yanokami」タグアーカイブ

マイ・フェイバリット・フラワー・ミュージック2017


今年も「サボテンの花」が5月21日に咲きました。

5月21日(日)午後3時過ぎ、群馬県館林市で35.3度を記録し、今シーズン初の猛暑日になりました。

また、5月20日(土)~5月23日(火)に、4日連続で真夏日を記録したところがあります。

梅雨前に、季節先取りの真夏の陽気です。

5月以降も、最高気温が平年よりも高い状態が続くようです。

水分をこまめに補給し、室内ではカーテンで日差しを遮り、冷房を適切に利用し、熱中症にご注意ください。

5月初 前橋や福島で4日連続真夏日(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp
5月初 前橋や福島で4日連続真夏日(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp

5月のテーマは、4年ぶりの「花」「フラワー」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「花」に関する8曲を紹介します。

チューリップ|サボテンの花
https://www.youtube.com/watch?v=NQqzxcZxdPI (YouTube)

サボテンの花

新品価格
¥2,680から
(2017/5/23 23:26時点)

  • 花が主題ではなく、失恋の歌ではありますが、メロディと財津和夫の歌声が何か”ほっと”する癒やし感を与えてくれます。よくカラオケで歌います。(Hiro)
  • 5月になると毎年玄関ポーチ脇にあるサボテン群生の花が咲きます。その時、頭の中で「サボテンの花」が流れます。(Yama)

ザ・キングストントリオ(The Kingston Trio)|花は何処へ行った(Where have all the flowers gone?)
https://www.youtube.com/watch?v=fi0dPoG4y9U (YouTube)

花はどこへ行った+3 [EPレコード 7inch]

  • ピート・シーガーのオリジナル曲ですが、ピーター・ポール&マリー、ブラザース・フォアなどフォークのグループの代表曲となっています。学生の頃ギターを持つと必ず弾き語った曲です。(Hiro)
  • 「花」がテーマの反戦歌の代表曲ですね。合わせて「ザ・フォーク・クルセダーズ|戦争は知らない(作詞:寺山修司)」がリンクします。(Koji)

yanokami|ばらの花
https://www.youtube.com/watch?v=oPQ44DL3ztc (YouTube)

yanokamick-yanokami English version-

新品価格
¥1,792から
(2017/5/23 23:34時点)

  • 矢野顕子とレイ・ハラカミによるユニット「yanokami」による「くるり|ばらの花」のカバー曲です。レイ・ハラカミは2011年7月に急逝しましたが、彼の残した打ち込みデータによりyanokamiの活動は健在です。この映像は2012年7月に行われたタブラ(インドの民族楽器)奏者ユザーンとの共演の様子です。(Koji)

スコット・マッケンジー(Scott McKenzie)|花のサンフランシスコ(San Francisco)
https://www.youtube.com/watch?v=iBuZhCMp2g8 (YouTube)

花のサンフランシスコ(ヴォイス・オブ・スコット・マッケンジー)(紙ジャケット仕様)

中古価格
¥2,450から
(2017/5/23 23:35時点)

  • この曲と併せて「ママス&パパス|夢のカリフォルニア」が聴きたくなります。(Koji)
  • サンフランシスコは何度か行きましたが思い出深い街ですね。この曲を聴くとその当時を思い出します。(MAHALO)

セシリオ&カポノ(Cecilio & Kapono)|サンフラワー(Sunflower)
https://www.youtube.com/watch?v=m0auX2FdZ6I (YouTube)

Cecilio & Kapono

新品価格
¥1,264から
(2017/5/23 23:36時点)

  • ハワイを代表するセシリオ&カポノの「Sunflower(ひまわり)」は、曲の良さはもちろんですが、二人のハーモニーが癒されます。どことなくボズ・スギャックスではありますが。(MAHALO)
  • なるほど。確かにボズ・スギャックス感があります。(Yama)

Chickenshack(チキンシャック)|Flowers For Lena -Dedicated to LENA-Chan-
https://www.youtube.com/watch?v=zESXiMtnw6Q (YouTube)

PRIME TIME

中古価格
¥2,399から
(2017/5/23 23:36時点)

