加山雄三」タグアーカイブ

昭和時代ならではの人気シリーズ映画と音楽と「若大将」~「無責任」


私たちの世代は10代、20代を「高度経済成長(1954年~1973年)」という時代の中で良くも悪しくも生きてきました。そこで、映画と音楽は最も身近に楽しめる娯楽だったと思います。「経済成長」がもたらしたいろいろな弊害がありましたが、私たちが幸運だと思うのは「青春」と言われる人生の一時期を「夢」「あこがれ」を持って生きられたことでした。しかも、それが手が届くような形で。

その象徴的スターが。「加山雄三」と「植木等」だったと思います。

加山雄三の「若大将シリーズ(東宝が1961年から1971年まで制作した青春映画)」は学園紛争・学生運動が激化する前の「恋」や「遊び」「スポーツ」など若者が熱中できる事柄を、こんな学園生活を是非おくりたいと「あこがれ」をもって観ていました。そして、若大将の敵役が「青大将」でした。この役を先日お亡くなりになった「田中邦衛」が演じていました。敵役といってもマドンナ(星由里子)を取り合あったり、滑稽なずるさで、憎めない役柄で田中の風貌と相まって「若大将」「青大将」はまさにピッタリのキャスティングだったと思います。

そして、加山の歌った「君といつまでも」はレコードを何度も聴き、テレビ歌番組では毎回逃さず観て、本当に飽きずに聴いていました。「幸せだなぁ…」という台詞は自分が歌っているときは中々いえませんが。「若大将シリーズ」の第6作目にあたる「エレキの若大将」の主題歌となっています。レコード売上は300万枚と言われており、1965年~66年は「加山雄三」「君といつまでも」一色の時代でした。

加山雄三|君といつまでも
https://www.youtube.com/watch?v=EnDR9gnR0c4 (YouTube)

加山雄三 ベスト40

中古価格
¥2,093から
(2021/4/13 10:57時点)

そして、もう一つ、植木等(クレージーキャッツ)の「無責任シリーズ」と「日本一シリーズ」(1962年~1971年)も忘れられません。「クレージーキャッツ」は、「シャボン玉ホリデー」「ザ・ヒットパレード」「おとなの漫画」などテレビ番組で子供の頃から親しんでいました。

加山雄三の演じた青春時代を謳歌して、その後社会にでてどう生きるか、という結構重い問いかけに、映画「無責任シリーズ」「日本一シリーズ」は、学校を出て社会人、サラリーマンとして企業の大きな社会機構の中で個人が埋没してく大きな不安、一つの歯車になることへの抵抗を、もっと軽く「ポップ感」で、「無責任男」として、今後の人生に対する圧への、一服の清涼剤として楽しみました。

植木等|無責任一代男
https://www.youtube.com/watch?v=njFPRjFP23I (YouTube)

50周年記念ベスト 日本一の無責任大作戦

新品価格
¥2,719から
(2021/4/13 10:57時点)

実生活で「植木等」の付き人、運転手をしていた、「小松政夫」の植木等の人となりを話しているYouTubeで見つけました。

「植木等」の実像は、「無責任一代男」とはかけ離れていました。

1950年~70年代は歌謡曲のヒットを映画化する場合も多くありました。60年代は、「高度経済成長期」で、「昭和青春歌謡映画」というのも流行りました。石原裕次郎、小林旭、吉永小百合など歌う映画スターにて「太陽の季節(1956年)」や「キューポラのある街(1962年)」などの青春映画も大ヒットしました。

「坂本九」が歌って世界的大ヒットとなった、「上を向いて歩こう」も映画化されています。

坂本九|上を向いて歩こう
https://www.youtube.com/watch?v=rsHcnPKQ4EA (YouTube)

上を向いて歩こう

新品価格
¥750から
(2021/4/13 10:58時点)

