東京」カテゴリーアーカイブ

高度経済成長期のアイコン「安井かずみ」


先日、友人と飲んでいましたら、たまたま「六本木野獣会」の話になりました。
もちろん、このような会があったことを知ったいましたが、それは、 私が東京で暮らすようになってからです。メンバーは、すぎやまこういち、田辺靖雄、峰岸徹、中尾彬、大原麗子、小川知子、井上順、ムッシュかまやつ、福澤幸雄などでした。

さらに話題は「キャンティ」に及び、そのキャンティの常連客は、安井かずみ、加賀まりこ、コシノジュンコ、かまやつひろし、三笠宮殿下、島津久永、島津貴子御夫妻でした。そして最年少の常連客だったのは荒井由実(松任谷由実)でした。

ふと見ると隣の席では、フランク・シナトラやマーロン・ブランドなんかが食事してる。僕ら若憎は震えながら挨拶し、いろんなことを教わった。それはあたかも、真夜中の学校のようだった。

かまやつひろし、『キャンティ物語』推薦文

夜な夜なこのようなところで深夜まで集まって、だべってることが、若者である「時」を、「おしゃれ」で、「粋がって」、いかにも若さを全面に出して生きていたようで何かとても羨ましく、もし、人生が逆回転してくれるのであれば、20代にもどり、是非一度でも、その頃の「キャンティ」に行ってみたいと思っています。

中でも、「安井かずみ」はとても華やいでみえます。
安井かずみといえば作詞家としてすぐに思い出します。
ただ、子供の頃よく聴いていた、洋楽の日本語訳を安井かずみが手がけていたとは知りませんでした。

安井かずみが手掛けたのは、ヘイ・ポーラ、悲しき雨音、レモンのキッス、GIブルース、サマー・ホリデー、カラーに口紅、悲しき足音、アイドルを探せ、オー・シャンゼリゼ、雪が降る、マイ・ウェイ、ドナドナ、などなど。

「ザ・ピーナッツ」 が歌った「レモンのキッス」は忘れられません。 (訳詞:みナみカズみ、編曲:宮川泰)

ザ・ピーナッツ|レモンのキッス
https://www.youtube.com/watch?v=wz73-52vG-Y (YouTube)

レモンのキッス (MEG-CD)

新品価格
¥1,132から
(2019/11/14 01:46時点)

多くの歌手がカバーしていますが、やはり、1962年発売、みナみカズみ(安井かずみ)訳の ザ・ピーナッツ が一番記憶に残っています。

安井かずみは、新興楽譜出版社の草野昌一社長(ペンネーム、漣健児)に、20代前半で見出されて、はじめ「みナみカズみ」  のペンネームで洋楽ポップスの訳詞を書いていました。

そして、作詞するようになり、伊東ゆかりに書いた「小指の思い出」が大ヒットしました。そして、次に平尾昌晃作曲で、小柳ルミ子のデビュー曲となる「私の城下町」で洋楽ポップス系から、本格的に歌謡曲の作詞家となりました。
平尾昌晃は、安井かずみが「日本的な、伝統的なものも書いてみたい」と言ったことで、小柳ルミ子のデビュー曲の企画で安井かずみを作詞家として起用し、「私の城下町」の大ヒットを生むことができました。
平尾は「安井かずみの詞は曲をつけやすいんですよ。個性的だし、リズムがいいんです。」と言っています。

小柳ルミ子| 私の城下町
https://www.youtube.com/watch?v=UaKe0TwITlc (YouTube)

ゴールデン☆ベスト 小柳ルミ子 シングル・コレクション

新品価格
¥2,700から
(2019/11/14 01:48時点)

小柳ルミ子は、この「私の城下町」で、「第2回 日本歌謡大賞」の放送音楽新人賞、や「第13回日本レコード大賞」の最優秀新人賞など、数々の新人賞を受賞しています。また、大晦日には『第22回NHK紅白歌合戦』に初出場、華々しいデビュー年をかざりました。

作詞家はメロディーやリズムに乗って聴く人が一緒に口ずさみたくなるフレーズを編み出します。

日本最古の歌集「万葉集」で、「柿本人麻呂」「額田王」などは、ある抑揚をつけて、漢字の深い意味合いを歌と詠んだと言われています。
さしずめ、安井かずみは、現代の万葉詩人であったかも知れません。
生涯残した歌が4000曲とのことですので。

安井かずみの数ある傑作の中でも、沢田研二の「危険な二人」は印象深いです。

沢田研二|危険な二人
https://www.youtube.com/watch?v=1s2BvG_NY9k (YouTube)

ロイヤル・ストレート・フラッシュ

新品価格
¥1,942から
(2019/11/14 01:49時点)

数多くのビッグヒットを生み出し、その生涯を「おしゃれな生活」でつらぬいた安井かずみはの曲、彼女の書いた詞の数々はこれからもずっと色あせずに生き続けていくのだと思います。

安井かずみは、1960年代から、社交場「キャンティ」に出入りし、六本木を「ロータス・エラン」で疾駆し、まさに日本が上昇気流に乗る、「高度経済成長期のアイコン」だったのではと思います。

今年購入の音楽映像のお気に入り「マッスル・ショールズ」、「ドゥービー・ブラザーズ」ほか


まだ10月ですので今年を振り返っては早いのですが、今年はこのような映像(DVD、Blu-Ray)を購入しました。

バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち

ご覧になった方もいるかもしれませんが、2013年に公開の音楽ドキュメンタリー映画です。

映画『バックコーラスの歌姫たち』予告篇
https://www.youtube.com/watch?v=ULoAUPNEMeM (YouTube)

バックコーラスの歌姫たち [DVD]

新品価格
¥2,480から
(2019/10/11 02:17時点)

バックコーラスの歌姫たち [レンタル落ち]

中古価格
¥937から
(2019/10/11 02:18時点)

