タグ別アーカイブ: 風景

40年の時を越えて(2)~「氷の世界」と「八月の濡れた砂」


Koubai

雪に見舞われた紅梅

2月3日の節分には気温も上昇し、庭先の紅梅も春の兆しを感じたのか一斉に咲き出しました。

ところが一転、翌4日の立春には雪に見舞われ、寒さも一段と増した冬の気候に逆戻りといった状況でした。

一面の雪景色となった5日の朝は、まさに氷の世界でした。

窓の外ではリンゴ売り 声をからしてリンゴ売り
きっと誰かがふざけて リンゴ売りのまねをしているだけなんだろう
僕のTVは寒さで 画期的な色になり
とても醜いあの娘を グッと魅力的な娘にして すぐ消えた
今年の寒さは 記録的なもの こごえてしまうよ
毎日、吹雪、吹雪、氷の世界

~「井上陽水 | 氷の世界」より~

昨年暮の12月28日にNHK-BSプレミアムで放映された、「井上陽水 ドキュメント”氷の世界40年”~日本初ミリオンセラーアルバムの衝撃とその時代~」(テレコムスタッフの番組紹介ブログ記事)を観たばかりだったので、思わずその光景を思い浮かべました。
流石にリンゴ売りの声を聞くこともないですし、今のTVでは寒さで色が変化するような事もありませんでしたが。

井上陽水 |  氷の世界
http://www.youtube.com/watch?v=XWVtA5nR360 (YouTube)

氷の世界

新品価格

¥2,025から
(2014/2/20 11:07時点)


確かに、このアルバム(LP盤)がでた時のインパクトは大きかったと思います。1973年12月1日に発売され、日本レコード史上初のLP販売100万枚を記録したアルバムでした。当時としては珍しいロンドン録音が行われています。

参加ミュージシャンを確認しても、安田裕美、高中正義、細野晴臣、深町純、松岡直也、林立夫、村上修一(秀一)、ピート・ロビンソン、ジョン・ガスタフソン、見砂和照、星勝といった錚々たる面々でした。
全13曲の編曲はモップスのメンバーであった星勝(ほしかつ)が担当しており、作詞には小椋佳(「白い一日」)や共作者として忌野清志郎(「帰れない二人」「待ちぼうけ」)の名前もあります。
レコードジャケットに写っている陽水の持っているギターは忌野清志郎の所有物とのことでした。更に、ジャケットの裏側の写真は吉田拓郎のアルバム「元気です」を意識したようで、雰囲気が似ています。

元気です

新品価格
¥3,721から
(2014/2/20 11:10時点)

1969年にアンドレ・カンドレとしてデビューした陽水(関連記事「1969」の頃~オールナイトニッポン~)でしたが、当時からその曲は気になる存在で、「傘がない」「夢の中に」といった曲も好きでした。
アルバム「氷の世界」から先行シングルとして出た「心もよう」がヒットの引き金だったようですが、A面とB面の選曲で揉めたようです。

多くのミュージシャンが押したのはB面となった「帰れない二人」(作詞・作曲:井上陽水・忌野清志郎)だったそうですが、結局プロデューサー(多賀英典)は「心もよう」を主張し決定したそうです。確かにその選択に間違い無かったのでしょうね。

井上陽水with忌野清志郎 | 帰れない二人
http://www.youtube.com/watch?v=0XNcjYwEjrg(YouTube)

今から約40年前、学生運動も一部の過激派を除き下火になり、キャンパスからは立て看板も消えかけていた時代だったと思います。
オイルショックが始まり狂乱物価に踊らされ、高度経済成長が終焉を迎えていました。
井上陽水が1978年に再婚した相手は石川セリですが、彼女の名前は藤田年八監督の映画「八月の濡れた砂」と共に思い出されます。この映画をいつ頃、どこで観たかは忘れましたが、日活が「ロマンポルノ」に移行する前の最後の作品でした。

八月の濡れた砂 (1971 日活) – 予告編
http://www.youtube.com/watch?v=Urmx6jHaZ3M(YouTube)

八月の濡れた砂 (1971 日活) – エンディング
http://www.youtube.com/watch?v=EUtmacYrY20 (YouTube)

ゴールデン☆ベスト 石川セリ シングルス・アンド・モア

新品価格

¥1,780から
(2014/2/20 11:14時点)

ユーミン(松任谷由実)や陽水の楽曲も含まれており、改てその時代を感じます。
また石川セリと云えば、現代音楽の巨匠で「世界のタケミツ」こと武満徹が晩年に手掛けたポップソングのCD「石川セリ|翼 武満徹ポップ・ソングス」を発表し、別のタケミツを紹介してくれています。晩年のタケミツが惚れ込んだ魅力を感じさせてくれます。

翼 武満徹ポップ・ソングス

新品価格

¥2,550から
(2014/2/20 11:15時点)

このアルバムの中の「明日ハ晴レカナ曇リカナ(作詞作曲:武満徹)」を聴いてみて下さい。武満徹の別の側面が伺えます。

石川セリ | 明日ハ晴レカナ曇リカナ
http://www.youtube.com/watch?v=zjTqYPL4oNE (YouTube)

そしてその中の「死んだ男の残したものは」ですが、作詞は谷川俊太郎です。メッセージフォークの高石ともやの歌う反戦歌としても有名な曲ですが、様々な歌手やグループによってカバーされており、それぞれ趣も異なると思います。

武満徹 死んだ男の残したものは / 林光編曲版 東京混声合唱団
http://www.youtube.com/watch?v=ZbmuzQ3schM (YouTube)

1973年ベトナムからアメリカ軍は撤退し、ベトナム戦争も終結に向かいます。
そんな約40年前の頃の私は、ある地方大学の学園祭で実行委員の一人として一つのイベントを企画した記憶があります。それは「日活ロマンポルノ三本立て」の映画上映だったと思います。当然18歳未満入場禁止の成人映画でしたが、その題名については記憶に残っていません。

銀世界

房総にも記録的な大雪

2月4日の積雪も消えぬ内、その週末には40数年来記憶に無い大雪に見舞われました。更に、14日のバレンタインの日にも大雪となりました。

外は未だまだ「氷の世界」です。

マイ・フェイバリット・スポーツ・ソングス


秋の空

秋の空

東京オリンピック開催が決まり、ヒートアップし過ぎた日本列島を、台風18号が冷やしてゆきました。
台風が過ぎた翌日から高気圧に覆われて、秋晴れの青空が広がりました。昼間はカラッとした暑さも、朝晩は涼しさを感じるようになりました。
体感の変化に秋を感じます。

でも、気温変化で体調を崩さないようにご注意ください。

さて、9月の「お気に入り曲の」テーマは「スポーツ・ソング」です。
当ブログ執筆者4人のお勧めのスポーツ・ソングを9曲を紹介します。
純粋にオリンピックのテーマ曲やオリンピックを題材にした映画のテーマ曲など、やはりオリンピック絡みの曲が多くなりました。そして、モータースポーツ中継やサーフィン映画のテーマ曲に、懐かしい運動会の行進曲や懐かしい野球アニメのテーマ曲が登場します。

トワ・エ・モワ|虹と雪のバラード
http://www.youtube.com/watch?v=ASdYIxiTRPs (YouTube)

エッセンシャル・ベスト トワ・エ・モワ

新品価格
¥1,263から
(2013/9/16 16:13時点)

1972年2月に開催された札幌オリンピックのテーマソングです。この曲はいろいろな歌手が歌っていましたが、やはり「トワ・エ・モワ」がベストだと思います。新しさを感じる札幌の街、そして雪、日本人の心に残る清新さ、平和を願う心、などのイメージがわいてきます。日本そしてアジアではじめて開催された冬季オリンピック。トワ・エ・モアの歌とともに強く印象に残っています。(Hiro)

札幌オリンピックといえば、スキーのジャンプ競技(70m級)の金銀銅の独占とこの曲が今でも思い浮かびます。(Koji)

ゆず|栄光の架け橋
http://www.youtube.com/watch?v=HimXEf7NGyo (YouTube)

スポコン! ~ sports music compilation ~

新品価格
¥1,450から
(2013/9/16 16:15時点)

NHK「アテネオリンピック中継」の公式ソングです。
「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」の実況放送は後世に残ると思います。
個人的にはアテネオリンピックの始まる2週間程前に「網膜剥離」の手術を行い回復過程でした。一部歪みの残る視力でこの曲と共に幾つかの感動シーンを見続けました。
その為かどうか、2ヶ月後に再手術を行うことになりました。(Koji)

ミッチ・ミラー合唱団(Mitchell Miller and His Orchestra)|クワイ河マーチ(The River Kwai March)
http://www.youtube.com/watch?v=AjgEKng8rYs (YouTube)

