Steve Oliver」タグアーカイブ

ギタリストによるクリスマス・アルバム 「エリック・ジョンソン」~「ラリー・カールトン」


早いもので今年も12月となり、まもなく新年を迎えようとしています。
と、その前に12月と言えば、やはりクリスマスという一大イベントが控えています。
街を歩くと耳にするクリスマス・ソング、またテレビ、ラジオでも今やクリスマス・ソングとも言える毎年恒例のコマーシャル・ソングが流れるなど、クリスマスを迎えようとしています。

今回は私が選んだクリスマス・アルバムを何枚か紹介したいと思います。
クリスマス・アルバムも今ではポップス、ソウル、ジャズなど、ジャンルを問わず数多くのアルバムがリリースされていますが、ギター好きの私としてはやはりギタリストによるクリスマス・アルバムです。


メリー・アックスマス(Merry Axemas) / A Guitar Christmas

最初に紹介するアルバムはバークリー音楽大学出身で、フランク・ザッパや当ブログでも紹介の映画「クロスロード」でもお馴染みのギタリスト「スティーヴ・ヴァイ(Steve Vai)」の完全監修により1997年にリリースされた人気ギタリストによるコンピレーション・アルバムです。

参加ギタリストもスティーヴ・ヴァイの師匠でアルバム「G3」でも共演の「ジョー・サトリアーニ(Joe Satriani)」や「エリック・ジョンソン(Eric Johnson)」をはじめ、「ジェフ・ベック(Jeff Beck)」といった層々たるギタリストが参加しています(以下の曲目を参照)。
発売当時は「布袋寅泰」が参加した事でも話題となりました。

アルバムの内容は参加ギタリストからもロックといったアレンジですが、何れの曲もギター・テクニックは流石です。

メリー・アックスマス 収録曲

  1. Rudolph The Red-Nosed Reindeer / Kenny Wayne Shepherd
  2. The First Nowell / Eric Johnson
  3. Amazing Grace / Jeff Beck
  4. Jingle Bells / The BrianSetzer Orchestra
  5. Silent Night/Holy Night Jam / Joe Satriani
  6. Joy To The World / Steve Morse
  7. Christmas Time Is Here / Steve Vai
  8. Blue Christmas / Joe Perry /
  9. The Little Drummer Boy / Alex Lifeson
  10. Cantique De Noel (O’ Holy Night) / Richie Sambora
  11. Happy X-mas (War Is Over) / 布袋寅泰(Hotei)
  12. Mount Fuji Christmas / Paul Gilbert
  13. Message From Steve Vai / Steve Vai
    ※12,13は日本盤のみのボーナストラック

私のお勧めはやはり「エリック・ジョンソンEric Johnson)」です。
ライナーに「アコースティカルでありながらシンフォニックな壮大さを出している」と書かれているように、他の曲に比べロックではありませんが、如何にもエリック・ジョンソンといった心地よいアレンジかと思います。

牧人ひつじを(The First Nowell) | エリック・ジョンソン(Eric Johnson)
https://www.youtube.com/watch?v=7owx_4Hi-VI (YouTube)

私は購入していませんが企画が好評だったのか、「スティーブ・ルカサー」などが参加した「Vol.2」もリリースされています。

Merry Axemas

中古価格
¥534から
(2015/12/14 13:45時点)


デイヴィッド・T・ウォーカー(David T. Walker) / Wear My Love

2枚目は「デイヴィッド・T・ウォーカーDavid T. Walker)」の「Wear My Love」です。

セッション・ギタリストの中でも、そのフレーズを聴いただけで誰だと判るギタリスト、その代表と言えるのがデイヴィッド・T・ウォーカーかと思います。
ギター・テクニックはもちろんですが、年齢や容姿からも人間国宝などと書かれたりしていますが、私もデイヴィッド・T・ウォーカーの虜となり、ソロ・アルバムはもちろんの事、今でもセッションで参加している曲を見つけてはアルバムを購入し聴くほどです。

