Chicago」タグアーカイブ

(c)TeeFarm「ブレーメンの音楽隊」

マイ・フェイバリット・バンド・ミュージック


6月12日には沖縄地方が梅雨明けしたと思ったら、6月14日に東北北部が梅雨入りした日本列島。「狭い日本」とたびたび表現されますが、梅雨がない北海道地方を含めて、気象現象は地方毎に多種多様です。

そんな多種多様な音楽を与えてくれるのが「バンド」です。古今東西過去現代、様々なバンドが多種多様な音楽で楽しませてくれます。

そんな訳で6月のテーマは、6月29日がビートルズの初来日に由来する「ビートルズ記念日」に因み「バンド」です。

ザ・ビートルズ | The Beatles – UNIVERSAL MUSIC JAPANUNIVERSAL MUSIC JAPAN

当ブログ執筆者がお勧めする8組8曲のバンド・ミュージックを紹介します。

坂本九&ダニー飯田とパラダイス・キング|ステキなタイミング
https://www.youtube.com/watch?v=JLMZh1fbQCQ (YouTube)

メモリアル・ベスト

新品価格
¥1,885から
(2020/6/17 21:34時点)

  • 原曲は米国の歌手であるジミー・ジョーンズが発表した「Good Timin’」。1960年リリース。ちょうどテレビが家でみれるようになり、「ヒットパレード」等で坂本九、パラダイスキングをみて、グループ曲として初めて好きになった曲です。いつも口ずさんでいました。(Hiro)

ロン・カーター・トリオ(Ron Carter Trio)|ゴールデン・ストライカー(The Golden Striker)
https://www.youtube.com/watch?v=MnEo20q-OKM (YouTube)

ゴールデン・ストライカー(CCCD)

中古価格
¥299から
(2020/6/17 21:36時点)

  • Ron Carter Trioのライブを3年前にみて感動しました。80歳になっての演奏は、優しくて、しなやかで、心に染みました。静けさの中に、ピアノ、ギターが一体となって紡ぐ音色はなんともいえません。(Hiro)

挾間美帆 m_unit(Miho Hazama and m_unit)|ダンサー・イン・ノーホエア(Dancer in Nowhere)
https://www.youtube.com/watch?v=3SeC5C90lAc (YouTube)

ダンサー・イン・ノーホエア

中古価格
¥2,700から
(2020/6/17 21:37時点)

  • 2016年、アメリカの『ダウン・ビート』誌の「未来を担う25人のジャズアーティスト」にアジア人として唯一人選出された逸材の狭間美帆です。2020年の米グラミー賞にノミネートされたアルバムのタイトル曲です。所謂、ビッグバンド・ジャズにスポットをあてる存在と云えます。(Koji)

ザ・キンクス(The Kinks)|ユー・リアリー・ガット・ミー(You Really Got Me)
https://www.youtube.com/watch?v=fTTsY-oz6Go (YouTube)

Kinks

新品価格
¥1,509から
(2020/6/17 21:39時点)

  • 前の東京オリンピックの1964年にビートルズに対抗する形でロック・バンドのキンクスです。代表曲の「You Really Got Me」ですが、私には「ユリリゴミ」としか聞こえませんでした。(Koji)
  • この曲私もよく覚えています。グループサウンズ、ザ・テンプターズ、ザ・スパイダースが銀座ACBとか、新宿ラセーヌでのライブで、よく歌ってたのを思い出しました。(Hiro)

シカゴ(Chicago)|サタデイ・イン・ザ・パーク(Saturday In The Park)
https://www.youtube.com/watch?v=HjylD7esXDo (YouTube)

シカゴV

中古価格
¥4,760から
(2020/6/17 21:40時点)

