タグ別アーカイブ: ScottMcKenzie

想い出の地・サンフランシスコ


先日、サンフランシスコに1年半住んでいた方と話をしたら、サンフランシスコがとても懐かしくなりました。
私が以前勤務していた会社の本社は、サンフランシスコから自動車で南に2時間位の場所にあるサンタクルーズの隣町にありました。サンフランシスコには出張で行くこともあり、いろいろ想い出が多い街です。
ホテル「ウェスティン・セントフランシス・サンフランシスコ・ユニオンスクエア」のバーでドライ・マティーニを飲むと、何か大人の洒落た男になれたような気分になる…と思い込んだりしまして。

その時、当然、口ずさむのが、アメリカ西海岸「サンフランシスコ」~「ロサンゼルス」で紹介した「想い出のサンフランシスコ」(I Left My Heart in San Francisco) です。

トニー・ベネット(Tony Bennett)|「想い出のサンフランシスコ」(I Left My Heart in San Francisco)
https://www.youtube.com/watch?v=SC73kdOL5hk (YouTube)

I Left My Heart in San Francisco (Classic Album – Gold Edition)

新品価格
¥600から
(2018/5/18 19:56時点)

トニー・ベネットが最初に歌ったのが、1961年12月、サンフランシスコにあるフェアモント・ホテル(Fairmont San Francisco)の「ベネチアンルーム」との事です。そして、ベネットがこの曲について「この曲のおかげで私は世界市民となれた。この曲のおかげで、世界中どこに行っても働いて歌うことが可能となった。この曲のおかげで私は生きていくことができたのだ。この曲は私の人生すべてを変えてしまった」と話しています。
もちろん、多くのアーティストがカバーしています。フランク・シナトラ、ジュリー・ロンドン、ブレンダ・リー、ペギー・リー、イタリア人歌手ミーナ、など。

サンフランシスコは、市内に起伏が多く、車の運転も私のようなものには結構難しいところです。その起伏にそって色とりどりの小じんまりした家並みが、まるでお伽の国のようにファンタジックです。そして、ゴールデンゲートブリッジ、フィッシャーマンズワーフ、もちろん、路面ケーブルカー、といった観光スポットにも事欠きません。また、「卒業」、「ブリット」、「ダーティハリー」で、市内は映画ロケ地としてよく知られています。

そして、この曲も、すぐに思い出しますし、カラオケで良く歌います。

スコット・マッケンジー(Scott McKenzie)|花のサンフランシスコ(San Francisco)
https://www.youtube.com/watch?v=bch1_Ep5M1s (YouTube)

花のサンフランシスコ(ヴォイス・オブ・スコット・マッケンジー)(紙ジャケット仕様)

中古価格
¥3,800から
(2018/5/18 19:57時点)

スコット・マッケンジーが1967年にリリースした楽曲です。「モントレー・ポップ・フェスティバル」のプロモーションのためにつくられました。
この時代、米国では、ヒッピー文化(反戦を掲げた若者文化、自然と愛と平和とセックスそしてと自由)でおおわれていました。サイケ、マリファナ、そして、スローガンとして「Love and Peace」、「武器ではなく花を」と。その発祥はサンフランシスコからだと言われています。

そして、音楽も「フラワーミュージック」と言われ、原題が「San Francisco」であるこの曲は、日本では「花のサンフランシスコ」という曲名で有名でした。

ちなみに、このモントレー・ポップ・フェスティバル」には、

  • ママス&パパス
  • アソシエイション
  • エリック・バードン&ジ・アニマルズ
  • サイモン&ガーファンクル
  • バーズ
  • ジェファーソン・エアプレイン
  • オーティス・レディング
  • バッファロー・スプリングフィールド
  • ザ・フー
  • ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス
  • ママス&パパス

などのメンバーが出演していました。

この頃、深夜放送が大きなブームで、「パックインミュージック」(TBSラジオ)、「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)、「セイ!ヤング」(文化放送)で、良く聴いていたたミュージシャンたちです。

サンフランシスコといえば、「サンフランシスコ・ベイ・ブルース」も馴染み深い一曲です。
この曲は、1954年にジェシー・フラー(Jesse Fuller)によってレコーディングされ、 “Working On The Railroad” という6曲入りのレコードに収められていました。

