Chickenshack」タグアーカイブ

マイ・フェイバリット・クリスマス・ミュージック2019


ユズの実 撮影:ヤマザキサトシ 撮影日:2019年12月12日
ユズの実 撮影:ヤマザキサトシ 撮影日:2019年12月12日

気象庁の中長期予報は「暖冬」傾向を伝えていますが、その分、寒い日が周期的にあり、去年よりは年末感が増した今年のクリスマスシーズンです。

コート要らずの陽気と真冬の寒さを繰り返すこの寒暖差は体にこたえます。ご自愛ください。

さて、12月の「お気に入り曲」のテーマは、毎年恒例の「クリスマス」です。

当ブログ執筆者がお勧めするクリスマス・ミュージック6曲を紹介します。

竹内まりや|ロンリーウーマン
https://www.youtube.com/watch?v=AfdzDiALtfA (YouTube)

Bon Appetit!

新品価格
¥2,300から
(2019/12/19 01:38時点)

  • いかにも都会の大人の知性にあふれた女性、その洗練された女性がみせる切なさ、何故か、私も切なくなります。クリスマス シーズンは一見華やかですが、実はそれぞれが寂しさを抱いているような、、(Hiro)

山下達郎|クリスマス・イブ
https://www.youtube.com/watch?v=KfUWILrjja0 (YouTube)

クリスマス・イブ

新品価格
¥3,000から
(2019/12/19 01:40時点)

クリスマス・イブ(2019 Version)

新品価格
¥1,250から
(2019/12/21 02:11時点)

  • 曲とコマーシャル映像がこれほどシリーズ化されてマッチしているものは無いと思います。こんなコマーシャルだったら、何度でも観てしまいます。若いっていいですね!(Hiro)
  • 「クリスマス・イブ」には、このJR東海の深津絵里が印象的でした。(Koji)
  • この時期は奥さんもですが、やはりこの曲ですね。今も1983年に発売の12インチのピクチャー・レコード(3万枚限定)を持っており聴いています。(MAHALO)
  • 今年は定番曲に一票!(Yama)

リベラ(Libera)|天使のくれた奇跡(Angel)
https://www.youtube.com/watch?v=6H9OH7wA4uM (YouTube)

【メーカー特典あり】 Christmas with LIBERA (通常盤) (クリスマスカード付)

新品価格
¥3,300から
(2019/12/19 01:42時点)

  • リベラの天使の歌声で聴くクリスマスソング・アルバムは最高のクリスマス・プレゼントです。(Koji)

ペンタトニックス (Pentatonix)|クリスマス・イブ(Christmas Eve)
https://www.youtube.com/watch?v=VT2FqN9FEPA (YouTube)

ベスト・オブ・ペンタトニックス・クリスマス (ジャパン・エディション) (通常盤) (特典なし)

新品価格
¥1,980から
(2019/12/19 01:44時点)

  • クリスマス・ソングのど定番「山下達郎|クリスマス・イブ」をアカペラで聴くのも良いものです。本家山下達郎の2019 Version[B07ZTKJ4CG]も健在です。(Koji)
  • 「本家」も「アカペラ」も、どちらも好きです。(Yama)

ブライアン・カルバートソン(Brian Culbertson)|ディス・クリスマス(This Christmas)
https://www.youtube.com/watch?v=QeMT53YnhbQ (YouTube)

Soulful Christmas

新品価格
¥2,830から
(2019/12/19 01:45時点)

  • キーボディスト、「ブライアン・カルバートソン」の「Soulful Christmas」というアルバムに収録された「ダニー・ハザウェイ」作のこの曲は心地良いです。アルバムのタイトルのとおり、クリスマス曲を収録したこのアルバムは全曲ともお勧めです。(MAHALO)

チキンシャック(Chickenshack)|クリスマス・ソングス:クリスマス・ソング~プリーズ・カム・ホーム・フォー・クリスマス(Christmas Song~Please Come Home For Christmas)
https://www.youtube.com/watch?v=L-ytfS5vXsk (YouTube)

PRIME TIME

中古価格
¥2,335から
(2019/12/19 01:46時点)

