タグ別アーカイブ: Namy

とんがり帽子の黒魔道士(美女) [モデル:茜さや]

マイ・フェイバリット・モンスター・ミュージック


10月のテーマは、ハロウィン仮装に因んで「お化け」「モンスター」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「モンスター」音楽を7曲、紹介します。

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)|スリラー(Thriller)
https://www.youtube.com/watch?v=sOnqjkJTMaA (YouTube)

スリラー

新品価格
¥1,533から
(2017/10/31 02:38時点)

  • まず、妖怪で浮かんだのはこの曲でした。クィンシー・ジョーンズがプロデュースしたアルバム曲。映像での振り付けも強烈です。(Hiro)
  • 説明不要の空前絶後のモンスター・アルバム。(Koji)
  • 言わずと知れたキング・オブ・ポップスの「モンスター」ソング。長いイントロ部分は、ミュージック・ビデオの概念を変える作品でした。レコード発売枚数もギネス世界記録認定の6500万枚超え。1984年のグラミー賞で8部門を受賞しました。(Yama)

Namy presents(作曲:久石譲、編曲:Yuki Kanesaka)|アシタカとサン~「もののけ姫」より~
https://www.youtube.com/watch?v=BvwCS6ExSEM (YouTube)

Namy presents ジブリ Lounge

中古価格
¥267から
(2017/10/31 02:39時点)

  • 1997年のジブリ映画「もののけ姫」の挿入曲。アルバム「Namy presents ジブリ Lounge」では「monolog」として活動以前の「Yuki Kanesaka」がこの曲を担当しています。余談ですが、映像の場所には最近イノシシが出現します。(Koji)
  • 世界に誇る「日本アニメ」。久石譲さんを含めて、音楽の品質も高いことがよくわかります。(Yama)

ザ・ライチャス・ブラザース(The Righteous Brothers)|アンチェインド・メロディ(Unchained Melody)
https://www.youtube.com/watch?v=qiiyq2xrSI0 (YouTube)

アンチェインド・メロディ~ライチャス・ブラザース・ベスト・セレクション

新品価格
¥1,705から
(2017/10/31 02:41時点)

  • 1990年の映画「ゴースト~ニューヨークの幻~」の主題歌として蘇ったライチャス・ブラザースの1965年のヒット曲です。原曲は1,955年の映画の主題歌のようです。(Koji)
  • 妖怪のイメージではないですが(笑)名曲です!(Hiro)
  • 主演の「パトリック・スウェイジ」はこの映画もですが、「ダーティ・ダンシング」が印象に残っています。最後のダンス・シーンで流れる「タイム・オブ・マイ・ライフ」もライチャス・ブラザーズの「ビル・メドレー」でした。(MAHALO)

イーグルス(Eagles)|呪われた夜(One of these nights)
https://www.youtube.com/watch?v=HePMuJE3w0s (YouTube)

呪われた夜

新品価格
¥1,494から
(2017/10/31 02:41時点)

  • ハロウィンと結びつくかは?ですが、邦題は「呪われた夜」です。曲の良さもですが、間奏の「ドン・フェルダー」のギター・フレーズは名演だと思います。(MAHALO)

レイ・パーカー・Jr.(Ray Parker Jr.)|ゴーストバスターズ(Ghostbusters)
https://www.youtube.com/watch?v=Fe93CLbHjxQ (YouTube)

「ゴーストバスターズ」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,000から
(2017/10/31 02:42時点)

  • 「ウーマン・ニーズ・ラブ」で彼の歌声は聴いてはいましたが、まさかこのような曲を歌い、それも大ヒットとなったのには驚きでした。私はセッション・ギタリストとしてのイメージが強く、リズム・カッティングのセンスの良さはさすがで、ギターを弾く者にとっては憧れです。(MAHALO)
  • まさに妖怪の歌ですね。(Hiro)
  • NHKの朝ドラ「あまちゃん」で、大吉(杉本哲太)がカラオケで歌う「ゴーストバスターズ」の印象が強く残っています。(Koji)
  • 当時、ミュージックビデオを「ベストヒットUSA」や「ミュージックトマト」でたくさん見ました。(Yama)

郷ひろみ・樹木希林|お化けのロック
https://www.youtube.com/watch?v=IMnYvLTBlbM (YouTube)

  • 「お化け」と言えば私の中のナンバーワンソングは「お化けのロック」です。ドラマ「ムー」の挿入歌です。2015年にTBS特番「音楽の日」でも、ステージで披露されました。(Yama)

きゃりーぱみゅぱみゅ|ファッションモンスター
https://www.youtube.com/watch?v=GivkxpAVVC4 (YouTube)

KPP BEST 初回限定盤(きゃりーぱみゅぱみゅ超限定リアルお顔パッケージ)

中古価格
¥2,120から
(2017/10/31 02:43時点)

  • デビューした頃は「なんだこれは」と思いましたが、この曲の頃からプロモーションビデオの内容も落ち着き、中田ヤスタカ・サウンドの宣伝部長として、確固たる地位を築きました。同い年の息子がいるので、今や娘モードです。今では新曲や新プロモーション・ビデオが発表されれば、必ずチェックしています。ハロウィン乗りの「クレイジーパーティーナイト~ぱんぷきんの逆襲~」もお薦めです。https://www.youtube.com/watch?v=2bJ49dOSP9o(Yama)
  • まさにハロウィンの歌そのものです。(Hiro)
  • 未だに名前をつっかえずに言えないのですが、この曲は気に入っています。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・クリスマス・ミュージック2016