  • 「チキンシャック」のファーストに収録のこの曲は、「土岐英史」さんのサックスが心地よいです。もちろん「山岸潤史」のギターもですが…。ファーストで聴くのも良いのですが、六本木ピット・インでのライブ・アルバムでは倍近い演奏を披露しておりお勧めです。(MAHALO)
  • 土岐英史いいですね。竹内まりやの武道館での「駅」のエンディング、本当にジーンときます。最近は、お茶の水”NARU”での中島あきはとのライブ聴きにいきました。(Hiro)

サンタナ(Santana)|ムーン・フラワー(Moonflower)
https://www.youtube.com/watch?v=x5b3VBUW2ok (YouTube)

Moonflower

新品価格
¥1,743から
(2017/5/23 23:37時点)

  • 「Moonflower」、日本では「夜顔」という花の名この曲は「哀愁のヨーロッパ」とともによく聴きました。どなたかが、「サンタナ流ムード演歌」などと書かれていましたが、確かに日本ではシングル盤としてリリースされたのもがわかります。(MAHALO)
  • ”夜顔”題名がいいですね。サンタナ最近聴いていませんでしたが、やっぱりいいなあ。(Hiro)

一青窈|ハナミズキ
https://www.youtube.com/watch?v=TngUo1gDNOg (YouTube)

ヒトトウタ

新品価格
¥2,200から
(2017/5/23 23:39時点)

  • 庭先のハナミズキは数年前に枯れてしまいましたが、この曲は永遠です。(Koji)
  • 5月、特に母の日前後に、ラジオから盛んに流れます。以前にの勤務地近くの虎の門病院に、見事な枝ぶりのハナミズキがありました。しかし、新虎通り(環状第二号線)の新設で、撤去されてしまったようです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・エレクトロニック・ミュージック


台風11号は「梅雨明け」を齎(もたら)しましたが、台風14号は「秋の気配」を置いてゆきました。朝の空気のひんやり感に、ほっとします。
まだまだ残暑は続きますが、エレクトロニック音楽で、クールダウンしましょう。

8月の「お気に入り曲」のテーマは、「エレクトロニック・ミュージック」です。
当ブログ執筆者がお勧めするエレクトロニック音楽9曲を紹介します。

冨田勲|「ベルガマスク」組曲 第3曲「月の光」
https://www.youtube.com/watch?v=8ajSyyzIC_8 (YouTube)

月の光

新品価格
¥1,523から
(2015/8/26 13:58時点)

  • まず、シンセサイザーで頭に浮かぶのな、冨田勲。NHKのドラマなどの音楽を担当していて名前はよく知っていました。で、あらためて曲は?と考え、YouTubeでこの「月の光」を見つけました。とてもナイーブな演奏だと思いました。(Hiro)
  • やはりアナログ・シンセサイザーの深みを感じる代表曲だと思います。(Koji)

YMO|ファイアー・クラッカー(Fire Cracker)
https://www.youtube.com/watch?v=MFUVylPVVMc (YouTube)

Yellow Magic Orchestra

中古価格
¥988から
(2015/8/26 13:59時点)

  • YMOのデビュー曲。新しい音楽の方向を示している曲。(Hiro)

Yanokami|終りの季節
https://www.youtube.com/watch?v=lAXPWpjmAwQ (YouTube)

yanokami

新品価格
¥1,900から
(2015/8/26 14:00時点)

  • 矢野顕子とハラカミ・レイによるユニットのyanokamiによる細野晴臣の「終りの季節」のカバーですが、独特の世界を表現が印象的でした。矢野顕子によって「世界遺産」に独自認定された異才の早逝が惜しまれます。(Koji)

YMO|ライディーン(Rydeen)
https://www.youtube.com/watch?v=MFu66ye6YWM (YouTube)

ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー

新品価格
¥2,120から
(2015/8/26 14:01時点)

  • 衝撃的であったYMOの出現でしたが、この曲が特に印象的でした。(Koji)
  • Rydeenとtechnopolis、どちらも衝撃的でした。(Yama)

喜多郎|シルクロード(絲綢の道)
https://www.youtube.com/watch?v=oU7JWTtJaL4 (YouTube)

