Coldplay」タグアーカイブ

(c)TeeFarm「ブレーメンの音楽隊」

マイ・フェイバリット・バンド・ミュージック


6月12日には沖縄地方が梅雨明けしたと思ったら、6月14日に東北北部が梅雨入りした日本列島。「狭い日本」とたびたび表現されますが、梅雨がない北海道地方を含めて、気象現象は地方毎に多種多様です。

そんな多種多様な音楽を与えてくれるのが「バンド」です。古今東西過去現代、様々なバンドが多種多様な音楽で楽しませてくれます。

そんな訳で6月のテーマは、6月29日がビートルズの初来日に由来する「ビートルズ記念日」に因み「バンド」です。

ザ・ビートルズ | The Beatles – UNIVERSAL MUSIC JAPANUNIVERSAL MUSIC JAPAN

当ブログ執筆者がお勧めする8組8曲のバンド・ミュージックを紹介します。

坂本九&ダニー飯田とパラダイス・キング|ステキなタイミング
https://www.youtube.com/watch?v=JLMZh1fbQCQ (YouTube)

メモリアル・ベスト

新品価格
¥1,885から
(2020/6/17 21:34時点)

  • 原曲は米国の歌手であるジミー・ジョーンズが発表した「Good Timin’」。1960年リリース。ちょうどテレビが家でみれるようになり、「ヒットパレード」等で坂本九、パラダイスキングをみて、グループ曲として初めて好きになった曲です。いつも口ずさんでいました。(Hiro)

ロン・カーター・トリオ(Ron Carter Trio)|ゴールデン・ストライカー(The Golden Striker)
https://www.youtube.com/watch?v=MnEo20q-OKM (YouTube)

ゴールデン・ストライカー(CCCD)

中古価格
¥299から
(2020/6/17 21:36時点)

  • Ron Carter Trioのライブを3年前にみて感動しました。80歳になっての演奏は、優しくて、しなやかで、心に染みました。静けさの中に、ピアノ、ギターが一体となって紡ぐ音色はなんともいえません。(Hiro)

挾間美帆 m_unit(Miho Hazama and m_unit)|ダンサー・イン・ノーホエア(Dancer in Nowhere)
https://www.youtube.com/watch?v=3SeC5C90lAc (YouTube)

ダンサー・イン・ノーホエア

中古価格
¥2,700から
(2020/6/17 21:37時点)

  • 2016年、アメリカの『ダウン・ビート』誌の「未来を担う25人のジャズアーティスト」にアジア人として唯一人選出された逸材の狭間美帆です。2020年の米グラミー賞にノミネートされたアルバムのタイトル曲です。所謂、ビッグバンド・ジャズにスポットをあてる存在と云えます。(Koji)

ザ・キンクス(The Kinks)|ユー・リアリー・ガット・ミー(You Really Got Me)
https://www.youtube.com/watch?v=fTTsY-oz6Go (YouTube)

Kinks

新品価格
¥1,509から
(2020/6/17 21:39時点)

  • 前の東京オリンピックの1964年にビートルズに対抗する形でロック・バンドのキンクスです。代表曲の「You Really Got Me」ですが、私には「ユリリゴミ」としか聞こえませんでした。(Koji)
  • この曲私もよく覚えています。グループサウンズ、ザ・テンプターズ、ザ・スパイダースが銀座ACBとか、新宿ラセーヌでのライブで、よく歌ってたのを思い出しました。(Hiro)

シカゴ(Chicago)|サタデイ・イン・ザ・パーク(Saturday In The Park)
https://www.youtube.com/watch?v=HjylD7esXDo (YouTube)

シカゴV

中古価格
¥4,760から
(2020/6/17 21:40時点)

  • 中学生の頃、私の聴く音楽がイギリスからアメリカと移った切っ掛けが「シカゴ」の「長い夜(25 Or 6 To 4)」でした。当時はレコードで、カーネギーホールのライブ盤は高価でしたが、バイトをして買ったのを今でも覚えています。大好きな曲ばかりですが、皆さんが知っているといえばこの曲かもしれません。(MAHALO)
  • この曲と、「長い夜」はよく覚えています。曲のメロディーとともに、ブラスが入ったロックバンドには、インパクトがありました。(Hiro)
  • この曲は90年代に入ってからコンピレーションアルバムで繰り返しよく聞きました。(Yama)

スタッフ(Stuff)|いとしの貴女(My Sweetness)
https://www.youtube.com/watch?v=Pi2IG1EmNlI (YouTube)

スタッフ!!

