タグ別アーカイブ: 日本レコード大賞

年末のご挨拶 2016


歳末の風景、歌舞伎町ゴジラロードにも門松(撮影:ヤマザキサトシ)

歳末の風景、歌舞伎町ゴジラロードにも門松(撮影:ヤマザキサトシ)

本年はご愛読ありがとうございました。
ここに本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますと共に、明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申しあげます。

来年も、No Music, No Life.をモットーに、ジャンルを問わず音楽の話題をお届けします。

どうぞ皆様良いお年を!

2016年末の音楽ニュース

第58回日本レコード大賞は、「西野カナ|あなたの好きなところ」です。西野カナは初受賞で、女性ソロ歌手の受賞は、第47回(2005年)の「倖田來未|Butterfly」以来で11年ぶりです。
最優秀新人賞は、韓国の7人組の男性グループ「iKON(アイコン)|DUMB & DUMBER(ダム・アンド・ダマー)」です。

2016/12/31追記:第67回NHK紅白歌合戦は、紅組(司会は「有村架純」)が2年連続で優勝。対戦成績は紅組が31勝、白組(司会は嵐の「相葉雅紀」)が36勝となりました。

(編集長)

あなたの好きなところ

新品価格
¥750から
(2016/12/31 12:18時点)

Just LOVE

新品価格
¥2,740から
(2016/12/31 12:20時点)

年末のご挨拶 2015


PPO_akaihaikeitomatukazari500本年はご愛読ありがとうございました。

ここに本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますと共に、明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申しあげます。
来年も、No Music, No Life.をモットーに、ジャンルを問わず音楽の話題をお届けします。

どうぞ皆様良いお年を!

2015/12/30追記:第57回日本レコード大賞は、「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」楽曲の「Unfair World」。篠原涼子主演の映画「アンフェア the end」の主題歌です。三代目JSBの受賞は、2年連続。EXILEグループの受賞は、3年連続で6回目です。
最優秀新人賞は、ハロー!プロジェクト系の「こぶしファクトリー」。楽曲は「ドスコイ!ケンキョにダイタン」。同シングルには、2015年6月27日(土)~7月18日(土)に、フジテレビ系で放送された早見あかり主演の深夜の飯テロテレビドラマ「ラーメン大好き小泉さん」の主題歌「ラーメン大好き小泉さんの唄」が含まれます。

Unfair World(CD+DVD)

新品価格
¥946から
(2015/12/31 00:13時点)

2015/12/31追記:第66回NHK紅白歌合戦は紅組(司会は2回目の「綾瀬はるか」)が3年ぶりに優勝。対戦成績は紅組が30勝、白組(司会はV6の「井ノ原快彦」)が36勝となりました。

八重の桜 完全版 第壱集 Blu-ray BOX(本編4枚組)

新品価格
¥11,675から
(2015/12/31 23:52時点)

LIVE TOUR 2015 -SINCE 1995~FOREVER-(DVD4枚組)(初回生産限定盤A)

新品価格
¥7,025から
(2015/12/31 23:58時点)

(編集長)
公開日 2015/12/30
更新日 2015/12/31

年末のご挨拶 2014


CA3H1301本年はご愛読ありがとうございました。
ここに本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますと共に、明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申しあげます。

来年も、No Music, No Life.をモットーに、音楽の話題をお届けします。
どうぞ皆様良いお年を!

2014/12/30追記:第56回日本レコード大賞は、「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE | R.Y.U.S.E.I.」。EXILEグループの受賞は、2年連続で5回目です。
最優秀新人賞は、2013年にフジテレビのドラマ「山田君と7人の魔女」主演のモデル、女優、歌手の「西内まりや」です。楽曲はメジャーデビューシングルの「LOVE EVOLUTION」(ラブ・エヴォリューション)です。

R.Y.U.S.E.I. (CD+DVD)

新品価格
¥1,645から
(2014/12/31 00:53時点)

LOVE EVOLUTION (CD+DVD) (初回生産限定)

新品価格
¥2,054から
(2014/12/31 00:58時点)

山田くんと7人の魔女 DVD-BOX

新品価格
¥10,350から
(2014/12/31 00:57時点)

