日野皓正」タグアーカイブ

野毛のJazz喫茶「ちぐさ」を訪れて


ひょんなことから、知人に横浜・桜木町駅近くにある野毛町の飲食店を紹介していただき、その後も、何回か行く機会がありました。
私たちにとって横浜の繁華街といえば、JR線の西側のイメージが強いですが、最近はJR線の東側の「横浜ランドマークタワー」や「みなとみらい」の方が、人気があるようです。

そのように野毛の街をぶらぶらしていたら、Jazz喫茶ちぐさ」の看板に出会いました。

「ちぐさ」は、Jazz喫茶として本当に古く、おそらく日本で最初のJazz喫茶で、多くのJazzミュージシャンが訪れた店と聞いたり、また何かで読んだりしていました。
そんな「ちぐさ」に、先日、初めて入ってみました。
本当に20代の頃に通い詰めた、昔、懐かしいJazz喫茶の雰囲気そのもの店でした。
一時期、閉店していましたが、2年前から、「ちぐさ」のファンの方々でNPO法人化を経て営業再開し、運営されていると知りました。

ぼくの昭和ジャズ喫茶

新品価格
¥1,512から
(2014/9/18 15:57時点)


ジャム「A列車で行こう」
http://www.youtube.com/watch?v=RW3N6FdweWg (YouTube)

メンバー:

  • 秋吉敏子
  • 日野皓正
  • 原信夫
  • 谷啓
  • 安田伸

「ちぐさ」でのジャム風景です。店主の吉田衛さんと並んで石橋エータローも映っています。20年以上前の映像と思われます。

先週の9月13日~14日、野毛本通りで、ジャズで盆踊り 2014 in 野毛のイベントが催されていました。
「A列車で行こう」の曲に合わせて盆踊りを踊ったようです。

ちぐさの想い出
http://www.youtube.com/watch?v=5pqGWaU4ikE (YouTube)

このビデオで語っている方が、私が「ちぐさ」に行った時も、飲み物注文、レコード・リクエスト、そしてレコードをかけていました。すごく「ちぐさ」の雰囲気にピッタリの方でした。長く「ちぐさ」に通った風格を感じます。そして、お勧めの一曲が、「ビル・エヴァンスBill Evans)」の「ワルツ・フォー・デビーWalts for Debby)」でした。

ビル・エヴァンス(Bill Evans)|ワルツ・フォー・デビー(Walts for Debby)
http://www.youtube.com/watch?v=dH3GSrCmzC8 (YouTube)

Waltz for Debby

新品価格
¥844から
(2014/9/18 15:29時点)

  • ビル・エヴァンス(Bill Evans) – Piano
  • スコット・ラファロ(Scott LaFaro) – Bass
  • ポール・モチアン(Paul Motian) – Drum

ワルツ・フォー・デビイは、ビル・エヴァンスが、1961年にNYグリニッジ・ビレッジのヴィレッジ・ヴァンガードで行ったライブを収録したアルバムです。演奏の11日後、共演したベーシストのスコット・ラファロが交通事故で亡くなられました。曲の始まりからの優しい旋律が、すごく透き通った透明感と繊細さを感じさせます。心が癒される曲です。

マイルス・デイヴィスMiles Davis)との共演では、「カインド・オブ・ブルー(Kind of Blue)」を発表しました。エヴァンスの弾くピアノは、それまでのJazzとは違った音楽を生み出しました。「モード奏法」が生まれ、マイルスはエバンスのピアノを「輝く水のようだ」と評しました。

マイルス・デイヴィス(Miles Davis)|カインド・オブ・ブルー(Kind of Blue)
https://www.youtube.com/watch?v=kgRcCyey1hM (YouTube)

Kind of Blue

新品価格
¥620から
(2014/9/18 15:41時点)

新しいジャズ、それまでのバップのスタイルを一新し、新しい演奏「モード奏法」と呼ばれる音楽理念を導入しました。
新時代のジャズとして、60年代のジャズシーンの主流になりました。どれだけ、Jazz喫茶でこのアルバムを聴いたかわからないほどです。そして、今でも年間40万枚以上売れてるということです。)

菊地成孔|モード奏法の説明
http://www.youtube.com/watch?v=RDM0wvrevVI (YouTube)

Jazz喫茶には、20代の想い出が結構詰まっています。全く忘れているJazzの名盤やプレーヤーが、ふっと思い出されます。
また、ぶらりと立ち寄っていきたいと思います。