ジェシー・フラー(Jesse Fuller)|サンフランシスコ・ベイ・ブルース(San Francisco Bay Blues)
https://www.youtube.com/watch?v=uBME_J0pf3o (YouTube)

San Francisco Bay Blues

新品価格
¥989から
(2018/5/18 20:02時点)

ジェシー・フラーは 12弦ギター、ハーモニカ、ハイハット、ベース、ピアノなどを一緒に弾く、「ワンマンバンド」のユニークなミュージシャンでした。多重録音の技術も無い時代だったので、一人で全ての音を一度に出していました。ハーモニカはフォークの世界へと引き継がれていますが。すごいです。

その後、ボブ・ディラン(Bob Dylan)、ピーター・ポール&マリー(PP&M)、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)、エリック・クラプトンEric Clapton) が歌っています。

エリック・クラプトン(Eric Clapton)|サンフランシスコ・ベイ・ブルース(San Francisco Bay Blues)
https://www.youtube.com/watch?v=1SzP3_K_7EE (YouTube)

Unplugged: Expanded & Remastered (2cd/DVD)

新品価格
¥2,004から
(2018/5/18 20:00時点)

マイ・フェイバリット・フラワー・ミュージック2017


今年も「サボテンの花」が5月21日に咲きました。

5月21日(日)午後3時過ぎ、群馬県館林市で35.3度を記録し、今シーズン初の猛暑日になりました。

また、5月20日(土)~5月23日(火)に、4日連続で真夏日を記録したところがあります。

梅雨前に、季節先取りの真夏の陽気です。

5月以降も、最高気温が平年よりも高い状態が続くようです。

水分をこまめに補給し、室内ではカーテンで日差しを遮り、冷房を適切に利用し、熱中症にご注意ください。

5月初 前橋や福島で4日連続真夏日(日直予報士) – 日本気象協会 tenki.jp
5月初 前橋や福島で4日連続真夏日(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp

5月のテーマは、4年ぶりの「花」「フラワー」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「花」に関する8曲を紹介します。

チューリップ|サボテンの花
https://www.youtube.com/watch?v=NQqzxcZxdPI (YouTube)

サボテンの花

新品価格
¥2,680から
(2017/5/23 23:26時点)

  • 花が主題ではなく、失恋の歌ではありますが、メロディと財津和夫の歌声が何か”ほっと”する癒やし感を与えてくれます。よくカラオケで歌います。(Hiro)
  • 5月になると毎年玄関ポーチ脇にあるサボテン群生の花が咲きます。その時、頭の中で「サボテンの花」が流れます。(Yama)

ザ・キングストントリオ(The Kingston Trio)|花は何処へ行った(Where have all the flowers gone?)
https://www.youtube.com/watch?v=fi0dPoG4y9U (YouTube)

花はどこへ行った+3 [EPレコード 7inch]

  • ピート・シーガーのオリジナル曲ですが、ピーター・ポール&マリー、ブラザース・フォアなどフォークのグループの代表曲となっています。学生の頃ギターを持つと必ず弾き語った曲です。(Hiro)
  • 「花」がテーマの反戦歌の代表曲ですね。合わせて「ザ・フォーク・クルセダーズ|戦争は知らない(作詞:寺山修司)」がリンクします。(Koji)

yanokami|ばらの花
https://www.youtube.com/watch?v=oPQ44DL3ztc (YouTube)

yanokamick-yanokami English version-

新品価格
¥1,792から
(2017/5/23 23:34時点)

  • 矢野顕子とレイ・ハラカミによるユニット「yanokami」による「くるり|ばらの花」のカバー曲です。レイ・ハラカミは2011年7月に急逝しましたが、彼の残した打ち込みデータによりyanokamiの活動は健在です。この映像は2012年7月に行われたタブラ(インドの民族楽器)奏者ユザーンとの共演の様子です。(Koji)

スコット・マッケンジー(Scott McKenzie)|花のサンフランシスコ(San Francisco)
https://www.youtube.com/watch?v=iBuZhCMp2g8 (YouTube)