飯田橋セントラルプラザ・ラムラ

飯田橋セントラルプラザ・ラムラ

今週は、クリスマス・ウイークです。

2011年の自粛で下火になった時期もありましたが、11月から、都内、首都圏、全国の主要施設が、クリスマス・イルミネーションで彩られています。

さて、12月の「お気に入り曲」のテーマは、毎年恒例の「クリスマス」です。

当ブログ執筆者がお勧めするクリスマス・ミュージック7曲を紹介します。

マライア・キャリー(Mariah Carey)|恋人たちのクリスマス(All I Want For Christmas Is You)
https://www.youtube.com/watch?v=yXQViqx6GMY (YouTube)

Merry Christmas II You

新品価格
¥791から
(2016/12/21 08:23時点)

  • この曲は、聴いて、歌って、感じて、全てが、X’masです!(Hiro)

ジョン・レノン(John Lennon)|ハッピー・クリスマス(戦争は終った)(Happy Xmas (War Is Over))
https://www.youtube.com/watch?v=z8Vfp48laS8 (YouTube)

Happy Xmas

新品価格
¥15,367から
(2016/12/21 08:24時点)

  • メッセージソングだと思いますが、聴いていて、暖かい気持ち、明るい気持ちにさせられます。やはり、すごい才能を感じます。(Hiro)
  • やはりクリスマスのスタンダード曲の一つですね。(Koji)

Namy(ナミー)|Merry Christmas Mr Lawrence(戦場のメリークリスマス)
https://www.youtube.com/watch?v=LZxPmTkafXU (YouTube)

Namy presents Nordic Christmas

新品価格
¥242から
(2016/12/21 08:26時点)

  • この季節になると聴きたくなる坂本龍一の名曲を「monolog」を名乗る前のYuki Kanesakaによる編曲、演奏、コーラスで制作しています。総合プロデュースの「Namy」提供のこのアルバムはクリスマスの贈り物にお勧めです。(Koji)

山下達郎|クリスマス・イブ
https://www.youtube.com/watch?v=vqocw6y1z6I (YouTube)

クリスマス・イブ(30th ANNIVERSARY EDITION)(初回盤)

新品価格
¥2,480から
(2016/12/21 08:26時点)

  • JR東海のCMとこの曲はクリスマス曲の鉄板です。(Koji)
  • やはり、クリスマスの定番ですね。曲もいいのですが、コマーシャルの映像もいいですね。(Hiro)
    未だにこの曲が収録のピクチャー・レコードを持っています。発売当初は品薄で、寒い中、新宿、渋谷とレコード店を10数店廻り、ようやく「隠し在庫だよ…」と言われ購入した事がこの曲、そしてクリスマスの思い出です。(MAHALO)
  • 1986年~2015年の30年連続でオリコン週間シングルランキングTOP100にランクインした、ギネス認定の名曲です。http://www.oricon.co.jp/news/2069031/full/(Yama)

アイズレー・ブラザース(The Isley Brothers)|ウィンター・ワンダーランド(Winter Wonderland)
https://www.youtube.com/watch?v=fLi-KVJ7Z_c (YouTube)

I’ll Be Home for Christmas

新品価格
¥1,259から
(2016/12/21 08:27時点)

  • この曲のカバーは数知れずですが、私はこのアイズレー・ブラザースのカバーが一番かと思います。渋い歌声がたまりません。(MAHALO)

デヴィッド・T.ウォーカー(David T. Walker feat. Barbara Morrison)|This Christmas
https://www.youtube.com/watch?v=7kE9-qSp76I (YouTube)

Wear My Love

新品価格
¥2,070から
(2016/12/21 08:28時点)

  • 2009年にリリースされたクリスマス・アルバムからの1曲です。この曲はバーバラ・モリソンをフューチャーしたボーカル曲ですがギタ・インスト曲もあり、アルバムとしてこの時期に聴くにはお勧めの1枚です。本当にデヴィッド T.のギターは癒されますね。(MAHALO)

back number(バックナンバー)|クリスマスソング
https://www.youtube.com/watch?v=JfgOjtq440o (YouTube)

アンコール(ベストアルバム)(初回限定盤A/DVDver.) (2CD+2DVD+フォトブック)

新品価格
¥5,749から
(2016/12/21 08:28時点)

  • 去年のこの時期、2015年第四四半期シーズンのドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」の主題歌でした。去年から、お気に入りに追加しました。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・レイトサマー・ミュージック


晩夏の夕暮れ

晩夏の夕暮れ

8月22日(月)の昼過ぎに、台風9号が千葉県館山市に上陸しました。暴風域を伴い、未明~昼過ぎは記録的な大雨になりました。関東地方への直接上陸は、2005年以来、11年ぶりです。

「台風」は秋の季語ですが、立秋後のこの時期が正に最盛期。

8月23日(火)は、二十四節気(にじゅうしせっき)の「処暑」(しょしょ)。陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也、「暑さがおさまるころ」の意味です。

秋の気配をうっすら感じるこの時期ならではの「夏の終わり」を楽しみましょう。

さて、8月のお気に入り曲のテーマは「晩夏」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「晩夏」に纏わる8曲を紹介します。

森高千里|夏の日
https://www.youtube.com/watch?v=sfmUPaEXLzI (YouTube)

ザ・シングルス(通常盤)

新品価格
¥2,653から
(2016/8/23 00:07時点)

