粟田麻利子」タグアーカイブ

「純情きらり」の時代~ジャズ・ピアニストが夢だった主人公(2)


「純情きらり」の時代~ジャズ・ピアニストが夢だった主人公(1)の続き

純情きらり」の主人公の有森桜子(配役:宮崎あおい)は、恋人達彦(配役:福士誠治)が出征した後は「八丁味噌」の蔵元「山長」で女将修行を続けます。
暫くして、達彦の勧めもあり音楽の夢の実現に向けて再度上京し、作曲や編曲の勉強もします。
しかし、周囲の環境はそれを許す状況ではありませんでした。ピアノ(洋琴)の弦(JIS G 3502 ピアノ線材)も戦争のために供出させられる時代になりました。

そんな頃、ラジオ番組のために桜子が単独で編曲した唯一の曲は唱歌「故郷(ふるさと)」でした。他にも文部省唱歌は「埴生の宿(はにゅうのやど)」がピアノ演奏シーンで印象的に使われていました。

しかし、このドラマのサントラ盤は「NHK連続テレビ小説「純情きらり」オリジナル・サウンドトラック」がありますが、これらの曲は含まれていません。

NHK連続テレビ小説「純情きらり」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,403から
(2013/9/4 12:26時点)

こちらは大島ミチル(作曲家、1961年 -、長崎県出身)のオリジナル楽曲を長谷川陽子(チェロ奏者、1970年 -、東京都出身)のチェロ演奏主体に構成されています。従って、ドラマに登場した誰でも聞いたことのある懐かしい曲は含まれていません。

そんな重要な役割を担った楽曲には、先に紹介したジャズのスタンダード曲、クラシックのピアノ曲、文部省唱歌といった曲もありました。
以前の記事で紹介した「坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック」(関連記事)や「あまちゃん」の登場楽曲を集めた「春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS」のような企画は無かったようなので、自分でお好みを探してみるのも良いでしょう。

 

春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS~ビクター編

新品価格
¥1,725から
(2013/9/4 12:29時点)

春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS~ソニーミュージック編

新品価格
¥1,960から
(2013/9/4 12:30時点)

個人的な好みになりますが、「HEART OF THE COUNTRY+3-深町純・心の抒情歌集」がお薦めです。ドラマに登場した「埴生の宿」や「故郷」といった曲が含まれています。

HEART OF THE COUNTRY 3-深町純・心の抒情歌集

新品価格
¥2,250から
(2013/9/4 12:32時点)

作曲家、編曲家、キーボード、シンセサイザー奏者として有名な深町純(ふ かまちじゅん、1946年 – 2010年、東京都出身)がピアニストとして残したアルバムです。

深町純は、終戦の翌年に生まれ、桜子の合格の頃から約25年後に東京藝大の作曲科に進んでいま す。在学中から音楽活動を行っていますが、卒業の直前(10日前)に退学したそうです。
どちらかというとフュージョン系アーティストの印象が強いと思いますが、ピアニストや教育家としての功績も見逃せません。
生前のピアニストとしての即興演奏の様子が残っています。

深町純 Improvisation 「踊る子ども」
http://www.youtube.com/watch?v=YUTL6rIWOHs (YouTube)

主人公桜子にジャズへの興味、或いは編曲の才能を見出す役回りでジャズ・サックス奏者が登場します。戦後、進駐軍向けのバンドに桜子も誘います。
因みに、戦時中は「金属製曲がり尺八」と呼ぶことになったサクソフォンですが、このサックス奏者(秋山)役への指導は、バークリー出身の西村貴行(にしむらたかゆき、1979年 -、神奈川県出身)が務めています。

しかし、達彦と結婚した桜子は八丁味噌の蔵元「山長」の跡継ぎを出産する道を選択しますが、既に深刻な病に侵されていました。
結末は再々放送で今一度確かめて下さい。

結局、ジャズ・ピアニストの夢は叶わなかった主人公の桜子でしたが、その夢を叶え、未だ現役を続けているのが、以前にHiroさんが紹介した秋吉敏子(穐吉敏子、Toshiko Akiyoshi、1929年 -、旧満州の遼陽出身)です。桜子より約8年後の生まれで、終戦の時は15歳でした。

