タグ別アーカイブ: TheDoobieBrothers

マイ・フェイバリット・ロード・ミュージック


ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしょうか?

天気予報のマークに「雨」は少なめですが、一時的に雨が降り、雷を伴って雨脚が強まることがあるようです。

最新の気象情報をチェックして、楽しい連休をお過ごしください。

GWの天気 連休初日は大気不安定(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp
GWの天気 連休初日は大気不安定(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp

さて、4月のテーマは、「道」「ロード」「ストリート」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「道」に纏(まつ)わる9曲を紹介します。

ボブ・ディラン(Bob Dylan)|風に吹かれて (Blowin’ In The Wind) 
https://www.youtube.com/watch?v=vWwgrjjIMXA (YouTube)

エッセンシャル・ボブ・ディラン

新品価格
¥5,822から
(2017/4/28 22:56時点)

  • この曲で、「roads」は曲の出だしだけですが、それこそ、何百回、聴いたり口ずさんだりしたかわかりません、、人はどれ位の道を歩めば、人として認められるのか、、(Hiro)

ビートルズ(The Beatles)|ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード(THE LONG AND WINDING ROAD)
https://www.youtube.com/watch?v=OIHEuYfDypg (YouTube)

THE BEATLES 1

新品価格
¥2,900から
(2017/4/28 22:56時点)

  • ビートルズのグループとして最後の、No.1の曲。作ったポール・マッカートニーは「終点に行き着くことのない道について歌ったんだ」と語っています。(Hiro)
  • いつもシンプルなバージョンを聞いています。ほとんど聞いたことはありませんが、ストリングス、コーラス、オーケストラでアレンジしたバージョンがあるそうですが、それは聞いたことありません。(Yama)

ザ・ブロードサイド・フォー|若者たち
https://www.youtube.com/watch?v=vW0-sRt0RYw (YouTube)
昭和41年の「若者たち」オープニング
https://www.youtube.com/watch?v=ViONwlRNvsY (YouTube)

ザ・ブロードサイド・フォー

新品価格
¥1,071から
(2017/4/28 22:57時点)

  • 「君の行く道は果てしなく遠い…」。テレビドラマ「若者たち」は2014年にリメークされましたが、やはり白黒映像の1966年版のドラマとザ・ブロードサイド・フォーの歌う主題歌が思いだされます。舞台は千葉県の海岸沿いの町でした、(Koji)
  • 今シーズンのNHK連続テレビ小説「ひよっこ」の舞台設定が昭和39年~ですから同時期なのですね。(Yama)

ジプシー・キングス(Gipsy Kings)|マイ・ウェイ(My Way – A Mi Manera -)

https://www.youtube.com/watch?v=Fsw2NQb5xSA (YouTube)

ジプシー・キングス(期間生産限定盤)

新品価格
¥930から
(2017/4/28 22:58時点)

  • フランク・シナトラなどで有名な「マイ・ウェイ」ですが、UCCのCM曲でも使われているジプシー・キングスの歌うこれが一番です。吉瀬美智子と「コーヒーの話」ができれば更に良いですが。(Koji)
  • 吉瀬美智子さん主演のCM、好きです。私も彼女のあの雰囲気が好きです。(Yama)

シーウィンド(Seawind)|フォロウ・ユア・ロード(Follow Your Road)
https://www.youtube.com/watch?v=BCNVoPa2VFY (YouTube)

Light the Light/Seawind

新品価格
¥1,137から
(2017/4/28 22:58時点)

  • シーウィンドを代表する名曲です。切々と歌うポリーン・ウィルソンの歌声は心に染みます。(MAHALO)

クルセイダーズ(The Crusaders)|ストリート・ライフ(Street Life)
https://www.youtube.com/watch?v=-iVR7WLsvAg (YouTube)

ストリート・ライフ

新品価格
¥1,620から
(2017/4/28 22:59時点)

  • 今回のテーマの中で「ストリート」といえばやはりこの曲ですね。このアルバムは今も私の愛聴盤です。(MAHALO)

ザ・ドゥービー・ブラザーズ(The Doobie Brothers)|ドゥービー・ストリート(Takin’ It To The Streets)
https://www.youtube.com/watch?v=foEba5RQlOE (YouTube)

ドゥービー・ストリート

新品価格
¥1,361から
(2017/4/28 23:00時点)

  • ドゥービーのファンからはマイク・マクドナルドの参加は賛否が分かれるところですが、私はこの曲、そして収録アルバムとも大好きです。都会的な雰囲気はまさにAORです。(MAHALO)