花のサンフランシスコ(ヴォイス・オブ・スコット・マッケンジー)(紙ジャケット仕様)

中古価格
¥2,450から
(2017/5/23 23:35時点)

  • この曲と併せて「ママス&パパス|夢のカリフォルニア」が聴きたくなります。(Koji)
  • サンフランシスコは何度か行きましたが思い出深い街ですね。この曲を聴くとその当時を思い出します。(MAHALO)

セシリオ&カポノ(Cecilio & Kapono)|サンフラワー(Sunflower)
https://www.youtube.com/watch?v=m0auX2FdZ6I (YouTube)

Cecilio & Kapono

新品価格
¥1,264から
(2017/5/23 23:36時点)

  • ハワイを代表するセシリオ&カポノの「Sunflower(ひまわり)」は、曲の良さはもちろんですが、二人のハーモニーが癒されます。どことなくボズ・スギャックスではありますが。(MAHALO)
  • なるほど。確かにボズ・スギャックス感があります。(Yama)

Chickenshack(チキンシャック)|Flowers For Lena -Dedicated to LENA-Chan-
https://www.youtube.com/watch?v=zESXiMtnw6Q (YouTube)

PRIME TIME

中古価格
¥2,399から
(2017/5/23 23:36時点)

  • 「チキンシャック」のファーストに収録のこの曲は、「土岐英史」さんのサックスが心地よいです。もちろん「山岸潤史」のギターもですが…。ファーストで聴くのも良いのですが、六本木ピット・インでのライブ・アルバムでは倍近い演奏を披露しておりお勧めです。(MAHALO)
  • 土岐英史いいですね。竹内まりやの武道館での「駅」のエンディング、本当にジーンときます。最近は、お茶の水”NARU”での中島あきはとのライブ聴きにいきました。(Hiro)

サンタナ(Santana)|ムーン・フラワー(Moonflower)
https://www.youtube.com/watch?v=x5b3VBUW2ok (YouTube)

Moonflower

新品価格
¥1,743から
(2017/5/23 23:37時点)

  • 「Moonflower」、日本では「夜顔」という花の名この曲は「哀愁のヨーロッパ」とともによく聴きました。どなたかが、「サンタナ流ムード演歌」などと書かれていましたが、確かに日本ではシングル盤としてリリースされたのもがわかります。(MAHALO)
  • ”夜顔”題名がいいですね。サンタナ最近聴いていませんでしたが、やっぱりいいなあ。(Hiro)

一青窈|ハナミズキ
https://www.youtube.com/watch?v=TngUo1gDNOg (YouTube)

ヒトトウタ

新品価格
¥2,200から
(2017/5/23 23:39時点)

  • 庭先のハナミズキは数年前に枯れてしまいましたが、この曲は永遠です。(Koji)
  • 5月、特に母の日前後に、ラジオから盛んに流れます。以前にの勤務地近くの虎の門病院に、見事な枝ぶりのハナミズキがありました。しかし、新虎通り(環状第二号線)の新設で、撤去されてしまったようです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

サーフ・ミュージックといえば「ザ・ビーチ・ボーイズ」


サーフ・ミュージックとは、ジャック・ジョンソン(Jack Johnson)のアコースティックギターのスローなゆったりとした音楽や、 健康や環境テーマのロハスな音楽をいいます。

ザ・ビーチ・ボーイズThe Beach Boys)が1988年にヒットさせた、「ココモ」(Kokomo)も、「サーフ・ミュージック」として有名な曲です。トム・クルーズ主演の映画「カクテル」の主題歌です。
この「ココモ」は、ザ・ビーチ・ボーイズのメンバー、「マイク・ラヴ」(Mike Love)、プロデューサーの「テリー・メルチャー」(Terry Melcher)、元ママス&パパスの「ジョン・フィリップス」(John Phillips)、1967年にそのジョン・フィリップスが書いた「花のサンフランシスコ」(San Francisco (Be Sure to Wear Flowers in Your Hair))が大ヒットした「スコット・マッケンジー」(Scott McKenzie)の4人が共作した曲です。
タイトルの「ココモ」とは、ジャマイカのリゾート地のことです。南国テイストと「ザ・ビーチ・ボーイズ」の独特のサウンドで癒される曲です。

