」タグアーカイブ

(c)カズキヒロ ぱたくそ「星降る夜(フォトモンタージュ)」(フリー素材)

マイ・フェイバリット・星空・ミュージック


長かった関東の残暑が終幕し、秋本番を迎えました。
やっと衣替えだと思ったら、10月17日~10月25日にかけて「低温に関する早期天候情報」が発表されています。早くも11月並みの気温になります。

17日(日)以降 全国的に気温は平年より低く 低温が続く 紅葉の色づきが進みそう(気象予報士 白石 圭子 2021年10月12日)
17日(日)以降 全国的に気温は平年より低く 低温が続く 紅葉の色づきが進みそう(気象予報士 白石 圭子 2021年10月12日)

映画「天気の子」気象監修の荒木健太郎さんが、低温に関して注意を呼び掛けています。

体調を崩さないようご注意ください。

奇跡的に全国の緊急事態宣言が解除されました。
しかし人流が減っていないのに感染が急減した理由が特定できていません。
新型コロナウイルスに対して政府から科学的な説明がまったくないことに不安が残ります。

12月に「第6波」の懸念があります。
感染対策に奇策はありません。
ワクチン接種の機会を逃さないようにして、日常では「複数人での飲食」「昼夜を問わず不要不急の外出」を自粛し、「テレワーク」を徹底し、一人一人が正し感染抑止に努めるしかありません。

さて、10月のお気に入りのテーマは「星空」です。
当ブログ執筆者がお勧めする8組8曲の「星」「宇宙」にまつわる音楽を紹介します。

荒木一郎|空に星があるように
https://www.youtube.com/watch?v=JiXxPTspVAo (YouTube)

ゴールデン☆ベスト荒木一郎~ビクター篇

  • 荒木一郎のラジオ番組「星に唄おう」のテーマ曲。メロディ、歌詞、とても好きです。(Hiro)
  • 「星に唄おう」はラジオを聴き始めた頃の懐かしい番組です。(Koji)

フィフス・ディメンション(The Fifth Dimension)|輝く星座(Aquarius)
https://www.youtube.com/watch?v=xwzWMDE6EL0 (YouTube)

Age of Aquarius

  • 1967年のロック・ミュージカル「ヘアー」の劇中曲。「ウッドストック」のロックフェスティバルなど、若者文化が全世界に広がった時代だったと思っています。(Hiro)
  • 私も大好きな曲です。「フィフス・ディメンション」といえば、後にメンバーで夫婦の「マリリン・マックー&ビリー・デイヴィス・ジュニアー」がリリースした「星空のふたり」も名曲で、今回のテーマで悩んだ曲です。(MAHALO)

YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)|COSMIC SURFIN’(コズミック・サーフィン)
https://www.youtube.com/watch?v=YastQM59JQE (YouTube)

イエロー・マジック・オーケストラ(US版)(2018年リマスタリング)

新品価格
¥2,900から
(2021/10/13 21:29時点)

  • YMOのデビューアルバム「YELLOW MAGIC ORCHESTRA」の収録曲です。このアルバムの曲はどれも衝撃的でした。この「COSMIC SURFIN’」は細野晴臣の作品で、元々は鈴木茂、山下達郎とのアルバム「PACIFIC」収録曲です。(Koji)
  • 細野サウンドが大好きです。YMOの世界進出にあたり当時のアルファレコードは、YMOを固有のバンドやグループではなく、細野晴臣のプロジェクトのように広報、宣伝をしていたと聞いたことかあります。(Yama)

トルネイドース(The Tornados)|テルスター(Telstar)
https://www.youtube.com/watch?v=WPDvsLSnUGc (YouTube)

Telstar

新品価格
¥446から
(2021/10/13 21:30時点)

  • ベンチャーズ版もありますが、本家「トルネードス」版の記憶が鮮明に残っています。NASAが打ち上げた通信放送衛星「テルスター」の打ち上げを記念して作られたとのことです。(Koji)懐かしいです。宇宙が身近になりました。(Hiro)

レオ・セイヤー(Leo Sayer)|星影のバラード(More Than I Can Say)
https://www.youtube.com/watch?v=GnIlo91CrBw (YouTube)

The Gold Collection

新品価格
¥1,056から
(2021/10/13 21:34時点)

  • 邦題「星影のバラード」というこの曲を初めて聴いたのが「レオ・セイヤー」のカバーでした。メロディー・ラインがが心地よく、今でもよく聴く1曲です。(MAHALO)私も大好きな曲です。(Hiro)

マッキー・フェアリー・バンド(Macky Feary Band)|ア・ミリオン・スターズ(A Million Stars)
https://www.youtube.com/watch?v=SZ9y3niiO3Q (YouTube)

マッキー・フェアリー・バンド(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥6,357から
(2021/10/13 21:34時点)

  • この時期、海外旅行などは難しいかと思いますが、せめてこの曲を聴いてハワイの海岸で満点の星を眺めた気持ちにでもなれればと思います。「桑名晴子」のカバーで聴かれた方もいるのではと思います。(MAHALO)

アース・ウィンド・アンド・ファイアー(Earth, Wind & Fire)|宇宙のファンタジー(Fantasy)
https://www.youtube.com/watch?v=r58GQYFZeLE (YouTube)

All ‘n All

中古価格
¥1,455から
(2021/10/13 21:35時点)

  • 70年代のニューエイジ思想とオカルトブー厶が混在したようなピラミッドをあしらったアルバムジャケットのグラフィックアートが強烈でした。壮大な邦題が授けられたアース・ウィンド・アンド・ファイアーの代表曲かつ、リズム&ブルースのお手本曲です。(Yama)
  • 私もよく聴きました。懐かしいです。(Hiro)
  • 「EW&F」の名曲ですね。個人的には「Al McKay」のギターが気に入っています。相変わらずの人気で、別の曲ですが現在CMでも流れています。(MAHALO)

ランカ・リー=中島愛|星間飛行
https://www.youtube.com/watch?v=SilIScx7mY4 (YouTube)

マクロスFO.S.T.2 「娘トラ。」

中古価格
¥1から
(2021/10/13 21:35時点)

  • マクロスFの音楽監督で「星間飛行」の作曲:菅野よう子から作詞:松本隆に「銀河一のアイドルのデビュー曲を作ってください」と依頼があり「ぜひトライしてみたい」と快諾したそうです。なお「もしバラードだったら『瑠璃色の地球』(松田聖子)みたいになったかな」とも語っていました。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

(c)すしぱく ぱたくそ「あの日見たサンセット、僕と君はワンセット(長間浜ビーチ)」

マイ・フェイバリット・キス・ミュージック


関東は9月に入った途端、秋雨前線の影響で曇りや雨の日が続きました。この日照不足の影響と夏場の天候不順の影響が相まって、野菜の値段が高騰しています。

高値続く野菜 長雨、ひょうに…台風が追い打ちか
高値続く野菜 長雨、ひょうに…台風が追い打ちか

テレ朝news-テレビ朝日のニュースサイト

リンク先の農家は「雹」の被害を嘆いていますが、我が家も8月下旬に突風と雹の襲撃があり、雨どいが壊れてしまいました。

去年、自然災害共済に加入したので、修理にこれが使えそうです。

新型コロナウイルス・デルタ株の猛威が止まりません。
再び、緊急事態宣言が延長されました。
最近は「在宅医療患者が死亡」の見出しが目立ちます。

感染対策に奇策はありません。
ワクチン接種の機会を逃さないようにして、日常では「複数人での飲食」「昼夜を問わず不要不急の外出」を自粛し、「テレワーク」を徹底し、一人一人が正し感染抑止に努めるしかありません。

