タグ別アーカイブ: RalphMacDonald

上を見上げる浴衣女子 [モデル:河村友歌]

マイ・フェイバリット・サマー・ミュージック2017


8月初旬に暦の上で「立秋」をむかえても、秋の気配は乏しいです。
しかし、お盆も過ぎ、8月下旬になると、最高気温が30度を下回る日が訪れ、ついに夏が終わる気配を感じます。

盛況のうちに花火大会や夏祭りが終わりましたが、8月のお気に入りのテーマは「夏」です。
過行く夏を、音楽で振り返りましょう。

当ブログ執筆者がお勧めする「夏音楽」を8曲、紹介します。

ケツメイシ|お二人Summer
https://www.youtube.com/watch?v=yIWtQsH1P8Q (YouTube)

お二人 Summer

新品価格
¥380から
(2017/8/29 01:37時点)

  • この曲が好きで、何度もカラオケで歌いたいと、トライしているのですが、いまだに歌う事ができません・・・(Hiro)

サーカス|ミスター・サマータイム
https://www.youtube.com/watch?v=FpYdEcM7It0 (YouTube)

GOLDEN☆BEST/サーカス 歌の贈り物

新品価格
¥2,424から
(2017/8/29 01:42時点)

  • フランスのシンガーソングライター、ミッシェル・フュガン作曲、サーカスの歌は、男女が、夏がもっている不思議な力で誘惑されるという、まさに夏の魔力を感じる。(Hiro)
  • 夏の定番曲です。(Yama)

美空ひばり|真赤な太陽
https://www.youtube.com/watch?v=31ZHXuWujks (YouTube)

美空ひばりベスト 1964~1989 (紅盤)

新品価格
¥2,050から
(2017/8/29 01:42時点)

  • 美空ひばりとしてはめずらしい有名なポップス曲です。 この曲のカバーして、monologことYuki Kanesakaプロデュースで「Saucy Lady ‎| Makka Na Taiyo(Vinyl, 7″, 45 RPM)」を今年リリースしています。尚、作曲者の原信夫の孫がギターで参加しています。(Koji)

山下達郎|さよなら夏の日
https://www.youtube.com/watch?v=is26u6mN5DA (YouTube)

OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~(通常盤)

新品価格
¥2,991から
(2017/8/29 01:44時点)

  • 夏の定番曲の多い山下達郎です。このアルバムからピックアップして夏を感じるのも一興です。(Koji)
  • やはり、夏は若さの象徴なのでしょうか、年を重ねて夏が遠ざかります。(Hiro)
  • 毎週日曜日午後放送のラジオ番組「サンデー・ソングブック」では、毎年8月最終放送日のエンディング曲です。今年も、この曲でした。(Yama)

メゾフォルテ(Mezzoforte)|サマードリーム(Summer Dream)
https://www.youtube.com/watch?v=AcagOLEu3Xw (YouTube)

Anniversary Edition

新品価格
¥1,874から
(2017/8/29 01:43時点)

  • メゾフォルテの曲で一番好きな曲です。レコードは持っているのですが、つい最近この曲が聴きたくベスト盤を買ってしまいました。間奏のギター・ソロが心地よいです。(MAHALO)

グレッグ・カルーカス(Gregg Karukas)|Rio Drive
https://www.youtube.com/watch?v=_8b47FQeGnM (YouTube)

Soul Secrets

新品価格
¥1,441から
(2017/8/29 01:45時点)

  • 最近、ブライアン・カルバートソンとともに好んで聴くキーボーディストです。タイトルからも海辺のドライブで聴くにピッタリかと思います。「リカルド・シルヴェイラ」のギター・ソロも心地よいです。(MAHALO)

ラルフ・マクドナルド(Ralph MacDonald)|シーブリーズ(Seabreeze)
https://www.youtube.com/watch?v=A6dwuVH1Vj0 (YouTube)

ポート・プレジャー

中古価格
¥420から
(2017/8/29 01:45時点)

  • 私の夏の定番曲です。この曲をBGMに白い砂浜に寝ころんでビールを片手に聴くにはピッタリかと思います。叶わぬ夢ですが…。サックスは「グローバー・ワシントン Jr.」です。(MAHALO)
  • ニュー・アダルト・コンテンポラリー、癒やされますね。(Hiro)
  • グローバー・ワシントンJrのサックスが心地好いですね。(Koji)

フジファブリック|若者のすべて
https://www.youtube.com/watch?v=IPBXepn5jTA (YouTube)

