昭和30年代の想い出の男性歌手「フランク永井」「村田英雄」「三橋美智也」


私が小学生低学年の頃、口ずさんだ歌を歌った3人の男性歌手を紹介します。
この「昭和を代表する男性歌手」のくくりにおいては、他にも「三波春夫」「春日八郎」「藤山一郎」などヒット曲をもつ有名な男性歌手は数多くいます。しかし、私はこの3人の歌が子供ごころに印象に強く残っています。

  • フランク永井

フランク永井(ながい)の曲で私がよく口ずさんだ曲は、「君恋し」です。
この曲は1961年の日本レコード大賞受賞曲です。低音が「フランク永井」の魅力と言われていて、一所懸命低音で歌おうとしたことと、ビブラートをきかせて歌う歌い方などで、誰に聴かせるでもありませんが、一人で歌って遊んでいました。
フランク永井|君恋し
https://www.youtube.com/watch?v=y490ZcD4Jlg (YouTube)

  • 歌: フランク永井
  • 作詞: 時雨音羽
  • 作曲: 佐々紅華

フランク永井 ベスト&ベスト PBB-09

新品価格
¥1,060から
(2013/7/16 12:06時点)

フランク永井の歌は、「重量感」があって、そして「ぬくもり」のある音質、だと思います。ヒット曲は数多くあり、「夜霧の第二国道」「有楽町で逢いましょう」 「東京ナイト・クラブ」 「大阪ぐらし」「おまえに」など、これからも長く歌い継がれていく曲だと思います。

  • 村田英雄

村田 英雄(むらた ひでお)は、5歳のときから浪曲の世界に入り、13歳で真打昇進、14歳で「酒井雲坊一座」の座長となって九州で公演を続けていました。25才で「村田英雄」と改名して、浪曲の世界では若手浪曲師として大変注目されるようになりました。
良く知られていることですが、三波春夫(歌手)は、もともと浪曲の世界にいましたが、村田英雄の浪曲の世界での血筋、経験、人気を目のあたりにして、浪曲の世界に見切りをつけ、「歌謡曲」の世界に転向したというのは有名な話です。

さて、私の好きな曲は、テレビドラマの主題歌「柔道一代」です。

村田英雄|柔道一代
https://www.youtube.com/watch?v=Lzvz1x3vmc8 (YouTube)

  • 歌: 村田英雄
  • 作詞:星野哲郎
  • 作曲:山路進一

決定盤 村田英雄大全集

新品価格
¥2,938から
(2013/7/16 12:08時点)

ドラマ「柔道一代」は、御木本伸介の主演で、講道館創設者「嘉納治五郎」が柔道塾を開き、海外に柔道を広めるまでを、講道館の四天王の活躍などをエピソードとして描いていました。
村田英雄のヒット曲には、「王将」「皆の衆」「人生劇場」などがあります。任侠映画に出演したり、バラエティー番組やコント番組などに出演して、ものまねをされたりで、いろいろ幅広く活動していました。

  • 三橋美智也

三橋美智也(みはしみちや)は、子供の頃から民謡歌手として活動していて、11歳で全道民謡大会で優勝しています。その後、歌謡曲、演歌の歌手としてデビューして、次々にヒット曲をだしました。
「哀愁列車」「夕焼けとんび」「古城」「達者でナ」「星屑の町」などは、私が今でもカラオケで歌う曲です。その他にも多くのミリオンセラー曲を出しました。
民謡をベースにした伸びとつやのある美声は、一度聴いたら忘れられなくなります。
生涯のレコード売上は1億600万枚、18曲がミリオンセラーを記録し、代表曲の一つ「古城」の売上は300万枚売れたとの事です。
私は、「快傑ハリマオ」も大好きな一曲ですが、この「星屑の街」がやはり一番好きです。

三橋美智也|星屑の町
https://www.youtube.com/watch?v=o9R2t_UbB3E (YouTube)

  • 歌: 三橋美智也
  • 作詞:東條寿三郎
  • 作曲:安部 芳明

三橋美智也全曲集

新品価格
¥2,585から
(2013/7/16 12:16時点)

三橋美智也の歌い方の特徴である「高く透き通っ張りのある声」と、独特のこぶしは、聴いていてとても気持ちが良くなります。私ももちろん、カラオケでは下手なりに気持ち良く歌います。

まさに三人三様です。
フランク永井は、進駐軍キャンプの地廻りのJazzや洋楽畑から、村田英雄は、浪曲から、そして三橋美智也は民謡の出身です。それぞれ歌った曲調も違うのですが、私からすると昭和の日本の歌、男性歌手ということで何か同じテイストを感じます。
もちろん、三人とも大変歌が上手であるということはあるのですが、私たちの心に訴える何かを持っている歌手だと思います。そして、もちろん、多くの歌がいつまでも忘れられない曲となっています。

関連記事