タグ別アーカイブ: RaviShankar

JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(8)


JAZZと不易流行~第55回グラミー賞より~(7)の続き

このシリーズの最後は、第55回グラミー賞における特別賞(Special Merit Awards)に触れておきます。
まず昨年の12月に92歳で亡くなった(<おくやみ>の記事)、シタール奏者のラヴィ・シャンカール(Ravi Shankar)に生涯功労賞(Lifetime Achievement Award)が与えられました。
ラヴィ・シャンカールの亡くなる1週間前に生涯功労賞の授与が通達されいたようですが、故人に代わってこの賞を受け取ったのは、娘のノラ・ジョーンズ(Norah Jones)とアヌーシュカ・シャンカール(Anoushka Shankar)の二人でした(2月9日のレセプションの様子)。

尚、親子ノミネートで話題になっていた「Best World Music Album」カテゴリーの方も、父ラヴィ・シャンカールが「Ravi Shankar|The Living Room Sessions Part 1 」で受賞しています。

Ravi Shankar / The Living Room Sessions Part 1 [輸入盤] [日本語解説・帯付]

新品価格
¥2,800から
(2013/4/11 14:28時点)


51. Best World Music Album
WINNER:The Living Room Sessions Part 1
Ravi Shankar
Label:East Meets West Music

娘のアヌーシュカの「Anoushka Shankar|Traveller」は惜しくも賞を逸しました。

Traveller

新品価格
¥1,073から
(2013/4/11 14:29時点)


ラヴィーとアヌーシュカの親子がシタールで共演した映像があります。
1997年のライブ映像ですから、アヌーシュカが16歳の頃だと思います。

Ravi Shankar & Anoushka Shankar Live: Raag Khamaj (1997)
http://www.youtube.com/watch?v=9xB_X9BOAOU (YouTube)

もう1件の特別賞は、技術賞(Technical GRAMMY Award)においてローランド(静岡県浜松市)創業者の梯郁太郎(かけはしいくたろう、1930年 -)同社特別顧問が、元シーケンシャル・サーキット社社長のデイヴ・スミス(Dave Smith)と連名で受賞しました(ローランド社ニュースリリース)。
二人の功績はMIDI(ミディ、Musical Instrument Digital Interface)を世界共通規格としての制定に尽力されたことです。
今ではMIDIはメーカーを越え、電子楽器の演奏データを機器間でデジタル転送する「架け橋(かけはし)」として重要な役割を果たしています。

ライフワークは音楽 電子楽器の開発にかけた夢

中古価格
¥2,886から
(2013/4/11 15:15時点)


ANNのニュースとグラミー技術賞レセプションの映像があります。

ローランド創業の梯さんにグラミー技術賞 MIDI開発(13/02/10)

Technical GRAMMY Award Recipients
http://www.grammy.com/videos/technical-grammy-award-recipients-ikutaro-kakehashi-and-dave-smith-at-special-merit-awards (Grammy.org)

Komugiko_Studio

Komugiko Studio(Boston,MA)にあるRD-600

ローランド社のステージ・ピアノRD-600もMIDIで繋がる名機でした。Yuki Monolog Kanesaka も高校生の頃からの愛用しており、彼の渡米を追うように海を渡りました。以来十数年が過ぎた今では、傷みも多くなり新たなRD-600を探しているようです。

このRD-600は、彼のボストン界隈のギグ(Gig、日本で云うライブ)でのパフォーマンス・ウェポンとして、その25kgもある重さは彼の上腕二頭筋のトレーニング・アイテムとして活躍しました。
ローランドRD-600の後継機としてはステージ・ピアノRD-700(製品情報)がありますが、RD-600のお気に入りの音とは異なる様です。

Roland / RD-700NX ローランド デジタルステージピアノ

尚、ローランド社の芸術文化支援活動は(財)ローランド芸術文化振興財団(理事長:梯郁太郎)を通じて行われています。電子楽器だけでなく、芸術と文化の「架け橋」を担っていると云えます。
バークリー音楽大学とローランド社の縁も深く、梯(かけはし)氏には電子楽器の発展と普及による功績で1991年に名誉博士号を授与されており、同大学の奨学金の一つにローランド賞(Roland Award, for outstanding achievement in music synthesis)も設けられています。

