SylvieVartan」タグアーカイブ

ジャズ評論家だった「大橋巨泉」


7月12日に大橋巨泉が亡くなりました。
思春期以降、テレビをみてると必ず大橋巨泉に出会ったような気がします。

私が大橋巨泉を知ったのは、日本テレビで放映された「11PM」だったと思います。司会は大橋巨泉の他に、愛川欽也、藤本義一が担当していました。
そこで大橋巨泉がジャズ評論家であること、ジャズシンガーマーサ三宅が元奥さんであったことなど、知りました。

ジャズ・プロデューサーの小針俊郎が、横濱ジャズプロムナードの公式ガイドに、以下を掲載してます。

「古き良き時代のヨコハマ」 大橋巨泉
音楽的にも横浜は自由で、結構若手がジャムっていた。当時開局したばかりのラジオ関東(現RFラジオ日本)に高桑敏雄君という秀れたディレクターが居て、発表の場のないモダン・ジャズメンのために、「モダン・ジャズ・コーナー」という不定期の番組を作ってくれた。ボクは構成と司会と運転手(予算がないので、東京の仕事が終わったジャズメンを横浜まで自分の車で運んだ)までやった。
ボクは構成と司会で一回二千五百円、ミュージシャンは一律一人千円であった。これで、渡辺貞夫、宮沢昭、八木正生、八城一夫、北村英治、西条孝之介らが喜んで出演してくれたのである。条件は「何でもやりたいものをやって良い」である。この番組から八城一夫の名演「モンキー・ドライバー」(お猿のカゴ屋)が生まれた。

http://jazzpro.jp/archives/yjp2013/interview_2013

私の中のJazzの町「ヨコハマ」の代表は、「渡辺貞夫」になります。大橋巨泉の司会でヨコハマで演奏していたのですね。

渡辺貞夫|マイ・ディア・ライフ
https://www.youtube.com/watch?v=JJtvVh3wRbE (YouTube)

マイ・ディア・ライフ

中古価格
¥1,320から
(2021/7/2 17:15時点)

  • sa: 渡辺貞夫
  • conga,perc: スティーブ・フォアマン)
  • el-g: リー・リトナー
  • ac-p: デイブ・グルーシン
  • ds: ハーヴィー・メイソン
  • el-p: チャック・レイニー

「渡辺貞夫マイ・ディア・ライフ」*というラジオ番組が、FM東京(TOKYO FM)で放送されていました。深夜でしたがよく聴いた記憶があります。
ジャズのコンサートの模様や、スタジオでのライブセッション、インタビュー、などおもしろかったです。

大橋巨泉が出演していてよく観てたTV番組は、

  • 11PM(日本テレビ) 1966年4月 – 1985年9月
  • クイズダービー(TBS) 1976年1月 – 1990年3月
  • 世界まるごとHOWマッチ(TBS) 1983年 – 1990年
  • ビートポップス(フジテレビ) 1966年 – 1970年
  • 巨泉×前武ゲバゲバ90分!(日本テレビ) 1969年10月 – 1971年3月

「ビートポップス」は、今でもよく覚えています。

ビートポップス 1970年1月10日放送(音声のみ)
https://www.youtube.com/watch?v=aBcgQLaJ0CE (YouTube)

テーマソングは、「Green Onione」でした。

ブッカーT&MG’s(Booker T and MG’s)|グリーン・オニオン(Green Onione)
https://www.youtube.com/watch?v=lNtnDq3ePnU (YouTube)

Green Onions

新品価格
¥1,071から
(2021/7/2 17:15時点)


毎週土曜日午後3時からフジテレビで、司会は大橋巨泉と ミュージックライフ編集長の星加ルミ子と音楽評論家の木崎義二。そして、ダンスの振り付け師の藤村俊二がでていました。ここで知った、フランス人歌手「シルヴィ・ヴァルタン」の「アイドルを探せ」が私が買った最初のレコードでした。

