「Ever Green」な曲


知り合いから、『映画行脚』(河出書房新社)という本を紹介いただき、読みました。
内容は映画好きで知られる池波正太郎さんと、映画評論家の淀川長治さんの対談集で、ゲストに山田洋次監督や古谷綱正さんが登場します。

映画行脚

中古価格
¥345から
(2012/12/20 10:43時点)


この本の中で、池波さんは次のように語っています。

「今の時代(対談が行われた昭和50年~60年)は大人の感覚が失われつつある。政治から演劇から映画に、大人の感覚、大人が楽しむ感覚が失われてきた気がする。子供たちは「大人」の真似をしながら成長して行ったものだけれど、最近では大人が子供の真似をするようになってしまった」

1975年~1985年...。
ちょうど私たちが、大人になった時代です。

また、この本を紹介してくださった方は、次のようにコメントしています。

「音楽の世界でも、以前は大人向けの音楽を子供が背伸びして聴きながら感覚を身につけて行ったものですが、今では大人の中にも若者向けの曲を追いかけている人が少なからずいます。それだけ大人の鑑賞に耐えうる作品が生まれて無いことも原因でしょうが・・・」

これらが、我々が、このブログを始めた動機でもあり、このブログの「コンセプト」です。
1960年代以降に作られたの数々の名曲は、「Ever Green」の味わい深い歌詞と美しいメロディ、そして演奏者たちの歌、演奏、それらが一体となって私たちの心に安らぎと感動を与えてくれます。これまで、名曲の数々に触れながら人生を歩んで来られた私たちは、本当に幸せなことだと思います。
この想いを少しでもみなさんとシェアできたら、4名でこのブログを始めました。

ちなみに、私の「Ever Green」な曲は、次の3曲です。

チック・コリア(Chick Corea) | ラ・フィエスタ(La Fiesta)
この曲は、学生時代に、吉祥寺のジャズ喫茶「Funky」(現在はジャズバー「Funky」)でよく聴きました。3拍子のところは本当に踊りだしたくなります。

https://www.youtube.com/watch?v=bzCYhw4FBwg (YouTube)

リターン・トゥ・フォーエヴァー

新品価格
¥1,524から
(2012/12/20 10:44時点)


シルビーバルタン(Sylvie Vartan) | アイドルを探せ(La Plus Belle Pour Aller Danser)
中学生の時に初めて買ったレコードはこの曲でした。
https://www.youtube.com/watch?v=2k85qt69hZE (YouTube)

あなたのとりこ~シルヴィ・バルタン・ベスト・コレクション

新品価格
¥2,000から
(2012/12/20 10:45時点)

沢田研二 | 君をのせて
カラオケで良く歌います。
https://www.youtube.com/watch?v=BLE3ED3wbEo (YouTube)

沢田研二 A面コレクション

新品価格
¥4,281から
(2012/12/20 10:47時点)

関連記事

「Ever Green」な曲」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 「Ever Green」な曲を私も | TokyoとBostonをつなぐ音楽ブログ

コメントは停止中です。