  • 「チキンシャック」の六本木PIT INNでのライブ・アルバムに収録のこの曲は、この時期の定番曲としてよく聴いています。「山岸潤史」のギターもですが、「土岐英史」さんのサックスが心地よいです。ライブは7月でしたが、アルバムのリリースが11月という事もあり、この曲のみお客さんの入場前に録音されたそうです。(MAHALO)
  • 土岐英史のサックス、山岸潤史のギター、本当に優しい音色です。クリスマスの夜のイメージの優しく包んでくれる世界にぴったりです。(Hiro)

ユニコーン(奥田民生)|雪が降る町
https://www.youtube.com/watch?v=YTZuk83g9Xs (YouTube)

ザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン

新品価格
¥2,577から
(2019/12/19 01:47時点)

  • 年末の情景が蘇る12月になると聞きたくなる年末ソング。私にとってのクリスマス・ソングです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・フラワー・ミュージック2019



5月の花と言えば「カーネーション」。「カーネーション」は5月の第2日曜日の母の日に贈る花の代名詞。

また「バラ」もこの時期、全国の植物園で、咲き誇ります。

この他にも、「藤」「ハナミズキ」「ツツジ」「菖蒲」「ポピー」などもさかんで、5月は多彩な花の季節です。

風薫る五月。生花を愛でましょう。

趣味の園芸 – NHK
趣味の園芸 - NHK

5月のテーマは、「花」です。
当ブログ執筆者がお勧めする、様々な花ミュージック7曲を紹介します。

スコット・マッケンジー(Scott Mckenzie)|花のサンフランシスコ(San Francisco)
https://www.youtube.com/watch?v=WaPy1JBlxcI (YouTube)

The Voice of Scott Mckenzie

新品価格
¥936から
(2019/5/30 10:08時点)

  • 反戦を掲げて歌われた”フラワーミュージック”。サイケな服装、長髪、若い世代が世の中に”世代の意見”を強烈に主張した時代だった様に思います。(Hiro)

市川染五郎|野バラ咲く路
https://www.youtube.com/watch?v=UUjC7pAzHuk (YouTube)

フォーク歌年鑑’67

新品価格
¥2,142から
(2019/5/30 10:09時点)

野バラ咲く路

新品価格
¥250から
(2019/5/30 10:12時点)

市川染五郎

野バラ咲く路

新品価格
¥250から
(2019/5/30 10:13時点)

松たか子

  • 現在の松本白鸚(2代目)が六代目染五郎時代の1967年に自ら作詞・作曲・歌唱してレコードを出した曲で、何故か耳に残っています。MP3で本人と娘の松たか子で聴けます。(Koji)

ザ・フォーク・クルセダーズ|戦争は知らない
https://www.youtube.com/watch?v=mG4y9pK3Lbk (YouTube)

ザ・フォーク・クルセダーズ ゴールデン☆ベスト

新品価格
¥1,476から
(2019/5/30 10:14時点)

  • 寺山修司作詞の名曲でした。(Koji)
  • 今、あらためて、この歌の重さをかみしめて聴きました。戦後70数年たって、一般的には日本の最高学府を卒業し、間違いなく国のエリート役人で、そして国の政治を司る議員という、本当にこの国の将来を託す人材が、、すごく悲しいですね。(Hiro)

エモーションズ (The Emotions)|フラワーズ(Flowers)
https://www.youtube.com/watch?v=yGUf44-6byo (YouTube)

フラワーズ(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥1,570から
(2019/5/30 10:15時点)

  • 「ベスト・オブ・マイ・ラブ」のヒットでお馴染みの「エモーションズ」ですが、この曲も大好きです。ギター好きの私は「アル・マッケイ」のギターが印象に残っています。(MAHALO)

チキンシャック(Chickenshack)|フラワーズ・フォー・レナ(Flowers For Lena)
https://www.youtube.com/watch?v=zESXiMtnw6Q (YouTube)

PRIME TIME

中古価格
¥4,334から
(2019/5/30 10:16時点)

  • ファーストに収録のこの曲ですが、六本木ピット・インで行われたライヴでも演奏され、アルバムとしてリリースされています。やはり、土岐英史(sax)、山岸潤史(g)のプレイは最高で心地よいです。(MAHALO)
  • はじめて聴きました。いいですね、メロディーも癒やされる演奏も。サックスはやはり、土岐節ですね!(Hiro)
  • いつどこで聞いたのか思い出せないのですが、絶対聞いたことがある曲だと思います。不思議な気持ちです。(Yama)