Toshiko Akiyoshi Piano Trio
http://www.youtube.com/watch?v=sutvim58cIQ (YouTube)

1953年に来日したオスカー・ピーターソンの勧めでレコード「トシコ(Toshiko)」を録音していますが、そのアルバムが「デヴィッド・ス トーン・マーチン(イラストレーター)生誕100周年記念10インチ・コレクターズ・セレクション」の一つとして10月に再発売されます。

 

トシコズ・ピアノ(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥2,300から
(2013/9/4 12:35時点)


※「デヴィッド・ス トーン・マーチン(イラストレーター)生誕100周年記念10インチ・コレクターズ・セレクション」は2013年10月9日発売で、予約受付中です。未だジャケット写真は未登録です。右は、2002年版です。

トシコズ・ピアノ(紙)

中古価格
¥1,680から
(2013/9/4 12:40時点)

そして11月には「秋吉敏子/アートオウルジャズオーケストラ/アートクロウジャズアンサンブル」によるコンサートが東京・中野のなかのZERO 大ホールiconであります。80歳を過ぎても益々元気なようです。

チケットぴあ一般発売 | 秋吉敏子/アートオウルジャズオーケストラ/アートクロウジャズアンサンブル | 2013/11/2(土) | なかのzero 大ホール(東京都)
icon

もう一人、63歳にしてジャズ・ピアニストの夢を叶えた、桜子より約10年後の生まれで、元東北大学教授の世界的物理学者であった廣池英子(ひろいけえいこ、1931年 -、東京都出身)を紹介させてもらいます。

今年81歳にして3枚目のアルバム「ザ・グレイト・カタストロフィ」をリリースしています。彼女の量子力学をベースにしたジャズピアノを確かめてみるのも良いでしょう。

ザ・グレイト・カタストロフィ

新品価格
¥2,800から
(2013/9/4 12:44時点)


さて「純情きらり」の主要な舞台であった愛知県の岡崎ですが、喫茶「マルセイユ」が健在であるか否かは別にして、ジャズには縁の深い街でもあります。
ジャズ愛好家として名高い「Dr.Jazz」こと内田修(うちだおさむ、1929年 -、岡崎市出身)もまた岡崎を拠点として日本のジャズ界に貢献をしています。多くのジャズ・ミュージシャンとの交流や支援は有名な話です(内田ジャズコレクションのホームページ)。
仮に「純情きらり」の桜子が実在しジャズ・ピアニストを目指していたなら、いち早く支援していたかも知れません。

ドクターJazz―内田修物語

中古価格
¥498から
(2013/9/4 12:46時点)

その内田修が「ジャズの街岡崎」名誉顧問を務め、「純情きらり」の放送をキッカケに2006年にスタートした「岡崎ジャズ・ストリート」ですが、第8回目となる今年は11月2日(土)と3日(日)に開催されます。

チケットぴあ一般発売 前売券 | 岡崎ジャズストリート2013 | 2013/11/2(土) ~ 2013/11/3(日・祝) | 岡崎城二の丸能楽堂/Libraホール/他(愛知県)

尚、当ブログでも紹介した粟田麻利子則武諒関連の記事)といったバークリー出身のミュージシャンもそれぞれ出演予定です。

  • 粟田麻利子・・・11月3日(日)日本生命(6F)「加藤大智カルテット & 粟田麻利子」
  • 則武諒・・・・・・・11月3日(日)岡崎信用金庫(資料館)「渡辺ショータトリオ & 阪井楊子」

その岡崎に「純情きらり」の舞台となった街並みとジャズライブを楽しみに訪れては如何でしょうか。帰りのおみやげにはやはり「八丁味噌」でしょう。
ドラマ冒頭の「味噌樽に落ちるシーン」の撮影場所であり、蔵元「山長」のモデルでもある359年の歴史を持つ「カクキュー八丁味噌」がお薦めです。工場見学もできるそうです。

 

カクキュー 三河産大豆100%使用 八丁味噌 無添加 天然醸造 400g

新品価格
¥625から
(2013/9/4 12:48時点)

カクキュー 有機赤出し味噌カップ 300g

新品価格
¥630から
(2013/9/4 12:48時点)

カクキュー 復刻版八丁味噌(三河産大豆使用) 400g

新品価格
¥800から
(2013/9/4 12:48時点)

