タグ別アーカイブ: The Rolling Stones

忘れないコマーシャルソング「スタート・ミー・アップ」~「星影のバラード」


新年を迎え、そして早いものでもう1月を過ぎてしまいました。 年末、年始にかけては、ボーナス、忘年会、クリスマス、新年、年末年始の休日、成人式など、1年の中でも、「イベント」が目白押しで、気分がわくわくする時期でもあります。

ですので、昔から、TVコマーシャルなども特別編を作って流しています。今までにコマーシャルで印象に残った曲は何だろう、と考えてみました。本当にたくさんあります。
その中で、本ブログで書いているのですが、もう一度書きたくなった曲がありました。

まず、「ザ・ローリングストーンズ」の「Start Me Up」です。
本ブログで、何回か取り上げた曲です。

ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)|スタート・ミー・アップ(Start Me Up)
https://www.youtube.com/watch?v=SGyOaCXr8Lw (YouTube)

Tattoo You

新品価格
¥3,368から
(2016/2/5 14:20時点)


今年8月24日、マイクロソフトは「Windows 95」の発売から20年経ったのを記念して、「Windows 95 20周年記念」として、ザ・ローリング・ストーンズの「Start Me Up」を24日の1日のみ、無料でダウンロード(Microsoft Store)の記念サービスを実施しました。もちろん、「Start Me Up」はWindows 95のCMソングでした。

マイクロソフト Windows 95 CM|Start Me Up
https://www.youtube.com/watch?v=ocmJE2O4uIU (YouTube)

余談ですが、Apple社のスティーブ・ジョブスはマックの第1号機が完成した時に、ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーにマックをプレゼントしたそうです。
結成50年超えのローリング・ストーンズで、「ビル・ゲイツ」と「ミック・ジャガー」の話を書きましたが、パソコンの二人の大物立役者が、ザ・ローリングストーンズのファンだったとは...。

マイ・フェイバリット・コマーシャル・ソングスでも紹介した曲ですが、Sam Cookの「Wonderful World」。1986年の「リーバイス」のCMです。

サム・クック(Sam Cooke)|ワンダフル・ワールド(Wonderful World)
https://www.youtube.com/watch?v=jNO72aCnVr0 (YouTube)

Wonderful World

新品価格
¥1,335から
(2016/2/5 14:26時点)


リーバイスCM(1986年)|Wonderful World
https://www.youtube.com/watch?v=vNmZOJaJJAg (YouTube)

歌ってるのはSam Cooke本人ではなさそうです。このコマーシャルはいいですね。ただ、私の記憶に残っている映像と少し違うような気もします。

「Wonderful World」は、1960年リリースのヒット曲です。「歴史も、生物学も、科学も、フランス語も、地理も、三角法も、代数学も学び、素敵な世界に」。学生時代の恋の、相手に自分をよく見られたいと思う恋の歌。

Wonderful World

Don’t know much about history,
don’t know much biology.
Don’t know much about a science book,
don’t know much about the french I took.
But I do know that I love you,
and I know that if you love me, too,
what a wonderful world this would be.

Don’t know much about geography,
don’t know much trigonometry.
Don’t know much about algebra,
don’t know what s slide rule is for.
But I know that one and one is two,
and if this one could be with you,
what a wonderful world this would be.

I don’t claim to be an ‘A’ student,
but I’m tryin’ to be.
For maybe by being an ‘A’-student, baby,
I can win your love for me.

Don’t know much about history,
don’t know much biology.
Don’t know much about a science book,
don’t know much about the french I took.
But I do know that I love you,
and I know that if you love me, too,
what a wonderful world this would be.

History
Biology
Science book
French I took.
But I do know that I love you,
and I know that if you love me, too,
what a wonderful world this would be

「More Than I can say」は「レオ・セイヤー」のカバーが有名です。1989年、この曲も「リーバイス」のCMで使われました。 オリジナルは、「Buddy Holly’s band the Crickets」のメンバーだった「Sonny Curtis」と「Jerry Allison」の曲です。 1960年にリリースされています。

レオ・セイヤー(Leo Sayer)|星影のバラード(More Than I Can Say)
https://www.youtube.com/watch?v=dGKnSdikqjw (YouTube)

Show Must Go On: Very Best of

新品価格
¥674から
(2016/2/5 14:26時点)


ボビー・ヴィー(Bobby Vee)|More Than I Can Say
https://www.youtube.com/watch?v=LwIAEgP9gKc (YouTube)

邦題は、「星影のバラード」です。歌詞では「I’ll love you twice as much tomorrow」とか「Why must my life be filled with sorrow」とか、青春の恋心を歌っていて思わず、ほろ苦い思い出が浮かんできます。

マイ・フェイバリット・ライブ・ミュージック


CA3H1189秋分の日の前から、すっかり秋めきました。

今年の秋は早めに到来しました。あちこちで、彼岸花を見かけます。

秋シーズンになると、音楽イベントが目白押しです。夏フェスとはまた違った雰囲気のライブが楽しみです。

そこで、9月の「お気に入り曲」のテーマは「ライブ」です。
CDやDVDに収録されている当ブログ執筆者がお勧めするライブ音楽を8曲を紹介します。

竹内まりや|駅
http://www.youtube.com/watch?v=8hyiEepnpx4 (YouTube)