新品価格
¥954から
(2020/6/17 21:41時点)

  • クロスオーバー、フュージョンが全盛の頃、ギターを弾くからかギタリストのアルバムばかり聴いていましたが、このバンドを聴いた時は興奮しました。「エリック・ゲイル」、「コーネル・デュプリー」という2人のギタリストをはじめ、何よりメンバーが凄いです。スタッフもですが、メンバー個々のソロ・アルバムも今でも好んで聴いています。(MAHALO)初めて聴きました。ドラムのSteve Gaddもいいですね。(Hiro)
  • 耳なじみがあるのは、NHK-FM「軽音楽をあなたに」のテーマ曲だったからですね。(Yama)

東京スカパラダイスオーケストラ|ルパン三世 ’78
https://www.youtube.com/watch?v=QvpO9Q20NRk (YouTube)

The Last~Live~(AL2枚組 DVD2枚組)

新品価格
¥7,919から
(2020/6/17 21:42時点)

  • 「スカパラ」の愛称で呼ばれる現在は9人組のスカベースのロックバンド。結成は1985年だから35年のキャリア。観客が大いに盛り上がることで有名な「スカパラ」のライブ定番曲です。(Yama)
  • スカパラのこのステージは観客との一体感があり流石のステージです。(Koji)

コールドプレイ(Coldplay)|美しき生命(Viva La Vida)
http://www.youtube.com/watch?v=dvgZkm1xWPE (YouTube)

Viva La Vida

新品価格
¥649から
(2020/6/17 21:43時点)

  • イギリスの4人組ロックバンド「コールドプレイ」の代表曲。この「美しき生命」(Viva La Vida)を含むアルバムから、少し曲調が変わりました。ストリングスを多用しボーカル、クリス・マーティンの力強い歌唱とマッチするこの曲は「全力で生きろ」と訴えます。そしてこの曲でグラミー賞の常連になりました。(Yama)
  • 初めて聴きました。「美しき生命」良い曲ですね。「The 1975」の「Girls 」、「Swim Deep」の「Honey」も良いですが。「オルタナティブ」すきです。(Hiro)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

期待のイギリス人シンガー「ジェイムス・ベイ」



最近、ジェームズ・ベイ(James Bay)というイギリス人のアーティストを知りました。

ジェイムズ・ベイ(James Bay)|ホールド・バック・ザ・リヴァー(Hold Back the River)
https://www.youtube.com/watch?v=mqiH0ZSkM9I (YouTube)

Hold Back The River (2tracks)

新品価格
¥11,231から
(2016/10/28 16:25時点)

「hold back the river」「川を塞き止める」って、何んだろうと思ったらインタビュー記事に答えがあり「比喩」でした。

曲を作った時の僕は、家族、古くからの友人たちだけの前で”ショウ”をやって、前夜のショウで僕の目の前にいるみんなを見て、みんなのことを恋しく思っていたことに気づいて、少し感傷的になっていた。「ホールド・バック・ザ・リヴァー(川の流れをせき止めて)」っていうのはちょっとした比喩で、このクレイジーな忙しさを止めて、自分のペースを取り戻して、僕が一番大切に想っている人達との時間を過ごしたいっていうことを言っているんだよ。それがこの曲のストーリーだよ。

【インタビュー】ジェイムス・ベイ「ただ感動して欲しい。音楽に必要なのはそれだけだ」
(BARKS音楽ニュース)

ジェームズ・ベイは、2013年デビューの英国人、シンガーソングライター。
今年のグラミー賞新人部門にノミネートされていました。「ローリング・ストーンズ」や「テイラー・スウィフト」のオープニングアクトもやっています。
そして、帽子がトレードマークでもあります。

