デューク・エイセス」タグアーカイブ

至高の作詞家・永六輔「見上げてごらん夜の星を」~「明日咲くつぼみに」


永六輔作詞の曲で、好きな曲がたくさんあります。

  • 黒い花びら (水原弘)
  • 黄昏のビギン (水原弘、ちあきなおみ)
  • 上を向いて歩こう (坂本九)
  • 帰ろかな (北島三郎)
  • 見上げてごらん夜の星を (坂本九)
  • おさななじみ (デューク・エイセス)
  • いい湯だな (デューク・エイセス)
  • 女ひとり (デューク・エイセス)
  • こんにちは赤ちゃん (梓みちよ)
  • 遠くへ行きたい (ジェリー藤尾)
  • 二人の銀座 (和泉雅子・山内賢)
  • レットキス(ジェンカ) (坂本九)
  • 若い季節 (ザ・ピーナッツ)
  • 明日咲くつぼみに (三波春夫)

その中でも好きな曲は、

坂本九|見上げてごらん夜の星を
https://www.youtube.com/watch?v=p5dO-hfqmYA (YouTube)

坂本九 メモリアル・ベスト

新品価格
¥1,516から
(2021/7/2 16:35時点)


1960年に初演された同名ミュージカルの劇中主題歌。数多くのミュージシャンがカバーし、それぞれ素晴らしい歌となっています。
数多くあるカバーの中で、

夏川りみ|見上げてごらん夜の星を
https://www.youtube.com/watch?v=tZDLXal3jD4 (YouTube)

歌さがし~リクエストカバーアルバム~

中古価格
¥2,529から
(2021/7/2 16:35時点)


都会では、夜空を仰いで満天の星空を観ることは、今はできないことですが、先日、北海道の知床に行きまして、降ってくるような星空をみました。「本当に小さな星、小さな光」が白い霞のように大空に横たわっていました。
曲の始めと終わりに、「星に願いを」の一小節が入っています。
ディズニーの「星に願いを」と同じくらい、好きな曲です。

ビリー・ジョエル(Billy Joel)|星に願いを(When You Wish Upon A Star)
https://www.youtube.com/watch?v=A0L5TnemXJs (YouTube)


デューク・エイセス|おさななじみ
https://www.youtube.com/watch?v=S31b7bqBfGhttps://www.youtube.com/watch?v=LbLO6C3J17M (YouTube)

60周年記念盤

中古価格
¥2,187から
(2021/7/2 16:36時点)


「続おさななじみ」など、その後の歌詞もあるようですが、やはり、曲としては、おさななじみの二人の子供たちが、同じように幼稚園に入った、というフレーズで繰り返されるのが、ほのぼのとして良いと思います。永六輔の詩には、本当にほのぼのとした、人の温かさを感じます。歌にはこのような人を包み込んでくれる曲も心に残ります。


三波春夫|明日咲くつぼみに
https://www.youtube.com/watch?v=QVApAWZKKBM (YouTube)

明日咲くつぼみに


この曲にまつわるエピソードを紹介します。

明日咲くつぼみに(No.100)|利ちゃんの ちょっといい話し
http://kobayashi2.fc2web.com/Goodstory/goodstory100.htm

作詞・永六輔と歌い手・三波春夫の曲を作り上げた深さを感じで感動を覚えます。

印象的なテレビ主題歌


映画「Always 三丁目の夕日」に出てくる鈴木家に近所の人たちがテレビを見に来るという場面は、まさに私たちの子供の頃そのままです。
自宅にテレビがなかった小学校低学年の頃、私も近所の医者の家に行って、土曜日と日曜日の午後6時から8時頃まで、毎週テレビを見せてもらいました。
その頃は、「スーパーマン」「お笑い三人組」「ホームラン教室」「私だけが知っている」「名犬ラッシー」「月光仮面」「やりくりアパート」等が人気番組で夢中になりました。

その後、自宅でテレビが観れるようになってからは、それこそテレビ中心の生活になりました。
「少年探偵団」「七色仮面」「白馬童子」「少年ジェット」「笛吹童子」「ナショナルキッド」「海底人8823」(かいていじんはやぶさ)「ローハイド」、「ララミー牧場」「サンセット77」「ミステリー・ゾーン」「怪傑ゾロ」「アンタッチャブル」「ボナンザ」「スター千一夜」「おとなの漫画」「ザ・ヒット・パレード」「それは私です」「若い季節」「七人の刑事」「夢で逢いましょう」「シャボン玉ホリデー」「兼高かおる世界の旅」など、番組名をあげればきりがありません。

その中で、テレビ番組主題歌として強く印象に残っている曲を紹介します。

月光仮面の主題歌(月光仮面は誰でしょう)
http://www.youtube.com/watch?v=oHpN4QuGc-U (YouTube)

  • 原作・主題歌・作詞: 川内康範
  • 主題歌作曲: 小川寛興
  • 歌: 近藤よしこ、キング小鳩会

月光仮面 [DVD]

新品価格
¥3,780から
(2013/6/25 10:56時点)