Souvenir~Mariya Takeuchi Live

新品価格
¥2,270から
(2014/9/24 18:13時点)

ポール・マッカートニー(Paul Mccartney)|OUT THERE japan tour in TOKYO
http://www.youtube.com/watch?v=GQbW0eGK0Ws (YouTube)

NEW-2014ジャパン・ツアー・エディション(DVD付)

新品価格
¥3,118から
(2014/9/24 18:04時点)

  • 昨年の東京ドーム(東京都文京区)iconの「OUT THERE japan tour in TOKYO」です。とても71歳とは思えませんでした。しかも、35曲ぶっ通し。感動でした。 (Hiro)

ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)|Live at Tokyo Dome – February 26, 1990
http://www.youtube.com/watch?v=SzZJeaRM_D4 (YouTube)

Live at Tokyo Dome – February 26, 1990

新品価格
¥4,160から
(2014/9/24 18:14時点)

  • Start Me Up! 忘れられません。(Hiro)
  • 私はこの年の公演は行けませんでしたが、1995年は観に行きました。やはりライブで聴くと違いますね。(MAHALO)

エヴァ・キャシディ(Eva Cassidy)|ワンダフル・ワールド(What A Wonderful World)
https://www.youtube.com/watch?v=uEBBGSgO16M (YouTube)

Live at Blues Alley

新品価格
¥1,393から
(2014/9/24 18:15時点)

  • エヴァ・キャシディの軌跡と奇跡(3)で紹介したように、1996年1月2日と3日に行われたワシントンDCの老舗ジャズ・クラブ「ブルース・アレイ(Bluse Alley)」のライブ音源がこそが、彼女の殆ど全ての貴重な記録だったと思います。その中で歌われたこの曲は彼女の両親のために歌ったとのことでした。(Koji)

吉田拓郎&中島みゆき|永遠の嘘をついてくれ
https://www.youtube.com/watch?v=VqTXSSmjjZg (YouTube)

Forever Young 吉田拓郎・かぐや姫 Concert in つま恋2006 [Blu-ray]

新品価格
¥11,926から
(2014/9/24 18:16時点)

  • 「つま恋2006」の言わずもがなの名場面です。各々のバージョンでも聴きましたが、二人の色々な思いも含めてこの競演は歴史的だったと思います。(Koji)
  • 私もこの共演は忘れられません。吉田拓郎曰く、完全に中島みゆきに「食われた!」と言ってるようです。白いシャツにジーパン、いいですね!そして、ひく時のコーラスの人とのハイタッチ(これは、中島みゆきが歌う時の立ち位置を容易にわかるようにコーラスの人が助けたことへのお礼のようですが。)、何か凛とした感じですね。(Hiro)
  • 後半に向かって盛り上がってゆく、このライブの臨場感が気持ちいいです。(Yama)

ジェイ・グレイドン・オールスターズ(Jay Graydon All Stars)|Stranded
http://www.youtube.com/watch?v=q6ciUgD3DjQ (YouTube)

ジェイ・グレイドン・オール・スターズ・ライヴ・イン・ジャパン 1994.1.19 エアプレイ・フォー・ザ・プラネット[限定盤] [DVD]

新品価格
¥10,499から
(2014/9/24 18:16時点)

  • 私が見たコンサートで一番印象に残っているのが1994年1月19日、中野サンプラザ(東京都中野区)iconで開催された「ジェイ・グレイドン・オール・スターズ」の公演でした。席は2階とステージからは遠く生でジェイ・グレイドンを見るよりは聴くでしたが、オール・スターズの通り、サポート・メンバーも「ビル・チャンプリン」、「スティーヴ・ポーカロ」、「ジョセフ・ウィリアムス」他と豪華そのものです。また2007年と月日が経ってこのコンサートの模様がDVDとしてリリースされたのは感激し、今でもよく見る映像です。このDVDは当初、記録用として録画されたため、アンコール最後のこの曲では観客が立ってしまうのが残念です(ギター・ソロは見れます)。(MAHALO)

イーグルス(The Eagles)|ホテル・カリフォルニア (Hotel California)
http://www.youtube.com/watch?v=MSvSsNSuVtk (YouTube)

イーグルス・ライヴ

新品価格
¥2,861から
(2014/9/24 18:17時点)

  • ウェスト・コースト・サウンド好きにはたまらない曲、そしてライブ音源だと思います。エンディングを飾る「ドン・フェルダー」、「ジョー ウォルシュ」のギター・ソロはよく組み立てられたフレーズで、これをライブでも見事に再現し、ギター好きでなくても印象に残る名演ではと思います。私はイーグルスは「ヘル・フリーゼズ・オーヴァー・ツアー」での来日公演を東京ドーム(東京都文京区)iconで見ましたが、この時はアコースティックによるアレンジとなり、やはりこの曲はこのアレンジで聴きたかったです。(MAHALO)
  • 不滅の最高傑作。ライブ音源も素晴らしいですね。(Koji)

Yuji Ohno & Lupintic Sixteen|ルパン三世のテーマ’78
https://www.youtube.com/watch?v=JvjgR4FOj3g (YouTube)

「ルパン三世のテーマ」30周年コンサート “LUPIN!LUPIN!!LUPIN!!!” [DVD]

新品価格
¥4,367から
(2014/9/24 18:19時点)

THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 「LUPIN! LUPIN!! LUPIN!!!」