  • 夏というぎらぎらした、盛りの季節の終わりを、女の子の「ほのかなあたたかい気持ちの想いで」、絹のように包んで日焼けを癒すような曲です。(Hiro)
  • セルフカバーのこちらのビデオも、いい雰囲気です。https://www.youtube.com/watch?v=LH_dm94bBkU(Yama)

ザ・ドリフターズ(The Drifters)|渚のボードウォーク(Under the Boardwalk)
https://www.youtube.com/watch?v=EPEqRMVnZNU (YouTube)

Under the Boardwalk

中古価格
¥2,496から
(2016/8/23 00:17時点)

  • 夏の歌で、太陽の熱い照りつけはあっても、桟橋の下で男女が愛を語るのは、そろそろ夏も終わるのではと感じます。(Hiro)
  • 私も好きな曲です。「憂歌団」のライブで聴いたのが印象に残っています。(MAHALO)

J-Walk|何も言えなくて・・・夏
https://www.youtube.com/watch?v=pk2_LbBwotU (YouTube)

JAYWALK SUPER BEST

中古価格
¥990から
(2016/8/23 00:20時点)

  • 夏の終わりの別れの歌、「私にはスタートだったの、あなたにはゴールでも」、夏の終わりの季節とかさなり、せつなくなります。(Hiro)
  • 聴く機会は減ったかも知れませんが、定番ですね。(Koji)
  • 中村耕一の不祥事で、店頭のCDが回収され、手元のコンピレーションアルバムが、ある意味貴重品になりました。(Yama)

Namy (Mixed,Recorded by Yuki Kanesaka aka U-Key)|あの夏へ(千と千尋の神隠し)
https://www.youtube.com/watch?v=H5szByteYk0 (YouTube)

Namy presents ジブリ Lounge

中古価格
¥327から
(2016/8/23 00:26時点)

  • アルバム「Namy presents ジブリ Lounge」の収録曲です。monologことYuki Kanesakaによる別名義(U-Key)での制作曲の一つ。そのアレンジをジブリ風の田園風景と共にお聴き下さい。(Koji)

井上陽水&安全地帯|夏の終わりのハーモニー
https://www.youtube.com/watch?v=WCSeiSOaHxY (YouTube)

スターダスト・ランデヴー 井上陽水・安全地帯 LIVE at 神宮スタジアム

新品価格
¥1,870から
(2016/8/23 00:24時点)

  • 井上陽水と安全地帯(玉置浩二)の曲ですが、二人のハーモニーで聴くのも最高です。(Koji)
  • デュオの不朽の名作です。曲もいいのですが、この動画での井上陽水と玉置浩二の距離感がたまりません。お互いを信頼し尊敬していることがよくわかります。(Yama)

ジミー・メッシーナ(Jimmy Messina)|シーイング・ユー(Seeing You For The First Time)
https://www.youtube.com/watch?v=xQ3yMl1wiZQ (YouTube)

オアシス(期間生産限定盤)

中古価格
¥2,160から
(2016/8/23 00:27時点)

  • AORの名曲と言えるこの曲は夏の終わりに聴く私の定番曲です。このメロディー・ラインは夏の終わりを感じさせます。先月ですが「AOR CITY 1000」シリーズの1枚として再発されました。(MAHALO)

Jorge Laboy|It Was Just A Game
https://www.youtube.com/watch?v=aqFf9hZ1p7A (YouTube)

3 AM

中古価格
¥1から
(2016/8/23 00:28時点)

  • 「季節は夏から秋へ」でも紹介のように、この曲は夏の終わりを感じさせる私の定番曲です。(MAHALO)
  • 単調なドラムの上にギターの音色が波のように乗ってる感じです。(Hiro)

フジファブリック|若者のすべて
https://www.youtube.com/watch?v=IPBXepn5jTA (YouTube)

SINGLES 2004-2009

中古価格
¥1,620から
(2016/8/23 00:29時点)

  • このイントロを聴かないと、8月が終わらないと思うくらい、2010年以来のお気に入りです。晩夏の夕方の情景が蘇る歌詞と曲調です。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・クリスマス・ソング 2014


CA3H1289

西新宿「新宿テラスシティ」モザイク通り

クリスマスまで、あと一週間になりました。
今年も、都内各所でイルミネーションが始まり、街が彩られています。
12月の「お気に入り曲」のテーマは「クリスマス」です。
当ブログ執筆者がお勧めするクリスマス・ソング7曲を8組で紹介します。

テイラー・スウィフト(Taylor Swift)|ラスト・クリスマス(Last Christmas)
https://www.youtube.com/watch?v=Okoo4upS_Hc (YouTube)

ザ・ホリデイ・コレクション

新品価格
¥1,529から
(2014/12/17 12:43時点)

  • クリスマスソングとしては定番ですが、今回はテイラー・スウィフト(Taylor Swift)を選びました。米国、24歳のカントリー・ミュージシャン。「ラスト・クリスマス(Last Christmas)」はイギリスの音楽グループ ワム(Wham!)が1984年にリリース。作詞・作曲はジョージ・マイケル(George Michael)テイラー・スウィフトの甘い歌声が曲にピッタリです。(Hiro)
  • 今年も、テイラー・スウィフトは大活躍でした。このようなカバーを聞くと、すでにカントリー・シンガーの枠に収まらない印象です。(Yama)

ケニーG(Kenny G)|ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス(Have Yourself A Merry Little Christmas)
https://www.youtube.com/watch?v=Ai6UgZiK0l4 (YouTube)