世界の90以上の国から集まる、4000人以上のバークリー生の音楽の好みも多様化しています。
最近の学生に「今聴いている曲は?」と尋ねる動画をご覧下さい。

BERKLEE COLLEGE OF MUSIC, What Are You Listening To?
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=NsdATDPAUsI (YouTube)

さて、「 monolog|Re:Live – JAZZ meets HIP HOP CLASSICS」がタワレコを始めとして好評のmonologですが、ニューアルバム「monolog + A.I.April」が4月26日にSecond Factoryよりリリースされます。

April

新品価格
¥1,980から
(2013/4/11 14:28時点)


今回はバークリーで出会った、市川愛(Ai Ichikawa、神奈川県藤沢市出身)とのコラボレーションによる楽曲となっています。
タイトル名も二人の共通の誕生日(4月21日)に因んだ「4月」、新たに産声を上げたユニットにご注目下さい。
ボストンの「4月の情景」が目に浮かびそうな、キメ細やかなサウンドに仕上がっていると思います。彼等の曲の中にも「不易流行」が感じられるかも知れません。

彼女もまた、このシーリーズ(6)(7)で紹介した粟田麻利子、横沢ローラ同様に、大学卒業後会社員を経てバークリーで学んだ期待のジャズ・シンガーの一人です。
彼女の公式サイトでその透明感あふれる唄声を試聴してみて下さい。
Ai_Ichikawa_HP_SCAI ICHIKAWA 公式サイト

「月日は百代(はくたい)の過客(くわかく)にして、行(ゆき)かふ年も又旅人也。」(「奥の細道-序-)
松尾芭蕉が「奥の細道」の旅のため千住を立ったのは、元禄二年弥生も末の七日(陰暦)のことでした。そして前途三千里の旅路への不安と惜別の思いを次の俳句に込めました。

(ゆく)春や鳥啼(とりなき)(うお)の目は泪(なみだ)

散りかけた桜の木に鳥(ヒヨドリ)も訪れました。
永らくお付き合い頂いたこのシリーズ「JAZZと不易流行」も一区切りさせて頂きます。
kotori

 

シタールとノルウェイの森(2)


シタールとノルウェイの森(1)の続き

ビートルズの「ノルウェイの森」は、シタールが使われています。この曲にシタールを持ち込んだのは、故ジョージ・ハリスンといわれています。ジョージはビートルズ時代にインド音楽に傾倒し、ラヴィ・シャンカールに師事しました。ラヴィとジョージの二人の交流は大変有名です。

この曲でシタールを弾いているのはジョージですが、作詞と作曲はレノン=マッカートニー名義(作風はジョン・レノン?)になっています。シタールが効果的に使われた、いわばフォーク・ロックの名曲です。
ラヴィが影響を与えた最初のラーガ・ロック(インドの音楽や楽器を取り入れたロック)はこの曲といわれています。ただし別の説もあります。ラーガ・ロックの諸説は、また別の機会に紹介します。

さて、当時のビートルズの映像を紹介します。残念ながら、ジョージがシタールを演奏する様子はありません。

The Beatles|Norwegian Wood
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=N3cUejOltsA (YouTube)

前回、予告編を紹介した映画「ノルウェイの森」ですが、原作は村上春樹の同名の小説です。

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)

新品価格
¥1,079から
(2012/12/23 23:28時点)

単行本の装丁は作者本人による「クリスマスカラー(赤と緑)」を使ったものだそうです。文庫本も同様ですので、この季節に如何でしょうか。

べトナム系フランス人のトラン・アン・ユン脚本・監督で映画化され、2010年に公開されました。
公式サイトがありますので、主題歌を含めて確認してみて下さい。
私は今年になってから、見ました。因みに、非常に懐かしい響きのある「映倫」のPG12指定です。

原作者の村上春樹(1949年、京都生れ兵庫県育ち)は、今や世界的ベストセラー作家です。今年のノーベル文学賞の最有力候補になり、ブックメーカーのオッズでも2倍という大本命でしたが、残念ながら受賞を逃しました。
彼は早稲田大学卒業後、一時期ジャズ喫茶を経営していたこともあります。この辺の話題も、別の機会に触れてみたいと思います。

