ダンス」タグアーカイブ

(c)KELLEPICS pixabay「湖上でダンス」(フリー素材)

マイ・フェイバリット・ダンス・ミュージック


季節は廻り今年も紅葉シーズンを迎えました。
都心の紅葉名所「明治神宮外苑」(東京都新宿区霞ヶ丘町)のイチョウ並木も色づきが進み見頃だそうです。

東京・明治神宮外苑のイチョウ並木も見頃に 各地の状況は(気象予報士 日直主任 2021年11月17日) – 日本気象協会 tenki.jp
東京・明治神宮外苑のイチョウ並木も見頃に 各地の状況は(気象予報士 日直主任 2021年11月17日) - 日本気象協会 tenki.jp

明治神宮外苑の「外苑便りブログ」でも、11月15日にイチョウ並木の様子を伝えています。

いちょう並木が見頃となりました。(明治神宮外苑|外苑便り)
いちょう並木が見頃となりました。(明治神宮外苑|外苑便り)

紅葉狩りにお出かけの際には、日中は暖かくても日が暮れると急に気温が下がり寒くなりますので、服装にご注意ください。

小康状態の新型コロナウイルス感染拡大ですが、12月に「第6波」の懸念があります。
感染対策に奇策はありません。
ワクチン接種の機会を逃さないようにして、日常では「複数人での飲食」「昼夜を問わず不要不急の外出」を自粛し、「テレワーク」を徹底し、一人一人が正し感染抑止に努めるしかありません。

さて11月のお気に入りのテーマは、11月29日が鹿鳴館の開館日に因む「ダンスの日」につき「ダンス」です。
当ブログ執筆者がお勧めする8組8曲の「ダンス」音楽を紹介します。

ウォーカー・ブラザーズ(The Walker Brothers)|ダンス天国(Land of a Thousand Dances)
https://www.youtube.com/watch?v=eQ_2zCHgJ5A (YouTube)

ダンス天国~ウォーカー・ブラザーズ・ベスト

中古価格
¥1,130から
(2021/11/17 23:16時点)

  • クリス・ケナーの曲ではありますが、ずっと記憶に残っているのは、ウォーカー・ブラザースの「ダンス天国」です。ウォーカー・ブラザースは1967年に来日し、TV番組「ビート・ポップス」「ザ・ヒットパレード」「ヤング720」に出演していたとおもいます。(Hiro)
  • スパイダースのカバーでも記憶があります。(Koji)

竹内まりや|恋の嵐
https://www.youtube.com/watch?v=e-sp-otc-2A (YouTube)

Expressions (通常盤)

中古価格
¥2,781から
(2021/11/17 23:18時点)

  • ダンス、ダンス、ダンス、この繰り返しが、ブレーキのきかない激しい恋に落ちていく情景を想像させました。(Hiro)
  • 「PLASTIC LOVE」のアナログ・シングル盤がリリースされるなど話題ですが、このような感じの曲も大好きです。(MAHALO)

朝倉さや|俺ら東京さ行ぐだ(吉幾三)
https://www.youtube.com/watch?v=1-EhTfTpW7c (YouTube)

新・東京(SHM-CD)

新品価格
¥1,190から
(2021/11/17 23:24時点)

  • 日本語ラップの元祖と言われる吉幾三のこの曲を民謡日本一の山形娘「朝倉さや」がカバーしています。monolog(Yuki Kanesaka)による編曲が新たな融合を生み出しています。(Koji)

アバ(ABBA)|ダンシング・クイーン(Dancing Queen)
https://www.youtube.com/watch?v=xFrGuyw1V8s (YouTube)

ABBA 40/40~ベスト・セレクション(SHM-CD)

中古価格
¥2,156から
(2021/11/17 23:25時点)

  • 「ダンス」で真っ先に浮かぶのはこの曲です。スウェーデンのコーラスグループというのが何故か新鮮でした。(Koji)
  • 懐かしいです。最近、ニューアルバム「The Voyage」がヒットしているようです。(Hiro)
  • 1974年発表曲!当方はランドセルを背負っていた頃ですがよく覚えています。(Yama)

オーリアンズ(Orleans)|ダンス・ウィズ・ミー(Dance With Me)
https://www.youtube.com/watch?v=PdBmVjsJXlk (YouTube)

DANCE WITH ME – The Best of Orleans

中古価格
¥680から
(2021/11/17 23:27時点)

  • 今回のテーマで一番に思いついたのがこの曲です。ホーカル、ハーモニーの良さもですが、ギター好きにはこのアコースティック・ギターのサウンドが心地良く、名曲ですね。(MAHALO)
  • 名曲ですね。(Hiro)
  • 成人後、70年代オムニバスCDで繰り返し聞きました。(Yama)

スパイロ・ジャイラ(Spyro Gyra) |モーニング・ダンス(Morning Dance)
https://www.youtube.com/watch?v=AIq_co8f7yc (YouTube)

モーニング・ダンス(期間生産限定盤)

中古価格
¥941から
(2021/11/17 23:27時点)

  • フュージョン・ブームの真っ只中、この曲を初めて聞いた時は感激しました。メロディー・ラインの良さ、アレンジの良さなど今でも私の定番曲です。(MAHALO)

シンディ・ローパー(Cyndi Lauper)|ハイ・スクールはダンステリア(Girls Just Want to Have Fun)
https://www.youtube.com/watch?v=PIb6AZdTr-A (YouTube)

グレイテスト・ヒッツ

中古価格
¥567から
(2021/11/17 23:30時点)

