BarBarBar」タグアーカイブ

今年初めてのジャズライブ「BarBarBar」


先月、今年初のJazzライブを横浜・関内のジャズライブレストラン「BarBarBar」で聴きました。ミュージシャンを調べて行ったわけではありませんでした。その日は、

  • YURIE(Vo)
  • 生田さち子(P)
  • 納浩一(b)
  • 藤井学(d)

というメンバーでした。

このメンバーでYURIEのデビューアルバム「#JAM IN WONDERLAND」CD発売記念ライブことでした。
YURIE #JAM IN WONDERLAND MAKING VIDEO 2015
https://www.youtube.com/watch?v=UDsYRcs03jM (YouTube)

#JAM IN WONDERLAND

新品価格
¥2,960から
(2016/2/19 13:58時点)

記念ライブの一回目は1月に大阪「Mr.Kelly’S」で、ニ回目は11月に東京「Blies Alley Japan」で、そして、このBarBarBarが三回目とのことでした。

演奏のスタートは、「Have You Met Miss Jones」というピアノトリオでの演奏。

レイ・ブラウン・トリオ(Ray Brown Trio)|ミス・ジョーンズ会ったかい(Have You Met Miss Jones)
https://www.youtube.com/watch?v=H6OpOsgiYXw (YouTube)

Live From New York to Tokyo

新品価格
¥934から
(2016/2/19 14:01時点)


「Have You Met Miss Jones」は、「リチャード・ロジャース」作曲、「ローレンツ・ハート」作詞で、1937年に作られました。ミュージカルで使われ。「ペギー・ジョーンズ」と「フィル・バーカー」によって1937年に歌われました。その後、「フランク・シナトラ」や「エラ・フィッツジェラルド」などに歌われたJazzスタンダード曲です。その他、「ジョー・パス」、「ジョン・コルトレーン」の演奏が有名です。

曲は「一目惚れ」の歌です。もちろんとても強烈な一目惚れ。「顔を上げ彼女を見た瞬間、息は止まり、いつか死ぬことが急に怖くなり、さらには天も地も俺のために存在すると悟ったんだ。ミス・ジョーンズと出会った今となっては、あの世からお迎えが来るまで、俺はどうも彼女から離れて生きていけそうにないのさ」

そして、「YURIE」のボーカルで「Circle of Life」。

Disney Jazz Volume 1|サークル・オブ・ライフ(Circle of life)|ライオンキング
https://www.youtube.com/watch?v=i6ww0zYTSZ4 (YouTube)

Everybody Wants to Be a Cat: Disney Jazz, Vol. 1

新品価格
¥966から
(2016/2/19 14:03時点)


そして、ディズニー・メロディーが続きました。

リンダ・ロンシュタット(Linda Ronstadt) | 星に願いを(When You Wish Upon a Star)|ピノキオ
https://www.youtube.com/watch?v=4Qsaf-s395M (YouTube)

For Sentimental Reasons

中古価格
¥3,377から
(2016/2/19 14:04時点)

May J.|パート・オブ・ユア・ワールド(Part Of Your World)|リトル・マーメイド
https://www.youtube.com/watch?v=z3ZnN1MTJ5k (YouTube)

May J. sings Disney(2CD)

中古価格
¥1,459から
(2016/2/19 14:05時点)


何故、このようにディズニーの曲が歌われたかというのは、YURIEのブログに小さい時からディズニーが好きで、実際、東京ディズニーリゾートのパークで働いていたとの事です。ですので、デビューアルバム「#JAM IN WONDERLAND」も全てディズニーの曲のカバーとのことでした。

ピアノの「生田さち子」は、大学時代にジャズを始め、エディー・ヘンダーソン、オテロ・モリノ、日野皓正、土岐英史、峰厚介、川嶋哲郎、多田誠司、TOKU、大坂昌彦、原大力、江藤良人、井上陽介ら多くのジャズ・ミュージシャンとセッションを行っているとの事です。

春の風

新品価格
¥2,690から
(2016/2/19 14:15時点)


ベースの「納浩一」は、京都大学卒業後バークリー音楽大学に留学。’87年に同大学作曲編曲科を卒業。’96年~’08年、渡辺貞夫グループのレギュラー・ベーシスト、また、大坂昌彦、小池修、青柳誠の3人とともに作ったユニット「EQ」で活動。そして洗足学園大学のベース講師も務めています。

教則DVD「すぐ弾けるジャズ・ベース」、「ジャズベース・スタンダード」(リットーミュージック)、「ウォーキング・ベース自由自在」、「ウッド・ベースの嗜み」(アトス・インターナショナル)の4タイトルを制作しています。

すぐ弾けるジャズ・ベース [DVD]

中古価格
¥840から
(2016/2/19 14:09時点)


書籍は、ジャズスタンダード曲集「ジャズスタンダード・バイブル1・2」、「ジャズスタンダード・バイブル・フォー・ボーカル」やソロ集「ジャズスタンダード・バイブル for ADLIB」、ジャズ理論書「ジャズ・スタンダード・セオリー」をリットーミュージックより出版し、好評を博しているとのことです。