シルヴィ・ヴァルタン(Sylvie Vartan)|アイドルを探せ(La plus belle pour aller danser)
https://www.youtube.com/watch?v=XSy-v_Y9K_0 (YouTube)

あなたのとりこ~シルヴィ・バルタン・ベスト・コレクション

新品価格
¥2,282から
(2021/7/2 17:16時点)


ビートルズ、ローリング・ストーンズ、アニマルズ、ホリーズ、ビージーズ、ウォーカー・ブラザース、ハーブ・アルパート&ザ・ティファナ・ブラス、ママス&パパス、スプートニクス、シーカーズ、ゾンビーズ、オーティス・レディング、スコット・マッケンジー、ボビー・ソロ、このころ知った歌手、曲は、今でも覚えています。
また女の子がミニスカートでGOGOダンスをお立ち台で踊っていて、TV画面を通して、「ジャズ喫茶」「GoGo喫茶」の雰囲気を感じて、東京に強いあこがれを抱きました。

そして、シルヴィ・ヴァルタンと同じくらい印象に残っているのは、「ウォーカー・ブラザーズ」です。メンバーは、スコット・ウォーカー、ゲイリー・ウォーカー、ジョン・ウォーカー。「太陽はもう輝かない」、「孤独の太陽」、「ダンス天国」などのヒット曲がありますが。私はこの「Make It Easy On yourself」が好きです。

ウォーカー・ブラザーズ(The Walker Brothers)|涙でさようなら(Make It Easy on Yourself)
https://www.youtube.com/watch?v=bZTS9H-l5qQ (YouTube)

After the Lights Go Out

中古価格
¥449から
(2021/7/2 17:16時点)


大橋巨泉は、テレビという大衆娯楽のメディアをどのように楽しめば良いのか、TV番組としてリードしてきた気がします。もちろん、対象となった年齢層は「団塊の世代」です。戦争体験も無く、何のてらいもなく欧米文化を受け入れ、欧米の豊かさにあこがれた世代です。大多数が例外なく、未来に希望をもって、日々豊かになる現実を体現できた世代です。そのシンボルとして大橋巨泉は存在していた気がします。

編集部注* 「渡辺貞夫マイ・ディア・ライフ」は、1989年まで放送されていました。現在は後継番組の「渡辺貞夫 ナイトリー・ユアーズ」(Nightly Yours)が、TOKYO FMとJFM系FM局で放送しています。

マイ・フェバリット・アイドル・ソングス


木香薔薇

生垣の木香薔薇

関東は初夏の陽気が続きます。
この頃、生垣に花をつけたモッコウバラを見かけるようになりました。
漢字表記が「木香薔薇」のこの木は、棘がなく小さな八重咲の可愛い花をたくさん付けます。
鈴生りの小さな花は芳香が弱く、バラでありながら飾り気のないところが、可憐なアイドル歌手を思わせます。

さて、5月の「お気に入り曲」のテーマは「アイドル」です。
当ブログ執筆者4人のお勧めの、アイドル・ソングを8曲を、紹介します。
古今東西の楽曲が集まりました。

麻丘めぐみ|芽生え
https://www.youtube.com/watch?v=HWhbaySD7NM (YouTube)

ゴールデン☆ベスト 麻丘めぐみ

新品価格
¥2,488から
(2014/5/19 15:58時点)

  • 「わたしの彼は左きき」も大好きですが、可愛くて、歌がうまいアイドルとして、印象が強かったです。(Hiro)

オリビア・ニュートン ジョン(Olivia Newton John)|そよ風の誘惑(Have You Never Been Mellow)
https://www.youtube.com/watch?v=DRc6uIUzXSQ (YouTube)

Have You Never Been Mellow

新品価格
¥1,357から
(2014/5/19 16:06時点)

  • 1975年のヒット曲です。オリビアの美しさと歌唱力、もちろん、曲のメロディもすばらしく、いつまでも心に残ります。(Hiro)
  • ルックスと歌がマッチしたアイドルの一人だと思います。(Koji)
  • この曲をはじめオリビア・ニュートン ジョンは好きでよく聴きました。その後、「フィジカル」のPVをテレビで見たときは驚きました。当時としてはですが...。(MAHALO)

