Art Blakey & the Jazz Messengers」タグアーカイブ

散らばった国旗カード

マイ・フェイバリット・国名・ミュージック


7月24日(金・祝)は、「平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法の国民の祝日に関する法律の特例」で今年に限り「スポーツの日」でした。
「スポーツの日」は「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」国民の祝日で旧「体育の日」です。
その「体育の日」の由来は、昭和39年の東京オリンピック開会式の記念日です。

2020年東京オリンピックは、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で、翌2021年に開催が延期されました。

さて、7月のテーマは「スポーツの日」に因み、運動会に付き物の「万国旗」に絡め、「国名」です。

当ブログ執筆者がお勧めする8組7曲の国名由来の音楽を紹介します。

ディジー・ガレスピー(Dizzy Gillespie)|チュニジアの夜(A Night In Tunisia)
https://www.youtube.com/watch?v=gfLVVHxk4IM (YouTube)

Night in Tunisia

新品価格
¥700から
(2020/7/28 17:50時点)

  • トランペット奏者のディジー・ガレスピーとピアニストのフランク・パパレリとの共作。ジャズのスタンダードナンバーの一つです。本ブログに書きましたが、ディジー・ガレスピーの「100才」の誕生記念イベントとして、ジョン・ファディス(トランペット)の演奏をリンカーン・センターで聴きました。懐かしく思い出されます。(Hiro)
  • 本家ディジー・ガレスピーの「チュニジアの夜」のトランペットは格別ですね。(Koji)
  • インストで聴くのもですが、私は「チャカ・カーン(Chaka Khan)」のボーカルで聴くのが大好きです。(MAHALO)

平尾昌晃・畑中葉子|カナダからの手紙
https://www.youtube.com/watch?v=IJkvQa1VQHA (YouTube)

ゴールデン☆ベスト

中古価格
¥4,475から
(2020/7/28 17:40時点)

  • 平尾昌晃・畑中葉子のデュエット曲。山下敬二郎、ミッキー・カーティスと、ロカビリーで活躍していた時代を知っていて、また、「星はなんでも知っている」とか「ミヨチャン」などのヒットもありました。その後は作曲家として活動していて、この「カナダからの手紙」は本当に歌手としては久々のヒット曲でした。カラオケのデュエットの定番の一つです。(Hiro)

ビートルズ(The Beatles)|バック・イン・ザ・U.S.S.R.(Back In The U.S.S.R.)

THE BEATLES 1967 – 1970

中古価格
¥1,498から
(2020/7/28 17:43時点)

  • 1964年の東京オリンピックといえば「東洋の魔女vs宿敵ソ連(USSR)」でした。どうしても「ソビエト連邦」というオリンピック強豪国が未だに思い浮かびます。(Koji)

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ(Art Blakey & The Jazz Messengers)|チュニジアの夜(A Night In Tunisia)
https://www.youtube.com/watch?v=ADWODreyby0 (YouTube)

チュニジアの夜 2

新品価格
¥1,566から
(2020/7/28 17:44時点)

  • 冒頭のドラムソロが印象的なアートブレーキーの「チュニジアの夜」です。チュニジアという国はサッカーの強豪国程度しか知りませんが、この曲を聴くと蒸し暑さを感じるエキゾチックな夜を想像します。(Koji)
  • ドラムソロからの「チェニジアの夜」もいいですね。紀元前古代ローマと戦って滅ぼされた「カルタゴ」の燃えさかる炎の街を連想してしまいます。(Hiro)

ジェフ&マリア・マルダー(Geoff & Maria Muldaur)|ブラジル(Brazil)
https://www.youtube.com/watch?v=joInwYlVu2w (YouTube)

Pottery Pie

新品価格
¥1,510から
(2020/7/28 17:51時点)

  • ブラジルといえばこの曲です。多くのアーティストにカバーされていますので、一度は聴かれた事のあるメロディーかと思います。私は、お酒のCMソングとしてもお馴染みの、この二人のバージョンが大好きです。イントロの口笛が印象に残ります。(MAHALO)
  • 聞き覚えのあるメロディーです。ラテンの躍動が伝わってきます。(Hiro)
  • CM放送の当時、酒税の大減税がありました。そのタイミングのCMソングだったことを覚えています。(Yama)

