Spyro Gyra」タグアーカイブ

(c)KELLEPICS pixabay「湖上でダンス」(フリー素材)

マイ・フェイバリット・ダンス・ミュージック


季節は廻り今年も紅葉シーズンを迎えました。
都心の紅葉名所「明治神宮外苑」(東京都新宿区霞ヶ丘町)のイチョウ並木も色づきが進み見頃だそうです。

東京・明治神宮外苑のイチョウ並木も見頃に 各地の状況は(気象予報士 日直主任 2021年11月17日) – 日本気象協会 tenki.jp
東京・明治神宮外苑のイチョウ並木も見頃に 各地の状況は(気象予報士 日直主任 2021年11月17日) - 日本気象協会 tenki.jp

明治神宮外苑の「外苑便りブログ」でも、11月15日にイチョウ並木の様子を伝えています。

いちょう並木が見頃となりました。(明治神宮外苑|外苑便り)
いちょう並木が見頃となりました。(明治神宮外苑|外苑便り)

紅葉狩りにお出かけの際には、日中は暖かくても日が暮れると急に気温が下がり寒くなりますので、服装にご注意ください。

小康状態の新型コロナウイルス感染拡大ですが、12月に「第6波」の懸念があります。
感染対策に奇策はありません。
ワクチン接種の機会を逃さないようにして、日常では「複数人での飲食」「昼夜を問わず不要不急の外出」を自粛し、「テレワーク」を徹底し、一人一人が正し感染抑止に努めるしかありません。

さて11月のお気に入りのテーマは、11月29日が鹿鳴館の開館日に因む「ダンスの日」につき「ダンス」です。
当ブログ執筆者がお勧めする8組8曲の「ダンス」音楽を紹介します。

ウォーカー・ブラザーズ(The Walker Brothers)|ダンス天国(Land of a Thousand Dances)
https://www.youtube.com/watch?v=eQ_2zCHgJ5A (YouTube)

ダンス天国~ウォーカー・ブラザーズ・ベスト

中古価格
¥1,130から
(2021/11/17 23:16時点)

  • クリス・ケナーの曲ではありますが、ずっと記憶に残っているのは、ウォーカー・ブラザースの「ダンス天国」です。ウォーカー・ブラザースは1967年に来日し、TV番組「ビート・ポップス」「ザ・ヒットパレード」「ヤング720」に出演していたとおもいます。(Hiro)
  • スパイダースのカバーでも記憶があります。(Koji)

竹内まりや|恋の嵐
https://www.youtube.com/watch?v=e-sp-otc-2A (YouTube)

Expressions (通常盤)

中古価格
¥2,781から
(2021/11/17 23:18時点)

  • ダンス、ダンス、ダンス、この繰り返しが、ブレーキのきかない激しい恋に落ちていく情景を想像させました。(Hiro)
  • 「PLASTIC LOVE」のアナログ・シングル盤がリリースされるなど話題ですが、このような感じの曲も大好きです。(MAHALO)

朝倉さや|俺ら東京さ行ぐだ(吉幾三)
https://www.youtube.com/watch?v=1-EhTfTpW7c (YouTube)

新・東京(SHM-CD)

新品価格
¥1,190から
(2021/11/17 23:24時点)

  • 日本語ラップの元祖と言われる吉幾三のこの曲を民謡日本一の山形娘「朝倉さや」がカバーしています。monolog(Yuki Kanesaka)による編曲が新たな融合を生み出しています。(Koji)

アバ(ABBA)|ダンシング・クイーン(Dancing Queen)
https://www.youtube.com/watch?v=xFrGuyw1V8s (YouTube)

ABBA 40/40~ベスト・セレクション(SHM-CD)

中古価格
¥2,156から
(2021/11/17 23:25時点)

  • 「ダンス」で真っ先に浮かぶのはこの曲です。スウェーデンのコーラスグループというのが何故か新鮮でした。(Koji)
  • 懐かしいです。最近、ニューアルバム「The Voyage」がヒットしているようです。(Hiro)
  • 1974年発表曲!当方はランドセルを背負っていた頃ですがよく覚えています。(Yama)

オーリアンズ(Orleans)|ダンス・ウィズ・ミー(Dance With Me)
https://www.youtube.com/watch?v=PdBmVjsJXlk (YouTube)

DANCE WITH ME – The Best of Orleans

中古価格
¥680から
(2021/11/17 23:27時点)

  • 今回のテーマで一番に思いついたのがこの曲です。ホーカル、ハーモニーの良さもですが、ギター好きにはこのアコースティック・ギターのサウンドが心地良く、名曲ですね。(MAHALO)
  • 名曲ですね。(Hiro)
  • 成人後、70年代オムニバスCDで繰り返し聞きました。(Yama)

スパイロ・ジャイラ(Spyro Gyra) |モーニング・ダンス(Morning Dance)
https://www.youtube.com/watch?v=AIq_co8f7yc (YouTube)

モーニング・ダンス(期間生産限定盤)

