タグ別アーカイブ: Rock

<おくやみ>米ロックミュージシャンのプリンスさんが死去「レッツ・ゴー・クレイジー」「パープル・レイン」


ロックミュージシャンのプリンスさんが、2016年4月21日、米ミネソタ州チャナッセンの自宅兼スタジオで亡くなりました。57歳でした。

プリンス急死、スタジオで倒れたまま還らず 57歳(CNN.co.jp)

「パープル・レイン」「ビートに抱かれて」など数々のヒット曲を生み出した米ミュージシャン、プリンスことプリンス・ロジャーズ・ネルソンさんが21日、米ミネソタ州の自宅兼スタジオで急死した。57歳だった。
ミネソタ州カーバー郡の保安官によると、プリンスさんは同日午前、チャナッセンにあるペイズリーパーク…

1978年にデビューし、1982年のアルバム「1999」が大ヒットし、マイケル・ジャクソンと同じ時代に大スターになりました。

1984年、プリンス自身が主演した伝記的映画「パープル・レイン」とそのサウンドトラックが大ヒットし、アカデミー賞の「歌曲・編曲賞」と、グラミー賞の「最優秀サウンドトラック・アルバム作曲賞」を受賞しました。

Purple Rain (1984 Film)

新品価格
¥786から
(2016/4/28 14:46時点)

プリンス/パープル・レイン [DVD]

新品価格
¥1,021から
(2016/4/28 14:45時点)

その後、映画「バットマン」のサウンドトラックを担当し、「マドンナ」との恋愛が噂されました。

全盛期後は、一時期改名をしましたが、2001年からは再び「プリンス」に名前を戻して活動を続け、リズム・アンド・ブルース部門で再びグラミー賞を3度受賞しました。

謹んで、哀悼の意を表します。

(編集長)

グラミー賞受賞歴
作品 受賞部門*
第27回グラミー賞(1985年) パープル・レイン(Purple Rain) 最優秀サウンドトラック・アルバム作曲賞 映画、テレビ、その他映像部門
最優秀ロック・パフォーマンス賞 ヴォーカル入りデュオまたはグループ部門
チャカ・カーン(Chaka Khan)|フィール・フォー・ユー(I Feel for You) 最優秀女性リズム・アンド・ブルース・ヴォーカル・パフォーマンス賞
第28回グラミー賞(1986年) キス(Kiss) 最優秀ロック・パフォーマンス賞 ヴォーカル入りデュオまたはグループ部門
第47回グラミー賞(2005年) ミュージコロジー(Musicology) 最優秀トラディショナル・リズム・アンド・ブルース・ヴォーカル・パフォーマンス賞
コール・マイ・ネイム(Call My Name) 最優秀男性リズム・アンド・ブルース・ヴォーカル・パフォーマンス賞
第50回グラミー賞(2007年) フューチャー・ベイビー・ママ(Future Baby Mama) 最優秀男性リズム・アンド・ブルース・ヴォーカル・パフォーマンス賞

注* 部門名はWikiPediaの表記に準じました。

The Very Best of Prince

新品価格
¥1,263から
(2016/4/28 14:47時点)

Ultimate

新品価格
¥1,350から
(2016/4/28 14:50時点)

【追悼】プリンス

マイ・フェイバリット・ドリンク・ミュージック


ウイスキーのボトル暖冬傾向から一転、寒気到来とお騒がせな南岸低気圧の影響で、通勤・通学時間帯を大雪が襲った、今週の始まりでした。
1月21日(木)に二十四節気の「大寒」を迎え、「寒の内」真っ最中です。

さて、1月のお気に入り曲のテーマは、「飲み物」です。
一年で一番寒い時期を迎えました。飲み物をお供に、寒さ対策を行い、ご自愛ください。

当ブログ執筆者がお勧めするウイスキー、コーラ、カクテル、カフェの曲を紹介します。

石川さゆり|ウイスキーが、お好きでしょ
https://www.youtube.com/watch?v=3hsBjMToP5I (YouTube)

石川さゆり 感動の名曲をふたたび 恋しくて ウイスキーが、お好きでしょ テネシー・ワルツ 逢いたくて逢いたくて 君恋し 私の青空 すみれの花咲く頃 花 愛燦燦 つぐない いい日旅立ち 雪の降る町を SBB-324

新品価格
¥970から
(2016/1/20 18:25時点)

  • 小雪のサントリー角瓶のCMソング。映像と曲がぴったりで、酒はこういう雰囲気で飲みたいと思った。作曲の杉真理を始めは女性と思っていました。(Hiro)

高木麻早|コーラが少し
https://www.youtube.com/watch?v=cn_f-Y2B46E (YouTube)

ポプコン・マイ・リコメンド 高木麻早

新品価格
¥1,837から
(2016/1/20 18:26時点)

  • 「ひとりぼっちの部屋」と共に、青春時代の懐かしい曲です。(Koji)

荒井由実(松任谷由実)|海を見ていた午後
https://www.youtube.com/watch?v=hb8GK-f3b_s (YouTube)

松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (通常盤)

新品価格
¥3,084から
(2016/1/20 18:27時点)

  • 横浜の山手のレストラン「ドルフィン」は一度行ってみたい場所ですね。注文するのはやはり「ドルフィンソーダ(800円?)」でしょうか。(Koji)
  • 山手のドルフィン、懐かしいです!三浦岬は見えなかったです。(Hiro)
  • 「中央フリーウェイ」もそうですが、荒井由実の写実と抽象が混じる歌詞に、昔は違和感がありましたが、今では素直に受け入れることができるようになりました。(Yama)

ルパート・ホルムズ (Rupert Holmes)|エスケイプ (Escape (Pina Colada Song))
https://www.youtube.com/watch?v=7hf8BJVwdnY (YouTube)

パートナーズ・イン・クライム

新品価格
¥1,558から
(2016/1/20 18:28時点)

  • AORの定番と言えるルパート・ホルムスの大ヒット曲です。倦怠期を迎えた男性が新聞に書かれた「ピニャ・コラーダの好きな方を探しています」という女性の広告を見つけ、それを切っ掛けに新たな恋を求めて逢う事となるのですが、その結末は…。テレビ・ドラマで見たような歌詞ではありますが。(MAHALO)

ジェフ&マリア・マルダー(Geoff & Maria Muldaur)|ブラジル(Brazil)
https://www.youtube.com/watch?v=urN7Pdzw5Cs (YouTube)

ポテリィ・パイ

新品価格
¥1,234から
(2016/1/20 18:29時点)

  • ウィスキーのCMソングは名曲ばかりですが、私が真っ先に思いついたのがこの曲です。ずいぶん昔のCMではありますが。CMではイントロの口笛の部分が使われました。(MAHALO)
  • 映画「未来世紀ブラジル」は、なんとも不思議な映画でした。(Yama)

