秋吉敏子」タグアーカイブ

野毛のJazz喫茶「ちぐさ」を訪れて


ひょんなことから、知人に横浜・桜木町駅近くにある野毛町の飲食店を紹介していただき、その後も、何回か行く機会がありました。
私たちにとって横浜の繁華街といえば、JR線の西側のイメージが強いですが、最近はJR線の東側の「横浜ランドマークタワー」や「みなとみらい」の方が、人気があるようです。

そのように野毛の街をぶらぶらしていたら、Jazz喫茶ちぐさ」の看板に出会いました。

「ちぐさ」は、Jazz喫茶として本当に古く、おそらく日本で最初のJazz喫茶で、多くのJazzミュージシャンが訪れた店と聞いたり、また何かで読んだりしていました。
そんな「ちぐさ」に、先日、初めて入ってみました。
本当に20代の頃に通い詰めた、昔、懐かしいJazz喫茶の雰囲気そのもの店でした。
一時期、閉店していましたが、2年前から、「ちぐさ」のファンの方々でNPO法人化を経て営業再開し、運営されていると知りました。

ぼくの昭和ジャズ喫茶

新品価格
¥1,512から
(2014/9/18 15:57時点)


ジャム「A列車で行こう」
http://www.youtube.com/watch?v=RW3N6FdweWg (YouTube)

メンバー:

  • 秋吉敏子
  • 日野皓正
  • 原信夫
  • 谷啓
  • 安田伸

「ちぐさ」でのジャム風景です。店主の吉田衛さんと並んで石橋エータローも映っています。20年以上前の映像と思われます。

先週の9月13日~14日、野毛本通りで、ジャズで盆踊り 2014 in 野毛のイベントが催されていました。
「A列車で行こう」の曲に合わせて盆踊りを踊ったようです。

ちぐさの想い出
http://www.youtube.com/watch?v=5pqGWaU4ikE (YouTube)

このビデオで語っている方が、私が「ちぐさ」に行った時も、飲み物注文、レコード・リクエスト、そしてレコードをかけていました。すごく「ちぐさ」の雰囲気にピッタリの方でした。長く「ちぐさ」に通った風格を感じます。そして、お勧めの一曲が、「ビル・エヴァンスBill Evans)」の「ワルツ・フォー・デビーWalts for Debby)」でした。

ビル・エヴァンス(Bill Evans)|ワルツ・フォー・デビー(Walts for Debby)
http://www.youtube.com/watch?v=dH3GSrCmzC8 (YouTube)

Waltz for Debby

新品価格
¥844から
(2014/9/18 15:29時点)

  • ビル・エヴァンス(Bill Evans) – Piano
  • スコット・ラファロ(Scott LaFaro) – Bass
  • ポール・モチアン(Paul Motian) – Drum

ワルツ・フォー・デビイは、ビル・エヴァンスが、1961年にNYグリニッジ・ビレッジのヴィレッジ・ヴァンガードで行ったライブを収録したアルバムです。演奏の11日後、共演したベーシストのスコット・ラファロが交通事故で亡くなられました。曲の始まりからの優しい旋律が、すごく透き通った透明感と繊細さを感じさせます。心が癒される曲です。

マイルス・デイヴィスMiles Davis)との共演では、「カインド・オブ・ブルー(Kind of Blue)」を発表しました。エヴァンスの弾くピアノは、それまでのJazzとは違った音楽を生み出しました。「モード奏法」が生まれ、マイルスはエバンスのピアノを「輝く水のようだ」と評しました。

マイルス・デイヴィス(Miles Davis)|カインド・オブ・ブルー(Kind of Blue)
https://www.youtube.com/watch?v=kgRcCyey1hM (YouTube)

Kind of Blue

新品価格
¥620から
(2014/9/18 15:41時点)

新しいジャズ、それまでのバップのスタイルを一新し、新しい演奏「モード奏法」と呼ばれる音楽理念を導入しました。
新時代のジャズとして、60年代のジャズシーンの主流になりました。どれだけ、Jazz喫茶でこのアルバムを聴いたかわからないほどです。そして、今でも年間40万枚以上売れてるということです。)

菊地成孔|モード奏法の説明
http://www.youtube.com/watch?v=RDM0wvrevVI (YouTube)

Jazz喫茶には、20代の想い出が結構詰まっています。全く忘れているJazzの名盤やプレーヤーが、ふっと思い出されます。
また、ぶらりと立ち寄っていきたいと思います。

「純情きらり」の時代~ジャズ・ピアニストが夢だった主人公(2)