絢香×コブクロ|WINDING ROAD(ワインディング・ロード)
https://www.youtube.com/watch?v=mE_jH0J0ClA (YouTube)

ayaka’s History 2006-2009

新品価格
¥1,580から
(2017/4/28 23:00時点)

ALL SINGLES BEST 2 (通常盤)

新品価格
¥2,070から
(2017/4/28 23:01時点)

  • 「日産キューブ」のCM曲ですが、元々同じレーベル同士のアーティスト。「ライブで共演する時に歌う曲」として誕生しました。綾香のベストアルバム「ayaka’s History 2006-2009」とコブクロのベストアルバム「ALL SINGLES BEST 2」に収録されています。(Yama)

荒井由実|中央フリーウェイ
https://www.youtube.com/watch?v=xAu6XPXzeh8 (YouTube)

松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (通常盤)

新品価格
¥3,053から
(2017/4/28 23:02時点)

  • 新宿から調布方面にドライブする時にタイミングよくラジオからこの曲が流れたらラッキーです。荒井由実の作詞の特長として、写実と抽象が混じる歌詞に昔は違和感を感じましたが、今では素直に受け入れることができるようになりました。(Yama)
  • 新宿に高層ビルが建ち並び始めた頃、首都高速で、八王子から都心に向かう歌とは逆のコースが好きでした。Los Angelesのフリーウエイで、ダウンタウンに向かう景色をいつもだぶらせました。(Hiro)
  • お洒落な曲で、ハイファイセット版も好きです。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・ビークル・ミュージック


紅葉がゆっくりと関東の平野部に進んでいます。
毎年この時期、明治神宮外苑のいちょう並木(いちょう祭り)に寄りますが、今年はまだ「色づき始め」。早かったです。
今週はまだ近郊の「箱根」「相模湖」「河口湖」辺りが見頃のようです。

関東・甲信地方の紅葉情報 – tenki.jp
area_3[3]
関東・甲信地方の紅葉情報

さて、11月の「お気に入り曲」のテーマは、「乗り物」です。
当ブログ執筆者がお勧めするビークル・ミュージック7曲、飛行機、宇宙船、列車の曲をを紹介します。

マントバーニ(Mantovani and His Orchestra)| 魅惑の宵(Some Enchanted Evening)
https://www.youtube.com/watch?v=uFqT3VVRaD0 (YouTube)

マントヴァーニ全集~幻想のムード・ミュージック

新品価格
¥2,097から
(2015/11/18 10:01時点)

  • 乗り物といえば、まず飛行機で、「jetstream」 。城達也のナレーションで、アメリカ、ヨーロッパの景色を音楽を聴きながら想像していました。心に残る番組でした。(Hiro)
  • 私は、最近も週1~2回、大沢たかお機長のJetstreamに搭乗しています。(Yama)

ゴダイゴ|銀河鉄道999
https://www.youtube.com/watch?v=WYZg7tZar10 (YouTube)

「銀河鉄道999」放送30周年記念作品 銀河鉄道999 ソングコレクション

新品価格
¥1,833から
(2015/11/18 10:04時点)


宇宙空間を旅する鉄道には、夢でも乗ってみたいものです。しかも、蒸気エンジンだとしたらベストです。乗り物的には宇宙戦艦「ヤマト」より「999」が好きです。(Koji)
チャド&ジェレミー(Chad and Jeremy)|朝の雨(Early Mornin’ Rain)
https://www.youtube.com/watch?v=h5_sGYoy4Nc (YouTube)

遠い渚(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥1,750から
(2015/11/18 10:05時点)

  • 「9番滑走路のはずれ、大きな707が出発の準備」ボーイング社の最初の大型ジェット旅客機B-707ですね。ゴードン・ライトフット(Gordon Lightfoot)のオリジナルで多くのグループのカバーがありますが、最初に耳にしたチャド&ジェレミーが今でも懐かしいです。(Koji)
  • 「朝の雨」と書いて、「あしたのあめ」という邦題ににしたセンスもすきです!初めて聴いたのは、kojiさんの家でした。私もしっかり「チャド&ジェレミー」でおぼえています。(Hiro)
  • 私もこの曲は大好きです。この曲は「城田じゅんじ(ザ・ナターシャ・セブン)」の「Soft Shoes」というアルバムで聴いたのが今でも印象に残っています。(MAHALO)