Miracles-Holiday Album

新品価格
¥594から
(2014/12/17 12:44時点)

  • 「Have Yourself a Merry Little Christmas」は、フュー・マーチン(Hugh Martin)とラルフ・ブレイン(Ralph Blane)が作曲し、ジュディ・ガーランド( Judy Garland)やフランク・シナトラ(Frank Sinatra)がレコードリリースしています。今回は、ケニーG(Kenny G-Kenneth Gorelick)の奏でるサックスでしっとりとした音色に聴きいってしまいました。(Hiro)
  • この曲はクリスマス・ソングの中でも大好きな曲です。サックスによるメロディーはこの曲にピッタリかと思います。私も「グローバー・ワシントン Jr.」のクリスマス・アルバムからこの曲にしようかとも思いましたが、来年に取っておきます。(MAHALO)

KICK THE CAN CREW|クリスマス・イブRAP
https://www.youtube.com/watch?v=FCukS-K2P5g (YouTube)

BEST ALBUM 2001-2003 (初回限定DVD付)

新品価格
¥6,800から
(2014/12/17 12:46時点)

  • 山下達郎のクリスマスの定番曲「クリスマス・イブ」ですが、たまにはRAPバージョンでも如何でしょうか?(Koji)
  • 本家「山下達郎|クリスマス・イブ」は、今年を含めて、29年連続オリコントップ100入りしました。(Yama)

エンヤ(Enya)|ザ・スピリット・オブ・クリスマス・パスト(The Spirit Of Christmas Past)
https://www.youtube.com/watch?v=D__kV5CrU4k (YouTube)

雪と氷の旋律

新品価格
¥1,480から
(2014/12/17 12:46時点)

  • エンヤのアルバム「雪と氷の旋律(And Winter Came…)」はクリスマスに時期にお薦めです。他の収録曲もアイルランドのクリスマスや冬の情景が伝わってきます。最後の曲として「きよしこの夜」のゲール語バージョンも聴き逃せません。(Koji)
  • 癒し系の面目躍如ですね。心がなごみます。(Hiro)

Namy|Merry Christmas,Mr.Lawrence
https://www.youtube.com/watch?v=KmeE9gCD1jU (YouTube)

Namy presents Nordic Christmas

新品価格
¥1,927から
(2014/12/17 12:47時点)

  • 今年もクリスマスにはこの曲を思い出してみて下さい。Namyのプレゼンツのアルバム「 Namy presents Nordic Christmas」にもmonologことYuki Kanesaka編曲および演奏が楽しめます。(Koji)
  • この曲もクリスマスには欠かせませんね。このようなアレンジ聴くのももお洒落かと思います。少し前ですがこの曲が聴きたく「坂本龍一」のベスト・アルバムを購入してしまいました。(MAHALO)

クリス・レア(Chris Rea)|ドライヴィング・ホーム・フォー・クリスマス(Driving Home For Christmas)
https://www.youtube.com/watch?v=EvDxSW8mzvU (YouTube)

Journey 1978-09

新品価格
¥641から
(2014/12/17 12:48時点)

  • 私のクリスマス・ソングの定番曲です。クリス・レアの歌声がこのメロディーにピッタリですね。(MAHALO)
  • この曲は、毎年FMラジオで聞いていました。去年のこの企画でアーティストと曲名を覚えました。(Yama)

ポリーン・ウィルソン(Pauline Wilson)|ラスト・クリスマス(Last Christmas)
https://www.youtube.com/watch?v=dZWSf66U2Mk (YouTube)

オンリー・ユー

中古価格
¥550から
(2014/12/17 12:49時点)

こちらのジャケット写真は、リンク先のAmazon.co.jpで、ご覧いただけます。

  • この曲は多くのアーティストにカバーされよく聴きますが、私は「シーウィンド(Seawind)」のボーカリスト「ポリーン・ウィルソン(Pauline Wilson)のカバーが大好きです。クリスマスと冬の曲ですが、この人で聴くと気分は楽園(Hawaii)ですね。因みにこの曲のプロデュース、アレンジは当ブログでも紹介の横倉裕です。(MAHALO)
  • 私は「Taylor Swift」を選びましたが、「Pauline Wilson」の「Last Christmas」もいいですね!思わず曲に乗ってしまいますね。(Hiro)
  • この時期に絶対耳にする「Last Christmas」ですが、多くのカバー、様々なバージョンで殆どハズレが無いのが不思議です。でも、最後に「ワム!」のオリジナル・バージョンも併せて聴きたくなります。(Koji)

ユニコーン|雪が降る町
https://www.youtube.com/watch?v=1UhjBbjqMik (YouTube)

ザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン

新品価格
¥2,100から
(2014/12/17 12:52時点)

  • 12月になると聞きたくなるこの曲が、私にとってのクリスマス・ソングです。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

マイ・フェイバリット・クリスマス・ソングス 2013


クリスマス・イルミネーション

東京・西新宿のクリスマス・イルミネーション

あと2週間でクリスマスです。今年も残りわずかになりました。

今年も、街はクリスマス・イルミレーションに彩られています。
街に人出が増え、心躍る時期を迎えました。
クリスマス・シーズンを、いかがお過ごしでしょうか?

