植木等」タグアーカイブ

昭和時代ならではの人気シリーズ映画と音楽と「若大将」~「無責任」


私たちの世代は10代、20代を「高度経済成長(1954年~1973年)」という時代の中で良くも悪しくも生きてきました。そこで、映画と音楽は最も身近に楽しめる娯楽だったと思います。「経済成長」がもたらしたいろいろな弊害がありましたが、私たちが幸運だと思うのは「青春」と言われる人生の一時期を「夢」「あこがれ」を持って生きられたことでした。しかも、それが手が届くような形で。

その象徴的スターが。「加山雄三」と「植木等」だったと思います。

加山雄三の「若大将シリーズ(東宝が1961年から1971年まで制作した青春映画)」は学園紛争・学生運動が激化する前の「恋」や「遊び」「スポーツ」など若者が熱中できる事柄を、こんな学園生活を是非おくりたいと「あこがれ」をもって観ていました。そして、若大将の敵役が「青大将」でした。この役を先日お亡くなりになった「田中邦衛」が演じていました。敵役といってもマドンナ(星由里子)を取り合あったり、滑稽なずるさで、憎めない役柄で田中の風貌と相まって「若大将」「青大将」はまさにピッタリのキャスティングだったと思います。

そして、加山の歌った「君といつまでも」はレコードを何度も聴き、テレビ歌番組では毎回逃さず観て、本当に飽きずに聴いていました。「幸せだなぁ…」という台詞は自分が歌っているときは中々いえませんが。「若大将シリーズ」の第6作目にあたる「エレキの若大将」の主題歌となっています。レコード売上は300万枚と言われており、1965年~66年は「加山雄三」「君といつまでも」一色の時代でした。

加山雄三|君といつまでも
https://www.youtube.com/watch?v=EnDR9gnR0c4 (YouTube)

加山雄三 ベスト40

中古価格
¥2,093から
(2021/4/13 10:57時点)

そして、もう一つ、植木等(クレージーキャッツ)の「無責任シリーズ」と「日本一シリーズ」(1962年~1971年)も忘れられません。「クレージーキャッツ」は、「シャボン玉ホリデー」「ザ・ヒットパレード」「おとなの漫画」などテレビ番組で子供の頃から親しんでいました。

加山雄三の演じた青春時代を謳歌して、その後社会にでてどう生きるか、という結構重い問いかけに、映画「無責任シリーズ」「日本一シリーズ」は、学校を出て社会人、サラリーマンとして企業の大きな社会機構の中で個人が埋没してく大きな不安、一つの歯車になることへの抵抗を、もっと軽く「ポップ感」で、「無責任男」として、今後の人生に対する圧への、一服の清涼剤として楽しみました。

植木等|無責任一代男
https://www.youtube.com/watch?v=AdBfp4u1Mx8 (YouTube)

50周年記念ベスト 日本一の無責任大作戦

新品価格
¥2,719から
(2021/4/13 10:57時点)

実生活で「植木等」の付き人、運転手をしていた、「小松政夫」の植木等の人となりを話しているYouTubeで見つけました。

「植木等」の実像は、「無責任一代男」とはかけ離れていました。

1950年~70年代は歌謡曲のヒットを映画化する場合も多くありました。60年代は、「高度経済成長期」で、「昭和青春歌謡映画」というのも流行りました。石原裕次郎、小林旭、吉永小百合など歌う映画スターにて「太陽の季節(1956年)」や「キューポラのある街(1962年)」などの青春映画も大ヒットしました。

「坂本九」が歌って世界的大ヒットとなった、「上を向いて歩こう」も映画化されています。

坂本九|上を向いて歩こう
https://www.youtube.com/watch?v=rsHcnPKQ4EA (YouTube)

上を向いて歩こう

新品価格
¥750から
(2021/4/13 10:58時点)

「上を向いて歩こう」は、1961年に発売され、米国では「SUKIYAKI」(スキヤキ)として大ヒットしました。日本語のままで、英語圏でヒットしたというのも不思議な現象だったと思います。

昔、「歌は世につれ、世は歌につれ」という言葉がありました。「高度経済成長」という時代、シンプルで明るく、夢がある歌が流行ったように思います。