  • 中学生の頃、私の聴く音楽がイギリスからアメリカと移った切っ掛けが「シカゴ」の「長い夜(25 Or 6 To 4)」でした。当時はレコードで、カーネギーホールのライブ盤は高価でしたが、バイトをして買ったのを今でも覚えています。大好きな曲ばかりですが、皆さんが知っているといえばこの曲かもしれません。(MAHALO)
  • この曲と、「長い夜」はよく覚えています。曲のメロディーとともに、ブラスが入ったロックバンドには、インパクトがありました。(Hiro)
  • この曲は90年代に入ってからコンピレーションアルバムで繰り返しよく聞きました。(Yama)

スタッフ(Stuff)|いとしの貴女(My Sweetness)
https://www.youtube.com/watch?v=Pi2IG1EmNlI (YouTube)

スタッフ!!

新品価格
¥954から
(2020/6/17 21:41時点)

  • クロスオーバー、フュージョンが全盛の頃、ギターを弾くからかギタリストのアルバムばかり聴いていましたが、このバンドを聴いた時は興奮しました。「エリック・ゲイル」、「コーネル・デュプリー」という2人のギタリストをはじめ、何よりメンバーが凄いです。スタッフもですが、メンバー個々のソロ・アルバムも今でも好んで聴いています。(MAHALO)初めて聴きました。ドラムのSteve Gaddもいいですね。(Hiro)
  • 耳なじみがあるのは、NHK-FM「軽音楽をあなたに」のテーマ曲だったからですね。(Yama)

東京スカパラダイスオーケストラ|ルパン三世 ’78
https://www.youtube.com/watch?v=QvpO9Q20NRk (YouTube)

The Last~Live~(AL2枚組 DVD2枚組)

新品価格
¥7,919から
(2020/6/17 21:42時点)

  • 「スカパラ」の愛称で呼ばれる現在は9人組のスカベースのロックバンド。結成は1985年だから35年のキャリア。観客が大いに盛り上がることで有名な「スカパラ」のライブ定番曲です。(Yama)
  • スカパラのこのステージは観客との一体感があり流石のステージです。(Koji)

コールドプレイ(Coldplay)|美しき生命(Viva La Vida)
http://www.youtube.com/watch?v=dvgZkm1xWPE (YouTube)

Viva La Vida

新品価格
¥649から
(2020/6/17 21:43時点)

  • イギリスの4人組ロックバンド「コールドプレイ」の代表曲。この「美しき生命」(Viva La Vida)を含むアルバムから、少し曲調が変わりました。ストリングスを多用しボーカル、クリス・マーティンの力強い歌唱とマッチするこの曲は「全力で生きろ」と訴えます。そしてこの曲でグラミー賞の常連になりました。(Yama)
  • 初めて聴きました。「美しき生命」良い曲ですね。「The 1975」の「Girls 」、「Swim Deep」の「Honey」も良いですが。「オルタナティブ」すきです。(Hiro)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

ひまわり畑となつやすみ

マイ・フェイバリット・デイ・オブ・ザ・ウィーク・ミュージック



7月19日(水)に、関東地方の梅雨明け宣言から1週間が過ぎました。しかし、太平洋高気圧の勢力が弱く、梅雨のような天気が続きます。関東地方は「戻り梅雨」のようです。

梅雨入りと梅雨明け(速報値) – tenki.jp
全国の梅雨入りと梅雨明けの情報(速報値)です。気象庁では、現在までの天候経過と1週間先までの見通しをもとに、梅雨の入り明けの速報を「梅雨の時期に関する気象情報」として発表しています。

とはいえ、暦は「夏土用」を迎え、もうすぐ8月。
今年も近所のヒマワリ畑は満開です。
生徒・学生は、毎日が日曜日の夏休みシーズンに突入しました。

7月のテーマは、「曜日」に関する曲です。日・月・水・土曜日の曲が集まりました。

当ブログ執筆者がお勧めする、曜日に関わる7曲を紹介します。

ママス&パパス(The Mamas & The Papas)| マンデー・マンデー(Monday Monday)
https://www.youtube.com/watch?v=h81Ojd3d2rY (YouTube)