新品価格
¥2,752から
(2014/9/24 18:18時点)

  • 大野雄二のYujiOhno&LupinticFiveに、ホーンセクション、パーカッション、ビブラフォン、オルガン、コーラスを加えたスペシャル編成のYuji Ohno & Lupintic Sixteen。ビッグバンドならではの大迫力。圧巻のライブです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

夏の終わりに夏の歌を「チャッド&ジェレミー」~「ブライアン・ハイランド」


夏の終わりは、祭りの後のように、大騒ぎした後の何かもの哀しい雰囲気をもった時期ですね。
過ぎゆく夏をしのんで夏の歌を。

チャッド&ジェレミー(Chad & Jeremy)|夏(A Summer Song)
https://www.youtube.com/watch?v=VvD0_aeAf2E (YouTube)

Very Best of Chad & Jeremy

新品価格
¥1,045から
(2014/9/4 16:06時点)

最初に「チャッド&ジェレミー」で聴いた曲は、「明日の雨(Early Morning Rain)」でした。
「夏(A Summer Song)」は、1964年の発売のも軽やかなブリテッシュサウンドです。
この時代のイギリスの代表的グループは、「ザ・サーチャーズ」、「デイヴ・クラーク・ファイブ」、「ザ・ホリーズ」、「ピーター&ゴードン」等のアーティストたちでした。特徴として、メロディーがとても聴きやすく、爽やかな曲調の曲が多いと思います。
「夏(A Summer Song)」は、チャド&ジェレミーの軽く温かみのある歌声で、歌詞も、曲調に合せて、ほんのりとしたムードで、夏のギラギラ感はありません。
「良いこととというのはみんないつかは終わってしまうもの、秋になれば木の葉がかならず落ちるように」とセンチでナイーブな、ひと夏の恋を歌っています。
そして、「雨が窓ガラスを叩くと、夏のことを想い、きみのことを想い出してしまいます」と・・・


渚のボードウォーク(Under the boardwalk) | ザ・ドリフターズ(The drifters)
https://www.youtube.com/watch?v=EPEqRMVnZNU (YouTube)

Up on the Roof / Under the Boardwalk

新品価格
¥1,089から
(2014/9/4 16:07時点)

1964年発売の「ザ・ドリフターズ」のヒット曲です。
同じ年、「ザ・ローリングストーンズ」がカバー曲が多いアルバム「12 X 5」でこの曲を歌っています。

渚のボードウォーク(Under the boardwalk)|ザ・ローリングストーンズ(The Rolling Stones)
https://www.youtube.com/watch?v=B2FCAu79pTE (YouTube)

12×5

新品価格
¥1,045から
(2014/9/4 16:08時点)

ボードウォークの下で「光と風と波に包まれて」愛を語る。とてもロマンチックな夏の歌です。
「ザ・ドリフターズ」は、「スタンド・バイ・ミー」のヒット曲で有名な、ベン・E・キングがいたグループです。


ブライアン・ハイランド(Brian Hyland)|ビキニスタイルのお嬢さん(Itsy Bitsy Teenie Weenie Yellow Polka Dot Bikini)
https://www.youtube.com/watch?v=ICkWjdQuK7Q (YouTube)

Sealed With a Kiss & All the Great Hits 1960-62

新品価格
¥1,262から
(2014/9/4 16:12時点)


米国では1960年に発売され、日本では、邦題、「ビキニスタイルのお嬢さん」で「ダニー飯田とパラダイス・キング」や「田代みどり」が歌いました。
大変テンポ・乗りの良い曲調で、いかにも「夏」、「海」、そして若さあふれる「10代の女の子」というイメージの曲です。

夏の曲は数多くあります。やはり、子供のころ、若いころに聴いた曲は長く忘れられないで覚えています。

思い出のドーナツ盤(3) 「ジョージ・ハリスン」…「ジョン・レノン」


思い出のドーナツ盤(2)の続き

思い出のドーナツ盤(1)と(2)にて私のシングル盤コレクションからお気に入りの曲を何曲か紹介しました。
この当時は友人との音楽の話題もイギリスのグループが多かったかと思います。
なかでも話題の中心となり、イギリスの音楽を聴く切っ掛けとなったのは、やはりビートルズThe Beatles)でした。
前にも書きましたがシングル盤1枚を購入するのも大変な時代で、リリースされるごとにシングル盤を購入する事も出来ず、当時は友人と購入するシングル盤を貸し借りした思い出があります。
また、この頃はラジカセはもちろんカセット・テープもない時代で、レコードを借り、聴いては返すの繰り返しでした。
家にはオープンリール・デッキがあったのですが、当時は接続コードなどもなく、ポータブルプレイヤーにマイクを向けて録音した記憶があります。

ビートルズこのように私もビートルズは何枚か購入し今も手元にあります。

これはその1枚「涙の乗車券」ですが、当時は「赤盤」と呼ばれ、「黒盤」でなくこちらで購入したのが自慢でもありました。
今もオークションを見ても稀少のようです。

さて、今回はビートルズの紹介ですが、ビートルズほど多くの方に聴かれた曲を今更とも思い、解散後にソロとしてリリースされた曲を紹介します。

ジョージ・ハリスン(George Harrison)

