澄み切った夜空と満天の星を奏でるインスト・バンド


ザ・ベンチャーズ、シャドウズが活躍した頃、ザ・スプートニクス(The Spotnicks)という、1961年に結成されたスウェーデンのインストルメンタル・グループがありました。
巷では、ザ・ベンチャーズ、シャドウズ、ザ・スプートニクスを世界3大エレキバンドと呼びます。

ザ・スプートニクス・プレミアム・ベスト

新品価格
¥3,024から
(2013/3/13 15:39時点)


ボー・ウインバーグ(リード・ギター)、ビョーン・テリン(ベース)、ボブ・ランダー(ギター&ボーカル)、ピーター・ウインズネス(キーボード&ボーカル)、ジミー・ニコルス(ドラムス)の5人のメンバーです。
スプートニクス・サウンドは、澄み切った夜空と満天の星を想いうかび、透明感と哀愁の漂う音色です。そもそも、「スプートニク」とは、旧ソ連(現在はロシア)が1957年に世界で初めて打ち上げに成功した人工衛星の名前です。彼らは宇宙を意識したコスチュームを着て演奏していました。

ザ・スプートニクス(The Spotnicks)|KARELIA(霧のカレリア)
http://www.youtube.com/watch?v=Nj7wKC-9TpM (YouTube)

曲の途中にロシア民謡「トロイカ」のメロディーが入っています。

「霧のカレリア」にそっくりな曲に「哀愁のカレリヤ」というのがあります。演奏は「ザ・フィーネーズ(The Feenades)」フィンランドのバンドとなっています。ただし、このバンドはザ・スプートニクスがスウェーデンで売れる前に、ボー・ウインバーグが別メンバーとフィンランドで録音していたものとの事です。

ザ・スプートニクスは、1966年に日本に初来日しました。
そして、日本人が作った曲も演奏しています。「涙のギター」「夢みるギター」等です。
1966年にリリースされた 「モスクワの灯」も日本人の中島安敏氏が作曲しました。
ロシア民謡「ともしび」のメロデイーが挿入されています。
本当に、しっとりとして、心温まる曲だと思います。

ザ・スプートニクス(The Spotnicks)|Moscow(モスクワの灯)
http://www.youtube.com/watch?v=i6-7cQL0aEM (YouTube)

「スプートニクス」のサウンドとは、ちょっと違った乗りのいい曲があります。

ザ・スプートニクス(The Spotnicks)|ジュピター・スペシャル(Jupiter Special)
http://www.youtube.com/watch?v=RBfGHv3Mlx8 (YouTube)

この曲をはアパレルブランドの「earth music&ecology(アース ミュージック&エコロジー)」がBGMに使う、宮崎あおい主演の不思議で面白いCMがあります。

earth music & ecology CM 宮崎あおい主演 「カフェにて」篇
http://www.youtube.com/watch?v=B1zxgZWOZAA (YouTube)
earth music & ecology CM 宮崎あおい主演 「路上にて」篇
http://www.youtube.com/watch?v=dG62vx9PCII (YouTube)
earth music & ecology CM 宮崎あおい主演 「埠頭にて」編
http://www.youtube.com/watch?v=FQ-SlA7YUcA (YouTube)
earth music & ecology CM 宮崎あおい主演 「出口」篇
http://www.youtube.com/watch?v=raSp22u8ofI (YouTube)

ザ・ベンチャーズのように、最近は来日はしていませんが、今でも演奏活動を行っているとの事です。

関連記事