今回紹介するアルバムはデイヴィッド・T・ウォーカーを敬愛する「DREAMS COME TRUE」の2人、その2人がエグゼクティヴ・プロデューサーを務めるレーベル「DTC Records」からソロ・アルバムの2作目として2009年にリリースされたクリスマス・アルバムです。

収録曲はオリジナルが2曲で他はトラディショナル・ナンバーとなり、インストが5曲、ヴォーカル曲が5曲です。
半分はヴォーカル曲となりますが、何れもデイヴィッド・T・ウォーカーのギターを味わうことが出来きます。

Wear My Love 収録曲

  1. Santa Claus Is Comin’ To Town
  2. Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!
  3. Have Yourself A Merry Little Christmas
  4. This Christmas
  5. Holidays Are Mirrors
  6. White Christmas
  7. Merry Christmas Baby
  8. The Christmas Song
  9. Amen
  10. Wear My Love

デイヴィッド・T・ウォーカー(David T. Walker ft.Barbara Morrison) / This Christmas
https://www.youtube.com/watch?v=7kE9-qSp76I (YouTube)

Wear My Love

中古価格
¥1,400から
(2015/12/14 13:46時点)


ラリー・カールトン(Larry Carlton) / クリスマス・アット・マイ・ハウス(Christmas At My HoHRISTMAS AT MY House)

3枚目は「ラリー・カールトンLarry Carlton)」の「クリスマス・アット・マイ・ハウス」です。
当ブログでも登場する事の多いラリー・カールトンですが、デイヴィッド・T・ウォーカーとともに私の大好きなギタリストです。
この2人は2014年に日本で共演ライブが開催され、今年になりその模様がCD化となりましたので、会場に行けなかった方も2人のギターを楽しむ事が出来たのではと思います。
2人がセッションで参加した「マリーナ・ショウ」の名曲「フィール・ライク・メイキン・ラブ」のギターは名演としてギター・ファンにはお馴染みで、このライブでも取り上げられています。

クリスマス・アット・マイ・ハウス 収録曲

  1. クリスマス・ソング(インスト)(The Christmas Song)
  2. ウインター・ワンダーランド(Winter Wonderland)
  3. きよしこの夜 / あめなる神には(Silent Night / It Came Upon A Midnight Clear)
  4. ホワイト・クリスマス(White Christmas)
  5. ホリー・アンド・アイヴィ(The Holly And The Ivy)
  6. リンギング・ザ・ベルズ・オブ・クリスマス(Ringing The Bells Of Christmas)
  7. ホワット・チャイルド・イズ・ジス(グリーン・スリーヴス)(What Child Is This – Green Sleeves)
  8. リトル・ドラマー・ボーイ(The Little Drummer Boy)
  9. もろ人こぞりて(Joy To The World)
  10. マイ・フェイヴァリット・シングス/東洋の三人の王(My Favorite Things / We Three Kings Of Orient Are)
  11. クリスマス・ソング (ヴォーカル)(The Christmas Song)

やはりクリスマス・アルバムとなると収録曲もトラディショナル・ナンバーが中心となりますが、誰もが耳になじんだ曲だけに、どのようなアレンジを披露するのかを聴き比べるのも面白いかと思います。

多くのソロ・アルバムをリリースしているラリー・カールトンですが、このアルバムでは如何にもラリー・カールトンといったジャズ・テイストの心地よいフレーズを聴かせるなどテクニックを披露し、企画物のアルバムかもしれませんが、ラリー・カールトンのテクニックを聴くにはお勧めの1枚かと思います。渋いの一言です。

ラリー・カールトン(Larry Carlton) | クリスマス・ソング(The Christmas Song)
https://www.youtube.com/watch?v=m_Est7K2yso (YouTube)