内容は原題の「20 FEET FROM STARDOM」のとおり、トップ・スターの後方で歌うバック・コーラスの方々を「ミック・ジャガー」、「スティービー・ワンダー」などのスター側、そして当のコーラス側から、深い意味でこの6メートル(20 FEET)を描いたドキュメンタリーです。
「ローリング・ストーンズ」の「ギミー・シェルター」と、「レイナード・スキナード」の「スウィート・ホーム・アラバマ」のコーラスが「メリー・クレイトン」という女性で、その経緯が語られていたり、他にも「ダーレン・ラヴ」などが語られています。
繰り返し見るといった映画ではないかもしれませんが、音楽情報としては参考になるかと思います。
amazonにレンタル落ちが売られていますので、もしかしたらお近くのレンタル・ショップに置いてあるかもしれません。
このような音楽の裏方を描いた映画として、ウェスト・コーストのセッション・ミュージシャンを描いた「レッキング・クルー」や、モータウンの専属ミュージシャン「ファンク・ブラザース」を描いた「永遠のモータウン」も購入し見ましたが、こちらもお勧めです。

黄金のメロディ~マッスル・ショールズ~

こちらも2014年に公開の音楽ドキュメンタリー映画ですが、今までに見た同様の映像の中では最高の内容かと思います。

映画『黄金のメロディ~マッスル・ショールズ~』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=uaE6Xf91LBU (YouTube)

黄金のメロディ マッスル・ショールズ [Blu-ray]

新品価格
¥13,280から
(2019/10/11 02:20時点)

黄金のメロディ マッスル・ショールズ [Blu-ray]

新品価格
¥13,280から
(2019/10/11 02:20時点)

内容は、ソウル、R&Bファン、ロックファンにはお馴染みかもしれませんが、アラバマ州の州境にある人口8千人の街「マッスル・ショールズ」にある、「リック・ホール」ならびに地元の白人ミュージシャンによって設立された「フェイム・スタジオ」、のちに「スワンパーズ」と呼ばれたミュージシャン達が裏切るかのように独立し設立した「マッスル・ショールズ・サウンド・スタジオ」という2つのスタジオ(マッスル・ショールズ=1つのスタジオだと思っている方も多いのでは)から誕生したサウンドや関わったミュージシャンを時代とともに紹介しています。

1つの音楽スタイルを確立し、「マッスル・ショールズに行った人間はヒット曲とともに帰ってくる」などとも語られ、ここでミュージシャンとして活躍した「デュアン・オールマン」の話しや、レコーディングで訪れた「アレサ・フランクリン」、「パーシー・スレッジ」、「ローリング・ストーンズ」などの話は、雑誌等の記事では知ってはいたものの実際に映像で見ると、新たに マッスル・ショールズ の凄さを感じます。

詩ではなく曲で音楽を聴く私ですが、エンド・ロールで「レイナード・スキナード」の「スウィート・ホーム・アラバマ」が流れ、途中で歌詞について語られますが、歌詞の終盤に「マッスル・ショールズにスワンパーズがいる」と歌われているとは知りませんでした。

レイナード・スキナード(Lynyrd Skynyrd)|スウィート・ホーム・アラバマ(Sweet Home Alabama)|Live
https://www.youtube.com/watch?v=6GxWmSVv-cY (YouTube)

ワン・モア・フロム・ザ・ロード

新品価格
¥2,615から
(2019/10/11 02:23時点)

この曲はスタジオ録音盤で聴くのも良いですが、私はこのライブ・アルバムがお気に入りです。

ボヘミアン・ラプソディ

こちらは説明の必要もない「クイーン」(Queen)、そしてメインとなるボーカルの「フレディ・マーキュリー」(Freddie Mercury)を描き、日本でも大ヒットとなった映画です。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』予告編 (YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=0UkG8GnfCCY (YouTube)

【Amazon.co.jp限定】ボヘミアン・ラプソディ 2枚組ブルーレイ&DVD (特典映像ディスク&オリジナルTシャツ付き)[Blu-ray]

新品価格
¥5,170から
(2019/10/11 02:24時点)

映画館に見に行き、その時は「1度見ればいいかな」が感想だったのですが、ついついTシャツ付きの商品がタイムセールで安いに負けてしまい購入してしまいました。

また、自宅にサラウンド・システムを組んでいるのですが、所有の映像ソフトは音楽ばかりで映画は1本も無く、サウンド・チェックにも使えるかなとも思ったのですが、SFやアクションなどと違い、ライブ・シーン以外はサラウンド効果もあまり無く、その意味はなしませんでしたが、見直してみると大ヒットするだけに良い映画かと思います。

内容については書きませんが、購入した商品には映像特典としてメイキング映像があり、ラストの「LIVE AID」についても詳しく触れています。

皆さんも興味があるのではと思いますが、あの ウェンブリー・ スタジアムでのライブ・シーンがどのように撮影されたのかがわかります。

特典映像とは違いますが、ヒントとなる映像があります。

Bohemian Rhapsody” | Behind the Scenes with Director Bryan Singer
https://m.youtube.com/watch?v=sXihSnC1xYs (YouTube)

この映像の後半にステージの映像がありますが、場所がウェンブリー・ スタジアムでなく広い空き地であったり、観客がいるが数百人、そしてその観客の後ろにはグリーンのクロマキー…。

特典映像ではこのライブ・シーンのメイキングがより詳しく描かれており、あの迫力ある ウェンブリー・ スタジアムでのライブ・シーンの映像技術に納得されるのではと思います。

現在の映画の世界では当たり前かもしれませんが、素人には驚きです。 この映画であの技術ですので、大迫力の SFやアクションなどはもっと凄い事かと思います。

また、別の特典映像では単なるステージ上の振り付けでなく、フレディー・マーキュリー本人に成り切るためのムーブメント・コーチ、「ポリー・ベネット」という女性の凄さに驚きました。
目の動き、振り向き方、マイクをひねる仕草をはじめとする癖を長い時間をかけて再現させるなど、さすがの一言で、私はこの映画で役者、スタッフの中で一番気になった人かもしれません。

フレディになるまで『ボヘミアン・ラプソディ』メイキング映像
https://www.youtube.com/watch?v=iowvzQqV8-k&t=19s (YouTube)

因みに、私は高校をずる休みしてクィーンの初来日公演を日本武道館に見に行っ事は今でも覚えています。

ドゥービー・ブラザーズ ライヴ・フロム・ザ・ビーコン・シアターThe Doobie Brothers Live From The Beacon Theatre)

ドゥービー・ブラザーズの初期の名作『トゥールーズ・ストリート』、『キャプテン・アンド・ミー』の完全再現ライヴをパッケージ化!
2018年11月15日&16日、ドゥービー・ブラザーズが25年ぶりとなるビーコン・シアターでのライヴを行った。
その内容は初期の名作『トゥールーズ・ストリート』、『キャプテン・アンド・ミー』の完全再現ライヴ。このコンサートの模様を、2CD&DVDとしてリリース!

