タグ別アーカイブ: monolog

<お知らせ>monologの新譜「monolog presents Hybrid Thoughts」「Re:Live Plus -JAZZ meets HIP HOP CLASSICS-」4/26発売開始!


当ブログ推薦のアーティスト「monolog」ことYUKI “U-Key” KANESAKAの新プロジェクト「Hybrid Thoughts」(ハイブリッド・ソーツ)のデビューアルバム「monolog presents Hybrid Thoughts」が、4月26日(水)にリリースされます。

monolog presents “Hybrid Thoughts” introduction
https://www.youtube.com/watch?v=7LDD2JDDjWs (YouTube)

monolog presents Hybrid Thoughts

新品価格
¥2,700から
(2017/4/10 23:11時点)


また、monologの原点となった「Re:Live -JAZZ meets HIP HOP CLASSICS-」が、「Re:Live Plus -JAZZ meets HIP HOP CLASSICS-」として、4月26日(水)に再発売されます。こちらは、monolog自らコンパイル&ミックスしたディスク2が追加された2枚組です。

monolog | Re:Live Trailer
https://www.youtube.com/watch?v=qgLkLhoYewE (YouTube)

Re:Live plus -JAZZ meets HIP HOP CLASSICS

新品価格
¥2,916から
(2017/4/10 23:12時点)

monolog-が90年代ヒップホップに敬意を払う作品を2作同時リリース KRS・ワンも参加 | bmr
monolog-が90年代ヒップホップに敬意を払う作品を2作同時リリース KRS・ワンも参加 | bmr
故ジョージ・デューク(GeorgeDuke)やパトリース・ラッシェン(PatriceRushen)から、シーロー(CeeLo)やス…

スーパースター(フォトモンタージュ)

マイ・フェイバリット・ライト・ミュージック


この当ブログ執筆者がお勧めするテーマを決めた「お気に入り」シリーズは、今回が50回目です。

これまで、いろいろなテーマでお薦めミュージックを紹介してきました。
今年も、よろしくお願いします。

さて、1月のテーマは「光」「ライト」です。
当ブログ執筆者がお勧めするライト・ミュージック8曲を紹介します。

堺正章|街の灯り
https://www.youtube.com/watch?v=Ob9R9voto5U (YouTube)

〈COLEZO!〉堺正章 ベスト

新品価格
¥1,650から
(2017/1/26 00:00時点)

  • スパイダースの時からずっとファンでした。この曲で話術だけでなく歌もうまいんだ、と改めて多彩に感心しました。(Hiro)

monolog|A Crack In the Clouds
https://www.youtube.com/watch?v=gw1upKtc0hg (YouTube)

ONE DAY

新品価格
¥2,092から
(2017/1/26 00:01時点)

  • 光と闇。静と動。狂気にループする音楽体験。monologがジャズテーストに綴る一日”One Day”。(Koji)

グローバー・ワシントンJr.(Grover Washington Jr.)|ワインライト(Winelight)
https://www.youtube.com/watch?v=I0oxkwvO4_4 (YouTube)

ワインライト

新品価格
¥920から
(2017/1/26 00:03時点)

  • フュージョン全盛期のグローバー・ワシントンJr.の名盤。「FUSION BESTコレクション1000」シリーズお勧めの一枚です。(Koji)
  • ギターのカッテイングが小気味がいいですね。(Hiro)
  • この頃、グローバー・ワシントンJr.は、毎年アルバムを発表していて、発売の度に秋葉原の石丸電気に買いに行っていました。(Yama)

中島みゆき|ヘッドライト・テールライト
https://www.youtube.com/watch?v=kQdBn65S8CI (YouTube)

短篇集

新品価格
¥2,772から
(2017/1/26 00:02時点)

  • NHK「プロジェクトX~挑戦者たち~」のエンディング・テーマとして懐かしい曲です。(Koji)
  • このテーマで、最初に思いついた曲です。(Yama)

ブライアン・カルバートソン(Brian Culbertson)|City Lights
https://www.youtube.com/watch?v=310bbatMSyA (YouTube)

Another Long Night Out [日本語帯・解説付]

新品価格
¥2,376から
(2017/1/26 00:08時点)

  • 最近ハマっているキーボーディストです。アルバムは何枚か持っていますが、この曲が収録された「Another Long Night Out」はお勧めです。この曲は「リー・リトナー」をフューチャーしていますが、他にも「チャック・ローブ」、「スティーヴ・ルカサー」などがフューチャーされ、ギター好きの方にも気に入っていただけるのではと思います。(MAHALO)