ミッチ・ミラー ベスト・オブ・ベスト

新品価格
¥1,100から
(2013/9/16 16:16時点)

映画「戦場に架ける橋」のテーマ音楽ですが、原曲の「ボギー大佐」と共に小学校や中学校の頃の運動会が思い出されます。
「タイフーイッカ、秋晴れの好天気に恵まれ・・・」の決まり文句ですが、長い間「台風一過」が「台風一家」と聞こえていました。
因みに、「ボギー大佐」の「ボギー」はゴルフの「ボギー」が由来のようです。(Koji)

T-SQUARE|TRUTH
http://www.youtube.com/watch?v=jt6NfEq97Lc (YouTube)

F-1 GRAND PRIX WORLD

新品価格
¥2,688から
(2013/9/16 16:17時点)

フジテレビ系列の「F1グランプリ」テーマ曲。この曲が一番似合うのは音速の貴公子「アイルトン・セナ」でしょうか。
F1の舞台から日本人ドライバーが消えてしまうと、自ずと見る機会も減ってしまいました。2015年のHONDAエンジンと共に日本人ドライバーの活躍に期待したいものです。
小林可夢偉のシート奪還とマンガ「Capeta」の主人公カペタ(平勝平太)ような若手の登場が待たれます。(Koji)

モーター・スポーツといえばこの曲ですね。(MAHALO)

今年から地上波でのF1中継がなくなり大変残念です。BSフジで見ることはできますが、これではファンの裾野は広がりません。少しずつF1人気が縮小するのが残念です。(Yamazaki)

ジェフ&マリア・マルダー(Geoff & Maria Muldaur)|ブラジル(Brazil)
http://www.youtube.com/watch?v=9HtHEgINHO0 (YouTube)

ポテリィ・パイ

新品価格
¥1,426から
(2013/9/16 16:17時点)

2020年の夏季オリンピックは東京に決定となりましたが、2016年の開催地はリオ・デ・ジャネイロ、そして開催国はブラジルです。
私のお勧めの曲はその開催国をタイトルとした「ブラジル」です。
この曲は多くのアーティストが取り上げていますが、やはり「ジェフ&マリア・マルダーのカバーが最高だと思います。
ずいぶん前の事ですがウィスキーのCMソングとして流れていましたので聴かれた方も多いのではと思います。(MAHALO)

山下達郎| ビッグ・ウェイブのテーマ
http://www.youtube.com/watch?v=A2e5Ssumzxg (YouTube)

BIG WAVE

新品価格
¥2,434から
(2013/9/16 16:22時点)

運動オンチの私にとって今回のテーマ「スポーツ」から思い浮かぶ曲は迷いましたが、季節がらサーフィンかなとこの曲を思い出しました。
山下達郎が音楽を担当したサーフィンのドキュメンタリー映画「BIG WAVE」のテーマ曲です。
サーフィンはやったこともなく「丘サーファー」の1人でしたが、映画公開時はサーファーになった気分でよく聴いていました。(MAHALO)

夏と海とサーフィン。達郎節炸裂の1曲だと思います。(Koji)

映画「BIG WAVE」は劇場に足を運んだ記憶はあるのですが、なぜか内容を覚えていません。しかし、この「山下達郎| ビッグ・ウェイブのテーマ」は、しっかり覚えています。(Yamazaki)

ヴァンゲリス(Vangelis)|炎のランナー(Chariots of Fire)
http://www.youtube.com/watch?v=Xkc6TB4EeqI (YouTube)

 

炎のランナー

新品価格
¥7,340から
(2013/9/16 16:23時点)

炎のランナー (アルティメット・エディション) [DVD]

新品価格
¥1,903から
(2013/9/16 16:23時点)

ヴァンゲリス作曲による「炎のランナー」のテーマ曲。映画は、1981年公開の実在の二人のパリオリンピック金メダリストを描いたイギリス作品で、第54回アカデミー賞 作品賞を受賞。当時、シンセサイザーで、壮大なテーマを奏できったのが印象深かったです。(Yamazaki)

アーニー・ワッツ(ERNIE WATTS)|チャリオッツ・オブ・ファイアー(CHARIOTS OF FIRE)
http://www.youtube.com/watch?v=UMIKJG3uUWQ (YouTube)

Chariots of Fire

新品価格
¥2,501から
(2013/9/16 16:24時点)

クインシー・ジョーンズのプロデュースで、サックス奏者「アーニー・ワッツ」が「炎のランナー」をフュージョンにアレンジしたバージョンです。実は、こちらのほうが好きで、当時よく聞いていました。(Yamazaki)

アーニー・ワッツはリー・リトナー&ジェントル・ソウツで知り、リトナー絡みでよく聴きました。
この曲収録のアルバムはクインシーではおなじみの西海岸のトップ・ミュージシャンが参加しています。
この曲のギターはデビッド・ウィリムズだったような気がします。(MAHALO)

岩崎良美|タッチ
http://www.youtube.com/watch?v=L-P-SVgnE9U (YouTube)

Myこれ!Liteシリーズ 岩崎良美

新品価格
¥1,289から
(2013/9/16 16:25時点)

ご存知野球アニメ「タッチ」のテーマ曲。岩崎良美の出世作。岩崎良美のボーカルも上手ですが、イントロと間奏のギターが、歌声を際立たせます。実はこの「タッチ」を紹介したくて考えた「スポーツ」企画でした。(Yamazaki)

あだち充の原作マンガもTVアニメの主題歌の岩崎良美も良いのですが、最近は達也と南が三ツ矢雄二と日高のり子になってしまいます。アニメ声優のTV露出は避けてもらいたいものです。
実写版の南の長澤まさみは合格です。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

「純情きらり」の時代~ジャズ・ピアニストが夢だった主人公(2)


「純情きらり」の時代~ジャズ・ピアニストが夢だった主人公(1)の続き

純情きらり」の主人公の有森桜子(配役:宮崎あおい)は、恋人達彦(配役:福士誠治)が出征した後は「八丁味噌」の蔵元「山長」で女将修行を続けます。
暫くして、達彦の勧めもあり音楽の夢の実現に向けて再度上京し、作曲や編曲の勉強もします。
しかし、周囲の環境はそれを許す状況ではありませんでした。ピアノ(洋琴)の弦(JIS G 3502 ピアノ線材)も戦争のために供出させられる時代になりました。

そんな頃、ラジオ番組のために桜子が単独で編曲した唯一の曲は唱歌「故郷(ふるさと)」でした。他にも文部省唱歌は「埴生の宿(はにゅうのやど)」がピアノ演奏シーンで印象的に使われていました。

しかし、このドラマのサントラ盤は「NHK連続テレビ小説「純情きらり」オリジナル・サウンドトラック」がありますが、これらの曲は含まれていません。

NHK連続テレビ小説「純情きらり」オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,403から
(2013/9/4 12:26時点)

こちらは大島ミチル(作曲家、1961年 -、長崎県出身)のオリジナル楽曲を長谷川陽子(チェロ奏者、1970年 -、東京都出身)のチェロ演奏主体に構成されています。従って、ドラマに登場した誰でも聞いたことのある懐かしい曲は含まれていません。

そんな重要な役割を担った楽曲には、先に紹介したジャズのスタンダード曲、クラシックのピアノ曲、文部省唱歌といった曲もありました。
以前の記事で紹介した「坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック」(関連記事)や「あまちゃん」の登場楽曲を集めた「春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS」のような企画は無かったようなので、自分でお好みを探してみるのも良いでしょう。

 

春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS~ビクター編

新品価格
¥1,725から
(2013/9/4 12:29時点)

春子の部屋~あまちゃん 80’s HITS~ソニーミュージック編

新品価格
¥1,960から
(2013/9/4 12:30時点)

個人的な好みになりますが、「HEART OF THE COUNTRY+3-深町純・心の抒情歌集」がお薦めです。ドラマに登場した「埴生の宿」や「故郷」といった曲が含まれています。

HEART OF THE COUNTRY 3-深町純・心の抒情歌集

新品価格
¥2,250から
(2013/9/4 12:32時点)

作曲家、編曲家、キーボード、シンセサイザー奏者として有名な深町純(ふ かまちじゅん、1946年 – 2010年、東京都出身)がピアニストとして残したアルバムです。

深町純は、終戦の翌年に生まれ、桜子の合格の頃から約25年後に東京藝大の作曲科に進んでいま す。在学中から音楽活動を行っていますが、卒業の直前(10日前)に退学したそうです。
どちらかというとフュージョン系アーティストの印象が強いと思いますが、ピアニストや教育家としての功績も見逃せません。
生前のピアニストとしての即興演奏の様子が残っています。

深町純 Improvisation 「踊る子ども」
http://www.youtube.com/watch?v=YUTL6rIWOHs (YouTube)