SINGLES 2004-2009

新品価格
¥2,119から
(2017/8/29 01:46時点)

  • お盆を過ぎると、この曲の情景が蘇ります。このイントロを聴かないと、8月が終わらないと思うくらい、2010年以来のお気に入りです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・マジック・ミュージック


樹氷と月冬の絶景といえば樹氷です。

雪原にアイスモンスターが立ち並ぶ姿は「冬の魔法」と呼ばれます。
まるで「アナと雪の女王」の世界観です。

さて、2月のテーマは「魔法」「マジック」です。
当ブログ執筆者がお勧めするマジック・ミュージック8曲を紹介します。

サンタナ(Santana)|ブラック・マジック・ウーマン(BLACK MAGIC WOMAN)
https://www.youtube.com/watch?v=FKJPmOh74Xg (YouTube)

ザ・ベスト・オブ・サンタナ

新品価格
¥1,541から
(2017/2/23 07:54時点)

  • 20代の前半、ジャズ喫茶やでディスコで数え切れないくらい聴いた曲です。(Hiro)
  • サンタナ・サウンドの真骨頂という感じです。(Yama)

スリー・グレイセス| 魔法使いサリーのうた
https://www.youtube.com/watch?v=YuxhBzwE9Dw (YouTube)

魔女っ子大作戦~スペシャル・ソング・コレクション

新品価格
¥2,430から
(2017/2/23 08:00時点)

  • 「鉄人28号」、「伊賀の影丸」の横山光輝のアニメの主題歌。小林亜星、作曲で、スリー・グレイセスが歌ってます。(Hiro)
  • 「スリー・グレイセス+薗田憲一とデキシーキングス」だったんですね。(Koji)

荒井由美(松任谷由美)|魔女の宅急便 (やさしさに包まれたなら)
https://www.youtube.com/watch?v=o9n8I6enqVs (YouTube)

魔女の宅急便 サントラ音楽集

新品価格
¥2,076から
(2017/2/23 08:01時点)

  • スタジオジブリの長編アニメ「魔女の宅急便」の挿入歌「やさしさに包まれたなら」です。当初、松任谷由実に書き下ろし曲を依頼したそうですが、主題歌「ルージュの伝言」と併せて荒井由実時代の既存曲の採用となったようです。(Koji)

ザ・ビートルズ(The Beatles/Paul McCartney)|マジカル・ミステリー・ツアー(Magical Mystery Tour)
https://www.youtube.com/watch?v=Cu7Rh2l_Lf0 (YouTube)

マジカル・ミステリー・ツアー

新品価格
¥1,600から
(2017/2/23 08:02時点)

  • 今年もまた4月末にポールの日本ツアーが東京ドームで開催されるようですが、この曲も歌ってくれるでしょうか?https://www.youtube.com/watch?v=AXOWBJ4ux3Y(Koji)
  • 考えてみたら、映画「マジカル・ミステリー・ツアー」を見たことがありません。早速、YouTubeでトレーラーを見ました。なる程、あの「モンティ・パイソン」の国です。ビデオは、ポール・マッカートニーのライブ版です。(Yama)

YMO(YELLOW MAGIC ORCHESTRA)|ライディーン(雷電、Rydeen)
https://www.youtube.com/watch?v=MFu66ye6YWM (YouTube)

YMO

新品価格
¥1,718から
(2017/2/23 08:02時点)

  • YMOというと高橋幸宏の鼻歌を坂本龍一が採譜したといわれる、この曲が何より先に浮かんできます。しかも曲名は「雷電」として。(Koji)
  • テクノポリス(technopolis)と双璧の名作です。(Yama)

ラルフ・マクドナルド(Ralph MacDonald)|ミスター・マジック(Mr. Magic)
https://www.youtube.com/watch?v=_Aq08pk_SdE (YouTube)

サウンド・オブ・ア・ドラム[国内プレス盤 / 最新リマスター / 日本語解説付き](CDSOL-5615)

新品価格
¥1,750から
(2017/2/23 08:04時点)

  • 「グローバー・ワシントンJr.」でおなじみのこの曲、ギター好きならば「ジェフ・ゴルブ」の演奏もお勧めですが、やはり作者本人による演奏が好きですね。このラテン・アレンジによるノリ良さはパーカッショニストならではです。(MAHALO)

アール・クルー(Earl Klugh)|瞳はマジック(Magic In Your Eyes)
https://www.youtube.com/watch?v=onESzfhX-NI (YouTube)

