマス(All I Want For Christmas Is You)
https://www.youtube.com/watch?v=yXQViqx6GMY (YouTube)

Merry Christmas

新品価格
¥589から
(2015/12/21 15:51時点)

  • この曲を聴くと、クリスマスシーズンはやはり、恋人たちの季節だと思います。このメロディ、リズム、そしてマライアの歌声、幸せな気持ちになります。(Hiro)

山下達郎|クリスマス・イブ
https://www.youtube.com/watch?v=vqocw6y1z6I (YouTube)

クリスマス・イブ(30th ANNIVERSARY EDITION)(初回盤)

新品価格
¥2,050から
(2015/12/21 15:53時点)

塚谷水無子|バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
https://www.youtube.com/watch?v=YX0QD4lAcI4 (YouTube)

愛と祈りのパイプオルガン

新品価格
¥2,217から
(2015/12/21 15:56時点)

サラ・ブライトマン(Sarah Brightman)|アヴェ・マリア(Ave Maria)
https://www.youtube.com/watch?v=roljxa0-8yU (YouTube)

冬のシンフォニー(通常盤)

新品価格
¥2,080から
(2015/12/21 15:54時点)

  • サラ・ブライトマンの透明な声はクリスマスソングが似合います。(Koji)
  • 本当に心の中が洗われるような歌声です。(Hiro)

ポリーン・ウィルソン(Pauline Wilson)|ラスト・クリスマス(Last Christmas)
https://www.youtube.com/watch?v=dZWSf66U2Mk (YouTube)

オンリー・ユー

中古価格
¥610から
(2015/12/21 15:57時点)

こちらのジャケット写真は、リンク先のAmazon.co.jpで、ご覧いただけます。

  • 昨年も紹介しましたが、クリスマスといえばこの曲ですね。カバーも多いこの曲ですが、私のお勧めはやはり「ポリーン・ウィルソン」ではないかと思います。歌声はもちろんですが、アレンジもお気に入りです。(MAHALO)

フォープレイ(Fourplay)|ザ・クリスマス・ソング(The Christmas Song)
https://www.youtube.com/watch?v=rzD_-UWl6p8 (YouTube)

スノーバウンド

新品価格
¥946から
(2015/12/21 15:58時点)

  • 「フォープレイ」が「ラリー・カールトン」在籍時にリリースしたクリスマス・アルバムからの1曲です。カバーも多いこの曲ですが、フォープレイが取り上げるとこのようにお洒落な曲となります。(MAHALO)
  • 何か物憂いように聴こえる歌声がスローなテンポによくあっています。(Hiro)
  • どんなアレンジでも成り立つメジャーなクリスマスソングの懐の広さを感じます。(Yama)

バンド・エイド(Band Aid)|ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス(Do They Know It’s Christmas?)
https://www.youtube.com/watch?v=bjQzJAKxTrE (YouTube)

ドゥ・ゼイ・ノウ・イッツ・クリスマス

中古価格
¥2,594から
(2015/12/21 15:58時点)

  • 「バンド・エイド」はエチオピアの飢餓を受け「ボブ・ゲルドフ」の呼びかけに賛同したイギリス、アイルランドの大物ミュージシャンによるチャリティー・プロジェクトです。やがてこのチャリティーがアメリカへと移り大ヒットとなったのが「ウィ・アー・ザ・ワールド」でした。(MAHALO)

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)|ワンダフル・クリスマスタイム(Wonderful Christmastime)
https://www.youtube.com/watch?v=V9BZDpni56Y (YouTube)

ワンダフル・クリスマス

中古価格
¥1,049から
(2015/12/21 15:59時点)

  • 11月末に、今年初めて聴いたクリスマスソングがこれでした。毎年この時期にたくさん聞きます。クリスマスシーズンを楽しんでいる情景が思い浮かぶ歌詞が素敵です。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)