デュラン・デュラン(Duran Duran)|プリーズ・テル・ミー・ナウ(Is There Something I Should Know ?)
https://www.youtube.com/watch?v=3M0hogZyRyU (YouTube)

グレイテスト <ウルトラ・ベスト 1200>

新品価格
¥1,295から
(2016/1/20 18:30時点)

  • デュラン・デュランがサントリーのウィスキー「Q」のCMに出演していました。この頃、デビッド・ボウイは、宝酒造の焼酎「純」のCMに出演していました。(Yama)
    デュラン・デュラン(Duran Duran)|サントリー「Q」
    https://www.youtube.com/watch?v=ki3dBxFjeYk

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・ライブ・ミュージック2015


金木犀

金木犀

秋の大型連休中は天気に恵まれました。
しかし、天気はゆっくり下り坂。
連休中続いたさわやかな秋晴れは続かず、今日からは雲が増えて、今度の週末は雨が降る所があります。

この時期の街中の香りの定番は金木犀。甘い香りが、心地よく、心を躍らせます。
そして音楽ライブも、同じく心が躍ります。臨場感のあるライブ録音が好きです。

9月の「お気に入り曲」のテーマは、「ライブ・ミュージック」です。
当ブログ執筆者がお勧めするライブ音楽8曲を紹介します。

吉田拓郎・中島みゆき|永遠の嘘をついてくれ
https://www.youtube.com/watch?v=f5QVTMyPweE (YouTube)

Long time no see

新品価格
¥2,878から
(2015/9/23 17:09時点)

  • 「つま恋2006年 ライブ」です。何度みてもいいですね。中島の登場と袖にへの引き方、白いシャツにジーンズ。そして、ハイタッチ。もちろん、拓郎の紹介の仕方も。(Hiro)
  • この曲に込められた色々な想いが何であったかは分かりませんが、中島みゆきの登場から退場までの一つひとつの動作が印象的でした。(Koji)

ザ・タイガース|タイム・イズ・オン・マイ・サイド
https://www.youtube.com/watch?v=u-8fQvi06-U (YouTube)

ザ・タイガース・フィナーレ

新品価格
¥1,796から
(2015/9/23 17:10時点)

  • 銀座ACB、新宿ラセームなどの「ジャズ喫茶」で何度も聴いた曲。(Hiro)
  • ローリング・ストーンズの曲では失神曲の定番として「テルミー」当たりも懐かしいですね。GS全盛時代でした。(Koji)

エヴァ・キャシディ&ケイティ・メルア(Eva Cassidy & Katie Melua)|ワンダフル・ワールド(What A Wonderful World)
https://www.youtube.com/watch?v=cFoXcO8llNI (YouTube)

What a Wonderful World

新品価格
¥3,889から
(2015/9/23 17:11時点)

Live at Blues Alley

新品価格
¥1,420から
(2015/9/23 18:21時点)

  • アメリカの歌手で1996年に33歳の若さで亡くなったエヴァ・キャシディ(Eva Cassidy)と1984年にジョージア(グルジア)生まれたケイティ・メルア(Katie Melua)では直接的な交流はあったわけでは無いでしょう。エヴァが亡くなった1996年の1月に行われた貴重なライブ音源「Live at Blues Alley」とその映像が残っていたのが、この二人の共演を可能にしたと思います。(Koji)

ボストン(Boston)|宇宙の彼方へ(More Than A Feeling)
https://www.youtube.com/watch?v=8e_AMqj0hNY (YouTube)

幻想飛行

新品価格
¥1,638から
(2015/9/23 17:12時点)

LIFE, LOVE & HOPE

新品価格
¥1,382から
(2015/9/23 18:27時点)

  • 久々のニューアルバム「LIFE, LOVE & HOPEを引っ提げて、新メンバーで昨年世界ツアーを行ったボストンですが、結局のところ最初のアルバムに原点回帰してしまいます。(Koji)

ジプシー・キングス(Gipsy Kings)|インスピレイション(Inspiration)
https://www.youtube.com/watch?v=xtm-joiw2sY (YouTube)

ザ・ベスト・オブ・ジプシー・キングス

新品価格
¥2,220から
(2015/9/23 17:13時点)

究極ベスト~エッセンシャル・ジプシー・キングス

新品価格
¥2,700から
(2015/9/23 18:19時点)

  • 最近は何故か芋洗坂係長の「ぼらーれ」の印象が強いジプシー・キングスですが、鬼平犯科帳のエンディングで流れるこの曲は秀逸です。10月には14年振りとなる来日公演があります。併せて「究極ベスト~エッセンシャル・ジプシー・キングス」も発売予定です。(Koji)
  • 鬼平犯科帳のエンディング、いいですね。(Hiro)

デイブ・グルーシン/リー・リトナー(Dave Grusin / Lee Ritenour)|ナイトリズム(Night Rhythms)
https://www.youtube.com/watch?v=eGUZSNOGiFo (YouTube)

Live At The Jakarta – International Java Jazz Festival 2013

新品価格
¥2,141から
(2015/9/23 17:13時点)

  • 東南アジア最大級の音楽イベントとして知られる“Jakarta International Java Jazz Festival(ジャワ・ジャズ・フェスティバル)”は、毎年多くの著名なアーティストの参加で有名です。2013年は私の大好きな「デイブ・グルーシン」と「リー・リトナー」が出演しましたが、最近になってその模様がCDとDVDでリリースされCDは購入しました。紹介の曲はライブの1曲目で、リトナーの「Festival」というアルバムに収録された曲です。4人編成ですが、ベース、ドラムも上手いです。このライブはお勧めです。(MAHALO)

リチャード・ティー(Richard Tee)|ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド(That’s The Way Of The World)
https://www.youtube.com/watch?v=YJI-5PRHfPw (YouTube)

リアル・タイム・ライヴ・イン・コンサート1992~イン・メモリー・オブ・リチャード・ティー

新品価格
¥6,526から
(2015/9/23 17:14時点)

  • 今は亡き「リチャード・ティー」が、アルバム「Real Time」の発売を記念して1992年に東京で開催されたライヴからの1曲です。アルバムでも1曲目に収録されたこの曲は「アース・ウィンド&ファイアー」のヒット曲としてご存知かと思います。参加ミュージシャンも「スティーブ・ガッド」、「ラルフ・マクドナルド」をはじめニューヨークのトップ・ミュージシャンばかりです。また、この模様もCDでリリースされました。このライブはお勧めです。(MAHALO)
  • 「暗黒への挑戦」EW&Fバージョンは良く聴きました。なるほど、カバーでしたか。(Yama)

Superfly|Beautiful
https://www.youtube.com/watch?v=QfukRNFxc1E&t=3m (YouTube)

WHITE(初回生産限定盤)(2CD)

新品価格
¥3,600から
(2015/9/23 17:15時点)

  • この夏、一番多く聴いた曲がこの「Superfly|Beautiful」です。特にライブ映像音源だと、パワフルで声量のある歌声のボリューム感が強くなります。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