瞳のマジック

中古価格
¥1,639から
(2017/2/23 08:07時点)

  • 「アコギでフュージョンの先駆け」で紹介の「アール・クルー」は今も良く聴くギタリストですが、この曲もお気に入りの1曲です。「瞳はマジック」という邦題も洒落ています。(MAHALO)
  • 確かに、「瞳はマジック」ですね。繊細なギターにエレクトリックピアノと、そして乾いたドラムのリズムがいいです!(Hiro)

ゴダイゴ|モンキー・マジック
https://www.youtube.com/watch?v=tg2a-f67Uy0 (YouTube)

ゴールデン☆ベスト ゴダイゴ

新品価格
¥2,700から
(2017/2/23 08:08時点)

  • テレビドラマ「西遊記」というと、最近ではフジテレビ版が有名ですが、元祖テレビドラマ「西遊記」の主題歌がこの曲。ゴダイゴ自身も、日本テレビ版「西遊記」と共に、メジャーになりました。因みに、日本テレビ版「西遊記」のエンディングテーマは「ガンダーラ」でした。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

パーカッショニストを聴く夏(1)「ラルフ・マクドナルド」


季節は夏真っ盛りです。
夏好きの私にとって、大好きなラテン・テイストのアーティスト、曲はジャンルを問わず、この時期にピッタリかと思います。

今回の紹介するのはラテン・ミュージックに欠かせない楽器「パーカッション」、そして、それらを奏でる「パーカッショニスト」の3人です。

最初の紹介はCDで復刻されました(1)にも登場したニューヨークを代表するパーカッショニスト「ラルフ・マクドナルドRalph MacDonald)」です。

CDで復刻されました(1)はウィリアム・ソルターのCD復刻の紹介でしたが、ラルフ・マクドナルドはパーカッショニストの第一人者でありますが、ウィリアム・ソルターとのコンビで、数多くのヒット曲を手がけた作曲家としても知られています。

1944年、ニューヨークのハーレム生まれのラルフ・マクドナルドは、トリニダードからの移民でニューヨークのラテン音楽界では名の通ったミュージシャンの父親からスティール・ドラムを習い、17歳で「バナナ・ボート」の大ヒットで知られる「ハリー・ベラフォンテ」のバンドに加入します。
このバンドで6年ほど活動しますが、そこでメンバーのウィリアム・ソルター、ウィリアム・イートンと出会い、この出会いにより作曲にも力を入れるようになります。

その後1967年からニューヨークで本格的にスタジオ・ミュージシャン、セッション・ミュージシャンとして活動を開始します。
1970年にロバータ・フラックのバンドに参加しますが、ミュージシャンに留まらず作曲家としても関わり、そこで誕生したのがロバータ・フラックとダニー・ハザウェイのデュエットによる「Where Is The Love(邦題:恋人は何処に)」という曲で、この曲は1972年にBillboardのポップ・チャートで5位を獲得し、この曲で作曲家としての地位を築きます。

その後、グローヴァー・ワシントン・ジュニアの「Just The Two Of Us(邦題:クリスタルの恋人たち)」をはじめ数多くのヒット曲を生み出した事は皆さんご存知かと思います。

当時クロスオーバー、フュージョンを聴き始めた私がパーカッショニストというのを初めて知ったのがラルフ・マクドナルドとスティーブ・フォアマン(ジェントル・ソウツ)でした。

特にボブ・ジェームスなどニューヨーク系のアーティストが好きでレコードを購入しよく聴きましたが、ほとんどのアルバムにラルフ・マクドナルドの名前がクレジットされていた事を覚えており、その活躍の凄さを伺えました。

今ではYouTubeで多くのライブ映像を見る事が出来ますが、インターネットの無い当時はレーザーディズクでグローヴァー・ワシントン・ジュニアのライブ、吉田美和のライブなどを購入し、動くラルフ・マクドナルドを見た時は感動しました。
定番の両手にピコピコハンマーを持って頭で鳴らすのには笑いました。

そして、トップ・ミュージシャンとしての活動と並行し、1976年に初のリーダー・アルバムとしてリリースされたのが「Sound Of Drum」です。

このアルバムはレコード、CDと購入しましたが、私の一番好きなアルバムです。
収録曲もヒット曲のWhere Is The Love(ハーモニカのソロはトゥーツ・シールマンス)や、1975年リリースのグローヴァー・ワシントン・ジュニアのアルバムのタイトルともなった「Mister Magic」が収録されています。
私はMister Magicはこのアルバムのラテン(サルサ)・アレンジが最高かと思います。

