渚のオールスターズ」タグアーカイブ

(C)tkcymd ぱくたそ「ビーチパラソル」

マイ・フェイバリット・ビーチ・ミュージック


梅雨明け以来、太平洋高気圧の勢力が強くなり日本付近に張り出し続け、日本全国を熱い空気が覆っています。そのため、各地で歴代最高気温の記録を更新しています。

日本歴代最高気温 埼玉県熊谷に並び「静岡県浜松市」も
日本歴代最高気温 埼玉県熊谷に並び「静岡県浜松市」も

関東甲信地方では今年から「熱中症警戒アラート」の運用が始まりました。その「熱中症警戒アラート」は8月8日から連日、発表されています。

熱中症は室内でもなります。命を守るために「扇風機やエアコンで室温を適度に下げる」ようにしてください。そして「過度の節電」や「この程度の暑さなら大丈夫」と我慢するのは危険な行為です。
今年は「熱中症予防行動」を、普段以上に実践してください。死なないために大切なことです。

さて、8月のテーマは夏らしく「ビーチ」です。
当ブログ執筆者がお勧めする8組8曲のビーチにまつわる音楽を紹介します。

ピンクレディ|渚のシンドバット
https://www.youtube.com/watch?v=_Y6OihAlq-s (YouTube)

ゴールデン☆ベスト ピンク・レディー~コンプリート・シングル・コレクション

新品価格
¥2,514から
(2020/8/19 11:35時点)

  • 20代の夏の海辺では、この曲のシンドバッドにあこがれました。伊豆七島には毎年、竹芝から東海汽船で夜中に出発、という思い出があります。(Hiro)

コニー・フランシス(Connie Francis)|渚のデイト(Follow the boys)
https://www.youtube.com/watch?v=dbG82h158Ds (YouTube)

コニー・フランシス~ベスト・セレクション(UHQ-CD/MQA)

新品価格
¥2,635から
(2020/8/19 11:36時点)

  • 弘田三枝子、伊東ゆかり、がザ・ヒットパレードで歌っているのを聴いていまして、コニーフランシスの渚のデートを聴いたのは結構後からでした。 ロマンです。(Hiro)
  • 洋楽をカバーした和製ポップスとして耳にしました。中でも先日亡くなった「弘田三枝子」の歌声が印象的でした。(Koji)

ザ・ドリフターズ(The Drifters)|渚のボードウォーク(Under the Boardwalk)
https://www.youtube.com/watch?v=EO8qWop7MGc (YouTube)

The Very Best of

新品価格
¥583から
(2020/8/19 11:37時点)

  • 最初は日本のコミックバンドのドリフターズと混同してしまいましたが、この「渚のボードウォーク」は今でもそのフレーズの記憶が蘇ります。(Koji)
  • 1960年代のアメリカ、明るく、屈託がなく、自由な若者たちのデート、ほんのちょっと世代が上ですが、この曲は私も忘れられないです。(Hiro)

リチャード・クレイダーマン(Richard Clayderman)|渚のアデリーヌ(Ballade pour Adeline)
https://www.youtube.com/watch?v=gfsgXJQ0ebU (YouTube)

リチャード・クレイダーマン ベスト

新品価格
¥1,942から
(2020/8/19 11:38時点)

  • 当時のカーステレオではカセットテープしか使えなかった頃、リチャードクレーダーマンのアルバムが一番のお気に入りでした。特にこの「渚のアデリーヌ」は海辺の道を走る時の定番曲でした。(Koji)
  • イージーリスニングにはまり、FM誌「FM STATION」の番組表とにらめっこし、盛んにエアチェックしていました。もちろん「FM STATION」付録の「鈴木英人イラストのカセットレーベル」を使いまくりました。(Yama)

Peter White|Venice Beach
https://www.youtube.com/watch?v=rqLphpRE6dA (YouTube)

Caravan of Dreams

中古価格
¥5,420から
(2020/8/19 11:39時点)

  • ナイロン・ギターはこのような曲にピッタリですね。ロスは2度行きましたが何れも仕事で、観光とは全く無縁でした。このビーチは一度は行ってみたいものです。(MAHALO)
  • メロディを聴いていると砂浜と波打ち際の景色が浮かんできます。サンタモニカ、レドンド、マンハッタンとかロスにはビーチがありますが、ベニスビーチは新しいトレンドを作り出す魅力のあるビーチです。(Hiro)

ナタリー・コール(Natalie Cole)|浜辺のサンバ(La Costa)
https://www.youtube.com/watch?v=oXN65mEsbus (YouTube)

Thankful ~ Expanded Edition

新品価格
¥1,191から
(2020/8/19 11:40時点)

