お買い得な「箱入り」CD(1)「シカゴ(Chicago)」


昨年末に、2組みのCD-BOXを購入しました。アルバムをまとめて復刻したアルバム・ボックスCDです。「箱入り」と呼ばれるやつです。

最初に紹介するのは「シカゴ(Chicago)」のボックスCD「Studio Albums 1969-78」です。

シカゴを最初に聴いたのは、中学生の頃です。
同級生の殆どは、洋楽なら「ビートルズ(The Beatles)」や「サイモン & ガーファンクル(Simon & Garfunkel)」を聴いた時分です。
私もその1人でしたが、ある日ラジオから流れたシカゴの「長い夜(25 or 6 to 4)(’70)」に衝撃を受けました。
メロディーもですが、当時、初めて耳にしたロックにブラスが加わる「ブラス・ロック」は、サウンドに厚みと深さが加わり、新鮮で感動しました。
また、間奏などで弾きまくる「テリー・キャス(Terry Kath)」のギター・テクニックに驚いたものです。

直ぐにシカゴのレコードが欲しくなりましたが、シングル盤でも400円でしたから、中学生の私には高価で、お小遣いを貯めてやって購入した記憶があります。
また、シカゴのLPレコードは、デビュー・アルバムからサード・アルバムまで2枚組みだったので、すべて4,000円近い値段であり、購入することも出来ませんでした。
だから、シカゴで最初に購入したLPレコードは、星条旗をイメージしたバックにシカゴのロゴが描かれたジャケットのベスト・アルバムでした。

そこに輪を掛けて、4枚目のアルバム「シカゴ・アット・カーネギー・ホール(Chicago At Carnegie Hall)」は、4枚組みのライブ盤としてリリースされました。確か日本盤は7,800円と高価でした。シカゴを聴きたい私にとっては殆どイジメです。
しかし、このアルバムはどうしても欲しくて、お年玉や小遣いをこつこつと貯めて、やっとの思いで購入しました。懐かしい思い出です。
その後、シカゴのアルバムは、12~13枚目迄は購入しましたが、殆ど手放してしまいました。今も手元に残っているのは最初に購入したベスト盤と「シカゴ・アット・カーネギー・ホール」の2枚です。

また、このブログを書くにあたり、シングル盤をチェックしたら、何と「ロウダウン(Lowdown)」の初来日記念としてリリースされた「日本語盤」を見つけました。訳詞は北山修でした。あのシカゴでも、当時はこのような企画盤もリリースしたのだと、笑ってしまいました。
MAHALO_CH_LD_PIC

やはりシカゴには思い入れがあり、あらためて初期の作品をCDで揃えようかと思っていたところ、このボックス・セットを見つけたので、早速購入しました。

内容は、「Chicago Transit Authority」から「Hot Street」迄の10枚組みです。何れも海外盤らしい雑な作りの紙ジャケットがボックスに収められていただけです。特典やライナーなどは無く、ただCDでシカゴの曲を聴くだけの商品です。

ただ、私は2,500円を切った価格で購入できたので、CD 1枚当たり250円以下と安く、私のように聴くことが目的であればお勧め出来るCD-BOXです。

収録アルバムリスト

  • Chicago Transit Authority (シカゴの軌跡)
  • Chicago (シカゴと23の誓い)
  • Chicago III
  • Chicago V
  • Chicago VI (遥かなる亜米利加)
  • Chicago VII (市俄古への長い道)
  • Chicago VIII (未だ見ぬアメリカ)
  • Chicago X (カリブの旋風)
  • Chicago XI
  • Hot Street

では、このCD-BOXの中から、私が最初にシカゴと出会った曲「長い夜(25 or 6 to 4)」、私の大好きな「ビギニングス(Beginnings)」、そしてシカゴと言えばこの曲と言われる大ヒット「サタデー・イン・ザ・パーク(Saturday In The Park)」をご紹介します。

Chicago | 25 or 6 to 4
http://www.youtube.com/watch?v=XvnDd-meR6M (YouTube)

Chicago | Beginnings
http://www.youtube.com/watch?v=XI5aD6m7ub0 (YouTube)

Chicago | Saturday In The Park
http://www.youtube.com/watch?v=f-Eplv6PDvE (YouTube)

Studio Albums 1969-78

新品価格
¥2,458から
(2013/1/7 00:41時点)

At Carnegie Hall

新品価格
¥2,413から
(2013/1/7 00:57時点)

お買い得な「箱入り」CD(2)へ続く

関連記事

1 thought on “お買い得な「箱入り」CD(1)「シカゴ(Chicago)」

  1. ピンバック: お買い得な「箱入り」CD(2) | TokyoとBostonをつなぐ音楽ブログ

コメントは停止中です。