タグ別アーカイブ: NHK

一筆書きの鉄道旅行記


俳優、関口知宏が世界各国を電車で旅する番組がありました。
私は関口が、電車の中とか、下車して訪れる出会いでの交わし合う言葉の、「さらっとした」、そして「ほのぼの」としたふれあいの映像とか、車窓から見える景色とか、中国の山岳地域独特の風景とか、この番組がとても好きでした。そして、また、この番組で使われている「大山百合香」の曲が番組の流れにぴたっとあって、そしてエンディングでいつも流れたとき、本当にこのような素敵な中国の旅をこの曲とともにやってみたいと、聴いていました。

「中国鉄道大紀行」のテーマ曲「光あるもの」曲も歌詞も素晴らしいと思います。

大山百合香 | 光あるもの
https://www.youtube.com/watch?v=k83HP6ntt00 (YouTube)

夏のしずく

中古価格
¥479から
(2017/5/12 15:45時点)

関口知宏の中国鉄道大紀行春の旅
https://www.youtube.com/watch?v=jSQJp0vmex8 (YouTube)

関口知宏のナビゲーションも本当にぴったりでしたが、この曲を歌った「大山百合香」の声と曲も映像にぴったりでした。

この番組の中国を観ていると、いろいろ政治的な摩擦とか、日本で報道される中国とか、日本に来る観光客の中国人の騒がしさ、などからはほど遠い、木訥とした生真面目で優しい、農村の人たち、50年前には、日本各地で観られた、本当に気さくで正直な田舎の農村の人たちと全く同じでした。
中国に対しての見方、考え方も、一辺倒に単純化して観るだけでは間違いだと思うようになりました。

そして、ヨーロッパ各国の旅。

関口知宏|訪秋|関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅・ポルトガル編より
https://www.youtube.com/watch?v=R_yqIuS3B30 (YouTube)

「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅〜JR20000km全線走破〜」は、BShiで2005年に放送されたテレビ番組で、「春編」と「秋編」の2部構成となっています。
「春編」は、鹿児島県・枕崎駅を出発し福井県・九頭竜湖駅に到着まで。「秋編」は九頭竜湖駅から出発し北海道・根室駅まで。

関口知宏「鉄道乗りつくしの旅」春編
https://www.youtube.com/watch?v=sfVzsPPvUiU (YouTube)

福島邦子|空のコトバ|LIVE 2008
https://www.youtube.com/watch?v=_2LvxbEWGWo (YouTube)

ゴールデン☆ベスト:コンプリート・シングルス

中古価格
¥1,549から
(2017/5/12 15:47時点)

関口知宏「鉄道乗りつくしの旅」秋編
https://www.youtube.com/watch?v=7gESZuuy09c (YouTube)

福島邦子|銀の月
https://www.youtube.com/watch?v=Y3H56Jxi3aI (YouTube)

旅のうた~NHK「列島縦断 鉄道乗りつくしの旅」

中古価格
¥638から
(2017/5/12 15:50時点)

福島邦子の旅の歌が、春編、秋編のテーマ曲としてぴったり合います。
日本の旅情を引き立てています。

早熟の歌い手「宇多田ヒカル」


宇多田ヒカルの「Automatic」、1998年リリースですから、もう18年前になります。第41回日本レコード大賞「優秀作品賞」、第14回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」を受賞、CD販売は255万枚、しかも作詞、作曲は本人、年齢15歳。今まで、歌唱力の天才は何人かいたと思いますが、歌詞、曲、歌唱力と三拍子そろった天才は「宇多田ヒカル」しか思い浮かびません。全てにおいて鮮烈でした。

宇多田ヒカル|Automatic
https://www.youtube.com/watch?v=-9DxpPiE458 (YouTube)

Automatic/time will tell

新品価格
¥2,650から
(2016/8/5 17:39時点)


そして、アルバム「First Love」は990万枚という驚異的なヒットを出しています。もちろん、いろいろなメディアにも出演し、そのデビューが一大ムーブメントになりました。

First Love -15th Anniversary Edition- (期間限定生産盤)(DVD付)

新品価格
¥2,790から
(2016/8/5 17:39時点)


そして、「宇多田ヒカル」のインパクトの大きさとともに、私たちの世代が更に衝撃を受けたのは、「藤圭子」が母親だという事でした。

「藤圭子」も衝撃的なデビューでした。1969年、18歳で、「新宿の女」でデビューしました。

藤圭子|新宿の女
https://www.youtube.com/watch?v=BVufoDKlrKM (YouTube)

新宿の女

新品価格
¥1,610から
(2016/8/5 17:40時点)


この夜の「女」の心情を歌ったのが18歳、しかも顔は日本の娘人形のような髪、顔立ち、声は渋く太い演歌声、まさに、これも衝撃でした。今、「キャバクラ」「ガールズバー」という男性エンターテイメントの職場で働く事は一種、ファッション的になっていますが、1970年代では、いろいろな人生の重みを抱えて生きている女性が、「キャバレー」「バー」という酒場で働いていて、そのもの悲しさ、侘しさを声と、歌い方で、完璧に表現していたと思います。今、歌をきいても、「じわ~」とくるところがあります。

藤圭子の歌う曲は、「怨歌」という表し方が合っている感じがします。オリコンチャートで、ファーストアルバム「新宿の女」は20週連続1位、セカンドアルバム「女のブルース」は17週連続1位、計37週連続1位という記録を残しています。
残念ですが、藤圭子は2013年に自らの命を断っています。

そいて、今年4月に、宇多田ヒカルの新曲「花束を君に」がリリースされました。
「花束を君に」は4月から放送がスタートしたNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌です。

(歌詞)
普段からメイクしない君が薄化粧した朝
始まりと終わりの狭間で
忘れぬ約束した

花束を君に贈ろう
愛しい人 愛しい人
どんな言葉並べても
真実にはならないから
今日は贈ろう 涙色の花束を君に

宇多田ヒカル|花束を君に
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00101/v12399/v0871400000000543382/?auto=1&rep=2&ap_cnt=4&second=0 (GYOA!)