ベスト・オブ・ママス&パパス~ユニバーサル・マスターズ・コレクション

新品価格
¥2,480から
(2017/7/27 11:13時点)

  • 1966年リリースの曲。印象はやたら“Monday”と歌っているなあと。でも、その繰り返しが記憶に残って、今回も即、“Monday Monday”が浮かびました。(Hiro)

浜田省吾|もうひとつの土曜日
https://www.youtube.com/watch?v=ZXhDTCKH3qM (YouTube)

The History of Shogo Hamada―Since 1975

新品価格
¥2,320から
(2017/7/27 11:16時点)

  • カラオケで何度この曲を歌ったか・・・ただ、未だに正確にメロディがつかめていません。(Hiro)

カーペンターズ(Carpenters)|雨の日と月曜日は(Rainy Days and Mondays)
https://www.youtube.com/watch?v=PjFoQxjgbrs (YouTube)

カーペンターズ~40/40 ベスト・セレクション

新品価格
¥2,800から
(2017/7/27 11:17時点)

  • 今年は殆ど雨のない梅雨でしたが、やはり梅雨は梅雨らしくこの曲を聴きながら迎える月曜日が一番です。(Koji)

ロビー・デュプリー(Robbie Dupree)|サタデイ・ナイト(Saturday Night)
https://www.youtube.com/watch?v=jxakB-LwK1k (YouTube)

Street Corner Heroes

新品価格
¥2,790から
(2017/7/27 11:18時点)

  • AORの名曲ですね。アルバム・プロデュースで知られる名コンビ「ピーター・バーネッタ」、「リック・チャドコフ」をはじめ、バックを固めるクラッキンの演奏も最高です。(MAHALO)

シカゴ(Chicago)|サタデイ・イン・ザ・パーク(Saturday In The Park)
https://www.youtube.com/watch?v=M83ZtXPOwdA (YouTube)

シカゴV

新品価格
¥1,361から
(2017/7/27 11:18時点)

  • 当ブログでも紹介した「シカゴ」の大ヒット曲です。医者からはいつも「運動しろ」と言われ、この曲を聴きながら公園にでも行こうかなと…といっても今年の夏は暑そうで無理ですが。(MAHALO)
  • まさしくアメリカンな土曜日ですね。(Koji)
  • この曲は発表された1972年当時に聞いたのではなく、90年代前半に英語を覚える一環で繰り返しよく聞きました。(Yama)

Jay Soto|Sunday Smile
https://www.youtube.com/watch?v=fQmhBV-0Iwc (YouTube)

Mesmerized

新品価格
¥1,081から
(2017/7/27 11:19時点)

  • 最近の愛聴盤の1枚、その中でもお気に入りの曲です。誰もが「笑顔の日曜日」にさせてくれそうな曲ではと思います。(MAHALO)
  • 確かに、思わず何か口ずさみたくなりますね。「日曜日の朝」(Hiro)

大滝詠一|雨のウェンズデイ
https://www.youtube.com/watch?v=aybnfeXHFEI (YouTube)

A LONG VACATION 30th Edition

新品価格
¥2,363から
(2017/7/27 11:20時点)

  • 高校生時代の定番音楽は「大滝詠一 | A LONG VACATION」。そこにこの「雨のウェンズデイ」が収録されていました。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

お買い得な「箱入り」CD(1)「シカゴ(Chicago)」



昨年末に、2組みのCD-BOXを購入しました。アルバムをまとめて復刻したアルバム・ボックスCDです。「箱入り」と呼ばれるやつです。

最初に紹介するのは「シカゴ(Chicago)」のボックスCD「Studio Albums 1969-78」です。

シカゴを最初に聴いたのは、中学生の頃です。
同級生の殆どは、洋楽なら「ビートルズ(The Beatles)」や「サイモン & ガーファンクル(Simon & Garfunkel)」を聴いた時分です。
私もその1人でしたが、ある日ラジオから流れたシカゴの「長い夜(25 or 6 to 4)(’70)」に衝撃を受けました。
メロディーもですが、当時、初めて耳にしたロックにブラスが加わる「ブラス・ロック」は、サウンドに厚みと深さが加わり、新鮮で感動しました。
また、間奏などで弾きまくる「テリー・キャス(Terry Kath)」のギター・テクニックに驚いたものです。