ラリー・カールトン(Larry Carlton) | マイ・フェイヴァリット・シングス/東洋の三人の王(My Favorite Things / We Three Kings Of Orient Are)
https://www.youtube.com/watch?v=S2MI4Tv-eXg (YouTube)

CHRISTMAS AT MY HOUSE(クリスマス・アット・マイ・ハウス)

新品価格
¥2,365から
(2015/12/14 13:47時点)


このアルバムの後に「フォー・ハンズ・アンド・ア・ハート・クリスマス(Four Hands & a Heart Christmas)」というクリスマス・アルバムの第2弾をリリースしていますが、こちらはギターの重ね録りだけで作られた内容となっています。


まだまだこの3枚以外にもお勧めのアルバムが何枚もあります。
お勧めのアルバムを曲とも紹介したかったのですが、YouTubeになく、お聴かせ出来ないのが残念です。

なかでもナイロン・ギターの名手「スティーブ・オリバーSteve Oliver)」と、今は亡き「ロッド・スチュワート」のバンドでお馴染みの「ジェフ・ゴルブJeff Golub)」のクリスマス・アルバムはお勧めでです。

以下のアルバムをクリックして頂きリンク先からデジタル・ミュージック(mp3)選んで頂くと、短いですがサンプルを聴く事が出来ます。

スティーブ・オリバー(Steve Oliver) / Snowfall

Snowfall

新品価格
¥3,458から
(2015/12/14 13:48時点)


ジェフ・ゴルブ(Jeff Golub) / Six String Santa

Six String Santa

新品価格
¥5,062から
(2015/12/14 13:49時点)


まもなくクリスマスとなりますが、音楽で楽しむクリスマスもお勧めです。

マイ・フェイバリット・サマー・トリップ・ソングス


ヒマワリ今日(7月21日)は「海の日」。海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日です。

そして、明後日には、二十四節気の「大暑」(たいしょ)を迎えます。
夏の暑さがもっとも極まるころです。
ご自愛ください。

さて、7月の「お気に入り曲」のテーマは「サマー・トリップ」です。
当ブログ執筆者4人のお勧めの、夏のレジャーや旅行をイメージする8曲を、紹介します。
音楽で、国内外にお出かけください。

ケツメイシ|お二人Summer
http://www.youtube.com/watch?v=yIWtQsH1P8Q (YouTube)

ケツノポリス7

新品価格
¥2,556から
(2014/7/20 09:44時点)

10数年前、テレビ朝日に関係してた方に、「湘南の風」、「ケツメイシ」知ってるか、といわれて、”えっ?!”って、全く知りませんでしたので。両グループともにテレビ朝日系のプロダクションに属していたとの事でした。そこで、聴いた「ケツメイシ」の曲がこの曲。夏の海!って感じで、すごく乗りやすい曲と思いました。ただ、何回カラオケでトライしても未だに歌えません。(Hiro)

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ(Art Blakey & the Jazz Messengers)|チュニジアの夜(A Night in Tunijia)
http://www.youtube.com/watch?v=FHKyVJ5YfNU (YouTube)

チュニジアの夜

新品価格
¥1,382から
(2014/7/20 09:50時点)

ジャズのスタンダード曲として有名な曲ですが、このAJMによる演奏はそのエキゾチックな雰囲気の「真夏の夜」を醸し出す快演だと思います。アフリカ大陸の名前の由来ともなったという「チュニジア」ですが、この曲名以外の知識は全くありません。(Koji)

小野リサ|喜びのサンバ(Eu Quero um Samba)
http://www.youtube.com/watch?v=AUNb76vJ0SQ (YouTube)

Brasil

新品価格
¥2,880から
(2014/7/20 09:51時点)