さて、9月のお気に入りのテーマは「キス」です。
当ブログ執筆者がお勧めする8組8曲のキス音楽を紹介します。

ナンシー・シナトラ(Nancy Sinatra)|レモンのキッス (Like I Do)
https://www.youtube.com/watch?v=_K-wCUq5IMo (YouTube)

レモンのキッス

中古価格
¥1,493から
(2021/9/15 14:26時点)

  • 1962年のリリース。森山加代子、ザ・ピーナツ、がカバーしてヒット。「ファーストキスはレモンの味」という言葉がはやっていました。(Hiro)
  • 懐かしいです。「Sugar Town」とともによく聴きました。(MAHALO)

松田聖子|天国のキス
https://www.youtube.com/watch?v=Rw_pi1uD4vY (YouTube)

ユートピア

中古価格
¥5,049から
(2021/9/15 14:27時点)

  • 1983年リリース。松本隆作詞、細野晴臣作曲。悲恋映画「プルメリアの伝説」主題歌。「プルメリア」はラオスの国花。メコン川の岸に咲いていました。(Hiro)
  • 作詞活動50周年になる松本隆の作詩曲ですが、阿久悠と並んでその曲数に驚かされます。(Koji)
  • 松田聖子の曲でお気に入りの1曲です。メロディー・ラインの良さもですが、何と言ってもイントロが気に入っています。(MAHALO)

宇多田ヒカル|One Last Kiss
https://www.youtube.com/watch?v=0Uhh62MUEic (YouTube)

【Amazon.co.jp限定】One Last Kiss (通常盤) (メガジャケ付)

新品価格
¥2,023から
(2021/9/15 14:28時点)

  • 映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」のテーマソングとして宇多田ヒカルが書き下ろした曲です。デビュー曲「Automatic」で衝撃を受けた天才「宇多田ヒカル」ですが、20年以上経過してた今でも彼女の楽曲の持つ世界観は新鮮です。(Koji)

ミッシェル・ポルナレフ(Michel Polnareff)|シェリーに口づけ( Tout Tout Pour Ma Cherie)
https://www.youtube.com/watch?v=nJmwUa76E5o (YouTube)

ポルナレフ・ベスト(SHM-CD)

中古価格
¥1,340から
(2021/9/15 14:28時点)

  • ラジオから流れてくる冒頭の軽快なフランス語のメロディが何故か耳に残っています。その後、ミッシェル・ポルナレフに特に傾倒した記憶はありませんが、フレンチポップスは好きなジャンルです。(Koji)
  • 懐かしいです。(Hiro)
  • ドラマ「ウォーターボーイズ」の演技曲でした。映画とドラマでは演技曲がすべて異なりますが、選曲の傾向は似ていました。映画版の「シェリーに口づけ」の位置付けは、シルヴィ・ヴァルタン「あなたのとりこ」でした。(Yama)

シャーデー(Sade)| キス・オヴ・ライフ(Kiss Of Life)
https://www.youtube.com/watch?v=MmOau-PMWJk (YouTube)

Love Deluxe

中古価格
¥1,452から
(2021/9/15 14:30時点)

  • 一時期(今も)「Sade」にハマってしまいよく聴きました。何と言ってもこの歌声の良さです。良い曲ばかりですが、中でもこの曲がメロディー・ラインも心地よく気に入っています。(MAHALO)

Chris Geith|Sunshine Kisses
https://www.youtube.com/watch?v=PkZP6V7H90U (YouTube)

Well Tempered Love

新品価格
¥2,522から
(2021/9/15 14:30時点)

  • スムース・ジャズ系の大好きなキーボーディストです。メロディー・ラインが爽やかで心地良いです。(MAHALO)
  • 明るく、清々しい曲調、癒やされます。(Hiro)

ORIGINAL LOVE(オリジナル・ラブ)|接吻-kiss-
https://www.youtube.com/watch?v=QwBOpqvzxcQ (YouTube)

オリジナル・ラヴ 2000(ミレニアム)BEST

中古価格
¥628から
(2021/9/15 14:31時点)

  • ドラマ「大人のキス」の主題歌です。最終話のタイトルがこの曲の歌いだしと同じ「長く甘い口づけを交わす」でした。デビュー30周年記念にトリオバンド「Ovall」とコラボレーションしたセルフカバーが公開されました。 https://www.youtube.com/watch?v=JiwfguqNBbo こちらのアレンジも気持ちいいです。(Yama)
  • 大好きな曲です。「Kiki Ebsen」が「 Kiss Me Again」というタイトルで英語でカバーしていますが、そちらもお勧めです。(MAHALO)

シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー(Sixpence None the Richer)|キス・ミー(kiss me)
https://www.youtube.com/watch?v=Jnq9wPDoDKg (YouTube)

ベスト・オブ・シックス・ペンス・ノン・ザ・リッチャー

中古価格
¥629から
(2021/9/15 14:31時点)

  • シンプルな歌詞には自然、季節、風景を表す単語があふれ、恋人同士の間に豊かな時間が流れている情景が伝わる恋愛ソングです。以前キヤノンEOS KissやドコモのCMでも使用されました。(Yama)
  • CMで気になってはいたのですが、ようやくアーティスト、そしてタイトルを知りました。良い曲です。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。
(編集長)

(C)ELFA ぱくたそ「枝の残る紅葉と青空」(フリー素材)

マイ・フェイバリット・木枯らし・ミュージック


気象庁の寒候期予報によると、今冬(12月~2月)の平均気温は「ほぼ平年並み」です。

今年の冬は寒冬? 暖冬? どうなるラニーニャ現象続く冬(日直予報士 2020年09月25日) – 日本気象協会 tenki.jp
今年の冬は寒冬? 暖冬? どうなるラニーニャ現象続く冬(日直予報士 2020年09月25日) - 日本気象協会 tenki.jp

この「ほぼ平年並み」の表現が厄介です。
去年が暖冬だったから、去年と比較すると今年は本格的な寒さになります。

その予兆として10月18日(日)、栃木県と群馬県を代表する男体山と浅間山に雪が降り、初冠雪を記録しました。

関東地方に冬の足音 「初冠雪」の便りが続々と(日直予報士 2020年10月18日) – 日本気象協会 tenki.jp
関東地方に冬の足音 「初冠雪」の便りが続々と(日直予報士 2020年10月18日) - 日本気象協会 tenki.jp

男体山は、平年より12日早い初冠雪です。
浅間山は、平年より10日早い初冠雪です。
どちらも、昨年より25日早い初冠雪です。

今年は本格的な寒さになる前に、暖房やストーブの点検、厚手のコートや冬用タイヤの準備など、冬支度は早めに行ってください。

さて、10月のお気に入りのテーマは「木枯らし」に代表される「秋の風物詩」です。
当ブログ執筆者がお勧めする8組7曲の「木枯らし」や「秋の風物詩」にまつわる音楽を紹介します。

ボニージャックス|ちいさい秋みつけた
https://www.youtube.com/watch?v=0L1f6eWsutk (YouTube)

四季を感じる 日本のうた~唱歌・抒情歌・こころの歌(四季折々の効果音入り)

新品価格
¥2,149から
(2020/10/21 21:24時点)

  • サトウハチローの作詞です。サトウハチローは私の世代はリアルに作品に接することができました。とても懐かしく思います。「小さい秋」という言葉がより秋を際立たせています。「悲しくてやりきれない」(フォーククルセダーズ)も好きです。(Hiro)
  • この曲を耳にすると、長年に渡って「週刊新潮」の表紙の絵を描き続けた谷内六郎さんの絵が思い出されます。(Koji)