ジャズ・スタンダード・バイブル ~セッションに役立つ不朽の227曲 (CD付き)

中古価格
¥4,969から
(2016/2/19 14:10時点)

ドラムの「藤井学」は、14歳から友人とバンドを結成し、ドラムを始めたそうです。阿川泰子のバックバンドとして、日本テレビ「オシャレ30:30」に出演。2000年、2001年には横浜JAZZプロムナード、2003年~2005年、岡山JAZZフェスティバル、2005年、室蘭ジャズクルーズ(小林桂+小林洋カルテット)、台湾台中ジャズフェスティバル(木住野佳子トリオ)等に出演しています。
共演者は、阿川泰子、小林桂、寺井尚子、木住野佳子、アキコグレース、石井彰、山田穣、橋本一子、林栄一、原朋直、松島啓之、椎名豊、納浩一、多田誠司、小池修、中村健吾、小野塚晃、向井滋春、吉田次郎、金子晴美、アンディ・エズリン、サンディ・ブレア、カール・カーター、ウィンストン・マコー、ブライアント・マクニール、ボブ・ケンモツ、ジョシュア・ブレイクストーン、バリー・フィナティ他、数多くのミュージシャンと共演しているとの事です。

アイム・ア・ドラマー

新品価格
¥2,695から
(2016/2/19 14:18時点)


洗練された演奏で、とても良かったです。

Jazzライブのはしご「BarBarBar」~「APPLE」


横浜関内で初めて、Jazzライブの「はしご」をしました。仕事関係で長年付き合っていただいている方と、まずはJazzライブレストラン「BarBarBar」に行きました。

「BarBarBar」は1984年(昭和59年)9月に開店とのことなので、31年になる。開店間もないころから行っていたように思います。

私たちが聴いたのは、「鈴木良雄スペシャルトリオ」、メンバーは、

  • 鈴木良雄(bs)
  • 山本 剛(pf)
  • 村上 寛(ds)

懐かしいベテランのミュージシャンの方々でした。
演奏した曲を覚えていませんが、確か、

  • Mona Lisa
  • Smoke Gets in Your Eyes
  • Bye Bye Blackbird

等が演奏曲の中にあったと思います。

キース・ジャレット・トリオ(Keith Jarrett Trio)|バイ・バイ・ブラックバード(Bye Bye Blackbird)
https://www.youtube.com/watch?v=Ki7zLTmckng (YouTube)

バイ・バイ・ブラックバード

新品価格
¥1,811から
(2015/11/20 16:01時点)


ベースの「鈴木良雄」は、6年前(2009年10月)にベーシストデビュー40周年を記念して、ケイ・赤城、秋吉敏子、小曽根真、イサオササキ、野力奏一、山本剛という6人のピアニストとのDUOのCD「My Dear Pianists」をリリースしています。

鈴木良雄 w/山本剛|キスは風にのって
https://www.youtube.com/watch?v=_SDqDqqfU8c (YouTube)

マイ・ディア・ピアニスト -チンさんと6人のピアニスト-

新品価格
¥2,571から
(2015/11/20 15:59時点)


山本剛(p)との「キスは風にのって」はバラードで素敵な曲です。

ドラムの「村上寛」は、本田竹広(p)トリオで演奏活動を始め、その後、菊地雅章(p)、そして、渡辺貞夫カルテットに参加もしています。
今回あらためて感じたのですが、シニアのミュージシャンの音は、柔らかく、しなやかで、暖かい感じがします。私だけの感じ方かもしれませんが。すごく、ゆったりした気持ちにさせてくれます。

で、その後、何故か「サックス」が聴きたくなりました、といことで、関内でもう一件、Jazzライブハウスのはしご、Jazzライブバー「APPLE」へ行きました。

この日は、

  • 海野あゆみ(as)
  • 井上 銘(g)
  • 山本 連(b)

のメンバーが出演。
そして、ゲストは、和田 明(vo)のみなさん、新進気鋭の若手。

「井上銘」は本ブログ60年代の高校生とジャズ「坂道のアポロン」にて紹介しています。

井上銘|ファースト・トレイン
https://www.youtube.com/watch?v=VDFtiZut1N8 (YouTube)

ファースト・トレイン

新品価格
¥1,728から
(2015/11/20 15:56時点)


KUMAMOTO SaturdayWaitingBarTDK
第31回天才ギタリスト井上銘さんの「デビューが早いと結構大変」のお話
https://www.youtube.com/watch?v=-WlIylVQ21A (YouTube)

ベースの「山本連」は、2012年、バークリー音楽大学 Professional Music科編入、2015年卒業。
本当に新進気鋭です。

サックスの「海野あゆみ」は、洗足学園音楽大学卒業後、土岐英史氏に師事。 嵐、FiVE[ジャニーズJr.]、 田原俊彦、SILVA、小柳ゆき、稲垣潤一、福原美穂、AI、西野カナ・、など多くのミュージシャンと共演してます。

