シティ・ポップ」カテゴリーアーカイブ

大貫妙子「SUNSHOWER」はシティ・ポップの名盤(2)


大貫妙子「SUNSHOWER」はシティ・ポップの名盤(1)より

前回は大貫妙子を聴き始めた切っ掛けなどを書きましたが、今回はタイトルでもある1977年にリリースされた「SUNSHOWER」の紹介です。

ファースト・アルバムが好調だったのかセカンド・アルバムの話となったようですが、シュガー・ベイブの延長といった前作とは違い、当時、クロスオーバー/フュージョン・ミュージックが確立され、多くの方々に聴かれるようになった事もあり、このアルバムにもミュージシャンをはじめその要素が取り入れられています。

参加ミュージシャン

  • 坂本龍一: keyboards
  • 今井裕: keyboards
  • 渡辺香津美: guitar
  • 大村憲司: guitar
  • 松木恒秀: guitar
  • 原宏一: guitar
  • 細野晴臣: bass
  • 後藤次利: bass
  • Chiristopher Parker: drums
  • 斎藤ノヴ: percussion
  • 向井滋春: trombone
  • 清水靖晃: saxophone
  • 山下達郎: background vocal

収録曲は全曲ともアレンジは「坂本龍一」です。
また、参加ミュージシャンも当時はクロスオーバー/フュージョンのブームもあり、ソロ・アルバムをリリースしている方もいますので、聴かれた方も多いのではと思います。

また、ミュージシャンの中で特筆するのはドラムの「Chiristopher Parker」(クリストファー・パーカー)です。
参加の経緯は、1977年に晴海国際展示場で3日間に渡って開催された「ローリング・ココナツ・レビュー・ジャパン」という反捕鯨をテーマとしたコンサートで、最終日のトリで出演した「Stuff」(スタッフ)を聴いたレコーディング・スタッフが、「この人だ」との思いで依頼し了解をとり、同年に再来日してレコーディングに参加したとの事です。

また、Stuffをはじめ、このコンサートの模様は16トラックのマスタ・テープが見つかり、2018年に14枚組でCD化されましたが、売れなかったのか2020年に何枚かが単品でリリースとなり、Stuffもその1枚としてリリースされています。

こちらを購入しましたが、ミックス・ダウンのバランスが悪いのか「Richard Tee」(リチャード・ティー)がリードの曲であっても音量が低かったりします。
私のようにギター好きには「Coenell Dupree」(コーネル・デュプリー)のプレイを楽むにはよいのですが。

ROLLING COCONUT REVUE JAPAN CONCERT

新品価格
¥2,530から
(2020/3/26 18:00時点)

なお、このコンサートではもう一人のドラマー「Steve Gadd」(スティーヴ・ガッド)とギターの「Eric Gale」(エリック・ゲイル)は参加していません。
もしSteve Gaddが参加していたらこ大貫妙子のアルバムのドラマーは…?」ですが。

大貫妙子 | Summer Connection
https://m.youtube.com/watch?v=1-GGGiKwjOU (YouTube)

海をテーマにした曲との事です。

大貫妙子 | 何もいらない
https://m.youtube.com/watch?v=G5Dg29hIFok (YouTube)

因みにリズム・ギターは「松木恒秀」で、間奏のギター・ソロは「渡辺香津美」です。

大貫妙子 | 都会
https://m.youtube.com/watch?v=ck11pWTc2g8 (YouTube)

SUNSHOWER

新品価格
¥1,919から
(2020/3/26 18:01時点)

この曲は海外でも評価が高く、一節には「竹内まりや」の「プラスティック・ラブ」が海外での評価が高いと紹介しましたが、YouTubeのアルゴリズムで、この「都会」が関連曲として横に表示され、これを再生したのが切っ掛けとの話を聞きました。

海外での人気の一例として私は本編は見ていませんが、この番組でこのアルバムを探しに海外からやって来たとの事です。

Youは何しに日本へ?2017年8月7日放送予告編
https://www.youtube.com/watch?v=1KxBseIjYKk (YouTube)