花束を君に

新品価格
¥250から
(2016/8/5 17:43時点)


この曲は、母、藤圭子を偲んで作った歌のように思います。
以前、宇多田は、ファンから「アーティストとして自分が作りたい曲を作りたいですか? それとも、みんなに共感されたい曲を作りたいですか?」という質問を受けた時、「それを両立させるのがプロなんじゃないですか。」って答えています。
確かに、「プロ」とは、そういうものだと思います。

ですので、母の死を悼んで、曲を作ったとしても、それは、その曲が自分にとって、どんなにシリアスで重い曲であったとしても、同時にポピュラーなものでなければならない、自分の気持ち、プライベート中で曲を作りつつ、それをポップミュージックに昇華していく、という宇多田の理念が現れている曲だと思いました。

「宇多田ヒカル」という名前は、もう古くから聞いていますが、まだ、33歳です。
作詞、作曲、そして歌唱力三拍子そろった歌手はそうそう現れないと思います。40代、それ以降と年を重ねた宇多田の歌が聴きたいと思っています。

東京Jazz2015のレジェンドと若き俊英たち


14回目を迎えた「東京Jazz(公式サイト)」ですが、今年もまたNHK-BSプレミアで10月7日・14日・21日(各水曜日午前0時15分から午前1時44分)に放送されたダイジェスト版でその様子を観ることとなりました。
この時間の放送だと当然ながら録画で適当に飛ばしての鑑賞になります。
また1グループの演奏を続けて放送せず、各放送日1曲程度のダイジェストなので、会場での鑑賞とはかなり趣きが変わります。バックステージのインタビューだけは興味深い点です。

そんな今年の東京Jazzですが、メイン会場のthe Hallには第1回から登場のハービー・ハンコックやウェイン・ショーターを始め、ジャズ界のレジェンドである多くのプレーヤーが出演していました。
彼らを年齢順に並べてみると次のようになります。

  • ウェイン・ショーター(Wayne Shorter):1933年(米国)ニュージャージー州生まれ82歳
  • ボブ・ジェームス(Robert McElhiney “Bob” James):1940年(米国)ミズリー州生まれ75歳
  • ハービー・ハンコック(Herbie Hancock):1940年米国イリノイ州シカゴ生まれ75歳
  • ジャック・ディジョネット(Jack DeJohnette):1942年米国イリノイ州シカゴ生まれ73歳
  • 日野皓正(Terumasa Hino):1942年東京生まれ73歳
  • スティーヴ・ガッド(Stephen Kendall Gadd):1945年米国ニューヨーク州生まれ70歳
  • ハーヴィー・メイソン(Harvey William Mason, Sr)/フォープレイ(Fourplay):1947年米国ニュージャージー州生まれ68歳
  • ラリー・カールトン(Larry Carlton):1948年米国カリフォルニア州生まれ67歳
  • リー・リトナー(Lee Mack Ritenour):1952年米国カリフォルニア州生まれ63歳
  • 渡辺香津美(Kazumi Watanabe):1953年東京生まれ62歳

といったメンバーが60歳越えで、他にもフォープレイのチャック・ローブ(Charles Samuel “Chuck” Loeb)とネーザン・イースト(Nathan East)の二人が12月7日と8日に還暦を迎えるようです。
日本の制度に当てはめると後期高齢者でもある大御所のハービー・ハンコックとウェイン・ショーター二人の最近(2014年)の映像があります。今回の二人の来日に合わせた日本独自企画2枚組ベストアルバム「ハービー・ハンコック&ウェイン・ショーター | フレンドシップ~オール・タイム・ベスト」もリリースされています。

ハービー・ハンコック&ウェイン・ショーター(Wayne Shorter & Herbie Hancock)|Jazz in Marciac
https://www.youtube.com/watch?v=K4aazWDfu2Q (YouTube)

フレンドシップ~オール・タイム・ベスト

新品価格
¥2,693から
(2015/11/26 12:49時点)


これら多くのレジェンドに混じって若き俊英たちも登場しました。まずは日米ハイブリッドのジャズ・エリート・バンドのニュー・センチュリー・ジャズ・クインテットNew Cetury Jazz Quintet)です。確かなジャズの伝統を備え、新世代を担う若き俊英たちです。

  • ユリシス・オーエンス・ジュニア(Ulysses Owens Jr.)/Drums:1982年(米国)フロリダ州生まれ、ジュリアード音楽院(The Juilliard School)でジャズ専攻(修士)。
  • 大林武司(Takeshi Ohbayashi)/Piano: 1987年広島市生まれ、バークリー音楽大学(Berklee College of Music)卒業。2009年の横濱ジャズプロムナード ジャズ・コンペティション(関連当ブログ記事)でベストプレーヤー賞。
  • 中村恭士(Yasushi Nakamura)/Bass:1982年東京生まれ、米国シアトル育ち。バークリー音楽大学卒業後、ジュリアード音楽院卒(Artist Diploma)。
  • ティム・グリーン(Tim Green)/Alt Sax:米国ボルティモア出身、マンハッタン音楽院(Manhattan School of Music)卒業後、南カリフォルニア大(USC)セロニアス・モンク ジャズ・インスティテュートでジャズ学の修士号取得。
  • ベニー・ベナック(Benny Benack III)/Trumpet:最年少。マンハッタン音楽院の大学院に在籍。

以上のように、学歴とその音楽が必ずしもイコールとは云えないでしょうが、錚々たるメンバーです。当ブログ記事「映画「セッション」にみる指導論」で登場したジュリアード音楽院に学んだメンバーもいます。クラシック音楽教育で名高いジュリアードですが、2001年にジャズ科も開設され、その分野でも人材を輩出しているようです。

彼らのアルバムは昨年「タイム・イズ・ナウ(Time Is Now)を、今年6月に第二弾「イン・ケイス・ユー・ミスト・アス(In Case You Missed Us)」をリリースしています。

タイム・イズ・ナウ

新品価格
¥2,255から
(2015/11/26 12:50時点)

イン・ケイス・ユー・ミスト・アス

新品価格
¥2,436から
(2015/11/26 12:52時点)

今年の日本ツアーの時の映像があります。

ニュー・センチュリー・ジャズ・クインテット(New Cetury Jazz Quintet), Live in Japan 2015
https://www.youtube.com/watch?v=3BXCzEh7XnU (YouTube)

そして、こちらも現代ジャズ・シーンにおいて注目されるイスラエル出身のジャズメンの一人、エリ・デジブリEli Degibri)率いるエリ・デジブリ・カルテット featuring アヴィシャイ・コーエンAvishai Cohen) with Special Guest 山中千尋のステージもまた注目でした。
サックスのエリ・デジブリとトランペットのアヴィシャイ・コーエンは共に1978年イスラエルに生まれ、1997年、同じタイミングでバークリー音楽大学に留学しています。

【特集】 イスラエル・ジャズメンの傑作を追う (ローチケHMV)


エリ・デジブリ(Eli Degibri) | The Spider

https://www.youtube.com/watch?v=aQQRH1iZFyk&list=PL75cVS65S7rrssRWDsyf6Lkju0efvMIv8 (YouTube)

