ドラマー」カテゴリーアーカイブ

バディ・リッチとジョニー・カーソンの友情


学生のころから、Jazzドラマーの「バディ・リッチ(Buddy Rich)」はJazz喫茶などで、たまに聴いていました。パワフルでドラミング技術の高さには感動させられました。ただ、ビッグバンドを率いての演奏でしたので(あまり、ビッグバンドは聴いていませんでしたので…)、多くの曲をを聴いたわけではありませんでした。

先日、有名なJazzドラマー、 トニー・ウィリアムス、 エルヴィン・ジョーンズ、ジャック・ディジョネット、そしてバディ・リッチ、等をYoutubeで聴いてみようと探していたら、バディ・リッチが数多く、ジョニーカーソンが司会をしていた「ザ・トゥナイト・ショー」に出演しているのを発見しました。
そこで、バディ・リッチを改めて聴いてみようと思ったのと、ジョニー・カーソンもとても懐かしく思い出しました。

バディ・リッチは、1917年の生まれで、1987年に亡くなっています。幼少のころからドラミングの才能を発揮し、69年の生涯のすべてを「ドラム」とともに歩んだといえます。そして、ドラミング、演奏は年をとっても、パワフルで、スピーディで全く衰えることがなく、晩年になっても、そのパワー&スピードは変わらずに、一曲を通してのみでは無く、何曲も続けたステージにてもその力強さは変わらないという凄さにありました。まさにJazzドラムの天才だとおもいます。

バディ・リッチのドラミングがどんなに秀でたものかは、プロアマ問わず、彼のドラミングをコピーしようとするとはっきりわかるとの事です。小刻みに早いドラミングフレーズをパワーを落とさず、はっきりと音符が聞き取れるようにたたくのはまったく並のことでは無いとのことです。プロのドラマーでも、簡単なフレーズのコピーに何年もかかることがあり、さらに高度な難しいフレーズのコピーをするには、ある意味至難のわざとのことです。

1994年と1997年に発売されたトリビュート・アルバム2部作には、マックス・ローチ、ビリー・コブハム、オマー・ハキム、スティーヴ・スミス、ビル・ブルーフォード、ニール・パート、スティーヴ・ガッド、サイモン・フィリップス、デイブ・ウェックル、マット・ソーラム等人気ドラマーが集結した。
2008年10月、ニューヨークで行われたトリビュート・コンサートには、テリー・ボジオ、チャド・スミス、ピーター・アースキン、ニール・パートなどといった、ジャンルを超えた名ドラマーが集結した。

バディ・リッチ (2019-06-22T13:11Zの版) ウィキペディア日本語版

バディ・リッチはこのように多くのドラマーに影響を及ぼし続けています。

ジョニー・カーソンJohnny Carson)は、コメディアン、俳優との事ですが「ザ・トゥナイト・ショー」の司会ということで有名です。

「ザ・トゥナイト・ショー」(The Tonight Show)は1954年から続いている米NBCで放送されている深夜のTVトーク番組です。ジョニー・カーソンは、1962年から1992年の30年間、司会を担当していました。ジョニーカーソンは、この有名なトークショーの司会者あるとともに、また、ジャズ ミュージックの普及を促進するためにテレビの力を使って貢献したともいわれています。子供の頃からアマチュアドラマーであったカーソンは、「Jazzミュージシャン」を公私にわたって支援していました。 

そして、バディ・リッチはジョニー・カーソンが司会をしていた「Tonight Show」に数多く出演していました。

バディ・リッチ|ザ・トゥナイト・ショー(1976年)
https://www.youtube.com/watch?v=9R09IUQtZqE (YouTube)

バディ・リッチ|ザ・トゥナイト・ショー(1979年)
https://www.youtube.com/watch?v=cwwm4yvYCoc (YouTube)

バディ・リッチ|ザ・トゥナイト・ショー(1980年)
https://www.youtube.com/watch?v=8aaAncsklsE (YouTube)

スティックさばき]は、文字通り「スティックが舞っています」、そして、左手の素晴らしさは、やはり圧巻です。

バディ・リッチ(Buddy Rich)|ドラムソロ(1974年)
https://www.youtube.com/watch?v=nxN-wN0LW3o (YouTube)

The Solos

新品価格
¥1,946から
(2020/4/24 11:31時点)

バディ・リッチ(Buddy Rich)|ドラミング(1963年)
https://www.youtube.com/watch?v=0SS16APU65E (YouTube)