中古価格
¥941から
(2021/11/17 23:27時点)

  • フュージョン・ブームの真っ只中、この曲を初めて聞いた時は感激しました。メロディー・ラインの良さ、アレンジの良さなど今でも私の定番曲です。(MAHALO)

シンディ・ローパー(Cyndi Lauper)|ハイ・スクールはダンステリア(Girls Just Want to Have Fun)
https://www.youtube.com/watch?v=PIb6AZdTr-A (YouTube)

グレイテスト・ヒッツ

中古価格
¥567から
(2021/11/17 23:30時点)

  • ベストヒットUSAで見たプロモーションビデオのインパクトが強く、かつ原題と邦題のかけ離れっぷりが印象的でした。当時マドンナと比較されがちで、軽音楽同好会の友人と連日のようにシンディ派対マドンナ派で口論しました。(Yama)
  • 当時、私もPVを見て好きになりレコードを購入し毎日のように聴いていました。アルバムはこの曲以外にも「She Bop」、そして「Time After Time」など良い曲ばかりです。(MAHALO)

荻野目洋子|ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)
https://www.youtube.com/watch?v=gWFX_JqYYt8 (YouTube)

ゴールデン ベスト 荻野目洋子

中古価格
¥938から
(2021/11/17 23:30時点)

  • 長年「とんねるずのみなさんのおかげです」のコントで多用され、2017年には「大阪府立登美丘高等学校ダンス部」の「バブリーダンス」 https://www.youtube.com/watch?v=Lxr9tvYUHcg で再ブレイク。「平野ノラ」の功績が大きいです。(Yama)
  • 時代時代で、いろいろな形で扱われるのはやはり名曲だと思います。(Hiro)
  • いつのまにかバブルの象徴的な曲になってしまいました。(Koji)
  • 懐かしいです。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

「Daisuki Music」という名のお気に入りテープ(1)



先日部屋の整理をしていると「Daisuki Music」というタイトルのカセット・テープが何本も出てきました。
作ったのは1980年代~90年代前半だったと思いますが、レコードやCDからお気に入りの曲を集めたマイ・ベストといった内容です。

カセット・テープが登場してまもなく、我が家もラジカセの時代となりました。
ラジカセですので録音する内容もラジオからで、当時はFM雑誌にオンエアされる曲が書かれていましたが、ラジカセに張り付いて曲だけを録音するなどは面倒で、番組をまるごとというのが殆どでした。
のちにカセットデッキが発売となりステレオと繋いで録音できるようになりましたが、今のようにアルバムを沢山持っているわけでもなく、友人から借りたレコードを録音する程度でした。

初代ウォークマン TPS-L2(後期モデル)

初代ウォークマン TPS-L2(後期モデル)

ごく当たり前の使い方ではありましたが、それから月日が経ち、1979年に登場したのが初代ウォークマンです。
今ではスマートフォンや携帯プレイヤーで音楽を楽しむのが当たり前となり、街を歩いてもヘッドフォンを付けた方を多く見かけますが、このウォークマンの登場は驚きでした。
家で聴いていたレコードを外で何時でも、何処でも聴けるというのが画期的で、私の周りも殆どの人があの付属のヘッドフォンをしていました。
発売当時は品薄となり私も都内を探し回り購入した思い出があります。

ウォークマンも使い始めの頃はレコードを1枚をまるごと入れて聴いていましたが、レコードも増えてくると大好きな音楽だけを聴きたいと作り始めたのがこのDaisuki Musicというテープです。

さて、今回見つけたテープには何れもサブ・タイトルが付けられ、その中に「Summer」というのがあり、聴き直してみましたが、今聴いても良い曲かと思い何曲か紹介したいと思います。

90分のテープで今のように圧縮して曲を取り込むことが出来ないため曲数は少ないのですが、このような曲です。
やはり音源は殆どがレコードですのでノイズなども入っていましたが、当時はよく聴いていたなと懐かしくなりました。

Daisuki Music “Summer”

Side: A

  1. Morning Dance / Spyro Gyra
  2. Sudden Samba / Neil Larsen
  3. Wind from Oahu / 増尾元章
  4. Happy Song / Ronnie Foster
  5. Suger Loaf Mountain / George Duke
  6. Dreamflow / Paulinho Da Costa
  7. South Beat / Rene Toledo
  8. There Are Many Stops Along The Way / Joe Sample
  9. Affirmation / George Benson
  10. Fly Over The Horizon / Azymuth

Side: B

  1. Palos / Willie Bobo
  2. Te amo / Alex Acuña & The Unknows
  3. Walking On Air / 堀井勝美プロジェクト
  4. Summer Dream / Mezzoforte
  5. Girl Talk / Greg Phillinganes
  6. You’re My Every Need / John Tropea
  7. Darlin’ Darlin’ Baby (Sweet Tender, Love) / Steve Khan
  8. That’s The Way Of The World / Richard Tee
  9. Street Dreams / Chet Atkins
  10. Sun Song / Dave Grusin