直ぐにシカゴのレコードが欲しくなりましたが、シングル盤でも400円でしたから、中学生の私には高価で、お小遣いを貯めてやって購入した記憶があります。
また、シカゴのLPレコードは、デビュー・アルバムからサード・アルバムまで2枚組みだったので、すべて4,000円近い値段であり、購入することも出来ませんでした。
だから、シカゴで最初に購入したLPレコードは、星条旗をイメージしたバックにシカゴのロゴが描かれたジャケットのベスト・アルバムでした。

そこに輪を掛けて、4枚目のアルバム「シカゴ・アット・カーネギー・ホール(Chicago At Carnegie Hall)」は、4枚組みのライブ盤としてリリースされました。確か日本盤は7,800円と高価でした。シカゴを聴きたい私にとっては殆どイジメです。
しかし、このアルバムはどうしても欲しくて、お年玉や小遣いをこつこつと貯めて、やっとの思いで購入しました。懐かしい思い出です。
その後、シカゴのアルバムは、12~13枚目迄は購入しましたが、殆ど手放してしまいました。今も手元に残っているのは最初に購入したベスト盤と「シカゴ・アット・カーネギー・ホール」の2枚です。

また、このブログを書くにあたり、シングル盤をチェックしたら、何と「ロウダウン(Lowdown)」の初来日記念としてリリースされた「日本語盤」を見つけました。訳詞は北山修でした。あのシカゴでも、当時はこのような企画盤もリリースしたのだと、笑ってしまいました。
MAHALO_CH_LD_PIC

やはりシカゴには思い入れがあり、あらためて初期の作品をCDで揃えようかと思っていたところ、このボックス・セットを見つけたので、早速購入しました。

内容は、「Chicago Transit Authority」から「Hot Street」迄の10枚組みです。何れも海外盤らしい雑な作りの紙ジャケットがボックスに収められていただけです。特典やライナーなどは無く、ただCDでシカゴの曲を聴くだけの商品です。

ただ、私は2,500円を切った価格で購入できたので、CD 1枚当たり250円以下と安く、私のように聴くことが目的であればお勧め出来るCD-BOXです。

収録アルバムリスト

  • Chicago Transit Authority (シカゴの軌跡)
  • Chicago (シカゴと23の誓い)
  • Chicago III
  • Chicago V
  • Chicago VI (遥かなる亜米利加)
  • Chicago VII (市俄古への長い道)
  • Chicago VIII (未だ見ぬアメリカ)
  • Chicago X (カリブの旋風)
  • Chicago XI
  • Hot Street

では、このCD-BOXの中から、私が最初にシカゴと出会った曲「長い夜(25 or 6 to 4)」、私の大好きな「ビギニングス(Beginnings)」、そしてシカゴと言えばこの曲と言われる大ヒット「サタデー・イン・ザ・パーク(Saturday In The Park)」をご紹介します。

Chicago | 25 or 6 to 4
http://www.youtube.com/watch?v=XvnDd-meR6M (YouTube)

Chicago | Beginnings
http://www.youtube.com/watch?v=XI5aD6m7ub0 (YouTube)

Chicago | Saturday In The Park
http://www.youtube.com/watch?v=f-Eplv6PDvE (YouTube)

Studio Albums 1969-78

新品価格
¥2,458から
(2013/1/7 00:41時点)

At Carnegie Hall

新品価格
¥2,413から
(2013/1/7 00:57時点)

お買い得な「箱入り」CD(2)へ続く