月別アーカイブ: 2020年2月

(C)Mizuho ぱたくそ バレンタイン用プレゼント画像

マイ・フェイバリット・ハート・ミュージック


2月19日(水)に二十四節気の「雨水」を迎えて、また寒気が衰えました。
今年は冬将軍の出番が少なく、関東の平野部では「スタッドレスタイヤ」が役目を務めることなく、このままお蔵入りになりそうです。

やはり暖冬?3月も暖かい? 花粉対策を 1か月予報(日直予報士 2020年02月13日) – 日本気象協会
https://tenki.jp/forecaster/keiko_mochizuki/2020/02/13/7477.html

最新の1か月予報ではホワイトデーの頃にかけて、平年より気温の高い状態が続く予想で、今年は「心ときめく」春の訪れが早くなるようです。

さて、2月のテーマはバレンタインデー月に因み「心」「ハート」です。ハートマークは恋や愛をあらわすマークとして世界中で使われています。

当ブログ執筆者がお勧めする8組8曲のハート・ミュージックを紹介します。

トニー・ベネット(Tony Bennett)|霧のサンフランシスコ(I Left My Heart In San Francisco)
https://www.youtube.com/watch?v=SC73kdOL5hk (YouTube)

トニー・ベネットのすべて

新品価格
¥1,578から
(2020/2/18 22:47時点)

  • サンフランシスコにあるフェアモント・ホテルには、トニー・ベネットの銅像が立っています。ベネチアンルームで初めて「想い出のサンフランシスコ」歌ったとのことです。(Hiro)

ビートルズ(The Beatles)|アンド・アイ・ラヴ・ハー(And I love her)
https://www.youtube.com/watch?v=EmyRKycsW7E (YouTube)

ザ・ビートルズ 1962年~1966年

新品価格
¥2,880から
(2020/2/18 22:59時点)

  • まさに、愛の歌。なんでこんなにも、心にしみるのだろう。(Hiro)
  • ビートルズの曲の中でも最初に好きになった1曲です。(Koji)

セリーヌ・ディオン(Céline Dion)|タイタニック・愛のテーマ(My Heart Will Go On)
https://www.youtube.com/watch?v=EcU0qbV70rU (YouTube)

ザ・ベスト・ソー・ファー…2018ツアー・エディション(通常盤)

新品価格
¥5,129から
(2020/2/18 23:01時点)

  • 映画「タイタニック」のこの歌のシーンとセリーヌ・ディオンの歌声は永遠です。(Koji)

中元みずき|イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに
https://www.youtube.com/watch?v=7h4oYLRInNM (YouTube)

アナと雪の女王 2 オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,700から
(2020/2/18 23:02時点)

  • ディズニー映画『アナと雪の女王 2』の日本語版エンドソングはテレビ東京の『THEカラオケ”バトル』で見たことのあった中元みずきが歌っています。新人歌手の抜擢は異例のようです。(Koji)
  • ミュージックステーション主演時のインタビューで、2日前までコンビニでアルバイトをしていたと答えていました。実力派歌手の面目躍如たる歌唱力です。(Yama)

Pieces Of A Dream|Give U My Heart
https://www.youtube.com/watch?v=KOqKKSOHGwY (YouTube)

Soul Intent

新品価格
¥1,488から
(2020/2/18 23:03時点)

  • 「ピーセス・オブ・ア・ドリーム」は「グローヴァー・ワシントン・ジュニア」に見いだされたグループです。どのアルバム、どの曲もおすすめですが、今回のテーマではこの曲です。(MAHALO)

Tim Bowman| Heart & Soul
https://www.youtube.com/watch?v=qR3DZIA0dt4 (YouTube)

Smile

新品価格
¥2,281から
(2020/2/18 23:04時点)

  • 私の大好きなギタリストです。日本での知名度が低いのが残念ですが。タイトルも今回のテーマにピッタリかと思います。(MAHALO)

マーティ・バリン(Marty Balin)|ハート悲しく(Hearts)
https://www.youtube.com/watch?v=dIF74lH4KPM (YouTube)

Balin

新品価格
¥8,487から
(2020/2/18 23:07時点)

  • 私のiTunesライブラリに「ハート(Heart)」が含まれる曲の多いことに驚きです。AOR系で何が1曲をと探したらやはりこの曲ですね。邦題が「ハート悲しく」と、今回のテーマに相応しくないかもしれませんが、名曲だと思います。残念ですがマーティ・バリンは2018年に亡くなってしまいました。(MAHALO)
  • はい、初めて聴きましたが、すごく良い曲ですね。(Hiro)
  • 中学生時代に背伸びしてエアチェックして作った洋楽カセットテープを作りました。そのカセットテープA面の2~3曲目がこの曲でした。ちょうど「ベストヒットUSA」のテレビ放送が始まった頃です。後に「ジェファーソン・エアプレイン」のメンバーだったことを知りました。(Yama)

キャンディーズ|ハートのエースが出てこない
https://www.youtube.com/watch?v=miihxfg85Yw (YouTube)

GOLDEN☆BEST/キャンディーズ

新品価格
¥2,734から
(2020/2/18 23:09時点)