アメリカ西海岸「サンフランシスコ」~「ロサンゼルス」


8月の始めに、友人と、サンフランシスコ、ラスベガス、ロサンゼルスとアメリカ西海岸を旅行してきました。サンフランシスコが14年ぶり、ラスベガスが20年ぶり、ロサンゼルスが4年ぶりと、久しぶりのアメリカ西海岸の旅でした。
サンフランシスコには、以前勤務していた会社の本社がサンフランシスコの南西に車で約1時間のサンタクルズの手前の町にあって、結構本社出張で来ていました。今回も元会社の同僚何人かと会うことができました。
サンフランシスコというと、すぐ、口ずさむのは、やはり、「想い出(霧)のサンフランシスコ」です。

トニー・ベネット(Tony Bennett)|想い出のサンフランシスコ(I Left My Heart in San Francisco)
https://www.youtube.com/watch?v=OIhjd3f2cs4 (YouTube)

霧のサンフランシスコ

新品価格
¥950から
(2015/9/17 15:27時点)


この曲は、1954年に、ジョージ・コーリー作曲、ダグラス・クロス作詞して、1962年にトニー・ベネットが歌って大ヒットした曲です。
今は、スタンダードナンバーとなって、「フランク・シナトラ」、「ディーン・マーティン」、「ペギー・リー」、「ジュリー・ロンドン」、「ブレンダ・リー」、イタリア人歌手の「ミーナ」など多くのミュージシャンが歌っていますが、定番はやはり、「トニー・ベネット」だと思います。サンフランシスコの起伏のある、そして、おもちゃ箱のような街並みがはっきり浮かんできます。

サンフランシスコで「あれっ」と感じた事の一つが、車でした。十数年前と比べて、所謂、「コンパクトカー」か数多く走っているなあ、と思いました。アメリカといえば、米国産大型車とか日本を含めた海外の車でも中型車が多く走っていたと思います。今回は何故か1000ccクラスの小型車がやけに目につきました。ECO?とかガソリンの価格上昇?何がどうしたんだろう・・・。

サンフランシスコからラスベガスに。

ラスベガスは、「DEF CON23 (Las Vegas)」、別名「ハッキング・コンファレンス」という催し物があり、友人が参加しました。

DEF CON® 23 Hacking Conference

6,000人以上のコンピュータ技術者、ソフトウェア開発者が集まり、スマートフォン、車、ドローン、TV(インターネット)等々の各種情報機器、システムの脆弱性を指摘して、そのセキュリティ対策を考えていく、というコンファレンスでした。ほとんどの機器がインターネット接続されている今日、 あらゆるところに、ハッキングされる脆弱性があるという事が話されたたようです。
米国では、このコンファレンスに政府系とか企業の人が多く参加し、ハッキングのセキュリテイ対策の一環として注目しているコンファレンスとの事です。

ラスベガスは本当に久しぶりでした。市街、ホテルの景観が20年前とは一変していましいた。でも、変わらないのはギャンブルは「不夜城」で、夜の、街全体がネオンが輝いている光景は昔と変わっていませんでした。

エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)|ラスベガス万才(Viva Las Vegas)
https://www.youtube.com/watch?v=RR5leXSEKnQ (YouTube)

映画「ラスベガス万才」
https://www.youtube.com/watch?v=BdqSt3YpnZo (YouTube)

Viva Las Vegas

新品価格
¥1,043から
(2015/9/17 15:29時点)

ラスベガス万才 没後30周年メモリアル・エディション [DVD]

新品価格
¥2,694から
(2015/9/17 15:29時点)

1964年公開の映画「ラスベガス万才」のテーマ曲。この曲の「ビバー!ラスベガス!」の繰り返しのフレーズは忘れすことなく50年たっても良く覚えています。映画は、ずっと後になって観たように思います。特に「アン・マーグレット」美しさは強烈でした。
「アン・マーグレット」はラスベガスで「ジョージ・バーンズ」の見出されたとの事です。「ジョージ・バーンズ」は神様役で出演した、映画「オー!ゴッド(Oh, God!)」、1977年公開が忘れられません。

ラスベガスからロサンゼルスに。

ロサンゼルスは、私が初めてアメリカ旅行で来たところで、そして、一年住んだところで、想い出深い街です。今回は一泊しかしませんでしたので、ロサンゼルスに住んでいる友人と、ベニス、レドンド、マンハッタンの各ビーチ沿いに海岸線をドライブし、マリーナ・デル・レイのレストランで食事をするぐらいしか時間がなかったのですが。
でも、ビーチでは、サーフィンをしている人たちたくさんいて、それをみて、「ザ・ビーチ・ボーイズ」を思い出し、カルフォルニアの青い蒼い空、青い海を満喫しました。

ザ・ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)|サーフィンU.S.A.(Surfin’ U.S.A.)
https://www.youtube.com/watch?v=EDb303T-B1w (YouTube)

サーフィンU.S.A.

新品価格
¥1,699から
(2015/9/17 15:31時点)


「サーフィンU.S.A.」は、「ザ・ビーチ・ボーイズ」が 1963年にリリースした曲で、最初の大ヒット曲です。歌詞の中に、ロサンゼルスの「パシフックパリセーズ」、「レドンドビーチ」が出てきますが、「レドンドビーチ」は今も多くのサーファーがいました。昔から、カルフォルニアのサーフィンのメッカの一つだったんだと50年以上の時の隔たりが無い気がしました。

ロサンゼルスはサンフランシスコと比べて、コンパクトカーがそれほど多いという印象ありませんでした・・・。
アメリカ西海岸は、私にとって多くの思い出があるところで、そして、たくさんの思い出の曲があります。
また、機会があればいろいろ廻ってみたいと思います。

「ジャニス・ジョプリン」に憧れた「カルメンマキ」と「金子マリ」


先日、何を観たいということも無く、テレビをつけて観ていたら、たまたま、偶然数週続けて同じ番組を観て、ロック歌手の「金子マリ」それから「カルメン・マキ」がそれぞれ一週ずつ出演していました。大変懐かしく思って観ていました。そして、二人ともに、私には歌ではあまりなじみの無い米国の女性ロック歌手、もちろん名前は大変よく聞いた、「ジャニス・ジョプリン」が切っ掛けで「ロック」の世界に入ったとの話をしていました。

編集部注:BSジャパン「オン・ザ・ロック!」の7月5日放送分ゲスト金子マリ7月26日放送分ゲスト カルメン・マキの回です。

ジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)は、伝説的女性ロックシンガーで、もちろん、私も名前は昔からよく知っていました。1943年1月19日生まれで、1970年10月4日に亡くなっていますので、その人生は30年(27才)にも満たなかった事になります。亡くなった原因は麻薬との事です。

ジャニス・ジョプリン(Janis Joplin)|サマータイム(Summertime)
https://www.youtube.com/watch?v=bn5TNqjuHiU (YouTube)