ジョージ・ハリソンビートルズの時代にはポール・マッカートニーとジョン・レノンの陰に隠れていたかもしれませんが、私はジョージ・ハリスンが好きでした。曲もですが私はギター・フレーズが大好きです。
2人に比べ曲数は少なく後期の印象が強いのですが、「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」、「ヒア・カムズ・ザ・サン」、そして初めてシングルのA面となった「サムシング」はビートルズの中でも名曲だと思います。

逆に才能が発揮されたのが遅かったが良かったのかもしれませんが、解散後にいち早く「マイ・スウィート・ロード(My Sweet Lord)」(1970年、日本は1971年)がイギリス、アメリカでNo.1ヒットとなり、続く「美しき人生(What Is Life)」(1971年)も大ヒットとなります。
また、この2曲が収録されたアルバム「オール・シングス・マスト・パス(All Things Must Pass)(1970年)」もイギリス、アメリカでNo.1の大ヒットとなりますが、何せLPレコードは3枚組と高価で手が出せず、当時はシングル盤で我慢しました。
このアルバムは後でCDで購入しましたが、今でも聴く1枚です。

また翌年リリースされた「バングラデシュ難民救済コンサート」を収録したライブ・アルバム「バングラデシュ・コンサート(The Concert for Bangla Desh)」は1972年度のグラミー賞の年間最優秀アルバム賞を獲得するなど、ソロとなり大活躍します。ちなみにこのレコードも3枚組で当時は購入できませんでしたが、こちらは中古でレコードを購入しました。

以降も多くのアルバムがリリースされ知ってはいましたが購入までは至りませんでした。
ただ、エリック・クラプトンとのジョイント・ツアーを収録した「ライヴ・イン・ジャパン(Live in Japan)(1992年)」は購入しました。ビートルズ時代の曲や今回紹介の2曲も収録されています。

ジョージ・ハリスン(George Harrison) | マイ・スウィート・ロード(My Sweet Lord)
http://www.youtube.com/watch?v=QZCIdOt7C1c  (YouTube)

ジョージ・ハリスン(George Harrison) | 美しき人生(What Is Life)
http://www.youtube.com/watch?v=3XFfUt7HQWM  (YouTube)

 

オール・シングス・マスト・パス ~ニュー・センチュリー・エディション~

新品価格
¥3,000から
(2014/3/20 14:09時点)

Live in Japan (Hybr)

新品価格
¥2,368から
(2014/3/20 14:10時点)

ジョージ・ハリスンは、惜しくも2001年に亡くなってしまいました。残念です。

ポール・マッカートニー(Paul McCartney)

ポール・マッカートニージョージ・ハリソンより後に購入したのがソロとしてデビュー・シングルとなる「アナザー・デイ(Another Day)」(1971年)でした。既にソロ・アルバム「マッカートニー(McCartney)」がリリースされたのは知っていましたが、アルバムからのシングル・カットはされず、やはりこの曲がソロとして初のシングルで話題となり、イギリス、アメリカ、そして日本でも大ヒットしました。
ソロとしてのシングルはこの1枚だけでしたが、その後は「ウイングス(Wings)」となり、「アイルランドに平和を(Give Ireland Back to the Irish)」(1971年)、「ヴィーナス・アンド・マース/ロック・ショー(Venus And Mars/Rock Show)」は購入しました。
しかし、この頃になると友人などはアルバムの購入が殆どで、ウィングスの人気とともに「バンド・オン・ザ・ラン (Band on the Run)」(1973年)、「ヴィーナス・アンド・マース(Venus And Mars)」(1975年)の2枚を持つのが自慢でもありました。
残念ながら私は購入はしませんでしたが、「グレイテスト・ヒッツ(Wings Greatest)」(1978年)だけは今も所有しています。

今回はシングル盤の紹介ですので説明は終わりますが、ウィングス解散後の活躍は皆さんご存知の事と思います。
昨年は来日し当ブログでもHiroさんがBack to the Beatles~ポール・マッカートニー「アウト・ゼアー・ツアー」東京公演観覧記として紹介されています。

ポール・マッカートニー(Paul McCartney) | アナザー・デイ(Another Day)
http://www.youtube.com/watch?v=nNE6HxTinJI  (YouTube)

最後にレコードを見ていたらこのようなレコードがありました。どうして手元にあるのか忘れましたが。

シーサイド・ウーマンアニメーション・フィルム「シーサイド・ウーマン(Seaside Woman)」(1977年)のテーマ・ソングで、このアニメはリンダ・マッカートニー(Linda McCartney)自ら監督として制作され、このアニメはカンヌ国際映画祭で賞を獲得したとジャケットに書かれていました。曲はカリビアン・ポップスで、プロデューサーはもちろんポール・マッカートニーです。

All the Best

新品価格
¥2,079から
(2014/3/20 14:12時点)

ジョン・レノン(John Lennon)

ジョン・レノンビートルズ解散後、ジョン・レノンも最初はシングル盤の購入でした。
「マザー(Mother)」(1970年)、「人々に勇気を(Power to the People)」(1971年)が収録された「ジョンの魂(John Lennon/Plastic Ono Band)」(1970年)はアルバムで購入した友人も多かったのですが、次の「イマジン(Imagine)」(1971年)を購入しようと思いシングル盤のみだったと思います(写真のマザーは盤に傷が入り後に買い直したものです)。以降はアルバムで何枚か購入しました。