チェット・ベイカー(Chet Baker)&ポール・デスモンド(Paul Desmond)|枯葉(Autumn Leaves)
https://www.youtube.com/watch?v=Gsz3mrnIBd0 (YouTube)

Together: The Complete Studio Recordings

新品価格
¥710から
(2020/10/21 21:27時点)

  • Chet Baker (trumpet), Paul Desmond (alto sax), Hubert Laws (flute), Bob James (keyboard), Ron Carter (contrabass), Steve Gadd (drums). この「枯れ葉」が一番好きです。せつなくなります。(Hiro)
  • ギター好きのわたしは「デビッド・スピノザ」のカバーが気に入っています。(MAHALO)
  • 元がシャンソンなだけに、1小節聞くだけで、落葉した街路樹が並ぶシャンゼリゼ通りの風景が目に浮かびます。パリに行ったことないですけど。(Yama)

エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy)|枯葉(Autumn Leaves)

LIVE AT BLUES ALLEY

新品価格
¥1,096から
(2020/10/21 21:30時点)

  • Autumn Leaves(枯葉)は数多くの歌手からインストルメント迄、良く知られたこの季節を代表する曲です。中でも33歳という若さで亡くなったエヴァ・キャシディの歌うこの曲は格別です。特にライブアルバム「Live At Blues Alley」は他の収録曲を含めてお勧めです。(Koji)

阪田知樹|ショパン:エチュード イ短調 作品25 ー11 <木枯らしのエチュード>
https://www.youtube.com/watch?v=NhXLNW_bQno (YouTube)

四月は君の嘘 僕と君との音楽帳

新品価格
¥2,342から
(2020/10/21 21:31時点)

  • 2014年にフジテレビ系で放映されたアニメ「四月は君の嘘」の中で 使用された楽曲を収録したアルバムの中のショパンの難曲です。ピアノは当時大学生の阪田知樹が担当しています。彼はその後、2016年のフランツ・リスト国際ピアノコンクールで優勝しています。(Koji)

Peter White|Autumn Day
https://www.youtube.com/watch?v=K640mEqar1Y (YouTube)

Perfect Moment

新品価格
¥1,497から
(2020/10/21 21:32時点)

  • 大好きなギタリストです。曲の雰囲気からも、秋も終わりとなり、冬を迎えるといった感じではと思います。(MAHALO)
  • 澄んだギターの音色、秋の爽やかな夕空を連想します。(Hiro)

Al DeGregoris|Autumn Chill
https://www.youtube.com/watch?v=LWVBlXBNBbw (YouTube)

All in Good Time by Al Degregoris

中古価格
¥7,522から
(2020/10/21 21:33時点)

  • ここ最近好んで聴くキーボーディストです。インスト曲ですので「Chill」をどう捉えればですが、曲の雰囲気からも「秋の寒さ(冷たさ)」でしょうか。(MAHALO)

小泉今日子|木枯らしに抱かれて
https://www.youtube.com/watch?v=VArslwDRK0c (YouTube)

コイズミクロニクル~コンプリートシングルベスト 1982-2017~ (通常盤)

新品価格
¥3,900から
(2020/10/21 21:33時点)

絢香|三日月

THIS IS ME ~絢香 10th anniversary BEST~(CD3枚組 DVD)

新品価格
¥3,233から
(2020/10/21 21:34時点)

  • 「三日月」は仲秋の季語。三日月を電話の形状に重ね合わせ「遠距離恋愛」と「秋の寂しさ」を示す名バラードです。(Yama)
  • 彼女の歌声と相まって、秋に聴く珠玉の名曲ですね。MVも秀逸です。(Koji)
  • 良い曲ですね。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

(C)すしぱく ぱくたそ「今日の天気をお伝えする美人気象予報士」(フリー素材)茜さや

マイ・フェイバリット・一人称・ミュージック


9月21日正午に発生した台風12号影響で秋雨前線が活発になり、7月1日の梅雨明け以来ヒートアップした日本列島を冷やしてくれました。

連休明けの列島を襲う台風12号 9月平年一か月超の雨量も(日直予報士 2020年09月22日) - 日本気象協会
連休明けの列島を襲う台風12号 9月平年一か月超の雨量も(日直予報士 2020年09月22日) – 日本気象協会

4連休明けの降雨はウンザリしますが、気温が低くなり、これでエアコンの出番は減りそうです。

しかしこの先は季節が行ったり来たりします。日々の気温もチェックして、服装で上手に調節する必要があります。日中は汗ばむくらいの日も朝晩の最低気温は20度を下回ることがあり、脱ぎ着しやすい服装が良さそうです。

さて、9月のお気に入りのテーマは「一人称」です。
当ブログ執筆者がお勧めする8組7曲の「マイ(My)」「僕」「私」にまつわる音楽を紹介します。

ポール・アンカ(Paul Anka)|マイ・ウェイ(My Way)
https://www.youtube.com/watch?v=TtSicB7oNdc (YouTube)

デュエッツ

新品価格
¥2,099から
(2020/9/23 21:10時点)

  • この曲は、ポール・アンカがフランク・シナトラのために歌詞を書いて、フランク・シナトラが歌って大ヒットした曲です。男の人生の終焉が近づく中、その生き様を振りかえり、想うことは、自分の想う生き方ができたのでは、と。それをポール・アンカ自身が歌っているのがより心に残ります。(Hiro)
  • 流石、英語詩の原作者の歌ですね。(Koji)
  • 先日テレビで「エルビス・プレスリー」の「アロハ・フロム・ハワイ」を懐かしく見ましたが熱唱していました。良い曲ですね。(MAHALO)

ザ・タイガース|僕のマリー
https://www.youtube.com/watch?v=LvMt-ucrOcE (YouTube)

ザ・タイガース The Best 花の首飾り [CD] EJS-6184  ~「シーサイド・バウンド」「僕のマリー」「花の首飾り」「シー・シー・シー」「モナリザの微笑」「君だけに愛を」「銀河のロマンス」「十年ロマンス」「色つきの女でいてくれよ」~

新品価格
¥998から
(2020/9/23 21:11時点)

  • 高校生の時、新宿ラセーヌでザ・タイガースをみて、すごいなぁ、と感動したのを今でも覚えてます。その時、ザ・ローリング・ストーンズのTell Me、とかTime Is On My Sideを歌っていましたが、やはり「僕のマリー」が、何か女性っぽいのですが、ジュリー(沢田研二)にぴったりの曲でした。(Hiro)
  • 過日、元メンバー・岸部シローの訃報に接しました。謹んでお悔やみ申し上げます。(Yama)

ジプシー・キングス(Gipsy Kings)|A Mi Manera(My way/マイ・ウェイ)
https://www.youtube.com/watch?v=UqpWSVIPWmc (YouTube)

究極ベスト~エッセンシャル・ジプシー・キングス

新品価格
¥2,176から
(2020/9/23 21:12時点)

  • 多くの歌手によりカバーされている「マイ・ウェイ」ですが、ジプシー・キングスによるスペイン語バージョンです。吉瀬美智子の出演するコーヒーのCMも最高です。この曲を聴くとコーヒーが飲みたくなります。(Koji)
  • 「ジプシー・キングス」の「マイ・ウェイ」もいいですね。「ジプシー・キングス」はTV時代劇の「鬼平犯科帳」のエンディングも素敵です。(Hiro)
  • ジプシー・キングスはカバーの天才ですね。(Yama)

森田童子|ぼくたちの失敗
https://www.youtube.com/watch?v=iER-NZ7GoM8 (YouTube)