「純情きらり」の時代~ジャズ・ピアニストが夢だった主人公(1)の続き

純情きらり」の主人公の有森桜子(配役:宮崎あおい)は、恋人達彦(配役:福士誠治)が出征した後は「八丁味噌」の蔵元「山長」で女将修行を続けます。
暫くして、達彦の勧めもあり音楽の夢の実現に向けて再度上京し、作曲や編曲の勉強もします。
しかし、周囲の環境はそれを許す状況ではありませんでした。ピアノ(洋琴)の弦(JIS G 3502 ピアノ線材)も戦争のために供出させられる時代になりました。

そんな頃、ラジオ番組のために桜子が単独で編曲した唯一の曲は唱歌「故郷(ふるさと)」でした。他にも文部省唱歌は「埴生の宿(はにゅうのやど)」がピアノ演奏シーンで印象的に使われていました。

しかし、このドラマのサントラ盤は「NHK連続テレビ小説「純情きらり」オリジナル・サウンドトラック」がありますが、これらの曲は含まれていません。

NHK連続テレビ小説「純情きらり」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,403から
(2013/9/4 12:26時点)

こちらは大島ミチル(作曲家、1961年 -、長崎県出身)のオリジナル楽曲を長谷川陽子(チェロ奏者、1970年 -、東京都出身)のチェロ演奏主体に構成されています。従って、ドラマに登場した誰でも聞いたことのある懐かしい曲は含まれていません。

そんな重要な役割を担った楽曲には、先に紹介したジャズのスタンダード曲、クラシックのピアノ曲、文部省唱歌といった曲もありました。
以前の記事で紹介した「坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック」(関連記事)や「あまちゃん」の登場楽曲を集めた「春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS」のような企画は無かったようなので、自分でお好みを探してみるのも良いでしょう。

 

春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS~ビクター編

新品価格
¥1,725から
(2013/9/4 12:29時点)

春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS~ソニーミュージック編

新品価格
¥1,960から
(2013/9/4 12:30時点)

個人的な好みになりますが、「HEART OF THE COUNTRY+3-深町純・心の抒情歌集」がお薦めです。ドラマに登場した「埴生の宿」や「故郷」といった曲が含まれています。

HEART OF THE COUNTRY 3-深町純・心の抒情歌集

新品価格
¥2,250から
(2013/9/4 12:32時点)

作曲家、編曲家、キーボード、シンセサイザー奏者として有名な深町純(ふ かまちじゅん、1946年 – 2010年、東京都出身)がピアニストとして残したアルバムです。

深町純は、終戦の翌年に生まれ、桜子の合格の頃から約25年後に東京藝大の作曲科に進んでいま す。在学中から音楽活動を行っていますが、卒業の直前(10日前)に退学したそうです。
どちらかというとフュージョン系アーティストの印象が強いと思いますが、ピアニストや教育家としての功績も見逃せません。
生前のピアニストとしての即興演奏の様子が残っています。

深町純 Improvisation 「踊る子ども」
http://www.youtube.com/watch?v=YUTL6rIWOHs (YouTube)

主人公桜子にジャズへの興味、或いは編曲の才能を見出す役回りでジャズ・サックス奏者が登場します。戦後、進駐軍向けのバンドに桜子も誘います。
因みに、戦時中は「金属製曲がり尺八」と呼ぶことになったサクソフォンですが、このサックス奏者(秋山)役への指導は、バークリー出身の西村貴行(にしむらたかゆき、1979年 -、神奈川県出身)が務めています。

しかし、達彦と結婚した桜子は八丁味噌の蔵元「山長」の跡継ぎを出産する道を選択しますが、既に深刻な病に侵されていました。
結末は再々放送で今一度確かめて下さい。

結局、ジャズ・ピアニストの夢は叶わなかった主人公の桜子でしたが、その夢を叶え、未だ現役を続けているのが、以前にHiroさんが紹介した秋吉敏子(穐吉敏子、Toshiko Akiyoshi、1929年 -、旧満州の遼陽出身)です。桜子より約8年後の生まれで、終戦の時は15歳でした。

Toshiko Akiyoshi Piano Trio
http://www.youtube.com/watch?v=sutvim58cIQ (YouTube)

1953年に来日したオスカー・ピーターソンの勧めでレコード「トシコ(Toshiko)」を録音していますが、そのアルバムが「デヴィッド・ス トーン・マーチン(イラストレーター)生誕100周年記念10インチ・コレクターズ・セレクション」の一つとして10月に再発売されます。

 

トシコズ・ピアノ(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥2,300から
(2013/9/4 12:35時点)