2014/12/31追記:第65回NHK紅白歌合戦は白組(司会は「嵐」が5年連続)が3年連続で優勝。対戦成績は紅組(司会は「花子とアン」主演の「吉高由里子」)が29勝、白組が36勝となりました。

花子とアン メモリアルブック (NHKウイークリーステラ臨時増刊 10月31日号)

中古価格
¥1,550から
(2014/12/31 23:59時点)

連続テレビ小説「花子とアン」完全版 Blu-ray-BOX -1

新品価格
¥12,208から
(2015/1/1 00:02時点)

連続テレビ小説「花子とアン」完全版 DVD-BOX -1

新品価格
¥12,190から
(2014/12/31 23:58時点)

(編集長)

<おくやみ>松岡直也さんが死去「マジョルカ」「九月の風」「ミ・アモーレ」


作曲家の松岡直也氏が死去 「ミ・アモーレ」など作曲(47NEWS)

ピアニストで作曲家の松岡直也(まつおか・なおや)さんが4月29日、川崎市内の病院で亡くなりました。76歳でした。

日本のラテン・フュージョンの音楽の第一人者として、ジャズから歌謡曲まで幅広い分野で活躍しました。バンド「松岡直也&ウィシング」による「マジョルカ」「九月の風」が有名です。また、中森明菜さんの歌う「ミ・アモーレ」の作・編曲を手がけ、1985年の日本レコード大賞を受賞しました。
昨年、音楽活動61周年を迎えました。

謹んで、哀悼の意を表します。

(編集長)

 

MAJORCA

中古価格
¥3,480から
(2014/5/4 17:55時点)

九月の風~通り過ぎた夏~

新品価格
¥2,675から
(2014/5/4 17:53時点)

中森明菜シングルス27 ′82-91

新品価格
¥3,976から
(2014/5/4 17:59時点)

青春歌謡のアイドル「御三家」


御三家(ごさんけ)」とは、「ある分野で最も有力な、最も有名な、最も高く格付けされた、あるいは最も人気がある3者を総称する際の表現のひとつ。江戸時代に徳川将軍家に連なる尾張徳川家・紀州徳川家・水戸徳川家の3家が「御三家」と呼ばれて並みいる諸大名の中でも特に別格扱いされていたことに因んだ表現である。」(出典:Wikipedia)とあります。

1960年代はじめ、「橋幸夫」「舟木一夫」「西郷輝彦」の3人は、青春歌謡のアイドル「御三家」と言われていました。

橋幸夫は1960年に17才でデビュー、舟木一夫は1963年に18才でデビュー、西郷輝彦は1964年に17才でデビューいました。彼らの歌は今もよくカラオケで歌います。たぶん時代を超えて歌い継がれている歌が数多くあると思います。

橋幸夫のデビュー曲は「潮来笠」です。日本レコード大賞新人賞を受賞しました。1962年、吉永小百合とのデュエット曲「いつでも夢を」が大ヒットし、第4回日本レコード大賞を受賞しました。
その後、「江梨子」「若いやつ」「恋をするなら」「チェッ・チェッ・チェッ」「あの娘と僕〜スイム・スイム・スイム〜」「メキシカン・ロック」などヒットし、「沓掛時次郎」など「股旅(またたびもの)」の歌も数多くありました。そして1966年には「霧氷」で第8回日本レコード大賞を受賞しました。
ヒット曲はたくさんありますが、私は「雨の中の二人」が大好きです。

橋幸夫|雨の中の二人
http://www.youtube.com/watch?v=FS5J7zMZ_lw (YouTube)

橋幸夫 ザ・ベスト

新品価格
¥2,543から
(2014/4/14 17:16時点)

雨が小粒の真珠なら
恋はピンクのバラの花

歌の始まりです。メルヘンっぽい歌詞も好きです。

舟木一夫は、1963年の「高校三年生」がデビュー曲です。レコード大賞新人賞の受賞曲です。
学園ソングとよばれる、高校生活をテーマにした歌が多く、また、映画制作とあわせて、「学園広場」「修学旅行」「絶唱」「夕笛」「初恋」などの多くのヒット曲があります。
また、テレビ時代劇「銭形平次」のテーマソングも長く歌われています。
スター街道を上り詰め、また、挫折を味わい、そして復活、と起伏大きな波乱万丈な人生の様ですが、今は、舞台を含め熟年のエンタテイナーとして活躍しています。
私は、「学園広場」が大好きです。

