ペルセウス座流星群」タグアーカイブ

「純情きらり」の時代~ジャズ・ピアニストが夢だった主人公(1)


Hoshizora_130815

8月15日の夜明け前の空

今年の終戦記念日8月15日、その未明の空は晴れ渡っていました。ペルセウス座流星群を期待しましたが、はっきりとした流星には出会うことはできませんでした。
その未明の空、はるか東方の朝日の方角に向かう飛行機らしき光跡が写っていました。

大人気のNHK朝の連続テレビ小説(通称、朝ドラ)「あまちゃん」(関連の<キャンペーン情報>の記事)ですが、いよいよ大詰めを迎え物語の結末が気になります。少しでも早く見たい方には、NHK総合(地上波放送)より30分早く、7時30分から始まるNHK BSプレミアムでの視聴をお薦め致します。

そして、その前の7時15分からは以前の朝ドラの再放送番組もあります。
現在は、2006年上半期(4月から9月)に放送されていた「純情きらり」が再々放送されています。
NHK放送開始80周年記念番組でもある「純情きらり」のあらすじは次のような内容です。

昭和初期、7歳になる有森桜子は、4歳のときに母親・マサを病気で亡くしてからというもの、父親・源一郎に男手ひとつで育てられていた。
10年後、16歳になった桜子は、周囲の反対を押し切り東京音楽学校(現在の東京藝術大学)への進学を希望する。そんな矢先、父・源一郎が事故により命を落としてしまう。
姉・笛子は進学に反対するが、父が遺してくれたピアノを極めようと没頭する。 翌年、桜子は幼なじみの松井達彦とともに、東京音楽学校を受験するが不合格に終わってしまう。
その後、桜子は岡崎に帰ろうとするが、東京音楽学校の教授・西園寺公麿に励まされ、来年もう一度受験することを決意する。
さまざまな紆余曲折を経て、戦地から帰還した達彦と結婚する。その後結核を煩いながらも輝一を出産する。輝一に感染しないようにと決して会おうとはしない桜子に、山長や有森家の人々は輝一の姿を動画に収め、桜子の意識が朦朧とする中、病室の白壁に映して見せたのだった。
ジャズピアニストを夢見ながら、戦争に揺れる昭和の激動時代を駆け抜けるヒロイン・桜子の波乱万丈の人生を描いていく。

出典:Wikipedia

 このドラマの原案は、小説家太宰治(関連の記事:「サヨナラ」ダケガ人生ダ)の次女である津島佑子(つしまゆうこ、1947年 -)の大作「火の山-山猿記」であり、この物語の有森家5代の歴史から、ヒロインの有森桜子(ありもりさくらこ、配役:宮崎あおい)の人生を中心にドラマ化されています。
尚、太宰治がモデルだと思われる画家の杉冬吾(すぎとうご、配役:西島秀俊)も重要な登場人物の一人です。

 

純情きらり 完全版 DVD-BOX 1

新品価格
¥12,969から
(2013/8/26 14:01時点)

純情きらり 完全版 DVD-BOX 2

新品価格
¥11,904から
(2013/8/26 14:00時点)

純情きらり 完全版 DVD-BOX 3

新品価格
¥16,811から
(2013/8/26 13:55時点)

この朝ドラは次のようなシーンから始まりました。

連続テレビ小説 純情きらり
http://www.youtube.com/watch?v=_H4CTwa1EXY (YouTube)

その昭和初期から第二次世界大戦に突入し、激動の時代の中で翻弄される 主人公が描かれて行きます。
やがて、ピアノ好きの女の子は音楽学校を目指す訳ですが、それは父親の好んだ音楽の影響だったかも知れません。当時としては珍しいジャズにも興味を持つようになります。
ドラマに登場したジャズの曲は確かこんな曲でした。

まずは戦前のダンスホールでバンドが演奏していた曲はこれです。

St. Louis Blues (1933 version) |Louis Armstrong
http://www.youtube.com/watch?v=JZEmJ_XEAoQ (YouTube)