※「デヴィッド・ス トーン・マーチン(イラストレーター)生誕100周年記念10インチ・コレクターズ・セレクション」は2013年10月9日発売で、予約受付中です。未だジャケット写真は未登録です。右は、2002年版です。

トシコズ・ピアノ(紙)

中古価格
¥1,680から
(2013/9/4 12:40時点)

そして11月には「秋吉敏子/アートオウルジャズオーケストラ/アートクロウジャズアンサンブル」によるコンサートが東京・中野のなかのZERO 大ホールiconであります。80歳を過ぎても益々元気なようです。

チケットぴあ一般発売 | 秋吉敏子/アートオウルジャズオーケストラ/アートクロウジャズアンサンブル | 2013/11/2(土) | なかのzero 大ホール(東京都)
icon

もう一人、63歳にしてジャズ・ピアニストの夢を叶えた、桜子より約10年後の生まれで、元東北大学教授の世界的物理学者であった廣池英子(ひろいけえいこ、1931年 -、東京都出身)を紹介させてもらいます。

今年81歳にして3枚目のアルバム「ザ・グレイト・カタストロフィ」をリリースしています。彼女の量子力学をベースにしたジャズピアノを確かめてみるのも良いでしょう。

ザ・グレイト・カタストロフィ

新品価格
¥2,800から
(2013/9/4 12:44時点)


さて「純情きらり」の主要な舞台であった愛知県の岡崎ですが、喫茶「マルセイユ」が健在であるか否かは別にして、ジャズには縁の深い街でもあります。
ジャズ愛好家として名高い「Dr.Jazz」こと内田修(うちだおさむ、1929年 -、岡崎市出身)もまた岡崎を拠点として日本のジャズ界に貢献をしています。多くのジャズ・ミュージシャンとの交流や支援は有名な話です(内田ジャズコレクションのホームページ)。
仮に「純情きらり」の桜子が実在しジャズ・ピアニストを目指していたなら、いち早く支援していたかも知れません。

ドクターJazz―内田修物語

中古価格
¥498から
(2013/9/4 12:46時点)

その内田修が「ジャズの街岡崎」名誉顧問を務め、「純情きらり」の放送をキッカケに2006年にスタートした「岡崎ジャズ・ストリート」ですが、第8回目となる今年は11月2日(土)と3日(日)に開催されます。

チケットぴあ一般発売 前売券 | 岡崎ジャズストリート2013 | 2013/11/2(土) ~ 2013/11/3(日・祝) | 岡崎城二の丸能楽堂/Libraホール/他(愛知県)

尚、当ブログでも紹介した粟田麻利子則武諒関連の記事)といったバークリー出身のミュージシャンもそれぞれ出演予定です。

  • 粟田麻利子・・・11月3日(日)日本生命(6F)「加藤大智カルテット & 粟田麻利子」
  • 則武諒・・・・・・・11月3日(日)岡崎信用金庫(資料館)「渡辺ショータトリオ & 阪井楊子」

その岡崎に「純情きらり」の舞台となった街並みとジャズライブを楽しみに訪れては如何でしょうか。帰りのおみやげにはやはり「八丁味噌」でしょう。
ドラマ冒頭の「味噌樽に落ちるシーン」の撮影場所であり、蔵元「山長」のモデルでもある359年の歴史を持つ「カクキュー八丁味噌」がお薦めです。工場見学もできるそうです。

 

カクキュー 三河産大豆100%使用 八丁味噌 無添加 天然醸造 400g

新品価格
¥625から
(2013/9/4 12:48時点)

カクキュー 有機赤出し味噌カップ 300g

新品価格
¥630から
(2013/9/4 12:48時点)

カクキュー 復刻版八丁味噌(三河産大豆使用) 400g

新品価格
¥800から
(2013/9/4 12:48時点)

Shukaku_130827

刈入れの済んだ田圃

今年で68回目となった終戦記念日でしたが、異常な暑さだけが印象的でした。漸く秋の気配も僅かに感じるようになり、水不足対策が大変であった米作りの方は収穫の時期を迎えました。

日本ジャズ界の至宝「秋吉敏子」(2)


日本ジャズ界の至宝「秋吉敏子」(1)からの続き

「秋吉敏子」さんがバークリー音楽院(現バークリー音楽大学)に入学したのは26歳です。その前は、横浜のジャズクラブ「ハーレムクラブ」で演奏したり、クラブ「モカンボ」のジャム・セッションに参加していました。