ぼくたちの失敗 森田童子ベストコレクション

新品価格
¥2,149から
(2020/9/23 21:13時点)

  • 1970年代に一部のファンに支持されていたシンガーソングライターの森田童子(芸名は笛吹童子に由来)ですが、彼女の曲は一人称の「僕」で呟くように歌うのが印象的でした。本名を始め謎のまま引退したようですが、テレビドラマ「高校教師」によってこの曲がヒットしても表舞台に登場することはありませんでした。2018年に65歳で逝去された旨の連絡がJASRACにあったとの事です。ご冥福をお祈りします。(Koji)

ジョージ・ハリスン(George Harrison)|マイ・スウィート・ロード(My Sweet Lord)
https://www.youtube.com/watch?v=SP9wms6oEMo (YouTube)

オール・シングス・マスト・パス

新品価格
¥3,153から
(2020/9/23 21:14時点)

  • 初めて聴いたのは中学生でしたが、メロディー・ラインの爽やかさに驚きました。ギターも心地よいです。当時はLPは高くて買えず、シングル盤で何回聴いたかです。(MAHALO)

ザ・スタイル・カウンシル(The Style Council)|マイ・エヴァ・チェンジング・ムーズ(My Ever Changing Moods)
https://www.youtube.com/watch?v=rmVkOlZFF3Y (YouTube)

カフェ・ブリュ

新品価格
¥1,520から
(2020/9/23 21:15時点)

  • リリース当時、渋谷のレコード店で壁に飾り「イチオシ」という事で購入したのですが、どの曲もセンスがよく、当時は擦り切れるほどレコードを聴きました。「JAM」、「ポール・ウェラー」は名前は知っていても聴く事はなかったのですが、このユニットのサウンドは気に入っています。(MAHALO)

渡辺美里|My Revolution(マイ・レボリューション)
https://www.youtube.com/watch?v=oOAum6HWX-o (YouTube)

Song is Beautiful

中古価格
¥2,379から
(2020/9/23 21:16時点)

  • 渡辺美里の最大のヒット曲。ドラマ「セーラー服通り」(石野陽子主演、1986年)の主題歌でした。あまり知られてないが、作曲が小室哲哉で「Get Wild」がヒットする前の事です。(Yama)

高田みづえ|私はピアノ
https://www.youtube.com/watch?v=-Mth9DmkDNc (YouTube)

高田みづえ ベスト・コレクション

新品価格
¥1,331から
(2020/9/23 21:16時点)

  • 歌詞に「ラリー・カールトン」と「ビリー・ジョエル」が「サンバ」と同列にさらりと出てくるのは、作詞:桑田佳祐の「矜持」「真骨頂」でしようか?(Yama)
  • 昭和の世代がいだいた”恋愛”へのあこがれ。歌詞、曲調、うるっとしてしまいます。(Hiro)
  • 「高田みずえ」は今では立派な「相撲部屋の女将」ですね。彼女の娘(タレント)と先日婚約発表をした大関「貴景勝」の婚約者(故「北天祐」の二女)は幼な馴染みだったようです。(Koji)
  • この曲はメロディー・ラインの良さで当時よく聴きました。また、歌詞の「ラリー・カールトン」はフュージョン好きの間で話題となったのを覚えています。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・冬支度・ミュージック


10月25日に気象庁が12月~来年2月の3か月予報を発表しました。
これによると、日本上空の偏西風は平年より北を流れので寒気の南下は弱くなります。また今年は北大西洋北部のアリューシャン低気圧の影響が弱く、西高東低の冬型の気圧配置が長続きしません。
そのため、12月~来年1月は「暖冬」傾向です。

3か月予報 この暖かさは冬も続く見通し(日直予報士 2019年11月25日) – 日本気象協会 tenki.jp
3か月予報 この暖かさは冬も続く見通し(日直予報士 2019年11月25日) - 日本気象協会 tenki.jp

長期予報で「暖冬」「高温」といっても、毎日暖かいわけではありません。
「暖冬」傾向は平均気温のことで、暖かい日が多いということは、極端に寒い日もあります。
日々の寒暖差にご注意いただき、ご自愛ください。

季節は「晩秋」。「冬支度」が始まりました。
11月のお気に入りのテーマは「冬支度」です。

当ブログ執筆者がお勧めする、様々な「冬支度」「晩秋」ミュージックを7曲、紹介します。

ケニー・バレル・カルテット(Kenny Burrell Quartet)|ニューヨークの秋(Autumn in New York)
https://www.youtube.com/watch?v=r1E31yVClW4 (YouTube)

Blue Lights 1 & 2

中古価格
¥5,038から
(2019/11/26 23:31時点)

  • ケニー・バレルは、大学の学園祭で「枯れ葉」をコピーして演奏したことを覚えています。「Autumn in New York」、ニューヨークは多くの顔を持つ大都市ですが、私は晩秋が一番似合うのではと思います。(Hiro)

山口百恵|秋桜(コスモス)
https://www.youtube.com/watch?v=_GrhwErRkMg (YouTube)

山口百恵 ヒットコレクション 2 DQCL-5104

中古価格
¥500から
(2019/11/26 23:38時点)

  • 晩秋から初冬にかけて現れる穏やかな暖かい晴天、小春日和。何か寂しさが漂う中、母親の”暖かい”愛の深さが伝わってきます。(Hiro)
  • 今や永遠の名曲となりましたね。(Koji)

N.S.P|夕暮れ時はさびしそう
https://www.youtube.com/watch?v=p_q_o_H7Jy4 (YouTube)

NSPベストセレクション 1973~1986

中古価格
¥3,517から
(2019/11/26 23:40時点)

  • この季節になると学生時代の思い出と共に何故かこの曲が浮かびます。東北新幹線の一ノ関駅の発車メロディーに使用されているそうです。(Koji)

ジョージ・ウィンストン(George Winston)|あこがれ/愛(Longing/Love)
https://www.youtube.com/watch?v=qxfLN42ZDlY (YouTube)

オータム

中古価格
¥721から
(2019/11/26 23:44時点)

  • ジョージ・ウィンストンのアルバム「Autumn」はこの季節を感じる最強のツールです。中でもクレスタのCM曲でもあったこの曲は印象的でした。(Koji)
  • 曲調が、まさに晩秋の侘しさを漂わせています。(Hiro)
  • この季節にピッタリですね。(MAHALO)
  • 私の「ウインダム・ヒル」レーベルとの出会いが、このクレスタのCMでした。(Yama)

今田勝|秋風にさようなら(Farewell To The Autumn Breeze)
https://www.youtube.com/watch?v=e3IGh3vGoIw&t=149s (YouTube)

FALLING STAR (MEG-CD)

新品価格
¥2,700から
(2019/11/26 23:47時点)

  • 今回のテーマで探したのですが、曲名や歌詞で季節の変わり目にふさわしい曲というのはなかなか無いものですね。ようやく見つけたのがこの曲でした。(MAHALO)

ボニー・ジェームス(Boney James)|ワン・オータム・ナイト(One Autumn Night)
https://www.youtube.com/watch?v=iy7sEmHravk (YouTube)

Backbone

中古価格
¥1,285から
(2019/11/26 23:48時点)

  • 私の好きなサックス・プレイヤーです。他にもこの時期にピッタリの曲も多いのですが、今回のテーマではこの曲ですね。因みにギターは「Paul Jackson Jr,」、そしてアコースティック・ギターは「Peter White」です。(MAHALO)
  • サックス、アコースティック・ギターの音色、いいですね。(Hiro)

槇原敬之|冬がはじまるよ
https://www.youtube.com/watch?v=yZt2XEjsduc (YouTube)