主人公桜子にジャズへの興味、或いは編曲の才能を見出す役回りでジャズ・サックス奏者が登場します。戦後、進駐軍向けのバンドに桜子も誘います。
因みに、戦時中は「金属製曲がり尺八」と呼ぶことになったサクソフォンですが、このサックス奏者(秋山)役への指導は、バークリー出身の西村貴行(にしむらたかゆき、1979年 -、神奈川県出身)が務めています。

しかし、達彦と結婚した桜子は八丁味噌の蔵元「山長」の跡継ぎを出産する道を選択しますが、既に深刻な病に侵されていました。
結末は再々放送で今一度確かめて下さい。

結局、ジャズ・ピアニストの夢は叶わなかった主人公の桜子でしたが、その夢を叶え、未だ現役を続けているのが、以前にHiroさんが紹介した秋吉敏子(穐吉敏子、Toshiko Akiyoshi、1929年 -、旧満州の遼陽出身)です。桜子より約8年後の生まれで、終戦の時は15歳でした。

Toshiko Akiyoshi Piano Trio
http://www.youtube.com/watch?v=sutvim58cIQ (YouTube)

1953年に来日したオスカー・ピーターソンの勧めでレコード「トシコ(Toshiko)」を録音していますが、そのアルバムが「デヴィッド・ス トーン・マーチン(イラストレーター)生誕100周年記念10インチ・コレクターズ・セレクション」の一つとして10月に再発売されます。

 

トシコズ・ピアノ(紙ジャケット仕様)

新品価格
¥2,300から
(2013/9/4 12:35時点)


※「デヴィッド・ス トーン・マーチン(イラストレーター)生誕100周年記念10インチ・コレクターズ・セレクション」は2013年10月9日発売で、予約受付中です。未だジャケット写真は未登録です。右は、2002年版です。

トシコズ・ピアノ(紙)

中古価格
¥1,680から
(2013/9/4 12:40時点)

そして11月には「秋吉敏子/アートオウルジャズオーケストラ/アートクロウジャズアンサンブル」によるコンサートが東京・中野のなかのZERO 大ホールiconであります。80歳を過ぎても益々元気なようです。

チケットぴあ一般発売 | 秋吉敏子/アートオウルジャズオーケストラ/アートクロウジャズアンサンブル | 2013/11/2(土) | なかのzero 大ホール(東京都)
icon

もう一人、63歳にしてジャズ・ピアニストの夢を叶えた、桜子より約10年後の生まれで、元東北大学教授の世界的物理学者であった廣池英子(ひろいけえいこ、1931年 -、東京都出身)を紹介させてもらいます。

今年81歳にして3枚目のアルバム「ザ・グレイト・カタストロフィ」をリリースしています。彼女の量子力学をベースにしたジャズピアノを確かめてみるのも良いでしょう。

ザ・グレイト・カタストロフィ

新品価格
¥2,800から
(2013/9/4 12:44時点)


さて「純情きらり」の主要な舞台であった愛知県の岡崎ですが、喫茶「マルセイユ」が健在であるか否かは別にして、ジャズには縁の深い街でもあります。
ジャズ愛好家として名高い「Dr.Jazz」こと内田修(うちだおさむ、1929年 -、岡崎市出身)もまた岡崎を拠点として日本のジャズ界に貢献をしています。多くのジャズ・ミュージシャンとの交流や支援は有名な話です(内田ジャズコレクションのホームページ)。
仮に「純情きらり」の桜子が実在しジャズ・ピアニストを目指していたなら、いち早く支援していたかも知れません。

ドクターJazz―内田修物語

中古価格
¥498から
(2013/9/4 12:46時点)

その内田修が「ジャズの街岡崎」名誉顧問を務め、「純情きらり」の放送をキッカケに2006年にスタートした「岡崎ジャズ・ストリート」ですが、第8回目となる今年は11月2日(土)と3日(日)に開催されます。

チケットぴあ一般発売 前売券 | 岡崎ジャズストリート2013 | 2013/11/2(土) ~ 2013/11/3(日・祝) | 岡崎城二の丸能楽堂/Libraホール/他(愛知県)

尚、当ブログでも紹介した粟田麻利子則武諒関連の記事)といったバークリー出身のミュージシャンもそれぞれ出演予定です。

  • 粟田麻利子・・・11月3日(日)日本生命(6F)「加藤大智カルテット & 粟田麻利子」
  • 則武諒・・・・・・・11月3日(日)岡崎信用金庫(資料館)「渡辺ショータトリオ & 阪井楊子」

その岡崎に「純情きらり」の舞台となった街並みとジャズライブを楽しみに訪れては如何でしょうか。帰りのおみやげにはやはり「八丁味噌」でしょう。
ドラマ冒頭の「味噌樽に落ちるシーン」の撮影場所であり、蔵元「山長」のモデルでもある359年の歴史を持つ「カクキュー八丁味噌」がお薦めです。工場見学もできるそうです。

 

カクキュー 三河産大豆100%使用 八丁味噌 無添加 天然醸造 400g

新品価格
¥625から
(2013/9/4 12:48時点)

カクキュー 有機赤出し味噌カップ 300g

新品価格
¥630から
(2013/9/4 12:48時点)

カクキュー 復刻版八丁味噌(三河産大豆使用) 400g

新品価格
¥800から
(2013/9/4 12:48時点)

Shukaku_130827

刈入れの済んだ田圃

今年で68回目となった終戦記念日でしたが、異常な暑さだけが印象的でした。漸く秋の気配も僅かに感じるようになり、水不足対策が大変であった米作りの方は収穫の時期を迎えました。

マイ・フェイバリット・サマー・ラブ・ソングス


西新宿超高層ビル街区の街路樹

西新宿超高層ビル街区の街路樹

日本列島は、連日の猛暑で、暑く熱し続けられています。

強い日差しを遮り、ビルの谷間に日陰を作ってくれる樹木に、感謝してもしきれません。

東京は亜熱帯化したのでしょうか?
連日、ゲリラ豪雨に見舞われています。
もう東南アジアにならって「スコール」と呼んでもいいような気がします。

さて、8月の「お気に入り曲」のテーマは「夏のラブ・ソング」です。
当ブログ執筆者4人のお勧めのサマー・ソングを9曲を紹介します。
太陽のように「熱く」、スコールの後のように「さわやかな」曲を厳選しました。

テレサ・テン|真夏の果実
http://www.youtube.com/watch?v=uZrzBXoTJxU (YouTube)

テレサ・テン 歌姫の愛しうた BHST-122

新品価格
¥1,340から
(2013/8/12 15:25時点)

テレサ・テンがカバーした映画「稲村ジェーン」の主題歌です。私はこの映画は観ていないのですが、歌詞からは、昔、夏に出会った彼女との熱く激しい恋を思い出して、彼女のいない、この夏のうらさみしい気持ちを、熱く燃えた気持ちと対比させ情感をより強烈に表している歌だと思います。曲調が欧米の曲とも違うし、また、日本のポップスとも違う独特なメロディーだと思います。もちろん、カラオケでよく歌っています。(Hiro)

  • 名曲です。桑田節の「真夏の果実」も当然ですが、「EXILE|真夏の果実」も聴かせて来れます。(Koji)

ザ・ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)|サーファー・ガール(Surfer Girl)
http://www.youtube.com/watch?v=aXCOafmCyO4 (YouTube)

サーファー・ガール

中古価格
¥554から
(2013/8/12 15:29時点)

歌詞に夏という言葉は出てこないのですが、サーファーの可愛い彼女に恋して、サーフィンを一緒に楽しんで二人の愛を育てたいという気持ちがひしひしと伝わる歌です。メロディーはまさに「ビーチボーイズ」特有のカルフォルニア・テイストそのものです。この曲を聴いて目を閉じると、本当に米国西海岸が瞼に浮かんできます。(Hiro)

  • ビーチボーイズといえばこの曲のようにハーモニーの良さですね。この曲、そして「Girls On The Beach」は大好きでよく聴きます。かまやつひろしさんがテレビで語っていましたが、「サーフィン・ミュージックをやっているのに全員サーフィンが出来ないんだ」には笑いました。(MAHALO)

松田聖子|青い珊瑚礁
http://www.youtube.com/watch?v=LnLSeyxaX5I (YouTube)

松田聖子 ヒットコレクション VOL.1 DQCL-5101

新品価格
¥1,580から
(2013/8/12 15:29時点)

若い時の夏は夏だということだけで解放感で一杯になりました。さらに夜12時に竹芝から出港する伊豆七島へフェリーで行くバケーションは、「青い珊瑚礁」の歌詞の中の女の子を、男の自分に変えて歌えば、気持ちは歌そのものでした。夏の島の「恋の出来事」に大いに期待したものでした!残念ながら、期待通りにはいかなかったのですが・・・。(Hiro)