Shukaku_130827

刈入れの済んだ田圃

今年で68回目となった終戦記念日でしたが、異常な暑さだけが印象的でした。漸く秋の気配も僅かに感じるようになり、水不足対策が大変であった米作りの方は収穫の時期を迎えました。

JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(7)


JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(6)の続き

ジャズの上陸は横浜が先か神戸が先か・・・?
諸説あるようですが、アメリカのニューオリンズで生まれたジャズが、開国後の日本の貿易港に上陸したことは想像に難くない筈です。

kobe

神戸ハーバーランドからの眺望

大正12年(1923年)4月、今から90年前の神戸でプロのジャズ・バンドによりジャズが日本で最初に演奏された。その事実から「神戸は日本のジャズ発祥の地」(神戸ジャズCITY委員会)とも云われています。
「ジャズの街、横浜」(当ブログの記事)と並んで、神戸もまた「ジャズの街、神戸」として有名です。

5月には音楽やジャズのイベントが今年も開かれます。港町神戸に行く機会があれば、こういった催しも楽しんでみたら如何でしょうか?

先ずは神戸新開地音楽祭(主催:新開地ミュージックストリート実行委員会)が5月11日(土)~12日(日)にあります。
1995年の1.17阪神淡路大震災では新開地周辺も大きな被害を受けました。また、かつて(神戸にジャズが生まれた頃)は神戸の中心地であった「新開地の復興」を音楽を通して伝えるイベントでもあります。

次に、第二次大戦後に新開地に代わって中心地となった三宮、異人館のある北野町、南京町中華街が有名な元町界隈では、春の神戸ジャズウォーク(主催:神戸ジャズCITY委員会)が神戸まつりの一環として5月19日(日)行われます。

そして、新開地音楽祭の関連行事として5月11日(土)に開催される、神戸新開地ジャズ・ボーカルクイーンコンテストに注目してみて下さい。毎年のファイナリストは実力者揃いで、その後活躍の場を広げている女性ボーカリストを多く輩出しています。
シリーズ(6)で紹介した粟田麻利子もその中の一人で、2010年の第5回大会で入賞(富士通テン賞)しています。バークリー音楽大学を卒業し、日本へ帰国直後の受賞でした。
その後彼女は「第5回さいたま新都心ジャズボーカルコンテスト」でグランプリを獲得しています。

彼女の卒業したバークリーのあるボストンも国際貿易港として発展した、歴史のある港町でもあります。横浜や神戸に似た佇まいを感じます。

boston

ボストン港を見渡すウオーター・フロントの佇まい

そのボストンから南へ車で約1時間、ニューベッドフォード湾沿いのフェアヘブン(Fairhaven)は、かつて捕鯨船で賑わった港町です。ここは日本とアメリカの架け橋となったジョン万次郎(本名:中濱萬次郎、1827年 – 1898年)ゆかりの地として知られています。
14歳の時、漁船の難破で漂流した鳥島でアメリカの捕鯨船に助けられ、その船長の住むこの町で暮らし、高等教育まで受けました。日本人留学生第一号というべき人物ですが、その知識を生かし幕末期に日米友好に貢献したことで広く知られています。
「サヨナラ」ダケガ人生ダで紹介した井伏鱒二が書いた直木賞受賞の「ジョン万次郎漂流記」でも有名です。

ジョン万次郎漂流記 (偕成社文庫)

新品価格
¥735から
(2013/4/5 16:59時点)


万次郎の滞在先であった恩人ホイットフィールド船長の元自宅は、日野原重明(ひのはらしげあき、1911年)聖路加国際病院理事長等の尽力により、購入し修復後に記念館として運営されています。(外務省報道発表)
その記念館開設式典の様子です。

Whitfield-Manjiro Friendship Society
http://www.youtube.com/watch?v=zZe4gaTXmwY (YouTube)

100歳を越え生涯現役の日野原重明医師はテレビ等でも有名ですが、音楽や音楽療法にも造詣が深く、CDのプロデュースや著作も多くあります。

 

日野原重明音楽プロデュース「さわやかに生きる」音楽シリーズ ふるさと編

新品価格
¥1から
(2013/4/5 17:02時点)

[オーディオブックCD] 日野原重明 いのちと勇気のことば ()