ボズ・スキャッグス(Boz Scaggs)|ハーバー・ライツ(街の灯)(Harbor Lights Live)
https://www.youtube.com/watch?v=YsarXhY4b98 (YouTube)

Greatest Hits Live

新品価格
¥1,276から
(2017/1/26 00:10時点)

ボズ・スキャッグス・グレイテスト・ヒッツ・ライヴ [DVD]

中古価格
¥9,980から
(2017/1/26 00:10時点)

  • アルバム「シルク・ディグリーズ」に収録されたこの曲は癒されます。このアルバムで聴くのも良いですが、私のお気に入りは、CD、DVDでもリリースされたサンフランシスコでのライブ演奏です。一度はこのような会場でじっくりと聴いてみたいものです。(MAHALO)
  • しっとりとした曲調の優しさの中に包まれす。エンディングのアップテンポののりもいいです。(Hiro)

カーペンターズ(Carpenters)|ホノルル・シティ・ライツ(Honolulu City Lights)
https://www.youtube.com/watch?v=yiZ-j1Y_Eww (YouTube)

愛の軌跡~ラヴラインズ(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥2,880から
(2017/1/26 00:11時点)

  • 「Keola & Kapono Beamer」で知られるこの曲ですが、「カーペンターズ」もカバーしています。曲の良さはもちろんですが、カレンの歌声は癒されますね。(MAHALO)

Perfume(パフューム)|レーザービーム
https://www.youtube.com/watch?v=K54CYowOqxM (YouTube)

JPN(通常盤)

新品価格
¥2,468から
(2017/1/26 00:12時点)

  • 東日本大震災の影響で、プロモーションビデオの撮影が中止になり、かつリリースも延期された曰く付きの曲です。(Yama)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

「花は咲く」、そして「花は咲けども」~3.11に寄せて


fukujyuso

春を告げる福寿草

今年もまたフクジュソウ(福寿草、学名:Adonis ramosa)が、我が家の梅の木の周りで春の訪れを告げています。花言葉は「幸せを招く」「永久の幸福」などで、新春を祝う花です。
しかし、誤食したりすると危険な毒草でもあります。

この3月11日で東日本大震災から5年が過ぎました。
震災の翌年に発表されたチャリティソング「花は咲く」があります。
「NHK東日本大震災プロジェクト」のテーマソングとして使用されており、被災地出身者やゆかりのある著名人による「花は咲くプロジェクト」名義の他、多くのカバー版もリリースされています。
今話題のNHK連続テレビ小説「あさが来た」のヒロイン・白岡あさの幼少期も演じた名子役 鈴木梨央(すずき りお、2005年生まれ)の歌う子供バージョンも併せてご覧下さい。

花は咲くプロジェクト | 花は咲く
https://www.youtube.com/watch?v=_RwTct8K2JM (YouTube)

鈴木梨央 | 親と子の「花は咲く」
https://www.youtube.com/watch?v=aE_f5cGw8SA (YouTube)

「花は咲く」 作詞:岩井俊二、作曲:菅野よう子

真っ白な 雪道に 春風香る
わたしは なつかしい
あの街を 思い出す

(中略)

花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
わたしは何を残しただろう

そして、この歌のアンサーソング(既に存在する歌に対する返答として作られた歌のこと)として「花は咲けども」という曲があります。
山形県長井市を中心に、結成40年にわたり活動してきたアマチュア・フォークソング・グループ「影法師」による曲で、こちらのプロジェクトも賛同者によるカバー版の動画がYouTubeに公開されています。

影法師 | 花は咲けども
https://www.youtube.com/watch?v=GRigYCdtuyA (YouTube)

「花は咲けども」 作詞:あおきふみお、作曲:横澤芳一

原子の灰が 降った町にも
変わらぬように 春は訪れ
もぬけの殻の 寂しい町で
それでも草木は 花を咲かせる
花は咲けども 花は咲けども
春を喜ぶ 人はなし
毒を吐きだす 土の上
うらめし、くやしと 花は散る

(以下、略)

この影法師というグループの詳しいメンバーや背景は知りませんが、未だ反戦歌が盛んだった頃のフォークソングの匂いを強く感じます。
また、この「花は咲けども」の全世界バージョンとして、英語詞による楽曲もありますので聴き比べてみて下さい。東京生まれの植田あゆみ(Ayumi Ueda、1986年 – )率いる多国籍ボーカルグループのウーマン・オブ・ザ・ワールドWomen of the World)による、オリジナル版とは英語詞の影響もありますが趣がかなり異なります。