Twelve [輸入盤]

新品価格
¥1,971から
(2015/11/26 12:53時点)


因みに、彼らのステージにゲスト出演した山中千尋ですが、彼女もまたこの二人と同時期にバークリーで学んでいます。彼女については「東京JAZZと女性ピアニスト~ジャズ細うで繁盛記(1)」にも登場しています。
その彼女が昨年7月リリースした「山中千尋 |サムシン・ブルー(初回限定盤)(DVD付) 」には、先のニュー・センチュリー・ジャズ・クインテットのベニー・ベナック(tp)と中村泰士(b)が参加しています。

山中千尋 | サムシン・ブルー
https://www.youtube.com/watch?v=G_hmmxOmmFE (YouTube)

サムシン・ブルー(初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥2,620から
(2015/11/26 12:54時点)


そして、こちらも「東京Jazz」の常連組であり、グラミー賞アーティスト(関連記事)、バークリー最年少講師のキャリアを持つ、エスペランサ・ スポルディング(Esperanza Spalding)が、彼女の新プロジェクト「エスペランサ・ スポルディング Presents Emily’s D+Evolution」として登場しました。
今回は彼女のエレクトリック・ベースとそのビジュアルが注目でした。

エスペランサ・ スポルディング(Esperanza Spalding) Presents Emily’s D+Evolution Performs “One”
https://www.youtube.com/watch?v=AkKhN590tN8 (YouTube)

One

新品価格
¥250から
(2015/11/26 12:56時点)

「世代を超えて、国境を越えて」(1)~東京JAZZとハービー・ハンコック


今年で13回目となった「東京JAZZ」ですが、ここ数年は会場に足を運ぶこともなく、NHK-FMでの生放送やNHK-BSプレミアムでのダイジェスト映像で観る程度となりました。田舎住まいの出不精と魅力的なプログラムが無くなったのも原因のようです。

NHK ONLINEの放送案内

そんな中、10月14日の放送「第13回 東京JAZZ VOL.1」で9年振りに出演したハービー・ハンコックHerbie Hancock、1940年米国イリノイ州生まれ)の演奏を楽しみました。74歳になるハービー・ハンコック率いるバンドは、確かに「世代を超え、国境を超えた」メンバーでした。

  • (b)ジェイムス・ジーナス(James Genus、1966年米国バージニア州出身)
  • (g)リオーネル・ルエケ(Lionel Loueke、1973年西アフリカ ベナン共和国出身)
  • (ds)ヴィニー・カリウタ(Vinnie Colaiuta 、1956年米国ペンシルベニア州出身)

まずは放映された曲は、当日のステージ最後を飾った定番のジャズ・ヒップホップの代表曲「RockIt / Chameleon」の演奏でした。今回の東京JAZZの映像ではありませんが、昨年アルゼンチンのブエノスアイレスで行われたライブの時の映像で観てください。

ハービー・ハンコック(Herbie Hancock) | ロックイット(Rockit)&カメレオン(Chameleon) | 20/08/2013
https://www.youtube.com/watch?v=rMROSxxXXgU (YouTube)

残念ながら東京JAZZの時と異なり、ハービー・ハンコックの秘蔵っ子と云われているギターのリオーネル・ルエケが参加しておらず、インド出身のタブラ(Tabla:インドの楽器)奏者ザーキル・フセイン(Ustad Zakir Hussain、1953年- )が加わっています。

一方、リオーネル・ルエケ参加の映像としては2006年のスイスでの映像がアップされていますので比較してみて下さい。

ハービー・ハンコック(Herbie Hancock) | カメレオン(Chameleon) | live, 2006
https://www.youtube.com/watch?v=dBkoxR6eSQU (YouTube)

ハービー・ハンコックのショルダー・キーボードは当時はローランドの「AX-7(販売完了品、製品カタログ)」のようでしたが、現在はショルダー・シンセサイザー「AX-SYNTH」にグレードアップしているようです。ショルダー・キーボードについてはヤマハの製品名「ショルキー」として馴染みがありますが、最近再び復活しつつあるようです。(参考:ショルダー・キーボードは和製英語で、英語圏では「keytar(キーター)」と呼ばれる。)

Roland ローランド ショルダー シンセサイザー AX-SYNTH 49鍵 ホワイト

新品価格
¥122,092から
(2014/12/4 16:43時点)


この内、「カメレオン(Chameleon)」は1973年リリースのアルバム「ヘッド・ハンターズ(Head Hunters)」に収録され、ハービー・ハンコックのエレクトリック・ジャズ期の代表作です。
そして「ロックイット(Rockit)」の方は1983年リリースのアルバム「フューチャー・ショック(Future Shock)」収録曲であり、この曲は同年のグラミー賞「ベスト・R&B・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞」にも輝いています。

Headhunters

新品価格
¥703から
(2014/12/4 16:49時点)

Future Shock

新品価格
¥435から
(2014/12/4 16:50時点)

何と言ってもDJスクラッチ(Grand Mixer D.STによる)を取り入れたスタイルは衝撃的でした。
DJスクラッチ入りのグラミー賞受賞時の映像があります。未だ43歳のハービーです。

ハービー・ハンコック(Herbie Hancock) | ロックイット(Rockit) | 26th 1983 Grammy Award
https://www.youtube.com/watch?v=XSxMtDnRS24 (YouTube)

2002年に始まった東京JAZZですが2005年の第4回まで音楽プロデューサーを務めたのがハービー・ハンコックで、そのテーマ「世代を超えて、国境を越えて」に沿った多様なプログラムだったように思います。
彼自身のバンドもそれぞれ趣向を変えて、その音楽性同様に幅広いパフォーマンスを見せてくれていました。

まずは2002年はDJスクラッチも入った「Future 2 Future」で登場し、2003年は「トリオ」、2004年の「カルテット」、そして2005年は「ヘッドハンターズ’05」でした。
2002年の「Future 2 Future」については、LAでのライブの模様を収めたDVDがあります。こちらは1982年の「Rockit」が特典映像として付いていてお薦めです。

Future 2 Fyture Live [DVD]

新品価格
¥24,634から
(2014/12/4 16:51時点)


さて、2005年の「ヘッドハンターズ’05」でもメンバーとして出演し注目されたリオーネル・ルエケですが、西アフリカ地方にあるベナン共和国出身でバークリー音楽大学でも学んでいます。2000年に卒業するとジャズの名門モンク・インスティチュート(The Thelonious Monk Institute of Jazz)を受験し、その時の試験官であったハービー・ハンコックにその才能を見出されたとのことです。
詳しくは彼を紹介したウェブマガジンの記事がありましたので、そちらを参考にして下さい。