https://wmg.jp/doobiebros/discography/20977/ (Warner Music Japan)

The Doobie Brothers | Listen To The Music (Live From The Beacon Theater)
https://m.youtube.com/watch?v=wbo8FAnktc4 (YouTube)

The Doobie Brothers | Long Train Runnin’ (Live From The Beacon Theater)
https://www.youtube.com/watch?v=TsIxLils4vw (YouTube)

Live From The Beacon Theatre [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥1,844から
(2019/10/11 02:25時点)

Live from the.. -CD+DVD-

新品価格
¥1,974から
(2019/10/11 02:26時点)

購入にあたり、国内仕様盤も出ているのですがDVDのみで、かつ映像自体は輸入盤のため字幕無しと書かれていたのですが、ネットで探してみると輸入盤では単独でBlu-rayも出ており、私が購入したのは輸入盤のBlu-Rayと、やはり輸入盤でCD+DVDがセットとなった2商品です。
最初はCD2枚のみの商品にしようかと思ったのですが、400円程の違いでしたのでDVD付きにしました。
因みに2商品購入しても国内盤より安いです。

映像の比較ですが、DVDの画質が良いのかBlu-rayの画質が悪いのかですが、極端に違いを感じられず、通常見るにはDVDで十分かと思います。

また、前作の「ライヴ・アット・ウルフ・トラップ」の画質が良かったのか、Blu-Rayで比べても画質が落ちているのが残念ですが、一応、音質はDVDはDOLBY 5.1chですが、Blu-rayはdts-HD 5.1chとなっており、音質や各チャンネルのバランスなどサラウンド効果が明らかに違い、ホールの臨場感などはさすがBlu-Rayのdts-HDです。
AVアンプでサラウンドで聴くにはBlu-Rayをお勧めします。

で、内容ですが、ドゥービー・ブラザーズの代表作といえる2枚のアルバムを全曲演奏のため、過去のライブ映像をはじめ、普段ライブではやらない曲も見れますので、私のようにギター好きにはあの曲は「コードなどそのように弾いているのか」もが楽しめます。

最後にこのライブでの ドゥービー・ブラザーズ は「トム・ジョンストン」(Tom Johnston)、「パトリック・シモンズ」(Patrick Simons)、「ジョン・マクフィー」(John Mcfee)の3名で、他はサポート・メンバーとしてクレジットされています。
その中には「リトル・フィート」(Little Feat)の「ビル・ペイン」(Bill Payne)が参加しています。
結成から40年以上も経つとグループもこうなるのかもしれません。

こちらも高校生の時に初来日公演を日本武道館に見に行ったのを思い出します。

やはり私はこのグループですね。

紹介した以外にも、「大滝詠一」の「NIAGARA CONCERT ‘83」や、安かったもので「ザ・バンド」の「ラスト・ワルツ」、「ニール・ヤング」の「ハート・オブ・ゴールド ~孤独の旅路~」なども購入して見ました。

尚、NIAGARA CONCERT ’83はCDがメインとなり、このコンサートは本人の希望により一切撮影されず、初回特典としてのDVDは、1977年の渋谷公会堂で開催の「THE FIRST NIAGARA TOUR」の映像ですが、「シリア・ポール」とのデュエットによる「 夢で逢えたら 」などが見れます。

あと、11月に発売の「松任谷由実」の全国で40万人を動員した、自身初のコンサートツアーのベスト版となる「TIME MACHINE TOUR Traveling through 45 years」も予約してしまいました。

松任谷由実 | 『TIME MACHINE TOUR Traveling through 45 years』 予告編
https://www.youtube.com/watch?v=KhxpwzHpUMA (YouTube)

早く見るのが楽しみです。

新宿の夜の似合うアイドル「藤圭子」


私が藤圭子の「新宿の女」を初めて聴いたのは、二十歳になるかならないかで、もちろん、夜の飲み屋街などは全く知らない世界でした。藤圭子の顔立ちは、いわゆる典型的な伝統的日本美人だと思います。テレビで藤圭子をみて、日本人形ではないかとも思いました。要は、顔に惹かれました。

そして、次は、曲にあった声でした。顔からは、全く想像できない、ドスのきいた歌声でした。本当に強烈な印象でした。

その藤圭子のデビュー曲が「新宿の女」です。

藤圭子|新宿の女
https://www.youtube.com/watch?v=_Ry-9eMd9Ys (YouTube)

GOLDEN☆BEST 藤圭子ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌

新品価格
¥2,445から
(2019/8/22 02:24時点)

この歌で演奏されてる楽器は、トランペット、サックス、フルート、ハーモニカ、エレキギター、ビブラフォン、のようです。これらの楽器が奏でるバックを藤圭子以外の歌手が歌声を埋め込むとどうなるのか、と思ったことがあります。ただ、やはり、この曲は藤圭子の歌で成り立っている、と改めて確信しました。ゆっくり聴いていると泣けてきます

藤圭子のデビュー年齢は、18歳なので、スタートとしてはルックスから、感覚的には「アイドル」の出現だったと思います。ただ、夜の女を歌ったことにより、実態とは合わない「虚像」ができたと思うし、恣意的に作られた感じもありました。
何よりも、アイドルと違うのはその歌唱力ではなかったかと思います。

藤圭子 |うそ
https://www.youtube.com/watch?v=InwdqrXLHlw (YouTube)

GOLDEN☆BEST 藤圭子ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌

新品価格
¥2,445から
(2019/8/22 02:24時点)

中条きよしがこの歌を聴き、平尾昌晃に藤圭子の歌のすごさを話して、実際平尾昌晃は藤圭子の歌を聴いて、自分で歌うことを辞めて、作曲に専念した、という話があります。

藤圭子|夢は夜開く
https://www.youtube.com/watch?v=K2kc9ar70lY (YouTube)

藤圭子 劇場 CD6枚組 DYCL-3291-JP

新品価格
¥10,800から
(2019/8/22 02:28時点)

藤圭子のイメージを決定的にした。三曲目シングルが「夢は夜開く」です。「十五、十六、十七と 私の人生暗かった」辛いこといろいろあったけど、今は夜の夢に浸りましょう、、なんともエロティックな大人の感じです。歌い手としてやはり、早熟だと思います。この曲を聴くと娘「宇多田ヒカル」が15歳で「Automatic」歌っているのが、やっぱりなあ、と納得してしまいます。

