藤田朋子」タグアーカイブ

AORの隠れた名盤かもしれません「藤田朋子」


随分前にセルジオ・メンデス、そしてブラジルへの憧れ「横倉裕」として紹介しました「横倉裕」ですが、今でもアルバムはよく聴いています。
そのサウンドから夏に聴くのにピッタリかと思います。

横倉裕は数年前にNHK BSでオンエアされた「東京ジャズ」に出演の、「セルジオ・メンデス」のバック・バンドにキーボーディストとして参加していたのには驚きとともに、ブログのタイトルを思い出し嬉しくなったのを覚えています。

先日友人との会話で横倉裕の話となり、今はどのような活動をしているのかが気になりネットで探しはじめ、YouTubeで検索すると上位に表示されたのが「藤田朋子」でした。

何故?、が最初でしたが、表示された曲を聴いてみると、その良さに気に入ってしまい、今度は藤田朋子で調べていくと、なんとファースト・アルバムのプロデュース、アレンジが横倉裕でした。

どうしてもTVドラマ、「渡る世間は鬼ばかり」のイメージしかなかったもので、あまりのサウンドの良さに驚いたのかもしれませんが、YouTubeにアップされている曲も少なく、是非アルバムを聴いてみたいと思いファースト、セカンドの2枚のアルバムを購入したのですが、何れもこのドラマのオンエアがスタート前のリリースでした。

1988年のNHK連続テレビ小説「ノンちゃんの夢」でテレビ・デビューし、広く知られ人気となりましたが、ファースト・アルバムのリリースはその翌年で、その時の活動の方向性がどうだったなどはわかりませんが、女優の片手間に歌手といったレベルでないアルバムのクオリティーの高さは流石です。

因みに、横倉裕は1992年に「シーウィンド(Seawind)」のボーカルだった「ポリーン・ウィルソン(Pauline Wilson)」のアルバム「愛の瞬間(Intuition)」を、同レーベルのポニー・キャニオンからリリースしており、曲調は違うかもしれませんが、その路線を狙ったのかもしれません。
のちに再発の「オンリー・ユー 」も同曲が収録されています。

愛の瞬間

中古価格
¥3,309から
(2020/9/22 15:25時点)

オンリー・ユー

中古価格
¥689から
(2020/9/22 15:24時点)

ではアルバムの紹介です。

藤田朋子 | THE WOMAN IN ME

THE WOMAN IN ME

中古価格
¥1,300から
(2020/9/22 15:30時点)

1989年10月リリースのファースト・アルバムです。

全10曲中2曲が「キャロル・キング」、そして「ポール・マッカートニー(Paul McCartney)」の大ファンだったからか「ビートルズ」のカバーで、残り8曲がオリジナルです。
横倉裕は9曲のプロデュース、アレンジを担当していますが、作曲は1曲のみです。

また、全曲とも歌詞は英語です。

藤田朋子 | Wait For Me
https://www.youtube.com/watch?v=Rw2g91mBczg (YouTube)

この曲は作詞が「Kate Markowitz」、「 Christina Truliol」で、作曲が「ドン・グルーシン(Don Grusin)」、そしてアレンジが横倉裕です。

藤田朋子 | Summer Without You
https://www.youtube.com/watch?v=9B2UjaV0olM (YouTube)

この曲はセルジオ・メンデス繋がり?か、作詞が「ラニ・ホール(Lani Hall)」で、作曲、アレンジが横倉裕です。
また、心地よいナイロン・ギターはブラジル出身の名ギタリスト「オスカー・カストロ・ネヴィス(Oscar Castro-Neves)」です。

横倉裕が好きな方には他の曲もお薦めです。

藤田朋子 | COLORS OF LOVE

カラーズ・オブ・ラヴ

中古価格
¥199から
(2020/9/22 15:26時点)

1990年9月リリースのセカンド・アルバムです。

アルバムのプロデュースは作詞家の「奈良橋陽子」他となっていますが、サウンド・プロデュースとして、ロサンゼルス在住でプロデューサー、キーボーディスト、作曲家として数多くの日本人アーティストに曲を提供している「ジョーイ・カーボーン(Jody Carbone)」、ギタリストの「鳥山雄司」、そして横倉裕も2曲で参加しています。

また、作曲については大ファンだった「タケカワ・ユキヒデ」が2曲提供しています。

ファースト・アルバムに比べるとポップスだけでなくロックなどを取り入れるなどサウンドの幅が広がった内容になったのではと思います。

また、こちらも全10曲中9曲が歌詞は英語です。

藤田朋子 | Shooting For The Stars
https://www.youtube.com/watch?v=eEN47vJJFbM (YouTube)

この曲は作詞が「Lorraine Feather」、作曲、アレンジが横倉裕です。
今回紹介した3曲では一番横倉裕を感じさせる曲かと思います。

ここ最近は音楽系の雑誌でも日本の「シティ・ポップ」が取り上げられ話題となっていますが、この2枚のアルバムもシティ・ポップとも言えるかもしれませんが、英語の歌詞などからAORと言えるかもしれません。

30年近く前のアルバムではありますが、まだまだ聴いていない隠れた名盤があるものだと思いました。

あと、同時に購入したのですが、この2枚の中からバラード曲とシングル盤からのベスト・アルバムもお薦めです。
全11曲中、横倉裕関連の曲が6曲収録されています。

藤田朋子 | MORMENTS

MOMENTS

中古価格
¥400から
(2020/9/22 15:30時点)