タグ別アーカイブ: ZARD

マイ・フェイバリット・出会い・ミュージック


初夏の木香薔薇

初夏の木香薔薇 撮影:ヤマザキサトシ 撮影日:2018/4/20

季節が廻り、また4月を迎えました。
新しい芽生え、芽吹きが盛んです。

今年も、我が家の庭のモッコウバラが盛りを迎えました。

4月は学校でも職場でも新しい出会いが多い時期です。
だから、4月のお気に入り曲のテーマは「出会い」です。

春の出会いに限らず、当ブログ執筆者がお勧めする出会い音楽を7曲紹介します。

 

ZARD|揺れる思い
https://www.youtube.com/watch?v=uEkz6_1zg7s (YouTube)

揺れる想い

新品価格
¥2,547から
(2018/4/25 02:23時点)

  • この出会いは夏の季節ですが、「運命の出会い」という言葉に強く心をひかれます。(Hiro)

藤田恵美|アンド・アイ・ラヴ・ユー・ソー(And I Love You So)
https://www.youtube.com/watch?v=VRn_E6lsCgE (YouTube)

camomile Best Audio

新品価格
¥2,312から
(2018/4/25 02:25時点)

  • ペリー・コモやプレスリーのヒット曲を藤田恵美(元Le Couple)が歌っています。彼女の洋楽カバーの”camomileシリーズ”はオーディオ評価用としてもお薦めです。「出会いの瞬間」を感じる趣きがあります。(Koji)

ザ・ビージーズ(The Bee Gees)|若葉のころ(First of May)
https://www.youtube.com/watch?v=TvoJCdH1jlI (YouTube)

小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,059から
(2018/4/25 02:26時点)

小さな恋のメロディ [DVD]

新品価格
¥3,357から
(2018/4/25 02:27時点)

  • 映画「小さな恋のメロディ」のシーンが浮かびます。(Koji)
  • はい、ほんとに映像とメロディがぴったりです。懐かしい。(Hiro)
  • 映画「小さな恋のメロディ」は、子供たちだけで結婚式を挙げるシーンが好きです。(Yama)

カーペンターズ(Carpenters)|青春の輝き( I Need To Be In Love)
https://www.youtube.com/watch?v=EmFiOb0To7w (YouTube)

青春の輝き~ベスト・オブ・カーペンターズ<10周年記念エディション>

新品価格
¥2,497から
(2018/4/25 02:29時点)

  • 青春とは「出会いと別れ」。何故かカレンの歌声が胸に響きます。(Koji)
  • 「青春の輝き」邦題、すばらしいですね。大好きな曲です。(Hiro)

シーウィンド(Seawind)|ヒー・ラヴズ・ユー(He Loves You)
https://www.youtube.com/watch?v=bwgyrnscta8 (YouTube)

REUNION(初回生産限定盤)(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥5,980から
(2018/4/25 02:28時点)

  • 解散したバンドの再結成も新たな出会なのかもしれませんが、ファンにとっては嬉しいものです。私の大好きな「シーウィンド」も2009年と古い話ですが「リユニオン」としてアルバムをリリースしこの曲を取り上げています。ソロのパートは不参加の「ジェリー・ヘイ」に代わり今は亡き「アル・ジャロウ」が歌っています。(MAHALO)

ザ・ベノワ-フリーマン・プロジェクト(The Benoit/Freeman Project)|リユニオン(Reunion)
https://www.youtube.com/watch?v=4f802Y-29oo (YouTube)

ミラージュ

新品価格
¥972から
(2018/4/25 02:29時点)

  • インスト曲ですので「Reunion」がどのような意味なのか分かりませんが、この曲収録のアルバムから10年後に2人は2ndアルバムをリリースしており、再会となるのですが。心地良く大好きな曲です。(MAHALO)

小泉今日子|あなたに会えてよかった
https://www.youtube.com/watch?v=10VMVBAKBcM (YouTube)

コイズミクロニクル~コンプリートシングルベスト 1982-2017~ (通常盤)

新品価格
¥3,759から
(2018/4/25 02:30時点)