バディ・リッチと彼のビッグバンドは、もう過去のスタイルのバンドと見なされていました。カーソンは1966年頃からバディとバディの新しいビッグバンドを積極的に「Tonight Show」に出演させ、バディ・リッチのコミックカルな面とドラミングの素晴らしさを紹介し、多くのまったく新しいファンを獲得することに協力しました。ジョニー・カーソンはバディ・リッチを真の「友人」として、また一流の「プレーヤー」として敬愛していたとの事です。

楽器が歌う「クリフォード・ブラウン」と「マックス・ローチ」のコンビ



私が「ドラム」を習っている音楽教室で、生徒によるジャムセッションが企画されました。私は「サンデュ」(Sandu)という曲を練習し課題曲として演奏することになりました。その「サンデュ」をYuoTubeで探していたら、クリフォード・ブラウン(Clifford Brown)とマックス・ローチ(Max Roach)の「サンデュ」をたまたまみつけました。聴いたら「すごい!」と一辺で気に入りました。
ちなみに、マックス・ローチのドラミングのコピーができないか練習してみました。結果は、聴いているときは「あぁっ、こんな風にたたいているんだ」ってわかるところもありますが、実際そんな風に私がドラムでたたけるかは、全く別の次元の話でした。当たり前の話ですが。

クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ(Clifford Brown & Max Roach)|サンデュ(Sandu)
https://www.youtube.com/watch?v=lcKQ3wGI8ZQ (YouTube)

STUDY IN BROWN

新品価格
¥810から
(2017/4/29 22:33時点)

  • クリフォード・ブラウン(Clifford Brown) (tp)
  • マックス・ローチ(Max Roach) (ds)
  • ハロルド・ランド(Harold Land) (ts)
  • ジョージ・モロウ(George Morrow) (b)
  • リッチィー・パウエル(Richie Powell) (p)

クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ・クインテットは1954から活動していますが、1956年にブラウンが自動車事故で急死(26歳)してしまいましたので、活動期間は2年と大変短かい期間でした。ただ、アルバム「スタディ・イン・ブラウン」(Study In Brown)は、1955年2月のセッション演奏の録音ですが。歌心のあるトランペッター(ブラウン)と音楽性豊かなドラマー(ローチ)の組み合わせで、ハードバップの1950年代を代表する代表的グループとして評価されています。
クリフォード・ブラウン、マックス・ローチ、二人とも、ともに「歌うような」演奏と言われています。クリフォード・ブラウンはトランペットを自分の声であるかのように吹き、マックス・ローチも、メロディックで論理的に構築されたドラミングの即興演奏の才にあふれている、と評されています。

モダン・ジャズ・カルテット(Modern Jazz Quartet|アイ・リメンバー・クリフォード(I Remember Clifford)
https://www.youtube.com/watch?v=uJTtB-q3tvk (YouTube)

European Concert

中古価格
¥979から
(2017/4/29 22:34時点)

サックス奏者のベニー・ゴルソンは、1957年、クリフォードを追悼してバラード「アイ・リメンバー・クリフォード(I Remember Clifford)」作曲しました。この曲はジャズ・スタンダードとなっています。

M.J.Q(モダン・ジャズ・カルテット)のアルバム「ユーロピアン・コンサート」に収録されている「アイ・リメンバー・クリフォード」は、亡きクリフォードへの想いが切々と伝わってくる演奏です。もし、クリフォード自身がこの曲を吹いたら、まさに、心にしみる”トランペットの歌”の名演になっただろうと想いをはせてしまいます。

クリフォード・ブラウンの「ジョイ・スプリング」は今の季節、春にぴったりの1954年発表した曲です。クリフォードが海辺で彼女とデートしていたとき、トランペットでこの曲を吹いてプロポーズしたという逸話が残っています。

クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ(Clifford Brown & Max Roach)|ジョイ・スプリング(Joy Spring)
https://www.youtube.com/watch?v=dnK6OHPQZbA (YouTube)

Clifford Brown & Max Roach

新品価格
¥680から
(2017/4/29 22:35時点)

  • クリフォード・ブラウン(Clifford Brown) (tp)
  • マックス・ローチ(Max Roach) (ds)
  • ハロルド・ランド(Harold Land) (ts)
  • ジョージ・モロウ(George Morrow) (b)
  • リッチィー・パウエル(Richie Powell) (p)