ヴァン・ヘイレン(Van Halen)|パナマ(Panama)

1984

新品価格
¥697から
(2020/7/28 17:52時点)

  • この曲が収録のアルバム「1984」は、大ヒットした「ジャンプ(Jump)」がお馴染みかと思いますが、ギター好きにはやはりこの曲ですね。なお、雑誌か何かで見たのですが、タイトルのパナマは「パナマ共和国」とはまったく関係なく、愛車の名前だとか…。歌詞を読んでも車絡みで、今回のテーマとは違うかもしれませんが。(MAHALO)

ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen)|ボーン・イン・ザ・U.S.A.(Born In The U.S.A.)

ボーン・イン・ザ・U.S.A.

中古価格
¥1から
(2020/7/28 17:53時点)

  • 公開中の映画「カセットテープ・ダイアリー」の予告編 https://youtu.be/99u8FYEXurY を見て以来、ボス熱が再燃しました。最近、ボスのアルバムをよく聞いています。残念ながらこの映画では「ボーン・イン・ザ・U.S.A.(Born In The U.S.A.)」は使われていません。(Yama)
  • 私の大好きな曲です。先日、ベルリンの壁崩壊前に東ベルリンで行われたライブの模様をテレビ番組で観ました。崩壊にこのような関わりがあったというのを初めて知りました。(MAHALO)

チャラン・ポ・ランタン|コ・ロシア

コ・ロシア(SINGLE DVD)

新品価格
¥3,985から
(2020/7/28 17:54時点)

  • 歌とアコーディオンの姉妹ユニット「チャラン・ポ・ランタン」の楽曲は、なぜだか癖になります。3月にBayFM「スットコドッコイ・ラヂオ劇場」が終わり、自失気味です。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

大人のJazz「Jazzライブ珈琲らんぷ」



Jazzライブ珈琲らんぷ6月21日(日)、新宿の「らんぷ」という店に友人の知り合いのドラマーが演奏するので聴きに行こうと誘われ、友人と一緒に行ってきました。「らんぷ」は新宿駅西口のすぐそばにある、昔風の喫茶店でした。40名ぐらいのミニコンサートでした。

メンバーは、ドラムは「サバオ渡辺」、ベースは「根市タカオ」、ピアノは、「大森史子」、トロンボーンは「粉川忠範」という、長くJazzの世界にいる方々の演奏を聴きました。

第一部

1曲目は、ルビー、マイ・ディア (Ruby, My Dear)。
セロニアス・モンク(Thelonious Monk)|ルビー、マイ・ディア (Ruby, My Dear)
https://www.youtube.com/watch?v=6liAgg4SN88 (YouTube)

アローン・イン・サンフランシスコ+1

新品価格
¥1,080から
(2015/8/14 15:54時点)


セロニアス・モンク作曲のゆったりしたバラード。石原裕次郎が大好きだった曲との事です。何となくわかります。ピアノ演奏でブランディを飲んでる姿が想像できます。

2曲目は、ソー・イン・ラヴ(So In Love)。
コール・ポーター作曲、モートン・グールド編曲の日曜洋画劇場(1966年10月1日~2003年9月28日)までのエンディング曲です。

3曲目は、ロゼッタ(Rosetta)
Earl Hines,Henry Woode,Horatio Nicholls の1935年作詞・作曲。

4曲目は、アイ・リメンバー・クリフォード(I Remember Clifford)
アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ(Art Blakey & The Jazz Messengers)|アイ・リメンバー・クリフォード(I Remember Clifford)
https://www.youtube.com/watch?v=Nr7wcGmh12A (YouTube)

I Remember Clifford

新品価格
¥1,122から
(2015/8/14 15:56時点)


今回は、トランペットのパートをトロンボーンで。よかったです。

ここで、飛び入りで、「エディ村田」が2曲歌いました。カントリー&ウェスタンの世界では有名な方とのことです。

    • I’m gonna catch up of you
    • センチメンタル・ジャーニー(sentimental journey)