コズミック・ブルースを歌う

新品価格
¥1,626から
(2015/8/28 14:29時点)

この「Summertime」は多くのアーティストが「哀愁」を漂わせた、また、「ブルース」の「淡々とした」曲の流れに乗って、子守唄として歌っています。
Jazzの世界ではビリー・ホリデイ、エラ・フィッツジェラルドが歌い、ジョン・コルトレーン、マイルス・デイヴィス、、ビル・エヴァンス、ゲイリー・バートン、ハービー・ハンコック、ルイ・アームストロングなどなど、多くの有名ジャズプレーヤが歌ったり演奏したりしてスタンダード曲となっています。
そして、このジャニスの「Summertime」は、ブルース独特の歌い方、かすれた声、数ある中でも特に哀愁に満ちた、物悲しい雰囲気を十二分に醸し出しいて、真のブルースとして聴くものを感動させずにはおきません。

「カルメン・マキ」と「金子マリ」二人が「ジャニス・ジョップリン」に影響されて「ロック」の世界に入った、という理由がこの「summertime」を聴いただけで納得がいきます。

私が「カルメン・マキ」を知ったのは、もちろん、1969年リリースの「時には母のない子のように」(作詞:寺山修司、作曲:田中未知)でした。雰囲気と歌唱力、そして歌い方が独特で強く印象に残る曲でした。冒頭のに書いた、テレビ番組の中で、「カルメン・マキ」は、1969年の第20回NHK紅白歌合戦に出場した時、NHKの官僚的運営、マネージの仕方に反発して、そのリハーサルをサボタージュしたと告白していました。反権力的な志向がもともとあったのでしょう。

カルメン・マキ|時には母のない子のように
https://www.youtube.com/watch?v=uHCxfTtUrXE (YouTube)

DREAM PRICE 1000 カルメン・マキ 時には母のない子のように

新品価格
¥972から
(2015/8/28 14:28時点)

そして、「ジャニス・ジョプリン」を聴いて衝撃を受け、1970年にロックへの転向を表明しました。ギタリスト竹田和夫率いるブルース・クリエイションで「カルメン・マキ&ブルース・クリエイション」を発表。女性ロッカーへとイメージ・チェンジをしました。

「金子マリ」は、下北のジャニスといわれ、今も下北沢に住んでいる女性ロックミュージシャンです。
そして、ギターリスト「Char」と組んだ「スモーキー・メディスン」がデビューで、「Char」と出会ったのは、「キャロル」のライブだったとの事です。
当時、エレックレコードに所属していたので、エレックレコードの所属歌手、海援隊、秋吉久美子、古井戸、泉谷しげる、のバックコーラスもいろいろやっていたとの事です。

金子マリ|What’s Going On
https://www.youtube.com/watch?v=Xkkq_nZUGxo (YouTube)

ライブ We got to・・

中古価格
¥1,640から
(2015/8/28 14:26時点)

金子マリ|ジャニス・ジョプリン・メドレー
https://www.youtube.com/watch?v=GIfaoPJ-RHM (YouTube)
さすが、下北の「ジャニス」です!

Char&マキ&マリ | サティスファクション(Satisfuction)
https://www.youtube.com/watch?v=i3eJEFulIRI (YouTube)
1980年のライブです。

MARI KANEKO 60th BIRTHDAY LIVE 金子な理由 [DVD]

新品価格
¥3,579から
(2015/8/28 14:31時点)

このころ、「ロック」は「加藤和彦&サディスティック・ミカ・バンド」、「クリエイション」、「金子マリ&バックスバニー」など、が日本のロックの1シーンを飾っていました。

そして、この後、「荒井由実」が「ルージュの伝言」をヒットさせ、「コバルト・アワー」がブレイクして「ユーミンの時代」、「ニューミュージックの時代」へと移っていきました。

マイ・フェイバリット・エレクトロニック・ミュージック


台風11号は「梅雨明け」を齎(もたら)しましたが、台風14号は「秋の気配」を置いてゆきました。朝の空気のひんやり感に、ほっとします。
まだまだ残暑は続きますが、エレクトロニック音楽で、クールダウンしましょう。

8月の「お気に入り曲」のテーマは、「エレクトロニック・ミュージック」です。
当ブログ執筆者がお勧めするエレクトロニック音楽9曲を紹介します。

冨田勲|「ベルガマスク」組曲 第3曲「月の光」
https://www.youtube.com/watch?v=8ajSyyzIC_8 (YouTube)

月の光

新品価格
¥1,523から
(2015/8/26 13:58時点)

  • まず、シンセサイザーで頭に浮かぶのな、冨田勲。NHKのドラマなどの音楽を担当していて名前はよく知っていました。で、あらためて曲は?と考え、YouTubeでこの「月の光」を見つけました。とてもナイーブな演奏だと思いました。(Hiro)
  • やはりアナログ・シンセサイザーの深みを感じる代表曲だと思います。(Koji)

YMO|ファイアー・クラッカー(Fire Cracker)
https://www.youtube.com/watch?v=MFUVylPVVMc (YouTube)

Yellow Magic Orchestra

中古価格
¥988から
(2015/8/26 13:59時点)

  • YMOのデビュー曲。新しい音楽の方向を示している曲。(Hiro)

Yanokami|終りの季節
https://www.youtube.com/watch?v=lAXPWpjmAwQ (YouTube)

yanokami

新品価格
¥1,900から
(2015/8/26 14:00時点)

  • 矢野顕子とハラカミ・レイによるユニットのyanokamiによる細野晴臣の「終りの季節」のカバーですが、独特の世界を表現が印象的でした。矢野顕子によって「世界遺産」に独自認定された異才の早逝が惜しまれます。(Koji)

YMO|ライディーン(Rydeen)
https://www.youtube.com/watch?v=MFu66ye6YWM (YouTube)

ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー

新品価格
¥2,120から
(2015/8/26 14:01時点)

  • 衝撃的であったYMOの出現でしたが、この曲が特に印象的でした。(Koji)
  • Rydeenとtechnopolis、どちらも衝撃的でした。(Yama)

喜多郎|シルクロード(絲綢の道)
https://www.youtube.com/watch?v=oU7JWTtJaL4 (YouTube)

NHK特集「シルクロード」オリジナル・サウンドトラック シルクロード

新品価格
¥2,699から
(2015/8/26 14:02時点)

  • NHKの番組に良くマッチした音楽でした。シンセサイザーの魅力を引き出した名曲だと思います。(Koji)
  • 何か聴き覚えのあるような懐かしさを感じるメロディとシンセサイザーの奏でる音が心を和ませてくれます。(Hiro)

イエス(Yes)、リック・ウェイクマン・ソロ(Rick Wakeman Solo)|ヘンリー八世の六人の妻(The Six Wives of Henry VIII)
https://www.youtube.com/watch?v=bRfxSLcmx7s (YouTube)

イエスソングス

新品価格
¥2,520から
(2015/8/26 14:02時点)