イントロの鐘の音から始まる「マザー」も好きな曲ですが、アップ・テンポな曲が好きなのか、この2枚では「人々に勇気を」をよく聴いていたかと思います。
また、シングル盤は2枚ともオノ・ヨーコと結成した「プラスティック・オノ・バンド(Plastic Ono Band)」名義という事で、A面がジョン・レノン、B面がオノ・ヨーコのボーカル曲でした。しかし、聴くのはA面のみで、B面は1度位、針を落としたかでした。
ちなみに「人々に勇気を」のジャケットは2つ折りで、裏面は同じ背景にピースサインをするオノ・ヨーコとなっています。

月日とともにジョージ、ポールそしてジョン・レノンも聴かなくなってしまったのですが、ある日ラジオから流れた「スターティング・オーヴァー((Just Like)Starting Over)」(1980年)に感激し、こちらも即シングルを購入して毎日のように聴いていました。
そして1980年12月8日、ジョン・レノンの訃報を知ります。
私は仕事で九州にいたのですが、この事で深夜までバタバタするなど、今でもその日の事はしっかりと覚えています。

ジョン・レノン(John Lennon) | 人々に勇気を(Power to the People)
https://www.youtube.com/watch?v=RtvlBS4PMF0  (YouTube)

Lennon Legend: The Very Best Of John Lennon

新品価格
¥1,445から
(2014/3/20 14:13時点)

リンゴ・スター(Ringo Starr)

やはりビートルズとしてリンゴ・スターの紹介となるのですが、「明日への願い(It Don’t Come Easy)」(1971年)、「バック・オフ・ブーガルー(Back Off Boogaloo)」(1972年)は好きでよく聴きましたが、シングルの購入までは至りませんでした。

Photograph: The Very Best of Ringo

新品価格
¥1,133から
(2014/3/20 14:15時点)

ビートルズ、そしてこの4人につきましては私が書かなくても皆さんご存知かと思い、今回も私のシングル・コレクションの紹介とさせていただきました。

最後となりますが、イギリスといえばビートルズだけでなく「ローリング・ストーンズThe Rolling Stones)」も忘れてはいません。
探してみましたら、このようなシングルが残っていました。

ローリング・ストーンズこの「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」は1973年に来日記念盤として、過去のヒット曲をシングル4枚でリリースされたものの1枚です。しかし、初来日となるはずだったこの公演、残念ながら入国の問題から中止となってしまいました。

その後は数回の来日を果たし私も1度見に行きましたが、今月は約8年ぶり6度目の来日となり大盛況だったようです。
ステージ花道を囲む限定席「ゴールデン・サークル席」が8万円には驚きました。ただ、ファンにはたまらない席だったかと思います。

思い出のドーナツ盤(4)へ続く

マイ・フェイバリット・エール・ソングス


梅

春一番も吹き、春本番。近所の梅林も、やっと満開になりました。

3月の「お気に入り曲」のテーマは「応援」「エール」です。

私が応援したいのは、復興中の「東北」です。
「東北」はもちろん、震災から3年経って今なお震災募金をフジテレビの「SMAP×SMAP」で呼びかける「SMAP」には、頭が下がります。なぜ、他の番組は、募金募集の告知をやめてしまったのでしょうか?

そして、STAP細胞問題の「小保方晴子」さんが不遇の時を迎えています。
この国特有の「成功すればチヤホヤ、失敗すればバッシング」にめげず、STAP細胞を極めて、ぜひ復活してほしいものです。

さて、当ブログ執筆者4人がお勧めするエール・ソングを、10曲紹介します。

ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)|スタート・ミー・アップ(Start Me Up)
http://www.youtube.com/watch?v=SGyOaCXr8Lw (YouTube)

Tattoo You

新品価格
¥2,001から
(2014/3/19 13:44時点)

  • 何か新しいことにチャレンジする時、この曲の乗りがとてもしっくりします。思わず口ずさんでしまう曲です。これからもこのリズムとメロディ、そして歌詞でいろいろな事にトライしていきたいです。(Hiro)

ザ・ビートルズ(The Beatles)|プリーズ・プリーズ・ミー(Please Please Me)
http://www.youtube.com/watch?v=sCEY3RnLEwA (YouTube)

Please Please Me (Dig)

新品価格
¥1,044から
(2014/3/19 13:46時点)

  • 中学生の時、友人からビートルズのこの「プリーズ・プリーズ・ミー」を初めて聴かされたとき、すごく強烈な印象を受けました。でも最初はただ叫んでいるように聞こえました。そして、聴いている内に気持ちがどんどん高揚してきました。落ち込んでいる時でも、この「叫び」を聴くと元気になれます。(Hiro)
  • どんなシーンで聴いても元気付けられます。ビートルズで最初に印象に残った曲でした。(Koji)

海上自衛隊東京音楽隊、三宅由佳莉|祈り~a prayer
http://www.youtube.com/watch?v=kkLzhkwF2gA (YouTube)

祈り~未来への歌声

新品価格
¥2,580から
(2014/3/19 13:47時点)

  • 23万人の自衛官唯一のヴォーカリスト三宅由佳莉の歌声が心にストレートに響きます。いかつい自衛隊のイメージとは異なる、別の活動の側面だと思います。(Koji)

吉田拓郎|ファイト!
http://www.youtube.com/watch?v=kGl9M0_CCqI (YouTube)