このモカンボのジャムセッションには、渡辺貞夫さんが参加したり、「クレージーキャッツ」のハナ肇さん、植木等さん、桜井センリさんも参加していたとのことです。
「クレージーキャッツ」は、50年ぐらい前のテレビ番組「シャボン玉ホリデー」の出演や、植木等さん主演の「無責任男シリーズ」「」日本一シリーズ」の映画で、一世を風靡しましたが、コミックバンドではなく、元々はちゃんとしたジャズバンドでした。

その様子は、クレージーキャッツ30周年のテレビ番組で、タモリさんと一緒に垣間見せます。
http://www.youtube.com/watch?v=UJEmHFC-hls (YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=eZyecGtUSm0 (YouTube)

モカンボのジャムセッション時代、秋吉敏子さんは、その時はまだ新人だった渡辺貞夫さんをグループに入れ、そして、渡辺さんがバークリー音楽院に留学するのも支援したとの事です。お二人とも、今や日本Jazz界の大御所です。

そして、秋吉敏子さんは「ジャズと生きる」という本を書いています。

ジャズと生きる (岩波新書)

中古価格
¥1から
(2021/6/11 18:31時点)


また、2004年6月~7月に、テレビ番組「NHK人間講座」内で、「私のジャズ物語-ロング・イエロー・ロード」が放映されました。

この中で、秋吉さんは、自分の音楽を形成していく中で「世阿弥の花伝書(風姿花伝)」に強く影響されたと語っています。
「花伝書」は能楽の奥義ですが、所謂、「道」を極める茶道、華道、書道、「~道」全てにに通じる、日本の伝統文化の精髄を伝える書として大きな感銘を受けたそうです。

「花を失わない方法は、正しいやり方をしながら怠らず励むしかない。花を悟れ。自らのジャズという道を究めよ。花とは一時の花ではなく、決して散らぬ花のことである。これを真実の花というが、それを悟ったならば、そなたは無敵な花となる。珍しきあなただけの花を咲かせよ。ジャズの世界において・・・」

そして、できた作品が「孤軍」だとの事です。

秋吉敏子(TOSHIKO AKIYOSHI) | 孤軍(Kogun)
https://www.youtube.com/watch?v=r6URfvOryEY (YouTube)

孤軍

中古価格
¥1,029から
(2021/6/11 18:32時点)

日本ジャズ界の至宝「秋吉敏子」(1)


先週、ジャズの街「横浜」で、横浜で毎年行われている「横濱ジャズプロムナード」を紹介しました。これは、1983年に始まり、昨年が20回目の開催になったジャズフェスティバルです。
昨年はニューヨーク在住のベテランジャズピアニストの「秋吉敏子」さんが参加していました。
彼女は80才を超えており、今でも現役で演奏している事に驚かされます。

「秋吉敏子」さんは、日本人で初めて「バークリー音楽院(現バークリー音楽大学)」で学んだミュージシャンとして、有名です。私が初めてライブ演奏を聴いたのは、ロサンゼルスにあるレドンドビーチ(Redondo Beach)のジャズクラブでした。
この時は、ビッグバンドではなかったのですが、ご主人の「ルー・タバキン(Lew Tabackin)」さんも一緒に出演していたと思います。
今から30年以上前のことでしたから、秋吉さんが50才ぐらいの時だったと思います。

インターネットで、レドンドビーチのジャズクラブの存在を尋ねる以下の質問を見つけました。私が行ったジャズクラブだったような気がします。

“Concert By The Sea”
”I used to love going down by Redondo Beach Pier for great eats and beats back in the 80’s.
As well as the House of Blues up on Sunset Strip. Im over here in Monterey County now.
But I wonder how those spots are doing as well as the areas there in? Who knows?”

”There was a great jazz club in Redondo Beach called ‘Concerts By The Sea’.
Is it still there? I saw so many great jazz sets there. It was run by a gentleman named
Harold Rumzy(sp). It was my favorite place to see a great jazz set. Some big name jazz stars always performed there.”

ロサンゼルスの海岸といえば、いろいろな人が歌っているサンタモニカ(Santa Monica)が有名ですが、レドンドビーチは休日に家族連れで賑わうビーチです。私もロサンゼルスに住んでいたころは友人と休日はよく遊びに行きました。

秋吉敏子&ルー・タバキン|Long yellow road
http://www.youtube.com/watch?v=cb5QQO-TgbY (YouTube)

ロング・イエロー・ロード

中古価格
¥1,264から
(2021/6/11 18:35時点)

Toshiko & Charlie Mariano |Smoke Gets In Your Eyes
https://www.youtube.com/watch?v=G1csDan6wuA(YouTube)

魅惑のジャズ

新品価格
¥8,800から
(2021/6/11 18:36時点)

日本ジャズ界の至宝「秋吉敏子」(2)に続く