5曲目は、Do You Know What It Means To Miss New Orleans?
Louis Alter 作曲で、ルイ・アームストロングで有名な曲。

ここで、もう一人ゲストボーカル「池田マミ」登場。

  • オール・オブ・ミー(All of Me)
  • ボディ&ソウル(Boday & Soul)

6曲目は、スウィング・スウィング・スウィング(Swing Swing Swing)
1936年に「King of the Swingers」と語られる歌手・トランペット奏者のルイ・プリマの作曲。スウィング・ジャズの代表曲の一つ。

第2部

7曲目は、ママイネス(ボサノバ)

8曲目は、モーツァルト 交響曲 第40番 第1楽章(Jazzアレンジ)

9曲目は、Muskrat Ramble(デキシーランドジャズ)

10曲目は、Love Your Spell Is Everywhere
カーティス・フラー・クインテット(Curtis Fuller Quintet)|ラヴ・ユア・スペル・イズ・エヴリホエア(Love Your Spell Is Everywhere)
https://www.youtube.com/watch?v=bGUkrXFRl5c (YouTube)

ブルースエット

新品価格
¥1,010から
(2015/8/14 15:56時点)


トロンボーンでは有名な「カーティス・フラー・クインテット」の演奏。何か曲全体がまろやかで、癒しのジャズの良さが心に沁み込んでる曲です。

ここで再度ゲスト「池田マミ」のボーカル2曲。

  • 我が心のジョージア(Georgia on my mind)
  • Wave

そして、名曲、2曲。

11曲目は、朝日のごとく爽やかに(Softly, as in a Morning Sunrise)
春風に誘われて~「ちぐさ」再訪」で紹介。

12曲目は、キャラバン(Caravan)
映画「セッション」にみる指導論」で紹介。

何か「大人のJazz」を聴いたなぁ、と気持ちが良くなりました。このグループで定期的に演奏しているとの事です。
また、お邪魔しようと思います。

Jazzライブ珈琲らんぷ

マイ・フェイバリット・サマー・トリップ・ソングス



ヒマワリ今日(7月21日)は「海の日」。海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日です。

そして、明後日には、二十四節気の「大暑」(たいしょ)を迎えます。
夏の暑さがもっとも極まるころです。
ご自愛ください。

さて、7月の「お気に入り曲」のテーマは「サマー・トリップ」です。
当ブログ執筆者4人のお勧めの、夏のレジャーや旅行をイメージする8曲を、紹介します。
音楽で、国内外にお出かけください。

ケツメイシ|お二人Summer
http://www.youtube.com/watch?v=yIWtQsH1P8Q (YouTube)

ケツノポリス7

新品価格
¥2,556から
(2014/7/20 09:44時点)

10数年前、テレビ朝日に関係してた方に、「湘南の風」、「ケツメイシ」知ってるか、といわれて、”えっ?!”って、全く知りませんでしたので。両グループともにテレビ朝日系のプロダクションに属していたとの事でした。そこで、聴いた「ケツメイシ」の曲がこの曲。夏の海!って感じで、すごく乗りやすい曲と思いました。ただ、何回カラオケでトライしても未だに歌えません。(Hiro)

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ(Art Blakey & the Jazz Messengers)|チュニジアの夜(A Night in Tunijia)
http://www.youtube.com/watch?v=FHKyVJ5YfNU (YouTube)

チュニジアの夜

新品価格
¥1,382から
(2014/7/20 09:50時点)

ジャズのスタンダード曲として有名な曲ですが、このAJMによる演奏はそのエキゾチックな雰囲気の「真夏の夜」を醸し出す快演だと思います。アフリカ大陸の名前の由来ともなったという「チュニジア」ですが、この曲名以外の知識は全くありません。(Koji)

小野リサ|喜びのサンバ(Eu Quero um Samba)
http://www.youtube.com/watch?v=AUNb76vJ0SQ (YouTube)

Brasil

新品価格
¥2,880から
(2014/7/20 09:51時点)

