優しい雨男「石原裕次郎」


先日タクシーに乗った時、運転手さんが、石原裕次郎の曲をずっとかけていました。私も久しぶりに聴くので思わず聴き入ってしまいました。今年は8月末から雨の日が多かったのですが、運転手さんが、「石原裕次郎は雨男だったらしいよ」とポツリと。
所謂、大事な行事のときはいつも雨だったそうです。お通夜、告別式、本葬、四十九日忌も雨だったそうです。そして、好きな花はあじさいだったとのことで、「命日」は「あじさい忌」と呼ばれているそうです。

石原裕次郎|二人の雨
https://www.youtube.com/watch?v=qfxoERYnjX8&feature=youtu.be&t=197 (YouTube)

石原裕次郎ベストヒット30

中古価格
¥3,100から
(2021/7/8 16:36時点)


タクシーの中でかかっていた曲で、私は初めて聴いた曲でした。何んていう曲か聞いたら、「雨の二人」という曲だと教えてくれました。
「石原裕次郎」独特のやさしい歌い方、声、そしてちょっと変わった「こぶしっぽい」ところが、メロディー、歌詞にマッチしていて、ほのぼのとした男女の雨ににじんだシーンが浮かんできます。

「石原裕次郎」は戦後の青春映画の大スターです。そして、その時々で話題となる映画もプロデュユーサー兼主演男優として数多く撮っています。主な出演映画は、以下の通りです。

  • 「太陽の季節」(古川卓巳監督、1956年5月17日公開、日活、伊豆役)
  • 「狂った果実」(中平康監督、1956年7月12日公開、日活、滝島夏久役)
  • 「鷲と鷹」(井上梅次監督、1957年9月29日公開、日活、千吉役)
  • 「俺は待ってるぜ」(蔵原惟繕監督、1957年10月20日公開、日活、島木譲次役)
  • 「嵐を呼ぶ男」(井上梅次監督、1957年12月28日公開、日活、国分正一役)
  • 「風速40米」(蔵原惟繕監督、1958年8月12日公開、日活、滝颯夫役)
  • 「赤い波止場」(舛田利雄監督、1958年9月23日公開、日活、富永二郎役)
  • 「紅の翼」(中平康監督、1958年12月28日公開、日活、石田康二役)
  • 「あじさいの歌」(滝沢英輔監督、1960年4月2日公開、日活、河田藤助役)
  • 「天下を取る」(牛原陽一監督、1960年7月13日公開、日活、大門大太役)
  • 「あいつと私」(中平康監督、1961年9月10日公開、日活、黒川三郎役)
  • 「堂堂たる人生」(牛原陽一監督、1961年10月22日公開、日活、中部周平役)
  • 「憎いあンちくしょう」(蔵原惟繕監督、1962年7月8日公開、日活、北大作役)
  • 「花と竜」(舛田利雄監督、1962年12月26日公開、日活、玉井金五郎役)
  • 「太平洋ひとりぼっち」(市川崑監督、1963年10月27日公開、日活、青年役)
  • 「黒部の太陽」(熊井啓監督、1968年2月17日公開、日活、岩岡役)
  • 「栄光への5000キロ」(蔵原惟繕監督、1969年7月15日公開、松竹、五代高之役)
  • 「富士山頂」(村野鐵太郎監督、1970年2月28日公開、日活、梅原悟郎役)

など、大作といわれる映画を数多く撮っています。

また、テレビ番組も、

  • 「太陽にほえろ!」(1972年7月-1981年5月、1981年12月-1986年6月、1986年11月、日本テレビ)- 藤堂俊介・捜査第一係長(通称・ボス)
  • 「大都会」シリーズ(日本テレビ)
  • 「西部警察」シリーズ(テレビ朝日)

など、ヒット・シリーズを残しています。

もちろん、歌も「銀座の恋の物語」、「二人の世界」、「夜霧よ今夜も有難う」を含め数多くのヒット曲があります。

中でも「石原裕次郎」というと、「赤いハンカチ」を思い出します。

石原裕次郎|赤いハンカチ
https://www.youtube.com/watch?v=xlGMJdjMWmQ (YouTube)

トリプルベスト 石原裕次郎1「赤いハンカチ/嵐を呼ぶ男/他」

中古価格
¥1,220から
(2021/7/8 16:36時点)


「赤いハンカチ」は、1962年10月に発売されました。何故か「アカシア」という言葉に昭和の匂いを感じます。
「アカシアの雨がやむとき」という「西田佐知子」のヒット曲、そして、「北原白秋」の「この道」の「この道はいつか來た道。ああ、さうだよ、あかしやの花が咲いてる」という詩など…。
そして、この歌を思い出すのは、仕事の元同僚とカラオケに行くと、同僚の十八番がこの、「赤いハンカチ」だからからでもあります。

そして、1987年4月21日発売の石原裕次郎の最後のシングル曲「わが人生に悔いなし」。リリースの3ヶ月後に52才で亡くなりました。

石原裕次郎|わが人生に悔いなし
https://www.youtube.com/watch?v=K_-7aMAdFXI (YouTube)

石原裕次郎 ベスト KB-55

中古価格
¥879から
(2021/7/8 16:35時点)


「石原裕次郎」が多くの人に慕われている理由として、
「人に困っていることがあると自ら率先して助けてあげるべく動く」、「人の悪口は絶対に口にするな」、「人にしてあげたことはすぐ忘れろ、人にして貰ったことは生涯忘れるな」という生き方を実践していたことにあるように思います。

昭和の価値観には、お金とか競争での勝ち負け、とか一種ぎらぎらしたところもありましたが、義理人情にも通じる、「やさしさ」の価値観も大きかったと思います。人の「知性」とは、「知識」では無く、この「やさしさ」ではないかと思います。
石原裕次郎の歌には、この「やさしさ」をとても感じます。

関連記事