Earth」タグアーカイブ

(c)カズキヒロ ぱたくそ「星降る夜(フォトモンタージュ)」(フリー素材)

マイ・フェイバリット・星空・ミュージック


長かった関東の残暑が終幕し、秋本番を迎えました。
やっと衣替えだと思ったら、10月17日~10月25日にかけて「低温に関する早期天候情報」が発表されています。早くも11月並みの気温になります。

17日(日)以降 全国的に気温は平年より低く 低温が続く 紅葉の色づきが進みそう(気象予報士 白石 圭子 2021年10月12日)
17日(日)以降 全国的に気温は平年より低く 低温が続く 紅葉の色づきが進みそう(気象予報士 白石 圭子 2021年10月12日)

映画「天気の子」気象監修の荒木健太郎さんが、低温に関して注意を呼び掛けています。

体調を崩さないようご注意ください。

奇跡的に全国の緊急事態宣言が解除されました。
しかし人流が減っていないのに感染が急減した理由が特定できていません。
新型コロナウイルスに対して政府から科学的な説明がまったくないことに不安が残ります。

12月に「第6波」の懸念があります。
感染対策に奇策はありません。
ワクチン接種の機会を逃さないようにして、日常では「複数人での飲食」「昼夜を問わず不要不急の外出」を自粛し、「テレワーク」を徹底し、一人一人が正し感染抑止に努めるしかありません。

さて、10月のお気に入りのテーマは「星空」です。
当ブログ執筆者がお勧めする8組8曲の「星」「宇宙」にまつわる音楽を紹介します。

荒木一郎|空に星があるように
https://www.youtube.com/watch?v=JiXxPTspVAo (YouTube)

ゴールデン☆ベスト荒木一郎~ビクター篇

  • 荒木一郎のラジオ番組「星に唄おう」のテーマ曲。メロディ、歌詞、とても好きです。(Hiro)
  • 「星に唄おう」はラジオを聴き始めた頃の懐かしい番組です。(Koji)

フィフス・ディメンション(The Fifth Dimension)|輝く星座(Aquarius)
https://www.youtube.com/watch?v=xwzWMDE6EL0 (YouTube)

Age of Aquarius

  • 1967年のロック・ミュージカル「ヘアー」の劇中曲。「ウッドストック」のロックフェスティバルなど、若者文化が全世界に広がった時代だったと思っています。(Hiro)
  • 私も大好きな曲です。「フィフス・ディメンション」といえば、後にメンバーで夫婦の「マリリン・マックー&ビリー・デイヴィス・ジュニアー」がリリースした「星空のふたり」も名曲で、今回のテーマで悩んだ曲です。(MAHALO)

YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)|COSMIC SURFIN’(コズミック・サーフィン)
https://www.youtube.com/watch?v=YastQM59JQE (YouTube)

イエロー・マジック・オーケストラ(US版)(2018年リマスタリング)

新品価格
¥2,900から
(2021/10/13 21:29時点)

  • YMOのデビューアルバム「YELLOW MAGIC ORCHESTRA」の収録曲です。このアルバムの曲はどれも衝撃的でした。この「COSMIC SURFIN’」は細野晴臣の作品で、元々は鈴木茂、山下達郎とのアルバム「PACIFIC」収録曲です。(Koji)
  • 細野サウンドが大好きです。YMOの世界進出にあたり当時のアルファレコードは、YMOを固有のバンドやグループではなく、細野晴臣のプロジェクトのように広報、宣伝をしていたと聞いたことかあります。(Yama)

トルネイドース(The Tornados)|テルスター(Telstar)
https://www.youtube.com/watch?v=WPDvsLSnUGc (YouTube)

Telstar

新品価格
¥446から
(2021/10/13 21:30時点)

  • ベンチャーズ版もありますが、本家「トルネードス」版の記憶が鮮明に残っています。NASAが打ち上げた通信放送衛星「テルスター」の打ち上げを記念して作られたとのことです。(Koji)懐かしいです。宇宙が身近になりました。(Hiro)

レオ・セイヤー(Leo Sayer)|星影のバラード(More Than I Can Say)
https://www.youtube.com/watch?v=GnIlo91CrBw (YouTube)

The Gold Collection

新品価格
¥1,056から
(2021/10/13 21:34時点)

  • 邦題「星影のバラード」というこの曲を初めて聴いたのが「レオ・セイヤー」のカバーでした。メロディー・ラインがが心地よく、今でもよく聴く1曲です。(MAHALO)私も大好きな曲です。(Hiro)

マッキー・フェアリー・バンド(Macky Feary Band)|ア・ミリオン・スターズ(A Million Stars)
https://www.youtube.com/watch?v=SZ9y3niiO3Q (YouTube)

マッキー・フェアリー・バンド(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥6,357から
(2021/10/13 21:34時点)

  • この時期、海外旅行などは難しいかと思いますが、せめてこの曲を聴いてハワイの海岸で満点の星を眺めた気持ちにでもなれればと思います。「桑名晴子」のカバーで聴かれた方もいるのではと思います。(MAHALO)

アース・ウィンド・アンド・ファイアー(Earth, Wind & Fire)|宇宙のファンタジー(Fantasy)
https://www.youtube.com/watch?v=r58GQYFZeLE (YouTube)

All ‘n All

中古価格
¥1,455から
(2021/10/13 21:35時点)

  • 70年代のニューエイジ思想とオカルトブー厶が混在したようなピラミッドをあしらったアルバムジャケットのグラフィックアートが強烈でした。壮大な邦題が授けられたアース・ウィンド・アンド・ファイアーの代表曲かつ、リズム&ブルースのお手本曲です。(Yama)
  • 私もよく聴きました。懐かしいです。(Hiro)
  • 「EW&F」の名曲ですね。個人的には「Al McKay」のギターが気に入っています。相変わらずの人気で、別の曲ですが現在CMでも流れています。(MAHALO)

