Peter White」タグアーカイブ

(C)tkcymd ぱくたそ「ビーチパラソル」

マイ・フェイバリット・ビーチ・ミュージック


梅雨明け以来、太平洋高気圧の勢力が強くなり日本付近に張り出し続け、日本全国を熱い空気が覆っています。そのため、各地で歴代最高気温の記録を更新しています。

日本歴代最高気温 埼玉県熊谷に並び「静岡県浜松市」も
日本歴代最高気温 埼玉県熊谷に並び「静岡県浜松市」も

関東甲信地方では今年から「熱中症警戒アラート」の運用が始まりました。その「熱中症警戒アラート」は8月8日から連日、発表されています。

熱中症は室内でもなります。命を守るために「扇風機やエアコンで室温を適度に下げる」ようにしてください。そして「過度の節電」や「この程度の暑さなら大丈夫」と我慢するのは危険な行為です。
今年は「熱中症予防行動」を、普段以上に実践してください。死なないために大切なことです。

さて、8月のテーマは夏らしく「ビーチ」です。
当ブログ執筆者がお勧めする8組8曲のビーチにまつわる音楽を紹介します。

ピンクレディ|渚のシンドバット
https://www.youtube.com/watch?v=_Y6OihAlq-s (YouTube)

ゴールデン☆ベスト ピンク・レディー~コンプリート・シングル・コレクション

新品価格
¥2,514から
(2020/8/19 11:35時点)

  • 20代の夏の海辺では、この曲のシンドバッドにあこがれました。伊豆七島には毎年、竹芝から東海汽船で夜中に出発、という思い出があります。(Hiro)

コニー・フランシス(Connie Francis)|渚のデイト(Follow the boys)
https://www.youtube.com/watch?v=dbG82h158Ds (YouTube)

コニー・フランシス~ベスト・セレクション(UHQ-CD/MQA)

新品価格
¥2,635から
(2020/8/19 11:36時点)

  • 弘田三枝子、伊東ゆかり、がザ・ヒットパレードで歌っているのを聴いていまして、コニーフランシスの渚のデートを聴いたのは結構後からでした。 ロマンです。(Hiro)
  • 洋楽をカバーした和製ポップスとして耳にしました。中でも先日亡くなった「弘田三枝子」の歌声が印象的でした。(Koji)

ザ・ドリフターズ(The Drifters)|渚のボードウォーク(Under the Boardwalk)
https://www.youtube.com/watch?v=EO8qWop7MGc (YouTube)

The Very Best of

新品価格
¥583から
(2020/8/19 11:37時点)

  • 最初は日本のコミックバンドのドリフターズと混同してしまいましたが、この「渚のボードウォーク」は今でもそのフレーズの記憶が蘇ります。(Koji)
  • 1960年代のアメリカ、明るく、屈託がなく、自由な若者たちのデート、ほんのちょっと世代が上ですが、この曲は私も忘れられないです。(Hiro)

リチャード・クレイダーマン(Richard Clayderman)|渚のアデリーヌ(Ballade pour Adeline)
https://www.youtube.com/watch?v=gfsgXJQ0ebU (YouTube)

リチャード・クレイダーマン ベスト

新品価格
¥1,942から
(2020/8/19 11:38時点)

  • 当時のカーステレオではカセットテープしか使えなかった頃、リチャードクレーダーマンのアルバムが一番のお気に入りでした。特にこの「渚のアデリーヌ」は海辺の道を走る時の定番曲でした。(Koji)
  • イージーリスニングにはまり、FM誌「FM STATION」の番組表とにらめっこし、盛んにエアチェックしていました。もちろん「FM STATION」付録の「鈴木英人イラストのカセットレーベル」を使いまくりました。(Yama)

Peter White|Venice Beach
https://www.youtube.com/watch?v=rqLphpRE6dA (YouTube)

Caravan of Dreams

中古価格
¥5,420から
(2020/8/19 11:39時点)

  • ナイロン・ギターはこのような曲にピッタリですね。ロスは2度行きましたが何れも仕事で、観光とは全く無縁でした。このビーチは一度は行ってみたいものです。(MAHALO)
  • メロディを聴いていると砂浜と波打ち際の景色が浮かんできます。サンタモニカ、レドンド、マンハッタンとかロスにはビーチがありますが、ベニスビーチは新しいトレンドを作り出す魅力のあるビーチです。(Hiro)

ナタリー・コール(Natalie Cole)|浜辺のサンバ(La Costa)
https://www.youtube.com/watch?v=oXN65mEsbus (YouTube)

Thankful ~ Expanded Edition

新品価格
¥1,191から
(2020/8/19 11:40時点)

  • 「ナタリー・コール」の数ある曲の中でも一番好きな曲です。邦題は何故か「浜辺のサンバ」です。夕暮れの浜辺で聴くにはお薦めです。(MAHALO)

渚のオールスターズ|Be My Venus(ビー・マイ・ヴィーナス)
https://www.youtube.com/watch?v=xSRRT_Uxc9M&feature=youtu.be&t=315 (YouTube)

ザ・ベスト・オブ「渚のオールスターズ」

中古価格
¥2,350から
(2020/8/19 11:41時点)

  • 1980年代後期にチューブ、織田哲郎、亜蘭知子などによる夏歌専科ユニットによるファースト・シングル曲です。アルバム参加者は、近藤房之助、坪倉唯子、かまやつひろし、栗林誠一郎といった錚々たるメンバーです。(Yama)

浦島太郎(桐谷健太)|海の声
https://www.youtube.com/watch?v=-zQWavER7to (YouTube)

香音-KANON-(通常盤)

新品価格
¥1,320から
(2020/8/19 11:41時点)