ザ・ドゥービー・ブラザーズ(The Doobie Brothers)|ロング・トレイン・ランニン(Long Train Running)
https://www.youtube.com/watch?v=JrsJUsjid-Q (YouTube)

キャプテン・アンド・ミー 対象商品

新品価格
¥1,512から
(2015/11/18 10:06時点)

Doobie Brothers Live at Wolf Trap [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥1,467から
(2015/11/18 10:06時点)

  • 今回のテーマ「乗り物」で真っ先に思いついたのがこの曲です。アルバム「キャプテン・アンド・ミー」で聴くのも良いですが、やはりこの曲はライブのノリで聴くのが最高です。なかでも「ライヴ・アット・ウルフ・トラップ」のBlu-ray盤は画質、音とも良くお勧めで、今でもよく見ています。(MAHALO)

フィフス・ディメンション(The 5th Dimension)|ビートでジャンプ(p, Up and Away)
https://www.youtube.com/watch?v=fDRjiQlNpew (YouTube)

ヴェリー・ベスト・オブ・フィフス・ディメンション

新品価格
¥1,211から
(2015/11/18 10:07時点)

  • 飛行機で思い出すのがこの曲です。今は無き「TWA]や「PAN AM」といった航空会社のCMで使われたのが切っ掛けかもしれませんが、「PAN AM」や日本では「TOKYOエアポート~東京空港管制保安部~」と飛行機がらみのドラマでも使われるなど飛行機といえばこの曲かと思います。久しく飛行機には乗っていませんが。(MAHALO)
  • 「パンナム」は1985年に日本路線を撤退したので、既に郷愁の域に達していますが、この曲はやはり航空業界の代表曲です。(Yama)

バリー・ホワイト&ラブ・アンリミテッド・オーケストラ(BARRY WHITE & Love Unlimited Orchestra)|愛のテーマ(Love’s Theme)
https://www.youtube.com/watch?v=8YS7sWCG_ZE (YouTube)

Rhapsody in White

新品価格
¥504から
(2015/11/18 10:08時点)

  • この曲はキャセイパシフィックのCMに使われた事もあり、旅番組のBGMでもよく耳にするなど、飛行機の定番曲かと思います。聴く度に何処かに行きたくなるのは私だけでしょうか。(MAHALO)
  • 曲のイメージはまさしく「雄大な大空への飛翔」といったところでしょうか。(Koji)

太田裕美|さらばシベリア鉄道
https://www.youtube.com/watch?v=BcHQh6qjyqQ (YouTube)

GOLDEN☆BEST/太田裕美 コンプリート・シングル・コレクション

新品価格
¥2,500から
(2015/11/18 10:10時点)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

思い出のドーナツ盤(7)「ドゥービー・ブラザーズ」~「イーグルス」


思い出のドーナツ盤(6)の続き

今回はアメリカ、ウェスト・コーストを代表するグループの2曲を紹介します。

最初の紹介は「ドゥービー・ブラザーズThe Doobie Brothers)」の「キャント・レット・イット・ゲット・アウェイ (Can’t Let It Get Away)」(1981年)です。

The Doobie Brothersドゥービー・ブラザーズは私が紹介する必要のない今も現役で活躍するアメリカのトップ・グループです。
1969年にシリコン・バレーの中心地であるカリフォルニア州、サンノゼで結成したドゥービー・ブラザーズは、その後バーバンク・サウンドと呼ばれたワーナーと契約、メンバーの入れ替わり(中でもグループの中心ともいえるトム・ジョンストンとマイケル・マクドナルドの2人)などありましたが、数多くのヒット・アルバム、ヒット曲をリリースし、1979年にはアルバム「ミニット・バイ・ミニット」からのシングル・カット曲、「ホワット・ア・フール・ビリーヴス(What A Fool Believes)」が第22回グラミー賞で最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞を獲得するなど、その活躍は皆さんご存知の事と思います。

ウェスト・コースト・ロックで、私が最も聴いたグループがドゥービー・ブラザーズです。
私がドゥービー・ブラザーズを最初に知ったのは高校生でしたが、洋楽を紹介するテレビ番組で聴いた「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」の映像でした。

当ブログでも紹介のように、当時からウェスト・コースト・サウンドは「クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(CCR)」をはじめ色々と聴いていましたが、この曲を初めて聞いた時は衝撃でした。
当時、私の周りはブリティッシュ・ロックが主流だったのか、この曲、このグループをの良さを話しても、誰も見向きもせず、この良さは私だけかとがっかりしたのですが、間もなくイーグルスなどが騒がれ始めると私の周りも一気にウェスト・コースト・サウンドが話題となり、あっという間にドゥービー・ブラザーズ、イーグルスが最高などと言っていた記憶があります。

