タグ別アーカイブ: Michael Jackson

リズム・カッティングのカッコ良さ(2)「デヴィッド・ウィリアムス」~「ポール・ジャクソン・Jr.」


リズム・カッティングのカッコ良さ(1)の続き

前回はモータウンに係ったセッション・ギタリストとして3人を紹介しましたが、今回紹介するギタリストもモータウンのアーティストと関わりのあるギタリストです。

デヴィッド・ウィリアムス(David Williams)

デヴィッド・ウィリアムスはバージニア州出身のギタリストです。
18歳でプロとして活動を開始しますが、途中ベトナム戦争に徴兵のため中断し、帰国後はロサンゼルスでセッションマンとして活動を再開します。
また、「ジェイムス・ジェマーソン・Jr(James Jamerson Jr.)」と「シャンソン(Chanson)」というディスコ・ユニットを結成しアルバムをリリースし、「Don’t Hold Back」がヒットとなります。
因みに、ジェイムス・ジェマーソン・Jrの父親は、映画「永遠のモータウン」で取り上げられたモータウンのセッション集団、ファンク・ブラザースの名ベーシスト「ジェームス・ジェマーソン」です。

シャンソン(Chanson) | Don’t Hold Back
https://www.youtube.com/watch?v=LSKT5_BL-FE (YouTube)

Chanson (Expanded)

新品価格
¥1,600から
(2017/12/15 21:01時点)

私が初めてデヴィッドのギターを聴いたのはこのユニットではなく、「マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)」の「オフ・ザ・ウォール(Off The Wall)」というアルバムでした。
1曲目の「今夜はドント・ストップ(Don’t Stop ‘Til You Get Enough)」、「ロック・ウィズ・ユー(Rock With You)」と続けてカッコ良いギターを弾いています。

オフ・ザ・ウォール

新品価格
¥1,533から
(2017/12/15 21:02時点)

このようなデヴィッドのインタビューがあります。
中でギターを弾きますが、メインのボーカルとともに曲を印象づけるフレーズは聴けばあの曲だとお判りかと思います。

David Williams extract from DWT MTV Most Wanted.
https://www.youtube.com/watch?v=JQBaOH7Zeug (YouTube)

何かで読んだのですが、シャンソンの曲をラジオで聴いたマイケル本人が直接デヴィッドに、「新しいアルバムを作るのでオーディションに参加しないか」と電話し、そのオーディションで採用となり完成したアルバムが「オフ・ザ・ウォール」でした。
その後も「スリラー(Thriller)」、「BAD」などにも参加、またライブ・ツアーにも参加します。
中でも、「ビリー・ジェーン」の間奏のギター・カッティングはムーンウォークとともに今でも印象に残っています。

どの曲を紹介しようかと思い、マイケルの曲は皆さんご存知かと思いますので、私の中で名演の1曲と言える「アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)」がカヴァーした、「オーティス・レディング(Otis Ray Redding Jr.)」、そして「ブルース・ブラザース(The Blues Brothers)」で知られるこの曲です。
イントロからカッコ良いギターの一言です。

アレサ・フランクリン(Aretha Franklin) | お前をはなさない(I Can’t Turn You Loose)
https://www.youtube.com/watch?v=WregJESffF0 (YouTube)

アレサ(期間生産限定盤)

新品価格
¥1,080から
(2017/12/15 21:03時点)

残念ながら2009年に58歳という若さで亡くなってしまいました。

ナイル・ロジャース(Nile Rodgers)

ナイル・ロジャースはニューヨーク州出身のギタリストで、15歳から音楽活動を開始します。
そして1977年に音楽仲間でベースの「バーナード・エドワーズ( Bernard Edwards)」とともにファンクバンド、「シック(Chic)」を結成します。

シック(Chic Feat. Nile Rodgers) | おしゃれフリーク(Le Freak) | Live at Eden Sessions 2013
https://www.youtube.com/watch?v=HvDiD_vbwpg (YouTube)

C’Est Chic

新品価格
¥504から
(2017/12/15 21:04時点)

「Guitar Magazine」という雑誌の付録かもしれませんが、このようなインタビューがあり、「ゲット・ラッキー (Get Lucky)」、「レッツ・ダンス(Let’s Dance)」など自身が関わった代表曲を取り上げ奏法について話しています。

Nile Rodgers Special Playing Analysis
https://www.youtube.com/watch?v=uNTRpxltSFY (YouTube)

ナイル・ロジャースのギターで私のお気に入りと言えばやはりこの2曲かと思います。

ダイアナ・ロス(Diana Ross) | アップサイド・ダウン(Upside Down)
https://www.youtube.com/watch?v=GIAtE6ywgwA (YouTube)

Diana (Deluxe Edition)

新品価格
¥1,900から
(2017/12/15 21:04時点)

ダフト・パンク(Daft Punk) | ゲット・ラッキー(Get Lucky)
https://www.youtube.com/watch?v=h5EofwRzit0 (YouTube)

ランダム・アクセス・メモリーズ

新品価格
¥1,600から
(2017/12/15 21:06時点)

ポール・ジャクソン・Jr.(Paul Jackson Jr.)