ラルフ・マクドナルド(Ralph MacDonald) | ホエア・イズ・ザ・ラヴ (Where Is the Love)
https://www.youtube.com/watch?v=3CQUcmWty8Q (YouTube)

ラルフ・マクドナルド(Ralph MacDonald) | ミスター・マジック(Mister Magic)
http://www.youtube.com/watch?v=_Aq08pk_SdE (YouTube)

アルバムは廃盤となってしまいましたが、のちにリリースされた「Just The Two Of Us(こちらも廃盤(?)」でもセルフ・カバーしています。

 

サウンド・オブ・ア・ドラム

中古価格
¥7,980から
(2014/8/8 17:29時点)

ジャスト・ザ・トゥ・オブ・アス

新品価格
¥3,000から
(2014/8/8 17:30時点)

このファースト・アルバム以降も多くのアルバムをリリースし私もほとんど購入しましたが、何れも夏に聴くのにピッタリのアルバムです。

私のお気に入りの曲を何曲か紹介します。
「Mango Island」は「蝶々夫人」をモチーフにした曲で、スティール・ドラムが心地よいです。

ラルフ・マクドナルド(Ralph MacDonald) | ユー・アー・イン・ラヴ(You Are In Love)
http://www.youtube.com/watch?v=wvpNRtJCqNs (YouTube)

カウンターポイント

中古価格
¥9,800から
(2014/8/8 17:31時点)


ラルフ・マクドナルド(Ralph MacDonald) | マンゴ・アイランド(Mango Island)
http://www.youtube.com/watch?v=uEjLNT_-cpc (YouTube)

トリッピン

中古価格
¥1,498から
(2014/8/8 17:32時点)


ラルフ・マクドナルド(Ralph MacDonald) | シーブリーズ(Seabreeze)
http://www.youtube.com/watch?v=A6dwuVH1Vj0 (YouTube)

ポート・プレジャー

中古価格
¥978から
(2014/8/8 17:33時点)


他のアルバムにつきましてはラルフ・マクドナルドの公式サイトにアルバム紹介がありますのでご覧いただければと思います。

最後となりますが、ラルフ・マクドナルドは残念ながら、2011年に肺癌のため亡くなられてしまいました。67歳でした。

1992年のライブと音源としては古いのですが、2012年にリリースされた「リチャード・ティーRichard Tee)」の「リアル・タイム・ライヴ・イン・コンサート1992」が私にとってラルフ・マクドナルドの遺作となってしまいました。もちろんメインのリチャード・ティーもですが。

リアル・タイム・ライヴ・イン・コンサート1992~イン・メモリー・オブ・リチャード・ティー

新品価格
¥2,389から
(2014/8/8 17:34時点)

パーカッショニストを聴く今年の夏(2)へ続く

マイ・フェイバリット・サマー・ラブ・ソングス


西新宿超高層ビル街区の街路樹

西新宿超高層ビル街区の街路樹

日本列島は、連日の猛暑で、暑く熱し続けられています。

強い日差しを遮り、ビルの谷間に日陰を作ってくれる樹木に、感謝してもしきれません。

東京は亜熱帯化したのでしょうか?
連日、ゲリラ豪雨に見舞われています。
もう東南アジアにならって「スコール」と呼んでもいいような気がします。

さて、8月の「お気に入り曲」のテーマは「夏のラブ・ソング」です。
当ブログ執筆者4人のお勧めのサマー・ソングを9曲を紹介します。
太陽のように「熱く」、スコールの後のように「さわやかな」曲を厳選しました。

テレサ・テン|真夏の果実
http://www.youtube.com/watch?v=uZrzBXoTJxU (YouTube)

テレサ・テン 歌姫の愛しうた BHST-122

新品価格
¥1,340から
(2013/8/12 15:25時点)

テレサ・テンがカバーした映画「稲村ジェーン」の主題歌です。私はこの映画は観ていないのですが、歌詞からは、昔、夏に出会った彼女との熱く激しい恋を思い出して、彼女のいない、この夏のうらさみしい気持ちを、熱く燃えた気持ちと対比させ情感をより強烈に表している歌だと思います。曲調が欧米の曲とも違うし、また、日本のポップスとも違う独特なメロディーだと思います。もちろん、カラオケでよく歌っています。(Hiro)