そして戦後の未来に向けた学校のシーンで、代用教員になっていた桜子がピアノで弾いたのは次の曲です。

On the Sunny Side Of The Street|Louis Armstrong and the All Stars 1947
http://www.youtube.com/watch?v=eodWD5leie8 (YouTube)

「セントルイス・ブルース」は大正ロマンから昭和モダンの時代における音楽として、当時の社会に溶け込んでいるように感じますし、「オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート」は戦後復興の象徴的な曲調です。
個人的には「セントルイス・ブルース」といえば、「いやんばかーん・・・♪」と口に出てしまいますが。

THE COMPLETE TOWN HALL CONCERT 1947

新品価格
¥1,137から
(2013/8/26 14:02時点)

戦前におけるジャズの隆盛も束の間、戦争が激しさを増して行く中で、敵性語や敵性音楽が禁止されるに事になります。
「レコード」は「音盤(おんばん)」に、「ピアノ」は「洋琴(ようきん)」に、そして「サクソフォン」に至っては「金属製曲がり尺八(きんぞくせいまがりしゃくはち)」と言い換えられました。
「ジャズ」についてはその存在自体が否定された訳ですから、言い換える必要も無かったでしょう。

主人公の桜子ですが、一年目の受験では東京音楽学校の受験に失敗しますが、翌年には見事合格します。しかし、実家の状況等により音楽の道を一旦断念し故郷の岡崎に戻ります。
その岡崎では喫茶店(店名「マルセイユ」は「丸勢勇」と改名)で女給をしながら実家を助け、やがて恋人の松井達彦(配役:福士誠治)の出征を機に婚約し、その実家である八丁味噌の蔵元「山長」の女将修行も経験します。

達彦の出征直前には内輪のピアノ演奏会が開かれました。そこで桜子と達彦が連弾で披露したのが、「リスト(Franz Liszt、1811年 – 1886年)|愛の夢(独:Liebesträume)」でした。

こちらの曲は、主人公桜子よりも約10年後に生まれたフジコ・ヘミング(本名:イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング、1932年 -、ベルリン生まれ)の演奏で聴いみて下さい。

フジコ・ヘミング|リスト 愛の夢第3番
http://www.youtube.com/watch?v=ytZzeWm47IU (YouTube)

フジ子・ヘミングの奇蹟~リスト&ショパン名演集~

新品価格
¥2,450から
(2013/8/26 14:03時点)

このアルバム「フジ子・ヘミングの奇蹟~リスト&ショパン名演集~」では「リスト|愛の夢」を2通りのテイクで聞き比べができます。また、以前の記事「たけしとジャズ、60年代の新宿」で紹介した村上春樹の小説に登場する「リスト|巡礼の年」も収録されています。

フジコ・ヘミングは父親がスウェーデン人(母親は日本人ピアニストの大月投網子(とあこ))であったことからスウェーデン国籍の筈ですが、ある時期無国籍の扱いを受けています。
ベルリン生まれの彼女は5歳で日本に移住し、戦前戦後の混乱の中で少女時代を過ごします。終戦は13歳で迎えています。

彼女もまた東京音楽学校(卒業の時は東京藝術大学)に進みます。
在学中から数々の賞を受賞しますが、留学の際のパスポート申請で無国籍であることが判明します。
難民扱いでドイツ留学を果たす訳ですが、波瀾万丈の彼女の人生は、ドラマやドキュメンタリーを通してご存知のことと思います。

 

フジコ~あるピアニストの軌跡~ [DVD]

新品価格
¥5,548から
(2013/8/26 14:08時点)

フジ子・ヘミングの軌跡 [DVD]

新品価格
¥3,243から
(2013/8/26 14:25時点)

「純情きらり」の時代~ジャズ・ピアニストが夢だった主人公(2)に続く

フィラデルフィア発のソウルミュージック


今、夏の真っ盛りの熱い日が続く毎日、ちょっと秋を先取りして、フィラデルフィア発のソウルミュージックはいかがでしょうか?
フィラデルフィア・ソウルPhiladelphia soul)とよばれる、フィラデルフィア・インターナショナル・レコードPhiladelphia International Record, PIR)から生まれた名曲を聴いてみませんか?