本当にクリフォードトランペットのソロが”歌って”います。もちろん、マックスローチのフォーバース、ドラムソロも春を多いに謳っています。

映画「セッション」にみる指導論



先日、ジャズ・サックスをずっと続けている友人から、映画「セッション」、面白そうだから行こうと誘われ、ドラミングをちょっと齧った端くれとして、この映画は是非観ておかなければと。
もちろん、「セッション」は映画としても評判の高い作品ということもありましたので。

セッションWhiplash)」は昨年(2014年)、米国で製作・公開された映画です。監督・脚本はデミアン・チャゼル(Damien Chazelle)、主演はマイルズ・テラー(Miles Teller)。第87回アカデミー賞で5部門にノミネートされ、J・K・シモンズ(J.K. Simmons)が助演男優賞を受賞、その他「編集賞」、「録音賞」を受賞しました。

映画『セッション』公式サイト

舞台となった音楽大学のモデルは、残念ながら、「バークリー」ではなく、「ジュリアード音楽院The Juilliard School)」のようですが・・・

映画の原題で、劇中で何度も演奏される「ウィップラッシュWhiplash)」は1973年にハンク・レヴィが作曲した曲です。
目まぐるしくリズムが変わる激しいジャズナンバーで、ダイナミックなアンサンブルが乗りの良さを味あわせてくれる1曲です。

ハンク・レヴィ(Hank Levy)|ウィップラッシュ(Whiplash)
https://www.youtube.com/watch?v=HJrTYOyXHA0 (YouTube)

ハンク・レヴィは「変拍子の神様」と言われたトランペッター「ドン・エリス(Don Ellis:フレンチ・コネクションの音楽を担当)」のビッグバンドのコンポーザーとして数多くの作品を残しています。「ウィップラッシュ」もその中の一曲です。曲の中で目まぐるしくリズムの変わる曲作りを好むことで有名でした。

ドン・エリス(Don Ellis)|ウィップラッシュ(Whiplash)
https://www.youtube.com/watch?v=pCykgzrwIw0 (YouTube)

Soaring

新品価格
¥33,528から
(2015/5/22 19:53時点)


「ウリップ」は「ムチ」で、「ラッシュ」は激しく叩く、という意味です。
「バディ・リッチ」を目指す、ジャズドラマー志望の男子学生が、有名な音楽院に入学して、そこで有名な先生に出会い、その先生のやっているビッグバンドのドラムを担当させてもらうのですが、そこで、まさに「ウィップラッシュ」「鞭打ち」にも似た厳しい指導にあいます。ストーリーは2転3転していきますが・・・
(ネタばれでは無いのでストーリーは映画を観てのお楽しみということで)

映画の中で、先生が何故、生徒にとても厳しくするのかを語るシーンがあります。
その中で、「チャーリー・パーカー」という有名なジャズミュージシャンが、17歳の時、「リノ・クラブ」というところで「カウント・ベイシー・オーケストラ」のジャムセッションに参加していた時、「I Got Rhythm」を演奏中、ハイになりすぎて演奏をロストして、ドラマーの「ジョー・ジョーンズ」にシンバルを投げつけられ、演奏中止になる屈辱を受けた・・・。だけど、「チャーリー・パーカー」はこの屈辱に反発し、更にサックスの猛特訓をして、一層演奏に磨きをかけ、「バード」と言われる天才ジャズマン、サックスのモダンジャズの先駆者になったんだと話します。
その時、シンバルを投げつけられなければ、チャーリー・パーカーは「バード」にはなれなかったんだ!と。
だから先生は並みのジャズメンを育てるのでは無く、真の天才ジャズメンを創る出すために、身を削って教えてきたんだ・・・と。

チャーリー・パーカー(Charlie Parker)|アイ・ゴット・リズム(I’ve Got Rhythm)
https://www.youtube.com/watch?v=3fgxyyrqZ-I (YouTube)

After You’ve Gone

新品価格
¥900から
(2015/5/22 19:58時点)


そして、主人公が先生に奈落の底に突き落とされる、その後、凛として先生に立ち向かい、バディ・リッチをも凌ぐ、一流ジャズ・ドラマーとして羽ばたいていくということを想像させる一曲が、キャラバン(Caravan)です。

バディ・リッチ(Buddy Rich)|キャラバン(Caravan)
https://www.youtube.com/watch?v=Eq1z0nOPSbs (YouTube)