  • 小泉今日子最大のヒット曲です。そして小泉今日子自身が出演したドラマ「パパとなっちゃん」の主題歌でした。作詞は小泉今日子自身で作曲が小林武史なのは「My Sweet Home」と同じ組み合わせです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・アーリー・サマー・ミュージック


平成28年熊本地震にて被災された皆様には、心よりお見舞い申しあげます。被災地の一日も早い復興をお祈り申しあげます。


初夏の花「ハナミヅキ」

初夏の花「ハナミヅキ」

4月18日(月)、東京都心では今年初めて最高気温が25度以上になる「夏日」になりました。
この日、関東各地の最高気温は、東京26度8分、横浜24度5分、千葉24度8分、熊谷24度7分、河口湖25度0分でした。

二十四節気の「立夏」(りっか)を迎える前の晩春に、早くも初夏の陽気になりました。

さて、4月のお気に入り曲のテーマは、季節を先取りして「初夏」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「初夏」に纏わる8曲を紹介します。


ZARD|揺れる想い
https://www.youtube.com/watch?v=vmwoUUhn9I8 (YouTube)

揺れる想い

新品価格
¥1,799から
(2016/4/21 03:24時点)

  • 初夏の歌といえば、この曲です。 初夏の爽やかさと、青春の純な気もちが心の奥まで響いてきます。(Hiro)
  • カノン進行の典型的な曲ですね。見事にこの季節の切ない気持ちを表現しています。(Koji)

松田聖子|夏の扉
https://www.youtube.com/watch?v=kRB9_9zNxxI (YouTube)

松田聖子 ヒットコレクション 1 DQCL-5101

新品価格
¥1,290から
(2016/4/21 03:25時点)

  • 歌の題名がまさに「夏の扉」、初夏そのものです。初々しい松田聖子、歌とぴったり合ってます。(Hiro)
  • ロバート・A. ハインラインの著書に「夏への扉」というSF小説があり、この曲とセットでこの小説を毎年、読み返しています。(Yama)

森田童子|雨のクロール
https://www.youtube.com/watch?v=_QQ-tmTWCrc (YouTube)

ぼくたちの失敗~森田童子ベストコレクション~(CCCD)

新品価格
¥14,900から
(2016/4/21 03:26時点)

  • その活動期間(1975年から1983年)には森田童子の映像を見る機会はありませんでした。ドラマ「高校教師」で彼女の曲が使われ注目されましたが、決して再び表舞台には登場しませんでした。「ボク」という一人称で暗い曲を歌う、カーリーヘアにサングラスの当時の彼女の姿をYouTubeで見ることができます。(Koji)

ビージーズ(The Bee Gees)|若葉のころ(First of May)
https://www.youtube.com/watch?v=TvoJCdH1jlI (YouTube)

小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,058から
(2016/4/21 03:27時点)

小さな恋のメロディ [Blu-ray]

新品価格
¥3,872から
(2016/4/21 03:28時点)

  • 映画「小さな恋のメロディ」の挿入歌としても有名ですね。イギリスの「May」は花咲き、青葉の美しい月を意味しており、若い時代を5月に喩え、「First Love」初恋という言葉への連想があるようです。(Koji)
  • 懐かしい曲です。「First Of May」を「若葉の季節」と付けたのも、センスが光りますね(Hiro)
  • 映画「小さな恋のメロディ」の切なさが大好きです。(Yama)

渡辺貞夫(Sadao Watanabe)|カリフォルニア・シャワー(California Shower)
https://www.youtube.com/watch?v=HVfa-OdkhC8&nohtml5=False (YouTube)

カリフォルニア・シャワー

新品価格
¥1,631から
(2016/4/21 03:32時点)

  • ナベサダの永遠のベストセラーですね。カリフォルニアの初夏の香り漂う名曲だと思います。(Koji)
  • 当時、FMラジオでエアチェックして、カセットテープが擦り切れる程、繰り返して聞いていました。(Yama)

ケヴィン・レトー(Kevyn Lettau)|アナザー・シーズン(Another Season)
https://www.youtube.com/watch?v=_LejtbEAdYI (YouTube)