最後はやはりこのギタリストです。
ポール・ジャクソン・Jr.はカリフォルニア州出身のギタリストです。
10代から数多くの地元のバンドで活動し、80年後半にソロ・アルバムをリリース、昨年リリースされたアルバムを含め8枚リリースしています。

ギター・エフェクター(ワウペダル)のプロモーション・ビデオに出演していますが、単音ミュートやカッティングなど如何にもポール・ジャクソンといった演奏です。

Paul Jackson Jr. Demo: Playing a song with Xotic Wah
https://www.youtube.com/watch?v=J1lmq3JQ-Eg (YouTube)

私もアルバムを購入して聴くなどソロとしての活動も好きですが、やはりセッション・ギタリストとしての活動に注目しています。
幅広いジャンルのアルバム、曲に参加し、「世界中で最も多く録音されたギタリストの一人」などと言われ、名前は知らなくとも皆さんがお持ちのアルバムにクレジットされ、ギターの音だけは聴かれているかもしれません。
因みに、今回ブログを書くにあたり日本のアーティストも何枚か見てみると「松任谷由実」のアルバムにクレジットされていました。
また、ナイル・ロジャースで紹介したダフト・パンクのゲット・ラッキーですが、プロモーション・ビデオに出演するなどナイル・ロジャースが目立ちますが、実はポール・ジャクソンもこの曲に参加し弾いています。
また、このアルバムの1曲目「Give Life Back to Music」はポール・ジャクソンの作曲です。

前記のように私もポール・ジャクソンの演奏を意識せず曲を聴いていたのかもしれませんが、好んで聴くようになった切っ掛けは、「ジョージ・デューク(George Duke)」の「ライト・メッセージ(Guardian Of The Light)」というアルバムでした。

ジョージ・デューク(George Duke) | オーヴァーチャー / ライト / シェイン(Overture / Light / Shane)
https://www.youtube.com/watch?v=5AN34LqEzbY (YouTube)

ライト・メッセージ(期間生産限定盤)

新品価格
¥1,080から
(2017/12/15 21:12時点)

このアルバムのリリース以降に日本でもライブがあり、渋谷公会堂に見に行きました。
ブームもありベースの「ルイス・ジョンソン(Louis Johnson)」がやたらと目立っていましたが、ポール・ジャクソン(若い!)もカッコ良いギターを弾いており、このライブは後に映像としてリリースされ、私も未だにVHSは手元にあります。
アメリカでは日本語字幕付きのままDVD化されたようですが、なんとYouTubeで全編見れます。

George Duke Band | Live Tokyo Japan 1983
https://www.youtube.com/watch?v=mojKHa9jtQc (YouTube)

Live Tokyo Japan 1983 [DVD] [Import]

中古価格
¥8,500から
(2017/12/15 21:14時点)

最後に、最近復刻された「笠井紀美子」のアルバムを購入しましたが、前2作がポール・ジャクソン参加でアメリカ録音、そして本作は日本で録音なのですが、ドラム、ベース、ギターのリズム隊の3名だけはアメリカから呼び、もちろんギターはポール・ジャクソンです。

笠井紀美子(Kimiko Kasai) | ギヴ・ミー・ユア・ハート・トゥナイト(Give Me Your Heart Tonight)
https://www.youtube.com/watch?v=8St2m3YCqE8(YouTube)

ニュー・パステル(期間生産限定盤)

新品価格
¥1,080から
(2017/12/15 21:15時点)

前回、そして今回紹介のギタリスト6人の中でも特にデビッド・T.・ウォーカーとこのポール・ジャクソン・Jr.の2人はこれからも探しては聴いていくだろうと思います。

他にも紹介したいギタリストや今回紹介のギタリストも個々に1話が書ける方々で、簡単な紹介となりましたが機会をみて紹介したいと思っています。

とんがり帽子の黒魔道士(美女) [モデル:茜さや]