  • 私にとってシンセサイザーとの出会といえば「Yes」の「リック・ウェイクマン」と「EL&P」のキース・エマーソン」の2人です。特にYesのライブ・アルバム「Yessongs」でのリック・ウェイクマンのソロは当時は驚きでした。曲はリック・ウェイクマンのソロ・アルバム「ヘンリー8世と6人の妻」からです。マルチ・キーボーディストという言葉もこの2人で知ったかと思います。(MAHALO)

細野晴臣|コズミック・サーフィン(Cosmic Surfin’)
https://www.youtube.com/watch?v=mcddDuKv0fw (YouTube)

PACIFIC

新品価格
¥1,591から
(2015/8/26 14:03時点)

  • 今回のテーマで真っ先に思いつくのが「YMO」かと思いますが、まだYMOがデビューする前に聴いたのがこの曲でした。「Pacific」というアルバムに収録され、他の曲に比べ異色だなと聴いていたのですが、間もなくしてYMOの時代となります。この曲も「坂本龍一」、「高橋幸宏」が参加しYMOとも言え、のちにアレンジを変えYMOとしてこの曲をリリースしていますが、私はこのアレンジがお気に入りです。(MAHALO)
  • 既にこの時点でYMOそのものでしたね。(Koji)
  • YMOバージョンしか聞いたことありませんでした。アレンジが違って、面白いです。(Yama)

エレクトリック・ライト・オーケストラ (Electric Light Orchestra)|トワイライト(Twilight)
https://www.youtube.com/watch?v=o-uaXyc6Mlw (YouTube)

ベリー・ベスト・オブ・ELO

新品価格
¥1,589から
(2015/8/26 14:03時点)

  • シンセサイザーを使わない英国の「電灯楽団」。SF感があふれる80年代洋楽の代表曲は「DAICON IVオープニングアニメ」「電車男」でお馴染みです。動画は、プロローグ付きのライブバージョンです。(Yama)

ダフト・パンク(Daft Punk)|ゲット・ラッキー(Get Lucky)
https://www.youtube.com/watch?v=h5EofwRzit0 (YouTube)

Random Access Memories

新品価格
¥631から
(2015/8/26 14:04時点)

  • 2014年、第56回グラミー賞でノミネートされた5部門すべてを受賞した「ダフト・パンク」と「ゲット・ラッキー」。先鋭的な現代音楽はすべてエレクトロかもしれません。(Yama)
  • 何かセンスの良さがビビットに感じられ、曲調がとても面白いです。(Hiro)
  • 今回のテーマとは真逆でアナログではありますが、ナイル・ロジャースのギターは何時聴いてもナイル.ロジャースですね。カッティング、サウンドとも大好きなギタリストの1人です。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・サマー・ラブ・ミュージック


ヒマワリ畑は満開

ヒマワリ畑は満開

大型で強い台風11号の置き土産は「梅雨明け」でした。

関東は、「海の日」から、高温がつついています。
水分を多く補給するなど、熱中症にご注意ください。

夏の風物詩、近所のヒマワリ畑は、満開です。

7月の「お気に入り曲」のテーマは、「夏のラブ・ミュージック」です。
当ブログ執筆者がお勧めする夏音楽9曲を紹介します。

ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)|サーファー・ガール(Surfer Girl)
https://www.youtube.com/watch?v=HGjky5U64LM (YouTube)

サーファー・ガール

中古価格
¥421から
(2015/7/21 18:11時点)


The BeatlesやThe RollingStonesと同じように、The Beach Boysは大好きでした。 特に、夏の歌は、グループ名そのもの、The Beach Boysの歌がカルフォルニアの夏の海岸に誘います。特に、「Surfer Girl」はメロディが甘く、やさしく、恋の歌として素晴らしいです。1963年にリリースされました。(Hiro)

フランシス・レイ(Francis Lai)|さらば夏の日(Du Soleil Plein Les Yeux)
https://www.youtube.com/watch?v=36nlorMCLcw (YouTube)

<COLEZO!TWIN>フランシス・レイ作品集

新品価格
¥2,182から
(2015/7/21 18:12時点)


地中海の美しい海と青春物語。全く別次元ですが、フランシス・レイの音楽が夢の世界へ誘います。(Koji)

松任谷正隆|LOVERS PRADISE
https://www.youtube.com/watch?v=8OC4GdFQVnA (YouTube)

SEASIDE LOVERS

新品価格
¥1,618から
(2015/7/21 18:13時点)


アルバム「SEASIDE LOVERS」は夏の日の午後のひと時を演出する必聴盤です。(Koji)

class|夏の日の1993
https://www.youtube.com/watch?v=I6cwUzDk2Rg (YouTube)

プレミアム・ベスト class

新品価格
¥1,382から
(2015/7/21 18:14時点)


正直、classの他の曲などは知りませんが、何故かこの曲だけが印象的でした。(Koji)
私も、この1曲しか知りませんが好きです。(Yama)

アウディ・キムラ(Audy Kimura)|Mellow Kind of Love
https://www.youtube.com/watch?v=OA2JwjFrqr0 (YouTube)

ルッキング・フォー・グッド・ライフ

新品価格
¥2,462から
(2015/7/21 18:15時点)


「Hawaiiに行きたい」でも紹介した私のお気に入り曲です。この曲を聴くだけでもハワイに行った気分は私だけでしょうか?。(MAHALO)

デオダート(Deodato)|ラヴ・アイランド(Love Island)
https://www.youtube.com/watch?v=2Jv6pw9pttU (YouTube)

ラヴ・アイランド

新品価格
¥964から
(2015/7/21 18:14時点)


これからの季節、このような場所でこの曲を聴きながら2人でゆっくりしたいものですね。といってもこの歳となっては夢また夢の話しですが。因みに間奏のギター・ソロは「ジョージ・ベンソン」です。(MAHALO)
「ジョージ・ベンソン」のソロ、いいですね!確かに、夏の海辺を二人でまったりしてる風景ですね。(Hiro)

サンタナ feat.ミシェル・ブランチ(Santana Feat. Michelle Branch)|ザ・ゲーム・オブ・ラヴ(The Game Of Love)
https://www.youtube.com/watch?v=HKLnmMacEB4 (YouTube)

Shaman

新品価格
¥649から
(2015/7/21 18:16時点)


ミッシェル・ブランチはデビューの頃から好きなシンガーでしたが、サンタナのこの曲でフューチャーされたのには驚きました。ミッシェル・ブランチの歌声はサンタナの曲にピッタリですね。夏がテーマではないかもしれませんが、そこはサンタナ、このギター・サウンド、そしてフレーズは夏に聴くのに最高かと思います。(MAHALO)

前川清|ひまわり
https://www.youtube.com/watch?v=9jv-v17b3JE (YouTube)

全曲集~ひまわり~

新品価格
¥2,606から
(2015/7/21 18:17時点)