YOUに大切なものをあげるわひと夏の経験SP│Youは何しに日本へ?:テレビ東京
YOUに大切なものをあげるわひと夏の経験SP│Youは何しに日本へ?:テレビ東京

また、こちらも2014年に「HMV record shop渋谷」のオープン記念としてアナログ盤で再発売されましたが即完売となり、何回か再プレスされましたが同様で、また、「Youは何しに日本へ?」で取り上げられたのを切っ掛けにさらに再評価が高まり、「プレスをしては完売を続ける人気タイトルと」なっているとHMVの商品紹介にも書かれています。

SUNSHOWER Annalog LP

SUNSHOWER 【record shop渋谷限定LP】

新品価格
¥6,900から
(2020/3/26 18:02時点)

私もジャケットは色あせていますが、今も1977年盤を持っています。

また、2015年に、「都会」と「くすりをたくさん」のカップリングによるのアナログ盤が7インチ(レコードのシングル盤)が限定でリリースされました。

簡単な紹介となりましたが、以降もアルバムを何枚か購入し聴きましたが、私にとってこのアルバムは大貫妙子の、そしてシティ・ポップの名盤の1枚だと思います。

大貫妙子「SUNSHOWER」はシティ・ポップの名盤 (1)


竹内まりや「プラスティック・ラブ」という魔法「シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち」よりを紹介したように、シティ・ポップが再評価され、その人気は国内に留まらず、海外でも注目されています。

リアルタイムで聴いていた者にとっては再評価されている事は嬉しいとともに、今の若い世代にも新鮮に受け入れられている事は当時の音楽の良さを改めて感じさせられます。

シティ・ポップという言葉は当ブログをご覧の方にはお馴染みかもしれませんが、初めて聞く方にはジャンルではなく、1970年代後半から80年代に流行ったニュー・ミュージックの中でも、「特に都会的に洗練され、洋楽志向のメロディや歌詞を持った」などと書かれています。
ただ、レパートリーにそのような曲が多いためかアーティスト自身をシティ・ポップ系と括られ、例えば海など自然をテーマにした曲であってもシティ・ポップと呼ばれるなど明確な区分けはなく、メジャー7thなどのオシャレなコードを多様する曲で区分けされているのかもしれません。

参考として「ウィキペディア日本語版」に「シティ・ポップ」の項目があります。ご覧ください。

また、再評価に合わせてなのか、こちらが切っ掛けの一つとなったのかもしれませんが、「Light Mellow和モノSpecial」と「シティ・ポップ 1973-2019」という書籍があり私も購入しました。
アルバムの紹介がメインで枚数も多いためか簡単な解説ではありますが、アルバムを多く所有する私にとっては、所有するアルバムが取り上げられているだけで嬉しくなります。

Light Mellow和モノSpecial ~more 160 items~ (16Pの特典小冊子付き)

新品価格
¥2,728から
(2020/3/23 13:57時点)

シティ・ポップ 1973-2019

新品価格
¥1,868から
(2020/3/23 14:00時点)

私は「山下達郎」、「角松敏生」をはじめ男性アーティストも流行りもあり聴きましたが、やはり女性アーティストが好きなのか聴く機会も多かったと思います。
「松任谷由実」、「竹内まりや」、「杏里」など、定番といわれるアーティストはもちろんですが、他にも「大橋純子」、「吉田美奈子」、「松原みき」、そして「City Light By The Moonlight」で知られる「惣領智子」などもです。

そして今回紹介するのがその中の一人、「大貫妙子」です。

最初に大貫妙子の歌声を聴いたのが「シュガー・ベイブ」の唯一のアルバム「Songs」(ソングス)でした。
収録曲の「Show」や「Down Town」など、どうしても「山下達郎」のイメージが強いのですが、私は大貫妙子の歌うこの曲が切っ掛けで好きになってしまいました。

シュガー・ベイブ | いつも通り
https://m.youtube.com/watch?v=VbADGjS4e2A (YouTube)