Women of the World | 花は咲けども(全世界バージョン)
Even Though the Flowers Bloom -Fukushima’s callingyou-
https://www.youtube.com/watch?v=w0l3LxkT4K4 (YouTube)

このバージョンの楽曲は次の通りクレジットされています。

Vocals
Women of the World
Ayumi Ueda(東京、足立区出身)
Annete Philip(インド出身)
Giorgia Renosto(イタリア、トリノ出身)
Deborah Pierre(ハイチ共和国出身の両親の元、アメリカで生まれ)

Lyrics and translation by Deniz Aydemir
Produce, arranged, mixed, and recorded by Yuki Kanesaka
Drumset, Moog Bass, Piano and Keys: Yuki Kanesaka
Recorded at  Komugiko Studio

花は咲けども Even Though the Flowers Bloom

新品価格
¥1,500から
(2016/3/14 17:40時点)

このウーマン・オブ・ザ・ワールドは植田あゆみ始め全員がバークリー音楽大学出身で、2014年度 全米アカペラチャンピオンの実力派です。
この曲を始め、多くの曲作りのサポート役としてmonologことYuki Kanesakaも務めています。編曲及び演奏は所謂”monologスタイル”の仕上りです。

Women of the World Promotional Video
https://www.youtube.com/watch?v=HrkobkKiKJA#t=83 (YouTube)

Koloro

新品価格
¥1,308から
(2016/3/14 17:42時点)


リーダーの植田あゆみ単独でも活動していますので、こちらもチェックしてみて下さい。

Alma Voiceこと植田あゆみ オフィシャルFacebookページ

期間限定の” 高音質ハイレゾ音源” 無料配信中とのことです。

AyumAyumi Ueda  | In the Flow…
https://www.youtube.com/watch?v=yutALPr4hzc (YouTube)

In the Flow

新品価格
¥2,020から
(2016/3/14 17:43時点)

最後に、Yuki Kanesakaのピアノ演奏で「四季折々の花」をお楽しみ下さい。

Yuki Kanesaka | 四季折々の花 (Flowers for Your Life)
https://www.youtube.com/watch?v=FBQKUcHjU2I (YouTube)

マイ・フェイバリット・オータム・ミュージック2015


稲刈りの済んだ田んぼ

稲刈りの済んだ田んぼと秋空

二十四節気(にじゅうよんせっき)の「寒露」(かんろ)を過ぎで、季節は晩秋を迎えました。

田んぼの稲刈りも進み、五穀の収穫がたけなわで、農家では繁忙を極めます。

大気の状態が安定して空気が澄んだ秋晴れの日が多くなります。夜には月も美しく輝いて見えます。今年の十三夜は、10月25日です。名月を愛でましょう。

さて、10月の「お気に入り曲」のテーマは、ずばり「秋」です。
当ブログ執筆者がお勧めするオータム・ミュージック9曲を紹介します。
お気に入りが見つかれば幸いです。

ピーター・ポール&マリー(PP&M)|パフ(Puff, the magic dragon)
https://www.youtube.com/watch?v=5SXtAP-tXts (YouTube)

ヴェリー・ベスト・オブ

新品価格
¥1,676から
(2015/10/14 14:50時点)

  • たまたま、フォークシンガーの小室等が関口宏の番組にでていて、フォークを始めた時は、PP&Mのコピーから始めた、という話をしていて、、そうだ、高校の謝恩会などでは、PP&Mだったなぁと大変懐かしくなりました。「パフ」は定番曲でした。特に秋を歌っているわけではないのですが、「秋の霧がたなびく海で」とあるので。(Hiro)

monolog|ONE DAY
https://www.youtube.com/watch?v=X6pdH1QqBV0 (YouTube)

ONE DAY

新品価格
¥2,484から
(2015/10/14 14:51時点)

  • アルバム「ONE DAY」の中には秋の1日の風景を感じます。アルバムを通して聴くことをお薦めします。(Koji)

フォープレイ(Fourplay)|10月の朝 (October Morning)
https://www.youtube.com/watch?v=GG_e4JToBqo (YouTube)

Fourplay

新品価格
¥744から
(2015/10/14 14:51時点)