宇多田ヒカル|花束を君に
https://www.youtube.com/watch?v=yCZFof7Y0tQ (YouTube)

  • この曲が収録のアルバムでは個人的には「道」が好きなのですが、皆さんはやはりこの曲ですね。今でも「First Love」をレコードで聴いている私です。(MAHALO)
  • 出産後の復帰作で、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌でした。(Yama)
  • 「とと姉ちゃん」の記憶が蘇ります。(Koji)

ORANGE RANGE(オレンジレンジ)|花
https://www.youtube.com/watch?v=SCOPc46Y29I (YouTube)

  • シーズンを問わず、よくラジオで聞きます。映画「いま、会いにゆきます」の主題歌でした。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・フラワー・ミュージック2017



今年も「サボテンの花」が5月21日に咲きました。

5月21日(日)午後3時過ぎ、群馬県館林市で35.3度を記録し、今シーズン初の猛暑日になりました。

また、5月20日(土)~5月23日(火)に、4日連続で真夏日を記録したところがあります。

梅雨前に、季節先取りの真夏の陽気です。

5月以降も、最高気温が平年よりも高い状態が続くようです。

水分をこまめに補給し、室内ではカーテンで日差しを遮り、冷房を適切に利用し、熱中症にご注意ください。

5月初 前橋や福島で4日連続真夏日(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp
5月初 前橋や福島で4日連続真夏日(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp

5月のテーマは、4年ぶりの「花」「フラワー」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「花」に関する8曲を紹介します。

チューリップ|サボテンの花
https://www.youtube.com/watch?v=NQqzxcZxdPI (YouTube)

サボテンの花

新品価格
¥2,680から
(2017/5/23 23:26時点)

  • 花が主題ではなく、失恋の歌ではありますが、メロディと財津和夫の歌声が何か”ほっと”する癒やし感を与えてくれます。よくカラオケで歌います。(Hiro)
  • 5月になると毎年玄関ポーチ脇にあるサボテン群生の花が咲きます。その時、頭の中で「サボテンの花」が流れます。(Yama)

ザ・キングストントリオ(The Kingston Trio)|花は何処へ行った(Where have all the flowers gone?)
https://www.youtube.com/watch?v=fi0dPoG4y9U (YouTube)

花はどこへ行った+3 [EPレコード 7inch]

  • ピート・シーガーのオリジナル曲ですが、ピーター・ポール&マリー、ブラザース・フォアなどフォークのグループの代表曲となっています。学生の頃ギターを持つと必ず弾き語った曲です。(Hiro)
  • 「花」がテーマの反戦歌の代表曲ですね。合わせて「ザ・フォーク・クルセダーズ|戦争は知らない(作詞:寺山修司)」がリンクします。(Koji)

yanokami|ばらの花
https://www.youtube.com/watch?v=oPQ44DL3ztc (YouTube)

yanokamick-yanokami English version-

新品価格
¥1,792から
(2017/5/23 23:34時点)

  • 矢野顕子とレイ・ハラカミによるユニット「yanokami」による「くるり|ばらの花」のカバー曲です。レイ・ハラカミは2011年7月に急逝しましたが、彼の残した打ち込みデータによりyanokamiの活動は健在です。この映像は2012年7月に行われたタブラ(インドの民族楽器)奏者ユザーンとの共演の様子です。(Koji)

スコット・マッケンジー(Scott McKenzie)|花のサンフランシスコ(San Francisco)
https://www.youtube.com/watch?v=iBuZhCMp2g8 (YouTube)

花のサンフランシスコ(ヴォイス・オブ・スコット・マッケンジー)(紙ジャケット仕様)

中古価格
¥2,450から
(2017/5/23 23:35時点)

  • この曲と併せて「ママス&パパス|夢のカリフォルニア」が聴きたくなります。(Koji)
  • サンフランシスコは何度か行きましたが思い出深い街ですね。この曲を聴くとその当時を思い出します。(MAHALO)

セシリオ&カポノ(Cecilio & Kapono)|サンフラワー(Sunflower)
https://www.youtube.com/watch?v=m0auX2FdZ6I (YouTube)

Cecilio & Kapono

新品価格
¥1,264から
(2017/5/23 23:36時点)