今年のクリスマス前後は、寒波の来襲で寒くなるようです。風邪などひかぬよう、暖かくしてお過ごしください。

今年も当ブログ執筆者4人の、お勧めのクリスマス・ソングを、10曲紹介します。
エバーグリーンな曲が多く、名曲のオンパレードです。

 

マライア・キャリー(Mariah Carey)|恋人たちのクリスマス(All I Want For Christmas Is You)
http://www.youtube.com/watch?v=yXQViqx6GMY (YouTube)

 

Merry Christmas

新品価格
¥519から
(2013/12/12 15:10時点)

Merry Christmas II You

新品価格
¥683から
(2013/12/12 15:09時点)

  • 何といってもクリスマスソングとしてはこの曲が浮かびます。カラオケで歌いたいと思うのですが、やはり難しいです。(Hiro)

甲斐バンド|安奈
http://www.youtube.com/watch?v=wAAtHy54R9E (YouTube)

甲斐バンド スーパー・ベスト

新品価格
¥1,890から
(2013/12/12 15:11時点)

この時期カラオケで歌う定番です。(Hiro)

竹内まりや|ロンリー・ウーマン
http://www.youtube.com/watch?v=h99EVW9VilY (YouTube)

Bon Appetit!

新品価格
¥1,760から
(2013/12/12 15:14時点)

  • この曲も、この時期のカラオケ定番曲です。(Hiro)
  • 竹内まりやとクリスマスといえば、この季節になるとCMで流れる「すてきなホリデイ」かと思いますが、この曲も大好きです。(MAHALO)

Sweet Swing|Sweet Swing for HERSHEY’S
http://www.youtube.com/watch?v=ymQLvv3FMYg (YouTube)

Sweet Swing for HERSHEY’S

新品価格
¥2,070から
(2013/12/12 15:15時点)

  • チョコレートメーカー「HERSHEY’S」のバックアップを受け、ジャズの名曲がKenichiro NishiharaとSweetな女性ボーカリスト達によるスペシャルプロジェクト「Sweet Swing」によってお洒落に甦ります。クリスマスにもってこいのアルバムとしてお薦めします。monologことYuki Kanesakaが殆どのトラックを手掛けています。(Koji)

ナミー(Namy)|Merry Christmas,Mr.Lawrence
http://www.youtube.com/watch?v=KmeE9gCD1jU (YouTube)

 

CLIMAX TONE

新品価格
¥1,500から
(2013/12/12 15:16時点)

JUKE BOX The Christmas Mix

新品価格
¥1,600から
(2013/12/12 15:17時点)

  • 坂本龍一の名曲「戦場のメリークリスマス」(Merry Christmas,Mr.Lawrence)ですが、Namyこと高波由多加のプロジェクトによりX’mas時期のラウンジに相応しいチューンが施されています。Yuki kanesakaのアレンジによるこの曲はアルバム「Namy|CLIMAX TONE」と「JUKE BOX The Christmas Mix」に収録されています。(Koji)
  • 私も大好きな曲ですが、Yuki kanesakaさんのアレンジが心地よいです。2人でというよりは大勢で聴くのが良いかもです。(MAHALO)

本田美奈子|アヴェ・マリア(AVE MARIA)
http://www.youtube.com/watch?v=_puB04VtmD0 (YouTube)

AVE MARIA

新品価格
¥2,200から
(2013/12/12 15:18時点)

  • この季節に彼女のこの曲を聴くと何故か研ぎ澄まされた夜空を感じます。(Koji)

アン・ルイス、小泉今日子、松任谷由美|愛のさざ波 – Dedicate to “CHIYOKO”
http://www.youtube.com/watch?v=wKJEhjwjb6M (YouTube)

  • 1987年に「Merry X’mas Show」というタイトルで放送されたサザン・オールスターズなど現在でも大活躍のミュージシャン参加による音楽特番の中の1曲です。クリスマス・ソングではありませんが、アン・ルイス、小泉今日子、松任谷由美が歌うこの曲はアレンジも良く、今でもクリスマスの時期になると思い出す曲です(衣装は正月ですが)。まさにFeel Like Makin’ Loveです。演歌、歌謡曲などはほとんど聴かない私ですが、この曲は良いです。島倉千代子さん、ご冥福を…。(MAHALO)

リ:プラス(re:plus)|Solitude
http://www.youtube.com/watch?v=87U9V7-Npz4 (YouTube)

Ordinary Landscape

新品価格
¥2,068から
(2013/12/12 15:19時点)

  • テレビの旅番組のBGMで聴いたのが最初でしたが、心地よいメロディラインが夜のイメージです。クリスマス・ソングではありませんが、クリスマスの夜に聴くにはピッタリかと思います。(MAHALO)

ポリーン・ウィルソン(Pauline Wilson)|ラスト・クリスマス(Last Christmas)
http://www.youtube.com/watch?v=dZWSf66U2Mk (YouTube)

 

オンリー・ユー

中古価格
¥818から
(2013/12/12 15:21時点)

こちらのジャケット写真は、リンク先のAmazon.co.jpで、ご覧いただけます。
  • この曲はワム!(wham)の大ヒット曲ですが、シーウィンドのポリーン・ウィルソンがカバーし、私はこちらが大好きです。Pauline Wilson → Seawind → Hawaii。昨年も書きましたがこの時期になるとハワイに行きたくなります。ハワイでクリスマスなんて夢の夢ですかね。(MAHALO)
  • クリスマスの季節に必ず耳にする定番曲の一つですね。オリジナルのワムだけでなく、カバー・バージョンでも名曲には変わりありません。(Koji)
  • たくさんのアーティストがカバーしており、それぞれ素敵なクリスマス・ソングです。(Yamazaki)