舟木一夫|学園広場
http://www.youtube.com/watch?v=iRL3Jcg5E5w (YouTube)

舟木一夫全曲集

新品価格
¥2,300から
(2014/4/14 17:17時点)

青春歌謡は1960年代からはじまりました。
経済成長がはじまり、そのころ学生で、若かった私たちがレコードを買える時代になりました。「経済成長」とはやはり、若い世代が「流行」にいち早く飛びついていろいろな商品購入の王者である時代に起こる現象のように思います。ですから、今の日本に経済成長の期待は・・・ではないかと。

舟木一夫の学園ソング「高校三年生」「学園広場」は3部構成になっています。
一番で明るい現在、二番で回想、三番で未来と。「青春」のさなかに「青春」をふりかえる「視点」があります。曲といい歌詞といい何か心に残ります。

西郷輝彦は鹿児島出身です。鹿児島県出身にちなんで芸名が「西郷」輝彦となりました。1964年に「君だけを」でデビューし、この年のレコード大賞新人賞を受賞しました。
1966年に発売した「星のフラメンコ」は、30万枚を売り上げる大ヒットとなりました。
「星のフラメンコ」の他にも「星娘」「願い星叶い星」など浜口倉之助作曲の歌がヒットしています。

西郷輝彦|星のフラメンコ
http://www.youtube.com/watch?v=HP3TDwnXx6M (YouTube)

西郷輝彦 ベスト ~君だけを・星のフラメンコ~ CRC-1601

新品価格
¥1,010から
(2014/4/14 17:19時点)

こんな替え歌があります。

タモリ|肉のフラメンコ
http://www.youtube.com/watch?v=FObyuBX1y3Y (YouTube)

1973年、TVドラマ「どてらい男」に主演し、その後時代劇にも出演し、遠山金四郎役の「江戸を斬る」が人気シリーズになりました。

橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦の3人が共演した映像があります。ヒット曲がたっぷりと楽しめます。

橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦の共演
http://www.youtube.com/watch?v=Ald4AOiXBAM (YouTube)

『近代映画』特別編集 御三家メモリアルフォトブック―21世紀へのステップ

新品価格
¥2,900から
(2014/4/14 17:35時点)

青春の条件 [DVD]

新品価格
¥1,397から
(2014/4/14 16:52時点)

昭和の歌姫「三人娘」


私より上の団塊世代以前の人に、昭和を代表する日本人女性歌手と問えば、「美空ひばり」「江利チエミ」「雪村いずみ」の三人を挙げるのではないでしょうか。この三人は歌い手として、それぞれ異質の歌手ではありますが、その三人三様の実力は多くの人が認めるところだと思います。
そして、戦後間もない時代に三人が主役の映画は「○○三人娘」としてシリーズ化され大いに人気をはくしました。

美空ひばり 雪村いずみ 江利チエミ|ジャンケン娘
http://www.youtube.com/watch?v=zMDqsnAEbAQ (YouTube)

ジャンケン娘 [DVD]

新品価格
¥3,609から
(2014/4/3 15:00時点)


美空ひばりは幼少の時から歌の才能を発揮しており、12歳で「悲しき口笛」という映画と主題歌のレコードを大ヒットさせています。
この時のスタイル「シルクハットに燕尾服」は、美空ひばりの代名詞ともなりました。

「東京キッド」「リンゴ追分」「ひばりのマドロスさん」「ひばりの佐渡情話」「哀愁波止場」、そして「柔」は東京オリンピックともあいまって、180万枚という最大のヒット曲となりました。
また、その後も、第7回日本レコード大賞受賞曲の「悲しい酒」や「真赤な太陽」、そして小椋佳作曲の「愛燦燦」など本当に多くのヒット曲があります。

1988年4月11日、東京ドームのこけら落しに「不死鳥コンサート」を行いました。
体調が悪くなっていたのにもかかわらず、合計39曲を熱唱しました。
「戦後」から日本が復興を果たし、アメリカに次ぐ経済大国となった、その日本の「軌跡」が美空ひばりの歌と共にあったように思います。