秋うた、冬うた。~もう恋なんてしない

中古価格
¥1,592から
(2019/11/26 23:49時点)

  • 槇原敬之の4枚目のシングル盤「冬がはじまるよ」は、当時サッポロビールの冬季限定品「冬物語」CMソングでした。「冬物語」のCMソングは名曲揃いです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

季節は夏から秋へ2016「椎名林檎」~「シーウィンド」



今年の夏も猛暑となり、日中は外に出るのも億劫となる毎日でした。
また台風もトリプル台風となるなど立て続けに発生し、東北の太平洋側に初めての直接上陸となるなど、東北、北海道をはじめ各地で大変な被害をもたらしました。

その夏もあっという間に9月が終わり10月となり、まだまだ真夏日と暑さは残るものの朝方は涼しさより寒さを感じるようになり、季節は夏から秋へと向かっています。

「季節は夏から秋へ」というタイトルも今年で3年目となり、この時期を感じる曲として一昨年は「フュージョン」、昨年は「男性アーティスト」でまとめてみましたが、今年は女性アーティストの曲で紹介したいと思います。

今回もiTunesでこのようなプレイリストを作ってみました。
iTunesには3千枚近くのアルバム,それらの曲を入れているのですが、女性アーティストがこんなに少ないのかとつくづく思いました。
その中からの選曲ですのでこの曲は違うのではと思われるかもしれませんが、私がこの時期を感じ、よく聴く曲です。
なお、選曲についてですが、歌詞よりもメロディーラインの良さで曲を聴く私ですので、詞の内容はこの季節とは違うかもしれませんが。


季節は夏から秋へ(2016)

  • 望遠鏡の外の景色 / 椎名林檎
  • I Fall In Love Everyday / Jaye P. Morgan
  • Love Life / Brenda Russell
  • Havana Candy / Patti Austin
  • The Game Of Love / Michelle Branch (Santana)
  • La Costa / Natalie Cole
  • Opening Up To You / Laura Allan
  • Heaven On Earth / Genai
  • Cruising For Bruising / Basia
  • I Say A Little Prayer / Workshy
  • Let Me Go, Love / Nicolette Larson
  • What If / Jane Kelly Williams
  • Joyful Melody / Bob & Pauline Wilson
  • Baby I Need Your Love / Angela Bofill
  • Kiss Of Life / Sade
  • Work On It / Lauren Wood
  • The Lady Wants To Know / Laura Fygi
  • Close Enough / Marilyn Scott
  • What’s Become Of Us / Valerie Carter
  • Follow Your Road / Seawind

この中より何曲か紹介します。

望遠鏡の外の景色 / 椎名林檎

さて、今年の夏といえば「iTunesの中のリオ・デ・ジャネイロ」でも紹介しましたように、リオ・デ・ジャネイロで南米初となるオリンピック、パラリンピックの開催かと思います。

今回のオリンピックで私が一番印象に残ったのは競技ではないのですが、閉会式の東京によるフラッグハンドオーバーセレモニーで、そのプレゼンテーションで流れたこの曲でした。
オリンピックの終わりとともに夏が終わっていくといった気分になり、あえてプレイリストのテーマ曲として1曲目に入れて聴いていました。

椎名林檎|望遠鏡の外の景色
https://www.youtube.com/watch?v=nwCID0KeIpc (YouTube)

逆輸入 ~港湾局~ (通常盤)

新品価格
¥1,799から
(2016/10/7 15:24時点)


Heaven On Earth / Genai

「ジェナイ」はハワイ発の女性シンガー「ジェナイ・K・ジョンストン」とマルチ・ミュージシャンの「オリヴァー・ウェンデル」によるユニットです。
活動拠点がハワイという事だけでファースト・アルバムを購入したのですが、アルバム1曲目のこの曲から気に入ってしまいました。
アルバムはオリジナル5曲、カバー6曲という構成ですが、この曲の雰囲気が好きな方にはお勧めです。
セカンド・アルバムでもう一人女性シンガーが加わるも、ユニット名でもあるジェナイは脱退してしまいますが、活動は続き、以降のアルバムも気に入っています。

ジェナイ(Genai)|ヘヴン・オン・アース(Heaven On Earth)
https://www.youtube.com/watch?v=Wn1nmgJrq4M (YouTube)

ヘヴン・オン・アース

中古価格
¥99から
(2016/10/7 15:17時点)


Let Me Go, Love / Nicolette Larson

デビュー・ヒットとなった「 溢れる愛(Lotta Love)」でファンになった「ニコレット・ラ-ソン(Nicolette Larson)」ですが、「マイケル・マクドナルド(Michael McDonald)とのデュエットによるこの曲(邦題:愛にさよならを)もこの時期によく聴く曲です。
因みに、この曲が収録のセカンド・アルバムには当ブログで紹介の「リオ・デ・ジャネイロ・ブルー(Rio De Janiero Blue)」も収録され、併せて聴くのもお勧めです。

ニコレット・ラーソン(Nicolette Larson)|愛にさよならを(Let Me Go, Love)
https://www.youtube.com/watch?v=rCxxoPxP2bw (YouTube)

愛の季節

新品価格
¥756から
(2016/10/7 15:18時点)


What If / Jane Kelly Williams

この曲は中古CDショップでたまたま見つけたアルバムに収録されていたのですが、爽やかなメロディーと歌声を気に入ってしまいました。
「ジェーン・ケリー・ウィリアムズ」は初めて聞く名前でしたが、ライナーにはアメリカ、ジョージア州出身のシンガー・ソングライターとの事です。
ただ、アルバム・デビューは本国アメリカでなく「イザベル・アンテナ(Isabelle Antena)」で知られるベルギーの「クレスプキュール」からで、リリース時は日本でも輸入盤が異常に売れたとの事ですが知りませんでした。
アルバムとしても気に入っています。

ジェーン・ケリー・ウィリアムズ(Jane Kelly Williams)|ホワット・イフ(What If)
https://www.youtube.com/watch?v=47voV8U8pho (YouTube)

パティキュラー・ピープル

中古価格
¥272から
(2016/10/7 15:19時点)


Joyful Melody / Bob & Pauline Wilson

この曲は「シーウィンド(Seawind)」のボーカル「ポリーン・ウィルソン(Pauline Wilson)」とドラムの「ボブ・ウィルソン(Bob Wilson)」と、当時は夫婦だった2人によるCCMアルバム「Somebody Loves You「に収録され、爽やかなメロディーとポリーンの歌声がお気に入りです。
このレコードは国内盤はリリースはされず輸入盤のみでしたので入手できなかった方も多いのではと思います。
なお、日本でのみCD化されましたがマスター・テープが無かったようでレコードをマスターに制作されましたが、既に廃盤となった今でも人気からかプレミア価格で取引されているようです。

ボブ&ポリーン・ウィルソン(Bob & Pauline Wilson)|ジョイフル・メロディー(Joyful Melody)
https://www.youtube.com/watch?v=WMndgoqTFAw (YouTube)

Somebody Loves You

中古価格
¥7,000から
(2016/10/7 15:20時点)


Kiss Of Life / Sade

「シャーデー」を初めて聴いたのは「スウィーテスト・タブー(The Sweetest Taboo)」という曲でしたが、この曲でファンになりCD、DVDを購入しては聴いていました。
私も最初は知りませんでしたが、先に紹介の「ジェナイ」と同様に、シャーデーという名前は女性ボーカル「シャーデー・アデュ」を中心としたグループ名です。