  • 名曲です。桑田節の「真夏の果実」も当然ですが、「EXILE|真夏の果実」も聴かせて来れます。(Koji)

ザ・ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)|サーファー・ガール(Surfer Girl)
http://www.youtube.com/watch?v=aXCOafmCyO4 (YouTube)

サーファー・ガール

中古価格
¥554から
(2013/8/12 15:29時点)

歌詞に夏という言葉は出てこないのですが、サーファーの可愛い彼女に恋して、サーフィンを一緒に楽しんで二人の愛を育てたいという気持ちがひしひしと伝わる歌です。メロディーはまさに「ビーチボーイズ」特有のカルフォルニア・テイストそのものです。この曲を聴いて目を閉じると、本当に米国西海岸が瞼に浮かんできます。(Hiro)

  • ビーチボーイズといえばこの曲のようにハーモニーの良さですね。この曲、そして「Girls On The Beach」は大好きでよく聴きます。かまやつひろしさんがテレビで語っていましたが、「サーフィン・ミュージックをやっているのに全員サーフィンが出来ないんだ」には笑いました。(MAHALO)

松田聖子|青い珊瑚礁
http://www.youtube.com/watch?v=LnLSeyxaX5I (YouTube)

松田聖子 ヒットコレクション VOL.1 DQCL-5101

新品価格
¥1,580から
(2013/8/12 15:29時点)

若い時の夏は夏だということだけで解放感で一杯になりました。さらに夜12時に竹芝から出港する伊豆七島へフェリーで行くバケーションは、「青い珊瑚礁」の歌詞の中の女の子を、男の自分に変えて歌えば、気持ちは歌そのものでした。夏の島の「恋の出来事」に大いに期待したものでした!残念ながら、期待通りにはいかなかったのですが・・・。(Hiro)

  • 珊瑚色と云えばピンクに近い色だと思います。でも、歌になると白と青の珊瑚礁がどちらも好きです。「ズー・ニー・ヴー|白いサンゴ礁」と「松田聖子|青い珊瑚礁」です。(Koji)
  • この曲が収録されたアルバム「SQUALL」は今でもレコードで持っています。当時アイドルのアルバムとしては珍しく、曲毎にミュージシャンがクレジットされていたのには驚きました。アイドル・ファン層以外にもアピールしたかったのかもしれません。(MAHALO)

J-WALK|何も言えなくて・・・夏
http://www.youtube.com/watch?v=sPnp7co6Uug (YouTube)

JAYWALK SUPER BEST

新品価格
¥2,150から
(2013/8/12 15:30時点)

儚(はかな)い夏の記憶。大人の恋を切々と歌うバラードの名曲です。ボーカルの中村の不祥事、脱退。JAYWALK(当時)は大きなダメージでしたが、この彼らの最大のヒット曲だけは歌い継がれるでしょう。でもオリジナル・バージョンが一番です。(Koji)

山下達郎|さよなら夏の日
http://www.youtube.com/watch?v=HE0d3Y65WvY (YouTube)

TREASURES

新品価格
¥2,294から
(2013/8/12 15:31時点)

この曲を聴くと、何故か、遠い夏の日の光景が蘇って来ます。夏のイメージが強い山下達郎の曲の中でも印象的な1曲です。(Koji)

  • 名曲です。その後に続く、夏の詩情があふれる「瞳の中のRAINBOW」「僕らの夏の夢」の2曲も大好きです。いずれも映画主題歌です。(Yamazaki)

フランシス・レイ(Francis Lai)|さらば夏の日(Du Soleil Plein Les Yeux)
http://www.youtube.com/watch?v=36nlorMCLcw (YouTube)

さらば夏の日 スペシャルコレクターズセット [DVD]

新品価格
¥4,491から
(2013/8/12 15:32時点)

ピンクマルティニと由紀さおりのボーカル・バージョンもありますが、映画と共に聴くフランシス・レイが一番です。「映画のDVD+サントラ盤CD」のセットがお勧めです。(Koji)

  • フランシス・レイは本当に良い曲ばかりです。このサウンドはアメリカの夏でもなく、アジアの夏でもなく、やはり地中海の夏ですね。(MAHALO)

アンジェラ・ボフィル(Angela Bofill)|トロピカル・ラブ(Tropical Love)
http://www.youtube.com/watch?v=meU2xrioioM (YouTube)

サムシング・アバウト・ユー(紙ジャケット仕様)

中古価格
¥5,799から
(2013/8/12 15:34時点)