マイ・フェイバリット・ファミリー・アーティスト・ソング


街路樹の紫陽花

街路樹の紫陽花

関東は梅雨真っ盛りです。
雹(ひょう)が降ったり雷鳴やゲリラ豪雨も交じり、さながら悪天候の博物館の状態です。
そんな梅雨空ですが、街路樹の紫陽花が、癒してくれます。

でも、6月26日に沖縄が梅雨明けしました。

本格的な夏は、もうすぐです。

さて、6月の「お気に入り曲」のテーマは「ファミリー・アーティスト」です。
当ブログ執筆者4人のお勧めの、ファミリー・アーティスト・ソングを8曲を、紹介します。
洋の東西を問わず名曲が集まりました。

カーペンターズ (Carpenters)|二人のラブソング(All You Get From Love Is A Love Song)
https://www.youtube.com/watch?v=1Y6fyqQ8UPs (YouTube)

40/40

新品価格
¥1,038から
(2014/6/27 16:05時点)

兄弟ディオといえば、やはり、「カーペンターズ」が頭にすぐうかびます。軽快な曲、しっとりとした曲、いずれも心が癒されます。その中でも、All You Get From Love Is A Love Song(邦題「二人のラブソング」)は、何とも言えない情感があります。ラブソングは愛に傷ついて生まれる・・・という歌詞がメロディーにぴったりです。(Hiro)
ライブ・ハウスを貸し切って行った忘年会でこの曲をやったのを思い出します。私のパートは「コンガ」でした。私の中ではカーペンターズのベスト3に入る曲かと思います。(MAHALO)

ザ・ピーナッツ|モスラの歌
http://www.youtube.com/watch?v=mHXLyzy_GjI (YouTube)

THE PEANUTS “THE BEST 50-50”

新品価格
¥2,880から
(2014/6/28 00:18時点)

映画「モスラ」の劇中歌です。ザ・ピーナツには数限りなく好きな曲がありますが、この映画でのモスラの歌は、映画で見て強烈な印象を受けて忘れられません。インドネシア語で歌われています。ですから、全く意味不明でしたが、何度もくりかす、モスラ~ヤ モスラ~は南国のイメージが鮮明に浮かびます。(Hiro)

ビリーバンバン|さよならをするために
http://www.youtube.com/watch?v=gEzXKL1QGcY (YouTube)

40周年記念ベストアルバム テーマ・ソング コレクション~また君に恋してる~(DVD付)

新品価格
¥2,500から
(2014/6/28 00:21時点)

1972年、石坂浩二、浅丘ルリ子主演の日本テレビのテレビドラマ「3丁目4番地」の主題歌。詩がやさしく、メロディ、そしてビリーバンバンの歌声がもの悲しいメローな感じを伝えています。(Hiro)

平原綾香|ジュピター(Jupiter)
https://www.youtube.com/watch?v=eBTAI1rHNt4 (YouTube)

my Classics selection

新品価格
¥2,900から
(2014/6/27 16:07時点)

祖父はジャズ界の草分け的トランペット奏者の平原勉、父の平原まことは現役マルチリード奏者。姉のaika(平原愛花)はバークリー出身の歌手、サックス奏者。妹の綾香のコンサートのサポートもするようです。筋金入りの音楽一家でしょう。(Koji)

カーペンターズ (Carpenters)|遙かなる影(Close To You)
http://www.youtube.com/watch?v=6inwzOooXRU (YouTube)

シングルズ 1969-1981

新品価格
¥999から
(2014/6/27 16:12時点)

カーペンター兄妹の音楽は、妹の声の特徴を最大限に引き出した、兄の編曲能力が成功の一因だったかも知れません。(Koji)
カーペンターズの良さはもちろんですが、 バート・バカラックの名曲ですね。(MAHALO)

日野皓正|Alone, Alone And Alone
http://www.youtube.com/watch?v=Nn-LQpFhGIY (YouTube)

TARO’S MOOD (24 BIT)

新品価格
¥1,244から
(2014/6/27 16:09時点)

日本のジャズ界に残した日野兄弟(皓正、故元彦)の功績は大きいと思います。「たった一度で終わった南房総の夏のジャズ・フェス」(https://music.isi-tec.com/?p=5165)でも紹介した「行川ジャズ・フェスティバル」の演奏は印象的でしたし、最近も若手メンバーとジャズ・フェスでも見かけます。また、皓正の次男の賢二はベーシストとして活躍しています。故元彦の未亡人(日野容子)は六本木のジャズ・クラブ「alfie」のオーナーです。(Koji)
いいですね! すごく気持ちが落ち着きますね。Blue MitchelltとChick Corea のAlone,Alone and Aloneもいいですが。(Hiro)