アナザー・シーズン

新品価格
¥3,200から
(2016/4/21 03:32時点)

  • セルジオ・メンデスのバンドに在籍していた事で知られるケヴィン・レトーのヒット曲です。ラテン・タッチのメロディーにアレンジ、そして爽やかな歌声は夏を迎えるこの時期にピッタリかと思います。(MAHALO)

大滝詠一|君は天然色
https://www.youtube.com/watch?v=dH9yLGoIxBw (YouTube)

A LONG VACATION 30th Edition

新品価格
¥2,209から
(2016/4/21 03:33時点)

  • 毎年5月が近づくと聞きたくなるのが大滝詠一のアルバム「A LONG VACATION」。代表曲はやはり「君は天然色」です。戸田恵梨香主演「サントリー金麦<糖質オフ>」のCM曲に使用されるので、毎年、この時期から毎日テレビでヘビーローティションします。(Yama)

UB40|好きにならずにいられない(Falling in Love With You)
https://www.youtube.com/watch?v=Ajp0Uaw4rqo (YouTube)

ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・UB40 1980-2000

新品価格
¥1,500から
(2016/4/21 03:34時点)

  • 夏は「レゲエ」。イギリスのレゲエ・バンド「UB40」は名曲カバーの宝庫です。「レッド・レッド・ワイン」「見つめていたい」が有名ですが、この「好きにならずにいられない」でも一世を風靡しました。(Yama)
  • あまり「レゲエ」は聴きませんが、レゲエのリズムでスタンダードを聴くと確かに初夏の感じですね(Hiro)
  • プレスリーの名曲も「レゲエ」で聴くといかにも夏ですね。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・ドライブ・ミュージック


5月28日(水)に、早くも東京で真夏日を観測しました。
ゴールデンウィークを過ぎたら、突然、夏が始まりました。
今年は、春が短く、夏が長いようです。

5月の「お気に入り曲」のテーマは、「ドライブ」です。

当ブログ執筆者がお勧めするドライブ・ミュージック9曲とドライブ・アルバムを紹介します。
初夏のドライブのお供にどうぞ。

ハイファイセット|中央フリーウェイ
https://www.youtube.com/watch?v=Wc-ou0d1dE4 (YouTube)

GOLDEN☆BEST/ハイ・ファイ・セット 荒井由実・松任谷由実・杉真理作品集

新品価格
¥2,290から
(2015/5/28 18:19時点)

  • この曲を聴きながら、夜、八王子方面から新宿に向かって車を運転して来ると、西新宿の高層ビルが視界に入ってきて、そして、その中を通り抜けて、代々木、赤坂見附へと通り抜けていく、、このシーンが30数年前の、やはり夜、ロスアンゼルスのサンタモニカからダウンタウンに向かってサンタモニカフリーウェイを走っていた時のドライビングシーンといつも重なります。この曲は、このドライビングシーンにピッタリの曲なのです。(Hiro)
  • タイトルがフィクションなので、多少の理想も含まれている歌詞ですが、東京~八王子がリゾート線のように感じます。(Yama)

ZARD|揺れる想い
https://www.youtube.com/watch?v=FJq4zK1aS2I (YouTube)

ZARD What a beautiful memory 2007 [DVD]

新品価格
¥3,340から
(2015/5/28 18:21時点)

  • 初夏のドライビングを、この曲を聴きながら楽しむと、本当に新緑の蒼さが、山道、田圃道、どこでも目に沁みてきます。緑が生き生きとせまってくる感じがします。(Hiro)

CASIOPEA vs T-SQUARE|Truth ~ Asayake
https://www.youtube.com/watch?v=CVrcjN2PTi8 (YouTube)

CASIOPEA VS THE SQUARE THE LIVE!! [Blu-ray]

新品価格
¥6,372から
(2015/5/28 18:24時点)

CASIOPEA VS THE SQUARE LIVE

新品価格
¥2,457から
(2015/5/28 18:24時点)