  • ハワイを代表するセシリオ&カポノの「Sunflower(ひまわり)」は、曲の良さはもちろんですが、二人のハーモニーが癒されます。どことなくボズ・スギャックスではありますが。(MAHALO)
  • なるほど。確かにボズ・スギャックス感があります。(Yama)

Chickenshack(チキンシャック)|Flowers For Lena -Dedicated to LENA-Chan-
https://www.youtube.com/watch?v=zESXiMtnw6Q (YouTube)

PRIME TIME

中古価格
¥2,399から
(2017/5/23 23:36時点)

  • 「チキンシャック」のファーストに収録のこの曲は、「土岐英史」さんのサックスが心地よいです。もちろん「山岸潤史」のギターもですが…。ファーストで聴くのも良いのですが、六本木ピット・インでのライブ・アルバムでは倍近い演奏を披露しておりお勧めです。(MAHALO)
  • 土岐英史いいですね。竹内まりやの武道館での「駅」のエンディング、本当にジーンときます。最近は、お茶の水”NARU”での中島あきはとのライブ聴きにいきました。(Hiro)

サンタナ(Santana)|ムーン・フラワー(Moonflower)
https://www.youtube.com/watch?v=x5b3VBUW2ok (YouTube)

Moonflower

新品価格
¥1,743から
(2017/5/23 23:37時点)

  • 「Moonflower」、日本では「夜顔」という花の名この曲は「哀愁のヨーロッパ」とともによく聴きました。どなたかが、「サンタナ流ムード演歌」などと書かれていましたが、確かに日本ではシングル盤としてリリースされたのもがわかります。(MAHALO)
  • ”夜顔”題名がいいですね。サンタナ最近聴いていませんでしたが、やっぱりいいなあ。(Hiro)

一青窈|ハナミズキ
https://www.youtube.com/watch?v=TngUo1gDNOg (YouTube)

ヒトトウタ

新品価格
¥2,200から
(2017/5/23 23:39時点)

  • 庭先のハナミズキは数年前に枯れてしまいましたが、この曲は永遠です。(Koji)
  • 5月、特に母の日前後に、ラジオから盛んに流れます。以前にの勤務地近くの虎の門病院に、見事な枝ぶりのハナミズキがありました。しかし、新虎通り(環状第二号線)の新設で、撤去されてしまったようです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・オータム・ミュージック2015



稲刈りの済んだ田んぼ

稲刈りの済んだ田んぼと秋空

二十四節気(にじゅうよんせっき)の「寒露」(かんろ)を過ぎで、季節は晩秋を迎えました。

田んぼの稲刈りも進み、五穀の収穫がたけなわで、農家では繁忙を極めます。

大気の状態が安定して空気が澄んだ秋晴れの日が多くなります。夜には月も美しく輝いて見えます。今年の十三夜は、10月25日です。名月を愛でましょう。

さて、10月の「お気に入り曲」のテーマは、ずばり「秋」です。
当ブログ執筆者がお勧めするオータム・ミュージック9曲を紹介します。
お気に入りが見つかれば幸いです。

ピーター・ポール&マリー(PP&M)|パフ(Puff, the magic dragon)
https://www.youtube.com/watch?v=5SXtAP-tXts (YouTube)

ヴェリー・ベスト・オブ

新品価格
¥1,676から
(2015/10/14 14:50時点)

  • たまたま、フォークシンガーの小室等が関口宏の番組にでていて、フォークを始めた時は、PP&Mのコピーから始めた、という話をしていて、、そうだ、高校の謝恩会などでは、PP&Mだったなぁと大変懐かしくなりました。「パフ」は定番曲でした。特に秋を歌っているわけではないのですが、「秋の霧がたなびく海で」とあるので。(Hiro)

monolog|ONE DAY
https://www.youtube.com/watch?v=X6pdH1QqBV0 (YouTube)

ONE DAY

新品価格
¥2,484から
(2015/10/14 14:51時点)

  • アルバム「ONE DAY」の中には秋の1日の風景を感じます。アルバムを通して聴くことをお薦めします。(Koji)

フォープレイ(Fourplay)|10月の朝 (October Morning)
https://www.youtube.com/watch?v=GG_e4JToBqo (YouTube)

Fourplay

新品価格
¥744から
(2015/10/14 14:51時点)