  • 珊瑚色と云えばピンクに近い色だと思います。でも、歌になると白と青の珊瑚礁がどちらも好きです。「ズー・ニー・ヴー|白いサンゴ礁」と「松田聖子|青い珊瑚礁」です。(Koji)
  • この曲が収録されたアルバム「SQUALL」は今でもレコードで持っています。当時アイドルのアルバムとしては珍しく、曲毎にミュージシャンがクレジットされていたのには驚きました。アイドル・ファン層以外にもアピールしたかったのかもしれません。(MAHALO)

J-WALK|何も言えなくて・・・夏
http://www.youtube.com/watch?v=sPnp7co6Uug (YouTube)

JAYWALK SUPER BEST

新品価格
¥2,150から
(2013/8/12 15:30時点)

儚(はかな)い夏の記憶。大人の恋を切々と歌うバラードの名曲です。ボーカルの中村の不祥事、脱退。JAYWALK(当時)は大きなダメージでしたが、この彼らの最大のヒット曲だけは歌い継がれるでしょう。でもオリジナル・バージョンが一番です。(Koji)

山下達郎|さよなら夏の日
http://www.youtube.com/watch?v=HE0d3Y65WvY (YouTube)

TREASURES

新品価格
¥2,294から
(2013/8/12 15:31時点)

この曲を聴くと、何故か、遠い夏の日の光景が蘇って来ます。夏のイメージが強い山下達郎の曲の中でも印象的な1曲です。(Koji)

  • 名曲です。その後に続く、夏の詩情があふれる「瞳の中のRAINBOW」「僕らの夏の夢」の2曲も大好きです。いずれも映画主題歌です。(Yamazaki)

フランシス・レイ(Francis Lai)|さらば夏の日(Du Soleil Plein Les Yeux)
http://www.youtube.com/watch?v=36nlorMCLcw (YouTube)

さらば夏の日 スペシャルコレクターズセット [DVD]

新品価格
¥4,491から
(2013/8/12 15:32時点)

ピンクマルティニと由紀さおりのボーカル・バージョンもありますが、映画と共に聴くフランシス・レイが一番です。「映画のDVD+サントラ盤CD」のセットがお勧めです。(Koji)

  • フランシス・レイは本当に良い曲ばかりです。このサウンドはアメリカの夏でもなく、アジアの夏でもなく、やはり地中海の夏ですね。(MAHALO)

アンジェラ・ボフィル(Angela Bofill)|トロピカル・ラブ(Tropical Love)
http://www.youtube.com/watch?v=meU2xrioioM (YouTube)

サムシング・アバウト・ユー(紙ジャケット仕様)

中古価格
¥5,799から
(2013/8/12 15:34時点)

タイトルの「トロピカル・ラブ」の通り、夏にピッタリのラブソングです。イントロの波の音からも夏しています。アンジェラ・ボフィルは前に紹介した「Baby, I Need Your Love」もお勧めですが、夏がテーマだとこの曲かと思います。(MAHALO)

ラルフ・マクドナルド(Ralph MacDonald)|ジャスト・ザ・トゥ・オブ・アス(Just The Two Of Us)
http://www.youtube.com/watch?v=32-eVrL4zK0 (YouTube)

ジャスト・ザ・トゥ・オブ・アス

中古価格
¥450から
(2013/8/12 15:33時点)

グローバー・ワシントン・ジュニアで大ヒットした邦題「クリスタルの恋人たち」です。作曲は今は亡き「ラルフ・マクドナルド」です。本人もセルフ・カバーしており、パーカッショニストらしく夏らしいアレンジとなっています。定番曲ではありますが夏に聴くにはこちらのバージョンをお勧めします。(MAHALO)

  • グローバー・ワシントン・ジュニアで良く聴きました。ラルフ・マクドナルドのアレンジもいいですね。(Yamazaki)

真心ブラザーズ|ENDLESS SUMMER NUDE

SUMMER NUDE 999 REMIX

新品価格
¥1,315から
(2013/8/12 15:18時点)

香里奈、戸田恵梨香、長澤まさみが出演中の月9ドラマ「SUMMER NUDE」の主題歌は山下智久バージョンですが、オリジナルは真心ブラザーズです。この曲は、ブラスセッションが加わった彼らのリアレンジ曲。終わる夏の寂しさと気だるさが込められています。(Yamazaki)

  • ドラマ「SUMMER NUDE」には時々見慣れた風景が登場します。この曲も含めて、今後の展開が楽しみです。(Koji)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

60年代の高校生とジャズ「坂道のアポロン」


Himawari2ヒマワリのルーツはギリシャ神話の太陽神アポロンにまつわるものがあります。そのアポロンは音楽の神として有名です。

マンガ「坂道のアポロン」は小玉ユキ(こだまゆき、長崎県出身)の原作で、女性向け月刊漫画雑誌「月刊フラワーズ」に2007年11月から2012年3月まで連載されていました。そのあらすじは次の通りです。

1966年初夏、船乗りの父親の仕事の都合で、横須賀から長崎県の佐世保市にある佐世保東高校に転校してきた男子高校生・西見薫
転校初日、バンカラな男・川渕千太郎との出会いをきっかけに、ジャズの魅力にはまり、薫の高校生活は思わぬ方向へ変化していく。
更に、薫は千太郎の幼馴染・迎律子に、律子は千太郎に、千太郎は上級生の深堀百合香にと、それぞれの恋の行方も複雑になっていく。

出典:ウィキペディア

坂道のアポロン コミック 1-9巻 セット (フラワーコミックス)

新品価格
¥3,780から
(2013/7/29 14:15時点)

坂道のアポロンは、1960年代後半の高校生活、そして当時のジャズを描いています。60年代のジャズについては当ブログでも、タモリのJazz観たけしとジャズ、60年代の新宿など何度か扱っています。
しかし、作者の推定年令(生年非公開)からは当時を経験した訳では無く、どちらかと云えば彼女の親の時代に近いと思います。

史上初の「少女ジャズマンガ!」であるこの作品に登場した楽曲で構成される「坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック」があります。

坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥1,547から
(2013/7/29 14:23時点)

収録曲は次の通りです。

  1. モーニン
  2. ブローイン・ザ・ブルース・アウェイ
  3. いつか王子様が
  4. チュニジアの夜 (モノーラル録音)
  5. バット・ノット・フォー・ミー (モノーラル録音)
  6. アス・スリー
  7. ラヴ・フォー・セール
  8. イージー・トゥ・ラヴ
  9. マイ・フェイヴァリット・シングス
  10. バグス・グルーヴ (モノーラル録音)
  11. ブルー・トレイン
  12. マイ・ファニー・ヴァレンタイン

モダン・ジャズの入門用のオムニバスとしてもお薦めだと思います。このマンガを読む時のBGMとして聴けば、よりその世界に浸る事ができるかも知れません。

そしてこのマンガを原作としたTVアニメが、フジテレビ系列で2012年4月から6月に放送されました。その感動シーンをご覧下さい。

坂道のアポロン 文化祭シーン My Favorite Things〜SOME DAY MY PRINCE WILL COME〜Moanin’
http://www.youtube.com/watch?v=Pf9X0oaH1v4 (YouTube)

番組を見逃した方は、北米正規版のBD-BOX「Kids on the Slope Complete [Blu-ray]」がお薦めです。第1話から第12話までの全話が収録されており、音声は英語と日本語が切り替え可能で、特典映像も付いています。

Kids on the Slope Complete [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥4,116から
(2013/7/29 14:25時点)

物語の最後は高校卒業から8年後のシーンで幕を閉じます。
東京で医学部を卒業し医師となった薫。偶然出逢った同級生の結婚式の写真で見付けた神父姿の千太郎。長崎の坂の上にある教会を訪ねて行って、離ればなれであった二人の再会と感動のジャム・セッションです。

坂道のアポロン 最終回 Moanin’
http://www.youtube.com/watch?v=SCSHyUaZYGM (YouTube)

このTVアニメで薫と千太郎のピアノ(最後のシーンはオルガン)とドラムを担当したのは、若手ジャズ・ミュージシャンの二人です。1986年生まれの松永貴志(まつながたかし、兵庫県出身)と1992年生まれの石若駿(いしわかしゅん、札幌市出身)です。

松永貴志は2003年に17歳でアルバム「TAKSHI」でメジャーデビューし、TV等の出演も多い若きジャズ・ピアニストです。

TAKASHI

新品価格
¥2,409から
(2013/7/29 14:27時点)

一方の石若駿は現役の東京藝術大学(打楽器科)の学生であり、ドラマーとして東京周辺でのライブ出演も行なっています。

彼らの熱演を聴くことのできるTVアニメ版の「アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック」があります。

アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック

新品価格
¥2,636から
(2013/7/29 14:29時点)

Sumida-Jazz_2012

すみだストリートジャズ メイン会場の錦糸公園から見たスカイツリー(2012年)

そして彼らの生演奏に触れる機会ですが、石若駿の方は8月17日(土)と18日(日)に開催される「第4回すみだ・ストリート・ジャズ・フェスティバル」に出演します。
若干15歳で「バークリー賞(グループ・キャンプ)」を受賞し、2009年夏のセミナー(5week)にも参加している俊英を確かめてみて下さい。

  • 17日 椎名豊Trio(トリフォニーホール小ホール/19:20-20:00)
  • 18日 Akihiro Yoshimoto Quartet(Cafe Typhoo/14:00-14:40)

このジャズ・フェスは毎年夏に開かれるお薦めのイベントです。スカイツリー周辺の全て無料のライブ会場をハシゴして、プロやアマの生音に触れるのも良いと思います。
メイン会場ではビールや焼きソバなどの飲食ブースもありお祭り気分に浸れます。

もう一人の松永貴志は10月に第一生命ホール(東京)でトリオでの演奏会があります。

チケットぴあ 一般発売 / 松永貴志ピアノ・トリオ | 2013/10/2(水) |
第一生命ホール(東京都)
icon

私の高校生の頃は「坂道のアポロン」と同じ時代でしたが、ジャズに触れる機会は多くはありませんでした。
今の若い世代ではごく当たり前にジャズも身近な存在だと思います。中学生や高校生で頭角を現すプレーヤーも珍しくありません。

雑誌「JaZZ JAPAN Vol.23(JUL.2012)」に「坂道のアポロン」特集記事がありました。その中に「ジャズ青春群像:2012年のアポロン」と称する3人の対談が載っています。

JAZZ JAPAN Vol.23

新品価格
¥1,000から
(2013/7/29 14:33時点)

当時23歳でサックスの纐纈歩美(こうけつあゆみ、1988年 -、岐阜県出身)、19歳で同じサックスの中島あきは(なかしまあきは、1992年 -、和歌山県出身)、21歳でギターの井上銘(いのうえめい、1991年 -、神奈川県出身)によるものです。
第4回サマージャズレヴォリューションのステージを終えてのものでした。このイベントは日本音楽家協会(略称:日音協)の破産により今年はありませんが、日本ポピュラー音楽協会主催の同様のイベント「サマージャズ」が8月24日(土)に日比谷公会堂(東京)で開かれます。こちらもお薦めします。中島あきはが出演しています。

チケットぴあ一般発売 / 第45回 サマージャズ | 2013/8/24(土) |
日比谷公会堂(東京都)
icon

尚、この対談より後になりますが、中島あきはと井上銘の二人はバークリー音楽大学に留学しています。現役バークリー生の二人は秋学期が始まる9月までは日本での演奏活動を行なっているようです。
中島あきはについては横濱ジャズプロムナード ジャズ・コンペティション(1)及び(2)で紹介していますので、ここでは井上銘の1stアルバムの曲からその完成度の高い演奏をお聴き下さい。

FIRST TRAIN / MAY INOUE
http://www.youtube.com/watch?v=VDFtiZut1N8 (YouTube)

ファースト・トレイン

新品価格
¥1,807から
(2013/7/29 14:34時点)

世界遺産に認定されたミュージシャン「レイ・ハラカミ」(2)


世界遺産に認定されたミュージシャン「レイ・ハラカミ」(1)の続き

Himawari本格的な夏の訪れと共に咲き出したヒマワリ(向日葵)ですが、夏の季語でもあります。田舎の夏の風景にヒマワリは欠かせない花とも云えます。

矢野顕子によって「世界遺産」に認定されたレイ・ハラカミですが、2007年7月公開の映画「天然コケッコー」の音楽を担当しました。
山陰地方と思われる田舎町(S県香取郡木村)を舞台にした少女漫画が原作の映画ですが、レイ・ハラカミの紡ぎだす電子音楽が妙に溶け込んでいます。
主題歌も「くるり|言葉はさんかく 心はしかく」が使われています。

天然コケッコー
http://www.youtube.com/watch?v=cK2VdxWNzgw (YouTube)

 

天然コケッコー Blu-ray スペシャル・エディション

新品価格
¥2,793から
(2013/7/24 14:52時点)

「天然コケッコー」オリジナル・サウンドトラック BY REI HARAKAMI

新品価格
¥1,790から
(2013/7/24 14:54時点)

映画「天然コケッコー」の原作はくらもちふさこ(倉持房子、1955年 -)の少女漫画で、主人公「右田そよ」の中学時代のエピソードによって構成されています。
原作は読んでいませんが、田舎の日常風景と少女の恋愛感情が織りなす時間の流れが妙に印象的でした。

天然コケッコー 全9巻セット (集英社文庫―コミック版)

新品価格
¥5,670から
(2013/7/24 14:56時点)

主人公の中学3年生「そよ」役の夏帆(かほ、1991年 -)も好演ですが、相手の転校生「大沢」役の岡田将生(おかだまさき、1989年 -)は若干格好良すぎな所がありました。田舎の風景にそぐわない「星の王子さま」と考えれば、やむを得ませんが。

尚、この映画は同年の映画賞の幾つかを受賞した秀作で、主演当時15歳の夏帆は日本アカデミー賞等の新人賞を受賞しています。
レイ・ハラカミの音楽も毎日映画コンクールの音楽賞を受賞しています。
この夏のビデオ鑑賞の一つとしてお薦めします。特に、田舎生活と中学生時代の郷愁に浸るには最適だと思います。

「ひこうき雲」と「青い影」で紹介したスタジオジブリの最新作「風立ちぬ」が7月20日から公開になりました。宮崎駿(みやざきはやお)監督の思いが凝縮された映画になっているようです。アニメ映画といっても幅広い世代に訴求する何かを感じます。

チケットぴあ一般発売 / 風立ちぬ/全国券 | 2013/7/20(土)~ | 全国の上映劇場
icon

この作品のモチーフともなった堀辰雄の小説「風立ちぬ」や「菜穂子」は、中学生の頃に読んだ記憶があります。今では聞かれなくなった「サナトリウム(英: sanatorium、主に結核の療養所)」という言葉を知ったのはこの本だったと思います。

 

風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫)

新品価格
¥380から
(2013/7/24 15:02時点)

風立ちぬ・菜穂子

この映画に併せて、特別企画盤の「ユーミン×スタジオジブリ ひこうき雲 40周年記念盤 (CD+DVD)(完全生産限定盤)(LPサイズ絵本仕様)」が7月31日発売となります。

荒井由実 – ひこうき雲 MUSIC CLIP

ユーミン×スタジオジブリ ひこうき雲 40周年記念盤 (CD DVD)(完全生産限定盤)(LPサイズ絵本仕様)

新品価格
¥6,345から
(2013/7/24 15:05時点)

このアルバムの2曲目は「荒井由実|曇り空」ですが、矢野顕子とレイ・ハラカミのユニット「yanokami」もカバーしています。結果的に二人にとって最後のアルバムとなった「yanokami|遠くは近い」の同じく2曲目にあります。

遠くは近い

新品価格
¥2,047から
(2013/7/24 15:06時点)

このアルバムの制作途中で急逝したレイ・ハラカミですが、完成済みの音源と共に、彼の盟友であるタブラ奏者U-zhaan(ユザーン、本名:湯沢啓紀、ゆざわひろのり、1977年 -、埼玉県出身)と矢野顕子による曲を加え、2011年末にリリースされています。

インドの民族楽器のタブラ(英:Tabla)ですが、シタールとノルウェイの森(1)で紹介したように、同じインドの民族楽器であるシタールの演奏に登場しています。実際は高音用のタブラ(tabla)と低音用のバヤ(baya)が一緒に使われる太鼓の一種です。

世界遺産の「神」がいなくなったヤノカミ(yanokami)ですが、その活動自体は止めていないようです。yanokami(矢野顕子 x レイ・ハラカミ)オフィシャル・ホームページも健在です。

しかし、レイ・ハラカミの公式ページの方は2011年7月8日のライブ・スケジュールの記事以降は更新が止まっています。

但し、レイ・ハラカミの残した音源、謂わば「神の遺産」はyanokamiの音楽活動を今でも支えているようです。昨年の7月30日に行われたイベント「100%ユザーンvol.3」で、前回に聴き比べて貰った「ばらの花」 を「yanaokami x U-zhaan」で演奏する映像があります。このバージョンも聴き比べてみて下さい。

yanokami × U-zhaan – ばらの花
http://www.youtube.com/watch?v=oPQ44DL3ztc (YouTube)