「上を向いて歩こう」は、1961年に発売され、米国では「SUKIYAKI」(スキヤキ)として大ヒットしました。日本語のままで、英語圏でヒットしたというのも不思議な現象だったと思います。

昔、「歌は世につれ、世は歌につれ」という言葉がありました。「高度経済成長」という時代、シンプルで明るく、夢がある歌が流行ったように思います。

<おくやみ>作詞家の岩谷時子さん死去「愛の讃歌」「恋の季節」



作詞家の岩谷時子さん死去 「愛の讃歌」「恋の季節」(毎日jp)

作詞家で文化功労者の岩谷時子(いわたに・ときこ、本名トキ子)さんが、10月25日、肺炎のため東京都内の病院で死去しました。97歳でした。
越路吹雪の「愛の讃歌(さんか)」「ラストダンスは私に」「サン・トワ・マミー」の訳詩と、加山雄三の「君といつまでも」ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」、フランク永井の「おまえに」、ピンキーとキラーズの「恋の季節」の作詞が代表作。

この他、当ブログで紹介した「君をのせて」(沢田研二、作曲は宮川泰)「ふりむかないで」(ザ・ピーナッツ、作曲は宮川泰)も岩谷時子さんの作品です。

謹んで、哀悼の意を表します。

(編集長)

ゴールデン☆ベスト 越路吹雪

中古価格
¥148から
(2021/5/13 11:35時点)

THE PEANUTS “THE BEST 50-50”

中古価格
¥3,056から
(2021/5/13 11:12時点)

夢見た青春映画「若大将シリーズ」



加山雄三の「君といつまでも」は、1965年リリースで、300万枚の大ヒットとなった曲です。テレビのどの局の歌番組でも歌われていて、それこそ飽きるほど聴いた曲です。もちろん、この曲が大好きですし、今でもカラオケでよく歌っています。
そして、加山雄三を知って、青春映画「若大将シリーズ」も観るようになりました。

「若大将シリーズ」では6作目の「エレキの若大将」の中でこの「君といつまでも」が歌われています。

加山雄三|君といつまでも
http://www.youtube.com/watch?v=v3BLiTEMcHs (YouTube)

エレキの若大将【期間限定プライス版】 [DVD]

新品価格
¥1,909から
(2013/10/28 11:26時点)

加山雄三 ベスト40

新品価格
¥2,584から
(2013/10/28 11:22時点)

加山雄三の「若大将シリーズ」は私たちが高校生の時に、あこがれの大学生活のイメージを与えてくれた映画でした。そして、また、加山雄三の実像と「若大将シリーズ」の中の主人公がまさにオーバーラップして、理想的な大学生として、夢のモデルとなりました。
品があり(家柄)、勉強ができ(だからといって、ガリ勉では無い)、スポーツ万能(実際の加山雄三も、スポーツ万能でヨット、スキーが大変得意)、正義感が強く、極めつけは、ルックスも抜群で女性にもてる。そんな「青春」はまさに右肩上がりの時代の象徴だったと思います。

映画の中では、シリーズを通して、主人公の田沼雄一(加山雄三)、恋人役の澄子(星由里子)、若大将の引き立て役で青大将こと石山新次郎(田中邦衛)、雄一の父の田沼久太郎(有島一郎)等がレギュラーで出演し、「若大将シリーズ」はおよそ、20年続きました。

大学生シリーズ

  • 大学の若大将(1961年)
  • 銀座の若大将(1962年)
  • 日本一の若大将(1962年)
  • ハワイの若大将(1963年)
  • 海の若大将(1965年)
  • エレキの若大将(1965年)
  • アルプスの若大将(1966年)
  • レッツゴー!若大将(1967年)
  • 南太平洋の若大将(1967年)
  • ゴー!ゴー!若大将(1967年)
  • リオの若大将(1968年)

社会人シリーズ

  • フレッシュマン若大将(1969年)
  • ニュージーランドの若大将(1969年)
  • ブラボー!若大将(1970年)
  • 俺の空だぜ!若大将(1970年)
  • 若大将対青大将 (1971年)
  • 帰ってきた若大将 (1981年)