シャーディーの数あるヒット曲の中でもこの曲が一番のお気に入りで、ジェナイもカヴァーしており、そちらもお勧めです。

シャーデー(Sade)|キス・オヴ・ライフ(Kiss Of Life)
https://www.youtube.com/watch?v=MmOau-PMWJk (YouTube)

love deluxe

新品価格
¥1,586から
(2016/10/7 15:21時点)


Follow Your Road / Seawind

最後はやはりこの曲となりました。
シーウィンドのサード・アルバムに収録のこの曲はシーウィンドの中でも大好きな曲です。
メロディーもですが、ポリーン・ウィルソンの歌声が心地よく、夕暮れの海岸で聴くのにピッタリかと思います。

シーウィンド(Seawind)|フォロウ・ユア・ロード(Follow Your Road)
https://www.youtube.com/watch?v=cNIGMav79Z8 (YouTube)

ライト・ザ・ライト(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥4,250から
(2016/10/7 15:21時点)

あくまでも私が感じるこの時期に聴くのにお勧めの曲ではありますが(やはりハワイが絡んできますが)、紹介できなかった曲もYouTubeで曲名とアーティスト名で検索していただければ聴けるかと思います。

スコットランド民謡「故郷の空」~「アニー・ローリー」



秋晴れの空を眺めていると、ふと「故郷の空」を口ずさんでいます。

由紀さおり・安田祥子|故郷の空
https://www.youtube.com/watch?v=iwi6m5Ug1ZA (YouTube)

歌・うた・唄 Vol.4 舶来唱歌集(学校篇)

新品価格
¥2,770から
(2015/11/27 14:11時点)


「故郷の空」に、大和田建樹と奥好義の編による唱歌集(明治唱歌 第一集)として発表されました。
今から120年以上前の歌です。
原曲は、伝統的なスコットランドの曲です。メロディがほぼ「ヨナ抜き音階」なので非常に覚えやすく、また、歌詞も「~夕空腫れて秋風吹き~月影おちて鈴虫鳴く~思えば遠し故郷の空~わが父母いかにおわす」、と覚えやすく、そして日本人の心の中のある「故郷」、「父母」、誰もが郷愁にしたる歌です。


スコットランド民謡として、日本で一番よく歌われているのは、「蛍の光Auld Lang Syne)」では無いでしょうか。スコットランドに古くから伝わるメロディーを元に、スコットランドの詩人ロバート・バーンズ(Robert Burns)が作詞したスコットランド民謡(原曲はスコットランド民謡の「オールド・ラング・ザイン」)。
日本では卒業式では必ず歌われる曲です。
日本には、1881年(明治14年)に我が国最初の音楽教科書「小学唱歌初編」に掲載されて広まっていきました。
また、日本ではデパートやいろいろなお店の閉店時間になると、この「蛍の光」のメロディーが店内BGMとして流されています。

蛍の光 閉店の時間
https://www.youtube.com/watch?v=OgYWssWn7uQ (YouTube)

平原綾香|Auld Lang Syne 〜 蛍の光
https://www.youtube.com/watch?v=Jcu-pXdVYTs (YouTube)

Winter Songbook

新品価格
¥1,970から
(2015/11/27 14:14時点)


アニー・ローリー(Annie Laurie)
https://www.youtube.com/watch?v=ReEFnmmd12I (YouTube)

NHK名曲アルバム イギリス編 [Blu-ray]

新品価格
¥9,164から
(2015/11/27 14:15時点)


スコットランド民謡「アニー・ローリーAnnie Laurie)」は、1682年生まれの実在の人物、マクスウェルトン家の長女アニー・ローリーを歌った歌です。
ウィリアム・ダグラス(William Douglas)の詩をもとにして、スコットランドの女流音楽家ジョン・ダグラス・スコット夫人(Alicia Scott)によって作曲されました。

スコットランド民謡は、深まる秋を感じながら聴くと、本当にぴったりはまり、秋がより一層美しく感じられるような気がします。
秋は、実り、収穫の季節で、五穀の実る時季です。そして、また、収穫の喜びの後、「晩秋」 になると、秋色はさらに深まり、冬近しの感が強くなり、いろいろ、はかない思いが浮かんできます。その一種寂しさが漂う感じが、妙にスコットランド民謡とぴったり合う気がします。
深まる秋、紅葉などの景色とともに、スコットランド民謡を今一度味わってみることにします。

マイ・フェイバリット・オータム・ミュージック2015



稲刈りの済んだ田んぼ

稲刈りの済んだ田んぼと秋空

二十四節気(にじゅうよんせっき)の「寒露」(かんろ)を過ぎで、季節は晩秋を迎えました。

田んぼの稲刈りも進み、五穀の収穫がたけなわで、農家では繁忙を極めます。

大気の状態が安定して空気が澄んだ秋晴れの日が多くなります。夜には月も美しく輝いて見えます。今年の十三夜は、10月25日です。名月を愛でましょう。

さて、10月の「お気に入り曲」のテーマは、ずばり「秋」です。
当ブログ執筆者がお勧めするオータム・ミュージック9曲を紹介します。
お気に入りが見つかれば幸いです。

ピーター・ポール&マリー(PP&M)|パフ(Puff, the magic dragon)
https://www.youtube.com/watch?v=5SXtAP-tXts (YouTube)

ヴェリー・ベスト・オブ

新品価格
¥1,676から
(2015/10/14 14:50時点)

  • たまたま、フォークシンガーの小室等が関口宏の番組にでていて、フォークを始めた時は、PP&Mのコピーから始めた、という話をしていて、、そうだ、高校の謝恩会などでは、PP&Mだったなぁと大変懐かしくなりました。「パフ」は定番曲でした。特に秋を歌っているわけではないのですが、「秋の霧がたなびく海で」とあるので。(Hiro)

monolog|ONE DAY
https://www.youtube.com/watch?v=X6pdH1QqBV0 (YouTube)

ONE DAY

新品価格
¥2,484から
(2015/10/14 14:51時点)

  • アルバム「ONE DAY」の中には秋の1日の風景を感じます。アルバムを通して聴くことをお薦めします。(Koji)

フォープレイ(Fourplay)|10月の朝 (October Morning)
https://www.youtube.com/watch?v=GG_e4JToBqo (YouTube)

Fourplay

新品価格
¥744から
(2015/10/14 14:51時点)

  • 今年の東京JAZZに合わせて来日したFourplayですが、彼らのアルバムはどれを取っても「秋」を感じます。(Koji)
  • ギターの音色が秋を感じさせますね。(Hiro)
  • フォープレイはこの曲収録が収録されたファーストからのファンです。ギタリストのみメンバー・チェンジとなりましたが、やはりリー・リトナーの頃が好きですね。デイブ・グルーシンとのコンビは有名ですが、ボブ・ジェームスとも良い感じでプレイしています。なんと今年の東京JAZZは初代のリー・リトナー、2代目のラリー・カールトン、そして現在のチャック・ローブと歴代のギタリスト3人が揃い、アンコールでリー・リトナー、ラリー・カールトンがゲスト出演したようです。(MAHALO)

山口百恵|秋桜(コスモス)
https://www.youtube.com/watch?v=_GrhwErRkMg (YouTube)

  • 未だ18歳の時の山口百恵です。最近「赤いシリーズ」のDVDマガジンが好調のようです。15歳から21歳の山口百恵がそこにはいます。(Koji)
  • この手のDVDを見つけると、買わない決断に苦労します。(Yama)

スタッフ(Stuff)|いとしの貴女(My Sweetness)
https://www.youtube.com/watch?v=Pi2IG1EmNlI (YouTube)

スタッフ!!