SONGS -40th Anniversary Ultimate Edition-

新品価格
¥2,700から
(2020/3/23 14:00時点)

シュガー・ベイブの結成や活動など、当時の状況などについては「PIED PIPER DAYS」(パイドパイパー・デイズ)が面白く参考になりました。

当時、東京・青山にあった伝説のレコード・ショップ「パイドパイパーハウス」の店主「長門芳郎」さんが書かれた本です。

PIED PIPER DAYS パイドパイパー・デイズ 私的音楽回想録1972-1989

新品価格
¥2,640から
(2020/3/23 14:01時点)

随分前にテレビのトーク番組で語っていましたが、当時の活動としてフェスなどに出演するものの、ロックなどが主流の時代であり、演奏を始めると瓶やカンが飛んできたとの事です。
また、バンドだけでは稼げないのかバイトもしていたとの事です。

シュガー・ベイブは1973年の結成ですが、残念ながら1976年に解散となります。

そして、解散と同年の9月に大貫妙子がファースト・アルバム、そして10月には山下達郎もファースト・アルバム「CIRCUS TOWN」のリリースとなります。
私は両アルバム(当時はレコード)とも購入し今でも所有しています。

シュガー・ベイブは時代を先取りした音楽だったと言われ一般受けしたとは言えませんが、ソロとなり今ではシティ・ポップを代表するまでになった二人の活躍は、その頃からのファンとしては嬉しいものです。

その大貫妙子が1976年にリリースしたアルバムが「Gray Skies」(グレイ・スカイズ)でした。

収録曲はシュガー・ベイブ時代に演奏していた曲と、このアルバムのために書いた曲で作られているとの事です。

大貫妙子 | 時の始まり
https://www.youtube.com/watch?v=QoOMtKw7c0M (YouTube)

大貫妙子 | 愛は幻
https://www.youtube.com/watch?v=tQkumjylXCY (YouTube)

大貫妙子 | 街
https://www.youtube.com/watch?v=4pIc1lQBhnE (YouTube)

確かに曲の雰囲気やバックのサウンドを聴くとシュガー・ベイブだなと感じる曲もあり、解散していなければセカンド・アルバムに入っていただろうなどとも書かれていました。
このアルバムもシティ・ポップの1枚かと思います。

Grey Skies

新品価格
¥1,980から
(2020/3/23 14:02時点)

大貫妙子「SUNSHOWER」はシティ・ポップの名盤(2)に続く

竹内まりや「プラスティック・ラブ」という魔法「シティポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち」より


先月発売された「Guitar Magazine 2020年1月号」では、「シティポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち」として、80年代のシティ・ポップの名盤、名曲の紹介とともに、それらのバックとしてレコーディングに参加したセッション・ギタリストが特集されています。

この特集は、2019年4月号に掲載されたのですが、今では中古でも高価で販売されるほど好評だったようで、その第2段となります。

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2019年 4月号 (綴じ込みスコア付) [雑誌]

中古価格
¥3,385から
(2020/1/3 09:40時点)

前号が「~昼下がりのメロウ・グルーヴ篇~」として、70~80年代の「山下達郎」、「松任谷由実」、「吉田美奈子」、「大貫妙子」、「竹内まりや」、「尾崎亜美」などの名曲を支えたカッティング・ギターの名演フレーズ集と、その名演を誰が弾いていたのかとして、以下のギタリストにインタビューなどを交えての紹介でした。

そして、今号では、「~真夜中のファンキー・キラー編~」として、80年代のシティポップの名曲を支えたカッティング・ギターの名演として以下のギタリストを紹介しています。

(CD付き) ギター・マガジン 2020年 1月号 (特集:80年代シティポップ)

中古価格
¥1,460から
(2020/1/3 09:43時点)

雑誌の紹介文には、「コンプとコーラスをパンパンにかけてパキパキなカッティングを繰り出す、まさに『 80’s Japanese Sound 』を体現したギタリストたち」、と書かれています。