小説「ノルウェイの森」の冒頭は、37歳の主人公の僕=ワタナベ・トオルが、ドイツに降り立つ飛行機の中で聞いたビートルズ「ノルウェイの森」により、高校時代の同級生、直子のことを思い出し、取り乱す場面から始まります。
1968~69年頃の時代背景をベースに、主人公の20歳になる前の複雑に揺れ動く心象風景と、複雑な恋愛感情が綴られて行きます。

ビートルズの「ノルウェイの森」の原題「Norwegian Wood」は、単に森を指すのではなく、英国の安アパートに良く使われている「ノルウェイ産の木材を使った家具」とのことで、その詩の内容も結構意味深なようです。
主人公が暮らした、当時の学生寮やアパートと妙に符合してくるようにも思えます。当初、村上はこの「ノルウェイの森」というタイトルが気に入らなかったようですが、そんな所に原因があるのかも知れません。

映画「ノルウェイの森」は、主人公のワタナベ(松山ケンイチ)、その神戸の高校生時代の同級生直子(菊池凛子)を中心に、東京の大学へ入学後の二人の微妙な関係と、精神的に破綻の生じた直子の京都の療養先とその周辺を舞台に描かれています。
学生運動の激しかった頃、当時の東京の大学キャンパスとその周辺の風景、そして直子の療養先と緑の多い高原(森)の情景が走馬灯のように駆け巡る様が印象的です。

ノルウェイの森 [DVD]

新品価格
¥863から
(2012/12/23 23:27時点)


監督が漸く探し出したロケ地は兵庫県神河町の高原や兵庫県香美町の香住海岸です。これらの情景は非常に印象深く、見終わった後も残像のように残ります。
そして、その施設で直子と一緒に療養生活を送っている、元ピアノ教師レイコがギターを弾きながら、ビートルズの「ノルウェイ森」を歌うシーンも印象的です。
最後に、「風を映像として捉えたような」森の風景が、何故か深く心に残りました。

そんな映画「ノルウェイの森」には、大学教授役で糸井重里(1948年生れ)、ワタナベのバイト先のレコード店の店主役で細野晴臣(1947年生れ)、直子の療養所の寮の門番役で高橋幸宏(1952年生れ、別名:高橋ユキヒロ)が出演しています。
原作者の村上そして主人公のワタナベと同世代、この映画で描かれている1969年前後に学生生活を送り、同じ時代を共有していた人達で集結しているのが象徴的でした。
その世代の人達が、当時の記憶を呼び戻しながら観てみるのも良いかも知れません。

その細野は、日本におけるロックの先駆的バンド「はっぴいえんど」を1969年に結成しました。細野晴臣作曲(作詞:松本隆)の「風を集めて」をお聴き下さい。映画「ノルウェイの森」の1シーンと妙にオーバーラップしました。

はっぴいえんど|風をあつめて
http://www.youtube.com/watch?hl=ja&v=7QX1w_PazZU&gl=JP (YouTube)

シタールとノルウェイの森(3)へ続く

シタールとノルウェイの森(1)


先日、シタール(Sitar)奏者のラヴィ・シャンカール(Ravi Shankar,1920-2012年)の訃報に接しました。
インドの伝統的民族楽器であるシタールとラヴィ・シャンカールを知ったのは、60年代のロック音楽が最初だったと思います。
今では、娘のジャズ歌手ノラ・ジョーンズ(Norah Jones、本名:Geethali Norah Jones Shankar、1979年- )の父としての方が有名かも知れません。ノラの生年から計算すると59歳の時の子供ということになります。
異母妹は父と同じシタール奏者アヌーシュカ・シャンカール(Anoushka Shankar、1981年-)で、ラヴィの血を引くインド系美人姉妹のノラとアヌシャカによる「Easy」は必聴(必見)です。シタールの独特な響きと、見事に調和したノラの透き通る歌声をご堪能ください。

Norah Jones Anoushk Shankar & Karsh Kale|Easy http://www.youtube.com/watch?v=56_UKBylLbE (YouTube)

そんなノラのデビュー・アルバム「Norah Jones|Come Away With Me、邦題:ノラ・ジョーンズ」は2002年に発売され、2003年度のグラミー賞総なめにし、未だに売れている伝説的なアルバムです。お薦めなのはAmazonで買えるImport盤です。驚いたことに、「Amazonベストセラーランキング」のフュージョン部門1位を未だに継続しています。
国内盤に対して格安で購入できる、Import盤を探すのもAmazonの魅力でもありますが、日本の流通構造に対する疑問も残ります。