橋幸夫/吉永小百合|いつでも夢を
https://www.youtube.com/watch?v=K7gUdZqgCJY (YouTube)

 

吉永小百合 ザ・ベスト

新品価格
¥2,355から
(2014/5/19 16:09時点)

あまちゃん 歌のアルバム

新品価格
¥2,057から
(2014/5/19 16:20時点)

  • 当時はアイドルという表現では無く「青春スター」と言われていたようですが、やはり「吉永小百合」は永遠のアイドルだと思います。「あまちゃん」にも登場した橋幸夫との「いつでも夢を」はTVサントラ「あまちゃん 歌のアルバム」にも収録されています。(Koji)

シルヴィ・ヴァルタン(Sylvie Vartan)|アイドルを探せ (La plus belle pour aller danser)
https://www.youtube.com/watch?v=IP2fTeOm788 (YouTube)

シルヴィ・ヴァルタン・ライブ・イン・ジャパン(紙ジャケット・生産数限定)

新品価格
¥2,650から
(2014/5/19 16:23時点)

  • アイドルという言葉やその存在を知ったのはこの曲だった思います。原題や中尾ミエの歌った日本語の詩(訳詞:安井かずみ)のどこにもアイドルの表現はありませんでした。シルヴィ・ヴァルタンも永遠です。(Koji)
  • 前にブログでも書きましたが、この曲は生まれて始めて買ったレコードでした。(Hiro)私はレコード購入は「あなたのとりこ」からですが、この曲も大好きです。カラオケでもよく聴き(かされ?)ました。(MAHALO)

Char|Smoky
http://www.youtube.com/watch?v=7IlMOp3X2qc (YouTube)

Char

新品価格
¥1,415から
(2014/5/19 15:54時点)

  • 日本を代表する人気ギタリスト「チャー(Char)」ですが、私が最初に知ったのは当時TBSで放送されていた「銀座NOW!」でした。当時はルックスが良く、やたらギターの上手いアイドルでしたが、私もギターを始めた頃でもあり、憧れでもありました(今もですが)。そう言えば、「荒井由実(当時)」を初めて見たのもこの番組でした。(MAHALO)

八神純子|思い出は美しすぎて
http://www.youtube.com/watch?v=rTdVmIdAh58 (YouTube)

思い出は美しすぎて

新品価格
¥1,445から
(2014/5/19 16:31時点)

  • アイドルと言ったら失礼かもしれませんが、初めて聴いた時は衝撃でした。曲、そして歌声の良さ、もちろん八神さんもですが。当時としては高価なLPのサンバ・ホイッスルを購入し首からぶら下げていたいた思い出があります。(MAHALO)
  • 「みずいろの雨」「パープルタウン」といった曲も良かったですね。ロス在住のようですが、最近また見かけるようになりました。(Koji)

AKB48|恋するフォーチュンクッキー
http://www.youtube.com/watch?v=dFf4AgBNR1E (YouTube)

次の足跡 劇場盤(特典なし)

新品価格
¥49から
(2014/5/19 16:33時点)

  • いやー、この歳になってCDを買うほどのファンとなりました。特にこの曲は大好きです。もちろんメンバーもです。私の推しメンはこの曲まではメンバーでしたが…。(MAHALO)
  • この曲は何故か、ケツメイシの「お二人Summer」とダブってしまいます。(Hiro)
  • 80年代ディスコ調のサウンドで、耳に残りやすいフレーズを多用しています。いい意味で、考えつくしてヒット曲を作る、AKB48スタッフの勝利と言えます。アイドル・グループの定番ソングとして残る曲です。(Yama)

石川ひとみ|まちぶせ
https://www.youtube.com/watch?v=og3-Z3ysjfc (YouTube)

歌姫~BEST女性ヴォーカリスト~

新品価格
¥2,421から
(2014/5/19 16:36時点)