  • 今年の東京JAZZに合わせて来日したFourplayですが、彼らのアルバムはどれを取っても「秋」を感じます。(Koji)
  • ギターの音色が秋を感じさせますね。(Hiro)
  • フォープレイはこの曲収録が収録されたファーストからのファンです。ギタリストのみメンバー・チェンジとなりましたが、やはりリー・リトナーの頃が好きですね。デイブ・グルーシンとのコンビは有名ですが、ボブ・ジェームスとも良い感じでプレイしています。なんと今年の東京JAZZは初代のリー・リトナー、2代目のラリー・カールトン、そして現在のチャック・ローブと歴代のギタリスト3人が揃い、アンコールでリー・リトナー、ラリー・カールトンがゲスト出演したようです。(MAHALO)

山口百恵|秋桜(コスモス)
https://www.youtube.com/watch?v=QfmLjQ4tFTY (YouTube)

  • 未だ18歳の時の山口百恵です。最近「赤いシリーズ」のDVDマガジンが好調のようです。15歳から21歳の山口百恵がそこにはいます。(Koji)
  • この手のDVDを見つけると、買わない決断に苦労します。(Yama)

スタッフ(Stuff)|いとしの貴女(My Sweetness)
https://www.youtube.com/watch?v=Pi2IG1EmNlI (YouTube)

スタッフ!!

新品価格
¥955から
(2015/10/14 14:55時点)

  • 今回のテーマで真っ先に思いついた曲です。グループとしてもですが、やはり「リチャード・ティー」のローズ・ピアノのサウンドは最高です。秋の夜にピッタリかと思います。(MAHALO)

チキンシャック(Chickenshack)|ロレッタ(Loretta)
https://www.youtube.com/watch?v=u9S2AYnY9dA (YouTube)

CHICKEN SHACKVI

中古価格
¥3,000から
(2015/10/14 14:55時点)

  • 「チキンシャック」6枚目のアルバムに収録の曲です。秋に夜にこの曲をBGMにお酒でも…といっても私は飲めませんが。土岐英史らしいサックスは何時聴いても心地よいです。もちろん山岸潤史のギターもですが。(MAHALO)
  • 土岐英史、私も好きです。竹内まりやの「駅」のエンディングソロよかったです。この曲も本当に秋の夜長にピッタリの曲ですね。(Hiro)

ロニー・フォスター(Ronnie Foster)|ア・ソフト・ハート(A Soft Heart)
https://www.youtube.com/watch?v=_7ZONymXieo (YouTube)

Love Satellite – Expanded Edition , from UK)

新品価格
¥1,036から
(2015/10/14 14:56時点)

  • 「ジョージ・ベンソン」の「ブリージン」で知った「ロニー・フォスター」ですが、当時、そして今でもよく聴くキーボーディストです。この季節にこの曲はいかがでしょうか。(MAHALO)
  • 秋の澄んだ空気を感じさせますね。気持ちがしっとりとします。(Hiro)
  • 特徴的な音色が印象的です。(Yama)

ジョージ・ウィンストン(George Winston)|カラーズ/ダンス (Colors/Dance)
https://www.youtube.com/watch?v=-fTaAOzPbig (YouTube)

AUTUMN: WINDHAM HILL 20TH ANNIVERSARY EDITION

新品価格
¥6,396から
(2015/10/14 14:57時点)

  • 秋になると、やはりジョージ・ウィンストンのアルバム「オータム」。今年は、アルバム1曲目の「カラーズ/ダンス」を紹介します。秋の高い空を見ていると聞きたくなる、すがすがしいメロディです。(Yama)

ダイアナ・パントン(Diana Panton)|私を月に連れてって(Fly me to the Moon)
https://www.youtube.com/watch?v=xBSuxSQQkFE (YouTube)

ムーンライト・セレナーデ~月と星のうた

新品価格
¥2,397から
(2015/10/14 14:57時点)

  • ジャズのスタンダード・ナンバー。多くの歌い手がボサノバ風に歌うのは、フランク・シナトラがカバーした時のアレンジの影響だとか。月と星をモチーフにした楽曲ばかりを集めたアルバム「ムーンライト・セレナーデ~月と星のうた」の「ダイアナ・パントン」もその一人です。(Yama)
  • シナトラからエヴァンゲリオン迄、何れのバージョンもそれぞれに良いですね。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

<お知らせ>monologの新譜「One Day」7/15発売開始!