ザ・ビーチボーイズ(The Beach Boys)|ココモ(Kokomo)
http://www.youtube.com/watch?v=KNZVzIfJlY4 (YouTube)

Cocktail (1988 Film)

新品価格
¥465から
(2014/4/24 15:29時点)

カクテル [DVD]

新品価格
¥886から
(2014/4/24 15:27時点)

この「ココモ」は、ザ・ビーチ・ボーイズにとって、1966年の大ヒット曲「グッドバイブレーション」以来、久々のヒット曲でした。

ザ・ビーチ・ボーイズは、1961年に結成されました。
私が最初にビーチボーイスで好きになった曲は、1963年発売の「サーファー・ガール」(Surfer Girl)です。
サーファー・ガールはザ・ビーチボーイズのリーダー「ブライアン・ウィルソン」(Brian Wilson)がプロデュースした最初のアルバムです。

ザ・ビーチボーイズ(The Beach Boys)|サーファー・ガール(Surfer Girl)
http://www.youtube.com/watch?v=HGjky5U64LM (YouTube)

Surfer Girl / Shut Down 2

新品価格
¥650から
(2014/4/24 15:35時点)

「サーファー・ガール」は、アメリカ西海岸の燦々と降り注ぐ陽光、その陽光の下で若い男女が「サーフィン」に興じて、海と一体となっている、その若さ一杯の「パノラマ」を独特の「音楽」として表していると思います。1960年初期の音楽シーンに大きなインパクトを与えました。
1960年に入り、イギリスでは「ビートルズ」が登場し、そして、アメリカではこのロックン・ロールを新しい「インスト+グルーヴィ」な感じのロックへと進化させたザ・ビーチボーイズが登場しました。

このほかにも、ヒット曲は、「スループ・ジョン・B」「サーフィン・USA」「ファン・ファン・ファン」「グッド・バイブレーション」「ユー・アー・ソー・ビューティフル」など数多くあります。

ちょっと話はそれますが、「ジャンとディーン」というグループの曲「パサディアナのおばーちゃん」(1964年発売)は、ザ・ビーチ・ボーイズの曲ではないか、と思うくらい感じが似ており、この「ジャンとディーン」とザ・ビーチ・ボーイズの間には、面白いエピソードがあります。
「ジャンとディーン」がブライアン・ウィルソン邸を訪れた時、ブライアンはリトル・リチャードの「Sweet Little Sixteen」を弾いていました。ただ、「歌詞」はオリジナルとは全く異なるものでした。
それが気に入った「ジャンとディーン」はブライアンに、「是非その歌を唄わせて欲しい」と頼みました。しかし、ブライアンには「これはザ・ビーチ・ボーイズが唄う曲だ」と断られてしまいます。
その歌こそ、ザ・ビーチ・ボーイズの代表曲「サーフィン・USA」でした。

1966年発表のアルバム「ペット・サウンズ」の中に、恋する二人の本当にロマンティックな「恋する人と結婚し、共に暮らせたら素敵じゃないか」と言う歌詞の甘い曲があります。

ザ・ビーチボーイズ(The Beach Boys)|素敵じゃないか(Wouldn’t It Be Nice)
http://www.youtube.com/watch?v=vdc0-xt1IfY (YouTube)

素敵じゃないか

新品価格
¥880から
(2014/4/24 15:37時点)

陽だまりの彼女 DVD スタンダード・エディション

新品価格
¥3,036から
(2014/4/24 15:40時点)

この「素敵じゃないか」は、越谷オサムの原作で、松本潤と上野樹里の主演で映画化された「陽だまりの彼女」のテーマソングになっていました。

ザ・ビーチボーイズの曲は、年を重ねながら、その都度ふと聴くと、その独特のハーモニー、サウンドに何とも言えない「若さ」を感じさせる癒しがあります。また、これからも聴き続けていくと思います。

ヒッピーとフーテンの寅さん(1)


バークリー音楽大学があるボストンのマサチューセッツ州をタイトルにしたビージーズ(Bee Gees)のヒット曲があります。
1963年にオーストラリアでデビューし人気を得ていたビージーズが、世界デビューを果たした1967年の「マサチューセッツ(原題:Massachusetts)」です。
この曲は13行の短い歌詞で成り立っています。

Feel I’m goin’ back to Massachusetts,
Something’s telling me I must go home.
And the lights all went out in Massachusetts
The day I left her standing on her own.