19歳ぐらいから、帽子をかぶり始めました。それはブライトンに住んでいましたが、家の近くに「マッドハッターズ」と呼ばれた帽子のお店があったので。私は帽子をかぶって「ブルース」を演奏してる人たちを見たいという願望もありました。だから私は今も演奏するときも帽子をかぶっています。これからもたぶんかぶり続けていくでしょう。

インタビュー】ジェイムス・ベイ「ただ感動して欲しい。音楽に必要なのはそれだけだ」
(BARKS音楽ニュース)

ジェイムズ・ベイ(James Bay)|レット・イット・ゴー(Let It Go)
https://www.youtube.com/watch?v=GsPq9mzFNGY (YouTube)

Chaos & the Calm

新品価格
¥703から
(2016/10/28 16:24時点)

コールドプレイを彼風にアレンジして歌っています。

ジェイムズ・ベイ(James Bay)|ヒム・フォー・ザ・ウィークエンド(Hymn For The Weekend)
https://www.youtube.com/watch?v=elyHBFAyi9Y (YouTube)

演奏と音色は、ブルージーです。だけど、重すぎはしないです。ギターもいいです。歌も上手いし、声も良いです。そして、メロディーメーカーであり、文学的詩を書き、モデルをこなすルックスを持ち、ギターを弾く、たぶん、若いポップ・ミュージック・ファンも聴けるし、年齢層が高い私たちでも楽しく聴ける、これからが期待されているアーティストであると思います。

マイ・フェイバリット・エール・ソングス



https://www.youtube.com/watch?v=czw8eqepir8
春一番も吹き、春本番。近所の梅林も、やっと満開になりました。3月の「お気に入り曲」のテーマは「応援」「エール」です。

私が応援したいのは、復興中の「東北」です。
「東北」はもちろん、震災から3年経って今なお震災募金をフジテレビの「SMAP×SMAP」で呼びかける「SMAP」には、頭が下がります。なぜ、他の番組は、募金募集の告知をやめてしまったのでしょうか?

そして、STAP細胞問題の「小保方晴子」さんが不遇の時を迎えています。
この国特有の「成功すればチヤホヤ、失敗すればバッシング」にめげず、STAP細胞を極めて、ぜひ復活してほしいものです。

さて、当ブログ執筆者4人がお勧めするエール・ソングを、10曲紹介します。

ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)|スタート・ミー・アップ(Start Me Up)
http://www.youtube.com/watch?v=SGyOaCXr8Lw (YouTube)

Tattoo You

新品価格
¥2,001から
(2014/3/19 13:44時点)

  • 何か新しいことにチャレンジする時、この曲の乗りがとてもしっくりします。思わず口ずさんでしまう曲です。これからもこのリズムとメロディ、そして歌詞でいろいろな事にトライしていきたいです。(Hiro)

ザ・ビートルズ(The Beatles)|プリーズ・プリーズ・ミー(Please Please Me)
https://www.youtube.com/watch?v=czw8eqepir8 (YouTube)

Please Please Me (Dig)

新品価格
¥1,044から
(2014/3/19 13:46時点)

  • 中学生の時、友人からビートルズのこの「プリーズ・プリーズ・ミー」を初めて聴かされたとき、すごく強烈な印象を受けました。でも最初はただ叫んでいるように聞こえました。そして、聴いている内に気持ちがどんどん高揚してきました。落ち込んでいる時でも、この「叫び」を聴くと元気になれます。(Hiro)
  • どんなシーンで聴いても元気付けられます。ビートルズで最初に印象に残った曲でした。(Koji)

海上自衛隊東京音楽隊、三宅由佳莉|祈り~a prayer
http://www.youtube.com/watch?v=kkLzhkwF2gA (YouTube)

祈り~未来への歌声

新品価格
¥2,580から
(2014/3/19 13:47時点)

  • 23万人の自衛官唯一のヴォーカリスト三宅由佳莉の歌声が心にストレートに響きます。いかつい自衛隊のイメージとは異なる、別の活動の側面だと思います。(Koji)

吉田拓郎|ファイト!
http://www.youtube.com/watch?v=kGl9M0_CCqI (YouTube)

感度良好ナイト LIVE in 武道館 [DVD]

新品価格
¥2,676から
(2014/3/19 13:47時点)