当ブログ推薦のアーティスト「monolog」ことYUKI KANESAKA主催の「monophonc」レーベルから、オリジナルアルバム「One Day」が、7月15日にリリースされました。

monolog NEW ALBUM “ONE DAY” TRAILER

今作はmonolog流JAZZです。

Amazon

ONE DAY

新品価格
¥2,484から
(2015/7/24 13:42時点)

TOWER RECORDS ONLINE





monolog | One Day

2015/7/19追記:
ディアンジェロのバンド・メンバーも参加 天才日本人プロデューサー monologがブラック・ジャズな新作を発売(bmr)

monologとAi Ichikawのコラボアルバム「monolog+Ai Ichikaw | The Limelight」も、好評発売中です。

<お知らせ>monologのコラボアルバム「monolog+Ai Ichikaw | The Limelight」6/17発売開始!


当ブログ推薦のアーティスト「monolog」が、ジャズ・シンガーとしても現在大注目、最近では菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラールの新作らにも参加して話題の「市川愛」とコラボレーションしたアルバム「monolog+Ai Ichikaw | The Limelight」を、6月17日にリリースします。

レーベル「Grand Gallery」のホームページで、視聴できます。
http://grandgallery.jp/catalog/grgaj0006/ (Grand Gallery)

Amazon

THE LIMELIGHT

新品価格
¥2,484から
(2015/6/16 18:43時点)

monologとKanata Okajimaのコラボアルバム「monolog Kanata | TOUCH」も、好評発売中です。

<お知らせ>monologのコラボアルバム「monolog Kanata | TOUCH」12/24発売開始!


当ブログ推薦のアーティスト「monolog」が、E-Girlsや安室奈美恵、SMAP等、数々のヒット曲の制作に携わる作詞作曲家で女性ヴォーカリスト「Kanata Okajima」とコラボレーションしたアルバム「monolog Kanata | TOUCH」を、12月24日にリリースします。

Amazon

TOUCH

新品価格
¥1,983から
(2014/12/11 12:26時点)

TOWER RECORDS ONLINE



monolog Kanata | TOUCH

monolog Kanata 『 TOUCH 』
touch_jkt1[1]
海外で活躍の幅を広げ、日本国内でも数々のアルバムを発売し、音楽関係者、マニアの間で話題騒然の、『monolog』の最新作が登場! !
今回は、同じく、海外でも活躍し、日本国内でも、E-Girlsや、安室奈美恵、SMAP等、数々のヒット曲の制作に携わる、作詞作曲家、次世代ミュージッククリエーターでもある女性ボーカリスト『Kanata Okajima』 とのコラボレーションアルバム! !
Jazz、 Soul、Hiphop 等のテイストを取り入れた、monolog の変幻自在なパフォーマンスと、Kanata Okajimaの幅広い発想力の歌詞、自信に満ちた清々しい歌声が、新たなポップスの可能性を感じさせる。

アルバムのタイトル曲「touch」は、11月28日(金)20:05~21:30に放送されたNHKラジオ第一「Buyer’s Check」のエンディングで使用されました。

NHKラジオ第一「Buyer’s Check」
pic_artist_monolog[1]
番組オリジナル・テーマソング&ジングルは天才日本人プロデューサーmonologが担当!

「世代を超えて、国境を越えて」(1)~東京JAZZとハービー・ハンコック


今年で13回目となった「東京JAZZ」ですが、ここ数年は会場に足を運ぶこともなく、NHK-FMでの生放送やNHK-BSプレミアムでのダイジェスト映像で観る程度となりました。田舎住まいの出不精と魅力的なプログラムが無くなったのも原因のようです。

NHK ONLINEの放送案内

そんな中、10月14日の放送「第13回 東京JAZZ VOL.1」で9年振りに出演したハービー・ハンコックHerbie Hancock、1940年米国イリノイ州生まれ)の演奏を楽しみました。74歳になるハービー・ハンコック率いるバンドは、確かに「世代を超え、国境を超えた」メンバーでした。

  • (b)ジェイムス・ジーナス(James Genus、1966年米国バージニア州出身)
  • (g)リオーネル・ルエケ(Lionel Loueke、1973年西アフリカ ベナン共和国出身)
  • (ds)ヴィニー・カリウタ(Vinnie Colaiuta 、1956年米国ペンシルベニア州出身)

まずは放映された曲は、当日のステージ最後を飾った定番のジャズ・ヒップホップの代表曲「RockIt / Chameleon」の演奏でした。今回の東京JAZZの映像ではありませんが、昨年アルゼンチンのブエノスアイレスで行われたライブの時の映像で観てください。

ハービー・ハンコック(Herbie Hancock) | ロックイット(Rockit)&カメレオン(Chameleon) | 20/08/2013
https://www.youtube.com/watch?v=rMROSxxXXgU (YouTube)