  • 「ナタリー・コール」の数ある曲の中でも一番好きな曲です。邦題は何故か「浜辺のサンバ」です。夕暮れの浜辺で聴くにはお薦めです。(MAHALO)

渚のオールスターズ|Be My Venus(ビー・マイ・ヴィーナス)
https://www.youtube.com/watch?v=xSRRT_Uxc9M&feature=youtu.be&t=315 (YouTube)

ザ・ベスト・オブ「渚のオールスターズ」

中古価格
¥2,350から
(2020/8/19 11:41時点)

  • 1980年代後期にチューブ、織田哲郎、亜蘭知子などによる夏歌専科ユニットによるファースト・シングル曲です。アルバム参加者は、近藤房之助、坪倉唯子、かまやつひろし、栗林誠一郎といった錚々たるメンバーです。(Yama)

浦島太郎(桐谷健太)|海の声
https://www.youtube.com/watch?v=-zQWavER7to (YouTube)

香音-KANON-(通常盤)

新品価格
¥1,320から
(2020/8/19 11:41時点)

  • au CM「三太郎シリーズ」のスピンアウト曲。浜辺で三線を弾く浦島太郎(桐谷健太)が竜宮城の乙姫(菜々緒)への思いを歌った楽曲にです。ビデオには、濱田岳、松田翔太、有村架純も登場します。(Yama)
  • 沖縄、とすぐイメージしますが、聴いていると、時間(過ぎ去った)、距離(離れている)、などで今は会あえなくなった”ひと”への想いを伝えたい、という気持ちが伝わってきます。(Hiro)
  • 名曲です。本当に「竜宮城の乙姫」に届くと良いですね。そして彼女の反応も見たい気がします。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。
(編集長)

マイ・フェイバリット・サマー・ソングス



信濃川(関越自動車道越後川口SA下り線)

信濃川(関越自動車道越後川口SA下り線)

連休初日、いかがお過ごしですか?

早い梅雨明けとなり、厳しい九州~関東の猛暑も、一段落しました。
ちょっとてホッとしています。

しかし、夏本番は、まだまだこれから。
海、山、川、高原、プールなど、夏を満喫しましょう。
私は、早々に、高原ドライブを楽しみました。

さて、7月の「お気に入り曲」のテーマは「夏」です。
当ブログ執筆者4人のお勧めのサマー・ソングを9曲、紹介します。

平山三紀|真夏の出来事
http://www.youtube.com/watch?v=5_BJI6ePBNU (YouTube)

DREAM PRICE 1000 平山三紀 真夏の出来事

新品価格
¥998から
(2013/7/13 15:18時点)

夏の曲というと、真っ先に思い浮かぶのがこの曲です。メロディの良さ、平山三紀の独特の声、そして歌詞、別れの曲なのに、歌詞の一言、一言が映画のワンシーンを観てるような気にさせてくれる曲でした。もちろん、カラオケでは今でもよく歌います。(Hiro)
私は平山三紀世代ではありませんが、この曲は学生時代に大ファンだった台湾出身のアイドル「優雅(ゆうや)」のデビュー・アルバムにも収録され、メロディーラインが好きでよく聴きました。今でもLPレコードを持っています。(MAHALO)

クリフ・リチャード(Cliff Richard)|サマー・ホリデイ(Summer Holiday)
http://www.youtube.com/watch?v=rbNP5yqg7hc (YouTube)

グレイテスト・ヒッツ VOL.1

新品価格
¥2,000から
(2013/7/13 15:20時点)

非常に乗りのよいPOPな曲調に、夏休みだ!青い海だ!真夏のぎらぎらした太陽だ!と青春そのものの歌でした。このテーマで映画(イギリス)がつくられたようですが、それは観ていません。曲からうけるイメージは、アメリカ西海岸の学生の夏休みのように感じていました。(Hiro)

吉田拓郎|夏休み
http://www.youtube.com/watch?v=BB81_DTZYns (YouTube)

元気です

中古価格
¥641から
(2013/7/13 15:21時点)

小学校時代の夏休みが、そのまま歌詞になった感じです。何か郷愁のようなものを感じる歌です。「麦わら帽子」「田んぼのかえる」「きれいな先生」・・・。私にとって、すべてがリアルな言葉です。(Hiro)
この曲を聞くと、何故か終わっていない宿題の事を思い出してしまいます。そんな切羽詰まった状況も懐かしい思い出です。(Koji)
ほのぼのした日本の田舎の原風景が思い浮かびます。(Yamazaki)

山下達郎|Ride On Time
http://www.youtube.com/watch?v=NIDu3wTRos4 (YouTube)

RIDE ON TIME (ライド・オン・タイム)