「若大将シリーズ」は年に1本~2本、制作されていました。
しかし、私たちの世代が実際の大学生になった時は、大学紛争、反戦運動、全共闘学生運動が一番熱かった時代です。多くの大学がロックアウトとなり、いわゆる夢に見ていた「若大将」のイメージのキャンパスライフは無く、「タテカン*」と「ビラ」で校内がうもれ、学生は「ヘルメット」に「ゲバ棒」を持ってデモに参加する姿になっていました。
その「団塊の世代」が少し後に、「ニューファミリー」として日本の高度成長の原動力になっていきます。たぶん、実現できなかった「若大将のイメージの青春」の夢を「新しい家庭」に求めていったかもしれません。

若大将シリーズの第9弾「レッツゴー!若大将」の挿入歌に「夜空を仰いで」がありました。香港で若大将と澄子がデートをしてるシーンで歌われていました。
私もそんなデートに憧れて、社会人になってから、会社の同僚と夏は、「夏の海」と「アバンチュール」を求めて、毎年のように「三宅島」「神津島」「新島」と、伊豆七島に行きました。竹芝桟橋から深夜に出て、島に明け方につくという「ロマン」を求めての小バカンスです。
冬になると、今度はスキーです。「新潟」や「長野」のスキー場へ、金曜日の夜中に東京を発つ深夜バスで行きました。こちらも明け方にスキー場に着き、土曜一泊して日曜の午後戻るといういう強行軍でした。
社会人になってしまったけれども「若大将」になった気分を少しでも味あいたかったように思います。
夏の海の星空も、冬のスキー場の凍てつくような星空も、満天の星は本当に「ロマン」がありました。ただし、そう容易には「ヒロイン」は現れませんでした。

加山雄三|夜空を仰いで
http://www.youtube.com/watch?v=i2QcQNf8T-Q (YouTube)

レッツゴー! 若大将【期間限定プライス版】 [DVD]

新品価格
¥2,133から
(2013/10/28 11:31時点)

東宝映画 若大将グラフィティ

新品価格
¥6,450から
(2013/10/28 11:40時点)

「若大将」シリーズの中で、社会人編第4作「俺の空だぜ!若大将」の挿入歌は「美しいヴィーナス」です。この曲も大変好きで、よく口ずさみます。

加山雄三|美しいヴィーナス
http://www.youtube.com/watch?v=cGUS6WZtPSA (YouTube)

俺の空だぜ! 若大将 【期間限定プライス版】 [DVD]

新品価格
¥2,133から
(2013/10/28 11:34時点)

グレイテスト・ヒッツ ~アビーロード・スタジオ・マスタリング

新品価格
¥2,149から
(2013/10/28 11:35時点)

社会人編ではヒロインが澄子(星由里子)から節子(酒井和歌子)に変わりました。
映画の中で、マンション建設を担当する若大将の雄一は「地球の環境と人間がマッチした未来都市作り」の夢をもっていました。これから世の中が建設ラッシュで「バブル」に向かうところですので、この「環境」のポイントには、先見性がありましたね。

「加山雄三」と「若大将シリーズ」は私たちのイメージする「青春」の象徴だったと思います。最近の、若者の呼ばれ方が「おたく」とか「ニート」「フリーター」という言葉でくくられる事には本当に残念な気持ちになります。これも「夢」がもてない時代の象徴なのかもしれません。

*編集部注:タテカンとは、政治的主張を記した立て看板のこと。

若大将キャンパス DVD-BOX

新品価格
¥13,028から
(2013/10/28 11:42時点)

若大将 アラウンド・ザ・ワールド [DVD]

新品価格
¥12,529から
(2013/10/28 11:44時点)

若大将フレッシュマン DVD-BOX

新品価格
¥20,477から
(2013/10/28 11:45時点)