「フィラデルフィア・インターナショナル」は、「ケニー・ギャンブル」(Kenny Gamble)と「レオン・ハフ」(Leon Huff)が立ち上げた音楽レーベルです。
ギャンブル&ハフの2人は1965年以降、インディーズ・レーベルを立ち上げて幾つか曲をだしていました。しかし、本格的な活動は、CBSコロンビア・レコードの傘下で、「フィラデルフィア・インターナショナル」を立ち上げました。さらに後に「マイティー3」とよばれるようになる、「ケニー・ギャンブル」とアーティストとしてコンビを組んでいた、「トム・ベル(Thom Bell)」が加わりました。
後にフィラデルフィアのスタジオとして有名になる「シグマ・サウンド・スタジオ」でのレコーディングを行い、次々とミリオンセラーを出していきます。

1970年後半、「フィラデルフィア・インターナショナル」はR&B、ソウルの時代の最後の輝きであるかのように、「フィラデルフィア・ソウル」の特徴となる、華麗なストリングスと美しいコーラスで次々にヒット曲を出していきました。

ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルーノーツ(Harold Melvin & The Blue Notes)|二人の絆(If You Don’t Know Me By Now)

http://www.youtube.com/watch?v=nbaSh8i5eyE (YouTube)

ベスト・オブ・ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツ

新品価格
¥1,400から
(2013/8/23 12:22時点)

1972年リリースのこの曲の歌詞の内容は日常的な夫婦の喧嘩と受け取れます。
「なんで俺の事がわかってくれないのか・・・」という旦那の愚痴のような歌詞ともとれますし、また、夫が妻に、二人の夫婦生活を振りかえって、お互いのより深いものを求めて歌っているようにも聴けます。
いずれにしても曲調とメロディ、そして歌声は、メローな感じで、何か夜空を見上げて聴くと、たまらなく癒されてしまいます。
ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツ」は、1970年に「テディ・ペンダーグラス」(Teddy Pendergrass)をメインボーカルとしてヒット曲を数多く出しています。

ザ・スタイリスティックス(The Stylistics)|愛がすべて(Can’t Give You Anything But,My Love)
http://www.youtube.com/watch?v=nlQ8te4BOhY (YouTube)

〈おとなBEST〉愛がすべて~スタイリスティックス・ベスト

新品価格
¥2,063から
(2013/8/23 12:25時点)

ザ・スタイリスティックス」は、1973年にリリースした「誓い(You Make Me Feel Brand New)」の大ヒットで有名なコーラスグループです。また、この「愛がすべて」は日本のコミックバンド「ビジーフォー」がものまねしたり、替え歌が木村拓哉が出演したマンダム「ギャツビー」のCMで使用されたので、結構聴きなれた曲だと思います。「KENTO’S」(ケントス)などライブハウスで、今でもよく演奏されている曲です。

オージェイズ (The O’Jays)|裏切り者のテーマ(Back Stabbers)
http://www.youtube.com/watch?v=hzTeLePbB08 (YouTube)

裏切り者のテーマ

新品価格
¥1,570から
(2013/8/23 12:30時点)

オージェイズ」は、1958年に結成されたソウル・トリオです。フィラデルフィア・インターナショナルから、1972年のこの「裏切り者のテーマ」をリリースし、初のヒット曲となりました。日本でも、ラジオに限らず、ディスコはもちろんの事、パチンコ店とか居酒屋など、いたるところで聴いた記憶があります。
その後もグループは活躍し続けて、1987年には、「ラヴィン・ユー」というバラードのヒット曲を出しています。