ユニコーン|雪が降る町
http://www.youtube.com/watch?v=1xt84-PGwJo(YouTube)

ザ・ベリー・ベスト・オブ・ユニコーン

新品価格
¥2,308から
(2013/12/12 15:23時点)

  • クリスマスというよりも、12月になると聞きたくなる曲です。(Yamazaki)

皆様、ハッピー・クリスマスを、お過ごしください。
お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

水無月から文月へ「パッヘルベルのカノン」に乗せて(2)


水無月から文月へ「パッヘルベルのカノン」に乗せて(1)の続き

Fudoki_Yuri

常陸風土記の丘(茨城県石岡市)のユリの群生

7月の花の一つユリ(百合)の花言葉は「威厳」「純潔」「無垢」などです。

統計開始以来4番目に早い梅雨明けとなった関東地方ですが、翌日の7月7日は例年とは異なる夏の晴天に恵まれた七夕となりました。
織女と牽牛の年に一度の逢瀬も、天の川の氾濫もなく無事実現したことだと思います。

-七夕伝説-
七夕伝説のおこりは中国です。もともとは、中国の織女(しょくじょ)牽牛(けんぎゅう)の伝説と、裁縫の上達を願う乞巧奠(きこうでん)の行事とが混ざりあって伝わったものといわれています。

織女と牽牛は夫婦なのですが、仕事をせずに遊んでばかりいたので、1年に1日のデート以外は仕事、仕事の毎日を強制されるという儒教的思想の色濃い お話。昔の農民が「仕事、仕事」の毎日を哀れむために作ったのが七夕伝説の最初なのではないかといわれていますが、中国の後漢のころ(1~3世紀)には作 られていたようです。

 出典:アストロアーツ星空ガイド特集「七夕」

織女星(こと座のベガ)と牽牛星(わし座アルタイル)を隔てて会えなくしているのが天の川です。銀河とも云います。

アイドルグループ「光GENJI(ヒカルゲンジ)」の3枚目シングルに「パラダイス銀河」という曲があります。1988年のオリコン年間シングル・チャート1位に輝き、同年の第30回レコード大賞も受賞しました。
当時15歳から20歳の7人メンバーによるローラースケートで駆け廻りながら歌う映像があります。

光GENJI|パラダイス銀河
http://www.youtube.com/watch?v=eWHqOjJgZIw (YouTube)

光GENJIは、1980年代終盤から1990年代前半にかけて一斉を風靡(ふうび)した、ローラースケートを履いたジャニーズ事務所所属の男性アイドルグループでした。この「パラダイス銀河」の頃がピークだったと思います。
テレビ番組がベストテンやアイドル番組からバラエティ中心に変化する中で、次第に人気にも翳りが生じ解散に至りました。
その後、ジャニーズ事務所が路線の変更を図り、新しい時代のニーズに対応したアイドル「SMAP」の登場により殆どメンバーが事務所からも離れました。従来型アイドルの最終形だったのでしょう。
アイドル路線の変更に成功したジャニース事務所は、息が長く且つ単品売り可能なアイドルグループの育成に成功し、現在のテレビ界における隆盛につながっています。
彼らのライブの模様を収録したDVD「光GENJI – ファーストライブ」があります。
紫式部の源氏物語の主人公がグループ名の起源である、彼等の輝かしい瞬間もまた懐かしいものです。

光GENJI – ファーストライブ [DVD]

新品価格
¥2,185から
(2013/7/12 10:45時点)

そのスケート滑走のBGMとしても使い易そうな「パラダイス銀河」ですが、これも「カノン進行」が上手く使われている有名な曲です。
1989年春の選抜高校野球大会の入場曲にも選ばれ、今でも応援ソングとして広く使われています。
この曲の作詞作曲はチャゲ&飛鳥(現、Chage and Aska、通称チャゲアス)の飛鳥涼です。本家が歌う「パラダイス銀河」があります。

Chage and Aska|パラダイス銀河他
http://www.youtube.com/watch?v=hNctQK6fIUA (YouTube)

光GENJIのデビューから続いたチャゲアスによる楽曲提供は「パラダイス銀河」で終わりを告げます。
そしてチャゲアス27枚目のシングル「Say Yes(セイ・イエス)」が1991年に発売され、最終的に300万枚を売り上げる彼等の最大のヒット曲となりました。
フジテレビ系月9ドラマ『101回目のプロポーズ』(1991年7月-9月)の主題歌として起用されたことが大きかったと思います。
その「Say Yes」がバックで流れるシーンが有名です。

101回目のプロポーズ
https://www.youtube.com/watch?v=PFzLoEZxUc8 (YouTube)

主役は「浅野温子」と「武田鉄矢」と云う異色の組み合わせでしたが、「僕は死にません。僕は死にません! あなたが好きだから、僕は死にません。僕が、幸せにしますからぁ!」という台詞は同年の流行語(大衆部門・金賞)にもなりました。

TREE

新品価格
¥1,977から
(2013/7/12 10:39時点)

101回目のプロポーズ [DVD]

新品価格
¥14,525から
(2013/7/12 10:38時点)

個人的には結婚式に招かれる機会の多かった1990年代でしたが、必ずと云っていい程に「Say Yes」を耳にした記憶があります。

その結婚式ですが、厚生労働省の平成18年度「婚姻に関する統計」の概況を元に、「婚姻の月別推移」について調べてみました。

婚姻統計

統計データは多少古くなりますが、平成13年(2001年)から平成17年(2005年)の5年間の月別の傾向です。
21世紀最初の年である2001年に若干異なる傾向はありますが、各月の推移は毎年同じような傾向となっています。平成13年1月は「2001年1月11日」が並び婚として多かったと思われます。同様に平成14年2月は「2002年2月22日」の影響だと思います。