感度良好ナイト LIVE in 武道館 [DVD]

新品価格
¥2,676から
(2014/3/19 13:47時点)

  • 中島みゆきのオリジナル曲「ファイト!」ですが、吉田拓郎が歌うとピッタリとハマリます。但し、ライブバージョンだけのようです。もちろん情念の中島みゆきバージョンも彼女の本領発揮の1曲です。(Koji)

カーペンターズ(Carpenters)|青春の輝き(I Need To Be Loce)
http://www.youtube.com/watch?v=j1tjFIuyCAU (YouTube)

青春の輝き~ベスト・オブ・カーペンターズ<10周年記念エディション>

新品価格
¥2,200から
(2014/3/19 13:48時点)

  • ほろ苦さを感じる「青春時代」へのメッセージが何とも言えません。邦題の作者の感性にも喝采。そしてカレンの歌声も永遠ですね。(Koji)
  • 私も大好きな曲です。カレンの声と歌い方はすごいですね。すごく静かな曲ですがしっかり心に残ります。(Hiro)
  • 私も大好きな曲です。カーペンターズの曲の中でも名曲ではと思います。(MAHALO)

ジョン・レノン(John Lenno)|スターティング・オーヴァー((Just Like)Starting Over)
http://www.youtube.com/watch?v=iAJ2AoEwDvY (YouTube)

ダブル・ファンタジー(紙ジャケット仕様)

中古価格
¥3,160から
(2014/3/19 13:49時点)

  • やり直しとも再出発ともとれるタイトルですが、残念ながらこの曲がヒットした時にはそれも叶わぬものとなってしまいました。自身ににエールを送った曲かなと思っています。今回のテーマだと「人々に勇気を」という曲もありますが、やはりこの曲です。(MAHALO)

グレイス・ジョーンズ(Grace Jones)|ラ・ヴィ・アン・ローズ (La Vie En Rose)
http://www.youtube.com/watch?v=cCQfH0lx_DU (YouTube)

Portfolio (Reis)

新品価格
¥569から
(2014/3/19 13:50時点)

  • 結婚式で流れるウェディング・ソングもある意味、2人へのエールを送る曲かなと思います。その中でもグレイス・ジョーンズの歌うこの曲は名曲かと思います。でもこの人は007のイメージが強いのですが。(MAHALO)

ナタリー・コール(Natalie Cole)|スターティング・オーバー・アゲイン(Starting Over Again)
http://www.youtube.com/watch?v=-PFtHFjP2Io (YouTube)

Good to Be Back

新品価格
¥430から
(2014/3/19 13:51時点)

  • ラブ・ソングではありますが、タイトルのとおり、「別れたんだけどもう1回やり直さないか」といった内容の曲です。メロディーも美しく、BGMとしてこの曲を聴けばそれも叶うかも…です。そう言う意味では「エール」となる曲かと思います。(MAHALO)
  • いい曲です。歌詞もいいです。若さが原因で別れてしまった二人が、お互いの心のよりどころとして結ばれる・・・(Hiro)

コールドプレイ(Coldplay)|美しき生命(Viva La Vida)
http://www.youtube.com/watch?v=dvgZkm1xWPE (YouTube)

Viva La Vida

新品価格
¥591から
(2014/3/19 13:51時点)

  • コールドプレイが「全力で生きろ」と訴える曲です。邦題は「美しき生命」ですが、タイトルの”Viva La Vida”を英語に訳せば”Live the Life”、それを更に日本語に直訳すれば「人生を生きろ」となるこの曲。フランス革命を謳った説のほかに、イエス・キリスト説もあるようです。(Yama)

ジャーニー(Journey)|ドント・ストップ・ビリーヴィン(Don’t stop Believin’)
http://www.youtube.com/watch?v=VcjzHMhBtf0 (YouTube)

ザ・ジャーニー・コンティニューズ~コンプリート・ベスト

新品価格
¥1,560から
(2014/3/19 13:52時点)

  • ’80洋楽の代表曲はこれです。オリジナルの力強い歌唱力はもちろんいいですが、30年後に蘇りドラマ「グリー」キャストの代表曲でもあります。このコーラス・バージョンも味があります。http://www.youtube.com/watch?v=rteAeFjB7S4(Yama)
  • ジャーニーはよく聴きました。スティーブ・ペリーの歌声が好きです。もちろんニール・ショーンのギターもですが。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

<ベストセラー>ローリング・ストーンズ


いろいろなジャンルの「ベストセラー商品トップ10」を紹介するシリーズ。
今回は、先月来日し8年ぶり6度目のコンサートを東京ドームで行った「ローリング・ストーンズ」を取り上げます。

当ブログでも、以前にWindows95のプロモーションに「スタート・ミー・アップ」を使ったエピソードなどを紹介したことがあります。記事はこちら

ローリング・ストーンズ、東京ドーム公演 ミック「帰ってきたぞ、トーキョー」【全曲セットリスト】(ハフィントンポスト)

約2時間で「サティスファクション」「スタート・ミー・アップ」などの20曲を披露。
70歳を感じさせないミック・ジャガーのステージだったそうです。

ローリング・ストーンズ | ベストセラー商品トップ10

“スウィート・サマー・サン” ストーンズ・ライヴ・イン・ロンドン・ハイド・パーク 2013【初回限定盤Blu-ray 2CD 日本盤ボーナスCD/日本語字幕付】

新品価格
¥5,995から
(2014/3/13 15:57時点)