Blues Caravan (Dig)

新品価格
¥2,166から
(2015/5/22 19:59時点)


この映画は、ジャズ、ドラミングの音楽映画ではありますが、所謂、「根性もの」の映画で、「先生」と「生徒」の、漫画「明日のジョー」を彷彿とさせる、殴り合い(精神的)の映画だと思いました。そして、何事にもくじけずに、「何くそ」の精神で突き進んで行く事で本物になっていくのだ!という。

もう一人の天才ドラマー「バディ・リッチ」



学生時代、エルビン・ジョーンズの天才的ドラミングに圧倒されたのと同じくらいに、ジャズドラマーで強烈な印象を持ったのは、「バディ・リッチ」(Bernard “Buddy” Rich)でした。

ドラミングのパワーと、細かく、速く、正確に刻むリズム、そして長時間叩き続けるという、やはり天才的プレーヤーと言わざるをえません。
ある人に言わせると、「短距離のスピードでマラソンが走れるドラマー」とたとえています。まさに言い得て妙です。
神がかったリズム感とテクニックだと思います。1才の時からスティックを持たされて、1才半でドラムを演奏したということですので、やはり人間業ではないと思います。

バディ・リッチのドラミングは主にモーラー奏法で、その奏法原理は、腕の「回転、ねじり」で、ドラムを叩くというものです。

Buddy Rich Drum Solo
http://www.youtube.com/watch?v=22XbdIIhhXw (YouTube)

42才の時に心臓発作に見舞われ、医師よりドラムを止めるように言われたそうです。
このドラムソロは、そんな人の、65才の時の演奏とはとても思えない、大変な迫力です。

「BIG SWING FACE」に入っている、「LOVE FOR SALE」の、後半の3小節余りのアクセント付きシングルストロークは、特に有名なフレーズです。
聴く分には簡単聴こえますが、実際は普通のドラマーには、全くたたけないだろうと言われています。

Buddy Rich|Love for Sale
http://www.youtube.com/watch?v=HhJiH4JpajU (YouTube)

Big Swing Face

新品価格
¥529から
(2013/6/6 12:35時点)

代表曲は「ウェスト・サイド・ストーリー・メドレー」。迫力があり、そして細かく、速く、正確に刻むドラミング。演奏の後半に延々とドラムソロをやり、パワーと超スピードのシングルストロークで叩きまくる演奏は圧巻です。

Buddy Rich|West Side Story Medley – 1982 – Montreal
http://www.youtube.com/watch?v=6pCpVhlIRf8 (YouTube)

Live at the 1982 Montreal Jazz Festival [DVD] [Import]

新品価格
¥1,658から
(2013/6/6 12:40時点)

ちょっとおもしろい映像をみつけました。ジェリー・ルイス(Jerry Lewis)との共演です。
ジェリー・ルイスは米国の有名な喜劇俳優です。ドラミングも中々のものですね。やはり、天才と比較はできませんが。

Buddy Rich & Jerry Lewis|Drum Solo Battle (1965)
http://www.youtube.com/watch?v=141o_jwG7cA (YouTube)

1987年4月2日、バディ・リッチは、カリフォルニア州ロサンゼルスで亡くなりました。

親日家の天才ジャズドラマー「エルビン・ジョーンズ」



学生時代のことですが、ジャズドラムに興味を持ち、軽音楽クラブに入り、ジャズドラムをかじった時期があり、ジャズ喫茶によく通い、いろいろなジャズレコードを聴きました。
その頃、とても印象的だったのが「エルヴィン・ジョーンズ」(Elvin Jones)のドラミングでした。

今では、ドラムもロック、フュージョン、ラテンなどを融合したようないろいろなたたき方があると思います。しかし、その頃、初心者の私は、4ビート(フォービート)のオーソドックスなたたき方しかできず、エルヴィン・ジョーンズのドラムに、ショックを受けました。
極端にいうと、何か絶え間なくどこかをたたいているように最初は感じました。もちろん、そんな感覚は、大間違いでした。

John Coltrane | My Favorite Things 1965
http://www.youtube.com/watch?v=lvT0YI3Ogag (YouTube)
John Coltrane – Soprano sax
McCoy Tyner – Piano
Jimmy Garrison – Bass
Elvin Jones – Drums