何れも私の大好きなギタリストばかりで、個々に紹介しようと思ったのですが、たまたま雑誌を読みながら聴いていた「竹内まりや」の「Variety」(ヴァラエティ) と、今回の特集の1人である「山下達郎」の紹介で、竹内まりや「プラスティック・ラブ」という魔法と書かれたページがタイミングよく重なり、この1曲だけでも1話になるのではと思い紹介します。

竹内まりや | プラスティック・ラブ
https://www.youtube.com/watch?v=9Gj47G2e1Jc (YouTube)

この曲は山下達郎との結婚を機に2年間の休業の後、1984年に約3年ぶりに発表されたアルバム「Variety」に収録の1曲です。
また、1985年3月に、このアルバムから3枚目となる 12枚目のシングルとしてリリースされています(最高86位)。

Variety (30th Anniversary Edition)

中古価格
¥1,910から
(2020/1/3 09:44時点)

このアルバムは、まだレコードが全盛の頃でしたがLPを購入し、今も大切に所有しています。
このアルバム以前にRCA(当時)からリリースされたアルバムも聴いていましたが、竹内まりやの曲の中でも一番好きな曲です。
楽曲の良さや竹内まりやの歌声はもちろんですが、冒頭の雑誌紹介の通り、山下達郎のギター・カッティングのカッコ良さからかもしれません。

2014年に「30th Anniversary Edition」としてCDが再発され、もっぱらこのCDで聴く事が多いのですが、ボーナス・トラックに、このプラスティ・ラブだけでも以下の3曲が追加されており、うち2曲は1985年に12インチ・シングル盤としてリリースされたバージョンで、このシングル盤はオークションなどでも高価で出品されており、それが聴けるのが魅力で購入しました。

  • プラスティック・ラブ [12” Extended Club Mix]
  • プラスティック・ラブ [12” Original Length ReMix]
  • プラスティック・ラブ [Karaoke]

この中からExtended Club Mixとカラオケを紹介します。

竹内まりや | プラスティック・ラブ [Extended Club Mix]
https://www.youtube.com/watch?v=KfAsLdj1Tjw (YouTube)

竹内まりや | プラスティック・ラブ [Karaoke]
https://www.youtube.com/watch?v=IvctmNe37lo (YouTube)

アルバムでこの曲のクレジットを見ると、アレンジはもちろんですが、ギターは山下達郎のみで、コード・カッティング、単音リフ、要所に入るフィル・イン、そして間奏のギター・ソロなど、カッティングの名手と言われるだけに、ギターのセンスの良さは流石です。
因みに、雑誌にはこの曲のスコアが付属していますので、スコアを見ながら聴くのもお薦めです。

そして、この曲といえば、TOKYO-FM(現:エフエム東京)&fm-osaka(現:FM大阪)の開局30周年を記念し、2000年に日本武道館と大阪城ホールで開催された、竹内まりやにとっては1982年のライブ以来、18年と7ヶ月ぶりとなるライブの模様を収録した、初のライブ・アルバム「Souvenir?Mariya Takeuchi Live」でも聴けます。

竹内まりや | プラスティック・ラブ |Live
https://www.youtube.com/watch?v=IBkhiY8GCtU (YouTube)

Souvenir~Mariya Takeuchi Live

中古価格
¥878から
(2020/1/3 09:45時点)

山下達郎がギター、コーラスで参加し、後半のコーラスは山下達郎そのものです。
もう1人のギタリストとして「佐橋佳幸(松たか子の旦那さん)」が参加しています。
また、間奏はギター・ソロではなく、「土岐英史」のサックスです。
アルバム「Variety」では間奏はギターソロで心地よいフレーズを弾いていますが、やはりこの曲調のアレンジとしては、2本のギターはリズム・カッティングに徹したかったのではと思います。

このライブの模様は映像として残っているようですが、DVDなどで販売されていないのが残念で、もし販売されたら即購入するのですが。

因みに、「Dear Angie?あなたは負けない/それぞれの夜」の初回限定盤や、「TRAD」の初回限定盤の特典DVDとして何曲か見ることが出来ます。
古い映像の為か、画面比率が4:3ですが。