残念ながら東京JAZZの時と異なり、ハービー・ハンコックの秘蔵っ子と云われているギターのリオーネル・ルエケが参加しておらず、インド出身のタブラ(Tabla:インドの楽器)奏者ザーキル・フセイン(Ustad Zakir Hussain、1953年- )が加わっています。

一方、リオーネル・ルエケ参加の映像としては2006年のスイスでの映像がアップされていますので比較してみて下さい。

ハービー・ハンコック(Herbie Hancock) | カメレオン(Chameleon) | live, 2006
https://www.youtube.com/watch?v=dBkoxR6eSQU (YouTube)

ハービー・ハンコックのショルダー・キーボードは当時はローランドの「AX-7(販売完了品、製品カタログ)」のようでしたが、現在はショルダー・シンセサイザー「AX-SYNTH」にグレードアップしているようです。ショルダー・キーボードについてはヤマハの製品名「ショルキー」として馴染みがありますが、最近再び復活しつつあるようです。(参考:ショルダー・キーボードは和製英語で、英語圏では「keytar(キーター)」と呼ばれる。)

Roland ローランド ショルダー シンセサイザー AX-SYNTH 49鍵 ホワイト

新品価格
¥122,092から
(2014/12/4 16:43時点)


この内、「カメレオン(Chameleon)」は1973年リリースのアルバム「ヘッド・ハンターズ(Head Hunters)」に収録され、ハービー・ハンコックのエレクトリック・ジャズ期の代表作です。
そして「ロックイット(Rockit)」の方は1983年リリースのアルバム「フューチャー・ショック(Future Shock)」収録曲であり、この曲は同年のグラミー賞「ベスト・R&B・インストゥルメンタル・パフォーマンス賞」にも輝いています。

Headhunters

新品価格
¥703から
(2014/12/4 16:49時点)

Future Shock

新品価格
¥435から
(2014/12/4 16:50時点)

何と言ってもDJスクラッチ(Grand Mixer D.STによる)を取り入れたスタイルは衝撃的でした。
DJスクラッチ入りのグラミー賞受賞時の映像があります。未だ43歳のハービーです。

ハービー・ハンコック(Herbie Hancock) | ロックイット(Rockit) | 26th 1983 Grammy Award
https://www.youtube.com/watch?v=XSxMtDnRS24 (YouTube)

2002年に始まった東京JAZZですが2005年の第4回まで音楽プロデューサーを務めたのがハービー・ハンコックで、そのテーマ「世代を超えて、国境を越えて」に沿った多様なプログラムだったように思います。
彼自身のバンドもそれぞれ趣向を変えて、その音楽性同様に幅広いパフォーマンスを見せてくれていました。

まずは2002年はDJスクラッチも入った「Future 2 Future」で登場し、2003年は「トリオ」、2004年の「カルテット」、そして2005年は「ヘッドハンターズ’05」でした。
2002年の「Future 2 Future」については、LAでのライブの模様を収めたDVDがあります。こちらは1982年の「Rockit」が特典映像として付いていてお薦めです。

Future 2 Fyture Live [DVD]

新品価格
¥24,634から
(2014/12/4 16:51時点)


さて、2005年の「ヘッドハンターズ’05」でもメンバーとして出演し注目されたリオーネル・ルエケですが、西アフリカ地方にあるベナン共和国出身でバークリー音楽大学でも学んでいます。2000年に卒業するとジャズの名門モンク・インスティチュート(The Thelonious Monk Institute of Jazz)を受験し、その時の試験官であったハービー・ハンコックにその才能を見出されたとのことです。
詳しくは彼を紹介したウェブマガジンの記事がありましたので、そちらを参考にして下さい。

Web Magazine Opners/Guest Lounge

そのリオーネル・ルエケが当ブログの記事でも紹介されたことのある、「グレッチェン・パーラトGretchen Parlato)」「マーク・ジュリアナMark Guiliana)」等と作り上げたアルバム「リオーネル・ルエケ | ヘリテッジ(Heritage)」が一昨年リリースされています。彼等の若きグルーヴ感を味わってみて下さい。3曲目収録の「トライバル・ダンス(Tribal Dance)」ではルエケとパーラトのデュエットも楽しめます。

リオーネル・ルエケ(Lionel Loueke) | トライバル・ダンス(Tribal Dance)
https://www.youtube.com/watch?v=a7QymJfoL1w (YouTube)

ヘリテッジ

新品価格
¥1,512から
(2014/12/4 16:52時点)


