NeilSedaka」タグアーカイブ

マイ・フェイバリット・レイン・ミュージック


https://www.youtube.com/watch?v=OLOKrj-QHJU
アヤメ関東は早々と6月5日(日)に梅雨入りしましたが、カラ梅雨気味です。水不足が心配です。

既に利根川水系のうち渡良瀬川では、取水制限が行われています。節水を心がけましょう。

渡良瀬川 取水制限20パーセントへ(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp
渡良瀬川 取水制限20パーセントへ(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp
今月11日から、渡良瀬川の10%取水制限が開始されましたが、ダムを潤すほどの雨は降らず、貯水率が減り続けています。25日午前9時から渡良瀬川の取水制限は20%に強化されました。(2016-06-25 15:23:52)

さて、雨の季節を音楽で楽しみましょう。6月のお気に入り曲のテーマは「雨」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「雨」に纏わる9曲を紹介します。

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival)| 雨を見たかい(Have You Ever Seen The Rain?)
https://www.youtube.com/watch?v=Gu2pVPWGYMQ (YouTube)

CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL:CHRONICLE THE 20 GREATESTHITS

新品価格
¥601から
(2016/6/27 15:05時点)

  • 詩の、”晴れた日差しの中の雨”、確かにあります。梅雨の雨では無いのですが。この曲、30年以上前に渋谷クロコダイルで演奏したような・・・(Hiro)

ジリオラ・チンクェッティ(Gigliola Cinquetti)|雨(La pioggia)
https://www.youtube.com/watch?v=SycwLlld7V4 (YouTube)

パーフェクト・ベスト

新品価格
¥1,657から
(2016/6/27 14:39時点)

  • 1969年リリースの曲です。梅雨の雨の日の鬱陶しい気持ちを明るくしてくれるような・・・(Hiro)
  • 1969年のサンレモ音楽祭の入賞曲。彼女の歌う日本語版もありますが、やはりイタリア語の方が懐かしさと共に響きます。「夢みる想い」とこの曲は永遠です。(Koji)

チャド&ジェレミー(Chad and Jeremy)|朝の雨(Early Mornin’ Rain)
https://www.youtube.com/watch?v=h5_sGYoy4Nc (YouTube)

Distant Shores

新品価格
¥1,259から
(2016/6/27 14:40時点)

  • この曲は、ピーター・ポール&マリー他多くのミュージシャンが歌ってますが、「チャドとジェレミー」が今でも記憶に残っています、、確か、初めてkojiさんの家で聴いたような。(Hiro)
  • Early Mornin’ Rain(朝の雨)は多くのカバーの中でもチャドとジェレミー盤がお気に入りでした。確かにシングル盤を持っていました。(Koji)

カスケーズ(The Cascades)|悲しき雨音(Rhythm Of The Rain)
https://www.youtube.com/watch?v=3tAm5IRzTdY (YouTube)

悲しき雨音

新品価格
¥900から
(2016/6/27 14:42時点)

  • 雷鳴と雨音のイントロで始まるこの曲はこの季節の懐かしい曲の一つです。でもカスケーズの他の曲の記憶はありません。(Koji)

小林麻美|雨音はショパンの調べ
https://www.youtube.com/watch?v=S_V-Cta-Pgw (YouTube)

GOLDEN J-POP/THE BEST 小林麻美

新品価格
¥1,609から
(2016/6/27 14:43時点)

  • 原曲はイタリアの男性歌手ガゼボのヒット曲ですが、日本での小林麻美のカバーは彼女ののアンニュイな大人の雰囲気と松任谷由実の日本語詞により、より魅力的でした。(Koji)
  • 毎年6月になると、ラジオから流れてきます。(Yama)

松下誠|September Rain
https://www.youtube.com/watch?v=Vihttmbdotg (YouTube)

FIRST LIGHT(2012年最新デジタル・リマスター)

新品価格
¥2,590から
(2016/6/27 14:45時点)

  • 「手練なギタリスト」として紹介した松下誠のファーストに収録されたこの曲、季節は9月とこの時期ではありませんが、ギタリストとしてだけでなくヴォーカリストとしても魅力的な歌声を聴かせ、アルバムの中でもお勧めの1曲です。(MAHALO)

バーブラ・ストライサンド(Barbra Streisand With John Mayer)|降っても晴れても(Come Rain Or Shine)
https://www.youtube.com/watch?v=50CzTye3J7U (YouTube)

Partners (Deluxe)

新品価格
¥1,230から
(2016/6/27 14:45時点)

  • アルバム「WET」で取り上げたこの曲(ラリー・カールトンの名演)ですが、2014年にリリースされたトップ・スターとのデュエット・アルバムでも再度取り上げています。今回はシンガーソングライター、ギタリストの「ジョン・メイヤー」とのデュエットですが、バーブラの歌唱力は流石ですね。もちろんジョン・メイヤーの歌とギターも心地良いです。(MAHALO)

ニール・セダカ(Neil Sedaka)|雨に微笑を(Laughter In The Rain)
https://www.youtube.com/watch?v=VCusyLPrFCo (YouTube)

Laughter in the Rain: Best of

新品価格
¥1,142から
(2016/6/27 14:46時点)