ランカ・リー=中島愛|星間飛行
https://www.youtube.com/watch?v=SilIScx7mY4 (YouTube)

マクロスFO.S.T.2 「娘トラ。」

中古価格
¥1から
(2021/10/13 21:35時点)

  • マクロスFの音楽監督で「星間飛行」の作曲:菅野よう子から作詞:松本隆に「銀河一のアイドルのデビュー曲を作ってください」と依頼があり「ぜひトライしてみたい」と快諾したそうです。なお「もしバラードだったら『瑠璃色の地球』(松田聖子)みたいになったかな」とも語っていました。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

気になる女性アーティスト「ディー・ディー・ブリッジウォーター」



気になる女性アーティスト「パトリース・ラッシェン」の続き

気になる女性アーティストとして「The Mosaic Project」のメンバーの「パトリース・ラッシェン」を紹介しましたが、今回はジャズシンガーの「ディー・ディー・ブリッジウォーター(Dee Dee Bridgewater)」を紹介します。

私が最初に聴いたのは「Bad for Me(邦題:涙より美しく)」というアルバムでした。ちなみに、まだLPレコードの時代です。このアルバムで初めてディー・ディー・ブリッジウォーターを知るのですが、彼女をジャズシンガーと紹介しましたが、アルバムの内容から、フュージョン系のソウル/ポップシンガー として聴いていました。

ディー・ディー・ブリッジウォーターは知らなかったけど、ジョージ・デューク(George Duke)がプロデュース、ギターが全曲ローランド・バウチスタ(Roland Bautista)という事で購入した記憶があります。
ジョージ・デュークはフュージョン全盛期によく聴いたキーボーディストですが、やはり大好きなセッション・ギタリストであるローランド・バウチスタの参加に魅かれてしまいました。
ローランド・バウチスタはアース・ウィンド・アンド・ファイアー(Earth, Wind & Fire)のメンバーとしても知られ、カッティングの名人です。このアルバムでも1曲目の「Bad For Me」はイントロからカッコよいギターを弾いています。
このアルバムはスロー、アップと全曲ともお勧めですが、キャロル・ベイヤー・セイガーが自身のアルバム「…TOO」に収録し、マイケル・ジャクソンもカバーした「It’s The Falling In Love」も収録されています。

Dee Dee Bridgewater | Bad For Me
http://www.youtube.com/watch?v=i_uPsWA4hp8 (YouTube)

Dee Dee Bridgewater | Tequila Mockingbird
http://www.youtube.com/watch?v=rji1ozWgg4M (YouTube)

Bad for Me

新品価格
¥622から
(2013/4/23 17:58時点)

また、このアルバムを気に入ってしまい、他のアルバムを聴いてみようと購入したのが前作の「Just Family」でした。
こちらはベーシストのスタンリー・クラークStanley Clarke)がプロデュースしていますが、やはりキーボードに盟友ジョージ・デュークGeorge Duke)が参加するなど、「Bad For Me」ほどの派手さはありませんが、このアルバムもフュージョン系のソウル/ポップとして仕上がっています。
内容もですがジャケット写真に驚き、やはりLPレコードでしたのでサイズも大きく、表を隠してレジに向かった記憶があります。

Dee Dee Bridgewater | Just Family
http://www.youtube.com/watch?v=7TO_5n2OZwE (YouTube)

Just Family

新品価格
¥537から
(2013/4/23 17:58時点)

この2枚のアルバムを聴いたからだと思いますが、彼女がジャズシンガーだというイメージはありませんでした。

ディー・ディー・ブリッジウォーターは1950年、米国テネシー州メンフィス生まれです。
幼い時にミシガン州へと移りますが、父がジャズ・トランペット奏者の影響もあり、既に高校、大学在学中から父のグループで歌うなど歌手活動をしていました。
卒業後、プロとして活動を始め、1974年にサド・ジョーンズ=メル・ルイス・オーケストラの専属歌手として来日した際、日本でレコーディングを行います。
これがファースト・アルバム「Afro Blue」となり、レコードデビューは日本発となります。
その後、アトランテック・レコードから1枚アルバムをリリースしますが、エレクトラ・レコードへ移籍しました。エレクトラではジャズ/フュージョン部門の所属となり、フュージョンのブームもあり今回紹介の2枚のアルバムのリリースとなります。
その後ブラック・コンテンポラリー路線アルバムのリリースやミュージカルへ出演など活動は幅広くなりますが、活動は本来のジャズ部門で成功し、「Dear Ella」と「To Billie with Love」のアルバムで、グラミー賞のベスト・ジャズヴォーカル・アルバム賞を2度受賞しています。

 

Dear Ella

新品価格
¥2,962から
(2013/4/23 18:10時点)

Dee Dee Bridgewater – To Billie With Love

新品価格
¥2,790から
(2013/4/23 18:09時点)

私も90年代に入ってからのアルバムを何枚か聴きましたが、やはり最初に聴いたアルバムの印象が強いのか、ディー・ディー・ブリッジウォーターといえば今でも「Bad For Me」「Just Family」の2枚ばかり聴いています。

なお、以前に「東京JAZZ 2009」をテレビで見る機会があり、その時、「チャイナ・モーゼス(China Moses)」というジャズ・シンガーが出演していました。
彼女の紹介テロップに、「母がグラミー賞受賞のジャズ・シンガー、ディー・ディー・ブリッジウォーター」と書かれていたのには驚き、時代を感じました。