タブラが加わり、更に進化しているように思います。
yanokamiのホームページで告知されていますが、この8月30日に「yanokami Indoor festival」が、恵比寿にあるライブハウスLIQUIDROOM(リキッドルーム)iconで開かれるようです。

8/30(金)「yanokami Indoor festival」によせて by 矢野顕子

チケットぴあ一般発売 / yanokami | 2013/8/30(金) | LIQUIDROOM(東京都)icon

このイベントにもゲスト参加が予定されているU-zhaanですが、<キャンペーン情報>連続テレビ小説「あまちゃん」をより楽しむための音楽ガイドで紹介の「あまちゃん」のサウンド・トラックにもタブラで参加しています。タブラの演奏が使われているシーンを探してみて下さい。

Inaho盛夏を迎え、稲穂も実を付けだした今日この頃です。
こんな田園の風景は映画「天然コケッコー」や「風立ちぬ」にも共通するような気がします。

余談になりますが、「風立ちぬ」に特別協力している読売新聞で、菜穂子の描いている絵コンテストの募集があります。但し、参加資格は中学生以下です。
菜穂子のキャンバスの先に見えているのは、「ヒマワリの咲き誇る田舎の夏の風景」のような気がします。

マイ・フェイバリット・サマー・ソングス


信濃川(関越自動車道越後川口SA下り線)

信濃川(関越自動車道越後川口SA下り線)

連休初日、いかがお過ごしですか?

早い梅雨明けとなり、厳しい九州~関東の猛暑も、一段落しました。
ちょっとてホッとしています。

しかし、夏本番は、まだまだこれから。
海、山、川、高原、プールなど、夏を満喫しましょう。
私は、早々に、高原ドライブを楽しみました。

さて、7月の「お気に入り曲」のテーマは「夏」です。
当ブログ執筆者4人のお勧めのサマー・ソングを9曲、紹介します。

平山三紀|真夏の出来事
http://www.youtube.com/watch?v=5_BJI6ePBNU (YouTube)

DREAM PRICE 1000 平山三紀 真夏の出来事

新品価格
¥998から
(2013/7/13 15:18時点)

夏の曲というと、真っ先に思い浮かぶのがこの曲です。メロディの良さ、平山三紀の独特の声、そして歌詞、別れの曲なのに、歌詞の一言、一言が映画のワンシーンを観てるような気にさせてくれる曲でした。もちろん、カラオケでは今でもよく歌います。(Hiro)
私は平山三紀世代ではありませんが、この曲は学生時代に大ファンだった台湾出身のアイドル「優雅(ゆうや)」のデビュー・アルバムにも収録され、メロディーラインが好きでよく聴きました。今でもLPレコードを持っています。(MAHALO)

クリフ・リチャード(Cliff Richard)|サマー・ホリデイ(Summer Holiday)
http://www.youtube.com/watch?v=rbNP5yqg7hc (YouTube)

グレイテスト・ヒッツ VOL.1

新品価格
¥2,000から
(2013/7/13 15:20時点)

非常に乗りのよいPOPな曲調に、夏休みだ!青い海だ!真夏のぎらぎらした太陽だ!と青春そのものの歌でした。このテーマで映画(イギリス)がつくられたようですが、それは観ていません。曲からうけるイメージは、アメリカ西海岸の学生の夏休みのように感じていました。(Hiro)

吉田拓郎|夏休み
http://www.youtube.com/watch?v=BB81_DTZYns (YouTube)

元気です

中古価格
¥641から
(2013/7/13 15:21時点)

小学校時代の夏休みが、そのまま歌詞になった感じです。何か郷愁のようなものを感じる歌です。「麦わら帽子」「田んぼのかえる」「きれいな先生」・・・。私にとって、すべてがリアルな言葉です。(Hiro)
この曲を聞くと、何故か終わっていない宿題の事を思い出してしまいます。そんな切羽詰まった状況も懐かしい思い出です。(Koji)
ほのぼのした日本の田舎の原風景が思い浮かびます。(Yamazaki)

山下達郎|Ride On Time
http://www.youtube.com/watch?v=NIDu3wTRos4 (YouTube)

RIDE ON TIME (ライド・オン・タイム)

新品価格
¥1,891から
(2013/7/13 15:22時点)

夏といえば素直にこの曲です。雄大な青空に飛翔するANAの機体がオーバーラップするのはテレビドラマの影響でしょうか。「月9とボストン(1)」でも紹介しましたが、夏の訪れにこの曲は欠かせません。昨年ヒットしたベスト盤にも当然収録されていますが、本人リマスター/自筆ライナーノーツ&曲解説のこちらのアルバムもお薦めです。(Koji)
山下達郎はやはりこのような曲調が大好きで、この曲もよく聴いた1曲です。シングルとアルバムは別レコーディングとの事で2枚購入し友人と聴き比べた思い出があります。(MAHALO)
カセットテープ「日立マクセル」のCM曲のインパクトも大きく、今でも覚えています。(Yamazaki)

高中正義|Blue Lagoon
http://www.youtube.com/watch?v=4SJC5XykIt0 (YouTube)

JOLLY JIVE

新品価格
¥1,980から
(2013/7/13 15:23時点)

夏といえば高中。高中といえば「Blue Lagoon」。詩がなくても、これだけ夏を感じさせてくれるのは何故でしょうか。エレキギターが夏向きなのでしょうか。ブルーラグーンとはアイスランドにある有名な観光名所のようですが、行ったことはありません。6月復刻のデジタル・リマスター仕様がお薦めです。(Koji)
ギターとリズムが夏を感じさせます。(Hiro)
高中正義は本当に日本人が好むメロディー、フレーズ作りの上手いギタリストだと思います。この曲も大好きな曲でよく聴きますが、ファースト・アルバム「セイシェルズ」を初めて聴いた時の衝撃は今でも覚えています。私の聴く音楽ジャンルを変えたアーティストの1人です。(MAHALO)
「ブルーラグーン」私も行ってみたいです。(Yamazaki)

堀井勝美プロジェクト|Walking On Air
http://www.youtube.com/watch?v=lUy50iPdTp4 (YouTube)

SUMMER’S

中古価格
¥2,000から
(2013/7/13 15:24時点)

こちらのジャケット写真は、リンク先のAmazon.co.jpで、ご覧いただけます。

この曲収録のアルバムのタイトル「Summer’s」からも夏です。この曲はこれからの季節にピッタリかと思い、私もこの時期よく聴く曲です。夏のBGMとしてもよく流れていますので一度は聴かれたのではと思います。(MAHALO)

リー・リトナー(Lee Ritenour)|レインボー(Rainbow)
http://www.youtube.com/watch?v=SVeK_cOPtWI (YouTube)

イン・リオ

新品価格
¥1,710から
(2013/7/13 15:32時点)

アルバム「Rio」に収録の曲です。日本がこれから夏という事は南半球は冬を向かえるのですが、やはりブラジルはボサノヴァ、サンバという音楽からも一年中夏のイメージしかありません。ガット・ギターが心地よく、夏に聴くにはお勧めの曲です。(MAHALO)
曲には直接関係ないけど、杏里と婚約していた時期があったのですね。知りませんでした。(Yamazaki)

渚のオールスターズ|Be My Venus
http://www.youtube.com/watch?v=20zoHszR7sM (YouTube)

ザ・ベスト・オブ「渚のオールスターズ」

新品価格
¥2,512から
(2013/7/13 15:33時点)

TUBE、織田哲郎、亜蘭知子を中心にした期間限定ユニットによる1988年リリースのファースト・シングル曲。大ヒット曲ではありませんが、TUBEの派生として、ビーチやラジオでよく流れていました。もちろん、カセットテープに詰め込んで、出かけました。(Yamazaki)

大滝詠一|君は天然色
http://www.youtube.com/watch?v=n5LiNe1cpC8 (YouTube)

A LONG VACATION 30th Edition

新品価格
¥2,238から
(2013/2/13 11:11時点)

最近でも、戸田恵梨香のサントリー「金麦」、香里奈のスズキ「アルトエコ」のCMソングにも使用される大滝詠一の代表曲。リゾート地のビーチサイドの情景が思い浮かびます。(Yamazaki)
大滝詠一の「恋するカレン」とこの曲は、夏を感じます。(Hiro)
「糖質off」始めようかなと思います。ビーチサイドでビール片手に聴きたいものです。(Koji)
大滝詠一といえばやはりこの曲が1番かと思います。当時(今も)大ファンの私は南青山にあったレコード店「パイド・パイパー・ハウス」で「ロング・バケーション」のレコード・ジャケットをプリントしたTシャツを何枚も購入し、毎日のように着ていた思い出があります。当時はMサイズっだたのですが…。(MAHALO)

お気に入りが見つかれば幸いです。

(編集長)