概ね云えることは、「3月と11月が多く、1月と8月が少ない」、「続いて多いのは5月、10月、12月、4月で、2月、6月、7月、9月は平均より少ない」です。

  • 天候や気候の良い春と秋の結婚が多い。
  • 年度末の3月や年末調整の絡む12月は多くなる。
  • 夏の時期は特に敬遠される。

といった所ですが、ジューン・ブライド(June bride、6月の花嫁)の6月や、七夕伝説の7月は比較的少ない傾向です。
6月の英語名「June」が、ローマ神話のジュピターの妻ジュノー(結婚生活の守護神)からとられていても、日本の天候では敬遠されるようです。

そんな結婚式にお似合いのBGMをお薦めいたします。
6月19日にリリースされた「Namy|Wedding Lounge」です。「DJ/プロデューサー高波由多加(たかなみゆたか)が率いる、生音にこだわった音作りで聴かせる音楽ユニット「Namy」によるウェディング・カヴァー・アルバム。」との紹介になっています。

旧古河庭園(北区)の6月のバラと共に全曲試聴をしてみて下さい。
Namy | Wedding Lounge (Album All Songs)
http://www.youtube.com/watch?v=rJOB0_SIm9c&noredirect=1 (YouTube)

Wedding Lounge

新品価格
¥1,890から
(2013/7/12 10:37時点)

木村カエラ「Butterfly(英語詩)」のラウンジ・カヴァーやYuki Monolog Kanesaka参加の「バッハ|G線上のアリア」など必聴です。
このアルバムの楽曲の中にも「カノン進行」の影響を確かめてみて下さい。

公式PVもあります。

DJ:高波由多加は7月20日の「夏びらき MUSIC FESTIVAL’13」に出演予定です。

チケットぴあ一般発売 / 夏びらき MUSIC FESTIVAL’13 | 2013/7/20(土)~2013/7/21(日) | 所沢航空記念公園野外ステージ (埼玉県)icon

今年の「伝統的七夕」は8月13日です。
ペルセウス座流星群(国立天文台の解説はこちら)の極大に併せて、「星に願う2日間」と題する「伝統的七夕ライトダウン2013キャンペーン」があります。

鍵盤ハーモニカとリコーダーとキラキラ星


先月、「鍵盤ハーモニカの同時演奏」でギネス世界記録に挑戦し、それを達成したニュースがありました(静岡新聞 )。688人の同時演奏が、公式記録員により世界記録として認定されたそうです。
そのギネス記録挑戦の際の映像があります。

【静岡】鍵盤ハーモニカでギネス世界記録に挑戦【浜松】
http://www.youtube.com/watch?v=1e1hz88KLI8 (YouTube)

鍵盤ハーモニカというより、ピアニカメロディオンといった商品名で呼ばれる、 小学生や幼稚園児の音楽教育に使われる楽器として親しまれています。
鼓笛隊などでも使われることも多く、最近の子供達であれば必需品であり、演奏経験のある楽器だと思います。
主要なメーカーと商品名は次の通りです。

 

◎YAMAHA P-32D(中空二重ブローケース・卓奏用パイプ付)

新品価格
¥4,728から
(2013/4/25 15:58時点)

ヤマハ、TOKAI:ピアニカ(Pianica)
東海楽器製造(TOKAI)製のピアニカを1967年にOEMで発売。現在は両社共にピアニカの名称で販売。

SUZUKI F-32P メロディオン(ピンク)

新品価格
¥4,618から
(2013/4/25 16:31時点)

SUZUKI:メロディオン(Melodion)
ホーナー社のメロディカ(押しボタン式)を参考に1961年に開発。1963年に世界初の鍵盤式を発売。

全音 323A ピアニー

新品価格
¥5,100から
(2013/4/25 16:33時点)

ZEN-ON:ピアニー(Piany)

HOHNER MELODICA STUDENT32 BK 鍵盤ハーモニカ

新品価格
¥3,999から
(2013/4/25 16:34時点)

HOHNER:メロディカ(Melodica)
ホーナー社は1857年創業のドイツの楽器メーカー。ホーナー社製メロディカは今では鍵盤式の製品を発売。

浜松の小学生たちが使っていたのはメロディオンの可能性が高いと思います。演奏する後の方に見える「SUZUKI」の看板が物語っています。
只、参加712人の小学生の内、24人がギネス認定員によって失格とされているのは残念でした。記録に必要な5分間の間に中止したりしたのでしょう。
それまでの記録がトルコの小学生ということは、世界中でこの楽器が身近な音楽の初等教育用として普及している事が伺い知れます。

そんな半ば強制的に購入させられる鍵盤ハーモニカですが、3年生になるとリコーダーを購入するのが一般的のようです。それは文科省の指導要領に起因していると思います。

イ) 第1学年及び第2学年で取り上げる身近な楽器は,様々な打楽器,オルガン,ハーモニカなどの中から学校や児童の実態を考慮して選択すること。
ウ) 第3学年及び第4学年で取り上げる旋律楽器は,既習の楽器を含めて,リコーダーや鍵(けん)盤楽器などの中から学校や児童の実態を考慮して選択すること。