私は、美空ひばりの曲の中で「愛燦燦」が一番好きな歌です。
美空ひばり|愛燦燦
http://www.youtube.com/watch?v=uMVQ5LpT5Ik&list=RDuMVQ5LpT5Ik (YouTube)

川の流れのように/愛燦燦

新品価格
¥947から
(2014/4/3 15:01時点)

江利チエミは、音楽、芸能関係に係わりのある父母をもって、小さい時から歌い始め、米国進駐軍のキャンプまわりの仕事などをしていました。そして進駐軍のアイドル的存在となり、愛称は「エリー」で芸名の江利チエミの由来となりました。そのころ聴いた「テネシー・ワルツ」はその後、江利チエミの代表曲となりました。
米国でのレコード録音、ステージなども行い、日本人ジャズ・ボーカリストとして評価されます。その後の活動は、歌にとどまらず、舞台、映画、そしてテレビとその活躍の場は多岐にわたりました。

ヒット曲「テネシー・ワルツ」については、テネシーと横浜、ブルースと「柳ジョージ」で「江利チエミ」とのテレビでの共演に触れましたが、米国で「パティ・ペイジ」が歌ってヒットさせています。そのカバーですが、何とも言えない情感に溢れた歌になっています。日本における「カバー歌手」のメジャー化のさきがけともなりました。

江利チエミ|テネシー・ワルツ
http://www.youtube.com/watch?v=Ref05eIzNpI  (YouTube)

特選:歌カラ1000 江利チエミ テネシーワルツ/酒場にて

新品価格
¥935から
(2014/4/3 15:03時点)


1999年に公開された映画「鉄道員 (ぽっぽや)」の主題歌です。江利チエミの元夫である高倉健が「僕なら、テネシー・ワルツですね」と発言したのがきっかけになったそうです。

雪村いずみも少女歌手として16歳の時、テレサ・ブリュワーのカバー曲「想い出のワルツ」(Till I Waltz Again with You)でレコード・デビューしてます。
その後、「青いカナリヤ」「オウ・マイ・パパ」「はるかなる山の呼び声」「マンボ・イタリアノ」「チャチャチャは素晴らしい」などの曲をヒットさせています。

歌手、映画、ファッションモデルなど、そして米国での音楽活動等、活躍の多岐に幅広く、歌のレパートリーもジャズから反戦メッセージソング「約束」(藤田敏雄作詞、前田憲男作曲)など大変幅広い活躍をしています。

荒井由実(現:松任谷由実)の代表曲「ひこうき雲」は、雪村いづみのために書き下ろされた曲だったそうです。
この雪村いづみの未発表音源が1990年(平成2年)発売のアルバム「COME ON BACK」で初めて陽の目ています。

雪村いずづ|ひこうき雲
http://www.youtube.com/watch?v=-Ms9CgdY0rw (YouTube)

カモン・バック

中古価格
¥7,000から
(2014/4/3 15:05時点)

こちらのジャケット写真は、リンク先のAmazon.co.jpで、ご覧いただけます。

荒井由美とはまた違った歌の巧さを感じる曲です。
荒井由美のひこうき雲は「ひこうき雲」と「青い影」で紹介されています。

今、昭和から平成と時代はかわっていますが、戦後の「昭和」は戦争も無く、貧しさから豊かさへの成長の過程、そしていわゆる経済的繁栄とみんなが「」を持って、そしてそれを実現できた、そんな時代だったと思います。これこそ人間の「HEAVEN」なのかもしれません。

年末のご挨拶 2013


本年はご愛読いただき、ありがとうございました。
ここに本年中に賜りましたご厚情に深謝いたしますと共に、明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申しあげます。

2013/12/30追記:第55回日本レコード大賞は「EXILE」(エグザイル)の「EXILE PRIDE~こんな世界を愛するため~」。EXILEの受賞は、3年ぶり史上最多の4回目。最優秀新人にはアニメ「ワンピース」の主題歌「HANDS UP!」でデビューした「新里宏太」(しんざとこうた)が選ばれました。

 

EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~ (CD+DVD)

新品価格
¥1,308から
(2013/12/30 23:32時点)

HANDS UP! (SINGLE+DVD)

新品価格
¥1,568から
(2013/12/30 23:36時点)