このアルバムにピアノとキーボードで参加し共同プロデューサーである、「ロバート・グラスパーRobert Glasper、1978年 -、米国テキサス州出身 )」 は、ジャズやゴスペル、ヒップホップ、R&B、オルタナティブなロックなどのエッセンスを取り入れた革新的なスタイルが評価されており、2012年の第55回グラミー賞で最優秀R&Bアルバム賞を、アルバム「Black Radio」で獲得した逸材です。

ブラック・レディオ

新品価格
¥1,512から
(2014/12/4 16:52時点)


因みに、当ブログ推薦のmonologは「和製ロバート・グラスパー」との異名があるそうです。
monologと最近注目のジャズ・シンガー市川愛(ai ichikawa)による「山下達郎|Paper Doll」のカバーが収録のコンピレーション・アルバム「TWILIGHT TIME」が10月29日にリリースされています。

TWILIGHT TIME

新品価格
¥2,625から
(2014/12/4 16:53時点)


次のGrand Galleryのウェブサイトでアルバム紹介と試聴ができます。70~80年代の所謂シティ・ポップスの好きな方にはお薦めです。

10.29 「V.A./TWILIGHT TIME」リリース決定! (Grand Gallery/Product)

マイ・フェイバリット・カバー・ミュージック


キンモクセイ珍しい2週続けての台風上陸があり、その台風19号が去ったら、急に秋が深まりました。

都心ではまだキンモクセイを見かけることがありますが、山ではもう紅葉の季節が始まっているようです。

10月の「お気に入り曲」のテーマは「カバー」です。
当ブログ執筆者がお勧めするカバー音楽を8曲を紹介します。
ボーカル曲、インスツルメンツの名曲が集まりました。

ピーター・ポール&マリー(Peter, Paul & Mary)|風に吹かれて(Blowin’ in the Wind)
http://www.youtube.com/watch?v=UrIgYx5Fyf8 (YouTube)

ピーター、ポール&マリー PPM スーパーベスト 風に吹かれて 素敵なロックン・ロール レモン・トゥリー スチューボール 朝の雨 500マイルも離れて ロック天国 悲しみのジェット・プレーン パフ フォー・ラヴィン・ミー くよくよするな 天使のハンマー デイ・イズ・ダン WQCP-667

新品価格
¥1,100から
(2014/10/21 15:41時点)

  • 「風に吹かれて」は、ボブ・ディランが1963年にリリースした曲。ピーター・ポール&マリーがカバーして大ヒットしました。私もこの曲はピーター・ポール&マリーの曲としての方が印象に残っています。「どれほど~と問いかけ、答えは~風に吹かれて~」とメッセージ性の強い曲ですが、ピーター・ポール&マリーの独特のしなやかなメロディーラインで、仄々とするような曲調になっています。(Hiro)

monolog|Remind Me (feat. Patrice Rushen)
https://www.youtube.com/watch?v=KQRK1MSQDw8 (YouTube)

17 Living Souls

新品価格
¥2,002から
(2014/10/21 15:43時点)

  • 当ブログでも推薦のmonolog(モノログ)ですが、パトリース・ラッシェン自ら参加した彼女の代表曲「Remaind Me」です。パトリースの代表曲の謂わばセルフカバーでもあります。ギター(monolog)とエレクトリックピアノ(パトリース)の掛け合いも彼等のお茶飲み友達としての会話のようです。(Koji)

徳永英明|時代
https://www.youtube.com/watch?v=tKvAv4_FIY4 (YouTube)

VOCALIST (通常盤)

新品価格
¥2,100から
(2014/10/21 15:44時点)

  • 徳永英明の「VOCALIST」シリーズは数々の名曲を彼の独特の歌唱で堪能できる名盤だと思います。原曲の良さ再認識します。(Koji)
  • 「時代」いいですね。徳永のカバーもいいですが、確かに中島みゆきのオリジナルもいいですね。(Hiro)

L.A. Workshop with New Yorker|ノルウェイの森(Norwegian Wood)
https://www.youtube.com/watch?v=l_ViPkd-JkE (YouTube)

ノルウェイの森II

新品価格
¥4,060から
(2014/10/21 15:49時点)