NHK特集「シルクロード」オリジナル・サウンドトラック シルクロード

新品価格
¥2,699から
(2015/8/26 14:02時点)

  • NHKの番組に良くマッチした音楽でした。シンセサイザーの魅力を引き出した名曲だと思います。(Koji)
  • 何か聴き覚えのあるような懐かしさを感じるメロディとシンセサイザーの奏でる音が心を和ませてくれます。(Hiro)

イエス(Yes)、リック・ウェイクマン・ソロ(Rick Wakeman Solo)|ヘンリー八世の六人の妻(The Six Wives of Henry VIII)
https://www.youtube.com/watch?v=bRfxSLcmx7s (YouTube)

イエスソングス

新品価格
¥2,520から
(2015/8/26 14:02時点)

  • 私にとってシンセサイザーとの出会といえば「Yes」の「リック・ウェイクマン」と「EL&P」のキース・エマーソン」の2人です。特にYesのライブ・アルバム「Yessongs」でのリック・ウェイクマンのソロは当時は驚きでした。曲はリック・ウェイクマンのソロ・アルバム「ヘンリー8世と6人の妻」からです。マルチ・キーボーディストという言葉もこの2人で知ったかと思います。(MAHALO)

細野晴臣|コズミック・サーフィン(Cosmic Surfin’)
https://www.youtube.com/watch?v=mcddDuKv0fw (YouTube)

PACIFIC

新品価格
¥1,591から
(2015/8/26 14:03時点)

  • 今回のテーマで真っ先に思いつくのが「YMO」かと思いますが、まだYMOがデビューする前に聴いたのがこの曲でした。「Pacific」というアルバムに収録され、他の曲に比べ異色だなと聴いていたのですが、間もなくしてYMOの時代となります。この曲も「坂本龍一」、「高橋幸宏」が参加しYMOとも言え、のちにアレンジを変えYMOとしてこの曲をリリースしていますが、私はこのアレンジがお気に入りです。(MAHALO)
  • 既にこの時点でYMOそのものでしたね。(Koji)
  • YMOバージョンしか聞いたことありませんでした。アレンジが違って、面白いです。(Yama)

エレクトリック・ライト・オーケストラ (Electric Light Orchestra)|トワイライト(Twilight)
https://www.youtube.com/watch?v=o-uaXyc6Mlw (YouTube)

ベリー・ベスト・オブ・ELO

新品価格
¥1,589から
(2015/8/26 14:03時点)

  • シンセサイザーを使わない英国の「電灯楽団」。SF感があふれる80年代洋楽の代表曲は「DAICON IVオープニングアニメ」「電車男」でお馴染みです。動画は、プロローグ付きのライブバージョンです。(Yama)

ダフト・パンク(Daft Punk)|ゲット・ラッキー(Get Lucky)
https://www.youtube.com/watch?v=h5EofwRzit0 (YouTube)

Random Access Memories

新品価格
¥631から
(2015/8/26 14:04時点)

  • 2014年、第56回グラミー賞でノミネートされた5部門すべてを受賞した「ダフト・パンク」と「ゲット・ラッキー」。先鋭的な現代音楽はすべてエレクトロかもしれません。(Yama)
  • 何かセンスの良さがビビットに感じられ、曲調がとても面白いです。(Hiro)
  • 今回のテーマとは真逆でアナログではありますが、ナイル・ロジャースのギターは何時聴いてもナイル.ロジャースですね。カッティング、サウンドとも大好きなギタリストの1人です。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

世界遺産に認定されたミュージシャン「レイ・ハラカミ」(2)


世界遺産に認定されたミュージシャン「レイ・ハラカミ」(1)の続き

Himawari本格的な夏の訪れと共に咲き出したヒマワリ(向日葵)ですが、夏の季語でもあります。田舎の夏の風景にヒマワリは欠かせない花とも云えます。

矢野顕子によって「世界遺産」に認定されたレイ・ハラカミですが、2007年7月公開の映画「天然コケッコー」の音楽を担当しました。
山陰地方と思われる田舎町(S県香取郡木村)を舞台にした少女漫画が原作の映画ですが、レイ・ハラカミの紡ぎだす電子音楽が妙に溶け込んでいます。
主題歌も「くるり|言葉はさんかく 心はしかく」が使われています。