Web Magazine Opners/Guest Lounge

そのリオーネル・ルエケが当ブログの記事でも紹介されたことのある、「グレッチェン・パーラトGretchen Parlato)」「マーク・ジュリアナMark Guiliana)」等と作り上げたアルバム「リオーネル・ルエケ | ヘリテッジ(Heritage)」が一昨年リリースされています。彼等の若きグルーヴ感を味わってみて下さい。3曲目収録の「トライバル・ダンス(Tribal Dance)」ではルエケとパーラトのデュエットも楽しめます。

リオーネル・ルエケ(Lionel Loueke) | トライバル・ダンス(Tribal Dance)
https://www.youtube.com/watch?v=a7QymJfoL1w (YouTube)

ヘリテッジ

新品価格
¥1,512から
(2014/12/4 16:52時点)


このアルバムにピアノとキーボードで参加し共同プロデューサーである、「ロバート・グラスパーRobert Glasper、1978年 -、米国テキサス州出身 )」 は、ジャズやゴスペル、ヒップホップ、R&B、オルタナティブなロックなどのエッセンスを取り入れた革新的なスタイルが評価されており、2012年の第55回グラミー賞で最優秀R&Bアルバム賞を、アルバム「Black Radio」で獲得した逸材です。

ブラック・レディオ

新品価格
¥1,512から
(2014/12/4 16:52時点)


因みに、当ブログ推薦のmonologは「和製ロバート・グラスパー」との異名があるそうです。
monologと最近注目のジャズ・シンガー市川愛(ai ichikawa)による「山下達郎|Paper Doll」のカバーが収録のコンピレーション・アルバム「TWILIGHT TIME」が10月29日にリリースされています。

TWILIGHT TIME

新品価格
¥2,625から
(2014/12/4 16:53時点)


次のGrand Galleryのウェブサイトでアルバム紹介と試聴ができます。70~80年代の所謂シティ・ポップスの好きな方にはお薦めです。

10.29 「V.A./TWILIGHT TIME」リリース決定! (Grand Gallery/Product)

40年の時を越えて(2)~「氷の世界」と「八月の濡れた砂」


Koubai

雪に見舞われた紅梅

2月3日の節分には気温も上昇し、庭先の紅梅も春の兆しを感じたのか一斉に咲き出しました。

ところが一転、翌4日の立春には雪に見舞われ、寒さも一段と増した冬の気候に逆戻りといった状況でした。

一面の雪景色となった5日の朝は、まさに氷の世界でした。

窓の外ではリンゴ売り 声をからしてリンゴ売り
きっと誰かがふざけて リンゴ売りのまねをしているだけなんだろう
僕のTVは寒さで 画期的な色になり
とても醜いあの娘を グッと魅力的な娘にして すぐ消えた
今年の寒さは 記録的なもの こごえてしまうよ
毎日、吹雪、吹雪、氷の世界

~「井上陽水 | 氷の世界」より~

昨年暮の12月28日にNHK-BSプレミアムで放映された、「井上陽水 ドキュメント”氷の世界40年”~日本初ミリオンセラーアルバムの衝撃とその時代~」(テレコムスタッフの番組紹介ブログ記事)を観たばかりだったので、思わずその光景を思い浮かべました。
流石にリンゴ売りの声を聞くこともないですし、今のTVでは寒さで色が変化するような事もありませんでしたが。

井上陽水 |  氷の世界
http://www.youtube.com/watch?v=XWVtA5nR360 (YouTube)

氷の世界

新品価格

¥2,025から
(2014/2/20 11:07時点)


確かに、このアルバム(LP盤)がでた時のインパクトは大きかったと思います。1973年12月1日に発売され、日本レコード史上初のLP販売100万枚を記録したアルバムでした。当時としては珍しいロンドン録音が行われています。

参加ミュージシャンを確認しても、安田裕美、高中正義、細野晴臣、深町純、松岡直也、林立夫、村上修一(秀一)、ピート・ロビンソン、ジョン・ガスタフソン、見砂和照、星勝といった錚々たる面々でした。
全13曲の編曲はモップスのメンバーであった星勝(ほしかつ)が担当しており、作詞には小椋佳(「白い一日」)や共作者として忌野清志郎(「帰れない二人」「待ちぼうけ」)の名前もあります。
レコードジャケットに写っている陽水の持っているギターは忌野清志郎の所有物とのことでした。更に、ジャケットの裏側の写真は吉田拓郎のアルバム「元気です」を意識したようで、雰囲気が似ています。

元気です

新品価格
¥3,721から
(2014/2/20 11:10時点)

1969年にアンドレ・カンドレとしてデビューした陽水(関連記事「1969」の頃~オールナイトニッポン~)でしたが、当時からその曲は気になる存在で、「傘がない」「夢の中に」といった曲も好きでした。
アルバム「氷の世界」から先行シングルとして出た「心もよう」がヒットの引き金だったようですが、A面とB面の選曲で揉めたようです。

多くのミュージシャンが押したのはB面となった「帰れない二人」(作詞・作曲:井上陽水・忌野清志郎)だったそうですが、結局プロデューサー(多賀英典)は「心もよう」を主張し決定したそうです。確かにその選択に間違い無かったのでしょうね。

井上陽水with忌野清志郎 | 帰れない二人
http://www.youtube.com/watch?v=0XNcjYwEjrg(YouTube)

今から約40年前、学生運動も一部の過激派を除き下火になり、キャンパスからは立て看板も消えかけていた時代だったと思います。
オイルショックが始まり狂乱物価に踊らされ、高度経済成長が終焉を迎えていました。
井上陽水が1978年に再婚した相手は石川セリですが、彼女の名前は藤田年八監督の映画「八月の濡れた砂」と共に思い出されます。この映画をいつ頃、どこで観たかは忘れましたが、日活が「ロマンポルノ」に移行する前の最後の作品でした。

八月の濡れた砂 (1971 日活) – 予告編
http://www.youtube.com/watch?v=Urmx6jHaZ3M(YouTube)

八月の濡れた砂 (1971 日活) – エンディング
http://www.youtube.com/watch?v=EUtmacYrY20 (YouTube)

ゴールデン☆ベスト 石川セリ シングルス・アンド・モア

新品価格

¥1,780から
(2014/2/20 11:14時点)