今年は、「ペルセウス座流星群」を観測するのに最良の年だったようです。
この暑い夏真っ盛りの今、夜空を仰ぎながら、華麗な「フィラデルフィア・ソウル」を聴いて、ひと足早く「秋の夜空」を想ってみてはいかがでしょうか。

夏の夜空を彩ったペルセウス座流星群 (CNN)

世界中で撮影された流星の映像です。

空に星があるように~ボサノヴァ・バージョンと聞き比べ


tachiaoi

8月になっても元気なタチアオイ

一般的なタチアオイ(立葵)は梅雨明けとともにその花期を終えますが、我が家のタチアオイは未だに鮮やかな彩りで咲いています。古来から薬草として用いられ、属名(Althaea)の語源はギリシア語の治療(althaino)に由来があるそうです。

たった一度で終わった南房総の夏のジャズ・フェスに登場した小野リサは、未だアラサー(around thirty)でしたが、今はアラフィフ(around fifty)ということになります。
因みに、アラ〇〇(around ##、和製英語)の始まりは女性雑誌「GISELe(ジゼル)」が2005年に使い出したアラサーが最初で、その派生語のアラフォーがTVドラマ「Around40」をキッカケにブレークし、2008年の流行語大賞にもなっています。
今では20~90歳の各年代にそれぞれ呼び方があるようです。
当時アラフォーの一人であった私も、アラカン(around 還暦:嵐寛寿郎を知る世代)ということです。

アラカン世代の肩凝りを解(ほぐ)す妙薬として、小野リサの歌声があります。
久し振りに彼女の最新アルバム「Japao2(ジャポン・ドイス)」を手にし、ボサノヴァ・アレンジによる日本のヒットソングを聴きました。彼女の通算27枚目となるアルバムの収録曲は次の12曲で構成されています。

アルバム「Japao2」収録曲

  1. 水の影 作詞・作曲: 松任谷由実
  2. グッド・バイ・マイ・ラブ 作詞: なかにし礼 作曲: 平尾昌晃
  3. あなたの忘れもの ◎新曲※NHKラジオ深夜便のうた 作詞・作曲: 沖 正夫
  4. 空に星があるように 作詞・作曲: 荒木一郎
  5. 胸の振り子 作詞: サトウハチロー 作曲: 服部良一
  6. 何もきかないで ◎ポルトガル語バージョン 作詞・作曲: 荒井由実
  7. 星に祈りを 作詞・作曲: 佐々木 勉
  8. いのちの歌 作詞: Mi y a b i 作曲: 村松崇継
  9. ブルーライト・ヨコハマ 作詞: 橋本 淳 作曲: 筒美京平
  10. 人生の扉 作詞・作曲: 竹内まりや
  11. ワインレッドの心 ◎ポルトガル語バージョン 作詞: 井上陽水 作曲: 玉置浩二
  12. 青いフラミンゴ ◎新曲 作詞・作曲: 井上陽水

Japao 2

新品価格
¥2,900から
(2013/8/13 11:33時点)

そしてその4曲目に懐かしい「荒木一郎|空に星があるように」のカバーがありました。彼女の所属するドリーミュージックによるアルバム紹介の解説動画があります。

第2回【小野リサ】 「Japao2」解説番組『Japao TIMES』
http://www.youtube.com/watch?v=8eJb6jixwa8 (YouTube)

この「空に星があるように」は荒木一郎(あらきいちろう、1944年 -、女優の荒木道子の息子)のデビューシングルで、1966年のレコード大賞新人賞も受賞しています。
それ以上にこの曲は、当時ニッポン放送(東海ラジオ制作)の深夜番組「星に唄おう(1965年~1969年の22:50 – 23:00)」のテーマ曲として馴染み深い曲でした。
荒木一郎本人がパーソナリティを務める10分間の番組でしたが、当時聴いていたオールナイトニッポンが始まる前の時間に良く耳にしていた記憶があります。