天然コケッコー
http://www.youtube.com/watch?v=cK2VdxWNzgw (YouTube)

 

天然コケッコー Blu-ray スペシャル・エディション

新品価格
¥2,793から
(2013/7/24 14:52時点)

「天然コケッコー」オリジナル・サウンドトラック BY REI HARAKAMI

新品価格
¥1,790から
(2013/7/24 14:54時点)

映画「天然コケッコー」の原作はくらもちふさこ(倉持房子、1955年 -)の少女漫画で、主人公「右田そよ」の中学時代のエピソードによって構成されています。
原作は読んでいませんが、田舎の日常風景と少女の恋愛感情が織りなす時間の流れが妙に印象的でした。

天然コケッコー 全9巻セット (集英社文庫―コミック版)

新品価格
¥5,670から
(2013/7/24 14:56時点)

主人公の中学3年生「そよ」役の夏帆(かほ、1991年 -)も好演ですが、相手の転校生「大沢」役の岡田将生(おかだまさき、1989年 -)は若干格好良すぎな所がありました。田舎の風景にそぐわない「星の王子さま」と考えれば、やむを得ませんが。

尚、この映画は同年の映画賞の幾つかを受賞した秀作で、主演当時15歳の夏帆は日本アカデミー賞等の新人賞を受賞しています。
レイ・ハラカミの音楽も毎日映画コンクールの音楽賞を受賞しています。
この夏のビデオ鑑賞の一つとしてお薦めします。特に、田舎生活と中学生時代の郷愁に浸るには最適だと思います。

「ひこうき雲」と「青い影」で紹介したスタジオジブリの最新作「風立ちぬ」が7月20日から公開になりました。宮崎駿(みやざきはやお)監督の思いが凝縮された映画になっているようです。アニメ映画といっても幅広い世代に訴求する何かを感じます。

チケットぴあ一般発売 / 風立ちぬ/全国券 | 2013/7/20(土)~ | 全国の上映劇場
icon

この作品のモチーフともなった堀辰雄の小説「風立ちぬ」や「菜穂子」は、中学生の頃に読んだ記憶があります。今では聞かれなくなった「サナトリウム(英: sanatorium、主に結核の療養所)」という言葉を知ったのはこの本だったと思います。

 

風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫)

新品価格
¥380から
(2013/7/24 15:02時点)

風立ちぬ・菜穂子

この映画に併せて、特別企画盤の「ユーミン×スタジオジブリ ひこうき雲 40周年記念盤 (CD+DVD)(完全生産限定盤)(LPサイズ絵本仕様)」が7月31日発売となります。

荒井由実 – ひこうき雲 MUSIC CLIP

ユーミン×スタジオジブリ ひこうき雲 40周年記念盤 (CD DVD)(完全生産限定盤)(LPサイズ絵本仕様)

新品価格
¥6,345から
(2013/7/24 15:05時点)

このアルバムの2曲目は「荒井由実|曇り空」ですが、矢野顕子とレイ・ハラカミのユニット「yanokami」もカバーしています。結果的に二人にとって最後のアルバムとなった「yanokami|遠くは近い」の同じく2曲目にあります。

遠くは近い

新品価格
¥2,047から
(2013/7/24 15:06時点)

このアルバムの制作途中で急逝したレイ・ハラカミですが、完成済みの音源と共に、彼の盟友であるタブラ奏者U-zhaan(ユザーン、本名:湯沢啓紀、ゆざわひろのり、1977年 -、埼玉県出身)と矢野顕子による曲を加え、2011年末にリリースされています。

インドの民族楽器のタブラ(英:Tabla)ですが、シタールとノルウェイの森(1)で紹介したように、同じインドの民族楽器であるシタールの演奏に登場しています。実際は高音用のタブラ(tabla)と低音用のバヤ(baya)が一緒に使われる太鼓の一種です。

世界遺産の「神」がいなくなったヤノカミ(yanokami)ですが、その活動自体は止めていないようです。yanokami(矢野顕子 x レイ・ハラカミ)オフィシャル・ホームページも健在です。

