スポーツ」タグアーカイブ

(c)カズキヒロ ぱたくそ「甲子園をめざして」(フリー素材)

マイ・フェイバリット・スポーツ・ミュージック


西日本で梅雨明けの発表がありました。平年より早い梅雨明けです。

九州北部・中国 梅雨明け いずれも平年より早く
九州北部・中国 梅雨明け いずれも平年より早く

関東地方は先週末から大気の状態が不安定になり、連日のように「夕立」「雷雨」に見舞われています。「梅雨時期に雷が鳴り始めたら梅雨明けが近いサイン」といいます。
梅雨前線の活動が弱まり、週末の天気図に梅雨前線がありません。東日本の梅雨明けも近いようです。

東京都の感染者数はステージ4相当に逆戻りし、4度目の緊急事態宣言が発出されました。東京2020大会は原則無観客。もっと早く無観客の結論を出していれば、すべての競技場に多視点映像カメラを設置して配信する「オンデマンド多視点スポーツ観戦」が実現したかもしれません。ちょっと残念です。

感染対策に奇策はありません。
ワクチン接種の機会を逃さないようにして、日常では「複数人での飲食」「昼夜を問わず不要不急の外出」を自粛し、「テレワーク」を徹底し、一人一人が正し感染抑止に努めるしかありません。

さて、7月のお気に入りのテーマは「スポーツ」です。
当ブログ執筆者がお勧めする6組6曲のスポーツ音楽を紹介します。

村田英雄|柔道一代
https://www.youtube.com/watch?v=YAZ0UpNgQsE (YouTube)

村田英雄 ベスト PBB-92

新品価格
¥1,204から
(2021/7/14 17:30時点)

  • 御木本伸介(真野修五郎=嘉納治五郎モデル)主演のTVドラマ主題歌。村田英雄の浪曲の節まわしのような歌い方がとても好きでした。よく風呂で真似して歌っていました。2年後の東京オリンピックでは、はじめて柔道が競技種目となり、3階級で金メダルでしたが、無差別級で惜しくも銀メダルでした。(Hiro)

ザ・ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)| サーファー・ガール(Surfer Girl)
https://www.youtube.com/watch?v=HGjky5U64LM (YouTube)

サーファー・ガール

中古価格
¥3,079から
(2021/7/14 17:30時点)

  • 大好きな曲の一曲です。カルフォルニアの強い日差しと、青く広がった空、紺碧の海と白く砕ける波、そして浅黒く日焼けしたサーファーガール。青春そのものです。千葉の一宮町の釣ヶ崎海岸がオリンピック・パラリンピックの「サーフィン」の会場となる予定です。(Hiro)
  • オリンピックのサーフィン会場である千葉県一宮町ですが、代表選手の大原洋人さんの出身地でもあります。無観客はざんねんですか、よく知った風景を見るのも楽しみです。(Koji)
  • 高校生の夏休みに繰り返し聞いていたのは、ビーチ・ボーイズのベストアルバムと大滝詠一の「A LONG VACATION」でした。(Yama)

鶇真衣(つぐみまい)|栄冠は君に輝く
https://www.youtube.com/watch?v=00Xf5AwKf_M&t=106s (YouTube)

そして、未来へ(DVD付)

中古価格
¥2,907から
(2021/7/14 17:32時点)

  • 夏の全国高等学校野球選手権の歌として有名です。前回の東京オリンピックの時の行進曲「オリンピックマーチ」の作曲者である古関裕而の代表曲の一つでもあります。「陸自の歌姫」鶫真衣の歌声に癒されます。(Koji)

クイーン(Queen)|ボーン・トゥ・ラヴ・ユー(I Was Born To Love You)
https://www.youtube.com/watch?v=SV7tR1LN08o (YouTube)

ジュエルズ(SHM-CD)

中古価格
¥1,394から
(2021/7/14 17:33時点)

  • アイスホッケーを扱ったキムタク主演の月9ドラマ「プライド」のオープニング曲として使われました。クイーンの楽曲は「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」等スポーツイベントが何故か似合います。(Koji)
  • 「クィーン」の映画「ボヘミアン・ラプソディ」は感動しました。確かに、スポーツと同じく人の心を高揚させるエッセンスがありますね。(Hiro)

アーニー・ワッツ(Ernie Watts)|チャリオッツ・オブ・ファイアー(Chariots of Fire)
http://www.youtube.com/watch?v=UMIKJG3uUWQ (YouTube)

Chariots of Fire

新品価格
¥9,359から
(2021/7/14 17:36時点)

  • クインシー・ジョーンズのプロデュースで、サックス奏者「アーニー・ワッツ」がヴァンゲリス(Vangelis)「炎のランナー」をフュージョンにアレンジしたバージョンです。(Yama)
  • 聞き慣れた「炎のランナー」ですが、フュージョン版も良いですね。(Koji)

浅倉南(日高のり子)|タッチ
https://www.youtube.com/watch?v=uEtwnzXPdcI (YouTube)

Noriko Hidaka All Time Best ~40 Dramatic Songs~(特典なし)

新品価格
¥3,568から
(2021/7/14 17:37時点)

  • 野球を舞台にした青春アニメ「タッチ」の主題歌。浅倉南バージョンです。日高のり子さんは、昨年芸能界デビュー40周年でした。(Yama)
  • 「タッチ」大好きです。やはり、須見工の新田との甲子園出場をかけたシーンが忘れられません。新田を敬遠するのが当たり前のサヨナラ負けするかもしれない場面、ナインがみんな新田シフトを組み達也に勝負させる、、スポーツ、青春、そのものです。(Hiro)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

風が強く吹いている~Heavy Weather~(1)



皆さん、お正月は如何お過ごしになられたでしょうか?