荒木一郎については、一時期は荒木一郎事件(日刊ゲンダイ・ネット|プレイバック芸能スキャンダル史)で表舞台から消えた時代もありましたが、二世タレントとして、且つマルチな才能の持ち主として記憶に残っています。
何より、日本では1972年頃から云われ出したシンガー・ソングライターという呼称ですが、個人的には荒木一郎こそ、その最初の一人だったように思います。
尚、作家としては1984年の直木賞の受賞を惜しくも逃しています。

荒木一郎|空に星があるように
http://www.youtube.com/watch?v=JiXxPTspVAo (YouTube)

荒木一郎 プライム・ベスト

新品価格
¥1,719から
(2013/8/13 11:34時点)

ラジオ番組「星に唄おう」をリアルタイムで聴いていた人には、懐かしい「ラジオ番組テーマ・バージョン」も収められている、ベスト盤のTSUTAYA 【ベスト・バリュー 999】 シリーズ商品もあります。





荒木一郎 スーパー・ベスト(品番:WMP-60070)
¥999


そしてもう一つ、「小野リサ|Japao2」の7曲目には、こちらも星に因んだ「星に祈りを」がカバーされています。こちらも小野リサのボサノヴァ・バージョンと併せて聞き比べてみて下さい。
原作者の佐々木勉(ささきべん、本名:ささきつとむ、1938年 – 1985年)バージョンもありますが、TVドラマ「若者たち(1966年、フジテレビ系列)」の主題歌「若者たち~空にまた陽が昇る時」を歌っていたザ・ブロードサイド・フォーで聞いて下さい。
こちらのリーダーも二世タレントの黒澤久雄(くろさわひさお、1945年 -、映画監督の黒澤明の息子)で、リード・ヴォーカルを務めています。

ザ・ブロードサイド・フォー|星に祈りを
http://www.youtube.com/watch?v=Ih0v4In7Ae0 (YouTube)

若者たち ザ・ブロードサイド・フォー・フォーク・アルバム

新品価格
¥1,800から
(2013/8/13 11:35時点)

同じ1966年デビューのグループにザ・サベージがいました。先の「星に祈りを」と同じ佐々木勉が作詞作曲をした「いつまでもいつまでも」で知られています。
こちらのザ・サベージでは同じく二世タレントの寺尾聰(てらおあきら、1947年 -、俳優の宇野重吉の息子)がヴォーカルとベースを担当していました。

寺尾聰(ザ・サベージ)|いつまでもいつまでも
http://www.youtube.com/watch?v=0i5WQrQ37x0 (YouTube)

ザ・サベージ

新品価格
¥1,200から
(2013/8/13 11:36時点)

その後ソロとして「ルビーの指輪」が大ヒットし、1981年に日本レコード大賞を受賞しています。そして、俳優としても父親譲りのタレント振りを発揮しています。

2001年には黒澤明の遺稿を映画化した「雨あがる」の主演で、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞しており、「黒澤明の最後の弟子」という呼び名もあります。
最近のCMではコミカルな味わいも見せていますが、日本レコード大賞と日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞している唯一人の存在です。
2008年には父子二代での紫綬褒章も受賞しています。

雨あがる [DVD]

新品価格
¥1,868から
(2013/8/13 11:37時点)

さて、水無月から文月へ「パッヘルベルのカノン」に乗せて(2)で紹介した「伝統的七夕の天の川」と「ペルセウス座流星群のピーク」は見ることができたでしょうか。
そんな空の星に何か祈りを託してみて下さい。

尚、「小野リサ|Japao(ジャポン)」には、Hiroさんの記事で紹介のあった「坂本九|見上げてごらん夜の星を」のカバーがあります。最後の12曲目に収録されています。

ジャポン

新品価格
¥2,487から
(2013/8/13 11:38時点)