ユーミン(松任谷由実)や陽水の楽曲も含まれており、改てその時代を感じます。
また石川セリと云えば、現代音楽の巨匠で「世界のタケミツ」こと武満徹が晩年に手掛けたポップソングのCD「石川セリ|翼 武満徹ポップ・ソングス」を発表し、別のタケミツを紹介してくれています。晩年のタケミツが惚れ込んだ魅力を感じさせてくれます。

翼 武満徹ポップ・ソングス

新品価格

¥2,550から
(2014/2/20 11:15時点)

このアルバムの中の「明日ハ晴レカナ曇リカナ(作詞作曲:武満徹)」を聴いてみて下さい。武満徹の別の側面が伺えます。

石川セリ | 明日ハ晴レカナ曇リカナ
http://www.youtube.com/watch?v=zjTqYPL4oNE (YouTube)

そしてその中の「死んだ男の残したものは」ですが、作詞は谷川俊太郎です。メッセージフォークの高石ともやの歌う反戦歌としても有名な曲ですが、様々な歌手やグループによってカバーされており、それぞれ趣も異なると思います。

武満徹 死んだ男の残したものは / 林光編曲版 東京混声合唱団
http://www.youtube.com/watch?v=ZbmuzQ3schM (YouTube)

1973年ベトナムからアメリカ軍は撤退し、ベトナム戦争も終結に向かいます。
そんな約40年前の頃の私は、ある地方大学の学園祭で実行委員の一人として一つのイベントを企画した記憶があります。それは「日活ロマンポルノ三本立て」の映画上映だったと思います。当然18歳未満入場禁止の成人映画でしたが、その題名については記憶に残っていません。

銀世界

房総にも記録的な大雪

2月4日の積雪も消えぬ内、その週末には40数年来記憶に無い大雪に見舞われました。更に、14日のバレンタインの日にも大雪となりました。

外は未だまだ「氷の世界」です。

「棚から本マグロ」の紫綬褒章~中島みゆき伝説


去る11月2日に今年秋の叙勲が発表されました。

「AKIRA」作者の大友克洋さんら16人に紫綬褒章 (スポニチ)

中でも「紫綬褒章」は科学技術分野における発明・発見や、学術及びスポーツ・芸術分野における優れた業績等に対して、例年、春(4月29日)と秋(11月3日)に授与されています。
2003年に褒章の年齢制限が撤廃されたことから、スポーツ分野ではオリンピックの金メダリストが授与されることが通例となってきました。一方芸術分野の歌手では所謂大御所の受章が最近でも多いようです。最近の受章者としては、

  • 五木ひろし(2007年)
  • 森山良子(2008年)
  • 中島みゆき(2009年)
  • 都はるみ(2010年)
  • 由紀さおり(2012年)
  • 松任谷由実(2013年春)

といった所です。因みに去る8日に75歳で亡くなった島倉千代子は1999年に受章しています。

最近の受章者で五木ひろし、森山良子、都はるみ、由紀さおりは何れも1948年生まれで今年で65歳です。一番早い五木ひろしでも59歳での受章ということになります。
一般的にシンガーソングライターと云われる中島みゆきと松任谷由実(ユーミン)はそれぞれ1952年と1954年生まれですので、57歳と59歳での受章となり、中島みゆきの受章年齢の方が若かった訳です。その時の受章コメントに有名な「棚から本マグロ」という表現が使われました。

「棚から本マグロ」の驚き 褒章受章 (朝日新聞デジタル)

とかくライバル関係に見られたり、対比されることの多い中島みゆきとユーミンですが、デビューは1972年(「返事はいらない」)のユーミンが1975年(「アザミ嬢のララバイ」)の中島みゆきより3年程早いです。

しかし、何と言っても1975年の第10回ヤマハポピュラーソングコンテスト(略称:ポプコン)で「時代」によってグランプリ受章し、続く第6回世界歌謡祭でもグランプリとなったことは鮮烈でした。その時の「時代」を歌う中島みゆきの映像があります。
私にとっても彼女を最初に知った曲で、今でも一番好きな曲です。彼女のTV出演等が殆ど無かった当時の貴重な映像です。

中島みゆき | 時代
http://www.youtube.com/watch?v=-icKxIxGNAM (YouTube)

1975年12月にセカンド・シングルとして発売されました。

時代 [EPレコード 7inch]

中古価格
¥980から
(2013/11/18 12:35時点)

※これはレコードです。CDではありません。購入する場合は、ご注意ください。

その後「わかれうた」「悪女」と云った自らのヒット曲や「かもめやかもめ(研ナオコ)」など提供曲のヒットも多くあります。
そしてオリコンで4つの年代でシングルチャート1位を獲得した唯一のソロ・アーティストという勲章も持っています。

  • 1970年代:わかれうた(1977年)
  • 1980年代:悪女(1981年)
  • 1990年代:空と君のあいだに/ファイト!(1994年)、旅人のうた(1995年)
  • 200年代:地上の星/ヘッドライト・テールライト(2003年)

中でも「地上の星/ヘッドライト・テールライト」は、NHKのテレビ番組「プロジェクトX〜挑戦者たち〜」の主題歌として幅広い世代に支持されました。その結果、オリコンのウィークリーシングルチャートTOP100に連続174週に渡ってランクインするという驚異的な記録となりました。オリコンの歴代1位のようです。
2002年の紅白歌合戦では黒部ダムからの生中継で「地上の星」を歌いました。私にとっても「動く中島みゆき」を見たのは初めてでした。

そんな中島みゆきの人気シングルコレクション最新作「十二単~Singles 4~」が11月20日に発売されます。

十二単~Singles 4~ (初回限定盤) (ALBUM+DVD)

新品価格
¥2,816から
(2013/11/18 12:43時点)

中島みゆき 「十二単 ~Singles 4~」トレーラー [公式]

初回限定盤には、21年ぶりに歌われた「時代」のライヴ映像を収録したDVDも付くそうです。

中島みゆき | 時代 -ライヴ2010~11- (東京国際フォーラムAより)

それ以外にも、TVドラマ「Dr.コトー診療所」、「南極大陸」、映画「ゼロの焦点」などの主題歌等、馴染みの曲が多く収録されています。

ユーミンが「恋愛歌の女王」と云う称号を持つのに対して、中島みゆきが「失恋歌の女王」、「女の情念を歌わせたら日本一」などの評価もあります。
そして、以前にちびまる子ちゃんの「呪い」~一番暗い曲伝説で紹介したように、「暗いシンガーソングライター」の印象もありますが、飽くまでもその制作曲のイメージに起因すると思います。ラジオ番組や稀に見る「動く中島みゆき」からは、結構ひょうきんな性格も伝わってきます。