同郷の福山雅治が前川清に提供したオリジナル曲です。夏のシーンを回顧する儚さがしみじみと伝わります。後に福山自身もセルフカバーしていますが、前川清の声質が、この歌詞にマッチします。(Yama)

大滝詠一|君は天然色
https://www.youtube.com/watch?v=dH9yLGoIxBw (YouTube)

A LONG VACATION 30th Edition

新品価格
¥2,294から
(2015/7/21 18:17時点)


今年も、戸田恵梨香主演のサントリー金麦<糖質75%オフ>のCMソングにも使用される大滝詠一の代表曲。この曲を聴くと、アルバム「A LONG VACATION」ジャケットのイラストが、すぐに思い浮かびます。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・ドライブ・ミュージック


5月28日(水)に、早くも東京で真夏日を観測しました。
ゴールデンウィークを過ぎたら、突然、夏が始まりました。
今年は、春が短く、夏が長いようです。

5月の「お気に入り曲」のテーマは、「ドライブ」です。

当ブログ執筆者がお勧めするドライブ・ミュージック9曲とドライブ・アルバムを紹介します。
初夏のドライブのお供にどうぞ。

ハイファイセット|中央フリーウェイ
https://www.youtube.com/watch?v=Wc-ou0d1dE4 (YouTube)

GOLDEN☆BEST/ハイ・ファイ・セット 荒井由実・松任谷由実・杉真理作品集

新品価格
¥2,290から
(2015/5/28 18:19時点)

  • この曲を聴きながら、夜、八王子方面から新宿に向かって車を運転して来ると、西新宿の高層ビルが視界に入ってきて、そして、その中を通り抜けて、代々木、赤坂見附へと通り抜けていく、、このシーンが30数年前の、やはり夜、ロスアンゼルスのサンタモニカからダウンタウンに向かってサンタモニカフリーウェイを走っていた時のドライビングシーンといつも重なります。この曲は、このドライビングシーンにピッタリの曲なのです。(Hiro)
  • タイトルがフィクションなので、多少の理想も含まれている歌詞ですが、東京~八王子がリゾート線のように感じます。(Yama)

ZARD|揺れる想い
https://www.youtube.com/watch?v=FJq4zK1aS2I (YouTube)

ZARD What a beautiful memory 2007 [DVD]

新品価格
¥3,340から
(2015/5/28 18:21時点)

  • 初夏のドライビングを、この曲を聴きながら楽しむと、本当に新緑の蒼さが、山道、田圃道、どこでも目に沁みてきます。緑が生き生きとせまってくる感じがします。(Hiro)

CASIOPEA vs T-SQUARE|Truth ~ Asayake
https://www.youtube.com/watch?v=CVrcjN2PTi8 (YouTube)

CASIOPEA VS THE SQUARE THE LIVE!! [Blu-ray]

新品価格
¥6,372から
(2015/5/28 18:24時点)

CASIOPEA VS THE SQUARE LIVE

新品価格
¥2,457から
(2015/5/28 18:24時点)

  • 日本のFusion2大バンドの競演による各々の代表曲です。2003年のライブのようすですが、CDやDVDもありますが、Blu-Rayで楽しむのも良いかも知れません。(Koji)
  • 凄く贅沢で豪華な対決です。(Yama)

ジャン&ディーン(Jan & Dean)|パサデナのおばあちゃん(Little Old Lady From Pasadena)
https://www.youtube.com/watch?v=ZmZPbzPOEL8 (YouTube)

パサディナのお婆ちゃん

新品価格
¥675から
(2015/5/28 18:25時点)

  • 1964年、オリンピックの年のヒット曲でした。そのタイトルと共に軽快なメロディは今でも耳の奥に残っています。(Koji)
    パサデナ、懐かしいです。ロスアンゼルス ダウンタウンから、車で30分ぐらいでしょうか。そこから、リトル東京のアルバイト先に通ってくる、おねえさん(おばさんではなく)いました。(Hiro)

アメリカ(America) |ヴェンチュラ・ハイウェイ(Ventura Highway)
https://www.youtube.com/watch?v=wc34k_tZ2VU (YouTube)

Here & Now

新品価格
¥1,189から
(2015/5/28 18:26時点)

  • 1972年当時はカセットテープに録音して良く聴いていました。2007年リリースのアルバム「Here & Now」がお薦めです。35年の月日が経過してもAmericaサウンド健在です。(Koji)
  • 私もこの曲はよく聴きました。メロディーもですが特にイントロのギターが印象に残ります。「Janet Jackson」も「Someone To Call My Lover」という曲でこのイントロをサンプリングしていました。(MAHALO)

ニルス(Nils)|パシフィック・コースト・ハイウェイ(Pacific coast Highway)
https://www.youtube.com/watch?v=rmreiMTiemg (YouTube)

Pacific Coast Highway

新品価格
¥1,349から
(2015/5/28 18:27時点)

  • ニルスはドイツ、ミュンヘン出身で現在はロサンゼルスで活躍するギタリストです。タイトルからもドライブ・ミュージックにお勧めです。ロサンゼルスは無理にしてもこの曲を聴きながら海岸をドライブしてみたいものです。(MAHALO)
  • 気持ちが良いメロディです。(Yama)

ジム・アドキンス(Jim Adkins)|シティ・ストリート(City Streets)
https://www.youtube.com/watch?v=xOOuwjHOA34 (YouTube)

City Streets

新品価格
¥1,114から
(2015/5/28 18:27時点)

  • 最近お気に入りのギタリストです。この曲が収録されたアルバムのジャケットからも、夜のニューヨークをドライブするのに良いかと思います。と言ってもニューヨークに行った事は一度もないのですが。(MAHALO)
  • 夜、都会を車で走り抜ける爽快さを感じますね。もちろん、都会的洒落たセンスで大都会、ニューヨークをドライブイング、いいですね。車はベンツのオープンでしょうか。(Hiro)

クレイジーケンバンド|GT
https://www.youtube.com/watch?v=Yinrv654lYQ (YouTube)

グランツーリズモ

新品価格
¥7,800から
(2015/5/28 18:28時点)

  • クレイジーケンバンドは、元クールスの横山剣が率いる男気あふれるソウル・ミュージック・バンドです。2002年に陽の目を見たアルバム「グランツーリズモ」のオープニング曲がこの「GT」です。車の運転中にこの曲を聴くと、普段より、少しだけスピードが速くなります。(Yama)

大滝詠一|1969年のドラッグ・レース
https://www.youtube.com/watch?v=6tye60cgY6k (YouTube)

EACH TIME 30th Anniversary Edition

新品価格
¥1,895から
(2015/5/28 18:28時点)

  • 私の夏の定番のドライブアルバムは、「大滝詠一」の1984年のアルバム「EACH TIME」です。収録曲すべてが代表曲ですが、ドライブ中のお気に入りは車つながりで「1969年のドラッグ・レース」です。動画は、映画「ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌」から、現在は「ピンポン THE ANIMATION」などで活躍している湯浅政明氏が作画したドライブシーンをお楽しみください。(Yama)
  • アルバム「EACH TIME」はドライブの必携盤ですね。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

大ヒットしたカバー曲「ロック・アンド・ロール・ミュージック」~「オールウェイズ・ラヴ・ユー」


カバー、(英: cover)とは、ポピュラー音楽の分野で、他人が発表した曲を演奏・歌唱して発表することである。元は代役を意味する言葉である。本人が発表した曲の場合はセルフカバーとも表すがこれは和製英語で本来の意味とは異なる。

ウィキペディアの執筆者,2014,「カバー」『ウィキペディア日本語版』,(2015年5月14日取得,http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%BC&oldid=53574036).