そして、小野リサとジャジー・ボサノヴァ女性ヴォーカルの最高峰と云われる「レニー・アンドラーヂ」(Leny Andrade、1943年 -、リオデジャネイロ生まれ)によるライブが10月15日と16日にビルボードライブ東京iconで開かれます。
チケットぴあ一般発売 / 小野リサ/レニー・アンドラーヂ | 2013/10/15(火) ・ 2013/10/16(水) | ビルボードライブ東京(東京都)
icon

水無月から文月へ「パッヘルベルのカノン」に乗せて(2)


水無月から文月へ「パッヘルベルのカノン」に乗せて(1)の続き

Fudoki_Yuri

常陸風土記の丘(茨城県石岡市)のユリの群生

7月の花の一つユリ(百合)の花言葉は「威厳」「純潔」「無垢」などです。

統計開始以来4番目に早い梅雨明けとなった関東地方ですが、翌日の7月7日は例年とは異なる夏の晴天に恵まれた七夕となりました。
織女と牽牛の年に一度の逢瀬も、天の川の氾濫もなく無事実現したことだと思います。

-七夕伝説-
七夕伝説のおこりは中国です。もともとは、中国の織女(しょくじょ)牽牛(けんぎゅう)の伝説と、裁縫の上達を願う乞巧奠(きこうでん)の行事とが混ざりあって伝わったものといわれています。

織女と牽牛は夫婦なのですが、仕事をせずに遊んでばかりいたので、1年に1日のデート以外は仕事、仕事の毎日を強制されるという儒教的思想の色濃い お話。昔の農民が「仕事、仕事」の毎日を哀れむために作ったのが七夕伝説の最初なのではないかといわれていますが、中国の後漢のころ(1~3世紀)には作 られていたようです。

 出典:アストロアーツ星空ガイド特集「七夕」

織女星(こと座のベガ)と牽牛星(わし座アルタイル)を隔てて会えなくしているのが天の川です。銀河とも云います。

アイドルグループ「光GENJI(ヒカルゲンジ)」の3枚目シングルに「パラダイス銀河」という曲があります。1988年のオリコン年間シングル・チャート1位に輝き、同年の第30回レコード大賞も受賞しました。
当時15歳から20歳の7人メンバーによるローラースケートで駆け廻りながら歌う映像があります。

光GENJI|パラダイス銀河
http://www.youtube.com/watch?v=eWHqOjJgZIw (YouTube)

光GENJIは、1980年代終盤から1990年代前半にかけて一斉を風靡(ふうび)した、ローラースケートを履いたジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループでした。この「パラダイス銀河」の頃がピークだったと思います。
テレビ番組がベストテンやアイドル番組からバラエティ中心に変化する中で、次第に人気にも翳りが生じ解散に至りました。
その後、ジャニーズ事務所が路線の変更を図り、新しい時代のニーズに対応したアイドル「SMAP」の登場により殆どメンバーが事務所からも離れました。従来型アイドルの最終形だったのでしょう。
アイドル路線の変更に成功したジャニース事務所は、息が長く且つ単品売り可能なアイドルグループの育成に成功し、現在のテレビ界における隆盛につながっています。
彼らのライブの模様を収録したDVD「光GENJI – ファーストライブ」があります。
紫式部の源氏物語の主人公がグループ名の起源である、彼等の輝かしい瞬間もまた懐かしいものです。

光GENJI – ファーストライブ [DVD]

新品価格
¥2,780から
(2021/7/15 16:19時点)


そのスケート滑走のBGMとしても使い易そうな「パラダイス銀河」ですが、これも「カノン進行」が上手く使われている有名な曲です。
1989年春の選抜高校野球大会の入場曲にも選ばれ、今でも応援ソングとして広く使われています。
この曲の作詞作曲はチャゲ&飛鳥(現、Chage and Aska、通称チャゲアス)の飛鳥涼です。本家が歌う「パラダイス銀河」があります。

Chage and Aska|パラダイス銀河
https://www.youtube.com/watch?v=NBXXZDSHsBA (YouTube)