新品価格
¥1,155から
(2013/4/5 17:03時点)

尚、参考までに正式に留学した日本人第一号は、NHK大河ドラマ「八重の桜」で、主人公八重の2番目の夫となる、同志社大学創立者の新島襄(にいじま じょう 、1843年 – 1890年)です。ボストンの西150キロにあるアマースト大学(Amherst College)で学び理学士の学位を取得しています。明治3年(1870年)のことで、後に札幌農学校(当時)で教鞭を執るクラーク博士の授業も受けています。

NHK大河ドラマ歴史ハンドブック 八重の桜 (NHKシリーズ)

新品価格
¥1,000から
(2013/4/5 17:04時点)


そんな日本開国以前からのマサチューセッツやボストンと日本との歴史ある交流の一端です。
今では学園都市として、多くの日本からの留学生や在住する人々がいます。
そこでは、こんな微笑ましい触れ合いもあります。粟田麻利子によるミュージック・ビデオが公開されています。NHKみんなのうたでも取り上げて欲しい曲です。

うれしいうた粟田麻利子/横沢ローラ

『うれしいうた』
人は昔ずっと昔 今みたいな言葉なくて
いろんな音で伝えていたんだ
難しいことは何にもいらない

楽しいこと 幸せなこと
ありがとうって思う気持ち
お腹抱えて みんなで笑おう

うれしい かなしい それだけでいいんだ

粟田麻利子がボストン在住の頃、親友の横沢ローラ(Laura Tomoyo Yokozawa)とコラボレーションした楽曲との事です。

作詞の横沢ローラですが、彼女も大学を卒業後、会社員生活を経てボストン生活(作曲を学ぶ)の後、現在は日本で音楽活動をしています。
その独特の詩をモチーフとした楽曲は、何故か惹きつけられます。

彼女のミニアルバム「シロツメクサとカエル」と「ひねくれ猫のたわごと」はLaula Yokozawa’s Online Shopで購入できます。

Laura_Yokozawas_OS_SC Laura Yokozawa’s Online Shop

絵本プロジェクトと称する、CD本体以上に力の入った、彼女のCDジャケットの組み立て方は次の動画を参考にして下さい。

横沢ローラのCDの作り方、組み立て方

そんな「横沢ローラの世界」は、彼女の公式サイト及び音楽シェアサービスのSoundCloud「Laula Tomoyo Yokozawaのページ」で確かめることができます。

laura_yokozawa_HP_SC 横沢ローラ公式ホームページ

JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(8)へ続く

JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(6)


JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(5)の続き

インストルメンタル曲である「パット・メセニー|James」に粟田麻利子(あわだまりこ)自身が作詞し、ボーカル曲とした「James(ジェームス)」を含む、彼女のデビュー・アルバムは「粟田麻利子MARGUERITE」です。
彼女のアルバム・トレーラーで確認してみて下さい。

AWADA Mariko Debut Album “Marguerite”

MARGUERITE

新品価格
¥2,030から
(2013/4/2 13:39時点)


このアルバムは昨年の1月18日にT&Kエンタテイメント(販売元:日本コロムビア)からメジャーリリースされました。
そして、翌19日に奇跡の出会いが実現しました。
「James」の楽曲使用許諾は予めパット・メセニーから得ていた訳ですが、直接本人に会ってリリース直後のこのアルバムを手渡すことができたそうです。その時の感動の様子が彼女の公式ブログにあります。
丁度パット・メセニーが名古屋ブルー・ノート(名古屋市中区)で3日間の来日公演中のことでした。
ライブ前で繊細な神経の持ち主とのパット・メセニーが、直接会ってくれた上で、「絶対聴くからね」と快く受け取ってくれたそうです。
そこには、彼女のCDリリースツアーに向けて帰国中だった金坂征広(かねさかゆきひろ、1981年 -、千葉県茂原市出身)も同席できたそうです。当ブログでも度々紹介している”monolog“ことYuki  Kanesaka(以前の記事)で、このアルバムのプロデューサー等も務めています。

アルバム・タイトルの「Marguerite(マルグリット)」は、春に咲き誇る花の一つマーガレットのことで、今の季節に相応しい曲で彩られています。
そんな季節感満載の曲目とその作者のリストです。