マイ・フェイバリット・モンスター・ミュージック


10月のテーマは、ハロウィン仮装に因んで「お化け」「モンスター」です。
当ブログ執筆者がお勧めする「モンスター」音楽を7曲、紹介します。

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)|スリラー(Thriller)
https://www.youtube.com/watch?v=sOnqjkJTMaA (YouTube)

スリラー

新品価格
¥1,533から
(2017/10/31 02:38時点)

  • まず、妖怪で浮かんだのはこの曲でした。クィンシー・ジョーンズがプロデュースしたアルバム曲。映像での振り付けも強烈です。(Hiro)
  • 説明不要の空前絶後のモンスター・アルバム。(Koji)
  • 言わずと知れたキング・オブ・ポップスの「モンスター」ソング。長いイントロ部分は、ミュージック・ビデオの概念を変える作品でした。レコード発売枚数もギネス世界記録認定の6500万枚超え。1984年のグラミー賞で8部門を受賞しました。(Yama)

Namy presents(作曲:久石譲、編曲:Yuki Kanesaka)|アシタカとサン~「もののけ姫」より~
https://www.youtube.com/watch?v=BvwCS6ExSEM (YouTube)

Namy presents ジブリ Lounge

中古価格
¥267から
(2017/10/31 02:39時点)

  • 1997年のジブリ映画「もののけ姫」の挿入曲。アルバム「Namy presents ジブリ Lounge」では「monolog」として活動以前の「Yuki Kanesaka」がこの曲を担当しています。余談ですが、映像の場所には最近イノシシが出現します。(Koji)
  • 世界に誇る「日本アニメ」。久石譲さんを含めて、音楽の品質も高いことがよくわかります。(Yama)

ザ・ライチャス・ブラザース(The Righteous Brothers)|アンチェインド・メロディ(Unchained Melody)
https://www.youtube.com/watch?v=qiiyq2xrSI0 (YouTube)

アンチェインド・メロディ~ライチャス・ブラザース・ベスト・セレクション

新品価格
¥1,705から
(2017/10/31 02:41時点)

  • 1990年の映画「ゴースト~ニューヨークの幻~」の主題歌として蘇ったライチャス・ブラザースの1965年のヒット曲です。原曲は1,955年の映画の主題歌のようです。(Koji)
  • 妖怪のイメージではないですが(笑)名曲です!(Hiro)
  • 主演の「パトリック・スウェイジ」はこの映画もですが、「ダーティ・ダンシング」が印象に残っています。最後のダンス・シーンで流れる「タイム・オブ・マイ・ライフ」もライチャス・ブラザーズの「ビル・メドレー」でした。(MAHALO)

イーグルス(Eagles)|呪われた夜(One of these nights)
https://www.youtube.com/watch?v=HePMuJE3w0s (YouTube)

呪われた夜

新品価格
¥1,494から
(2017/10/31 02:41時点)

  • ハロウィンと結びつくかは?ですが、邦題は「呪われた夜」です。曲の良さもですが、間奏の「ドン・フェルダー」のギター・フレーズは名演だと思います。(MAHALO)

レイ・パーカー・Jr.(Ray Parker Jr.)|ゴーストバスターズ(Ghostbusters)
https://www.youtube.com/watch?v=Fe93CLbHjxQ (YouTube)

「ゴーストバスターズ」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,000から
(2017/10/31 02:42時点)

  • 「ウーマン・ニーズ・ラブ」で彼の歌声は聴いてはいましたが、まさかこのような曲を歌い、それも大ヒットとなったのには驚きでした。私はセッション・ギタリストとしてのイメージが強く、リズム・カッティングのセンスの良さはさすがで、ギターを弾く者にとっては憧れです。(MAHALO)
  • まさに妖怪の歌ですね。(Hiro)
  • NHKの朝ドラ「あまちゃん」で、大吉(杉本哲太)がカラオケで歌う「ゴーストバスターズ」の印象が強く残っています。(Koji)
  • 当時、ミュージックビデオを「ベストヒットUSA」や「ミュージックトマト」でたくさん見ました。(Yama)

郷ひろみ・樹木希林|お化けのロック
https://www.youtube.com/watch?v=IMnYvLTBlbM (YouTube)

  • 「お化け」と言えば私の中のナンバーワンソングは「お化けのロック」です。ドラマ「ムー」の挿入歌です。2015年にTBS特番「音楽の日」でも、ステージで披露されました。(Yama)

きゃりーぱみゅぱみゅ|ファッションモンスター
https://www.youtube.com/watch?v=GivkxpAVVC4 (YouTube)

KPP BEST 初回限定盤(きゃりーぱみゅぱみゅ超限定リアルお顔パッケージ)