  • 今年の東京JAZZに合わせて来日したFourplayですが、彼らのアルバムはどれを取っても「秋」を感じます。(Koji)
  • ギターの音色が秋を感じさせますね。(Hiro)
  • フォープレイはこの曲収録が収録されたファーストからのファンです。ギタリストのみメンバー・チェンジとなりましたが、やはりリー・リトナーの頃が好きですね。デイブ・グルーシンとのコンビは有名ですが、ボブ・ジェームスとも良い感じでプレイしています。なんと今年の東京JAZZは初代のリー・リトナー、2代目のラリー・カールトン、そして現在のチャック・ローブと歴代のギタリスト3人が揃い、アンコールでリー・リトナー、ラリー・カールトンがゲスト出演したようです。(MAHALO)

山口百恵|秋桜(コスモス)
https://www.youtube.com/watch?v=_GrhwErRkMg (YouTube)

  • 未だ18歳の時の山口百恵です。最近「赤いシリーズ」のDVDマガジンが好調のようです。15歳から21歳の山口百恵がそこにはいます。(Koji)
  • この手のDVDを見つけると、買わない決断に苦労します。(Yama)

スタッフ(Stuff)|いとしの貴女(My Sweetness)
https://www.youtube.com/watch?v=Pi2IG1EmNlI (YouTube)

スタッフ!!

新品価格
¥955から
(2015/10/14 14:55時点)

  • 今回のテーマで真っ先に思いついた曲です。グループとしてもですが、やはり「リチャード・ティー」のローズ・ピアノのサウンドは最高です。秋の夜にピッタリかと思います。(MAHALO)

チキンシャック(Chickenshack)|ロレッタ(Loretta)
https://www.youtube.com/watch?v=u9S2AYnY9dA (YouTube)

CHICKEN SHACKVI

中古価格
¥3,000から
(2015/10/14 14:55時点)

  • 「チキンシャック」6枚目のアルバムに収録の曲です。秋に夜にこの曲をBGMにお酒でも…といっても私は飲めませんが。土岐英史らしいサックスは何時聴いても心地よいです。もちろん山岸潤史のギターもですが。(MAHALO)
  • 土岐英史、私も好きです。竹内まりやの「駅」のエンディングソロよかったです。この曲も本当に秋の夜長にピッタリの曲ですね。(Hiro)

ロニー・フォスター(Ronnie Foster)|ア・ソフト・ハート(A Soft Heart)
https://www.youtube.com/watch?v=_7ZONymXieo (YouTube)

Love Satellite – Expanded Edition , from UK)

新品価格
¥1,036から
(2015/10/14 14:56時点)

  • 「ジョージ・ベンソン」の「ブリージン」で知った「ロニー・フォスター」ですが、当時、そして今でもよく聴くキーボーディストです。この季節にこの曲はいかがでしょうか。(MAHALO)
  • 秋の澄んだ空気を感じさせますね。気持ちがしっとりとします。(Hiro)
  • 特徴的な音色が印象的です。(Yama)

ジョージ・ウィンストン(George Winston)|カラーズ/ダンス (Colors/Dance)
https://www.youtube.com/watch?v=-fTaAOzPbig (YouTube)

AUTUMN: WINDHAM HILL 20TH ANNIVERSARY EDITION

新品価格
¥6,396から
(2015/10/14 14:57時点)

  • 秋になると、やはりジョージ・ウィンストンのアルバム「オータム」。今年は、アルバム1曲目の「カラーズ/ダンス」を紹介します。秋の高い空を見ていると聞きたくなる、すがすがしいメロディです。(Yama)

ダイアナ・パントン(Diana Panton)|私を月に連れてって(Fly me to the Moon)
https://www.youtube.com/watch?v=xBSuxSQQkFE (YouTube)

ムーンライト・セレナーデ~月と星のうた

新品価格
¥2,397から
(2015/10/14 14:57時点)

  • ジャズのスタンダード・ナンバー。多くの歌い手がボサノバ風に歌うのは、フランク・シナトラがカバーした時のアレンジの影響だとか。月と星をモチーフにした楽曲ばかりを集めたアルバム「ムーンライト・セレナーデ~月と星のうた」の「ダイアナ・パントン」もその一人です。(Yama)
  • シナトラからエヴァンゲリオン迄、何れのバージョンもそれぞれに良いですね。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)