  • 日本のFusion2大バンドの競演による各々の代表曲です。2003年のライブのようすですが、CDやDVDもありますが、Blu-Rayで楽しむのも良いかも知れません。(Koji)
  • 凄く贅沢で豪華な対決です。(Yama)

ジャン&ディーン(Jan & Dean)|パサデナのおばあちゃん(Little Old Lady From Pasadena)
https://www.youtube.com/watch?v=ZmZPbzPOEL8 (YouTube)

パサディナのお婆ちゃん

新品価格
¥675から
(2015/5/28 18:25時点)

  • 1964年、オリンピックの年のヒット曲でした。そのタイトルと共に軽快なメロディは今でも耳の奥に残っています。(Koji)
    パサデナ、懐かしいです。ロスアンゼルス ダウンタウンから、車で30分ぐらいでしょうか。そこから、リトル東京のアルバイト先に通ってくる、おねえさん(おばさんではなく)いました。(Hiro)

アメリカ(America) |ヴェンチュラ・ハイウェイ(Ventura Highway)
https://www.youtube.com/watch?v=wc34k_tZ2VU (YouTube)

Here & Now

新品価格
¥1,189から
(2015/5/28 18:26時点)

  • 1972年当時はカセットテープに録音して良く聴いていました。2007年リリースのアルバム「Here & Now」がお薦めです。35年の月日が経過してもAmericaサウンド健在です。(Koji)
  • 私もこの曲はよく聴きました。メロディーもですが特にイントロのギターが印象に残ります。「Janet Jackson」も「Someone To Call My Lover」という曲でこのイントロをサンプリングしていました。(MAHALO)

ニルス(Nils)|パシフィック・コースト・ハイウェイ(Pacific coast Highway)
https://www.youtube.com/watch?v=rmreiMTiemg (YouTube)

Pacific Coast Highway

新品価格
¥1,349から
(2015/5/28 18:27時点)

  • ニルスはドイツ、ミュンヘン出身で現在はロサンゼルスで活躍するギタリストです。タイトルからもドライブ・ミュージックにお勧めです。ロサンゼルスは無理にしてもこの曲を聴きながら海岸をドライブしてみたいものです。(MAHALO)
  • 気持ちが良いメロディです。(Yama)

ジム・アドキンス(Jim Adkins)|シティ・ストリート(City Streets)
https://www.youtube.com/watch?v=xOOuwjHOA34 (YouTube)

City Streets

新品価格
¥1,114から
(2015/5/28 18:27時点)

  • 最近お気に入りのギタリストです。この曲が収録されたアルバムのジャケットからも、夜のニューヨークをドライブするのに良いかと思います。と言ってもニューヨークに行った事は一度もないのですが。(MAHALO)
  • 夜、都会を車で走り抜ける爽快さを感じますね。もちろん、都会的洒落たセンスで大都会、ニューヨークをドライブイング、いいですね。車はベンツのオープンでしょうか。(Hiro)

クレイジーケンバンド|GT
https://www.youtube.com/watch?v=Yinrv654lYQ (YouTube)

グランツーリズモ

新品価格
¥7,800から
(2015/5/28 18:28時点)

  • クレイジーケンバンドは、元クールスの横山剣が率いる男気あふれるソウル・ミュージック・バンドです。2002年に陽の目を見たアルバム「グランツーリズモ」のオープニング曲がこの「GT」です。車の運転中にこの曲を聴くと、普段より、少しだけスピードが速くなります。(Yama)

大滝詠一|1969年のドラッグ・レース
https://www.youtube.com/watch?v=6tye60cgY6k (YouTube)

EACH TIME 30th Anniversary Edition

新品価格
¥1,895から
(2015/5/28 18:28時点)

  • 私の夏の定番のドライブアルバムは、「大滝詠一」の1984年のアルバム「EACH TIME」です。収録曲すべてが代表曲ですが、ドライブ中のお気に入りは車つながりで「1969年のドラッグ・レース」です。動画は、映画「ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌」から、現在は「ピンポン THE ANIMATION」などで活躍している湯浅政明氏が作画したドライブシーンをお楽しみください。(Yama)
  • アルバム「EACH TIME」はドライブの必携盤ですね。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)