洋の東西、各時代に関係なく、ほとんど全てのミュージシャンが「カバー」をしており、中でも原曲を上回るヒットした曲も数えきれないくらいあります。
特に、50年代から60年代のJ-POPは、米国Popsのカバーが多く、そのころのTV音楽番組(ザ・ヒットパレード:1959年6月17日~1970年3月31日までフジテレビ系列局で生放送された音楽番組)でも、当初はほとんどの曲が、欧米のオリジナル曲に日本語の歌詞を乗せた、カバー曲が多かったと思います。

原曲を知らずに、カバー曲を聴いた後、原曲を知ったという曲が多くあります。

中学生の時、「ビートルズ」を聴き強い衝撃を受けました。私たちの世代は、プロのミュージシャンも私たち素人も、誰もが、今まで抱いていた「ポピュラー音楽」という概念を変えさせられた強烈なグループでした。

ビートルズ(The Beatles)|ロック・アンド・ロール・ミュージック(Rock and Roll MusicRock)
http://www.dailymotion.com/video/x22d5na_the-beatles-rock-roll-music_music (dailymotion)

Beatles ’65 (the U.S. Album)

新品価格
¥1,258から
(2015/5/14 17:08時点)


ビートルズ(The Beatles)による「ロックン・アンド・ロール・ミュージック」のカバー、は1964年12月に発売されされました。1966年の日本武道館公演では1曲目に演奏されました。ビートルズの曲の多くは、「ジョン・レノン」、「ポール・マッカートニー」が作詞作曲の曲が多いのですが、デビュー初期のころは、チャック・ベリー(Chuck Berry)10曲、カール・パーキンス(Carl Perkins) 6曲、リトル・リチャード(Little Richard)6曲、エルヴィス・プレスリー(Elvis Presley)6曲等、ロックンロール系での曲が結構ありました。
ロック・アンド・ロール・ミュージック (Rock and Roll Music) の原曲は、「チャック・ベリーChuck Berry)」が1957年にリリースした曲です。
ちなみに「チャック・ベリー」のヒット曲は、ローリング・ストーン、ビーチ・ボーイズ、アニマルズ等、ビートルズ以外でも、多くのロック・バンドにカバーされています。


坂本冬美|また君に恋してる
https://www.youtube.com/watch?v=q92nvK5EZJw (YouTube)

Love Songs 坂本冬美 ~また君に恋してる~

中古価格
¥1,524から
(2015/5/14 17:10時点)


「また君に恋してる」の原曲は、2007年11月と2009年8月に発売されたビリー・バンバンの31枚目のシングルおよび32枚目のシングルです。
坂本冬美は37作目のシングルとして、2009年1月発売。私は、ビリー・バンバンの曲は全く知りませんでした。
ビリーバンバンと坂本冬美とが対談を行った時、弟の進は「この曲を坂本さんが歌う時は女性から見た世界、僕らが歌う時は男性から見た世界。違った世界がきっと浮かび上がっているんだと思うよ」と語っています。
カバーでは、そう言った男女間の違い、とか、原曲とカバー曲のリリースする時期の時代背景の違い、ミュージシャンの曲への理解の仕方や音楽性の特徴で、いろいろ変わった形になるんだなと思いました。

坂本冬実は、この曲を歌う時には、結構ストレスがたまったと言っています。それは、所謂演歌では、「さび」のところで目一杯で歌いきる事が聴くものに感動を与えるのですが、この「また君に恋してる」は一切そのような歌い方をできなかったから、だと・・・。
でも、そこが逆にじわぁ~と心に沁みてくる感動を与えていると思います。


ホイットニー・ヒューストン(Whitny Houston)|オールウェイズ・ラヴ・ユー(I Will Always love You)
http://www.dailymotion.com/video/xvjk7r_whitny-houston-i-will-always-love-you-malek_music (dailymotion)

「ボディガード」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥1,748から
(2015/5/14 17:12時点)


ケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストンWhitny Houston)が共演した、「ボディ・ガード」の主題歌「オールウェイズ・ラヴ・ユー(I WILL ALWAYS LOVE YOU)」です。
サントラ盤は、全世界で4,200万枚を売り上げる大ヒットを記録しています。
ホイットニー・ヒューストンのファルセット*に感動します。

で、全く知りませんでしたが、原曲のドリー・パートンDolly Parton)バージョンもちょっと軽い感じで中々聴き心地がいいです。

ドリー・パートン(Dolly Parton)|オールウェイズ・ラヴ・ユー(I Will Always love You)
https://www.youtube.com/watch?v=_utP1mGoutQ (YouTube)

I Will Always Love You & Other Greatest Hits

新品価格
¥338から
(2015/5/14 17:13時点)


ホイットニー・ヒューストンが、グラミー賞、アメリカン・ミュージック・アワード、ワールド・ミュージック・アワード、MTVムービー・アワード等の賞をとった時、ドリー・パートンは、「Whitneys singing with God’s angels now and that is ture !!」(ホイットニーの歌は、まさに天使の歌声!!)と称賛しました。


これだけ世の中に音楽が数多くあると、人ぞれぞれ、いろいろ好きな曲のフレーズが自然と頭に残ってしまうと思います。作曲する人たちも無意識に昔の曲のあるところを引用するケースも多いと思います。
「カバー」するには、原曲の作曲者、ミュージシャンの意向とか、著作権の関係とかいろいろ難しいところもあるとは思いますが、私たち聴く方からは、ミュージシャンの歌い方の違いで、いろいろ曲を楽しむことができるので、大いにカバーして欲しいと思います。

編集部注:*ファルセットは「高音」のこと。裏声とは異なります。

マイ・フェイバリット・スクリーン・ミュージック


満開の枝垂(しだれ)桜4月21日(火)に、函館で平年より9日早く桜(ソメイヨシノ)が開花しました。鹿児島でのソメイヨシノの開花宣言が3月21日(土)だったので、桜前線は、スタートから1ヶ月で軽海峡を越えました。春爛漫です。

来週には春の行楽シーズン「ゴールデンウィーク」を迎えます。
4月の「お気に入り曲」のテーマは、ゴールデンウィークの語源になった映画業界に因(ちな)んで「映画」です。