タイトルの「トロピカル・ラブ」の通り、夏にピッタリのラブソングです。イントロの波の音からも夏しています。アンジェラ・ボフィルは前に紹介した「Baby, I Need Your Love」もお勧めですが、夏がテーマだとこの曲かと思います。(MAHALO)

ラルフ・マクドナルド(Ralph MacDonald)|ジャスト・ザ・トゥ・オブ・アス(Just The Two Of Us)
http://www.youtube.com/watch?v=32-eVrL4zK0 (YouTube)

ジャスト・ザ・トゥ・オブ・アス

中古価格
¥450から
(2013/8/12 15:33時点)

グローバー・ワシントン・ジュニアで大ヒットした邦題「クリスタルの恋人たち」です。作曲は今は亡き「ラルフ・マクドナルド」です。本人もセルフ・カバーしており、パーカッショニストらしく夏らしいアレンジとなっています。定番曲ではありますが夏に聴くにはこちらのバージョンをお勧めします。(MAHALO)

  • グローバー・ワシントン・ジュニアで良く聴きました。ラルフ・マクドナルドのアレンジもいいですね。(Yamazaki)

真心ブラザーズ|ENDLESS SUMMER NUDE

SUMMER NUDE 999 REMIX

新品価格
¥1,315から
(2013/8/12 15:18時点)

香里奈、戸田恵梨香、長澤まさみが出演中の月9ドラマ「SUMMER NUDE」の主題歌は山下智久バージョンですが、オリジナルは真心ブラザーズです。この曲は、ブラスセッションが加わった彼らのリアレンジ曲。終わる夏の寂しさと気だるさが込められています。(Yamazaki)

  • ドラマ「SUMMER NUDE」には時々見慣れた風景が登場します。この曲も含めて、今後の展開が楽しみです。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

CDで復刻されました(1)


少し前に欲しかったアルバム3枚がCDで復刻したので購入しました。既に購入された方もいらっしゃるかもしれません。この3枚を紹介します。

1枚目は、ウィリアム・ソルター(William Salter) | It So Beautiful To Beです。

こちらはレコードでよく聞いていました。待望の1枚です。
海外のサイトを探してもレコードしか販売されておらず、CDでの購入はあきらめていましたが、やっとCD化となりました。
ウィリアム・ソルターといえば、ラルフ・マクドナルド(Ralph MacDonald)とのコンビで、ロバータ・フラック&ダニー・ハサウェイ (Roberta Flack & Donny Hathaway) | Where Is The Loveや、グローヴァー・ワシントン・ジュニア(Grover Washington Jr.) | Just The Two Of Us(邦題はなんと「クリスタルの恋人たち」)を書き、この2曲はヒットしましたので、よく耳にされたのではないでしょうか。
本作も全曲この二人(2曲のみもう一名参加)によるものです。
既にお聞きの方はわかるかと思いますが、私はIt So Beautiful To BeとYouが好きです。
その為か私の感想として、夏に聞くとアルバムの良さが引き立つのではと思います。
もちろん全曲お気に入りです。
ただ残念なことに「オリジナル・マスター・テープ消滅により原盤からマスターを作成…」と帯に書いてあり、音は多少悪いかもしれません。しかし、 レコードをCD-Rに書き込んで聞いていた私にとっては満足な1枚です。

残念ながら、YouTubeで上記のお気に入り曲を探すことができませんでした。次の2曲をお届けします。

William Salter | You Got Style
http://www.youtube.com/watch?v=7TzY3zmV5xc (YouTube)
William Salter | Lena
http://www.youtube.com/watch?v=E1LKEBTlFxE (YouTube)

イット・イズ・ソー・ビューティフル・トゥ・ビー(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥2,625から
(2012/12/9 18:14時点)

参考までに、参加ミュージシャンは私が大好きな方々ばかりです。

Rhythm Section: Ralph Macdonald, Percussion Steve Gadd, Drums Eric Gale, Guitar Hugh McCracken, Guitar Ricahrd Tee, Piano & Fender Rhodes Anthony Jackson, Bass Don Grolnick, (LET’S BE LOVERS AGAIN) Piano Eric Weisberg, Steel Guitar & Banjo Rubens Bassini, (IT IS SO BEAUTIFUL TO BE)(additional)Percussion Bob James, Synthesizer

(ジャケット裏面より転記)

ラルフ・マクドナルドにつきましては、また後日書きます。

CDで復刻されました(2)へ続く