しかし、レイ・ハラカミの公式ページの方は2011年7月8日のライブ・スケジュールの記事以降は更新が止まっています。

但し、レイ・ハラカミの残した音源、謂わば「神の遺産」はyanokamiの音楽活動を今でも支えているようです。昨年の7月30日に行われたイベント「100%ユザーンvol.3」で、前回に聴き比べて貰った「ばらの花」 を「yanaokami x U-zhaan」で演奏する映像があります。このバージョンも聴き比べてみて下さい。

yanokami × U-zhaan – ばらの花
http://www.youtube.com/watch?v=oPQ44DL3ztc (YouTube)

タブラが加わり、更に進化しているように思います。
yanokamiのホームページで告知されていますが、この8月30日に「yanokami Indoor festival」が、恵比寿にあるライブハウスLIQUIDROOM(リキッドルーム)iconで開かれるようです。

8/30(金)「yanokami Indoor festival」によせて by 矢野顕子

チケットぴあ一般発売 / yanokami | 2013/8/30(金) | LIQUIDROOM(東京都)icon

このイベントにもゲスト参加が予定されているU-zhaanですが、<キャンペーン情報>連続テレビ小説「あまちゃん」をより楽しむための音楽ガイドで紹介の「あまちゃん」のサウンド・トラックにもタブラで参加しています。タブラの演奏が使われているシーンを探してみて下さい。

Inaho盛夏を迎え、稲穂も実を付けだした今日この頃です。
こんな田園の風景は映画「天然コケッコー」や「風立ちぬ」にも共通するような気がします。

余談になりますが、「風立ちぬ」に特別協力している読売新聞で、菜穂子の描いている絵コンテストの募集があります。但し、参加資格は中学生以下です。
菜穂子のキャンバスの先に見えているのは、「ヒマワリの咲き誇る田舎の夏の風景」のような気がします。

世界遺産に認定されたミュージシャン「レイ・ハラカミ」(1)


America vs NSP、そして何故か岩崎宏美の記事で触れましたが、先月6月22日にカンボジアで開催された第37回ユネスコ世界遺産委員会において、「富士山と信仰・芸術の関連遺産群」の世界遺産登録が正式決定いたしました。改て、日本人として喜びを覚えます。

音楽界で世界遺産に認定されたミュージシャンがいます。レイ・ハラカミ(本名:原神玲、1970年 – 2011年、広島県出身)です。
とは云っても、ユネスコの世界遺産とは全く無関係で、ニューヨーク在住のシンガーソングライター矢野顕子(やのあきこ、1955年 -)の独断による「世界遺産」の認定です。

レイ・ハラカミとしてのアルバム「Rei Harakami|Lust」をリリースした当時のキャッチ・コピーとして使われました。
それを記したミュージック・エンターティメント・サイト「BARKS」の2005年5月の記事があります。

矢野顕子認定、レイ・ハラカミの世界遺産的最新作 (BARKS)

このアルバムの中では、当ブログで何度か登場している細野晴臣の名作「終わりの季節」をカバーしています。レイ・ハラカミ自身がカメラを持って制作したと云われるPVが残っています。

rei harakami|owari no kisetsu PV(2005)

Lust

新品価格
¥1,300から
(2013/7/18 12:54時点)

レイ・ハラカミの創り出す音楽は、基本的にDTMdesktop music、和製英語、パソコンを前提とした音楽制作)による電子音楽ですが、独特の浮遊感のある儚(はかな)げな音色は、彼独自の世界観を醸(かも)し出していると思います。

矢野顕子と細野晴臣による「終わりの季節」のライブ映像があります。こちらは、以前のシタールとノルウェイの森(3)で紹介した2007年の「音楽のちから~吉野金次の復帰を願う緊急コンサート~」に於けるものと思います。

Akiko Yano + Haruomi Hosono – 終わりの季節 (Owari No Kisetsu)
http://www.youtube.com/watch?v=zDtkXLd12Kg (YouTube)

音楽のちから ~吉野金次の復帰を願う緊急コンサート [DVD]

新品価格
¥2,637から
(2013/7/18 14:12時点)