ジャズ・フェスの季節(2)「モントルー」


スイスのモントルー(Montreux)は北緯46°26′、東経6°55′にあります。ジャズ・フェスの季節(1)のモントリオールより更に北に位置し、日本との時差は7時間(サマータイムの3月31日から10月27日)で、日本の方が進んでいます。冬時間だと8時間になります。

モントルーの位置するスイス西部はこちらもフランス語地域で、フランスとの国境に近いリゾート都市です。郊外にある三日月型をしたレマン湖(仏: Lac Léman、ラク・レマン)はスイスとフランスにまたがった大きな湖です。

大きな地図で見る

このモントルー及びレマン湖周辺で毎年7月に行われるジャズ・フェスティバルは、モントリオールに次ぐ世界でも二番目の規模を誇ります。第47回目となる今年の開催期間は7月5日(金)から20日(土)となっています。

モントルー・ジャズ・フェスティバルMontreux Jazz Festival)の公式サイトはフランス語の他、ドイツ語、英語があります。尚、日本語を選んでも提携イベントの「MJFJ・イン・かわさき」の案内だけです。

Montreux Jazz Festival公式サイト(英語)

このジャズ・フェスに併せて、梅雨の無い「陽光がまぶしく降り注ぎ、アルプスが活気づくシーズン(スイス政府観光局)」、夏のスイスの旅も最高だと思います。こちらは親切な日本語の公式サイトがあります。

スイス政府観光局公式ホームページ(日本語)

このジャズ・フェスにおいて有名な事件が起きました。1971年の第5回のことでした。

フランク・ザッパ(Frank Zappa, 1940年 – 1993年、米国のミュージシャン)の熱狂的なファンによる、モントルー・カジノの放火事件です。

そして、この事件を題材にした曲「ディープ・パープル(Deep Purpleスモーク・オン・ザ・ウォーター(Smoke On The Water)」が生まれました。

Deep Purple|Smoke On The Water (訳詞付)
http://www.youtube.com/watch?v=nKJMpFQHM8s (YouTube)

やがてディープ・パープルの代表曲ともなったこの曲は、アルバム「マシン・ヘッド(Machine Head)」の員数合わせ*で作られたようですが、誰もが知るハードロックの名曲として多くのアーティストによってカバーされています。

このアルバム「ディープ・パープル|マシン・ヘッド」が、ワーナー・ミュージックの「ForeverYoung The Red Sale 2013」から7月24日に再発売されます。初回生産限定の廉価版ですのでお薦めです。

マシン・ヘッド

新品価格

¥1,380から

(2013/7/1 21:57時点)

この伝説となった名盤には彼等のもう一つの代表曲「ハイウェイ・スター(Highway Star)」も収録されています。

ディープ・パープルの6回目の出場となった2011年の映像があります。オーケストラをバックにした演奏です。

Deep Purple with Orchestra|Highway Star – Montreux 2011
http://www.youtube.com/watch?v=72SR0rxdZQ8 (YouTube)

この時のライブ映像を収めたブルーレイは「Deep Purple|Live at Montreux 2011」です。

Live at Montreux 2011 [Blu-ray] [Import]

新品価格

¥1,213から

(2013/7/1 22:17時点)

この様に、このジャズ・フェスの特徴は、出演者がジャズ分野だけに留まらずブルース、ロック、ワールド・ミュージック等の多岐に渡ることです。

残念なことに、このフェスの創始者クロード・ノブス氏が今年1月に亡くなれました。昨年末のスキー中の事故が原因だったそうです。ご冥福を祈ります。

さて今年のプログラムを覗いてみると、プリンス(Prince)が3回のヘッド・ライナーショーを行う他、スティング(Sting)、クラフトワーク(Kraftwerk)、デヴィッド・サンボーン(David Saborn)、ダイアナ・クラール(Diana Jean Krall)などが出演し、最後のクロージング・ナイト(21日)はマーカス・ミラー(Marcus Miller)となっています。多くの国の広いジャンルのミュージシャンを観ることができます。

先に紹介したディープ・パープルも19日に、今回で7回目の出演がある筈です。過去最多出演のマイルス・デイヴィス(Miles Davis)の8回に次ぐ記録となります。

同じ日のメイン・ステージ(Auditorium Stravinski)には、以前の記事で紹介したブライアン・メイ(Braian May)も登場します。

しかし、スイスまで出向くのに億劫な方に、モントルー・ジャズ・フェスティバルの演奏を収めたブルーレイをお薦めいたします。

まずは、「Legends: Live at Montreux 1997」です。

Legends: Live at Montreux 1997 [Blu-ray] [Import]

新品価格

¥1,206から

(2013/7/2 09:36時点)

出演者は次の通りです。

  • Eric Clapton (guitar and Vocal)
  • Steve Gadd (drums)
  • Marcus Miller (bass)
  • Joe Sample (piano)
  • David Saborn (saxophone)

Legends Live at Montreux 97|Full House
http://www.youtube.com/watch?v=7IKiJ_j5J6I (YouTube)

もう一つは「Return to Forever|Live at Montreux 2008 」です。

Live at Montreux 2008 [Blu-ray] [Import]

新品価格

¥1,250から

(2013/7/1 22:07時点)

当ブログでも度々登場しているチック・コリア率いるリターン・トゥ・フォーエヴァー(RTF)の復活プロジェクトです。メンバー構成は次の通りとなっています。

  • Chick Corea (keyboards,piano)
  • Stanly Clarke (bass)
  • Al Di Meola (guitar)
  • Lenny White (drums)

RETURN TO FOREVER|No Mystery
http://www.youtube.com/watch?v=akjah8gP-6I (YouTube)

RTF第2期後期(1974年~1976年)メンバーの復活となっています。

何れもブルーレイ版で紹介しましたが、通常のDVD版もあります。

LacReman

三日月型の「ラク・レマンプール」

さて、私の家から車で10分足らずの所にもレマン湖(ラク・レマン)があります。夏の7月と8月だけ開かれる人工の三日月型をしたプールです。この時期、プールサイドではビアガーデンも開催されます。

SuisuTei1

和食処「翠洲亭」看板

その近くには、元スイス大使館として使われていた和食処「翠洲亭」(すいすてい)もあります。

SuisuTei2

和食処「翠洲亭」全景

昭和53年までスイス大使館として使われていた建物です。その後、長柄「ふるさと村」に寄贈されて、レストランとして営業中です。

私の記憶では、この周辺でジャズ・フェスが行われたというのは一度も聞いたことがありません。

しかし、他の施設も含めて、緑に包まれた閑静なリゾートスポットです。この夏のリゾートライフに如何でしょうか。

生命(せいめい)の森リゾート公式サイト**

編集部注: *「員数合わせ」とは「数合わせ」のことです。

編集部注: **生命(せいめい)の森リゾートは、千葉県長生郡長柄町にある日本メディカルトレーニングセンター(旧 日本エアロビクスセンター)を中心に構成されるリゾート複合施設です。

「ひこうき雲」と「青い影」


Hikokigumo晴れ渡る青空に一筋の飛行機雲がビルの谷間から天高く伸びています。
ボストンのボイルストン通りで3年前のメモリアルディ・ウィークにたまたま写真に収めた風景です。
毎年5月最終週の月曜日はメモリアルディ(戦没将兵追悼記念日)として全米の休日です。その前の週末は墓参を兼ねた家族旅行などで観光地は賑わいます。日本のお盆休暇とも似た行事かも知れません。
この飛行機雲を撮った場所の近くで、今年4月ボストン・マラソン爆発事件がありました。

飛行機雲をテーマにした、「松任谷由実」(当時は荒井由実)の「ひこうき雲」と云う曲があります。夭折(ようせい)した旧友がモデルだそうです。

「ひこうき雲」
白い坂道が 空まで続いていた
ゆらゆらかげろうが
あの子を包む
誰も気づかず ただひとり
あの子は 昇っていく
何もおそれない そして舞い上がる

空に 憧れて 空を かけてゆく
あの子の命は ひこうき雲

(作詞、作曲、唄:荒井由実)

荒井由実ひこうき雲 (from「日本の恋と、ユーミンと。」)
http://www.youtube.com/watch?v=Z2x9O1aNaoE (YouTube)

松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。 (初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥4,540から
(2013/6/17 11:41時点)

この曲をタイトル名としたアルバム「ひこうき雲」は、荒井由実のファースト・アルバムとして東芝EMI(当時)より、1973年にリリースされました。
ジャケットデザインは彼女の好んだアルヒーフ(独:Archiv、ドイツ・グラモフォンのバロック音楽中心の古典レコードレーベル)のデザインを模したようです。
そこに記されたタイトル名は「HIKŌ-KI GUMO」とヘボン式ローマ字で綴られています。今では殆ど見かけることが少なくなった長音の表記となっています。
2000年にリマスタリングされ発売されたCD盤の「ひこうき雲」もそのデザインは踏襲されています。