「ニッポンのお正月」。これは箱根駅伝(正式名称:東京箱根間往復大学駅伝競走)のキャッチ・フレーズです。私は、1月2日~3日の両日、リアルタイムでテレビ観戦しました。

今年の箱根駅伝は、日体大の3年生主将が「父親の死を乗り越え、山登りの活躍で優勝の原動力」となり、青学大の選手は「3.11の震災で亡くなった姉に捧げる区間賞」等、多くのドラマがありました。

2013年は、日体大が初日の5区山登りで逆転し往路を制し、30年振りの総合優勝で幕を閉じました。日体大は昨年19位。これを屈辱のバネとし、予選会からの出場で勝ち取った感動の優勝です。
日体大の総合タイムは、昨年の優勝タイムと比較すると約15分遅い記録でした。しかし2位の東洋大に5分近い差での圧勝。
特に、往路5区では、低体温と脱水症状で2校が途中棄権する、たいへん荒天でした。

そんな今年のドラマを演出したのは、吹き荒れた「風」だったかも知れません。

風が強く吹いている

三浦しをん著の箱根駅伝を扱った小説「風が強く吹いている」をご存知でしょうか?
ロンドンオリンピック公式ソング「いきものがかり|風が吹いている」や「AKB48|風は吹いている」ではありません。

風が強く吹いている (新潮文庫)

新品価格
¥882から
(2013/1/7 02:41時点)


この本は、2006年の刊行ですが、その後文庫化され、2010年の「第1回ブクログ大賞文庫本部門大賞」を受賞しています。寛政大学4年の主人公が、個性的な10人メンバーを集めて箱根駅伝に挑戦し、ゴールを目指し「襷を繋ぐ」ことで、仲間との絆を深めて行く青春小説です。
「風を感じて走れ!『速く』ではなく『強く』走れ!」というのがテーマです。今年の箱根駅伝の環境は、意外とこの寛政大学向きだったかも知れません。

この物語の中に実在する大学名はありませんが、登場する大学を実在の大学に置き換えて読むのも楽しいかも知れません。思い当たる所は...

  • 寛政大 → 法政大
  • 東京体育大 → 日体大
  • 六道大 → 駒沢大
  • 真中大 → 中央大
  • 馬背田大 → 早稲田大
  • 大和大 → 日大
  • 甲府学院 → 山梨学院大
  • 帝東大 → 帝京大
  • 動地堂大 → 順天堂大
  • 東京学院大 → 青山学院大

...などです。

この物語は、漫画化、ラジオドラマ化、舞台化に続き、小出恵介主演で実写版の映画化もされました。映画の公式サイトやDVDもあります。駅伝好きの方にお薦めします。
「風が強く吹いている」特報

風が強く吹いている [DVD]

新品価格
¥2,793から
(2013/1/7 02:25時点)


そんな荒天の見舞われた駅伝中継を見ていて、何故か「ウェザー・リポート(Weather Report)|Heavy Weather」が思い浮かびました。
ウェザー・リポートは、マイルス・デイヴィス(Miles Davis、1926年-1991年)のグループに参加していた、ジョー・ザヴィヌル(Josef Erich “Joe” Zawinul、1932年-2007年)と、ウェイン・ショーター(Wayne Shorter、1933年-)の二人を中心に1971年に結成されたグループです。エレクトリック系サウンドを取り入れたジャズ・フュージョンのバンドです。
結成メンバーの一人ジョー・ザヴィヌルですが、ナチス・ドイツ支配下のオーストリア・ウイーン生まれのユダヤ人です。
ウイーン音楽院に進みますが、後に奨学金を得てバークリー音楽院(当時)に入学しました。しかし、その在籍期間は3週間程度で、ボストンから最終目的地のニューヨークに移り、メイナード・ファーガソン(Maynard Ferguson、1928年-2006年)のバンドに入りました。
日本人初のバークリー入学者である穐吉敏子が卒業の頃だと思います。

その後、1975年頃に伝説のベーシスト、ジャコ・パストリアス(Jaco Pastorius、1951年-1987年)が加わり、ウェザー・リポートの黄金期と称される1977年にリリースされたのが、このアルバム「Heavy Weather」です。
1曲目の「Birdland」はザヴィヌルの作曲で、チャリー・パーカー(Charles Parker、1920年-1955年)の愛称「Bird」に由来する、ニューヨーク・マンハッタンにあったジャズ・クラブ「Birdland」を元にした曲です。
ドラムがメンバー変更になっていますが、1978年のドイツでのライブ映像があります。

Weather Report|Birdland
http://www.youtube.com/watch?v=i8q6sR6yZCE (YouTube)

ちなみに、この映像は、「Live in Offenbach 1978 」からのものだと思います。

Heavy Weather

新品価格
¥520から
(2013/1/7 02:26時点)

Live in Offenbach 1978 [DVD] [Import]

新品価格
¥1,755から
(2013/1/7 02:00時点)

風が強く吹いている~Heavy Weather~(2)に続く