ウィルソン・ブラザース(Wilson Brothes)|シャドウズ(Shadows)
http://www.youtube.com/watch?v=aLx-lmWN4Rc (YouTube)

アナザー・ナイト

新品価格
¥1,194から
(2014/6/27 16:16時点)

今回のテーマで真っ先に思いついたのが、スティーヴ・ルカサー弾きまくり!「ウィルソン・ブラザース」でも紹介したこの兄弟デュオです。「新・名盤探検隊」でも再発されるなど、今でもよく聴くアルバム、曲です。曲の良さもですが、スティーヴ・ルカサーのギターが名演でもあります。(MAHALO)

アイズレー・ブラザース(Isley Brothers)|イフ・ユー・ワー・セア(If You Were There)
http://www.youtube.com/watch?v=l-KtG6CGOgI (YouTube)

3+3

新品価格
¥374から
(2014/6/27 16:20時点)

R&Bからスタートしたアイズレー・ブラザースですが、私はファンク・ロックなどと呼ばれた頃が大好きで、この曲が収録の「3+3」は今でも聴く1枚です。この曲は山下達郎ファンにはお馴染みかと思います。「Between The Sheets(邦題:シルクの似合う夜)」なんて、タイトルや歌詞も意味深(?)な曲も名曲ですが。(MAHALO)
山下達郎の 「DOWN TOWN」に似ていますね。リスペクト曲だと思います。かなり意識しているようです。(Yama)

カウシルズ(The Cowsills)|雨に消えた初恋(The Rain The Park And Other Things)
http://www.youtube.com/watch?v=LsqlAGsPkY0 (YouTube)

Best of the Cowsills

新品価格
¥1,018から
(2014/6/27 16:23時点)

当ブログで紹介しました「パートリッジ・ファミリー」ですが、その元となり影響を与えたのがアメリカ、ロードアイランド州出身の兄弟ポップ・グループ、カウシルズです。タイトルが雨でも、ジメジメとした梅雨の雨とは違うかと思います。(MAHALO)
カウシルズと云えば、この曲とともに「牛も知ってるカウシルズ」のフレーズが頭をよぎります。(Koji)

山下達郎|ビッグ・ウェイブのテーマ(The Theme From Big Wave)
http://www.youtube.com/watch?v=bHBoiyLMwCA (YouTube)

Big Wave (30th Anniversary Edition)

新品価格
¥2,376から
(2014/6/27 16:24時点)

ご存じ「竹内まりや」と夫婦で活躍するアーティスト。今年は夏の定番アルバム「Big Wave」が発売されてから30周年。記念のリマスター盤がボーナストラック付きで、7月23日に発売されます。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

たった一度で終わった南房総の夏のジャズ・フェス


日本の渚百選や環境省の快水浴場(かいすいよくじょう)百選にも選定されている「守谷海水浴場」ですが、周辺の散策も含めて夏の行楽スポットとしてお薦めです。

大きな地図で見る

 

るるぶ千葉 房総’13 (国内シリーズ)

新品価格
¥840から
(2013/8/5 12:10時点)

まっぷる千葉・房総’13 (マップルマガジン)

新品価格
¥840から
(2013/8/5 12:10時点)

Cheers! 8 千葉・房総 2014 (地球の歩き方ムック)

新品価格
¥960から
(2013/8/5 12:11時点)

守谷海水浴場&鵜原理想郷
http://www.youtube.com/watch?v=-KI2Trkjv_I (YouTube)

この守谷海水浴場に隣接し、海に面した断崖の上の丘陵で、確か1992年の夏、ジャズ・フェスティバルが開催されたことがあります。何しろ20年程前のことで記憶も曖昧で、記録等も見当たりません。
従って、記憶違いがあるかも知れませんのでお許し下さい。

今では明海大学のセミナーハウスとなっている場所だったと思います。明海大学の厚生施設の紹介に動画があります。

現在のようにインターネットによる宣伝等も無かった時代です。このイベントの存在を知ったのは、勝浦方面に車で行った際に見かけた立て看板だった思います。確か入場料は1人5,000円だったように記憶しています。

予めチケットを入手し、夏休みの行楽を兼ねて家族で行きました。天候にも恵まれ、さしたる渋滞にも遭わず、簡単に駐車場にも入れたとように思います。
只、県外ナンバーの車や大型バイクのツーリング姿が目に付いたことが普段と違いました。