2013/12/31追記:第64回NHK紅白歌合戦は白組が2年連続で優勝。対戦成績は紅組が29勝、白組が35勝となりました。今年の見所は、あまちゃん157回「おら、紅白出るど」と銘打った「あまちゃんステージ」、「嵐」「AKB48」「EXILE」など人気グループの豪華なステージ、そして前人未到の紅白50回出演に達して大団円の引退を飾った北島三郎のステージでした。

 

あまちゃんアンコール~連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック 3~ あまコレBOX付コレクターズエディション【初回限定盤】

新品価格
¥3,380から
(2013/12/31 17:42時点)

LOVE(初回生産限定盤)(DVD付)

新品価格
¥6,000から
(2013/12/31 17:50時点)

次の足跡Type B (外付け特典なし)

新品価格
¥2,835から
(2013/12/31 17:45時点)

これが聴きたい! 北島三郎

新品価格
¥2,579から
(2013/12/31 17:48時点)

さて、新年は1月4日(土)から投稿を開始します。事情により、1月1日(水)に緊急投稿することになりました。どうぞ皆様良いお年を!

(編集長)

昭和30年代の想い出の男性歌手「フランク永井」「村田英雄」「三橋美智也」


私が小学生低学年の頃、口ずさんだ歌を歌った3人の男性歌手を紹介します。
この「昭和を代表する男性歌手」のくくりにおいては、他にも「三波春夫」「春日八郎」「藤山一郎」などヒット曲をもつ有名な男性歌手は数多くいます。しかし、私はこの3人の歌が子供ごころに印象に強く残っています。

  • フランク永井

フランク永井(ながい)の曲で私がよく口ずさんだ曲は、「君恋し」です。
この曲は1961年の日本レコード大賞受賞曲です。低音が「フランク永井」の魅力と言われていて、一所懸命低音で歌おうとしたことと、ビブラートをきかせて歌う歌い方などで、誰に聴かせるでもありませんが、一人で歌って遊んでいました。
フランク永井|君恋し
http://www.youtube.com/watch?v=4DU0zzcCkVA (YouTube)

  • 歌: フランク永井
  • 作詞: 時雨音羽
  • 作曲: 佐々紅華

フランク永井 ベスト&ベスト PBB-09

新品価格
¥1,060から
(2013/7/16 12:06時点)

フランク永井の歌は、「重量感」があって、そして「ぬくもり」のある音質、だと思います。ヒット曲は数多くあり、「夜霧の第二国道」「有楽町で逢いましょう」 「東京ナイト・クラブ」 「大阪ぐらし」「おまえに」など、これからも長く歌い継がれていく曲だと思います。

  • 村田英雄

村田 英雄(むらた ひでお)は、5歳のときから浪曲の世界に入り、13歳で真打昇進、14歳で「酒井雲坊一座」の座長となって九州で公演を続けていました。25才で「村田英雄」と改名して、浪曲の世界では若手浪曲師として大変注目されるようになりました。
良く知られていることですが、三波春夫(歌手)は、もともと浪曲の世界にいましたが、村田英雄の浪曲の世界での血筋、経験、人気を目のあたりにして、浪曲の世界に見切りをつけ、「歌謡曲」の世界に転向したというのは有名な話です。

さて、私の好きな曲は、テレビドラマの主題歌「柔道一代」です。

村田英雄|柔道一代
http://www.youtube.com/watch?v=iEqAbs1FjUM (YouTube)

  • 歌: 村田英雄
  • 作詞:星野哲郎
  • 作曲:山路進一

決定盤 村田英雄大全集

新品価格
¥2,938から
(2013/7/16 12:08時点)

ドラマ「柔道一代」は、御木本伸介の主演で、講道館創設者「嘉納治五郎」が柔道塾を開き、海外に柔道を広めるまでを、講道館の四天王の活躍などをエピソードとして描いていました。
村田英雄のヒット曲には、「王将」「皆の衆」「人生劇場」などがあります。任侠映画に出演したり、バラエティー番組やコント番組などに出演して、ものまねをされたりで、いろいろ幅広く活動していました。