彼女の勲章の一つとして、2006年(平成17年度)の芸術選奨 文部科学大臣賞(「コンサートツアー2005」の評価)を受賞しています。こちらもシンガーソングライターとしては初の受賞のようです。

「動く中島みゆき」を観る機会として、1989年から続けている舞台「夜会」ですが、今年は「中島みゆき『夜会』工場」Vol.1」として赤坂ACTシアター(東京都港区)iconで11月22日(金)~26日(火)に行われるようです。

チケットぴあ 一般発売 | 中島みゆき 夜会工場 Vol.1 | 2013/11/22(金) ~ 2013/11/26(火) |赤坂ACTシアター(東京都)icon

「夜会」としての最新作DVDは「夜会VOL.17 2/2」があります。

夜会Vol.17 2/2 [DVD]

新品価格
¥6,245から
(2013/11/18 12:46時点)

中島みゆき伝説の原点とも云える「時代」ですが、女性ボーカリストの曲をカバーした徳永英明のアルバム「VOCALIST」の1曲目として収録されています。
結局「VOCALIST」は「VOCALIST 4」まで続きました。ここでは、「徳永英明|25th Annivesary (初回限定盤B CD2枚組+DVD1枚)SUPER BEST ALBUM VOCALIST & BALLADE BEST」をお薦めします。

25th Annivesary (初回限定盤B CD2枚組+DVD1枚)SUPER BEST ALBUM VOCALIST & BALLADE BEST

新品価格
¥3,150から
(2013/11/18 12:47時点)

「時代」と併せて、ユーミンの「卒業写真」も収録されています。

徳永英明 | 時代

徳永英明 | 卒業写真

<お知らせ>今夜「東京JAZZ」が放送されます


「TokyoとBostonをつなぐ音楽ブログ」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

先日、東京JAZZと女性ピアニスト~ジャズ細うで繁盛記(2)で紹介した東京JAZZの模様が放送されます。

日時    : 10月8日(火)午後11時45分~
チャンネル : NHK BSプレミアム
番組タイトル: 第12回東京JAZZ VOL.1

当ブログの注目は、桑原あい トリオ プロジェクト「Riverdance」と、マット・ダスクwith special guest 八代亜紀「Sway」です。

from here to there

新品価格
¥1,784から
(2013/9/18 12:45時点)

THE SIXTH SENSE

新品価格
¥2,500から
(2013/9/18 12:46時点)

夜のアルバム

新品価格
¥2,585から
(2013/10/9 11:15時点)

今宵はジャズナイトでお楽しみください。

(編集長)

追記(10/18):10月19日と10月26日の放送でも、八代亜紀と桑原あい トリオ プロジェクトの模様が予定されています。

日時    : 10月19日(土)深夜1時25分~
チャンネル : NHK BSプレミアム
番組タイトル: 第12回東京JAZZ VOL.2
注目    : マット・ダスクwith special guest八代亜紀「You’d Be So Nice To Come Home To」

日時    : 10月26日(土)深夜1時25分~
チャンネル : NHK BSプレミアム
番組タイトル: 第12回東京JAZZ VOL.3
注目    : 桑原あい トリオ プロジェクト「35 Seconds Of Music & More」

マイ・フェイバリット・スポーツ・ソングス


秋の空

秋の空

東京オリンピック開催が決まり、ヒートアップし過ぎた日本列島を、台風18号が冷やしてゆきました。
台風が過ぎた翌日から高気圧に覆われて、秋晴れの青空が広がりました。昼間はカラッとした暑さも、朝晩は涼しさを感じるようになりました。
体感の変化に秋を感じます。

でも、気温変化で体調を崩さないようにご注意ください。

さて、9月の「お気に入り曲の」テーマは「スポーツ・ソング」です。
当ブログ執筆者4人のお勧めのスポーツ・ソングを9曲を紹介します。
純粋にオリンピックのテーマ曲やオリンピックを題材にした映画のテーマ曲など、やはりオリンピック絡みの曲が多くなりました。そして、モータースポーツ中継やサーフィン映画のテーマ曲に、懐かしい運動会の行進曲や懐かしい野球アニメのテーマ曲が登場します。

トワ・エ・モワ|虹と雪のバラード
http://www.youtube.com/watch?v=ASdYIxiTRPs (YouTube)

エッセンシャル・ベスト トワ・エ・モワ

新品価格
¥1,263から
(2013/9/16 16:13時点)

1972年2月に開催された札幌オリンピックのテーマソングです。この曲はいろいろな歌手が歌っていましたが、やはり「トワ・エ・モワ」がベストだと思います。新しさを感じる札幌の街、そして雪、日本人の心に残る清新さ、平和を願う心、などのイメージがわいてきます。日本そしてアジアではじめて開催された冬季オリンピック。トワ・エ・モアの歌とともに強く印象に残っています。(Hiro)

札幌オリンピックといえば、スキーのジャンプ競技(70m級)の金銀銅の独占とこの曲が今でも思い浮かびます。(Koji)

ゆず|栄光の架け橋
http://www.youtube.com/watch?v=HimXEf7NGyo (YouTube)

スポコン! ~ sports music compilation ~

新品価格
¥1,450から
(2013/9/16 16:15時点)

NHK「アテネオリンピック中継」の公式ソングです。
「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」の実況放送は後世に残ると思います。
個人的にはアテネオリンピックの始まる2週間程前に「網膜剥離」の手術を行い回復過程でした。一部歪みの残る視力でこの曲と共に幾つかの感動シーンを見続けました。
その為かどうか、2ヶ月後に再手術を行うことになりました。(Koji)

ミッチ・ミラー合唱団(Mitchell Miller and His Orchestra)|クワイ河マーチ(The River Kwai March)
http://www.youtube.com/watch?v=AjgEKng8rYs (YouTube)

ミッチ・ミラー ベスト・オブ・ベスト

新品価格
¥1,100から
(2013/9/16 16:16時点)

映画「戦場に架ける橋」のテーマ音楽ですが、原曲の「ボギー大佐」と共に小学校や中学校の頃の運動会が思い出されます。
「タイフーイッカ、秋晴れの好天気に恵まれ・・・」の決まり文句ですが、長い間「台風一過」が「台風一家」と聞こえていました。
因みに、「ボギー大佐」の「ボギー」はゴルフの「ボギー」が由来のようです。(Koji)

T-SQUARE|TRUTH
http://www.youtube.com/watch?v=jt6NfEq97Lc (YouTube)

F-1 GRAND PRIX WORLD

新品価格
¥2,688から
(2013/9/16 16:17時点)