  • 中島みゆきのオリジナル曲「ファイト!」ですが、吉田拓郎が歌うとピッタリとハマリます。但し、ライブバージョンだけのようです。もちろん情念の中島みゆきバージョンも彼女の本領発揮の1曲です。(Koji)

カーペンターズ(Carpenters)|青春の輝き(I Need To Be Loce)
https://www.youtube.com/watch?v=3_Agtu6rNpg (YouTube)

青春の輝き~ベスト・オブ・カーペンターズ<10周年記念エディション>

新品価格
¥2,200から
(2014/3/19 13:48時点)

  • ほろ苦さを感じる「青春時代」へのメッセージが何とも言えません。邦題の作者の感性にも喝采。そしてカレンの歌声も永遠ですね。(Koji)
  • 私も大好きな曲です。カレンの声と歌い方はすごいですね。すごく静かな曲ですがしっかり心に残ります。(Hiro)
  • 私も大好きな曲です。カーペンターズの曲の中でも名曲ではと思います。(MAHALO)

ジョン・レノン(John Lenno)|スターティング・オーヴァー((Just Like)Starting Over)
http://www.youtube.com/watch?v=iAJ2AoEwDvY (YouTube)

ダブル・ファンタジー(紙ジャケット仕様)

中古価格
¥3,160から
(2014/3/19 13:49時点)

  • やり直しとも再出発ともとれるタイトルですが、残念ながらこの曲がヒットした時にはそれも叶わぬものとなってしまいました。自身ににエールを送った曲かなと思っています。今回のテーマだと「人々に勇気を」という曲もありますが、やはりこの曲です。(MAHALO)

グレイス・ジョーンズ(Grace Jones)|ラ・ヴィ・アン・ローズ (La Vie En Rose)
http://www.youtube.com/watch?v=cCQfH0lx_DU (YouTube)

Portfolio (Reis)

新品価格
¥569から
(2014/3/19 13:50時点)

  • 結婚式で流れるウェディング・ソングもある意味、2人へのエールを送る曲かなと思います。その中でもグレイス・ジョーンズの歌うこの曲は名曲かと思います。でもこの人は007のイメージが強いのですが。(MAHALO)

ナタリー・コール(Natalie Cole)|スターティング・オーバー・アゲイン(Starting Over Again)
http://www.youtube.com/watch?v=-PFtHFjP2Io (YouTube)

Good to Be Back

新品価格
¥430から
(2014/3/19 13:51時点)

  • ラブ・ソングではありますが、タイトルのとおり、「別れたんだけどもう1回やり直さないか」といった内容の曲です。メロディーも美しく、BGMとしてこの曲を聴けばそれも叶うかも…です。そう言う意味では「エール」となる曲かと思います。(MAHALO)
  • いい曲です。歌詞もいいです。若さが原因で別れてしまった二人が、お互いの心のよりどころとして結ばれる・・・(Hiro)

コールドプレイ(Coldplay)|美しき生命(Viva La Vida)
http://www.youtube.com/watch?v=dvgZkm1xWPE (YouTube)

Viva La Vida

新品価格
¥591から
(2014/3/19 13:51時点)

  • コールドプレイが「全力で生きろ」と訴える曲です。邦題は「美しき生命」ですが、タイトルの”Viva La Vida”を英語に訳せば”Live the Life”、それを更に日本語に直訳すれば「人生を生きろ」となるこの曲。フランス革命を謳った説のほかに、イエス・キリスト説もあるようです。(Yama)

ジャーニー(Journey)|ドント・ストップ・ビリーヴィン(Don’t stop Believin’)
http://www.youtube.com/watch?v=VcjzHMhBtf0 (YouTube)

ザ・ジャーニー・コンティニューズ~コンプリート・ベスト

新品価格
¥1,560から
(2014/3/19 13:52時点)

  • ’80洋楽の代表曲はこれです。オリジナルの力強い歌唱力はもちろんいいですが、30年後に蘇りドラマ「グリー」キャストの代表曲でもあります。このコーラス・バージョンも味があります。http://www.youtube.com/watch?v=rteAeFjB7S4(Yama)
  • ジャーニーはよく聴きました。スティーブ・ペリーの歌声が好きです。もちろんニール・ショーンのギターもですが。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)