やっぱり、「藤圭子」は天才歌手の一人ではないかと思います。

日本ジャズ界のレジェンド「渡辺貞夫」


先日、友人から「8月に渡辺貞夫が『 Blue Note Tokyo 』に出演するけどどうする?」とお誘いを受けました。行く行かないの話よりも、渡辺貞夫、おいくつ?とすぐウイキペディアで調べました。

渡辺貞夫( ウィキペディア )

現在、86歳でした。「すごい!」の一言です。

渡辺貞夫|ブルーノート東京|2019/8/6, 8/7, 8/8, 8/9

そして、すぐに思い出したのが、学生の頃、吉祥寺、高円寺、新宿、渋谷、お茶の水などのジャズ喫茶に通って、たまに、新宿紀伊國屋書店の裏手にあった「PIT INN」(ピットイン)にJazzのライブ演奏を聴きに行った事でした。
そして「夜の部」に出演していた渡辺貞夫を何度か聴きにいった事を覚えています。
グループには、本田竹曠(p, el-p)、渡辺香津美(g)、増尾好秋(g)、鈴木勲(b)、村上寛(ds)、富樫雅彦(per)等のミュージシャンと出演していたのを聴いたようにおぼろげながら覚えています。確か、渡辺香津美は10代だったと思います。

1974年12月 、シダー・ウォルトン・トリオと渡辺貞夫の共演がピットインでありました。


渡辺貞夫|オレオ( Oleo )|ライヴ・アット・ピット・イン| PIT INNでのライブ収録版
https://www.youtube.com/watch?v=UeqSdhDiZWE (YouTube)
渡辺貞夫(as)
シダー・ウォルトン(p)
サム・ジョーンズ(b)
ビリー・ヒギンズ(ds)

ライヴ・アット・ピット・イン

中古価格
¥8,280から
(2019/7/25 11:54時点)

話は前後してしまいますが、渡辺貞夫は、穐吉敏子の勧めもあり、1962年に、アメリカボストン市のバークリー音楽院に留学し、3年後の1965年に帰国しました。
本ブログのタイトル中にもある「BOSTON」の「バークリー音楽大学」です。

バークリー音楽大学(ウィキペディア)

近年は、本ブログで紹介しているように、多くの日本人ミュージシャンが「バークリー音楽大学」で学び、活躍しています。

渡辺貞夫|マイ・ディア・ライフ| 1980年日本武道館ライブ
https://www.youtube.com/watch?v=1KyXyXKprQA (YouTube)
渡辺貞夫(as)
リチャード・ティー(key)
エリック・ゲール、ジェフ・ミロノヴ(g)
スティーブ・ギャッド(ds)
アンソニー・ジャクソン(b)
ラルフ・マクドナルド(per)
ジョン・ファディス(ts)

マイ・ディア・ライフ

新品価格
¥3,640から
(2019/7/25 11:51時点)

「 マイ・ディア・ライフ 」は1972年から1989年まで、毎週土曜日深夜12時からFM東京「渡辺貞夫 マイ・ディア・ライフ」として放送されていた番組の「テーマソング」でした。
渡辺貞夫のライブコンサートやスタジオライブをやった音源を流していました。
司会は小林克也、スポンサーが資生堂ブラバス。
懐かしく、そして、今聴いても心が和む優しさを伝えてくれる一曲だと思います。

渡辺貞夫|カリフォルニア・シャワー
https://www.youtube.com/watch?v=LNknNHPNhDg (YouTube)
渡辺貞夫(as)
リー・リトナー(g)
デイヴ・グルーシン(key)
チャック・レイニー(b)
ハービー・メイソン(ds)
ポーリーノ・ダ・コスタ(per)
アーニー・ワッツ(ts)
オスカー・プレッシャー(tp)
ジョージ・バハノン(tb)

カリフォルニア・シャワー

新品価格
¥1,736から
(2019/7/25 11:45時点)

このアルバムはJazzのアルバムとしては、異例のミリオンセラーを記録した大ヒットアルバムとなったとのことです。
そして、最大の魅力は、「軽妙なタッチ」で、「明るく幸福感を感じさせる」親しみのある曲調、メロディにあると思います。
まさに、聴き入っていると、米国西海岸・カルフォルニアの抜けるような青空のもとの、乾いた心地よい世界の中へと誘ってくれます。

世界が尊敬する日本人に選ばれたジャズ作曲家「狭間美帆」


Newsweek(ニューズウィーク)日本版2019年4月30日号(4/23発売)に特集記事として「世界が尊敬する日本人」が掲載されていました。

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2019年 4/30・5/7合併号[世界が尊敬する日本人100<羽生結弦 渡辺直美 イチロー 梅原大吾 藤田嗣治 など>]

新品価格
¥99から
(2019/5/24 14:38時点)

文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人として、渡辺直美(お笑いタレント)/大坂なおみ(プロテニスプレーヤー)/イチロー(元メジャーリーガー)/羽生結弦(フィギュアスケート選手)/是枝裕和(映画監督)/藤田嗣治(画家・彫刻家)/本庶佑(医学者)/草間彌生(芸術家)といった有名人から貞子(怨霊)まで様々な分野の世界が驚いた日本人が紹介されています。

その中の一人としてジャズ作曲家の狭間美帆(はざまみほ、1986年生まれ)が選ばれています。彼女についてはテレビ朝日の「題名のない音楽会」等への出演で知っていたものの、演奏家というより作・編曲家としての印象があった程度でした。ただ、ジャズピアニストの山下洋輔(やました ようすけ、1942年生まれ)の一押しのジャズ作曲家の印象が残っていました。

彼女の公式サイト によると、国立音楽大学(クラシック作曲専攻)を卒業した後、ニューヨークのマンハッタン音楽院大学院(ジャズ作曲専攻)への留学を経て、2012年にユニバーサル・ミュージック・クラシックより「狭間美帆|ジャーニー・トゥ・ジャーニー」でデビューしている。自ら集めた13人のオーケストラ(m_unit)を率いたリーダー作で既に大器の片鱗を感じさせるアルバムとなっています。

狭間美帆(Miho Hazama)|Journey to Journey
https://www.youtube.com/watch?v=Aw2CMM5SND4 (YouTube)

ジャーニー・トゥ・ジャーニー

新品価格
¥2,345から
(2019/5/24 14:55時点)

