身近になりつつある「野毛」と「ちぐさ」


またまた、仕事の絡みで野毛に行く機会がありました。

Wikipediaで、野毛の成り立ちを知りました。
それで、この野毛の街並みの独特の雰囲気が理解できたように思いました。

新宿、渋谷、それぞれの繁華街には、「○○横町」という独特の雰囲気を醸し出す飲み屋街があります。野毛の商店街・飲み屋街も独特なものがあります。

野毛は、同性愛者(ゲイ・タウン)の街とか言われたり、また、ラブホテル、風俗店、ソープランドなどが結構あるのですが、今は、そういったところよりも、居酒屋、飲食店、バー、などの趣のある小じんまりした店も多く、カップルや女性客のグループなども居酒屋で飲んでいる光景が良く見られます。

横浜・野毛の商いと文化

中古価格
¥1,019から
(2015/8/21 17:56時点)


そして、野毛にきたら、寄るのは、やはり、Jazz喫茶ちぐさです。

これで、「ちぐさ」に寄るのは5度目になります。相変わらず、如何にもJazz喫茶のマスターらしいマスター、客も私と同じ年代と思われる、その昔、吉祥寺、新宿、四谷、渋谷、水道橋、お茶の水などのJazz喫茶に通っていた元学生、、、

今回かかったレコードは、次の通りです。

アート・ペッパー、テッド・ブラウン(Art Pepper and Ted Brown)|The Complete Free Wheeling Sessions

Complete Free Wheeling Sessions by PEPPER,ART / BROWN,TED (2014-01-28) 【並行輸入品】

新品価格
¥3,220から
(2015/8/7 15:52時点)


テッド・ブラウンカルテット(Ted Brown Quintet) | 中国行きのスロウ・ボート(On a Slow Boat to China)
https://www.youtube.com/watch?v=ddl_0a_k4dU (YouTube)
この曲の乗りがすきです。

そして、この人も歌っています。
ポール・マッカートニー (Paul McCartney) | 中国行きのスロウ・ボート(On a Slow Boat to China)
https://www.youtube.com/watch?v=raKntv51pL4 (YouTube)

ジョージ・シェアリング(george shearing)|shearing on stage

シアリング・オン・ステージ!

新品価格
¥2,980から
(2015/8/7 15:53時点)


ジョージ・シェアリング(george shearing)|9月の雨(september in the rain)
https://www.youtube.com/watch?v=lJHwc5co6iI (YouTube)

ジョージ・シアリング”といえば「9月の雨」というぐらい有名です。
盲目でありながらバンドリーダーとなって作曲も担当し
名曲「バードランドの子守唄」を生み出した
クールというより小粋なジャズピアノ♪

youtube コメント

アル・ヘイグ(Al Haig)|Jazz will o the wisp

Jazz Will-O-the-Wisp/Al Haig Trio

新品価格
¥1,358から
(2015/8/7 15:55時点)


絶妙なバランス感覚の演奏です。演奏者の音楽的知性とか教養を感じてしまいます。ノリのよい、ご機嫌な演奏というだけでなく、「ジャズもやっぱり美しくなきゃ」と考えてしまいます。

アル・ヘイグ(Al Haig)|ロマンチックじゃない?(Isn’t It Romantic)
https://www.youtube.com/watch?v=rgND72PucH8 (YouTube)

スタン・ゲッツ(Stan Gets)|for musians only

For Musicians Only

新品価格
¥867から
(2015/8/7 15:55時点)


曲に「哀愁風味」があり、ガレスピーも凄し、スティットも絶好調、その間に挟まれてゲッツもすばらしい。他者のソロの時に、二人がバックでソロを煽る。

スタン・ゲッツ(Stan Gets)|黒い瞳(dark eyes)
https://www.youtube.com/watch?v=pPbT-96qHZc (YouTube)

  • Dizzy Gillespie – trumpet
  • Sonny Stitt – alto sax
  • Stan Getz – tenor sax

私も小一時間いましたが、店内はほぼ満員。もちろん、エルダーな方々が多く、若い方は数名。
でも、「ちぐさ」にくると、20代のあのジャズ喫茶通いがつい昨日のように蘇ってきます。また、お邪魔します。

関連記事