出典:文部科学省「新学習指導要領・生きる力

指導要領では鍵盤ハーモニカを推奨している訳ではありませんが、その比較的簡単で扱い易いことによって、従来のハーモニカに代わって教育楽器として普及したものと思われます。
只、この半ば強制的に購入させられる鍵盤ハーモニカも次のリコーダーの購入と共に出番が減り、いつの間にか子供部屋の押入れの隅が定位置になるようです。
誰もが入手する鍵盤ハーモニカは、子供用の楽器のように思われがちですが、その表現力は決してあなどれるものではありません。
Yuki Monolog Kanesaka にとっては重要な演奏楽器の一つです。
以前の記事(シタールとノルウェイの森)でも紹介したアルバム「monolog | Re:Live – JAZZ meets HIP HOP CLASSICS-」にも、鍵盤ハーモニカは度々登場しています。クレジットでは「Melodica」となっていますが、実際はヤマハの「ピアニカ」のようです。
そして、彼のそのケースには「1ねん2くみ、かねさかゆきひろ」と書かれています。
そんな彼のピアニカが主役のリミックス楽曲があります。
スタジオジブリのアニメ映画「千と千尋の神隠し」の挿入曲「あの夏へ(作曲:久石譲)」です。
ジブリ作品に登場しそうな田舎の風景と共に味わってみて下さい。

あの夏へ~千と千尋の神隠し~
http://www.youtube.com/watch?v=H5szByteYk0 (YouTube)

この「あの夏へ」を含め、ジブリの名曲をラウンジ風に仕上げたコンピレーション・アルバム「Namy(高波由多加)|Namy presents ジブリ Lounge」があります。
ジブリ好きにはお薦めの一枚だと思います。

Namy presents ジブリ Lounge

新品価格
¥1,888から
(2013/4/25 19:00時点)

ところで、3年生で購入する方のリコーダー(英:recorder)ですが、鼓笛隊で花形の指揮、太鼓、グロッケンシュピール(Glockenspiel)などに選ばれなかった、その他大勢が吹きながら行進するイメージが強く残っています。そして、曲も「キラキラ星」が思い浮かびます。
元々は小鳥などの声を模して演奏する「記録するもの=recorder」が語源のようですが、決して易しい楽器ではないと思います。しかも、小学校の時は「ジャーマン式運指」であるのに対し、中学校の音楽科では「バロック式運指」が使われているそうです。

 

YAMAHA / ヤマハ YRS-37III ( YRS37III ) ソプラノリコーダー 【ジャーマン式】

新品価格
¥1,067から
(2013/4/25 16:10時点)

YAMAHA / ヤマハ YRS-302BIII ( YRS302BIII ) ソプラノリコーダー 【バロック式】

新品価格
¥1,392から
(2013/4/25 16:11時点)

小学校における楽器選択も「指導要領」自体が曖昧な表現でもあるので、もっと自由な選択や指導があっても良いのではと感じました。
そして折角購入した楽器には永く親しんで貰いたいものです。

バロック時代のリコーダーは当時の花形楽器でした。こんなライブ映像があります。

Vivaldi|Recorder concerto
http://www.youtube.com/watch?v=DXs2q9_PMfA (YouTube)

 

Vivaldi;Recorder Concertos

新品価格
¥4,272から
(2013/4/25 19:22時点)

こちらのジャケット写真は、リンク先のAmazon.co.jpで、ご覧いただけます。

浜松の小学生が5分間演奏していた「キラキラ星」ですが、このメロディで日本やアメリカでよく歌われる曲に「ABCの歌」があります。これを日本へ紹介したのはジョン万次郎(JAZZと不易流行で紹介)が江戸時代に著した英会話本だと云われています。

さて、ゴールデンウィークに、当ブログで推薦している「Monolog “JAM” Japan Tour」 (facebook)が福岡、名古屋、東京で行われます。

Jamセッションのメンバーを募集しています。
老若男女、どんな楽器でも構わないようです。
この際、押入れの隅のあなたの楽器を復活させてみては如何でしょうか?

そんな monolog の一人Jamセッションの映像があります。
身の回りの備品が楽器に変身します。昨年の1月にお台場近くのBarで行われたプロジェクトの公式映像です。

the Bar x Yuki Kanesaka

これもX’mas Songの名曲の一つだと思います


X’mas Songといえば、坂本龍一(Ryuichi Sakamoto) | Merry Christmas,Mr Lawrenceです。
http://www.youtube.com/watch?v=I1iR965rexM (YouTube)

戦場のメリー・クリスマス

新品価格
¥2,604から
(2012/12/6 10:33時点)


そして、この名曲がバークリー音楽大学出身の二人(09年卒のAtsushi Asadaと04年卒のYuki Monolog Kanesaka)の音楽家によってダンス・ミュージックに生まれ変わりました。坂本龍一(東京藝大卒)とのピアノの音色の違いを楽しむのもまた良いかと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=KmeE9gCD1jU (YouTube)
これからの季節のBGMとしてお薦めの曲だと思います。
これは、Namy(高波由多加)プロデュースによるアルバム「Climax Tone」(’11)の中に含まれる一曲です。

CLIMAX TONE

新品価格
¥1,909から
(2012/12/6 10:27時点)


因みに、このアルバムの2曲目の「There She Stands」はバークリー音楽大学(当時はバークリー音楽院)に、1950年代日本人で初めて学んだ穐吉敏子の娘のマンディ満ちるをフューチャリングした曲です。アルバム「Climax Tone」全体としてもこの季節にふさわしい仕上がりになっていますので一度試聴してみて下さい。