そして2015年にセカンド・アルバム「タイム・リヴァー」をリリースしている。こちらも自身のオーケストラm_unitを率いてのコンテンポラリー・ジャズの王道と云えます。

狭間美帆(Miho Hazama)|タイム・リヴァーfeat.ジョシュア・レッドマン(Time River feat. Joshua Redman)
https://www.youtube.com/watch?v=GG23fEx7STc (YouTube)

タイム・リヴァー

新品価格
¥1,920から
(2019/5/24 14:56時点)

更に、3作目のオリジナル・アルバム「ダンサー・イン・ノーホエア」を2018年11月にリリースしています。

狭間美帆(Miho Hazama)|ダンサー・イン・ノーホエアfeat.ネイト・ウッド(Dancer in Nowhere feat. Nate Wood)
https://www.youtube.com/watch?v=q-z-2SXmlnE (YouTube)

ダンサー・イン・ノーホエア

新品価格
¥2,949から
(2019/5/24 14:57時点)

また楽曲提供については著名な音楽家やオーケストラ等に対して行っており、ニューヨークを拠点に幅広い音楽活動を展開しているとのことです。紹介されている主な受賞歴は次の通りです。

【主な受賞暦】
2011年 ASCAPヤングジャズコンポーザーアワード受賞
2011年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員
2012年 『ジャズ・ジャパン』誌年間アルバム大賞(新人賞)
2014年 第24回出光音楽賞を受賞
2015年 BMIチャーリー・パーカー・ジャズ作曲賞受賞

今では世界的な音楽家である彼女のルーツをヤマハ音楽振興会のエレクトーンコンクールのホームページに発見しました。ジュニアエレクトーンコンクール(当時)の全国大会の入賞者にその名前があります。

  • 1997年小学生高学年部門(その他の参加者):狭間美帆(小5)
  • 2000年中学生部門(銀賞):狭間美帆(中2)
  • 2004年高校生部門(銀賞):狭間美帆(高3)※曲名「音画 ~Modernism I~(自作)」

尚、こちらも現在ではジャズピアニストとして大活躍中の桑原あい(くわばらあい、1991年生まれ)を始め、長女ゆう(1984年生まれ)、次女まこ(1987年生まれ)の桑原三姉妹もこの全国大会の常連として名を連ねています。金賞及び銀賞だけでも次の通りです。

  • 2000年高校生部門(金賞):桑原ゆう(高1)
  • 2001年小学生低学年部門(金賞):桑原あい(小4)
  • 2002年小学生高学年部門(銀賞):桑原あい(小5)
  • 2003年高校生部門(銀賞):桑原まこ(高1)
  • 2003年小学生高学年部門(金賞):桑原あい(小6)

他にもこの大会の入賞者で音楽家の道へ進み活躍している名前が散見されます。エレクトーン教育が若い世代へ与えた演奏や作・編曲の分野への影響を伺い知ることができます。但し、近年は少子化や習い事の変化でこう言ったコンクールも縮小傾向にあるようです。

桑原あいの最新オリジナル・アルバム(6作目)「Ai Kuwabara the Project| To The End Of This World」は2018年8月にリリースされています。

桑原あい ザ・プロジェクト(Ai Kuwabara the Project)|To The End Of This World
https://www.youtube.com/watch?v=ahbSjKKsWvM (YouTube)

To the end of this world

新品価格
¥2,543から
(2019/5/24 14:58時点)

元の話題に戻って「世界が尊敬する日本人」に音楽ジャンルでは現在9歳になるドラマーの相馬よよかが取り上げられていました。

Led Zeppelin – Good Times Bad Times / Cover by Yoyoka , 8 year old
(8歳小2女子ドラマー”よよか”が叩いてみた)
https://www.youtube.com/watch?v=BslksgTF4X4 (YouTube)

東京の電車路線曲「井の頭線」「池上線」「中央線」



友人から、都内の電車の路線を歌った曲で「井の頭線」という歌を知ってるかと聞かれました。「山手線」の駅名をつづった曲は知っていますが、路線曲としては「池上線」ぐらいしか思い浮かびませんでした。

あさみちゆき | 井の頭線
https://www.youtube.com/watch?v=dIoNxtYqb8Y (YouTube)

あさみのうた

新品価格
¥3,900から
(2018/4/27 15:43時点)

「あさみちゆき」は、2001年から「井の頭公園」で歌い始めて、「井の頭公園の歌姫」と言われているとのことです。現在でも月に1回、井の頭公園でのストリートライブを続け、歌謡曲、フォーク、演歌、J-POPと昭和を感じさせる歌を歌っています。

「井の頭線」は、東京都渋谷区の渋谷駅と武蔵野市の吉祥寺駅を結ぶ京王電鉄の鉄道路線です。私は、40数年前から、この井の頭線は利用しており、とてもなじみのある路線です。
学生時代過ごした「吉祥寺」「久我山」「三鷹台」。以前勤めていた会社が笹塚にあったころは「明大前」「下北沢」。そして、渋谷から歩いて行ける場所にある「神泉」と、それぞれ懐かしさの残る駅が多くあります。

西島三重子|池上線
https://www.youtube.com/watch?v=EtbamP3Ve-U (YouTube)
B001GQTZJY

この曲は、カラオケで友人が良く歌う曲です。西島美重子は、この曲しか知りません。

「池上線」は、東京都品川区の五反田駅と大田区の蒲田駅とを結ぶ東京急行電鉄(東急)の鉄道路線です。
仕事関係で「雪が谷大塚」に行く事はありますが、あまりなじみのある路線ではありません。
ただ、とても風情のある路線です。街並みがいかにも「山の手」といった感があります。

そして、なんと「中央線」の歌もありました。

THE BOOM(ザ・ブーム)|中央線
https://www.youtube.com/watch?v=JCbu2RQsNhg (YouTube)

Singles+

新品価格
¥3,780から
(2018/4/27 15:45時点)

THE BOOMは、4人組ロのックバンドで、1986年に結成し、2014年に解散したとのことです。私は、このバンド初めて知りました。
この「中央線」は、1996年6月にリリースされました。

「中央線」は、学生時代から今まで、絶えずに利用する路線です。想い出に残る駅は、かつて住んだことがある「八王子」「国分寺」「荻窪」。学生時代は、「吉祥寺」「阿佐ヶ谷」「高円寺」に通いました。最近は、「中野」に行きます。もちろん、「新宿」は最も利用する駅の一つですし、「四ツ谷」「御茶ノ水」、そして「東京」はよく利用する駅です。