Dear Angie?あなたは負けない/それぞれの夜 (初回限定盤)

  • 元気を出して

Dear Angie ~あなたは負けない/それぞれの夜 (初回限定盤)

中古価格
¥1,270から
(2020/1/3 09:47時点)

TRAD (初回限定盤)

  • カムフラージュ
  • SEPTEMBER
  • 不思議なピーチパイ

「駅」の土岐英史のサックス・ソロ、「SEPTEMBER」の山下達郎のギター・カッティングは心地よく、私のお気に入りです。

TRAD (初回限定盤) (DVD付)

中古価格
¥3,874から
(2020/1/3 09:48時点)

何れも初回限定盤という事もあり、新品、中古品ともオークションなどでも高価で取引されているようです。

尚、私は行けなかったのですが、2018年に期間限定Roadshowとして、この模様と、以降のライブ映像などを「souvenir the movie ~Mariya Takeuchi Theater Live~」として上映されました。

「souvenir the movie ?MARIYA TAKEUCHI Theater Live? 」予告編

そして、この曲を山下達郎自身もライブで演奏し、 1981年~89年にかけてのライブ音源を選りすぐった1989年リリースの2枚組のライブ・アルバム「JOY」のDisc 1に収録されています。
もう1人のギタリストとして、山下達郎のバンドのメンバーとして、レコーディングやツアーでおなじみで、今回の特集にも登場の「椎名和夫」が参加しています。
また、こちらも間奏はギター・ソロではなく、「土岐英史」のサックスですが、この方のサックスはいつ聴いても心地よく、「チキンシャック」の各アルバムは今でも愛聴盤です。

山下達郎 | プラスティック・ラブ (Live)
https://www.youtube.com/watch?v=AdWHTqmAOe4 (YouTube)

JOY~TATSURO YAMASHITA LIVE

中古価格
¥3,668から
(2020/1/3 09:50時点)

冒頭のGuitar Magazineに戻りますが、この特集の前に関連して、「今、アジアのシティポップが熱い!」というミニ特集が掲載され、今回は日本のシティポップに影響を受けた、韓国、台湾などの新世代アーティスト/ギタリストたちのインタビューがありますが、韓国のヒップ・ホップ/R&Bレーベル「8 BallTown」のプロデューサー「Bronze」が、「竹内まりやのプラスティック・ラブを越える日本のシティ・ポップは現れてないんじゃないかな(笑)」と語っており、評価が高いとの事です。

そのBronzeが、昨年11月に「JAPANESE CITY POPオマージュ溢れる快作!!」(紹介文より)としてアルバムをリリースしています。
雑誌には「角松敏生」や「鳥山雄司」に影響を受けたなどと語っています。

また、ジャケットに使われたシティ・ポップの代名詞といえる「永井博」のイラストにも惹かれ購入しましたが、私は気に入っています。

Bronze | Birds Eye View
https://www.youtube.com/watch?v=q3Cj41k0psc (YouTube)

EAST SHORE

新品価格
¥2,530から
(2020/1/3 09:51時点)

また、2010年以降に日本のシティ・ポップが海外で評価されているという話をよく聞きますが、そのブームの切っ掛けとなったのがSNSやYouTubeなどにリミックスやサンプリング等で投稿されたこのプラス ティック ・ラブと言われています。

雑誌では韓国出身で2019年のフジ・ロックにも出演した、プロデューサー/DJの「Night Tempo」がリエディットし、YouTubeにアップしたプラスティック・ラブがブームに一役買ったと紹介されています。
確かに、980万を越えるほど視聴されており、コメントも殆どが英語です。

「Artzie Music」、「Future funk」、奥が深そうなので曲だけ紹介します。

Night Tempo | Takeuchi Mariya – Plastic Love (Night Tempo 100% Pure Remastered)
https://www.youtube.com/watch?v=Qm509gYHAe0 (YouTube)

おまけとなりますが、この曲が注目されたためか、昨年5月にWarner Music Japanもショート・バージョンとなりますがオフィシャルでYouTubeにアップし、やはり英語のコメントが多いです。

竹内まりや | プラスティック・ラヴ (Short ver.)