マイ・フェイヴァリット・シングス

中古価格
¥842から
(2013/5/31 19:20時点)

エルヴィン・ジョーンズは、1960年から、サックスのジョン・コルトレーン(John Coltrane)、ベーシストのジミー・ギャリソン(Jimmy Garrison)、ピアニストのマッコイ・タイナー(McCoy Tyner)と共に黄金のカルテットを形成したといわれています。
複雑なリズムを難なく叩くテクニックと、重量感溢れるパワー。それだけでなく、バラードや静かな曲での繊細さをも持ち合わせている、屈指の天才ドラマーです。

Wayne Shorter | JuJu Full Album
http://www.youtube.com/watch?v=fm1VZWnVyuM (YouTube)
Wayne Shorter – tenor saxophone
McCoy Tyner – piano
Reggie Workman – bass
Elvin Jones – drums

ベスト・オブ・ウェイン・ショーター(ブルーノート・イヤーズ19)

新品価格
¥1,685から
(2013/5/31 19:21時点)

1960年代には、ブルーノート・レーベルを中心にウェイン・ショーター(Wayne Shorter)、グラント・グリーン(Grant Green)、ラリー・ヤング(Larry Young)らのレコーディングに参加し、歴史的名盤を数多く残しています。

ELVIN JONES | ANTI CALPSO
http://www.youtube.com/watch?v=wlJdCiNMKDU (YouTube)
1985年12月21日 新宿厚生年金会館「新宿ピットイン20周年コンサート」
エルビン・ジョーンズ(Ds)、渡辺貞夫(ASax)、武田和命(TSax)、向井滋春(Tb)、渡辺香津美(G)、辛島文雄(Pf)、井野信義(Bs)

エルビン・ジョーンズ・ジャズ・マシーン・ライヴ・アット・ピット・イン

中古価格
¥4,995から
(2013/5/31 19:39時点)

親日家で奥さんは日本人のケイコ・ジョーンズです。辛島文雄、向井滋春、川崎燎など多くの日本人プレイヤーを、自分のバンド「ジャズ・マシーン」のメンバーとして迎え入れていました。
また、毎年年始に新宿ピットインで公演を行いました。

残念ながら、天才ジャズドラマー、エルヴィン・ジョーンズは、2004年5月18日に、74才で亡くなりました。

新しいJazzの息吹「マーク・ジュリアナ」斬新な天才ドラマー



新しいJazzの息吹「グレッチェン・パーラト」の続き

続いて、「グレッチェン・パーラト」の共演者を、紹介します。
グレッチェン・パーラトのアルバム「In a Dream」に収録されている「Weak」のドラムを担当している「マーク・ジュリアナ(Mark Guiliana)」です。
彼にも、またまた魅せられてしまいました。ドラムソロがとても新しい感覚のドラミングで引き込まれます。

Gretchen Parlato | Weak
http://www.youtube.com/watch?v=WXH8g1M2Q78 (YouTube)

In a Dream

新品価格
¥2,258から
(2013/3/18 14:33時点)

Mark Guiliana – Drum Solo
http://www.youtube.com/watch?v=CbZ23rHKO2w (YouTube)

マーク・ジュリアナのblogには、以下のようにあります。

“What happens when you add hard bop drum masters Elvin Jones and Art Blakey to a 1980s Roland 808 drum machine, divide the result by J Dilla and then multiply to the power of Squarepusher?”
Answer: Mark Guiliana. ?
-Time Out London.

私なりに訳すと、「あなたは、1980ローランド808ドラム・マシンにハード・バップドラムの巨匠エルヴィン・ジョーンズ、アート・ブレイキーを追加して、J DILLAによるて結果を区分けして、スクエアプッシャーの力を掛けると、何が起こると思う? 答:マーク・ジュリアナ」。
意味が良くわかりませんが、要は、非常に斬新な天才ドラマーということでしょうか。

Now vs Now | Magical Fantasy
http://www.youtube.com/watch?v=q98wRmaEknk (YouTube)

Now Vs Now

新品価格
¥2,040から
(2013/3/18 15:23時点)


この演奏も、すばらしいです。

マーク・ジュリアナは、米国ニュージャージー州モリスタウン生まれの28歳。ドラミングは「トニーウィリアムズ」の影響を受けたと語っています。お気に入りのサービアシンバルは、アルティザンライトライドです。

マーク・ジュリアナにも、「新しいJazzの息吹」を感じました。