フジテレビ系列の「F1グランプリ」テーマ曲。この曲が一番似合うのは音速の貴公子「アイルトン・セナ」でしょうか。
F1の舞台から日本人ドライバーが消えてしまうと、自ずと見る機会も減ってしまいました。2015年のHONDAエンジンと共に日本人ドライバーの活躍に期待したいものです。
小林可夢偉のシート奪還とマンガ「Capeta」の主人公カペタ(平勝平太)ような若手の登場が待たれます。(Koji)

モーター・スポーツといえばこの曲ですね。(MAHALO)

今年から地上波でのF1中継がなくなり大変残念です。BSフジで見ることはできますが、これではファンの裾野は広がりません。少しずつF1人気が縮小するのが残念です。(Yamazaki)

ジェフ&マリア・マルダー(Geoff & Maria Muldaur)|ブラジル(Brazil)
http://www.youtube.com/watch?v=9HtHEgINHO0 (YouTube)

ポテリィ・パイ

新品価格
¥1,426から
(2013/9/16 16:17時点)

2020年の夏季オリンピックは東京に決定となりましたが、2016年の開催地はリオ・デ・ジャネイロ、そして開催国はブラジルです。
私のお勧めの曲はその開催国をタイトルとした「ブラジル」です。
この曲は多くのアーティストが取り上げていますが、やはり「ジェフ&マリア・マルダーのカバーが最高だと思います。
ずいぶん前の事ですがウィスキーのCMソングとして流れていましたので聴かれた方も多いのではと思います。(MAHALO)

山下達郎| ビッグ・ウェイブのテーマ
http://www.youtube.com/watch?v=A2e5Ssumzxg (YouTube)

BIG WAVE

新品価格
¥2,434から
(2013/9/16 16:22時点)

運動オンチの私にとって今回のテーマ「スポーツ」から思い浮かぶ曲は迷いましたが、季節がらサーフィンかなとこの曲を思い出しました。
山下達郎が音楽を担当したサーフィンのドキュメンタリー映画「BIG WAVE」のテーマ曲です。
サーフィンはやったこともなく「丘サーファー」の1人でしたが、映画公開時はサーファーになった気分でよく聴いていました。(MAHALO)

夏と海とサーフィン。達郎節炸裂の1曲だと思います。(Koji)

映画「BIG WAVE」は劇場に足を運んだ記憶はあるのですが、なぜか内容を覚えていません。しかし、この「山下達郎| ビッグ・ウェイブのテーマ」は、しっかり覚えています。(Yamazaki)

ヴァンゲリス(Vangelis)|炎のランナー(Chariots of Fire)
http://www.youtube.com/watch?v=Xkc6TB4EeqI (YouTube)

 

炎のランナー

新品価格
¥7,340から
(2013/9/16 16:23時点)

炎のランナー (アルティメット・エディション) [DVD]

新品価格
¥1,903から
(2013/9/16 16:23時点)

ヴァンゲリス作曲による「炎のランナー」のテーマ曲。映画は、1981年公開の実在の二人のパリオリンピック金メダリストを描いたイギリス作品で、第54回アカデミー賞 作品賞を受賞。当時、シンセサイザーで、壮大なテーマを奏できったのが印象深かったです。(Yamazaki)

アーニー・ワッツ(ERNIE WATTS)|チャリオッツ・オブ・ファイアー(CHARIOTS OF FIRE)
http://www.youtube.com/watch?v=UMIKJG3uUWQ (YouTube)

Chariots of Fire

新品価格
¥2,501から
(2013/9/16 16:24時点)

クインシー・ジョーンズのプロデュースで、サックス奏者「アーニー・ワッツ」が「炎のランナー」をフュージョンにアレンジしたバージョンです。実は、こちらのほうが好きで、当時よく聞いていました。(Yamazaki)

アーニー・ワッツはリー・リトナー&ジェントル・ソウツで知り、リトナー絡みでよく聴きました。
この曲収録のアルバムはクインシーではおなじみの西海岸のトップ・ミュージシャンが参加しています。
この曲のギターはデビッド・ウィリムズだったような気がします。(MAHALO)

岩崎良美|タッチ
http://www.youtube.com/watch?v=L-P-SVgnE9U (YouTube)

Myこれ!Liteシリーズ 岩崎良美

新品価格
¥1,289から
(2013/9/16 16:25時点)

ご存知野球アニメ「タッチ」のテーマ曲。岩崎良美の出世作。岩崎良美のボーカルも上手ですが、イントロと間奏のギターが、歌声を際立たせます。実はこの「タッチ」を紹介したくて考えた「スポーツ」企画でした。(Yamazaki)

あだち充の原作マンガもTVアニメの主題歌の岩崎良美も良いのですが、最近は達也と南が三ツ矢雄二と日高のり子になってしまいます。アニメ声優のTV露出は避けてもらいたいものです。
実写版の南の長澤まさみは合格です。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

東京JAZZと女性ピアニスト~ジャズ細うで繁盛記(1)


今年で第12回目を迎えた東京JAZZですが、9月7日(土)~8日(日)に、2日間昼夜4公演が開催されました。
2002年の第1回と翌年の第2回が味の素スタジアムicon(東京都調布市)、2004年の第3回とその翌年の第4回が東京ビッグサイトicon(東京都江東区)となり、2006年の第5回以降は現在の東京国際フォーラムicon(東京都千代田区)で開催されています。

TokyoJazz2004

東京JAZZ2004(東京ビッグサイト)

第4回の東京ビッグサイトになって初めて足を運びました。確か日曜昼のセッションだったと思います。
いつもは国際見本市などで訪れるイベントホールの特設ステージですが、ステージとの距離感も近く、5グループの演奏を堪能しました。
このブログで前にも紹介した上原ひろみTOTOB787ドリームライナーと夢のTOTO(1)(2)の記事)のステージは、今でも鮮明に蘇ってきます。

その2004年が最初の登場だった上原ひろみですが、その後2006年、2008年、2009年、2011年と5回出演しています。複数のステージを務めた年もあり、東京JAZZ最多出演アーティストではないでしょうか?