会場は特設ステージと多くの簡易トイレ、そしてビールや軽食ブースだけの広々とした場所でした。レジャーシートの上で缶ビールを片手に、真夏の祭典を楽しみました。
トイレ以外は混み合う事もなく、観る場所も比較的自由に決められたと思います。

その時のプログラムやチラシも残っていませんので、出演者や出演の順番、演奏曲などの細かい内容は覚えていません。
しかし、各々の演奏シーンと野外ステージ特有の開放感は今でもひと夏の楽しい思い出として微かに残っています。

その微かな記憶の中で印象に残っている出演ミュージシャンをピックアップしてみます。特に撮影等も無かったと思いますし、その時の映像も存在しないでしょうから、当時に近い動画で代替します。

まずは、渡辺香津美(わたなべかずみ、1953年 -)率いるResonance Vox(レゾナンス・ボックス)です。ギターの渡辺香津美、ベースのバカボン鈴木(本名:鈴木正之、1956年 -)、ドラムの東原力哉(ひがしはらりきや、1956年 -)、パーカッションの八尋知洋(ヤヒロトモヒロ、1961年 -)といった編成でした。
力強いリズムセクションに乗って繰り広げられる渡辺香津美のギターのサウンドは、あたかも太平洋の荒波を軽快に進むクルーザーといった趣でした。

Kazumi Watanabe Resonance Vox|O-X-O
http://www.youtube.com/watch?v=WvkvUh9Ku1Y (YouTube)

 

O-X-O

中古価格
¥679から
(2013/8/5 11:46時点)

こちらのジャケット写真は、リンク先のAmazon.co.jpで、ご覧いただけます。

そして、デビューから3年目の頃、30歳になったばかりの小野リサ(本名:小野里沙、1962年 -、ブラジル生まれ)の歌うボサノヴァの曲は、肩の力を抜くのに絶好の清涼剤でした。近くの浜辺に打ち寄せる波の音も効果音として最高だったと思います。

小野リサ|ジョビン・メドレー
https://www.youtube.com/watch?v=gIDyaDIDfpI (YouTube)

Ono Lisa best 1989-1996

新品価格
¥2,708から
(2013/8/5 11:47時点)

最後は、夕闇迫る中で登場した日野皓正(ひのてるまさ、1942年 -)のトランペットが太平洋に向かって響き渡りました。ラストを飾るに相応しい演奏を聴くことができました。
多分5人編成(クインテット)だったと思いますが定かではありません。ドラムが弟の亡き日野元彦(ひのもとひこ、1946年 – 1999年、享年53歳)だったと思いますが、はっきりしません。

TERUMASA HINO|STARDUST
http://www.youtube.com/watch?v=62yDkJMMhkM&list=PL53BB816A52BEC611 (YouTube)

D・N・A

新品価格
¥2,280から
(2013/8/5 11:48時点)

この他にも、ピアノの佐山雅弘(さやままさひろ、1953年 -)のグループや「おどるポンポコリン」のB.B.クイーンズ(ちびまる子ちゃんの「呪い」の記事)で知られる近藤房之助(こんどうふさのすけ、1951年 -)のトリオなどが印象に残っています。
出演したミュージシャンが客席に来て、知り合いと覚しき人達とビールを飲みながら歓談する光景も見掛けました。

それ以外の細かい部分は殆ど記憶に残っていませんが、夏の一日を充分堪能することができました。

この時の各グループの演奏を、殆ど最前列から動かず観ていた、1人の小学生がいました。当時小学5年生だった、現在のmonologです。

忍者修行の一環として始めたピアノですが、クラシックからジャズやフュージョンに興味が移って行った頃でした。
その頃、テレビ東京系列で放送されていた、音楽やクイズのバラエティ番組「タモリの音楽は世界だ」などに出演していたミュージシャンの登場は、特に感激だったようでした。

それから約10年後、渡辺香津美とはコンテストの出演者と審査員という関係で、佐山雅弘とはバークリー時代の親友の父親として、直接話す機会が来ることになります。

そんな夏のジャズ・フェスティバルでしたが、翌年の開催も楽しみにしていました。しかし翌年以降は二度と開催されることはありませんでした。
確かに、観る方にとって都合は良かったのですが、主催者の想定に満たない来場数だったのではないかと思います。

そのイベントの名称は、近くのフラミンゴショーや戦隊ショーで客を集めていたレジャー施設と同じ「行川(なめがわ」を冠した「行川ジャズ・フェスティバル」だったように記憶しています。