新品価格
¥955から
(2015/10/14 14:55時点)

  • 今回のテーマで真っ先に思いついた曲です。グループとしてもですが、やはり「リチャード・ティー」のローズ・ピアノのサウンドは最高です。秋の夜にピッタリかと思います。(MAHALO)

チキンシャック(Chickenshack)|ロレッタ(Loretta)
https://www.youtube.com/watch?v=u9S2AYnY9dA (YouTube)

CHICKEN SHACKVI

中古価格
¥3,000から
(2015/10/14 14:55時点)

  • 「チキンシャック」6枚目のアルバムに収録の曲です。秋に夜にこの曲をBGMにお酒でも…といっても私は飲めませんが。土岐英史らしいサックスは何時聴いても心地よいです。もちろん山岸潤史のギターもですが。(MAHALO)
  • 土岐英史、私も好きです。竹内まりやの「駅」のエンディングソロよかったです。この曲も本当に秋の夜長にピッタリの曲ですね。(Hiro)

ロニー・フォスター(Ronnie Foster)|ア・ソフト・ハート(A Soft Heart)
https://www.youtube.com/watch?v=_7ZONymXieo (YouTube)

Love Satellite – Expanded Edition , from UK)

新品価格
¥1,036から
(2015/10/14 14:56時点)

  • 「ジョージ・ベンソン」の「ブリージン」で知った「ロニー・フォスター」ですが、当時、そして今でもよく聴くキーボーディストです。この季節にこの曲はいかがでしょうか。(MAHALO)
  • 秋の澄んだ空気を感じさせますね。気持ちがしっとりとします。(Hiro)
  • 特徴的な音色が印象的です。(Yama)

ジョージ・ウィンストン(George Winston)|カラーズ/ダンス (Colors/Dance)
https://www.youtube.com/watch?v=-fTaAOzPbig (YouTube)

AUTUMN: WINDHAM HILL 20TH ANNIVERSARY EDITION

新品価格
¥6,396から
(2015/10/14 14:57時点)

  • 秋になると、やはりジョージ・ウィンストンのアルバム「オータム」。今年は、アルバム1曲目の「カラーズ/ダンス」を紹介します。秋の高い空を見ていると聞きたくなる、すがすがしいメロディです。(Yama)

ダイアナ・パントン(Diana Panton)|私を月に連れてって(Fly me to the Moon)
https://www.youtube.com/watch?v=xBSuxSQQkFE (YouTube)

ムーンライト・セレナーデ~月と星のうた

新品価格
¥2,397から
(2015/10/14 14:57時点)

  • ジャズのスタンダード・ナンバー。多くの歌い手がボサノバ風に歌うのは、フランク・シナトラがカバーした時のアレンジの影響だとか。月と星をモチーフにした楽曲ばかりを集めたアルバム「ムーンライト・セレナーデ~月と星のうた」の「ダイアナ・パントン」もその一人です。(Yama)
  • シナトラからエヴァンゲリオン迄、何れのバージョンもそれぞれに良いですね。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

秋の夜空をみると想いだす曲「孤独の世界」~「星に祈りを」



最近、近くの川の土手を歩いていると、いろいろな虫の音が聞こえてきます。ついちょっと前までは蝉の声が激しかったのに…。そして、金木犀の黄色い花の匂いを嗅ぐと、あぁ秋なんだと季節が変わることを実感します。

そして、秋の夜空を眺めていると浮かんでくるのがこの曲です。

P・F・スローン(P.F. Sloan)|孤独の世界 (From A Distance)
https://www.youtube.com/watch?v=BNC0QkWXEEQ (YouTube)

孤独の世界(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥2,316から
(2015/10/9 14:27時点)


「孤独の世界」は、米国で1966年にリリースされ、1969年に日本でヒットした曲です。
「P.F.スローン」は、多くのミュージシャンに曲を書いているのですが、自分のヒット曲には恵まれていません。この、「孤独の世界」も日本だけでヒットした曲と言われています。
歌詞も「教会」「天使」「星」「神」「罪」「信念」「旅」など、宗教的であり哲学的でもあるところと、曲の旋律の透き通った清涼感が一種の侘しさおも感じさせ、秋の雰囲気にピッタリあってしまいます。

P.F.スローンが作曲した中で、「バリー・マクガイアー」の曲として全米ナンバーワンになった「明日なき世界」があります。

バリー・マクガイアー(Barry McGuire)|明日なき世界(Eye Of Destruction)|Live Hullabaloo 1965
https://www.youtube.com/watch?v=IwYNWYaS3bI (YouTube)

Eve of Destruction

新品価格
¥526から
(2015/10/9 14:28時点)


そして、この曲も秋の夜長にピッタリの曲だと主ぴます。

ブルー・ミッチェル(Blue Mitchell)| アイル・クローズ・マイ・アイズ(I’ll close my eyes)
https://www.youtube.com/watch?v=7Oh-Dl-KbF0 (YouTube)

Blue’s Moods

新品価格
¥889から
(2015/10/9 14:28時点)


「ブルー・ミッチェル」は1930年に生まれのジャズ・トランペット奏者。「リバーサイド」、「ブルー・ノート」
、「メインストリーム」等のレーベルから多くの曲を出しています。

「アイル・クローズ・マイ・アイズ」は、ウィントン・ケリーのピアノのイントロから入ります。そしてブルー・ミッチェルのテーマ、続いて、ブルー・ミッチェルのアドリブ、次にピアノのウィントン・ケリーのアドリブ、裏でサム・ジョーンズのベースが支えています。このアドリブから、うまくテーマに戻す絶妙さ、素晴らしいです。この曲のピアノとトランペットの音色が、秋の晴れ渡った夜空にピッタリ音と景色が重なります。

ザ・ブロードサイド・フォー|星に祈りを
https://www.youtube.com/watch?v=vh4N9BjXaQ0 (YouTube)

ザ・ブロードサイド・フォー

新品価格
¥1,199から
(2015/10/9 14:29時点)


「ザ・ブロードサイド・フォー」は、1966年4月にリリースしたドラマ主題歌「若者たち」が大ヒットしました。そして、そして、この「星に祈りを」は9月にリリースされ、その後すぐ解散してしまいました。
この曲を聴くと、何か秋のもの悲しさを感じます。ただ、そこの中にそこはかとない暖かさも一緒に感じます。

「星に祈りを」は、本ブログ空に星があるように~ボサノヴァ・バージョンと聞き比べでも紹介しています。
佐々木 勉(ささき つとむ)の作詞作曲です。
佐々木勉は、「あなたのすべてを」や「いつまでもいつまでも」など、スローバラードの心地良い曲を作っています。

世界の各地にそれぞれ四季はありますが、日本人の四季の感じ方は、やっぱり独特な感性をもっていると思います。秋は、空に「うろこ雲」、まわりに、「赤とんぼ」や「虫の音」、そして黄金色の「稲穂」、「秋の味覚(栗、梨、葡萄、松茸)」、「紅葉」、秋を感じるキーワードもたくさんあります。
そして、その秋を想う音楽も一段とその情景を引き立ててくれます。