月光仮面」は、1958年から1959年までの約一年半の放映だったのですが、私の記憶では何年にもわたって放送されてた感じがします。
ストーリーは全く覚えていませんが、主演は大瀬康一で、悪役には、「サタンの爪」「マンモスコング」「どくろ仮面」などという悪役がいました。
主題歌の「月光仮面は誰でしょう」は、「どぉ~このだぁ~れかは、しらないけれど、だぁ~れもがみぃんなしぃ~ていぃるぅ~」と、今でもはっきりと覚えています。この主題歌は10万枚売れたとの事です。

快傑ハリマオ|三橋美智也
http://www.youtube.com/watch?v=HdN1U18IZpg (YouTube)

  • 歌: 三橋美智也
  • 作詞: 加藤省吾
  • 作曲: 小川寛興

あのころのテレビ主題歌 ベスト

新品価格
¥1,720から
(2013/6/25 10:59時点)

快傑ハリマオ」は、1960年4月から1961年6月まで放映されました。
こちらも、ストーリーは覚えていないのですが、「陳秀明」という悪役がいたことと、きれいなお姉さんが(後に「玲子」という役の「近藤圭子」という女優だと知りました)いたことを覚えています。
そして、主題歌を「三橋美智也」が歌っていたことを、後にカラオケで歌うようになってしりました。歌っていると気持ちが良くなる歌です。

「月光仮面」と「快傑ハリマオ」のいずれも、子供たちのヒーローでした。
その後、「ウルトラマン」「仮面ライダー」と子供たちの憧れる「正義の味方」シリーズとして引き継がれた、先駆け的番組でした。

ララミ―牧場(オープニング/エンディング)
http://www.youtube.com/watch?v=xMz-w5ExC_8 (YouTube)

  • 作曲: Cyril Mockridge

ララミー牧場 [DVD]

新品価格
¥25,181から
(2013/6/25 11:01時点)


デューク・エイセス|ララミ―牧場(日本語版主題歌)
http://www.youtube.com/watch?v=QBMvCHAYSxU (YouTube)

ファンタジック・メモリー 外国TV映画日本版主題歌コレクション

中古価格
¥4,160から
(2013/6/25 11:02時点)

ララミー牧場」は、日本では、1960年6月から1963年7月まで、日本教育テレビ(現テレビ朝日)で放送されました。
ジェス役のロバート・フラー(Robert Fuller)は大変な人気で、1961年4月に来日したときは社会現象的ブームとなりました。
また、番組の最後に、映画評論家の淀川長治が「西部こぼれ話」を担当していました。この番組をきっかけに、淀川長治は、「土曜洋画劇場」「日曜洋画劇場」の解説者となり、「さよなら、さよなら、さよなら」「また、お会いしましょう」という言葉で長く番組の顔として親しまれていました。
この主題歌を聴くと、「アメリカの西部だ!」「牧場だ!」という感じが強烈に伝わってきます。

夢であいましょう(2)


夢であいましょう(1)の続き

NHKで放送していた「夢であいましょう」は、日本のバラエティ番組の先駆けでした。特に、番組で紹介した「今月のうた」は、数多くのヒット曲を生み出しました。

「上を向いて歩こう」の他にも、ジェリー藤尾「遠くへ行きたい」、デューク・エイセス「おさななじみ」、梓みちよ「こんにちは赤ちゃん」、そして、北島三郎「帰ろかな」は、この番組が生んだヒット曲です。

「遠くへ行きたい」は、同名の紀行番組「遠くへ行きたい(日本テレビ系列、毎週日曜日の朝に放送。 1970年(昭和45年)10月4日放送開始の長寿番組)」のテーマソングでもあります。
一人旅の旅景色を一層郷愁のある旅として、観る者の印象をより深いものにしています。
番組開始当初は、「デューク・エイセス」が歌いました。
ジェリー藤尾 | 遠くへ行きたい
https://www.youtube.com/watch?v=tkdsJU4GtX8 (YouTube)

デューク・エイセスの「おさななじみ」は、本当にほのぼのとした、歌詞とメロディです。幼馴染が、結婚し、子供ができ、また、その子供が、また幼馴染を作っていくという、暖かさにあふれた歌です。
デューク・エイセス | おさななじみ
https://www.youtube.com/watch?v=LbLO6C3J17M (YouTube)

昭和38年のレコード大賞受賞曲「こんにちは赤ちゃん」も、この番組がきっかけです。
また、同じタイトル映画が、梓みちよ主演、主題化で作られました。
梓みちよ | こんにちは赤ちゃん
https://www.youtube.com/watch?v=hKxr4LYP78w (YouTube)

この番組の製作意図は「目で楽しめる音楽」を目指したとの事です。
「永六輔」作詞、「中村八大」作曲のこれらの曲は、暖かく、夢のある名曲が数多くありました。
そして、あの時代(昭和30年代)は、「西岸良平さん」の原作が漫画にある、映画「三丁目の夕日」で描かれている時代そのものです。終戦後の貧しさから経済成長へと向かう、希望とか、夢を日本人みんなが共有できた時代でした。
「夢であいましょう」はまさにそういった時代を背景としての「エンターテイメント番組」でした。

ALWAYS 続・三丁目の夕日[二作品収納版] [DVD]

中古価格
¥297から
(2021/6/4 17:54時点)