その「行川アイランド」も2001年の夏で閉園しました。今では心霊スポットとして有名のようです(廃墟検索地図:行川アイランド)。
そして、かつてこの施設で飼育されていた「キョン(ホエジカ属に分類されるシカの一種、環境省指定特定外来生物)」が逃げ出し、2002年頃から急激に繁殖し野生化して、農作物の被害も多いと聞きます。
南房総に生息する野生のキョンは勝浦市の人口にも匹敵するのではないでしょうか。

「キョン」と云えば、山上たつひこのマンガ「がきデカ」に登場する「八丈島のキョン!」を思い出します。

がきデカ 13 (少年チャンピオン・コミックス)

新品価格
¥440から
(2013/8/5 11:50時点)

異色なグループサウンズ「ブルー・コメッツ」


先週、沢田研二と「ザ・タイガース」を紹介しましたが、「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」(以下、「ブルー・コメッツ」)もグループサウンズの代表的なバンドでした。
1966年のデビュー曲は「青い瞳」です。この曲には歌詞が英語の英語版もありました。

ジャッキー吉川とブルー・コメッツ |青い瞳
http://www.youtube.com/watch?v=q4-jgVUYXEk (YouTube)

シングルズ (1966 ~ 1968)

新品価格
¥1,560から
(2021/5/21 15:51時点)


グループサウンズといえばみんな長髪と決まっていましたが、ブルー・コメッツは短髪でスーツを着て演奏するという、異色なバンドでした。
そして、1967年リリースの「ブルー・シャトウ」は空前の大ヒットでした。今でも、カラオケで世代を超えて歌われている歌だと思います。

ジャッキー吉川とブルー・コメッツ|ブルー・シャトウ
https://www.youtube.com/watch?v=LiUfElXZ5LI (YouTube)

GSグレイテス・ヒッツ

中古価格
¥1,674から
(2021/5/21 15:51時点)


ブルー・シャトウは、1967年3月15日に発売され、レコード売上150万枚の大ヒット曲です。この年の第9回日本レコード大賞を受賞をしています。
作曲は、メンバーの井上忠夫(井上大輔)で、「ファ」と「シ」を除いた短音階を基調とした日本風の曲です。外国のリズムと日本のメロディーの新しい組み合わせを考えて作られた曲でもあります。

ブルー・コメッツのヒット曲は歌謡曲といわれる分野のヒット曲が多いと思いますが、メンバーは、1968年には米国で有名な「エド・サリヴァン・ショー」に出演したり、米国の歌手「バート・バカラック」風のアレンジをした曲を出しています。
日本における初期のプログレッシブ・ロックのようなアレンジの曲作りに挑戦するなどの活動をしています。
そして、Jazzの世界でもいろいろやっていました。
音楽性という点でも他のグループサウンズと違っていた所以でもあると思います。

ブルー・コメッツ with 日野皓正|The Time And The Place
http://www.youtube.com/watch?v=1BUirBb2LMw (YouTube)

余談ですが、タモリが「ブルー・シャトウ」の替え歌を歌っています。
タモリは、他にもグループサウンズの替え歌を歌っています。

ジャッキー佐藤とブルーコメットさん(タモリ)| ブルーエンペラー
http://www.youtube.com/watch?v=S1i63scTgqc (YouTube)

また、ブルー・コメッツにベースとボーカルで1972年~1977年の5年間メンバーで在籍した白鳥健二(本名:白鳥澄夫)は、私の小学校、中学校の同級生で、「トワ・エ・モワ」の山室英美子(現在:白鳥英美子)とご夫婦です。
そして故郷の千葉県茂原市の愛唱歌を彼が作曲し、白鳥英美子が歌います。

茂原市の愛唱歌「いつも憧憬(あこがれ)」について(千葉県茂原市)

多彩な音楽活動は、全盛期のメンバーの小田啓義と三原綱木は、ブルーコメッツを脱退後、ダン池田からビッグバンド「ニューブリード」を引継ぎ、「小田啓義とニューブリード」、「三原綱木とザ・ニューブリード」として、それぞれバンドマスターとして活躍しました。

横濱ジャズプロムナード ジャズ・コンペティション(2)