ドゥービー・ブラザーズの初来日コンサートはまだ高校生でしたが、当時は地方に住み学校が終わってからでは間に合わないと、ズル休みをして武道館に見に行きました。
もちろん泊まるなどは許されすアンコールを聴いてすぐに会場を後にし、帰宅したのも深夜だった思い出があります。

さて今回紹介しますキャント・レット・イット・ゲット・アウェイのレコードですが、ジャケットからもお判りのように、コカコーラ社が1981年に「COCA-COLA スーパー・レコード」という懸賞キャンペーンを実施し、1等がLPレコード、2等がシングルレコードが当たるという内容で、このレコードもその1枚です。

当時の事で応募方法などは忘れましたが、プレゼントの内容はドゥービー・ブラザーズの他に、「アバ」「ノーランズ」「三原順子」「クリスタル・キング」と、当時人気のアーティストのLPレコード、シングル・レコードがラインアップされていました。ただし、当選してもどのアーティストのレコードが届くかはお楽しみというものでした。
残念ながら私は当たらず、後になってシングル、LPとも中古店で探し購入しました。

The Doobie Brothers因みにシングルはこの曲(A面のみ)しか収録されておらず、LPはこの曲の他に「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」、「ロング・トレイン・ランニン」などのヒット曲が収録されたベスト盤となっています。

この曲、キャント・レット・イット・ゲット・アウェイは紹介のようにコカコーラのキャンペーン用として作られたもので、これまでにリリースされたアルバム(スタジオ・レコーディング)には収録されていません。
曲は、「ジョン・マクフィー(John McFee)」、「ニコレット・ラーソン(Nicolette Larson)」、「パット・シモンズ(Patrick Simmons)」作とクレジットされています。
ボーカルはパット・シモンズですが、マイケル・マクドナルド在籍時ということもあり、ロックというよりはAORの雰囲気を持った曲かと思います。

ドゥービー・ブラザーズ (The Doobie Brothers) | キャント・レット・イット・ゲット・アウェイ(Can’t Let It Get Away)
http://www.youtube.com/watch?v=uMZlAleEpNA (YouTube)

 

キャント・レット・イット・ゲット・アウェイ [EPレコード 7inch]

中古価格
¥500から
(2014/6/26 12:51時点)

こちらはレコードです。CDではありません。

唯一、ライブ音源となりますが、1982年に「フェアウェル・ツアー」として開催された解散コンサートの模様を収めた同タイトルのアルバム「フェアウェル・ツアー(Farewell Tour)」に収録されています。

ドゥービー・ブラザーズ (The Doobie Brothers) | Can’t Let It Get Away Live
http://www.youtube.com/watch?v=Pyl55MAWR_s (YouTube)

フェアウェル・ツアー・ライヴ

中古価格
¥2,505から
(2014/6/26 13:30時点)

このアルバムはレコード、CD、LD(レーザーディスク)と購入しました。CDは廃盤となり中古も高価となっていましたが、こちらのBOXで再発売されました。
また、映像もDVDが再発売され、曲数もLDの倍近く収録されていますが、LDと同様にこの曲は収録されいません。

Original Album Series Vol. 2

新品価格
¥1,606から
(2014/6/26 13:38時点)


Eagles続いての紹介は「イーグルスEagles)」の「ふたりだけのクリスマス(Please Come Home For Christmas)」(1978年)です。

ドゥービー・ブラザーズを紹介したとなれば、やはりこのグループ「イーグルス」の紹介となります。

イーグルスも私が紹介する必要のない今も現役で活躍するアメリカのトップ・グループですが、私はドゥービー派だったからかもしれませんが、アルバムを初めて購入したのも「呪われた夜」でした。

もちろんこれだけ人気のグループですのでファースト・アルバムから知ってはいましたが、当時はアルバムではなくシングル・カットされヒットした曲くらいしか聴いていなかったかと思います。
その為かシングル盤としてリリースされたものは殆ど購入し、今回紹介する曲もその1枚です。