“スウィート・サマー・サン” ストーンズ・ライヴ・イン・ロンドン・ハイド・パーク2013【初回限定盤DVD 2CD 日本盤限定ボーナスCD/日本語字幕付】

新品価格
¥4,654から
(2014/3/13 15:58時点)

エモーショナル・レスキュー(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥3,909から
(2014/3/13 16:00時点)

発売日:2014年4月23日

発売日:2014年3月26日

Rolling Stones-In the 1970s [DVD] [Import]

新品価格
¥2,714から
(2014/3/13 16:18時点)

Rolling Stones The Biggest Bang [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥2,658から
(2014/3/13 16:21時点)

チャーリー・イズ・マイ・ダーリン [DVD]

新品価格
¥1,918から
(2014/3/13 16:21時点)

ザ・ローリング・ストーンズ 50

新品価格
¥4,620から
(2014/3/13 16:23時点)

CROSSBEAT Special Edition ザ・ローリング・ストーンズ (シンコー・ミュージックMOOK)

新品価格
¥1,890から
(2014/3/13 16:26時点)

【2color】 バンド パンク ロック Tシャツ ★ The Rolling Stones ローリングストーンズ 定番唇 Mサイズ 半袖 ★ ブラック Lips&Tongue リップス&タン Tシャツ WOF-056M-黒

新品価格
¥1,980から
(2014/3/13 16:27時点)

Amazon.co.jpとタワーレコード・オンラインのCD検索は、下のアイコンをクリックしてください。

amazon tower

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

ビートルズとローリング・ストーンズによる代表されるブリティッシュ・インヴェイジョン


イギリス国旗ビートルズ(The Beatles)とローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)は、イギリスで誕生して、全世界的なメジャーバンドになりました。イギリスには他にもキンクス、ザ・フー、ハーマンズ・ハーミッツ、デイブ・クラーク・ファイブ、アニマルズ、ピーター&ゴードン、チャッド&ジェレミー等、数多くのバンド、グループが登場し、米国、そして世界でヒットを飛ばし、メジャーとなっていきました。
このような現象は「ブリティッシュ・インヴェイジョン(British Invasion、イギリスの侵略)」と呼ばれています。

そして、ビートルズやローリング・ストーンズなどは、その演奏方法に従来使われていなかった手法を使っているとの事です。

ローリング・ストーンズのキース・リチャーズ(Keith Richards)は、演奏中に煙草をふかしていたとのこと。「故、演奏中にそんなことができるのか?」という疑問に、グループサウンズ「スパイダース」メンバーで、今や音楽界の大御所「かまやつひろし」さんが、そのキース・リチャーズの演奏方法を解説しています。オープンAチューニングという手法だそうです。

シンシア~ムッシュかまやつのオープンチューニング教室
http://www.youtube.com/watch?v=Kmkej79x8gI (YouTube)

The Rolling Stones | Under My Thumb (1966)
http://www.youtube.com/watch?v=JcgZIz0Fd-w (YouTube)

ローリング・ストーンズ全曲制覇

新品価格
¥2,520から
(2013/2/26 15:54時点)


同じように、ビートルズの演奏も、「アルフィー」のメンバーの「坂崎幸之助」さんが解説しています。

坂崎幸之助のビートルズサウンド解説
http://www.youtube.com/watch?v=jqhFbg9IeyQ (YouTube)

「ハード・デイズ・ナイト(A Hard Days Night)」「ミッシェル(Michelle)」「P.S. I love you」「イエスタデイ(Yesterday)」「マザー・ネイチャーズ・サン(Mother Nature’s Son)」「ブラックバード(Blackbird)」です。その時まで、誰も使ったことがない奏法、コード進行があるとのことです。

The Beatles | Michelle
http://www.youtube.com/watch?v=BKvee-w0uBc (YouTube)

「坂崎幸之助」さんのビートルズ「リボルバー」解説
http://www.youtube.com/watch?v=pA6CsqjEgsc (YouTube)
「オーバーダビング」「テープ逆回転」などいろいろ実験的レコーディングをしているそうです。

The Beatles | Taxman
http://www.youtube.com/watch?v=Oyu5sFzWLk8 (YouTube)

ザ・ビートルズ全曲バイブル 公式録音全213曲完全ガイド

新品価格
¥5,800から
(2013/2/26 15:55時点)


ビートルズもローリング・ストーンズも、いろいろ演奏の技巧に凝っても、音楽の基本となる「聴いている心地よさ」「歌詞と一体となった情感」などを生かして曲を作っていることが本当にすごいと思います。
最近の曲はたぶん、技術、技巧にかけては相当高度だと思いますが、人の心に訴え、深く残る「メロディ」とかが少ないように思います。
良い曲だなあ、と思って聴いていてもすぐ忘れてしまうように・・・。

結成50年超えのローリング・ストーンズ


以前に、当ブログの投稿者はビートルズ世代だと書きましたが、結成50周年を越え今でも活動しているロックバンド「ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)」も、絶対に忘れられないバンドです。

GRRR! ~グレイテスト・ヒッツ 1962-2012

新品価格
¥2,640から
(2013/2/25 12:00時点)