そして、この3曲とも「別れ」の曲でした。

その他にも、路線を曲の題名にした歌はがあります。

  • さらばシベリア鉄道(太田裕美)1980年、(大滝詠一)1981年
  • 恋の山手線(小林旭)1964年
  • 石北本線(多岐川舞子)2008年
  • 東北本線(田中義剛)1990年
  • 函館本線(山川豊)1981年
  • 磐越西線(田代美代子)1991年 *
  • 磐越西線(狩人)2006年 *

ところで、昨年、タモリのテレビ番組で、電車進行の映像に運転士の喚呼や車掌のアナウンスを楽しむ「鉄道カラオケ」を紹介していました。

タモリ倶楽部「ヒット路線満載鉄道カラオケ出発進行!!」2017年10月27日
https://www.youtube.com/watch?v=4Uza2HnyOGw (YouTube)

JOYSOUND(ジョイサウンド)には、この「鉄道カラオケ」があり、番組で紹介した「京浜急行」以外に、「西武鉄道」「南海電鉄」「東京メトロ丸の内線」「東武東上線」があります。

鉄道カラオケがJOYSOUNDに登場!|JOYSOUND.com
『鉄道カラオケ』がJOYSOUNDに登場!

【編集部注】*田代美代子と狩人の「磐越西線」は、同じタイトルですが別の曲です。

ウォール・オブ・サウンドの代表「ザ・ロネッツ」



ウォール・オブ・サウンド(音の壁)」を作った、「ハーヴェイ・フィリップス・スペクター(Harvey Phillip Spector)」こと「フィル・スペクター(Phil Spector)」がプロデュースしたグループに「ザ・ロネッツ(The Ronettes)があります。

「ザ・ロネッツ」の「私のベビー(Be My Baby)」は大ヒットしました。

ザ・ロネッツ(The Ronettes)|あたしのベビー(Be My Baby)
https://www.youtube.com/watch?v=5KH6e_6O_dE (YouTube)

ビー・マイ・ベイビー:ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ザ・ロネッツ(期間生産限定盤)

新品価格
¥1,400から
(2018/2/16 19:23時点)

「ザ・ロネッツ」は、ニューヨーク出身の1960年代の女性歌手グループです。
1958年に、リードシンガーの「ヴェロニカ・ベネット(Veronica Bennett)」、ヴェロニカの姉の「エステル・ベネット(Estelle Bennett)」、そしてベネット姉妹のいとこの「ネドラ・タリー(Nedra Talley)」の3人で結成されました。
そして、フィル・スペクターのプロダクションのオーディションを受け、フィレスレコードから、1963年に「Be My Baby」をリリースしました。

ザ・ロネッツの「Be My Baby」で思い出すのは、「弘田三枝子」が、1963年に「私のベイビー」のタイトルで日本語カバーし、ヒットさせた事です。その後も、伊東ゆかりも、1964年に「あたしのベビー」としてカバーリリースしていることです。

弘田三枝子|ビーマイベイビー
https://www.youtube.com/watch?v=ikg34H4glW8 (YouTube)

弘田三枝子 グレイテスト・ヒッツ Go Go MICO

新品価格
¥2,609から
(2018/2/16 19:26時点)

この、「ウォール・オブ・サウンド」の「Be My Baby」に感銘を受けた「ビーチ・ボーイズ」の「ブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)」は、「ドント・ウォーリー・ベイビー(Don’t Worry Baby)」を作り、ザ・ロネッツとフィル・スペクターに捧げたとの事です。

ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)|ドント・ウォーリー・ベイビー(Don’t Worry Baby)
https://www.youtube.com/watch?v=T2tdAo1lR0Y (YouTube)

The Very Best of The Beach Boys: Sounds of Summer

新品価格
¥804から
(2018/2/16 19:27時点)

また、60年代から70年代前半のフォークロックバンドとして活躍した「ザ・バーズ(The Byrds)」の「ミスター・タンブリンマン(Mr. Tambourine Man)」も「ウォール・オブ・サウンド」の強い影響を受けていると言われています。
それはそのはずです。
ビーチボーイズの「ドント・ウォーリー・ベイビー」と「ミスター・タンブリーマン」のバックのミュージシャンは一緒で、それらのドラムを叩いていたのが「ハル・ブレイン(Hal Blaine)」とのことです。
「ハル・ブレイン」は、フィル・スペクターのほとんどのセッションに参加しているとの事です。ビーチ・ボーイズ、アソシエイション、ママス&パパス、バーズ、サイモン&ガーファンクル等々。60年代~70年代に活躍した伝説の「レッキング・クルー」のドラマーとの事です。

ザ・ロネッツ(The Ronettes)|ベビー・アイ・ラヴ・ユー(Baby, I Love You)
https://www.youtube.com/watch?v=CBaa-cAJRyI (YouTube)

THE BEST OF THE RONETTES

中古価格
¥659から
(2018/2/16 19:24時点)

ゴージャスなイントロ(ドラム)に導かれて、間奏のストリングスに、そして、ヴォーカル。20テイク以上はやっているといわれています。
ベビー・アイ・ラヴ・ユーの頃のザ・ロネッツは、髪の毛を盛り上げた「ビーハイヴ・ヘア」、目を吊り上げる「アイライン・メイク」、「タイト・スカート」という、1960年代の不良少女スタイルを売りにして、ファッション・リーダーとしても影響力を持っていました。

ザ・ロネッツ(The Ronettes)|恋の雨音(Walking in the Rain)
https://www.youtube.com/watch?v=wOJQTXCYNBM (YouTube)

BE MY BABY: THE VERY BEST

新品価格
¥656から
(2018/2/16 19:25時点)

梅雨の季節、都会の高層ビルディングの喧騒、自動車の轟音や交通渋滞、地下鉄の雑踏騒音ような騒音を背景に、降り注ぐ雨の世界を表現するのにふさわしい「音の壁」の曲です。

以下の曲もザ・ロネッツの「ウォール・オブ・サウンド」です。

  • The Ronettes|Breakin Up
  • The Ronettes| When I Saw You
  • The Ronettes|Do I Love You?
  • The Ronettes|Paradise