この曲はアルバムからのシングル・カットではなくシングルのみのリリースでした。
経緯はわかりませんがこの曲のリリースは1978年と、1976年の名盤「ホテル・カリフォルニア」と、続く1979年の「ロング・ラン」との間ですが、当初1978年にリリース予定のロングランが遅れた事もあり、クリスマスに向けてこの曲だけをリリースしたのかもしれません。
日本での発売も1978年の12月ですが、ジャケットがプールサイドの写真というのも笑えます。

この曲はイーグルスのオリジナルではなく、1950年代のブルースマン、「チャールズ・ブラウン」と「ジーン・レッド」が作った曲のカバーですが、イーグルスのサウンドに仕上がっています。また、B面のファンキー・ニュー・イヤーはドン・ヘンリーとグレン・フライの作品です。

イーグルス(The Eagles) | ふたりだけのクリスマス(Please Come Home For Christmas)
http://www.youtube.com/watch?v=XeShHAZk3to (YouTube)

イーグルス(The Eagles) | ファンキー・ニュー・イヤー(Funky New Year)
http://www.youtube.com/watch?v=vx9VRLBAo2E (YouTube)

ふたりだけのクリスマス

中古価格
¥1,999から
(2014/6/26 13:41時点)

こちらのジャケット写真は、リンク先のAmazon.co.jpで、ご覧いただけます。

一度はCD化されましたが既に廃盤となっており、こちらのベスト盤に収録されています。
また、私はイーグルスのアルバムをCDで全て揃えようと思い、こちらのBOXを購入しました。このBOXには他のアルバムと同じ紙ジャケットでこのシングルが収録されています。

 

The Very Best of the Eagles

新品価格
¥1,597から
(2014/6/26 13:50時点)

こちらのジャケット写真は、リンク先のAmazon.co.jpで、ご覧いただけます。

イーグルス・ボックス

新品価格
¥14,055から
(2014/6/26 13:48時点)

こちらのジャケット写真は、リンク先のAmazon.co.jpで、ご覧いただけます。

季節はこれから夏となり、クリスマス・ソングの紹介というのも季節外れではありますが、「アナと雪の女王」もこの時期の大ヒットという事でご理解ください。

思い出のドーナツ盤(8)へ続く

マイ・フェイバリット・コマーシャル・ソングス


桜季節は「春」。
桜前線は、東北を北上中です。ゴールデンウイーク期間は、北海道でもお花見が楽しめる様子です。

関東では、今日から初夏のような陽気になり、慌てて半袖シャツを引っ張り出しました。

さて、4月の「お気に入り曲」のテーマは「コマソン」「CMソング」です。
当ブログ執筆者4人のお勧めの、コマーシャル・ソングを9曲を、紹介します。

懐かしい楽曲が集まりました。

矢沢永吉|時間よ止まれ
http://www.youtube.com/watch?v=R_z6xEwt8So (YouTube)

矢沢永吉 ALL TIME BEST ALBUM(通常盤)

新品価格
¥3,060から
(2014/4/22 17:20時点)

  • 1978年に資生堂のCMソングに採用されました。そして、昨年再び資生堂のCMソングとして採用されています。この曲を聴くたびに、優雅で、そしてすごく爽やかな夏を感じます。(Hiro)

サム・クック(Sam Cooke)| ワンダフル・ワールド(Wonderful World)
http://www.youtube.com/watch?v=jNO72aCnVr0 (YouTube)

Best of Sam Cooke

新品価格
¥456から
(2014/4/22 17:15時点)

  • 86年にリリース。「リーバイス」のCM。ただ、Sam Cookeの”Wonderful World”は使われなかったとのことです(別人のカバー)。TVコマーシャルではジーンズをはいた男の人の後ろ姿が写つされていて、この曲が流れていた記憶があるのですが・・・(うろ覚えです)。その他にもリーバイスのCMでは、良い曲が使われています。Ben E. KingのStand by MeとPercy SledgeのWhen a Man Loves a Womanです。(Hiro)
  • Sam Cookeは本当に良いですね。この曲もですが、私は「 A Change Is Gonna Come」が大好きです。リーバイスのCMは良い曲が使われています。私のお勧めは、「Hipster Image」の「Make Her Mine」です。(MAHALO)

石川さゆり|ウィスキーが、お好きでしょ
http://www.youtube.com/watch?v=BadhYcdxTXs (YouTube)

石川さゆり ウイスキーが、お好きでしょ カバー 感動の名曲をふたたび ベスト&ベスト SBB-324

新品価格
¥1,000から
(2014/4/22 17:04時点)