そして今年の生出演はありませんでしたが、東京国際フォーラムの地上広場で最新ライブDVD「MOVEライブ・イン東京(昨年12月の東京国際フォラム公演を収録)」の上映があったようです。このDVDは一般発売の無い上原ひろみオフィシャルサイトだけの限定商品だそうで、未だ発売前で現在予約受付中とのことです。

上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト – 「MOVE」ライヴ・クリップ

ムーヴ(初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥2,228から
(2013/9/13 00:32時点)

TokyoJazz2005

東京JAZZ2005(東京ビッグサイト)

翌年の2005年には上原ひろみと同じバークリー音楽大学出身の山中千尋(やまなかちひろ、生年非公表、群馬県桐生市出身)が初登場しました。
日曜昼の部「Club “Jazzin”」がテーマの公演でした。バークリーの副学長を引退し演奏に専念しだしたゲイリー・バートン(Gary Burton、ジャズと不易流行(1)(2)の記事)やマーカス・ミラー(Marcus Miller、1959年 -、NY出身)なども出演しました。
私自身も前年に続き充分堪能した公演でした。マーカス・ミラーなどは大幅な時間延長で観客を楽しませてくれた記憶が残っています。ステージと客席の距離感も近く感じました。

Blue_Lounge_031205

パーラメント”Blue Lounge”の会場入口(2003年12月5日)

私が山中千尋のライブを最初に観たのは2003年12月で、フィリップモリス社主催の「パーラメント(PARLIAMENT)”Blue Lounge”」というイベントのことでした。
マイルドセブン(現在のメビウス)のバーコードを貼って応募し当選した幸運でした。
200組400名を貸し切りの綱町三井倶楽部(東京都港区)に招待して、豪華な食事や幾つかのスペースでライブも楽しめるイベントの一コマでした。
更に、トラック何台かで雪を運び込み、都心の庭園に施した雪化粧のライトアップや花のアレンジメントなど、假屋崎省吾の手による空間演出は幻想的でもありました。写真が撮れなかったのが残念です。
愛煙家冥利に尽きるイベントでしたが、最近ではあり得ない企画の様に思います。

その山中千尋ですが、バークリーに進む前に卒業した桐朋音楽大学でクラシックを学んでいます。彼女の原点とも云えるクラシック曲を素材にしたアルバム「モルト・カンタービレ」を8月にリリースしています。
新たな「山中千尋ワールド」を確かめてみて下さい。

山中 千尋|トルコ行進曲
http://www.youtube.com/watch?v=yvh3j8riFRk (YouTube)

モルト・カンタービレ(初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥2,580から
(2013/9/13 00:34時点)

この最新アルバム発売記念の全国ホールツアーが予定されています。
東京は9月19日(木)町田市民ホールicon(東京都町田市)、9月20日(金)紀尾井ホールicon(東京都千代田区)、9月23日(月、祝日)渋谷区文化総合センター大和田さくらホールicon(東京都渋谷区)となっています。

山中千尋 ニューヨーク・トリオ 全国ホールツアー2013 告知

チケットぴあ一般発売 | 山中千尋 ニューヨーク・トリオ | 2013/9/19(木) | 町田市民ホール(東京都)icon
一般発売 | 山中千尋 ニューヨーク・トリオ | 2013/9/20(金) ・ 2013/9/23(月・祝) | 紀尾井ホール(東京都) / 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール(東京都)icon

上原ひろみや山中千尋よりも前の1989年にバークリーを卒業し、一世を風靡した女性ジャズ・ピアニストに大西順子(おおにしじゅんこ、1967年 -、京都府出身)がいます。
2000年に一旦活動を休止しますが、その後復帰し2009年の東京JAZZに初登場しています。
しかし、昨年惜しまれながら、再びプロ演奏家としての活動から引退しました。
彼女の衝撃のデビュー作となったのは1993年の「ワウ(WOW)」です。ジャズとしては異例の5万枚のセールスがあったそうです。

Junko Onishi|The Jungular
http://www.youtube.com/watch?v=YZ4LfHNPWBs (YouTube)

WOW

新品価格
¥1,799から
(2013/9/13 00:39時点)

その彼女が、ボストン交響楽団(The Boston Symphony Orchestra)の音楽監督を長年(1973年 – 2002年)務めた小澤征爾(おざわせいじ、1935年 -、満州国生まれ)と の共演を果たしたとのニュースがありました。当ブログでも話題(シタールとノルウェイの森(2)の記事)にした、ジャズに造詣の深い作家の村上春樹が仲介したとの事です。

小澤征爾さん、ジャズ指揮=大西順子さんと共演 (時事ドットコム)

 

小澤征爾さんと、音楽について話をする

新品価格
¥1,680から
(2013/9/13 00:41時点)

『小澤征爾さんと、音楽について話をする』で聴いたクラシック

新品価格
¥2,647から
(2013/9/13 00:42時点)

上原ひろみ、山中千尋、大西順子の三人はダイナミックで高度な演奏技術が特徴的ですが、何れもバークリーを首席で卒業した後にニューヨークに活動拠点を移し活躍しています。まさに世界を舞台にした「ジャズ細うで繁盛記」*といった形容が相応しいと思います。

さて今年の東京JAZZですが、かつてメディアで天才少女と称された若干21歳のジャズ・ピアニスト桑原あい(くわばらあい、1991年 -)が初登場しました。

東京JAZZと女性ピアニスト~ジャズ細うで繁盛記(2)へ続く

*編集部注:「細うで繁盛記」は、花登筺「銭の花」が原作のテレビドラマのタイトル。1970年1月~1971年4月に放送された。

<キャンペーン情報>連続テレビ小説「あまちゃん」をより楽しむための音楽ガイド


連続テレビ小説「あまちゃん」をより楽しむための音楽ガイド「じぇじぇじぇ」の方言を全国区にした宮藤官九郎脚本の話題のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」。

7月から東京編が始まりました。後半は全国47都道府県のご当地アイドルから選抜されたアイドルグループ「GMT47」の奮闘物語です。

タワーレコードで、この「連続テレビ小説「あまちゃん」をより楽しむための音楽ガイド」を特集しています。

特集では、「あまちゃん」のサウンド・トラックやガイド本を紹介。





大友良英/連続テレビ小説 あまちゃん オリジナル・サウンドトラック [VICL-64041]





宮藤官九郎/連続テレビ小説 あまちゃん Part2 [9784149235646]

特集は、これらの公式商品の紹介だけでなく、これまでドラマ内にてカラオケで使われた27曲分の音楽リストがあります。必見です。

また、天野春子(小泉今日子)の青春時代80年代に流行した音楽が要所要所で使われていますが、その小泉今日子が活躍した1980年代のアイドル作品と、ザ・ベストテンやクライマックスシリーズなどのコンピレーションアルバムをご紹介しています。

80年代を彩ったアイドル作品の世界へ行こう!

アメ女(アメ横女学園芸能コース)が歌う「暦の上ではディセンバー」のCD化も決定しています。





ベイビーレイズ/暦の上ではディセンバー [CD+DVD]<初回限定仕様> [PCCA-03924X]

(編集長)