    • 参加ミュージシャンがスティーブ・ルカサー、リー・リトナー、エリック・ゲイル、ロン・カーター、ジョー・サンプル等々。ビートルズのカバーアルバム「ノルウェイの森II」です。今年も残念ながらノーベル賞を逸した村上春樹作品をイメージしたオマージュ作品です。ビートルズの作品を凄腕のミュージシャンの演奏で堪能できます。(Koji)
  • 当時、「L.A.何とか…」といったユニット名でロサンゼルスのトップ・ミュージシャンを起用した企画物のアルバムが多くリリースされ、私もミュージシャン目当てで購入しよく聴きました。このアルバムもその一枚で、もう一枚の「ノルウェーの森」でもこの曲をアレンジを変えて演奏していますが、リー・リトナーのギターをはじめ、この「II」のほうがお気に入りです。アルバムとしても「II]はお勧めです。(MAHALO)

ジョージ・ベンソン(George Benson)|私の主張(Affirmation)
http://www.youtube.com/watch?v=GeJjEPGwZ_0 (YouTube)

ブリージン

新品価格
¥1,660から
(2014/10/21 15:53時点)

  • この曲はオリジナルのホセ・フェリシアーノでもよく聴きましたが、ジョージ・ベンソンのアレンジによるカバーはセンスも良く当時は驚きでした。この曲が収録されたアルバム「ブリージン(Breezin)」は大ヒットしどの曲も良い曲ばかりですが、中でもこの曲が1番かと思います。(MAHALO)

コールド・ブラッド(Cold Blood)|サンシャイン・オブ・マイ・ライフ(You are the sunshine of my life)
http://www.youtube.com/watch?v=drc0eu0BB1I (YouTube)

スリラー!(紙ジャケット仕様)(BOM24091)

新品価格
¥2,333から
(2014/10/21 15:57時点)

  • スティービー・ワンダーのカバーにハズレ無しとよく言われますが、中でもコールド・ブラッドによるこの曲のカバーは最高かと思います。間奏のエレピ、フルートなどによるソロもセンスが良く心地よいです。(MAHALO)
  • 軽快で、ソフトな曲調、凄く爽やかな気持ちになります。まさにアメリカ西海岸、サンフランシスコの景観が浮かびます。(Hiro)
  • スティービー・ワンダーと異なるアプローチで聴かせてくれます。このアルバムもまたコールド・ブラッドの傑作ですね。(Koji)
  • 軽快なリズムと力強いボーカル、このアレンジは大変気に入りました。(Yama)

安藤裕子|ぼくらが旅に出る理由
https://www.youtube.com/watch?v=23achdSE-QI (YouTube)

chronicle.(DVD付)

新品価格
¥2,000から
(2014/10/21 15:57時点)

  • 80年代の渋谷系音楽は、多くのアーティストがカバーしています。動画はブラスセッションでアレンジしたライブバージョンですが、アルバムに収録した「ぼくらが旅に出る理由」は、少しスローなボサノヴァ風のアレンジです。(Yama)

土岐麻子|シーズン・イン・ザ・サン
https://www.youtube.com/watch?v=XEUmQyaTQ50 (YouTube)

CASSETTEFUL DAYS ~Japanese Pops Covers~ (MINI ALBUM)

新品価格
¥2,060から
(2014/10/21 15:58時点)

  • 土岐麻子の2012のカバーアルバム「CASSETTEFUL DAYS ~Japanese Pops Covers~」から、チューブのシーズン・イン・ザ・サンです。動画で3分39秒のドライブを楽しんでください。(Yama)
  • 当ブログで紹介しました「Gift ~あなたはマドンナ~」からのファンでですが、土岐麻子さんの歌声は心地良いですね。この曲もですが、特にアップ・テンポの曲が私のお気に入りです。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

<お知らせ>monologプロデュースの「ソーシー・レディ | Diversify」6/18発売開始!


当ブログ推薦のアーティスト「monolog」プロデュースの「ソーシー・レディ(SaucyLady) | Diversify」が、6月18日に発売されます。

17Living Souls」「14 Beats N’ Rhymes」に続く、monolog主宰レーベル「monophonic」の第3弾です。

SAUCY LADYは、ボストンで活躍中の日米ハーフの女性DJ/シンガー。キュートで “小意気(saucy)” なフューチャー・ディスコ・クイーンです。

Saucy Lady | I’M READY NEW!

Saucy Lady | Touch It

音楽WEBマガジン「bmr」にSAUCY LADY interview / 「多様的であるべきだと思うんです。ひとつのものにとらわれずに」が掲載されました。(2014/6/24追記)

 
Amazon

DIVERSIFY

新品価格
¥2,376から
(2014/7/10 11:45時点)

TOWER RECORDS ONLINE

SaucyLady/Diversify

monolog「17Living Souls」「14 Beats N’ Rhymes」も、好評発売中です。