竹内まりやについては、昨年の「日本レコード大賞」で「特別賞」を獲得しました。
番組でも電話インタビューで本人が登場し、プラスティック・ラブへの英語のコメントを映すなど、こちらでも海外での評価の高さを語っていました。

そして、大晦日の「紅白歌合戦」に初登場でスペシャルパフォーマンスを披露しました。
残念ながら「いのちの歌」の1曲のみでしたが。
ただ、昨年は40周年を記念して、「竹内まりや Music&Life ~40年をめぐる旅~ 完全版」というのがNHK BSプレミアムでオンエアされました。
ご覧になった方も多いかと思いますが、ライブ映像を交え40年を振り返りと充実した内容だったかと思います。

本年も益々の活躍を期待しています。

シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち 「松木恒秀」~「松原正樹」


少し前ですが2冊の雑誌を購入しました。
1冊は「Guitar magazine 4月号」で、「シティ・ポップを彩った、カッティング・ギターの名手たち」として以下のギタリストを特集しています。

松原正樹 / 松木恒秀 / 鈴木茂 / 村松邦男 / 山下達郎

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2019年 4月号 (綴じ込みスコア付) [雑誌]

中古価格
¥2,257から
(2019/4/19 10:54時点)

以前も「恋する歌謡曲。」という特集が組まれ、「歌謡スターとギタリストたちの物語」や「ギタリストが選ぶ“ギターがカッコいい”歌謡曲名選」など歌謡曲のバックでプレイするセッション・ギタリストの特集が組まれました。

Guitar magazine (ギター・マガジン) 2017年 4月号 (CD付) [雑誌]

中古価格
¥2,690から
(2019/4/19 10:56時点)

何れもセッション・ギタリストにスポットを当てたものですが、このような特集はマニアックかもしれませんが評判も良く、今でも新品、中古ともプレミア価格と高価で売られています。

今号もセッション・ギタリストが好きな私には良い内容でした。

先に紹介した5人のギタリストで私が気に入っている曲を紹介します。

松木恒秀

日本の「エリック・ゲイル」などとも言われた名プレイヤーで、ジャズ・プレイヤーとしても知られていますが、私は「鈴木宏昌」率いる「コルゲン・バンド」や、「ザ・プレイヤーズ」への参加が印象に残っています。

またセッション・プレイヤーとして多くのアーティストの楽曲に参加し、アルバムとしては「山下達郎」の六本木PIT INNでのライブ・アルバム「IT’S A POPPIN’ TIME」は今もよく聴く1枚です。

IT’S A POPPIN’ TIME (イッツ・ア・ポッピン・タイム)

中古価格
¥1,670から
(2019/4/19 10:57時点)

松木恒秀のセッション・プレイヤーとしてお薦めの曲がこの曲です。

大橋純子 | ペイパー・ムーン
https://www.youtube.com/watch?v=jpi2AVEY350 (YouTube)

PAPER MOON

中古価格
¥897から
(2019/4/19 10:58時点)

2012年にライブ中に倒れ活動休止するも復帰し活動しますが、惜しくも2017年6月に亡くなられました。

鈴木茂

「はっぴいえんど」、「ティン・パン・アレー」、そしてソロとしての活躍など、紹介の必要もない 名プレイヤーです。
昨年の紅白歌合戦でもユーミンのバックでプレイしていました。

ソロ活動としてはこの曲でしょう。

鈴木茂 | 砂の女
https://www.youtube.com/watch?v=RWuae3_kJkA (YouTube)

BAND WAGON [UHQCD]

中古価格
¥4,063から
(2019/4/19 10:59時点)