光GENJIのデビューから続いたチャゲアスによる楽曲提供は「パラダイス銀河」で終わりを告げます。
そしてチャゲアス27枚目のシングル「Say Yes(セイ・イエス)」が1991年に発売され、最終的に300万枚を売り上げる彼等の最大のヒット曲となりました。
フジテレビ系月9ドラマ『101回目のプロポーズ』(1991年7月-9月)の主題歌として起用されたことが大きかったと思います。
その「Say Yes」がバックで流れるシーンが有名です。

101回目のプロポーズ
https://www.youtube.com/watch?v=PFzLoEZxUc8 (YouTube)

主役は「浅野温子」と「武田鉄矢」と云う異色の組み合わせでしたが、「僕は死にません。僕は死にません! あなたが好きだから、僕は死にません。僕が、幸せにしますからぁ!」という台詞は同年の流行語(大衆部門・金賞)にもなりました。

TREE

中古価格
¥1,130から
(2021/7/15 16:19時点)

101回目のプロポーズ [DVD]

中古価格
¥14,999から
(2021/7/15 16:20時点)


個人的には結婚式に招かれる機会の多かった1990年代でしたが、必ずと云っていい程に「Say Yes」を耳にした記憶があります。

その結婚式ですが、厚生労働省の平成18年度「婚姻に関する統計」の概況を元に、「婚姻の月別推移」について調べてみました。

婚姻統計

統計データは多少古くなりますが、平成13年(2001年)から平成17年(2005年)の5年間の月別の傾向です。
21世紀最初の年である2001年に若干異なる傾向はありますが、各月の推移は毎年同じような傾向となっています。平成13年1月は「2001年1月11日」が並び婚として多かったと思われます。同様に平成14年2月は「2002年2月22日」の影響だと思います。

概ね云えることは、「3月と11月が多く、1月と8月が少ない」、「続いて多いのは5月、10月、12月、4月で、2月、6月、7月、9月は平均より少ない」です。

  • 天候や気候の良い春と秋の結婚が多い。
  • 年度末の3月や年末調整の絡む12月は多くなる。
  • 夏の時期は特に敬遠される。

といった所ですが、ジューン・ブライド(June bride、6月の花嫁)の6月や、七夕伝説の7月は比較的少ない傾向です。
6月の英語名「June」が、ローマ神話のジュピターの妻ジュノー(結婚生活の守護神)からとられていても、日本の天候では敬遠されるようです。

そんな結婚式にお似合いのBGMをお薦めいたします。
6月19日にリリースされた「Namy|Wedding Lounge」です。「DJ/プロデューサー高波由多加(たかなみゆたか)が率いる、生音にこだわった音作りで聴かせる音楽ユニット「Namy」によるウェディング・カヴァー・アルバム。」との紹介になっています。

旧古河庭園(北区)の6月のバラと共に全曲試聴をしてみて下さい。
Namy | Wedding Lounge (Album All Songs)
http://www.youtube.com/watch?v=rJOB0_SIm9c&noredirect=1 (YouTube)

Wedding Lounge

新品価格
¥1,188から
(2021/7/15 16:20時点)


木村カエラ「Butterfly(英語詩)」のラウンジ・カヴァーやYuki Monolog Kanesaka参加の「バッハ|G線上のアリア」など必聴です。
このアルバムの楽曲の中にも「カノン進行」の影響を確かめてみて下さい。

公式PVもあります。

DJ:高波由多加は7月20日の「夏びらき MUSIC FESTIVAL’13」に出演予定です。

チケットぴあ一般発売 / 夏びらき MUSIC FESTIVAL’13 | 2013/7/20(土)~2013/7/21(日) | 所沢航空記念公園野外ステージ (埼玉県)icon

今年の「伝統的七夕」は8月13日です。
ペルセウス座流星群(国立天文台の解説はこちら)の極大に併せて、「星に願う2日間」と題する「伝統的七夕ライトダウン2013キャンペーン」があります。