こちらも、ライブの演奏曲を覚えていないのですが…。
演奏曲の中に、「サニー」、「いつか王子様が」があったと思います。

ゲストの「和田明」が、「スニーカー似合わない」を歌いました。

Peepz|スニーカー似合わない
https://www.youtube.com/watch?v=2L5Ov8x_P6E (YouTube)

曽根麻央カルテット|Brightness of the Lives
https://www.youtube.com/watch?v=HUN0j667mYc (YouTube)

井上銘と山本連が共演しています。

こちらは、演奏が「クール」ですが、若さあふれる、何かとんがった感じがしますした。
この人たち、若くても相当のテクニックがあると思いますが、今後、さらにベテランになった時、どのような「音」を聴かせてくれるか
楽しみです。

なお、「BarBarBar」と「APPLE」の両店が、2015年6月27日(土)放送の「出没!アド街ック天国」の「横浜 関内」編で、老舗のジャズバーとして、紹介されました。

ジャズの街「横浜」


以前、「柳ジョージ」と「ユーミン」で「横浜」のことを書きましたが、その柳ジョージが所属していた「ゴールデン・カップス」のバンド名の由来は、横浜本牧にあるライブハウス「ゴールデン・カップ」の店名でした。このように、横浜には、ロックに限らず、老舗的なライブハウスもたくさんあります。

私が30代後半に通ったのは、1986年オープンの「BarBarBar」です。
ここは、老舗中の老舗のJazzライブハウスだと思います。お酒と食事、そして2階では生演奏を聴くことができます。
残念なことに、当時、どなたのライブを聴いたのか覚えていません。しかし、今月のライブスケジュールを眺めてみると、私の知っているプレイヤーがたくさん出演しています。

  • (sa)MALTA
  • (ds)村上寛
  • (pf)今田勝
  • (vo)森 郁(野球の森 昌彦ジャイアンツキャチャーのお嬢さん)
  • (cl)北村英治

また、行きたいですね。
店の入口にある「BarBarBar」のネオンが独特です。
関内(横浜)の相生町あたりをぶらぶらしているとちょっと寄ってみたいな、と思わせる風情をお店の正面入口が漂わせています。

BarBarBarkのライブ映像を2つ、紹介します。

エミージャクソンSP LIVE(エディ潘さん特別出演♪横浜ホンキートークブルース)
http://www.youtube.com/watch?v=ywk-N8Hytnk (YouTubu)
MAYA with 松尾明Trioライブ
http://www.youtube.com/watch?v=JpOLveXNB4s (YouTubu)

ファーラウト」というライブハウスは、仕事でお世話になっている方と15年位い前に、連れて行ってもらいました。
正直、Jazzのライブハウスとしては、「う~ん」(不満足)な演奏でした。その後も、何度か行きましたが、やっぱり、演奏するバンドのレベルには納得がいきませんでした。

ただ、ご紹介いただいた方もそうですが、このお店に一緒に行く方々は、私よりJazzに詳しく、そのような皆さんが「素人っぽい」演奏を黙って聴き入っている様を、私は不思議に思いました。
で、後からわかった事ですが、このお店はJazzライブを楽しむというよりも、オーナーの「村尾陸男」さんが、どのように若いJazzプレーヤーを育てているか、その様子を窺いに皆さん来ていたのでした。

「村尾陸男」さんは、ジャズ詩の解説シリーズで有名な方です。

ジャズ詩大全1 (楽譜なし)

新品価格
¥3,150から
(2013/1/22 14:34時点)


「ジャズ詩大全」は、1991年から20年かけて22巻、800曲近いスタンダード・ナンバーの歌詞や歌の成り立ちが詳細に語られているシリーズ解説書です。
オンライン版もあります。

ファーラウトは、Jazzミュージシャンの育成とか教育という視点で運営されているライブハウスでした。

ファーラウトのライブ映像も2つ、紹介します。

Flute Madness Live “Georgia On My Mind
http://www.youtube.com/watch?v=fghffijMSJM(YouTubu)
bluenova 11 25
http://www.youtube.com/watch?v=N_XvNvjqJT8(YouTubu)

横浜には、この他にも気になるJazzライブハウスがあります。

この2軒に行ってみたいと思います。

そして、横浜では毎年、横濱ジャズプロムナードが開催されています。
このイベントには、ご紹介したお店を含めて、たくさんの横浜のJazzライブハウスが参加しています。
横浜市内ジャズクラブリスト

今年は是非行ってみたいと思います。

横浜JAZZライブ盤CD特集

Live at Motion Blue yokohama

新品価格
¥2,494から
(2013/1/22 14:37時点)

LIVE AT Motion Blue yokohama VOL.2

新品価格
¥1,799から
(2013/1/22 14:38時点)

LIVE IN JAPAN – THE YOKOHAMA CONCERT,DECEMBER 31,1953

新品価格
¥885から
(2013/1/22 14:38時点)

熱帯JAZZ楽団 ライヴ・イン・ヨコハマ

新品価格
¥2,167から
(2013/1/22 14:41時点)