  • ヒット曲とは言えませんが、ソロ、ユニゾン、コーラスと実力派「キャンディーズ」の歌唱力を印象付け、後の「春一番」の大ヒットにつながる曲でした。まあ、キャンディーズ・ファンの贔屓目です。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

竹内まりや「Sincerely」海外アーティストによるカバーアルバム


去年は、竹内まりやのデビュー40周年ということで、9月の記念アルバム「Turntable」に続き、ニューシングル「旅のつづき」が10月に発売されました。

Turntable (通常版)

新品価格
¥4,200から
(2020/2/13 11:19時点)

旅のつづき(通常盤)

新品価格
¥1,070から
(2020/2/13 11:21時点)

そして、NHK BSで「 竹内まりや Music&Life~40年をめぐる旅~ 完全版」が放送され、年末の「紅白歌合戦」にも初出場いたしました。

竹内まりや」は本ブログでたびたび紹介しています。

もう、十数年前になりますが、竹内まりやの曲を海外のアーティストが一曲一曲カバーしたCDが発売されました。「Sincerely」というアルバムです。

Sincerely~MARIYA TAKEUCHI SONGBOOK~

Sincerely~MARIYA TAKEUCHI SONGBOOK~

新品価格
¥2,698から
(2020/2/13 11:22時点)

  1. 恋の嵐 / リサ・ローブ
  2. マンハッタン・キス / ティファニー
  3. 駅 / リチャード・マークス
  4. 家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム) / アン・ウィルソン
  5. 告白 / ロバータ・フラック
  6. シングル・アゲイン / フィービー・スノウ
  7. プラスティック・ラブ / マリリン・マーティン
  8. カムフラージュ / ボビー・コールドウェル
  9. 時空の旅人 / ローラ・ブラニガン
  10. 毎日がスペシャル / リタ・クーリッジ
  11. 今夜はHearty Party / ポインター・シスターズ
  12. 天使のため息 / マリリン・マーティン&ジョー・ピズーロ

本当にそれぞれの曲を一流のアーティストがカバーしているので、全ての曲が素晴らしいのですが、中でも、私が最近一番、先に思い出した曲が、 ティファニーの「マンハッタン・キス」です。

ティファニー(Tiiffany)|マンハッタン・キス(Manhattan KIss) (Just Another Dream)
https://www.youtube.com/watch?v=Q-yXYVnaBX0 (YouTube)

Don’t disturb
At least not for this precious moment
Please hold me near
Behind the doors we’ve closed forever

Tell me why, why should I be feeling lonely
How could I be feeling lonely
When a brand new day is dawning?

All alone
I look down on the city streets
I’m waving goodbye although I know you’d never notice

Could it be?
I do believe that I can see an angel there
Wohose tears are falling just like mine, oh

Just another dream
How I sometimes wish for yesterday
The day before we met
When my heart believed in everything

Just another dream
Maybe someday we’ll look back
Upon this New York city night
And the promise of a sweet and tender kiss

A new day has begun

Keep a memory inside your heart, but promise me

歌詞の一部を載せたのは、最近、ニューヨークに住む友人の奥さんが亡くなった事を知りました。「マンハッタンキス」の歌詞の「別れ」の意味は違っているのですが、ともに「愛する人」との別れではあります。友人夫妻も長年ニューヨークのマンハッタンに住み、摩天楼の輝くビルを眺めて、飲んだり、語り合ったりした夜が幾度ともなく数えられないくらいあったのではと思います。私も、友人としてご夫婦と付き合わさせていただき、ニューヨーク マンハッタンの家に伺ったり、一緒に食事をしたり、飲んだりする機会もありました。この歌を聴くと、あのニューヨークの夜景が、そして、友人夫婦との一緒の情景が昨日のように蘇ってきます。そして、「別れ」がこんなにも切なく、悲しいものかと、この曲を聴くとあらためておもいます。

ロバータ・フラック(Roberta Flack)|告白(Kokuhaku)
https://www.youtube.com/watch?v=W8t2j5Shb8s (YouTube)

ロバータ・フラックが歌う「告白」は、とても洗練された感じで、優しさに満ちていて、それでいて、悲しさが伝わってきます。スムース&メローな感じ。すごく愛しているのにもう、あの頃には戻れない、という気持ちが伝わってきます。

リタ・クーリッジ(Rita Coolidge)|毎日がスペシャル(Everyday Is Special)
https://www.youtube.com/watch?v=HfBR8SWCN2Y (YouTube)

リタ・クーリッジと言えば、思い出すのは、クリス・クリストファーソン(Kris Kristofferson)と一緒に、 1974年「From the Bottle to the Bottom」、そして1976年に「Lober Please」で、グラミー賞を受賞しています。

「毎日がスペシャル」という曲は、よく知りませんでした。この、 リタ・クーリッジ の曲を聴いて、いい曲だなあと、思うようになりました。歌唱力も素晴らしいのですが、バックの演奏がシンプルなリズムを刻みながら、電子ピアノが歌を追うように演奏されているのが、とても幻想的にきこえてきます。

「Sincerly」は、私の持っているCDの中でも大好きな一枚です。