余談ですが、「終わりの季節」は細野が「はっぴいえんど」解散後の1973年にリリースしたソロ・アルバム「HOSONO HOUSE」に収録されています。これが、昨年「Bellwood 40th Anniversary Collection」として復刻されています。尚、この細野のソロ第1作参加メンバーはキャラメル・ママ~ティン・パン・アレーへと発展しますが、「ひこうき雲」と「青い影」で紹介した「ひこうき雲」の制作メンバーとも重複します。

  • 細野晴臣[B/G/Mnd/Vo/P/Per]
  • 松任谷正隆[P/Key]
  • 鈴木茂[G]
  • 林立夫[Ds/Per]
  • 駒沢裕城[G]

さて、矢野顕子がレイ・ハラカミを知り、後に「世界遺産」として認定するに至ったキッカケは、「くるり|ばらの花」のレイ・ハラカミによるリミックス(remix、既存曲を編集して新たな楽曲にすること)を耳にしたことだそうです。

Quruli – Bara No Hana Rei Harakami remix
http://www.youtube.com/watch?v=CWoLZxOlKdU (YouTube)

くるり(Quruli)は京都出身のロックバンドで、立命館大学を卒業した岸田繁(きしだしげる、1976年 -、京都市出身)と佐藤征史(さとうまさし、1977年 -、京都府亀岡市出身)がオリジナル且つ現メンバーとして活動しています。

ベストオブくるり/ TOWER OF MUSIC LOVER

新品価格
¥2,140から
(2013/7/18 14:15時点)

レイ・ハラカミもまた、広島出身ながら京都に在住し、そこを主たる活動拠点としていました。

このリミックス楽曲を聴いて、「これはやばい。これは天才だ。」と惚れ込んだ矢野顕子のオファーにより、二人のユニットが実現します。
「矢野顕子+レイ・ハラカミ=yanokami」の誕生です。
そして2007年にアルバム「yanokami|yanokami」でデビューしました。矢野顕子の楽曲のセルフカバーが中心ですが、先の「終わりの季節」もyanokamiバージョンで収録されています。

yanokami

新品価格
¥1,780から
(2013/7/18 14:18時点)

ニューヨーク在住の矢野顕子と京都在住のレイ・ハラカミによるスカイプ(skype、インターネット電話サービス)を使った遠距離プロジェクトだったようです。yanokamiバージョンの「終わりの季節」はこちらです。

Yanokami – Owari no Kisetsu
http://www.youtube.com/watch?v=lAXPWpjmAwQ (YouTube)

このyanokamiとくるり(岸田繁)による「ばらの花」のライブ映像があります。この映像は2007年の放送と思われますが、レイ・ハラカミがローランド社のVS-880EXと覚しきMTR(マルチトラックレコーダー)を駆使する姿が残っています。

yanokami+くるり|バラの花
https://www.youtube.com/watch?v=DeWijb5v25Y (YouTube)

レイ・ハラカミの音源制作の殆どは、ローランド社のDTM向け音源モジュールSC-88Pro(1996年発売当時の価格:89,800円)によって行われたとのことです。そのサンプリング音の逆再生が独特のサウンドとなったようです。
まさしく京都流モノ作りに通じる、ローコースト宅録が生み出すデジタルサウンドが源(みなもと)です。






イシバシ楽器
【中古】ROLAND ローランド / SC-88 PRO


その矢野顕子とレイ・ハラカミのユニットyanokamiが突然の活動停止を余儀なくされます。2011年7月27日、原神玲の脳出血による突然の死(享年40歳)でした。
予定されていた夏フェス(ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011, SUMMER SONIC 2011, ARABAKI ROCK FEST.11)出演の直前の出来事でした。yanokami 残りのメンバー矢野顕子によって各々のステージは務められました。

この27日で「世界遺産」認定されたレイ・ハラカミの3回忌となります。そして、今年も夏フェスが近づきました。当ブログ記事の<キャンペーン情報>夏フェス2013NAVIから、お好みの夏フェスを見つけて下さい。

Rose_2013

旧古河庭園の梅雨時の「春バラ」

一方の「バラの花」ですが、梅雨の季節は見頃だった東京都北区にある旧古河庭園の春バラも、梅雨明けと共に「終わりの季節」となりました。

世界遺産に認定されたミュージシャン「レイ・ハラカミ」(2)に続く