ザ・ロネッツのメイン・ヴォーカリストだった、「ロニー・スペクター(Ronnie Spector)」が2017年5月、18年ぶりに来日予定でしたが、残念ながら中止となってしまいました。
機会があれば是非ライブを聴きたいと思います。

ウォール・オブ・サウンドと大滝詠一



本ブログに何度となく登場している、「大滝詠一」ですが、大滝詠一に音楽的に影響を与えたアメリカの音楽プロデューサーがいた事を知りました。
ハーヴェイ・フィリップス・スペクターHarvey Phillip Spector)」という音楽家との事です。

スペクターは、「ウォール・オブ・サウンドWall of Sound)」という手法を作り上げたとの事です。

ウォール・オブ・サウンドとは、多人数のスタジオミュージシャンを起用し、長い時間と労力を要し、複数のテイクを録音する。そして、それらの複数のテイクを、多重録音による厚みのある音とエコー処理によって、分厚い音の壁を作る手法との事です。
スペクターはプロデューサーとして、「ザ・ロネッツ」、「ライチャーズ・ブラザーズ」で、多くのヒット曲をプロデュースしました。
また、かの「ビートルズ(The Beatles)」も、1967年にリリースした、「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」で、多重録音の手法を使い、ビートルズ解散後、ジョン・レノンは「イマジン」、ジョージ・ハリスンは「オールシングス・マスト・パス」等の曲で、スペクターをプロデューサーに起用していました。
ドラムなどのイントロからはじまり、音響技術を駆使し、分厚い音の壁につつまれている感覚、空から音が降り注いでくるような感覚、そんなゴージャスなサウンドを「ウォール・オブ・サウンド」と呼んでいました。

そのスペクターの「ウォール・オブ・サウンド」の影響を受け、日本独自のサウンドとしたのが、「大滝詠一」でした。
大滝詠一作品の中で、「ウォール・オブ・サウンド」を感じる曲として、森進一に提供した「冬のリビエラ」があります。

森進一|冬のリヴィエラ
https://www.youtube.com/watch?v=x5Ki7eT7AzA (YouTube)

森進一ベスト~歌手生活50周年記念盤~

新品価格
¥2,670から
(2017/10/13 15:56時点)

大滝詠一|夏のリビエラ(セルフカバー)
https://www.youtube.com/watch?v=qdEHaMS8tq8 (YouTube)

DEBUT AGAIN(初回生産限定盤)

新品価格
¥2,318から
(2017/10/13 16:01時点)

大滝詠一は、ずっと小林明に強い関心があったそうです。
「レコードは買わなかったけど、映画は全部見たんだよ。それで、アキラの映画をやる時には「さすらい」だとか「ズンドコ節」なんてのが必ず映画館でかかってたんだよ。だから全部曲唄えるんだよね。」と話しています。
ですので、小林明に曲を提供する時は、「何がアキラにピッタリなのか」と、ありとあらゆる可能性を模索しています。「ダイナマイトが百五十屯(ロックもの)」、「十字路(ムードもの)」、「ギターを持った渡り鳥(ウエスタンもの)、「ダンチョネ節(ズンドコ節、民謡・俗謡)」等いろいろ考えたそうです。

小林旭|熱き心に
https://www.youtube.com/watch?v=MPuaqmSYBJo (YouTube)

小林旭ニュー・ベスト~素晴らしき哉人生~

新品価格
¥2,827から
(2017/10/13 15:58時点)

そして、松田聖子の「風立ちぬ」です。
「風立ちぬ」は、1981年にリリースされた、松田聖子の7枚目のシングルです。堀辰雄の同名小説を意識し、松田聖子を一般的なアイドル歌手から、文学少女、知的なイメージへと歌手の幅を持たせた曲として売り出しました。

松田聖子 | 風立ちぬ
https://www.youtube.com/watch?v=0ao5OOVuEnY (YouTube)

風立ちぬ

新品価格
¥1,780から
(2017/10/13 15:59時点)

ドラムのエコーのきいたスネアの音がいいです。そして、「風立ちぬ」聴くと、季節はいつであれ、すぐに秋を感じさせてくれます。

さて、コンピレーションアルバム「音壁 JAPAN」には、大滝詠一がプロデュースした「ウォール・オブ・サウンド」の多くの楽曲が収録されています。お薦めです。

音壁JAPAN

新品価格
¥2,327から
(2017/10/13 15:54時点)

澄んで寒い冬空に「冬の夜」~「星の界」



今年に入って、晴天の日が続いています。澄んで凍てつく寒さの冬の夜の空をみて…

芹洋子|冬の夜
https://www.youtube.com/watch?v=07AMCmv4XFA (YouTube)

歌いつがれる日本の心☆冬 冬景色 他

新品価格
¥1,000から
(2017/2/27 14:24時点)


作詞:不詳(文部省唱歌)
作曲:不詳(文部省唱歌)
1912年(明治45年)3月「尋常小学唱歌(三)」に掲載
NHKの「みんなのうた」では、1968年(昭和43年)12月に「作詞・作曲:文部省唱歌 編曲:若松正司」として紹介されています。

燈火ちかく衣縫ふ母は
春の遊びの楽しさ語る
居並ぶ子どもは指を折りつつ
日数かぞへて喜び勇む
囲炉裏火はとろとろ
外は吹雪

囲炉裏の端に繩なふ父は
過ぎしいくさの手柄を語る (過ぎし昔の思い出語る)
居並ぶ子供は ねむさを忘れて
耳を傾け こぶしを握る
囲炉裏火はとろとろ
外は吹雪

歌詞は明治に作られたものなので、戦争を鼓舞する意味合いも感じられるが、囲炉裏を囲んで、父母子供が一緒にという近代日本の家族の原点のような状況を感じる曲です。「囲炉裏日はとろとろ」にその家族の暖かさがにじみ出ています。
北国の冬の夜が鮮やかに目に浮かびます。

由紀さおり・安田祥子|冬の星座
https://www.youtube.com/watch?v=RRUy6zetKQ4 (YouTube)

メモリアル100曲集~由紀さおり安田祥子童謡コンサート2000回記念~

新品価格
¥3,800から
(2017/2/27 14:25時点)