  • ベストヒットUSAで見たプロモーションビデオのインパクトが強く、かつ原題と邦題のかけ離れっぷりが印象的でした。当時マドンナと比較されがちで、軽音楽同好会の友人と連日のようにシンディ派対マドンナ派で口論しました。(Yama)
  • 当時、私もPVを見て好きになりレコードを購入し毎日のように聴いていました。アルバムはこの曲以外にも「She Bop」、そして「Time After Time」など良い曲ばかりです。(MAHALO)

荻野目洋子|ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)
https://www.youtube.com/watch?v=gWFX_JqYYt8 (YouTube)

ゴールデン ベスト 荻野目洋子

中古価格
¥938から
(2021/11/17 23:30時点)

  • 長年「とんねるずのみなさんのおかげです」のコントで多用され、2017年には「大阪府立登美丘高等学校ダンス部」の「バブリーダンス」 https://www.youtube.com/watch?v=Lxr9tvYUHcg で再ブレイク。「平野ノラ」の功績が大きいです。(Yama)
  • 時代時代で、いろいろな形で扱われるのはやはり名曲だと思います。(Hiro)
  • いつのまにかバブルの象徴的な曲になってしまいました。(Koji)
  • 懐かしいです。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

音楽があるところに踊りあり~2,000万回再生されたプロポーズ・ダンス



「音楽」と「踊り」は、昔からきっても切れない関係のものだと思います。
なんといっても、小さい頃に観た映画「日本書記」で、天照大神が須佐之男命に怒って、天岩戸に引き篭ってしまい、その天照大神を岩戸から出すために、「歌って踊って、楽しく騒ぐ」というシーンがあったことを思い出します。
どんな楽器を使い、どんな歌を歌い、どんな踊りを踊ったかは、ほとんど覚えてはいないのですが・・・。
「音楽」と「踊り」ということでは、「日本誕生」のこのシーンはとても強烈な印象で、今でも記憶に残っています。

日本誕生(1959年10月公開)

  • 監督:稲垣浩
  • 脚本:八住利雄、菊島隆三
  • 出演:三船敏郎
  • 音楽:伊福部昭

映画「日本誕生」予告編
https://www.youtube.com/watch?v=K2t4aogM2Dc (YouTube)

日本誕生 [DVD]

新品価格
¥3,839から
(2013/8/2 18:40時点)

「須佐之男命」を三船敏郎、「天照大神」を原節子、そして天照大神がちょっと開けた岩戸をさらに広げる力持ちの「手力男命」を相撲の朝汐太郎(3代)がその場面を演じています。

音楽と踊りといえば、若いころよく「ディスコ」で一列になり、同じ振り付けで曲に合わせて踊る光景をみました。そして、思い浮かぶのは、「KENTOS」などでよく聴いた、チャビー・チェッカー (Chubby Checker)の 「Let’s Twist Again」(1962年リリース)です。

CHUBBY CHECKER|Let’s twist again
https://www.youtube.com/watch?v=eh8eb_ACLl8 (YouTube)

Let’s Twist Again

新品価格
¥520から
(2013/8/2 18:41時点)

当時通ったKENTOSでも、この曲がかかるとお客さん同士が、曲に合わせて「ツイスト」を踊りだしました。
YouTubeでその映像をたくさんみつけることができます。いかにこの曲で「ラインダンス」を世界中の人たちが踊っているかがよくわかります。

YouTubeで「Let’s twist again」を検索

中には子供たちの学芸会のようなところでもこのLet’s twist againに合わせて踊っています。これは、この曲とその振りで、次々と年代を超えて、多くの人たちが歌い踊り続けて行くということではないでしょうか。

歌詞の中に、次のフレーズがあります。

Come on let’s twist again,
Like we dis last summer!
Yeaaaah, let’s twist again,

この乗りで、をみんなで揃って踊ると、それを観てる人たちも踊りだしたくなるのだと思います。そして、歌とダンスで相乗的に広まって、歌が大ヒットしていったのではと思います。だから、音楽と踊りとはやっぱり一対だと思います。
もちろん、音楽には、演者が聴衆に一方向で聴かせるというところもあります。
ただ、演者と聴衆が一体になって楽しむというと、踊りの要素は大変、大きいのではないかと思うのです。

そして、同じようなインパクトを受けた曲が、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)の「Marry You」(2011年リリース)です。

Bruno Mars|Marry You
https://www.youtube.com/watch?v=8lqF_huno40 (YouTube)

ドゥー・ワップス&フーリガンズ(生産限定スペシャル・プライス盤)

新品価格
¥1,701から
(2013/8/2 18:46時点)

YouTubeで2,000万回以上再生された、結婚のプロポーズをバックアップするライブのリップダブ*ダンスです。

Isaac’s Live Lip-Dub Proposal

「Marry You」はシンプルで乗りの良いリズムで、「結婚しよう」を繰り返し歌います。それにダンスが振り付けられると、その曲とダンスをそれぞれ組み合わせて、さらに結婚するカップルへのセレモニーになります。
この曲も次々と歌とダンスに合わせてどんどん広がっていくのでしょう!

さて、ちょっと数学的「集合」でこの傾向を表すと(すみません、遊びです)、 「音楽があれば」ならば「踊る」という命題が成り立つとき、 「音楽があれば」を「踊る」の十分条件と呼ぶ。 逆に”「踊る」ならば「音楽がある」という命題がなりたつとき、「踊る」は「音楽がある」の必要条件という。
また、「音楽があれば」ならば必ず「踊る」、「踊る」ときは必ず「音楽がある」という両方の 命題が成り立つとき、 「音楽があれば」は「踊る」の必要十分条件であるといえます。このとき「音楽があれば」と「踊る」は同値であると言えると思います。
この必要十分条件を満たすと、その曲は結構息の長い親しみのある曲として歌い継がれるように思います。

編集部注:「リップダブ」とは、楽曲にあわせて口パクするパフォーマンスです。