まずはSide Aからの紹介です。

Morning Dance / Spyro Gyra
スパイロ・ジャイラ」を初めて聴いたのが、この「モーニング・ダンス」という曲でした。
スパイロ・ジャイラはニューヨーク州バッファローで、リーダーでサックスのジェイ・ベッケンスタインを中心としたセッションから生まれたグループです。
メンバーは殆どが入れ替わってしまいましたが、現在も活動しています。
私はこの曲が収録された同名のアルバム「モーニング・ダンス」が最初に購入したレコードでしたが、この曲のヒットによりアルバムも70万枚以上の売り上げとなり、ゴールド・ディスクも獲得しています。
「マンハッタン・トランスファー」が取り上げた「シェーカー・ソング」もスパイロ・ジャイラで、この曲も私のお気に入りです。

スパイロ・ジャイラ(Spyro Gyra) | モーニング・ダンス(Morning Dance)
https://www.youtube.com/watch?v=bVDZ5UY_oDw (YouTube)

モーニング・ダンス

新品価格
¥1,638から
(2015/7/30 11:57時点)


Wind from Oahu / 増尾元章
ギタリスト「増尾好秋」の弟でギタリストの増尾元章の代表曲です。
ギタリスト好き、特にストラトキャスター好きにはたまらない音色です。
増尾元章のレコードは全て持っており、「リバプール・ドリーミング」だけはCDで復刻されましたが、のちに2枚組のベスト盤がリリースされた時は感激しました(現在は入手困難かもしれませんが、たまに中古で出品されます)。
この「オアフ島の風」はタイトルからもハワイ好きにはお勧めかと思います。

増尾元章 | オアフ島の風(Wind from Oahu)
https://www.youtube.com/watch?v=oq7NqFYFtHk (YouTube)

増尾元章セレクション MOTOAKI MASUO SELECTION (2CD)


Happy Song / Ronnie Foster
ギタリストの「フィル・アップチャーチ」、そして今回紹介のキーボーディスト「ロニー・フォスター」を知ったのは「ジョージ・ベンソン」の「ブリージン」でした。
この2人はジョージ・ベンソンとともにアルバムを購入し、今でもよく聴いています。
ロニー・フォスターはこの曲が収録された「ラヴ・サテライト(Love Satellite)」と「ディライト(Delight)」の2枚がお勧めです。

ロニー・フォスター(Ronnie Foster) | ハッピー・ピープル(Happy Song)
https://www.youtube.com/watch?v=iDb74vZsdbk  (YouTube)

Love Satellite – Expanded Edition , from UK)

新品価格
¥1,110から
(2015/7/30 12:00時点)


Suger Loaf Mountain / George Duke
モノログとジョージ・デュークの想い出でも紹介、残念ながら2013年に亡くなってしまったジョージ・デュークですが、私がジョージ・デュークを聴く切っ掛けとなったのが、この曲が収録されたアルバム「A Beazilian Love Affair」で、夏になると聴くお気に入りのアルバムの1枚です。
ジョージ・デュークは、このアルバムの後に「Guardian of the Light by Sony」をリリースし来日公演を行いますが行くことが出来ず、「スーパー・キーボーズ」というタイトルのVHSを購入し今でも持っています。
当時はVHSも12,000円と高価で、公演のチケット代より高かったかと思います。

曲についてですが、印象に残るイントロのギター・カッティングは「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」のメンバーとしても知られる「ローランド・バウチスタ」です。

ジョージ・デューク(George Duke) | シュガー・ローフ・マウンテン(Suger Loaf Mountain)
https://www.youtube.com/watch?v=Itbh8BTdjNA  (YouTube)

A Beazilian Love Affair ~ Expanded Edition

新品価格
¥1,063から
(2015/7/30 12:01時点)


South Beat / Rene Toledo
レネー・トレド」は90年代の「アール・クルー」というキャッチでGRPよりデビューしたギタリストです。
キューバ出身でハバナで10歳から8年間クラシック・ギターを学んだとの事ですが、当時は政治的にもキューバでジャズを学ぶ事が出来ず、1980年にマイアミに移住し本格的にジャズへと進みます。
GRPとの関わりは、GRPへの楽曲提供ならびにミュージシャンとしての参加が切っ掛けとなり自身のアルバム・デビューとなります。
このアルバムのリリースは1992年でCDでしたので、このテープを作ったのもこの頃だったのかと思われます。

レネー・トレド(Rene Toledo) | サウス・ビート(South Beat)
https://www.youtube.com/watch?v=QqJZSQJGZ4A  (YouTube)

ザ・ドリーマー

中古価格
¥448から
(2021/7/22 17:07時点)


簡単な紹介となりましたが、私のお気に入り曲による当時の夏のイメージでした。

なお、紹介できなかった曲もYouTubeで検索して頂くと聴く事が出来ます。(2015/7/28時点)

「Daisuki Music」という名のお気に入りテープ(2)へ続く