  • 荒井由実作詞作曲の「まちぶせ」。石川ひとみの前に三田聖子も歌っています。歌の上手さに定評のある石川ひとみは、NHK人形劇などでの活躍後に、この曲に巡り合い、NHKレットゴーヤングの司会を務めました。動画は、2012年11月のレットゴーヤングコンサートの模様です。昔とキーが変わっていません。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

最初の出会い「シルヴィ・ヴァルタン」


私のEverGreenな曲ということで「シルヴィ・ヴァルタンSylvie Vartan)」の「アイドルを探せ(La plus belle pour aller danser)」を紹介しましたことがあります。

この曲は私が初めて買ったレコードでした。今でも持っています。
何度も何度もポータブル・プレーヤーで聴きました。時には、33回転にして聴き、聴こえるがままで歌詞を覚え、歌っていました。

シルヴィ・ヴァルタン(Sylvie Vartan)|アイドルを探せ(La plus belle pour aller danser)
http://www.youtube.com/watch?v=IP2fTeOm788 (YouTube)

ベスト・オブ・シルヴィ・バルタン

新品価格
¥1,509から
(2014/3/7 17:24時点)

この「アイドルを探せ」は1964年の大ヒット曲です。フランスのオランピア劇場で、ザ・ビートルズ、トリニ・ロペスや、その他10組のミュージシャンたちと共演しています。

この曲は「イザベル(Isabelle)」で有名なジャンソン歌手「シャルル・アズナヴール(Charles Aznavour)」 作詞の曲でもあります。この「アイドルを探せ」は日本でも100万枚以上のレコード売上を記録しました。

シルヴィ・ヴァルタンは、1965年の初来日以来、計15回来日しています。海外の歌手としては数多く来日している歌手のひとりだと思います。

シルヴィ・ヴァルタンの来日記録

  1. 1965年5月(初来日)
  2. 1971年5月
  3. 1972年5月
  4. 1973年10月
  5. 1974年10月
  6. 1977年2月
  7. 1978年5月
  8. 1983年3月
  9. 1984年4月
  10. 1992年6月
  11. 1999年6月
  12. 2005年3月
  13. 2008年3月
  14. 2010年11月
  15. 2013年2月
  16. 2014年4月(来日予定)

 シルヴィ・ヴァルタン(Sylvie Vartan)|レナウン ワンサカ娘
http://www.youtube.com/watch?v=1-TmysiV4gY (YouTube)

Coffret The Ultimate Collection

新品価格
¥16,124から
(2014/3/7 17:20時点)

1965年5月、20歳の時の初来日の際、制作された「レナウンのTV CM」は、CMソングとして大ヒットしました。作詞・作曲共に小林亜星。このCMソングは、1961年に「かまやつひろし」が歌い、その後、「デューク・エイセス」、「ジェリー藤尾&渡辺とも子」、そして、「弘田三枝子」と歌われ継がれて、そしてシルヴィ・バルタンによって歌われ、爆発的にヒットしました。

「ドライブウエイ」「プールサイド」「テニスコート」「ロープウエイ」という、そのころから「レジャー」「余暇」という言葉が使われはじめ、その象徴的言葉を歌詞にカタカナで織り込み、乗りの良い「イエイエ」と相まって、「6年間」も歌い継がれ、 シルヴィ・ヴァルタンは、1965年~1966年を担当しました。
まさに、「東京オリンピック」「高度経済成長」とその後の日本の希望に満ちた将来へ、「ワンサカワンサワンサカワンサ、イェ~イ・イェ~イ・イェイイェイ~!でした!