  • 三橋美智也

三橋美智也(みはしみちや)は、子供の頃から民謡歌手として活動していて、11歳で全道民謡大会で優勝しています。その後、歌謡曲、演歌の歌手としてデビューして、次々にヒット曲をだしました。
「哀愁列車」「夕焼けとんび」「古城」「達者でナ」「星屑の町」などは、私が今でもカラオケで歌う曲です。その他にも多くのミリオンセラー曲を出しました。
民謡をベースにした伸びとつやのある美声は、一度聴いたら忘れられなくなります。
生涯のレコード売上は1億600万枚、18曲がミリオンセラーを記録し、代表曲の一つ「古城」の売上は300万枚売れたとの事です。
私は、「快傑ハリマオ」も大好きな一曲ですが、この「星屑の街」がやはり一番好きです。

三橋美智也|星屑の町
http://www.youtube.com/watch?v=mUIouz1hEa0 (YouTube)

  • 歌: 三橋美智也
  • 作詞:東條寿三郎
  • 作曲:安部 芳明

三橋美智也全曲集

新品価格
¥2,585から
(2013/7/16 12:16時点)

三橋美智也の歌い方の特徴である「高く透き通っ張りのある声」と、独特のこぶしは、聴いていてとても気持ちが良くなります。私ももちろん、カラオケでは下手なりに気持ち良く歌います。

まさに三人三様です。
フランク永井は、進駐軍キャンプの地廻りのJazzや洋楽畑から、村田英雄は、浪曲から、そして三橋美智也は民謡の出身です。それぞれ歌った曲調も違うのですが、私からすると昭和の日本の歌、男性歌手ということで何か同じテイストを感じます。
もちろん、三人とも大変歌が上手であるということはあるのですが、私たちの心に訴える何かを持っている歌手だと思います。そして、もちろん、多くの歌がいつまでも忘れられない曲となっています。

水無月から文月へ「パッヘルベルのカノン」に乗せて(2)


水無月から文月へ「パッヘルベルのカノン」に乗せて(1)の続き

Fudoki_Yuri

常陸風土記の丘(茨城県石岡市)のユリの群生

7月の花の一つユリ(百合)の花言葉は「威厳」「純潔」「無垢」などです。

統計開始以来4番目に早い梅雨明けとなった関東地方ですが、翌日の7月7日は例年とは異なる夏の晴天に恵まれた七夕となりました。
織女と牽牛の年に一度の逢瀬も、天の川の氾濫もなく無事実現したことだと思います。

-七夕伝説-
七夕伝説のおこりは中国です。もともとは、中国の織女(しょくじょ)牽牛(けんぎゅう)の伝説と、裁縫の上達を願う乞巧奠(きこうでん)の行事とが混ざりあって伝わったものといわれています。

織女と牽牛は夫婦なのですが、仕事をせずに遊んでばかりいたので、1年に1日のデート以外は仕事、仕事の毎日を強制されるという儒教的思想の色濃い お話。昔の農民が「仕事、仕事」の毎日を哀れむために作ったのが七夕伝説の最初なのではないかといわれていますが、中国の後漢のころ(1~3世紀)には作 られていたようです。

 出典:アストロアーツ星空ガイド特集「七夕」

織女星(こと座のベガ)と牽牛星(わし座アルタイル)を隔てて会えなくしているのが天の川です。銀河とも云います。

アイドルグループ「光GENJI(ヒカルゲンジ)」の3枚目シングルに「パラダイス銀河」という曲があります。1988年のオリコン年間シングル・チャート1位に輝き、同年の第30回レコード大賞も受賞しました。
当時15歳から20歳の7人メンバーによるローラースケートで駆け廻りながら歌う映像があります。

光GENJI|パラダイス銀河
http://www.youtube.com/watch?v=eWHqOjJgZIw (YouTube)

光GENJIは、1980年代終盤から1990年代前半にかけて一斉を風靡(ふうび)した、ローラースケートを履いたジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループでした。この「パラダイス銀河」の頃がピークだったと思います。
テレビ番組がベストテンやアイドル番組からバラエティ中心に変化する中で、次第に人気にも翳りが生じ解散に至りました。
その後、ジャニーズ事務所が路線の変更を図り、新しい時代のニーズに対応したアイドル「SMAP」の登場により殆どメンバーが事務所からも離れました。従来型アイドルの最終形だったのでしょう。
アイドル路線の変更に成功したジャニース事務所は、息が長く且つ単品売り可能なアイドルグループの育成に成功し、現在のテレビ界における隆盛につながっています。
彼らのライブの模様を収録したDVD「光GENJI – ファーストライブ」があります。
紫式部の源氏物語の主人公がグループ名の起源である、彼等の輝かしい瞬間もまた懐かしいものです。