  • 「ウイスキーが、お好きでしょ」、石川さゆりが1990年に発表した楽曲です。作詞:田口俊、作曲:杉真理。2007年から、小雪出演のサントリー角瓶のCMソングとして使用されました。竹内まりやも歌っていますが、小雪のCMのこの曲が本当に”ホッ”とします。(Hiro)
  • ウィスキーを飲む機会は減りましたが、こんな誘われ方をされれば断れませんね。(Koji)
  • サントリーウイスキーのCMはたくさん好きな曲が使われています。(Yama)

山下達郎|クリスマス・イブ
http://www.youtube.com/watch?v=UwrAsaS5KbQ (YouTube)

クリスマス・イブ(30th ANNIVERSARY EDITION)(初回盤)

新品価格
¥832から
(2014/4/22 17:03時点)

  • JR東海のCM「クリスマスエクスプレス」のこの曲は、このシチュエーションを含めて一つのロマンですね。(Koji)

ジェリー・ウォレス(Jerry Wallace)|男の世界(Lovers Of The World)
http://www.youtube.com/watch?v=SH4QKICO3iI (YouTube)

僕たちの洋楽ヒット Best Of 60’s 1960~69

新品価格
¥2,150から
(2014/4/22 17:02時点)

  • 丹頂(当時、現社名マンダム)の男性化粧品「マンダム」のCMで知られました。チャールズ・ブロンソンを3万ドル(当時約1000万円)のギャラで起用して一世を風靡しました。演出は今は映画監督として有名な大林宣彦監督だったようです。(Koji)
  • この曲は当時流行り、私もシングル盤で持っていました。チャールズ・ブロンソンを知ったのも映画よりこのCMが先だったと思います。(MAHALO)

キャット・スティーヴンス(Cat Stevens)|雨にぬれた朝(Morning Has Broken)
http://www.youtube.com/watch?v=kKoRp05L95c (YouTube)

Teaser and The Firecat

新品価格
¥644から
(2014/4/22 16:39時点)

  • 現在OA中のエネオス(ENEOS)の企業CM「これからの日本とエネルギー」で流れている、キャット・スティーヴンスの邦題「雨にぬれた朝」です。CMは残念ながらオリジナルではありませんが、この曲は当時ヒットしよく聴きました。今もですが。ちなみに、ピアノはイエス(YES)のリック・ウェイクマンです。(MAHALO)

ジャニス・イアン(Janis Ian)|17才の頃(At Seventeen)
http://www.youtube.com/watch?v=EulW8aezt18 (YouTube)

Between the Lines

新品価格
¥352から
(2014/4/22 16:38時点)

  • 現在OA中のSOFTBANKのCMで、吉永小百合さんが樹木 希林さんとスマートフォンについて会話する一連のCMで流れる曲がジャニス・イアンの邦題「17才の頃」です。ジャニス・イアンを最初に聴いた曲は「恋は盲目(ラヴ・イズ・ブラインド)」でしたが、この曲も大好きで結構聴きました。(MAHALO)
  • 若さの憂いを感じる曲ですね。(Hiro)
  • 吉永小百合はどんなに歳を重ねても醸しだす雰囲気は抜群です。そんな彼女にピッタリの曲だと思います。(Koji)

ドゥービー・ブラザーズ(The Doobie Brothers)|ホワット・ア・フール・ビリーヴス (What A Fool Believes)
http://www.youtube.com/watch?v=QTF_tTKRdb0 (YouTube)

Minute By Minute

新品価格
¥352から
(2014/4/22 16:38時点)

  • 現在OA中のTOYOTAの「TOYOTOWN ジーンズデイ篇」で流れている曲です。木村拓哉出演のCMです。ドゥービー・ブラザーズは、マイケル・マクドナルドの参加についてはファンでも賛否あるかもしれませんが、私は初期はもちろん、この曲の頃も大好きです。この人のボーカルもですが、この曲は名曲だと思います。(MAHALO)

斉藤哲夫|今の君はピカピカに光って
http://www.youtube.com/watch?v=vrEGjyM-ty0 (YouTube)

君のひとみは10000ボルト~ONアソシエイツ CM WORKS プロデューサーズ・チョイス Vol.3

新品価格
¥2,697から
(2014/4/22 16:37時点)

  • 「Minolta X7」CM使用曲。宮崎美子のCMデビューが、これでした。前年に週刊朝日の表紙モデルになり、その時のカメラマン篠山紀信に誘われたそうです。当時まさに、ピカピカに光っている印象でした。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)