Tried to hitch a ride to San Francisco,
Gotta do the things I wanna do.
And the lights all went out in Massachusetts
They brought me back to see my way with you.

Talk about the life in Massachusetts,
Speak about the people I have seen,
And the lights all went out in Massachusetts
And Massachusetts is one place I have seen.

I will remember Massachusetts.

ヒッチハイクで東海岸のマサチューセッツから西海岸のサンフランシスコ(カリフォルニア州)に向かった若者が、その故郷や残してきた恋人を懐かしんで、「マサチューセッツを忘れられない」と歌い上げます。
ビージーズの歌声と共に、その詩をビジュアル化して聴いてみて下さい。

Bee Gees|Massachusetts (with Lyrics)
http://www.youtube.com/watch?v=UxHI7HWT0bA (YouTube)

同じ1967年、当時のサンフランシスコの様子を歌った曲に、「スコット・マッケンジー(Scott McKenzie、1939年-2012年)|花のサンフランシスコ(原題:San Francisco)」があります。

Scott McKenzie|San Francisco
http://www.youtube.com/watch?v=bch1_Ep5M1s (YouTube)

If you’re going to San Francisco
Be sure to wear some flowers in your hair
If you’re going to San Francisco
You’re gonna meet some gentle people there
・・・・・・

こちらは、「サンフランシスコへ行くなら、髪に花を挿しなさい。優しい人達に会えるでしょう。」と、平和と愛を求めて自由な暮らしをする「ヒッピー(Hippie)」の賛歌とも云える内容です。

もう1曲は、この曲の作者でもある、ジョン・フィリップス(John Phillips、1935年-2001年)がリーダーの「ママス&パパス(The Mamas & the Papas)|夢のカリフォルニア(California Dreamin’)」です。

ママス&パパス|夢のカリフォルニア
http://www.youtube.com/watch?v=CIrUwZmueJE (YouTube)

All the leaves are brown and the sky is gray
I’ve been for a walk on a winter’s day
I’d be safe and warm if I was in L.A.
California dreamin’ on such a winter’s day
・・・・・・

この映像は1967年に開かれたモントレー・ポップ・フェスティバル(Monterey Pop Festival)に於けるもののようです。冒頭は近くのサンフランシスコの空港に降りるボーイングB727で始まります。
その詩は「葉は枯葉色、空は灰色、冬の日に散歩なんて。もしロサンゼルスなら暖かいだろう。そんな冬の日にカリフォルニアを夢見る。」と歌っています。
想像するに、ロサンゼルスに移住前のママス&パパスが居た、ニューヨークにおける景色を描いている気がします。

これらのヒッピー・ムーブメント時代の代表曲を、彼らのベスト盤CDで聴き比べるのも良いでしょう。

Bee Gees|Ultimate Bee Gees: The 50th Anniversary Collection

Ultimate Bee Gees: The 50th Anniversary Collection

新品価格
¥1,091から
(2013/2/15 11:30時点)


Scott McKenzie|San Francisco

San Francisco

新品価格
¥309から
(2013/2/15 11:31時点)


The Mamas & the Papas|MAMAS AND PAPAS BEST OF

MAMAS AND PAPAS BEST OF

新品価格
¥370から
(2013/2/15 11:32時点)


ママス&パパスやスコット・マッケンジーは、MAHALOさんのダンヒル・サウンドにも登場しています。

春も近づき、そんなカリフォルニアを想像していたら東海岸には歴史的なブリザードが襲来しました。先日のABCニュースです。

Blizzard 2013: Boston Families Brace for Extreme Weather
http://www.youtube.com/watch?v=uore2cCdo60 (YouTube)

という訳で、寅さんの待つ日本(葛飾柴又)へはもう少し時間が掛かります。

ヒッピーとフーテンの寅さん(2)へ続く