木枯しとだえて さゆる空より
地上に降りしく 奇(くす)しき光よ
ものみないこえる しじまの中に
きらめき揺れつつ 星座はめぐる

ほのぼの明かりて 流るる銀河
オリオン舞い立ち スバルはさざめく
無窮をゆびさす 北斗の針と
きらめき揺れつつ 星座はめぐる

「冬の星座」はアメリカの作曲家・ウィリアム・ヘイスWilliam S. Hays)作った「愛しのモーリー」(Molly Darling)というラブソングです。戦後、堀内敬三の作詞で「冬の星座」というタイトルで中学の音楽の教科書に入れられたということです。
堀内敬三は、スコットランド民謡「アニーローリー」、アイルランド民謡「春の日の花と輝く」、ブラームス「眠りの精」、フリース「モーツァルトの子守歌」、ドヴォルザーク「新世界より」第二楽章から「遠き山に日は落ちて」など、数々の有名な曲の訳詞を残しています。

ダークダックス|星の界
https://www.youtube.com/watch?v=8STYNeUDp6Q (YouTube)

遼遠・謡遥・半世紀

中古価格
¥980から
(2017/2/27 14:26時点)

月なきみ空に煌めく光 ああその星影 希望の光
人智は果て無し無窮の遠(おち)に いざその星影 きわめも行かん
雲なきみ空に横とう光 ああ洋々たる銀河の流れ
仰ぎて眺むる 万里のあなた いざ棹させよや 窮理の船に

原曲の詩はアイルランド系カナダ人のジョセフ・M・スクリヴンJoseph M. Scriven)によって書かれました。
この詩に感動したアメリカ人の法律家で作曲家のチャールズ・C・コンヴァースCharles C. Converse)が曲をつけ、自ら編纂した日曜学校唱歌集に、”What a friend we have in Jesus” という題で録音しました。
この曲は、全米中に、さらに全世界のキリスト教徒に讃美歌として愛唱されるようになりました。日本では「いつくしみ深き友なるイエスは」というタイトルで歌われています。
そして、杉谷代水が宇宙の雄大さをテーマとした「星の界」という歌詞をつけ、明治43年(1910)発行の「教科統合中学音楽」に掲載されました。
明治の曲ですが、とても懐かしさを感じる曲です。

寒い冬空は本当に澄んで、キーンとした冷たさを全身に伝えてきます。
その中に童謡は、ほのぼのとした暖かさを心の奥に感じさせてくれます。
これからも、折に触れ歌っていきたいと思っています。

緻密で繊細なジャズ「モダン・ジャズ・カルテット」



モダン・ジャズ・カルテット(Modern Jazz Quartet)は、アメリカ合衆国のジャズバンドで1952年にミルト・ジャクソンらによって結成されました。
メンバーは、

  • ミルト・ジャクソン(ビブラフォン)
  • ジョン・ルイス(ピアノ)
  • パーシー・ヒース(ベース)
  • ケニー・クラーク(ドラム)
  • コニー・ケイ(ドラム、1955年以降)
  • アルバート・ヒース(ドラム、コニー・ケイの死後)

MJQといえば、すぐに、この一曲が浮かびます。

MJQ|朝日のようにさわやかに(Softly, as in a Morning Sunrise)
https://www.youtube.com/watch?v=i003TIcwjw0 (YouTube)

コンコルド

新品価格
¥1,900から
(2017/1/20 18:17時点)


「朝日のようにさわやかに」は、1928年にシグマンド・ロンバーグが作曲して、オスカー・ハマースタイン2世が作詞した歌詞があり、ミュージカル「新しい月」(The New Moon)のために書かれたとのことです。多くのジャズプレイヤーが演奏するジャズのスタンダードナンバーです。
その中で、MJQの演奏は、とてもシックで、しっとりとして優雅な気品のある雰囲気を醸し出しています。 ビブラフォンとビアノ、もちろんベース、ドラム、全てが調和して朝日が昇るゆったりとした情景を描いていると思います。

ソニー・ロリンズ&モダン・ジャズ・カルテット(Sonny Rollins with Modern Jazz Quartet)|イン・ナ・ナセンチメンタル・ムード(In a Sentimental Mood)
https://www.youtube.com/watch?v=Xm-9qQu8yKA (YouTube)

Sonny Rollins With Mjq

新品価格
¥1,017から
(2017/1/20 18:15時点)

  • Sonny Rollins (ts)
  • Milt Jackson (vib)
  • John Lewis (p)
  • Percy Heath (b)
  • Kenny Clarke(ds)

ソニー・ロリンズとMJQのジャムです。ロリンズのサックスは、MJQの気品ある演奏に自然に降り重なって一体となるところが好きです。若かりしころの演奏。曲を噛みしめながら吹いていると言う感じがします。演奏はあくまでうるさくはなく、それなりに乗っていいます。若さを出しつつ、ある意味控えめな、若さのにじむソニー・ロリンズが聴けるように思います。

MJQ|LIVE IN JAPAN 1981
https://www.youtube.com/watch?v=5fuenkYOGgE (YouTube)

MJQ Reunion At Budokan 1981 MJQ・リユニオン・アット・武道館1981

中古価格
¥1,300から
(2017/1/20 18:18時点)

  • John Lewis (p)
  • Milt Jackson (vib)
  • Percy Heath (b)
  • Connie Kay (ds)

1981年日本公演は、MJQが再結成したメンバーでの演奏です。演奏は日本武道館で行なわれました。MJQの繊細な音楽はやはり、巨大な会場で聴くのでは無く、緻密で繊細な空間に音を漂わさせる聴き方があっているのではとの論評も。

1984年2月に放送された「笑っていいとも!」で、タモリとMJQがジャムセッションをやっています。
いいですね!
よく、人は、「日常」と「非日常」をどのように、人生にの中に折りたたんでいくが、人生の楽しみ方といわれています。
私たち一般人は、テレビに出ることは、「非日常」のさえたるものなのですが、タモリにとっては、テレビに出ていることが「日常」そのものであったと思います。
その中で、この「MJQとのジャムセッション」は、番組ということから離れて、ジャズをかじって来た人としては、それこそ、人生の中の「非日常」で、たぶん、たまに、「そうだ、MJQとジャムしたんだ」、と思い返しているのでは思います。

タモリ&MJQ|チェニジアの夜(A Night in Tunisia)
https://www.youtube.com/watch?v=0awWZWJspmA (YouTube)

  • タモリ(TP)
  • Milt Jackson(vib)
  • John Aaron Lewis(p)
  • Percy Heath(bs)
  • Connie Kay(ds)

勝手私個人的想いですが、MJQのスタイルで、是非一度ドラム演奏をトライしたいと思っているのですが・・・。