光GENJI – ファーストライブ [DVD]

新品価格
¥2,185から
(2013/7/12 10:45時点)

そのスケート滑走のBGMとしても使い易そうな「パラダイス銀河」ですが、これも「カノン進行」が上手く使われている有名な曲です。
1989年春の選抜高校野球大会の入場曲にも選ばれ、今でも応援ソングとして広く使われています。
この曲の作詞作曲はチャゲ&飛鳥(現、Chage and Aska、通称チャゲアス)の飛鳥涼です。本家が歌う「パラダイス銀河」があります。

Chage and Aska|パラダイス銀河他
http://www.youtube.com/watch?v=hNctQK6fIUA (YouTube)

光GENJIのデビューから続いたチャゲアスによる楽曲提供は「パラダイス銀河」で終わりを告げます。
そしてチャゲアス27枚目のシングル「Say Yes(セイ・イエス)」が1991年に発売され、最終的に300万枚を売り上げる彼等の最大のヒット曲となりました。
フジテレビ系月9ドラマ『101回目のプロポーズ』(1991年7月-9月)の主題歌として起用されたことが大きかったと思います。
その「Say Yes」がバックで流れるシーンが有名です。

101回目のプロポーズ
https://www.youtube.com/watch?v=PFzLoEZxUc8 (YouTube)

主役は「浅野温子」と「武田鉄矢」と云う異色の組み合わせでしたが、「僕は死にません。僕は死にません! あなたが好きだから、僕は死にません。僕が、幸せにしますからぁ!」という台詞は同年の流行語(大衆部門・金賞)にもなりました。

TREE

新品価格
¥1,977から
(2013/7/12 10:39時点)

101回目のプロポーズ [DVD]

新品価格
¥14,525から
(2013/7/12 10:38時点)

個人的には結婚式に招かれる機会の多かった1990年代でしたが、必ずと云っていい程に「Say Yes」を耳にした記憶があります。

その結婚式ですが、厚生労働省の平成18年度「婚姻に関する統計」の概況を元に、「婚姻の月別推移」について調べてみました。

婚姻統計

統計データは多少古くなりますが、平成13年(2001年)から平成17年(2005年)の5年間の月別の傾向です。
21世紀最初の年である2001年に若干異なる傾向はありますが、各月の推移は毎年同じような傾向となっています。平成13年1月は「2001年1月11日」が並び婚として多かったと思われます。同様に平成14年2月は「2002年2月22日」の影響だと思います。

概ね云えることは、「3月と11月が多く、1月と8月が少ない」、「続いて多いのは5月、10月、12月、4月で、2月、6月、7月、9月は平均より少ない」です。

  • 天候や気候の良い春と秋の結婚が多い。
  • 年度末の3月や年末調整の絡む12月は多くなる。
  • 夏の時期は特に敬遠される。

といった所ですが、ジューン・ブライド(June bride、6月の花嫁)の6月や、七夕伝説の7月は比較的少ない傾向です。
6月の英語名「June」が、ローマ神話のジュピターの妻ジュノー(結婚生活の守護神)からとられていても、日本の天候では敬遠されるようです。

そんな結婚式にお似合いのBGMをお薦めいたします。
6月19日にリリースされた「Namy|Wedding Lounge」です。「DJ/プロデューサー高波由多加(たかなみゆたか)が率いる、生音にこだわった音作りで聴かせる音楽ユニット「Namy」によるウェディング・カヴァー・アルバム。」との紹介になっています。

旧古河庭園(北区)の6月のバラと共に全曲試聴をしてみて下さい。
Namy | Wedding Lounge (Album All Songs)
http://www.youtube.com/watch?v=rJOB0_SIm9c&noredirect=1 (YouTube)

Wedding Lounge

新品価格
¥1,890から
(2013/7/12 10:37時点)