Come Away With Me

新品価格
¥687から
(2012/12/21 16:52時点)


ノラが総なめにしたグラミー賞ですが、ラヴィ・シャンカールも3度受賞しています。更に、来年のグラミー賞で「生涯功績賞」の受賞が決まっているそうです。
その彼の奏でるシタールの音色は、一種の伝説とも言えます。60年代のロックシーンに偉大な影響を与えたと云われる、当時のラヴィがシタールを演奏する貴重な映像を紹介します。

Ravi Shankar & Alla Rakha|Evening Raga (Live at Woodstock) http://www.youtube.com/watch?v=7cSo5ZbyH38 (YouTube)

これもインドの民族楽器タブラ(tabla)との競演です。この動画は1969年8月にニューヨーク州サリバン郡で3日間に渡って行われた、ウッドストック・フェスティバル(Woodstock Music and Art Festival)の時の映像と思われます。入場者数は40万人以上を集め、ヒッピー時代の象徴と云われる、伝説的な野外のロックを中心としたコンサート(集会)でした。
そのドキュメンタリー映画のDVD「ディレクターズカット ウッドストック~愛と平和と音楽の3日間」を見返しました。両面224分でジョーン・バエズ、ザ・フー、サンタナ、ジミ・ヘンドリックス等の演奏はありましたが、ラヴィの演奏は見事な程、すべてカットされていました。確か、初日の15日に演奏した筈です。そこで、この映画版とは別の、2009年発売「Woodstock Diary 1969[DVD] [Import]」の収録内容を調べてみました。こちらには、ラヴィの演奏シーンもあるようなので、それが元映像だと思います。

Woodstock Diary 1969 [DVD] [Import]

新品価格
¥999から
(2012/12/21 16:53時点)


そんなラヴィが世界の音楽シーンなどに偉大な足跡を残したかは、この度の訃報に際し、世界中の著名人から追悼のメッセージが寄せられていることでも伺い知れます。

そして私の中のインドのイメージは、インド=カレー&シタール(=ラヴィ・シャンカール)といった感じで長く残っていました。
何故そうなったのかは定かではありませんが、1965年12月に発売されたアルバム「ビートルズ(The Beatles)|Rubber Soul」の中の1曲「 Norwegian Wood (This Bird Has Flown)」に起因すると思われます。「ノルウェイの森」です。
今年11月にアナログLP盤が、「The Beatles|Rubber Soul [12 inch Analog] 」として復刻されました。録音技術が飛躍的進歩を遂げた時期に収録されたリマスター盤です。シタールを始め、様々な楽器も実験的に取り入れた、ビートルズ中期の名盤と思います。
最近は出番も減ったターンテーブルに、このレコードを載せて恐る恐る針を置いてみて下さい。その時代の情景がくっきりと蘇るかも知れません。

Rubber Soul [12 inch Analog]

新品価格
¥2,340から
(2012/12/21 16:54時点)


その曲が主題歌として、そして重要な役割を担う、映画「ノルウェイの森」予告編をもって「シタールとノルウェイの森(2)」へ続きます。

映画「ノルウェイの森」予告編

シタールとノルウェイの森(2)」へ続く

<おくやみ>N・ジョーンズの父親、シタール奏者R・シャンカール氏が死去


N・ジョーンズの父親、シタール奏者R・シャンカールが死去 (ロイター)

インドの民族楽器シタール演奏の第一人者で、ビートルズとの交流などでも知られたラヴィ・シャンカール(Ravi Shankar)さんが、米カリフォルニア州の自宅近くで11日に死去した。92歳だった。
シャンカールさんは米グラミー賞を3度受賞。同じくグラミー賞を受賞したことのある歌手、ノラ・ジョーンズ(Norah Jones)さんの父親でもある。
謹んで、哀悼の意を表します。

Ravi Shankar Collection

新品価格
¥1,880から
(2012/12/13 10:23時点)

ノラ・ジョーンズ

新品価格
¥2,409から
(2012/12/13 10:41時点)