日本の所謂「グループ・サウンズ」と言われたバンドは、必ずローリング・ストーンズの「サテイスファクション((I Can’t Get No) Satisfaction)」「タイム・イズ・オン・マイ・サイド(Time Is On My Side)」「テルミー(Tell Me)」等をライブハウスで演奏していました。

The Rolling Stones | Tell Me
http://www.youtube.com/watch?v=Itu-VckeLL4(youtube)

ローリング・ストーンズはシャウトする曲が多いのですが、私が今でも好きな曲の一つが、バラードの「涙あふれて(As Tears Go By、旧題:涙枯れても)」です。
ミック・ジャガー(Mick Jagger)の恋人、マリアンヌ・フェイスフル(Marianne Faithfull)が歌ってヒットし、彼らも演奏しています。

The Rolling Stones | As Tears Go By
http://www.youtube.com/watch?v=lQlmywY_qEM(youtube)

ローリング・ストーンズの「スタート・ミー・アップ(Start Me Up)」は、マイクロソフトが1995年にリリースしたオペレーティングシステム「Windows95」のプロモーションの曲として使われました。歌詞の内容が、あたかも新OS Windows95の普及を力強く推進してるようにも聴こえます。

The Rolling Stones | Start Me Up
http://www.youtube.com/watch?v=ZzlgJ-SfKYE(youtube)

Windows 95 Start Me Up Commercial 1995
http://www.youtube.com/watch?v=zZJM8UPw9pY(youtube)

マイクロソフトは、この「スタート・ミー・アップ」を使用するにあたり、最初、マイクロソフト元会長「ビル・ゲイツ(Bill Gates)」とローリング・ストーンズのミック・ジャガーが直接交渉したとの事です。その時点では「使用金額」の合意にはいたらず、最終的にマイクロソフトは、ローリング・ストーンズに、6ヶ月の使用期間に対して「3.6億円($3 million)」を支払ったとのことです。
このエピソードは、HarkThe Pop History Digを参考にしました。
そして、このテレビコマーシャルが、世界で始めてローリング・ストーンズの曲を使用しました。

今の時代は、テレビコマーシャルとタイアップすることがヒットする要因のひとつですから、時の移り変わりを感じます。

ザ・ローリング・ストーンズ結成50周年記念ドキュメンタリー/クロスファイアー・ハリケーン【DVD/日本語字幕付】

新品価格
¥2,929から
(2013/2/25 12:01時点)

月9とボストン~ロンバケより~(1)


先日のMAHALOさんが紹介された「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」を昨日(9日)の第9話を観ました。挿入曲の「The 5th Dimension|UP,UP AND AWAY」も懐かしい限りです。
さて、空港物のドラマというとTBS系列の日曜劇場枠ですが、SMAPの木村拓哉(キムタク)主演のドラマ『GOOD LUCK!!』(2003年放送)を思い出します。

このドラマの主題歌は「山下達郎|RIDE ON TIME /1980年」ですが、最近4枚組(初回限定盤のみ、通常盤は3枚組)ベスト盤の「山下達郎|OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~」が発売されて話題になっています。当然「RIDE ON TIME」も含まれています。X’masの定番ソング「クリスマス・イブ」と併せてお楽しみ下さい。
山下達郎 | RIDE ON TIME /1980年
https://www.youtube.com/watch?v=5LZufSLZ-IM (YouTube)
山下達郎 | クリスマス・イブ (JR東海 CM)
https://www.youtube.com/watch?v=A4WtAJ2UZQE (YouTube)

OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~(通常盤/クリスマス・パッケージ仕様)

新品価格
¥3,500から
(2012/12/11 10:11時点)

クリスマス・イブ(クリスマス・パッケージ仕様)

新品価格
¥1,200から
(2012/12/11 10:10時点)

この「GOOD LUCK!!」は平均視聴率30.6%、最高視聴率37.6%(Wikipediaより)と高視聴率でしたが、キムタクといえばやはり、フジテレビ系列月曜9時からのドラマ、通称「月9」が有名です。現在の「月9」はキムタク2年ぶり主演の『PRICELE$S〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜』ですが、こちらもも大詰めを迎えています。
ひところの高視聴率には届かないようですが、2桁後半は維持しているようなのでまあまあなんでしょう。さて、このドラマのエンディングに流れるのが、「ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)|ジャンピン・ジャック・フラッシュ(Jumpin’ Jack Flash)/1968年」です。青春時代の郷愁を感じます。懐かしいのはLPレコードのアルバムですが、こちらも今年50周年記念のCD3枚組ベスト盤の「ローリング・ストーンズ|GRRR! ~グレイテスト・ヒッツ 1962-2012」が11月に発売されましたので紹介します。それにしても50周年とは息が長いですね。この手のバンドとしては驚異です。
ローリング・ストーンズ | ジャンピン・ジャック・フラッシュ
https://www.youtube.com/watch?v=uM_z5PXRE3E (YouTube)

GRRR! ~グレイテスト・ヒッツ 1962-2012

新品価格
¥2,850から
(2012/12/10 17:01時点)


話が長くなって、ボストンまでのフライトはもう少し時間がかかるようなので、次に「ロンバケ」を通じて「ボストン」に旅をしようと思います。

機上から、冬の富士山の冠雪をお楽しみ下さい。

機上からの冬の富士山

月9とボストン~ロンバケより~(2)に続く