季節は夏から秋へ 2015 (2)「カラパナ」~「ジミー・メッシーナ」



季節は夏から秋へ 2015 (1)より

「季節は夏から秋へ」と、この時期をテーマに私の好きな曲をプレイリストにして何曲かを紹介しましたが如何でしたでしょうか。

今回もプレイリストから何曲かを紹介します。

季節は夏から秋へ

  1. Altogether Alone / Hirth Martinez
  2. The Goodbye Look / Donald Fagen
  3. Samba do Soho / Michael Franks
  4. Jamaica Song / Booker T. Jones
  5. Sunlight / Jesse Colin Young
  6. Abre Alas / Ivan Lins
  7. Whatever Happened / Dane Donohue
  8. Feelin Blue / Earth Wind and Fire
  9. Nightbird / Kalapana
  10. Lost In The Hurrah / Marc Jordan
  11. Biggest Part Of Me / Ambrosia
  12. Somebody Somewhere / Steve Marrs
  13. It’s Something / Leslie Smith
  14. Each And Every One / Everything But the Girl
  15. Proud / The Joe Chemay Band
  16. Just For You (Suzanne’s Song) / Frankie Bleu
  17. I’ll Be Over You / Toto
  18. Words Of Love / Leon Ware
  19. Watching For You / Roby Duke
  20. Seeing You (For The First Time) / Jimmy Messin

Nightbird / Kalapana

ハワイが大好き、ハワイの音楽も大好きという事で、1曲は入れようと思いついたのがこの曲でした。
私にとって「カラパナ」はハワイの音楽を聴く切っ掛けのグループであり、「マッキー・フェアリー(Mackey Feary)」の在籍していたファースト、セカンドは今でもよく聴いています。

今回紹介のこの曲はマッキー・フェアリーのセンスが感じられ、ファースト・アルバム「Kalapana 1(カラパナ 1)」に収録されています。

先日の事ですが、当時VHSで購入したワイキキシェルのライブを見ようとデッキに入れプレイ・ボタンを押した瞬間にテープが切れてしまいました。
随分と時代が経ったものだとつくづく感じてしまいました。

カラパナ(Kalapana) | 恋のナイトバード(Nightbird)
https://www.youtube.com/watch?v=eNBBCSNCdSU (YouTube)

ワイキキの青い空(カラパナI)

新品価格
¥2,151から
(2015/10/1 15:51時点)


Biggest Part Of Me / Ambrosia

私がアンブローシアを知ったのはこの曲でした。
アンブローシアは1970年前半にロサンゼルスで結成されたプログレッシブ・ロック・バンドです。
ただ、時代とともに路線を変え、AORファンにも注目されるようになりました。

この曲は1980年リリースの4作目「One Eighty(邦題:真夜中の晩餐会)」に収録され、ビルボードで最高3位を獲得しています。
またゴスペル風の詩の内容やソウルフルな曲調からR&Bチャートでもヒットとなりました。

この曲を気に入り初期のアルバムも聴いてみましたが、プログレッシブ・ロックと言ってもイギリスのバンドとは違い、ハーモニーの美しさなどポップな曲調もあり、やはりウェスト・コーストのバンドだなと感じられます。

アンブローシア(Ambrosia) | ビッゲスト・パート・オブ・ミー(Biggest Part Of Me)
https://www.youtube.com/watch?v=bOm0Dq_kKNU (YouTube)

One Eighty

新品価格
¥1,580から
(2015/10/1 15:55時点)


Each And Every One / Everything But the Girl

「エブリシング・バット・ザ・ガール」はと「 ベン・ワット(Ben Watt)」「 トレイシー・ソーン(Tracey Thon)」の男女デュオです。

エブリシング・バット・ザ・ガールを知ったのは渋谷の輸入レコード店で流れていたこの曲でした。
壁に飾っていたジャケットのデザインからはこの曲のイメージは感じられませんでしたが、気に入ってしまい即レコードを購入し聴きまくっていました。

ジャンルを問わずアメリカの音楽が中心の私ですが、これを切っ掛けに「シャーデー(Sade)」、「スタイル・カウンシル(The Style Council)」、「(スウィング・アウト・シスター(Swing Out Sister)」、「ワークシャイ(Workshy)」といったイギリスのグループばかり聴いていた時期もありました。
当時は「オシャレ音楽」などとも言われていましたが。

今回紹介のこの曲はファースト・アルバム、「Eden(エデン)」に収録されています。

エブリシング・バット・ザ・ガール(Everything But the Girl) | イーチ・アンド・エブリ・ワン(Each And Every One)
https://www.youtube.com/watch?v=fgESYQ5iPtI (YouTube)

Eden

新品価格
¥586から
(2015/10/1 15:56時点)


Words Of Love / Leon Ware

メロウ・ソウルの帝王などと呼ばれている「リオン・ウェア」ですが作曲家としても知られ、「マーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)」のアルバム「アイ・ウォント・ユー(I Want You)」への曲提供とプロデュースが有名です。
もともと自身のソロ・アルバムとしてレコーディングしていた曲をマービン・ゲイが気に入り、「ぜひ、自分が歌いたい」と頼み込み、譲り受けてボーカルを差し替えて作られた事は有名な話です。
これにより、作曲家、プロデューサーとしての才能が認められる事となります。
他にもアイ・ウォント・ユーにも収録され「マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)」が先に歌いR&Bチャートで2位となった「I Wanna Be Where You Are(邦題:ボクはキミのマスコット)」や、ボーカルでも参加した「クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)」の「If I Ever Lose This Heaven」が知られています。

リオン・ウェアを初めて聴いたのは今のようにソウル、R&Bに関心が無かった頃、六本木の輸入レコード店で聴いた「Inside Is Love」というサード・アルバムでした。
このアルバムを気に入り、のちに購入したのが「Leon Ware(邦題:夜の恋人たち)」でした。
このアルバムは「TOTO」のメンバーや「デイビッド・フォスター(David Foster)」といったミュージシャンが参加するなど、そのサウンドからもAORアルバムといった内容です。

このアルバムは歌詞にカリフォルニアのリゾート地が登場する「Why I Came To California(カリフォルニアの恋人たち)」を初め全曲ともお勧めですが、なかでもこの曲はお気に入りで、「デヴィッド・T.・ウォーカー(David T. Walker)」ファンにはお勧めです。

リオン・ウェア(Leon Ware) | ワーズ・オブ・ラヴ(Words Of Love)
https://www.youtube.com/watch?v=wD5s52VLzso (YouTube)

夜の恋人たち

新品価格
¥1,102から
(2015/10/1 15:56時点)


Seeing You (For The First Time) / Jimmy Messina

「バッファロー・スプリングフィールド(Buffalo Springfield)」、「ポコ(Poco)」、そして最初はアーティストとプロデューサーの立場からリハーサルなどで意気投合し結成となった「ロギンス&メッシーナ(Loggins & Messina)」とウェスト・コースト・サウンドの立役者とも言える「ジミー・メッシーナ」ですが、ロギンス&メッシーナの解散から3年の沈黙ののちリリースされたのがファースト・アルバム「Oasis(オアシス)」です。

このアルバムはライト・フュージョン・サウンドを取り入れるなどAORファンには定番の1枚と言えます。

今回紹介のこの曲はオアシスに収録され、曲の良さもですが、イントロやエンディングのギター・ソロを聴くとギタリストとしてのセンスの良さが感じられます。

ジミー・メッシーナ(Jimmy Messina) | シーイング・ユー(Seeing You (For The First Time))
https://www.youtube.com/watch?v=FO2lGlz7lwk  (YouTube)

オアシス

新品価格
¥1,542から
(2015/10/1 15:57時点)

簡単な紹介と全曲を紹介できませんでしたが、私が感じる「季節は夏から秋へ」です。
冒頭でも書きましたが、歌詞よりもメロディーラインで聴く私ですので詩の内容はこの季節とは違うかもしれません。

また夏好きの私ですので、夏の余韻が残っている曲が多いかとも思います。

今回紹介出来なかった曲もYouTubeで曲名、アーティストで検索して頂ければ聴く事が出来ます(2015年9月22日現在)。