中古価格
¥2,120から
(2017/10/31 02:43時点)

  • デビューした頃は「なんだこれは」と思いましたが、この曲の頃からプロモーションビデオの内容も落ち着き、中田ヤスタカ・サウンドの宣伝部長として、確固たる地位を築きました。同い年の息子がいるので、今や娘モードです。今では新曲や新プロモーション・ビデオが発表されれば、必ずチェックしています。ハロウィン乗りの「クレイジーパーティーナイト~ぱんぷきんの逆襲~」もお薦めです。https://www.youtube.com/watch?v=2bJ49dOSP9o(Yama)
  • まさにハロウィンの歌そのものです。(Hiro)
  • 未だに名前をつっかえずに言えないのですが、この曲は気に入っています。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

天才チャップリンの「スマイル」


先日、堺正章司会のTV番組を観ていましたら、元米米CLUBの石井竜也がゲストで出演して、歌った曲が、「スマイル」でした。

「堺でございます」第101回「石井竜也」
「堺でございます」第101回「石井竜也」

「スマイル」は、1936年のチャールズ・チャップリンが監督・製作・脚本・作曲、もちろん主演とすべてを担当した映画のテーマ曲です。私も何度も観た、機械化を風刺した喜劇映画です。エンディングでこの曲が流れ、シーンとともに本当に印象的な曲です。チャップリンが作曲した曲です。

チャールズ・チャップリン(Charlie Chaplin)|スマイル(Smile)|モダン・タイムス(Modern Times)
https://www.youtube.com/watch?v=Ps6ck1ejoAw (YouTube)

Charlie Chaplin – Original Modern Times Soundtrack

新品価格
¥1,500から
(2017/5/26 22:07時点)

モダン・タイムス Modern Times [Blu-ray]

新品価格
¥2,923から
(2017/5/26 22:09時点)

改めてこの「スマイル」を聴いて、歌詞とともにすごくいい曲だなあと感動しました。

1954年にジョン・ターナー(John Turner)とジェフリー・パーソンズ(Geoffrey Parsons)が歌詞をつけ、最初、ナット・キング・コールによって歌われました。

ナット・キング・コール(Nat King Cole)|スマイル(Smile)
https://www.youtube.com/watch?v=V3Sk1ybG_-M (YouTube)

ベスト・オブ・ナット・キング・コール~L.O.V.E.

新品価格
¥2,124から
(2017/5/26 22:06時点)


カバーは、もう数え切れないくらいの歌手が歌っています。
マイケル・ジャクソンもカバーしています。

マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)|スマイル(Smile)
https://www.youtube.com/watch?v=0NHA0SwCY8k (YouTube)

History

新品価格
¥1,504から
(2017/5/26 22:02時点)

ビデオ・グレイテスト・ヒッツ~ヒストリー [DVD]

新品価格
¥1,061から
(2017/5/26 22:03時点)

マイケル・ジャクソンの「スマイル」は1995年リリースのアルバム「ヒストリー」(HIStory)に収録されています。
ライブでは「HIStory World Tour」の最後のコンサートで、ダイアナ妃を追悼し、コンサートの最初に歌いました。

マイケルの「スマイル」のレコーディングは、シカゴ交響楽団でオーケストラ配置をとって行ったとの事です。第一バイオリンは指揮者の左、第二バイオリンは右、ビオラは第一バイオリンの後ろ、チェロは第二バイオリンの後ろ、コントラバスは後ろ中央、そしてハープを左右に1台ずつ、という構成だったそうです。
そして、スタジオの選択は、ニューヨークの大きなスタジオを選び、指揮者のスコアをコントロールルームにおいて、全ストリングパートの和音やカウンターメロディーをチェックし、ストリングセクションのリハーサル行って、バランスを確かめ、情感あふれるように録音したとの事です。

MISIA(ミーシャ)は、東日本大震災で被災した宮城県仙台市の3つの少年・少女合唱団によるコーラス参加でカバーしました。
このバージョンは、アニメ映画「friends もののけ島のナキ」の主題歌となり、2011年のアルバム「MISIAの森 -Forest Covers-」に収録されています。

MISIA(ミーシャ)|スマイル(Smile)
https://www.youtube.com/watch?v=9-HwNpplz-g (YouTube)

MISIAの森 Forest Covers

新品価格
¥1,697から
(2017/5/26 22:01時点)

フレンズ もののけ島のナキ 通常版 [DVD]

新品価格
¥3,120から
(2017/5/26 22:05時点)

誰がカバーした曲でも、「スマイル」は心に響くものがあると思います。
やはり、チャップリンは天才だと改めて思いました。