シルヴィ・ヴァルタン(Sylvie Vartan)|あなたのとりこ(Irrésistiblement)
http://www.youtube.com/watch?v=AfiCbMXBoKE (YouTube)

あなたのとりこ~シルヴィ・バルタン・ベスト・コレクション

新品価格
¥1,816から
(2014/3/7 17:12時点)

この曲が日本でヒットしたのが1970年でした。その後もつい最近まで、サントリー「緑水」、キリンビール「ホップの真実」、 スズキのエコカー、Canon「EOS」、ANA「新羽田ターミナル」など、多くのCMで使われています。
また、この曲は2001年の映画「ウォーターボーイズ」の挿入曲としてもよく知られていると思います。

シルヴィ・ヴァルタンは今、69歳ですが、元気に活躍中です。最近の映像は、これです。

シルヴィ・ヴァルタン(Sylvie Vartan)|I like it, I love it
http://www.youtube.com/watch?v=vrZLMZqIjPg

Sylvie in Nashville

新品価格
¥1,134から
(2014/3/7 17:06時点)

この曲が収められている「Sylvie in Nashville」は、「アイドルを探せ」と同じ米ナッシュヴィルで録音されました。
今年4月中旬に来日し、東京公演も予定されているとの事なので、是非、ライブに行きたいと思います。

チケットぴあ一般発売 | シルヴィ・バルタン | 2014/4/18(金) ・ 2014/4/19(土) |
ビルボードライブ東京(東京都)
icon

「Ever Green」な曲


知り合いから、『映画行脚』(河出書房新社)という本を紹介いただき、読みました。
内容は映画好きで知られる池波正太郎さんと、映画評論家の淀川長治さんの対談集で、ゲストに山田洋次監督や古谷綱正さんが登場します。

映画行脚

中古価格
¥345から
(2012/12/20 10:43時点)


この本の中で、池波さんは次のように語っています。

「今の時代(対談が行われた昭和50年~60年)は大人の感覚が失われつつある。政治から演劇から映画に、大人の感覚、大人が楽しむ感覚が失われてきた気がする。子供たちは「大人」の真似をしながら成長して行ったものだけれど、最近では大人が子供の真似をするようになってしまった」

1975年~1985年...。
ちょうど私たちが、大人になった時代です。

また、この本を紹介してくださった方は、次のようにコメントしています。

「音楽の世界でも、以前は大人向けの音楽を子供が背伸びして聴きながら感覚を身につけて行ったものですが、今では大人の中にも若者向けの曲を追いかけている人が少なからずいます。それだけ大人の鑑賞に耐えうる作品が生まれて無いことも原因でしょうが・・・」

これらが、我々が、このブログを始めた動機でもあり、このブログの「コンセプト」です。
1960年代以降に作られたの数々の名曲は、「Ever Green」の味わい深い歌詞と美しいメロディ、そして演奏者たちの歌、演奏、それらが一体となって私たちの心に安らぎと感動を与えてくれます。これまで、名曲の数々に触れながら人生を歩んで来られた私たちは、本当に幸せなことだと思います。
この想いを少しでもみなさんとシェアできたら、4名でこのブログを始めました。

ちなみに、私の「Ever Green」な曲は、次の3曲です。

チック・コリア(Chick Corea) | ラ・フィエスタ(La Fiesta)
この曲は、学生時代に、吉祥寺のジャズ喫茶「Funky」(現在はジャズバー「Funky」)でよく聴きました。3拍子のところは本当に踊りだしたくなります。

https://www.youtube.com/watch?v=bzCYhw4FBwg (YouTube)

リターン・トゥ・フォーエヴァー

新品価格
¥1,524から
(2012/12/20 10:44時点)


シルビーバルタン(Sylvie Vartan) | アイドルを探せ(La Plus Belle Pour Aller Danser)
中学生の時に初めて買ったレコードはこの曲でした。
https://www.youtube.com/watch?v=2k85qt69hZE (YouTube)

あなたのとりこ~シルヴィ・バルタン・ベスト・コレクション

新品価格
¥2,000から
(2012/12/20 10:45時点)

沢田研二 | 君をのせて
カラオケで良く歌います。
https://www.youtube.com/watch?v=BLE3ED3wbEo (YouTube)

沢田研二 A面コレクション

新品価格
¥4,281から
(2012/12/20 10:47時点)