  1. Morning Mist (作曲:粟田麻利子、編曲:粟田麻利子、金坂征広)
  2. You Are The One (作詞、作曲、編曲:粟田麻利子)
  3. Tell Me The Truth (作詞、作曲、編曲:粟田麻利子)
  4. 春風の子守唄 (作詞、作曲:粟田麻利子、編曲:粟田麻利子、金坂征広)
  5. Spring Field (作曲、編曲:粟田麻利子)
  6. Tell Me A Bedtime Story (作詞、作曲: Herbie Hancock、編曲:粟田麻利子、金坂征広)
  7. Alive (作詞、作曲、編曲:粟田麻利子)
  8. James (作詞:粟田麻利子、作曲:Pat Metheny)
  9. Butterfly (作曲:粟田麻利子、編曲:粟田麻利子、金坂征広)

ご覧のように、2曲を除き粟田麻利子オリジナル楽曲となっています。ジャズ・ボーカルの新人のデビュー・アルバムとしては異例のことかも知れません。
輝ける「Jazzシンガー・ソングライター」誕生の瞬間でもあります。

そのアルバム参加メンバーは、全て彼女旧知の信頼できるバークリー卒業生によって固められています。

  • ボーカル:粟田麻利子(1~9全部)
  • ピアノ&エレピ(Rhodes):Alan Benzie(Piano: 1~9全部、Rhodes: 3,8)
  • ピアノ&エレピ(Rhodes)&口笛:金坂征広 (Piano: 1、Rhodes: 3,5,9、口笛:4)
  • ギター:桜井竜矢(2,3,5,8)
  • ベース:山田吉輝(1~9全部)
  • ドラム:則武諒(2,3,4,5,6,7,8)
  • ドラム:小川慶太(1)
  • パーカッション:小川慶太(1,9)
  • フリューゲルホルン:Tiziano Bianchi(1)
  • フルート:栗谷かずよ(1)

尚、レコーディングはエスペランサ・スポルディングのメジャーデビュー・アルバム「Esperanza」(前の(4)で紹介) と同じ、ボストン郊外にあるWellspring sound (Acton, MA, USA)も使われています。

このデビュー・アルバムのリリースライブは名古屋と東京で行われましたが、東京ではハプニングもありました。
レコーディング主要メンバーで出演を予定していた東京池袋のApple Jumpの時です。
ピアノのAlan Benzie(アラン・ベンジー)とドラムの則武諒(のりたけりょう)が体調不良で参加不能となりました。
急遽、粟田麻利子(Vo)、金坂征広(Piano)、山田吉輝(やまだよしき、Bass)のトリオで無事乗り切りました。しかも、音楽の楽しさが伝わってくるライブでした。
その時のライブ映像があります。

時には昔の話を粟田麻利子@Apple Jump

スタジオ・ジブリ制作の長編アニメの名作「紅の豚(くれないのぶた)」のエンディング・テーマ「加藤登紀子時には昔の話を」をスウィート・ボイスで聴かせてくれます。

紅の豚 [DVD]

新品価格
¥3,472から
(2013/4/2 13:37時点)


主人公ポルコの幼馴染ジーナの声も担当した加藤登紀子の名曲です。

紅の豚

新品価格
¥2,155から
(2013/4/2 13:38時点)


その彼女の第2弾のアルバム「My Lovely Way」は2ヶ月後の3月21日に続けてリリースされました。
こちらはジャズ・スタンダード曲を中心とした、ギターの桜井竜矢(さくらいたつや)とのデュオによるアルバムです。「時には昔の話を」をギターとデュオで聴くことができます。

AWADA Mariko 2nd Album “My Lovely Way”

My Lovely Way

新品価格
¥2,150から
(2013/4/2 13:39時点)


大阪大学卒業後、会社員生活を経てバークリーを優秀な成績で卒業した期待のボーカリストです。彼女の師キム・ナザリアン(NYボイセズ)曰く、「デキル女」に注目してみて下さい。
詳細な情報や試聴等は、彼女の公式ホームページをご覧願います。

AWADAMariko_HP粟田麻利子公式ホームページ

そして、我が家の庭先で一斉に咲き出した春の花々ですが、マーガレットもその仲間です。

Marguerit

JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(7)へ続く