当ブログ執筆者がお勧めするスクリーン・ミュージック8曲を紹介します。

ミシェル・ルグラン(Michel Legrand )|シェルブールの雨傘(The Umbrellas of Cherbourg)
https://www.youtube.com/watch?v=7ObVG9o2xWI (YouTube)

シェルブールの雨傘 デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]

新品価格
¥3,645から
(2015/4/21 16:08時点)

シェルブールの雨傘 オリジナル・サウンドトラック完全盤

新品価格
¥2,449から
(2015/4/21 16:10時点)

  • この映画の日本公開は1964年なので、私はこの映画は見ていないのですが、映画音楽はラジオから何十回となく聴いた記憶があります。もちろん、映画雑誌などで、カトリーヌカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)がすごくきれいな女優ということも知りました。映画は観ていなくても、この曲を聴いただけで男女の切なさが伝わってきます。(YouTubeの5分あたりからメインテーマ曲です。)(Hiro)

ニーノ・ロータ(Nino Rota)|太陽がいっぱい(Plein soleil)
https://www.youtube.com/watch?v=5EHe1s5VIkc (YouTube)

太陽がいっぱい 最新デジタル・リマスター版 [DVD]

新品価格
¥3,621から
(2015/4/21 16:12時点)

世界映画音楽全集4~太陽がいっぱい、鉄道員、山猫、死刑台のエレベーター 他 GRN2004

中古価格
¥1,500から
(2015/4/21 16:11時点)

  • アラン・ドロンの代表作「太陽がいっぱい」ですが、マンドリンが印象的なテーマ曲が何故か思い出されます。(Koji)

ザ・ビージーズ(The Bee Gees)|若葉のころ(First of May)
https://www.youtube.com/watch?v=TvoJCdH1jlI (YouTube)

小さな恋のメロディ [DVD]

中古価格
¥6,850から
(2015/4/21 16:16時点)

小さな恋のメロディ ― オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,122から
(2015/4/21 16:14時点)

  • 映画「小さな恋のメロディ」はビージーズやCSN&Yのヒット曲がとても印象的でした。(Koji)
  • この映画を私は観ていないのですが、ザ・ビージーズの曲の中でも、とても優しさに溢れた、郷愁を漂わせる曲ですね。懐かしいです。(Hiro)
  • この曲と、サイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」の2曲は、最初に見た洋画の主題歌で、印象深いです。(Yama)

ビル・メドレー & ジェニファー・ウォーンズ(Bill Medley & Jennifer Warnes)|タイム・オブ・マイ・ライフ(<I’ve Had> The Time of My Life)
https://www.youtube.com/watch?v=l9BbUqHrWFI (YouTube)

ダーティ・ダンシング(〇〇までにこれは観ろ! ) [DVD]

新品価格
¥1,545から
(2015/4/21 16:22時点)

Dirty Dancing: Original Soundtrack From The Vestron Motion Picture

新品価格
¥1,018から
(2015/4/21 16:22時点)

  • 避暑地でのダンスをテーマとしたラブ・ストーリー「ダーティ・ダンシング」で最後の見せ場に流れる曲です。ダンスは素人の「フランシス(ジェニファー・グレイ)」が最後に華麗なダンスを披露しますが、ジェニファー・グレイの初々しさが最高で何度見た事か…です。デュエット曲ですが、男性のビル・メドレーは皆さんご存知「ライチャス・ブラザース」として活躍された方です。(MAHALO)

エルビス・コステロ(Elvis Costello)|シー(She)
https://www.youtube.com/watch?v=O040xuq2FR0 (YouTube)

ノッティングヒルの恋人 [DVD]

新品価格
¥630から
(2015/4/21 16:20時点)

ノッティングヒルの恋人 オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥1,511から
(2015/4/21 16:20時点)

  • ジュリア・ロバーツ、ヒュー・グラント主演のラブ・ストーリー「ノッティングヒルの恋人」で記者会見のシーンやタイトル・バックで流れる曲です。原曲はフランスの国民的歌手「シャルル・アズナブール」ですが、映画ではエルビス・コステロが心地よく歌いあげています。(MAHALO)

ベット・ミドラー(Bette Midler)|ローズ(The Rose)
https://www.youtube.com/watch?v=CB4EgdpYlnk (YouTube)

ローズ

新品価格
¥1,530から
(2015/4/21 16:25時点)

ローズ/オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥1,703から
(2015/4/21 16:23時点)

  • ジャニス・ジョプリンをモデルに製作された映画「ローズ」のテーマ曲です。歌っているのは同映画で主役を演じた「ベッド・ミドラー」です。この人の歌声は大好きで他のアルバムもよく聴いています。ホノルル生まれというのも羨ましいですが。TBS系列でこの4月から始まった「山下智久」主演のドラマ「アルジャーノンに花束を」を見ましたが、この曲がエンディングで流れたのには驚きました。(MAHALO)
  • この「The Rose」という映画、観ていないのですが、この曲はよく聴きました。讃美歌のような、厳かな曲ですが、一度聴くと忘れられないフレーズが多くあります。(Hiro)
  • 色々な方のカバーで聴きました。(Yama)

安田成美|風の谷のナウシカ
https://www.youtube.com/watch?v=3IZMr6Styhg (YouTube)

風の谷のナウシカ [DVD]

新品価格
¥3,691から
(2015/4/21 16:26時点)

宮崎アニメ The BEST 風の谷のナウシカ 鳥の人 空から降ってきた少女 天空の城ラピュタ 君をのせて さんぽ まいご おかあさん 風のとおり道 となりのトトロ めぐる季節 鳥になった私 好きなのに ! アドリア海の青い空 マルコとジーナのテーマ TP-1003

新品価格
¥1,180から
(2015/4/21 16:27時点)

  • 映画「風の谷のナウシカ」のイメージソングです。博報堂主導で、作詞:松本隆、作曲:細野晴臣の「はっぴいえんど」コンビによる楽曲が制作され、安田成美のデビュー曲です。映画公開前までは主題歌候補でしたが、宮崎駿監督と高畑勲プロデューサーの意向で、音楽監督の久石譲の曲が主題歌となり、イメージソングに格下げになりました。でも、いい曲です。(Yama)

薬師丸ひろ子|セーラー服と機関銃
https://www.youtube.com/watch?v=ihxc5zSmpmM (YouTube)

セーラー服と機関銃  デジタル・リマスター版 [DVD]

新品価格
¥1,854から
(2015/4/21 16:28時点)

セーラー服と機関銃 オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥945から
(2015/4/21 16:28時点)

  • こちらも角川映画です。薬師丸ひろ子の出世作です。この頃の薬師丸ひろ子の歌唱力が…。(Yama)
  • 「野生の証明」、そして「セーラー服と機関銃」は今でも薬師丸ひろ子の印象の強い映画ですが、何といっても「カ・イ・カ~ン!」ですね。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)