  • 前回は「アール・クルー」のカバーで紹介したこの曲ですが、やはり「ニール・セダカ」のオリジナルが良いですね。私にとってEvergreenな曲と言える1曲です。(MAHALO)
  • この曲、聴き覚えはありましたが、「ニール・セダカ」の歌と言うのはしりませんでした。恋人と一緒での雨の日ですね。「雨に微笑みを」と言うセンスもいいですね。(Hiro)

秦基博|Rain(レイン)
https://www.youtube.com/watch?v=OLOKrj-QHJU (YouTube)

言ノ葉

新品価格
¥1,018から
(2016/6/27 14:48時点)

  • 6月の新宿御苑がメイン舞台になった新海誠監督のアニメーション映画「言の葉の庭」の主題歌。元々は作詞作曲の大江千里のカバーです。雨の日の恋人達の切ない気持ちが溢れる歌詞とメロディです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

「Ever Green」な曲を私も


「Hiro」さんのEver Green」な曲を拝見しました。音楽による心の安らぎについては私も同じ気持ちです。

私も音楽を聴き始めてから今日まで、良い時も悪い時もあり、色々な経験をし、多くの思い出があります。これまで、音楽を聴いてどれだけ安らげたか、助けられたか知れません。

「音楽」と書くように、音を楽しむ、音が楽しさを与えてくれる、それが音楽の良さだと思っています。これからも色々な事があるとは思いますが、心の安らぎとしても音楽を聞き続け、楽しんで行きたいと思います。

さて、このブログを書き始めて、私にとって「Ever Green」な曲は何だろうと思った時、真っ先に思い出したのがこの曲です。
ニール・セダカ(Neil Sedaka) | 雨に微笑みを(Laughter In The Rain)
http://www.youtube.com/watch?v=VCusyLPrFCo  (YouTube)

 

Laughter in the Rain

新品価格
¥594から
(2012/12/23 18:22時点)


なぜこの曲だったのか、私が大好きなフュージョンでもなくロックでもなく、ましてやニール・セダカが活躍したオールディーズと呼ばれる時代の曲は殆ど聴かない私ですが、真っ先に思い出したのがこの曲でした。

この曲は1974年に全米ヒット・チャートNo.1を獲得した大ヒット曲です。
一般的にオールディーズ呼ばれる時代から、新しい時代の音楽を迎え、一時的にニール・セダカの人気が低迷しましたが、この曲により再度復活しました。

この曲の思い出は、私が長年勤めていた会社の本社への出張の時に遡ります。
本社はアメリカのサン・フランシスコから1時間程、西下する所にありました。
何回か行きましたが、一番最初の出張の時、それまで、左ハンドルと右車線の運転経験はHawaiiで何度かあるものの、本土での運転は初めてす。
地図を頼りに初めて走る道、ハイウェイだというのに曲がりくねった山越えの道、ましてや空港に到着したのが夜でした。本当に無事に着けるのかと、不安と緊張だらけでしたが、その時に掛けたラジオから流れた曲がこの曲でした。この曲は知っていましたが、この曲が流れてきてからの運転は不安など一気に吹っ飛び、運転も楽しくなり、無事に目的地に着く事が出来ました。
些細な話しではありますが、今でもよく思い出してはこの曲を聞きます。音楽による心の安らぎを痛感した1曲でした。

思い出の曲をもう1曲、ご紹介します。
Music Magic | One Man Lady
http://www.youtube.com/watch?v=K5ByDB0TPh4 (YouTube)

One Man Lady

新品価格
¥6,800から
(2012/12/23 18:23時点)


MAHALO_MM_PICMusic MagicはHawaiiで活動したフュージョン、AOR系のグループです。やはりHawaii出身のシーウィンド(Seawind)とともに良く聞いています。
このグループは既に解散してしまいましたが、2枚のアルバムをリリースし、この曲は2ndアルバム「One Man Lady」に収録され、日本盤も発売されました。
日本盤はジャケットは変更され、曲順もこの曲が1曲目に入れ替えられて、アルバムのメイン曲として扱われました。
また、このグループ名の由来は、「Hiro」さんが「Ever Green」な曲で紹介した「チック・コリア」が結成した「リターン・トゥ・フォーエヴァー」が、1977年にリリースした「Musicmagic」というアルバム名だそうです。 色々と、音楽って結びつくものですね。

フュージョン、AOR系とジャンルが狭く「Ever Green」な曲なの?と思われるかもしれませんが、初めて聴く方にもお勧めの曲です。

この曲の思い出ですが、私はこのバンド名を掲げたお店を仕事にしていました。
仕事と言っても私の好きな曲を聴いて楽しんで頂く場所であり、半ば自己満足の仕事でしたが、これをきっかけに新しい友人とたくさんの交流ができ、今でもその付き合いを大切にしています。
しばしば、どうして「Music Magic」なの?と聞かれる事がありましたが、「このグループ名が由来です」と答えては、よく聴いて頂きました。

「Ever Green」な曲は、私が聴いてきた曲にも勧めしたい曲が多くあります。
これからも、アーティストの紹介、そして曲の紹介を、このブログにて紹介してまいります。