そしてセッション・プレイヤーとして印象に残っている曲がこちらとなります。
歌のバックでのカッティングもですが、間奏のソロなど、ギターを始めた頃の私はどうしたらあのようなフレーズが思いつくのか驚きでした。

荒井由実 | 卒業写真
https://www.youtube.com/watch?v=lJYhj9653OE (YouTube)

COBALT HOUR

中古価格
¥1,405から
(2019/4/19 11:00時点)

村松邦男・山下達郎

この2人と言えば「Sugar Babe(シュガー・ベイブ)」でしょう。
「SONGS」というアルバム1枚のみで解散してしまいましたが、このアルバムと言えばこの曲でしょう。
村松邦男のイントロからのギターは当時は驚きで、昔、忘年会で演奏したのですがコピーできず、グダグダな演奏だった記憶があります。

Sugar Babe(シュガー・ベイブ) | Downtown(ダウンタウン) | LIVE
https://www.youtube.com/watch?v=bWAR2gZW1gc (YouTube)

SONGS -40th Anniversary Ultimate Edition-

中古価格
¥1,650から
(2019/4/19 11:02時点)

また、アルバム1曲目の「Show」ですが、後にこの曲を聴き思わずニヤッとしてしまいました。

Peter Gallway | Harmony Grits
https://www.youtube.com/watch?v=azfBMMbLK_g (YouTube)

そして「山下達郎」のギター・カッティングと言えばこの曲でしょう。
愛器であるテレキャスターでのプレイでも、「カッティングは1弦から6弦全てを使う」との事です。

山下達郎 | Sparkle
https://www.youtube.com/watch?v=gQ9pmFMc5oM (YouTube)

FOR YOU (フォー・ユー)

中古価格
¥1,498から
(2019/4/19 11:04時点)

松原正樹

そして今回特集のギタリストで私にとってはやはり「松原正樹」です。

2016年に61歳で亡くなってしまいましたが、今でも自身のアルバムやセッションで参加したアルバムを聴いています。

YouTubeに松原さんが参加した曲をライブでメドレーにして弾いています。
カッティングもですが、印象に残るソロを聴かせる内容となっています。

皆さん知っている曲ばかりではと思います。

松原正樹 | 松原正樹WORKSメドレー
https://m.youtube.com/watch?v=nY0UnQbEyV8 (YouTube)


松原正樹 35th Anniversary Live at STB139/21 NOV 2013

中古価格
¥5,943から
(2019/4/19 11:08時点)

松原正樹 35th Anniversary Live at STB139 / 21 NOV 2013 [DVD]

新品価格
¥4,932から
(2019/4/19 11:09時点)

ライブのMCではセッションで参加した曲は「2万曲まではやってないと思うが…」、「飲み屋で流れるBGMを耳にし、あれっ、このギター俺かな…?」、そしてこのメドレーについては演奏後に「この歳になって自分のフレーズをコピーするとは…」と言っています。

松原さんは何回か会いましたが、一度は仕事で銀座の音響ハウスというスタジオに行った際、仕事を終え他のスタジオを見ると「東芝EMI」と書かれており覗いてみるとユーミンのレコーディング中で、コンソール・ルームにはユーミンがおり、そしてスタジオを見ると松原さんがプレイしていました。
その時のアルバムが「昨晩お会いしましょう」でした。

最後にセッション・プレイヤーとしての松原正樹のお気に入り曲は何かと聞かれると、真っ先に思いつくのがこの曲かと思います。

松原みき | 真夜中のドア STAY WITH ME | シングル盤バージョン
https://www.youtube.com/watch?v=h1L_fLJX7Gk (YouTube)

プラチナムベスト 松原みき(UHQCD)

中古価格
¥1,384から
(2019/4/19 11:10時点)

当時はレコードでしたが、シングル盤は「松原みき」がイントロから歌ったりとLPのテイクより評価が高く、今でも中古盤が高価で取引されています(紹介のベスト盤はシングル・バージョンが収録されています)。
曲中のカッティングもですが、エンディングのギター・ソロは名演かと思います。

もう1冊は次回紹介します。