ワールドカップの準決勝で歴史的大敗を喫してしまったブラジルですが、サンバとボサノヴァは夏を感じる定番音楽ですね。小野リサのニュー・アルバム「Brasil」は、彼女の原点ともいえるブラジル音楽をポルトガル語で歌っています。(Koji)
これからの季節にボサノヴァはピッタリですね。小野リサは私も大好きです。小野リサもカバーですが、マイケル・フランクスもカバーした「Samba do Soho(ソーホーのサンバ)」はお気に入りです。(MAHALO)
小野リサは、いまだに1991年発売のアルバム「menina / ミニーナ」を繰り返して聞いています。(Yama)

スティーブ・オリバー(Steve Oliver)|Midnight At The Oasis
http://www.youtube.com/watch?v=Bfr1K9TBWsk (YouTube)

First View

新品価格
¥3,414から
(2014/7/20 09:53時点)

このギタリストは知ってはいましたが、CDを購入して聴いたのは最近の事です。アコースティック(ナイロン)・ギターのサウンドが心地良いです。この曲は皆さんご存知の「マリア・マルダー」のヒット曲、「邦題:真夜中のオアシス」のカバーです。この曲収録のアルバムは全曲とも夏にピッタリでお勧めの1枚です。(MAHALO)

リー・リトナー(Lee Ritenour)|Sea Dance
http://www.youtube.com/watch?v=ROuvUpe9teQ (YouTube)

フレンドシップ

中古価格
¥3,779から
(2014/7/20 09:54時点)

リー・リトナーの夏の定番といえばアコースティック・ギターの心地よい「Rio」というアルバムがお勧めですが、この曲も夏には必ず聴く1曲です。この曲が収録されたジェントル・ソウツ名義のアルバム「フレンドシップ」はダイレクト・カッティングによるレコーディングですが、8分の7拍子のこの曲を一発録音で演奏するとは流石です。(MAHALO)
何故か、「リターン トゥー フォーエバー」の「ラフェスタ」を思い出してしまいました。軽快なリズム、乗りがとても気持ちがいいです。(Hiro)

アジムス(Azymuth)|フライ・オーバー・ホライズン(Voo Sobre o Horizonte(Fly Over The Horizon))
http://www.youtube.com/watch?v=yUsiA90dSHo (YouTube)

 

aguia nao come mosca

中古価格
¥2,400から
(2014/7/20 09:56時点)

Latin Essentials

新品価格
¥4,943から
(2014/7/20 10:00時点)

アジムスはブラジル出身のフュージョン・グループです。邦題「地平線上を飛ぶ」というこの曲はNHK-FMの「クロスオーバーイレブン」のオープニング・テーマ曲としても使用されましたのでご存知の方も多いかと思います。私の夏の定番曲です。(MAHALO)
「クロスオーバーイレブン」のオープニング・テーマ曲という理由だと思いますが、「夜11時のテーマ曲」として定着している気がします。(Yama)

山下達郎|LOVELAND, ISLAND
http://www.youtube.com/watch?v=aLhbcRMX0lY (YouTube)

FOR YOU (フォー・ユー)

新品価格
¥2,038から
(2014/7/20 10:01時点)

山下達郎がサンバのリズムを料理するとこうなるという典型的リゾート・ミュージックです。元々サントリービールのCM用に作られたこの曲ですが、去年は同じくサントリーのノンアルコール飲料のCMでも使用されました。(Yama)

真心ブラザーズ|サマーヌード
http://www.youtube.com/watch?v=AKxVuibD4OU (YouTube)

B.A.D.(ビガー・アンド・デファー)~MB’s・シングル・コレクション

新品価格
¥1,712から
(2014/7/20 10:03時点)

去年のドラマ「サマーヌード」絡みでも紹介した曲ですが、今年はオリジナルバージョンを紹介します。海に出かけた男女二人。彼氏が彼女を見続ける情景です。プロモーションビデオに登場する女性2人はデビュー前のPUFFYの2人です。(Yama)
昨年の夏に放送されたドラマ「SUMMER NUDE」のロケ地は馴染みのある房総の風景が登場していました。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)