  • au CM「三太郎シリーズ」のスピンアウト曲。浜辺で三線を弾く浦島太郎(桐谷健太)が竜宮城の乙姫(菜々緒)への思いを歌った楽曲にです。ビデオには、濱田岳、松田翔太、有村架純も登場します。(Yama)
  • 沖縄、とすぐイメージしますが、聴いていると、時間(過ぎ去った)、距離(離れている)、などで今は会あえなくなった”ひと”への想いを伝えたい、という気持ちが伝わってきます。(Hiro)
  • 名曲です。本当に「竜宮城の乙姫」に届くと良いですね。そして彼女の反応も見たい気がします。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。
(編集長)

マイ・フェイバリット・クリスマス・ミュージック2018



まだ碧いイチョウ

12月なのにまだ碧いイチョウ 撮影:ヤマザキサトシ 撮影日:2018年12月13日

エルニーニョ現象の影響で、日本付近で偏西風の蛇行が大きくなり、日本では高温傾向が続きます。

そんな暖冬の影響で、関東では11月までに「木枯らし」が吹かず、都心では「イチョウの紅葉が遅れ」ました。

12月の中盤になり、ようやく落葉シーズンを迎えました。

暖冬でもクリスマスは訪れます。

12月の「お気に入り曲」のテーマは、毎年恒例の「クリスマス」です。

当ブログ執筆者がお勧めするクリスマス・ミュージック6曲(7組)を紹介します。

ヨーロピアン・ジャズ・トリオ(European Jazz Trio)|ホワイト・クリスマス(White Christmas)
https://www.youtube.com/watch?v=2T99SR09TY4 (YouTube)

ホワイト・クリスマス

新品価格
¥2,980から
(2018/12/21 09:00時点)

  • オランダのジャズ・ピアノ・トリオ。シンプルで洗練された音色が雪の降り積もったクリスマスの夜の光景を浮かび上がらせます。(Hiro)
  • クリスマスソングの定番曲ならではの趣です。(Yama)

渡辺貞夫&チャーリー・マリアーノ(Charlie Mariano)|クリスマス・ソング(The Christmas Song)
https://www.youtube.com/watch?v=IhZS_D79bng (YouTube)

Sadao&Charlie Again

新品価格
¥2,550から
(2018/12/21 09:01時点)

  • 渡辺貞夫とチャーリー・マリアーノ (as)の2005年12月、名古屋のブルーノートの歳を感じさせない演奏。(Hiro)

サラ・ブライトマン(Sarah Brightman)|アヴェ・マリア(Ave Maria)
https://www.youtube.com/watch?v=Ji7jJU8RUDo (YouTube)

シンフォニー~ライヴ・イン・ウィーン~

新品価格
¥2,098から
(2018/12/21 09:02時点)

  • クリスマスの定番曲「シューベルトのアヴェ・マリア」ですが、サラ・ブライトマンの透き通るクリスタル・ヴォイスで聴くと心が洗われます。ウィーンの教会でのライブ音源がお薦めです。DVD[ASIN: B001OAMW60]もあります。(Koji)

ペンタトニックス(Pentatonix)|クリスマス・イブ(Christmas Eve)
https://www.youtube.com/watch?v=VT2FqN9FEPA (YouTube)

ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー(ジャパン・デラックス・エディション)

新品価格
¥2,229から
(2018/12/21 09:03時点)

  • クリスマスの定番曲と云えば「山下達郎|クリスマス・イブ」が欠かせません。今年もまた「2018クリスマス・スぺシャル・パッケージ」[ASIN: B017ADZ4DC]が発売中です。この曲を英語版のアカペラで聴いてみて下さい。アカペラ5人組ペンタトニックスのクリスマス・アルバム(日本版)に収録されています。(Koji)
  • 定番を、アカペラで聴くのいいですね!(Hiro)

アイズレー・ブラザース(The Isley Brothers)|ウィンター・ワンダーランド(Winter Wonderland)
https://www.youtube.com/watch?v=fLi-KVJ7Z_c (YouTube)

I’ll Be Home for Christmas

新品価格
¥928から
(2018/12/21 09:03時点)

  • クリスマス・ソングの定番曲ですが、アイズレー・ブラザースが歌うとこのようにお洒落になります。私はこのアレンジが一番かと思います。(MAHALO)

ピーター・ホワイト(Peter White)|クリスマス・ソング(The Christmas Song)
https://www.youtube.com/watch?v=u-S0XDi2YCI (YouTube)

Songs of the Season

新品価格
¥2,226から
(2018/12/21 09:04時点)

  • フュージョン、スムース・ジャズ系のギタリストのクリスマス・アルバムを何枚か聴きましたが、中でもこの「ピーター・ホワイト」のアコースティック・ギターによる演奏はお勧めです。(MAHALO)
  • 暖炉と白い雪が浮かんできますね。(Hiro)
  • このようなテイストのアレンジを、毎年デパートのBGMで何回も聞いたような気がします。(Yama)

MONKEY MAJIK × 稲垣潤一 × GAGLE|クリスマスキャロルの頃には -NORTH FLOW-
https://www.youtube.com/watch?v=V_ZyJm7GrUU (YouTube)

クリスマスキャロルの頃には -NORTH FLOW-

新品価格
¥250から
(2018/12/21 09:05時点)

  • MONKEY MAJIK(モンキーマジック)が「クリスマスキャロルの頃には」をリメイクし、仙台出身の稲垣潤一本人が歌唱参加。仙台在住のヒップホップユニット・GAGLEもラップもアレンジで加わる、仙台にゆかりのある3アーティストによってコラボレーション曲です。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)