ワールドカップの準決勝で歴史的大敗を喫してしまったブラジルですが、サンバとボサノヴァは夏を感じる定番音楽ですね。小野リサのニュー・アルバム「Brasil」は、彼女の原点ともいえるブラジル音楽をポルトガル語で歌っています。(Koji)
これからの季節にボサノヴァはピッタリですね。小野リサは私も大好きです。小野リサもカバーですが、マイケル・フランクスもカバーした「Samba do Soho(ソーホーのサンバ)」はお気に入りです。(MAHALO)
小野リサは、いまだに1991年発売のアルバム「menina / ミニーナ」を繰り返して聞いています。(Yama)

スティーブ・オリバー(Steve Oliver)|Midnight At The Oasis
http://www.youtube.com/watch?v=Bfr1K9TBWsk (YouTube)

First View

新品価格
¥3,414から
(2014/7/20 09:53時点)

このギタリストは知ってはいましたが、CDを購入して聴いたのは最近の事です。アコースティック(ナイロン)・ギターのサウンドが心地良いです。この曲は皆さんご存知の「マリア・マルダー」のヒット曲、「邦題:真夜中のオアシス」のカバーです。この曲収録のアルバムは全曲とも夏にピッタリでお勧めの1枚です。(MAHALO)

リー・リトナー(Lee Ritenour)|Sea Dance
http://www.youtube.com/watch?v=ROuvUpe9teQ (YouTube)

フレンドシップ

中古価格
¥3,779から
(2014/7/20 09:54時点)

リー・リトナーの夏の定番といえばアコースティック・ギターの心地よい「Rio」というアルバムがお勧めですが、この曲も夏には必ず聴く1曲です。この曲が収録されたジェントル・ソウツ名義のアルバム「フレンドシップ」はダイレクト・カッティングによるレコーディングですが、8分の7拍子のこの曲を一発録音で演奏するとは流石です。(MAHALO)
何故か、「リターン トゥー フォーエバー」の「ラフェスタ」を思い出してしまいました。軽快なリズム、乗りがとても気持ちがいいです。(Hiro)

アジムス(Azymuth)|フライ・オーバー・ホライズン(Voo Sobre o Horizonte(Fly Over The Horizon))
http://www.youtube.com/watch?v=yUsiA90dSHo (YouTube)

 

aguia nao come mosca

中古価格
¥2,400から
(2014/7/20 09:56時点)

Latin Essentials

新品価格
¥4,943から
(2014/7/20 10:00時点)

アジムスはブラジル出身のフュージョン・グループです。邦題「地平線上を飛ぶ」というこの曲はNHK-FMの「クロスオーバーイレブン」のオープニング・テーマ曲としても使用されましたのでご存知の方も多いかと思います。私の夏の定番曲です。(MAHALO)
「クロスオーバーイレブン」のオープニング・テーマ曲という理由だと思いますが、「夜11時のテーマ曲」として定着している気がします。(Yama)

山下達郎|LOVELAND, ISLAND
http://www.youtube.com/watch?v=aLhbcRMX0lY (YouTube)

FOR YOU (フォー・ユー)

新品価格
¥2,038から
(2014/7/20 10:01時点)

山下達郎がサンバのリズムを料理するとこうなるという典型的リゾート・ミュージックです。元々サントリービールのCM用に作られたこの曲ですが、去年は同じくサントリーのノンアルコール飲料のCMでも使用されました。(Yama)

真心ブラザーズ|サマーヌード
http://www.youtube.com/watch?v=AKxVuibD4OU (YouTube)

B.A.D.(ビガー・アンド・デファー)~MB’s・シングル・コレクション

新品価格
¥1,712から
(2014/7/20 10:03時点)

去年のドラマ「サマーヌード」絡みでも紹介した曲ですが、今年はオリジナルバージョンを紹介します。海に出かけた男女二人。彼氏が彼女を見続ける情景です。プロモーションビデオに登場する女性2人はデビュー前のPUFFYの2人です。(Yama)
昨年の夏に放送されたドラマ「SUMMER NUDE」のロケ地は馴染みのある房総の風景が登場していました。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)