横濱ジャズプロムナード ジャズ・コンペティション(1)の続き

IMG_2235審査発表の場に、グランプリを受賞した「あきは・みさき・BAND」のメンバーの誰一人ステージに現れないことに、怒り心頭、憤慨する審査委員長(代理)。
グランプリの賞状と賞品を受け取ったのは、主催者側の関係者と覚しき人物でした。
予め主催者側には「審査発表時の欠席」の了解を得ていたようですが、審査員の誰にもその情報は伝わっていなかったようです。

「時間も遅くなっていたし、遠くから来ている高校生のことだから、結果を待たずに帰ったのだろう。」位に思っていました。審査委員長(代理)の怒りは最後まで解けなかったようです。

しかし、後日判明した事実は全く別の理由でした。
「金沢ジャズストリートコンペティション」が同じ日に開催されており、こちらでも「グランプリ」を受賞し、副賞の「ニューヨークでのライブ出演の権利」も得ていたようです。
コンペの翌日は、グランプリ・バンドとして金沢ジャズストリートにおけるライブ演奏も披露しています。

横浜と北陸の金沢との移動距離を考えれば、主催者側の配慮等があったと思いますが、前代未聞のJAZZコンペ同日グランプリの快挙だった訳です。

そんなできごとが、翌年からの中止の理由とは思えませんが、今年こそ、「横濱ジャズプロムナード ジャズ・コンペティション」の復活を期待したいものです。

スーパー女子高校生のその後ですが、2009年最強プレイヤーズ・コンテスト(リットー・ミュージック主催)のでアルトサックス部門の「初代グランプリ」も獲得している「あきは(中島あきは)」は、昨年の秋学期よりバークリーに留学し、更なる飛躍を目指しています。
一方の「みさき(中道みさき)」は昨春高校を卒業し、国立和歌山大学に進学しています。学業の傍ら音楽修業の方も続けているようです。
昨春にはバークリー・グルーブキャンプでグランプリ受賞、その後のボストンでのバークリー・サマーキャンプ(5 week)にも招待参加し、研鑽を積んでいるようです。
華奢な体格であっても、「正確なリズム」と「しなやかなバチさばき」の小気味良いドラムに磨きがかかることを楽しみにしています。
5 weekの時の「タイガー大越(バークリー教授)アンサンブル」よる2012年8月の映像があります。

Tiger Okoshi Fusion Ensemble|Bubble Dance @Boston(BPC)

その色々あったコンペティションでしたが、ゲスト演奏として「審査員スペシャルバンド」による演奏もありました。結構豪華な顔ぶれでした。
岡野等(tp)、谷口英治(cl)、細野よしひこ(g)、KANKAWA(org)、板橋文夫(p)、新澤健一郎(p)、井野信義(b)、木村由紀夫(ds)

そして、前年のグランプリバンドの演奏も楽しめました。
山田拓児クインテット:山田拓児(as)、谷殿明良(tp)、田窪寛之(p)、佐藤”ハチ”恭彦(b)、二本松義史(ds)
グランプリ獲得時のメンバーからトランペットとベースが代役となっています。オリジナル・メンバーはそれぞれ中西暁子(tp)、須川崇志(b)でした。
洗足学園のジャズコースを経てバークリー音大を卒業した山田拓児の呼び掛けで、コンペ出場のために結成したバンドのようでした。
洗足学園やバークリー時代の仲間による構成となっており、山形在住の中西を除き、首都圏のライブハウス等で実績を積んでいるメンバーです。

代役ベースの佐藤は既に中堅ベーシストとして知られていますが、山田を始め、若手ミュージシャンの今後の活躍に期待したいと思います。
ジャズの街、「横浜」のライブハウスへの出演機会も多くあるでしょう。

現在このグループによる活動は無いようですが、各々の実力を買われれ、それぞれが活躍の場を広げていますので紹介しておきます。

山田拓児(1980年、札幌生まれ)
大坂昌彦(d)グループ、鈴木良雄(b)”Generation Gap”で活動。

大坂昌彦 | Assemblage

 

Assemblage

新品価格
¥3,000から
(2013/1/29 18:32時点)

田窪寛之(1981年、茨城県古河市生まれ)
川嶋哲郎(ts)カルテットの他、自己のグループで「関内:Jazz Is」等へ出演しています。

川嶋哲郎カルテット | 祈り

 

祈り

新品価格
¥3,000から
(2013/1/29 18:33時点)

須川崇志(1982年、群馬県伊勢崎市生まれ)
2010年より日野皓正(tp)のバンドの正ベーシストに抜擢され、東京Jazz2011にも出演しています。

TERUMASA HINO h FACTOR : BLUE NOTE TOKYO 2012 trailer