木村カエラ「Butterfly(英語詩)」のラウンジ・カヴァーやYuki Monolog Kanesaka参加の「バッハ|G線上のアリア」など必聴です。
このアルバムの楽曲の中にも「カノン進行」の影響を確かめてみて下さい。

公式PVもあります。

DJ:高波由多加は7月20日の「夏びらき MUSIC FESTIVAL’13」に出演予定です。

チケットぴあ一般発売 / 夏びらき MUSIC FESTIVAL’13 | 2013/7/20(土)~2013/7/21(日) | 所沢航空記念公園野外ステージ (埼玉県)icon

今年の「伝統的七夕」は8月13日です。
ペルセウス座流星群(国立天文台の解説はこちら)の極大に併せて、「星に願う2日間」と題する「伝統的七夕ライトダウン2013キャンペーン」があります。

異色なグループサウンズ「ブルー・コメッツ」


先週、沢田研二と「ザ・タイガース」を紹介しましたが、「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」(以下、「ブルー・コメッツ」)もグループサウンズの代表的なバンドでした。
1966年のデビュー曲は「青い瞳」です。この曲には歌詞が英語の英語版もありました。

ジャッキー吉川とブルー・コメッツ |青い瞳
http://www.youtube.com/watch?v=q4-jgVUYXEk (YouTube)

シングルズ (1966 ~ 1968)

新品価格
¥1,579から
(2013/4/30 16:37時点)

グループサウンズといえばみんな長髪と決まっていましたが、ブルー・コメッツは短髪でスーツを着て演奏するという、異色なバンドでした。
そして、1967年リリースの「ブルー・シャトウ」は空前の大ヒットでした。今でも、カラオケで世代を超えて歌われている歌だと思います。

ジャッキー吉川とブルー・コメッツ|ブルー・シャトウ
http://www.youtube.com/watch?feature=fvwp&v=d9QdZ-awhlg&NR=1 (YouTube)

GSグレイテスト・ヒッツ

新品価格
¥3,024から
(2013/4/30 16:39時点)

ブルー・シャトウは、1967年3月15日に発売され、レコード売上150万枚の大ヒット曲です。この年の第9回日本レコード大賞を受賞をしています。
作曲は、メンバーの井上忠夫(井上大輔)で、「ファ」と「シ」を除いた短音階を基調とした日本風の曲です。外国のリズムと日本のメロディーの新しい組み合わせを考えて作られた曲でもあります。

ブルー・コメッツのヒット曲は歌謡曲といわれる分野のヒット曲が多いと思いますが、メンバーは、1968年には米国で有名な「エド・サリヴァン・ショー」に出演したり、米国の歌手「バート・バカラック」風のアレンジをした曲を出しています。
日本における初期のプログレッシブ・ロックのようなアレンジの曲作りに挑戦するなどの活動をしています。
そして、Jazzの世界でもいろいろやっていました。
音楽性という点でも他のグループサウンズと違っていた所以でもあると思います。

ブルー・コメッツ with 日野皓正|The Time And The Place
http://www.youtube.com/watch?v=1BUirBb2LMw (YouTube)

余談ですが、タモリが「ブルー・シャトウ」の替え歌を歌っています。
タモリは、他にもグループサウンズの替え歌を歌っています。

ジャッキー佐藤とブルーコメットさん(タモリ)| ブルーエンペラー
http://www.youtube.com/watch?v=S1i63scTgqc (YouTube)

また、ブルー・コメッツにベースとボーカルで1972年~1977年の5年間メンバーで在籍した白鳥健二(本名:白鳥澄夫)は、私の小学校、中学校の同級生で、「トワ・エ・モワ」の山室英美子(現在:白鳥英美子)とご夫婦です。
そして故郷の千葉県茂原市の愛唱歌を彼が作曲し、白鳥英美子が歌います。

愛唱歌:「茂原市に」 市民有志がCD作成、歌手の白鳥さんが歌う (毎日新聞)

多彩な音楽活動は、全盛期のメンバーの小田啓義と三原綱木は、ブルーコメッツを脱退後、ダン池田からビッグバンド「ニューブリード」を引継ぎ、「小田啓義とニューブリード」、「三原綱木とザ・ニューブリード」として、それぞれバンドマスターとして活躍しました。