新品価格
¥1,891から
(2013/7/13 15:22時点)

夏といえば素直にこの曲です。雄大な青空に飛翔するANAの機体がオーバーラップするのはテレビドラマの影響でしょうか。「月9とボストン(1)」でも紹介しましたが、夏の訪れにこの曲は欠かせません。昨年ヒットしたベスト盤にも当然収録されていますが、本人リマスター/自筆ライナーノーツ&曲解説のこちらのアルバムもお薦めです。(Koji)
山下達郎はやはりこのような曲調が大好きで、この曲もよく聴いた1曲です。シングルとアルバムは別レコーディングとの事で2枚購入し友人と聴き比べた思い出があります。(MAHALO)
カセットテープ「日立マクセル」のCM曲のインパクトも大きく、今でも覚えています。(Yamazaki)

高中正義|Blue Lagoon
http://www.youtube.com/watch?v=4SJC5XykIt0 (YouTube)

JOLLY JIVE

新品価格
¥1,980から
(2013/7/13 15:23時点)

夏といえば高中。高中といえば「Blue Lagoon」。詩がなくても、これだけ夏を感じさせてくれるのは何故でしょうか。エレキギターが夏向きなのでしょうか。ブルーラグーンとはアイスランドにある有名な観光名所のようですが、行ったことはありません。6月復刻のデジタル・リマスター仕様がお薦めです。(Koji)
ギターとリズムが夏を感じさせます。(Hiro)
高中正義は本当に日本人が好むメロディー、フレーズ作りの上手いギタリストだと思います。この曲も大好きな曲でよく聴きますが、ファースト・アルバム「セイシェルズ」を初めて聴いた時の衝撃は今でも覚えています。私の聴く音楽ジャンルを変えたアーティストの1人です。(MAHALO)
「ブルーラグーン」私も行ってみたいです。(Yamazaki)

堀井勝美プロジェクト|Walking On Air
http://www.youtube.com/watch?v=lUy50iPdTp4 (YouTube)

SUMMER’S

中古価格
¥2,000から
(2013/7/13 15:24時点)

こちらのジャケット写真は、リンク先のAmazon.co.jpで、ご覧いただけます。

この曲収録のアルバムのタイトル「Summer’s」からも夏です。この曲はこれからの季節にピッタリかと思い、私もこの時期よく聴く曲です。夏のBGMとしてもよく流れていますので一度は聴かれたのではと思います。(MAHALO)

リー・リトナー(Lee Ritenour)|レインボー(Rainbow)
http://www.youtube.com/watch?v=SVeK_cOPtWI (YouTube)

イン・リオ

新品価格
¥1,710から
(2013/7/13 15:32時点)

アルバム「Rio」に収録の曲です。日本がこれから夏という事は南半球は冬を向かえるのですが、やはりブラジルはボサノヴァ、サンバという音楽からも一年中夏のイメージしかありません。ガット・ギターが心地よく、夏に聴くにはお勧めの曲です。(MAHALO)
曲には直接関係ないけど、杏里と婚約していた時期があったのですね。知りませんでした。(Yamazaki)

渚のオールスターズ|Be My Venus
http://www.youtube.com/watch?v=20zoHszR7sM (YouTube)

ザ・ベスト・オブ「渚のオールスターズ」

新品価格
¥2,512から
(2013/7/13 15:33時点)

TUBE、織田哲郎、亜蘭知子を中心にした期間限定ユニットによる1988年リリースのファースト・シングル曲。大ヒット曲ではありませんが、TUBEの派生として、ビーチやラジオでよく流れていました。もちろん、カセットテープに詰め込んで、出かけました。(Yamazaki)

大滝詠一|君は天然色
http://www.youtube.com/watch?v=n5LiNe1cpC8 (YouTube)

A LONG VACATION 30th Edition

新品価格
¥2,238から
(2013/2/13 11:11時点)

最近でも、戸田恵梨香のサントリー「金麦」、香里奈のスズキ「アルトエコ」のCMソングにも使用される大滝詠一の代表曲。リゾート地のビーチサイドの情景が思い浮かびます。(Yamazaki)
大滝詠一の「恋するカレン」とこの曲は、夏を感じます。(Hiro)
「糖質off」始めようかなと思います。ビーチサイドでビール片手に聴きたいものです。(Koji)
大滝詠一といえばやはりこの曲が1番かと思います。当時(今も)大ファンの私は南青山にあったレコード店「パイド・パイパー・ハウス」で「ロング・バケーション」のレコード・ジャケットをプリントしたTシャツを何枚も購入し、毎日のように着ていた思い出があります。当時はMサイズっだたのですが…。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)