ひこうき雲

新品価格
¥2,149から
(2013/6/17 11:40時点)

このユーミンのデビュー・アルバム、そしてニューミュージックと称されることになる最初のアルバムには、「ティン・パン・アレー」(バンド、当時は「キャラメル・ママ」の名前で活動)のメンバーが深く関わっています。

  • ピアノ、コーラス:荒井由実
  • ベース、ガットギター、ナイロン・ストリングス・ギター:細野晴臣
  • キーボード、パーカッション、バンジョー、コーラス:松任谷正隆
  • ギター、パーカッション:鈴木茂
  • ドラム、パーカッション:林立夫

こんな強力なメンバーに恵まれ、念を入れたプローモーションにより誕生した荒井由実ですが、この曲が存在していなかったら違っていたかも知れません。
13歳の時に出逢ったと云う「プロコル・ハルム(Procol Harum)|青い影(原題:A Whiter Shade of Pale)」です。

プロコル・ハルム青い影
http://www.youtube.com/watch?v=buSzOh84QX4 (YouTube)

青い影~ベスト・オブ・プロコル・ハルム

新品価格
¥2,594から
(2013/6/17 11:41時点)

インスパイア(inspire)とパクリの境界がどの辺なのかは判りませんが、そこにはリスペクト (respect)があって、新たな創造となるなのかも知れません。
ユーミンが荒井由実から松任谷由実に変わるキッカケとも云われる、そのコード進行の原点はリスペクトから生まれた新たな才能だった思います。

昨年の音楽ソフト売上の好調を牽引したアルバムの一つ、「松任谷由実40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。」では最後のディスク:3の14曲目が「ひこうき雲」です。そして、15曲目のスペシャルトラックは、新録による「青い影/Procol Harum feat. Yuming」が収められています。このボーナストラックは本家のプロコル・ハルムのメンバーとロンドン・アビーロード・スタジオで収録されています。
そして共演ツアーも行われました(BIGLOBE 音楽芸能ニュース)。

「プロコル・ハルム|青い影」を聴くとどうしても思い出してしまう曲に、「つのだ☆ひろ|メリー・ジェーン」があります。ディスコ全盛時代から「青い影」と並んでチークタイムの定番曲として双璧の名曲だと思います。

つのだ☆ひろメリー・ジェーン
http://www.youtube.com/watch?v=8ivelogAviY (YouTube)

つのだ☆ひろエッセンシャル・ベスト

新品価格
¥1,025から
(2013/6/17 11:42時点)

更に、「青い影」のルーツを辿るとバロック音楽の中にも共通する佇まいを感じざるを得ません。

バッハG線上のアリア (Bach “Air on G String”)
http://www.youtube.com/watch?v=thQWqRDZj7E (YouTube)

パッヘルベルのカノン~バロック名曲集

新品価格
¥1,028から
(2013/6/17 11:42時点)

バロックの名曲を集めたコンピレーション・アルバム「パッヘルベルのカノン ~バロック名曲集」を聴いてみて下さい。日本の歌謡曲のルーツが見えてくるかも知れません。

荒井由実に多大な影響を与えた「青い影」ですが、他にもビートルズのジョン・レノンや山下達郎等にも少なからずインパクトがあったようです。

しかし、「プロコル・ハルム」と「青い影」は古典的な教会が良く似合います。
ロンドンのユニオン・チャペルで行われたライブ版のブルーレイ「Procol Harum|Live at the Union Chapel」がお薦めです。

Procol Harum|A Whiter Shade Of Pale (Live at the Union Chapel)
http://www.youtube.com/watch?v=p8jJ1ORIOes&noredirect=1 (YouTube)

Live at the Union Chapel [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥1,100から
(2013/6/17 11:42時点)

「荒井由実|ひこうき雲」が主題歌となった、ジブリ最新作「風立ちぬ」は7月20日から全国一斉に公開されます(公式サイト)。

チケットぴあ
一般発売 / 風立ちぬ/全国券 | 2013/7/20(土)~ | 全国の上映劇場

風立ちぬ サウンドトラック[共通特典CD付き]

新品価格
¥3,000から
(2013/7/15 10:28時点)

このアニメ映画には、零戦の設計者堀越二郎と小説「風立ちぬ」の作者堀辰雄へのリスペクトが込められているようです。

 

零戦 その誕生と栄光の記録 (角川文庫)

新品価格
¥580から
(2013/8/9 09:58時点)

風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫)

新品価格
¥380から
(2013/7/24 15:02時点)

ボストンとMIT、そしてウォータータウンへ(2)


ボストンとMIT、そしてウォータータウンへ(1)の続き

ロック・バンド「ボストン」(Boston)のデビュー・アルバム「幻想飛行(原題:Boston)」の制作は、トム・シュルツ(Tom Scholtz)の完成度の高いデモ・テープの再現だったようです。
メンバーはオーディションで集められたようですが、リード・ボーカルのブラッド・デルプ(Bradley E. Delp、1951年 – 2007年、一酸化炭素中毒による自殺)以外は、実質的に演奏ツアーを目的としたものだったようです。
そして現在までに発表されたアルバムは、ベスト盤1枚を除き僅か5枚しかありません。活動を継続しているバンドとしては異例な寡作のグループと云えます。
自らが膨大な時間をかけてミックス作業まで行うシュルツの拘(こだわ)りが、その大きな要因と思われます。
その5枚の発表年次は次の通りです。

  • 1976年:幻想飛行(原題:Boston)
  • 1978年:ドント・ルック・バック(Don’t Look Back)
  • 1986年:サード・ステージ(Third Stage)
  • 1994年:ウォーク・オン(Walk On)
  • 2002年:コーポレイト・アメリカ(Corporate America)

例の「No Synthesizers Used」「No Computers Used」の表記については、「ウォーク・オン」以降は「No Computers Used」だけになっています。
2枚目以降は8年毎のリリースですが、リード・ボーカルのブラッド・デルプの死の影響だったかも知れませんが、現在10年以上の空白があります。新しいボーカルも決まりツアーは行なっています。
そんな2008年のライブ映像があります。1986年にビルボード誌の全米1位になった「Amanda」の映像です。

BOSTONAmanda @2008 LiVE
http://www.youtube.com/watch?v=CFRxqGOBGYM (YouTube)

そしてシュルツのギターも健在です。

BOSTONInstrumental @2008 LiVE
http://www.youtube.com/watch?v=uRBpHzrYj8k (YouTube)

そんな寡作なボストンですから、ベスト盤でなくそれぞれのアルバムを聴いてみるのも良いのではないでしょうか?
2006年にはアルバム「幻想飛行」と「ドント・ルック・バック」のデジタル・リマスターをシュルツ自身が手掛けています。
この際、シュルツの拘りを確かめるために、前の(1)で紹介したソニー・ロック名盤100選「レガシー・レコーディング・シリーズ」の「Blu-Spec CD2」や、ユニバーサルミュージックの「My Generation,My Music on SHM-CD」シリーズの、高音質CDで聴き比べるのも良いかも知れません。

ソニー・ロック名盤100選「レガシー・レコーディング・シリーズ」の「Blu-Spec CD2」

ドント・ルック・バック

新品価格
¥1,890から
(2013/5/16 18:28時点)


ユニバーサルミュージック「My Generation,My Music on SHM-CD」シリーズ

サード・ステージ

新品価格
¥1,571から
(2013/5/16 18:29時点)

ウォーク・オン

新品価格
¥1,799から
(2013/5/16 18:30時点)

しかし、この辺の嗜好はあくまでも個人の好みの問題だと思います。「Blu-spec」には通常のCDと聴き比べられる、2枚組オムニバス盤の「聴き比べ体感!Blu-spec CD2×CD Legacy Recordings編」がありますので試しては如何でしょうか?

聴き比べ体感! Blu-spec CD2×CD Legacy Recordings編

新品価格
¥1,575から
(2013/5/16 18:24時点)

私の個人的な感覚としては「Blu-spec」盤の方がややマイルドな感じの気がします。ただ言えるのは、マスター音源と再生環境による影響の方が当然大きいと云えます。
もっともボストン(シュルツ)の楽曲は通常のCDでも充分な品質であることは間違いありません。

一方、シュルツのエンジニアとしての足跡ですが、ギター・アンプやエフェクターの開発も有名な話です。
「Rockman(TM)」のブランドで知られるこのエフェクターは、初期のB’z(松本孝弘のギター)で使われてたようです(「THE中古楽器屋」のコラム)。
ギターとボーカル以外は小室哲哉風の打ち込みが多いようですが、シュルツの開発したエフェクターを通したギターの音も確かめて下さい。

B’zの歴史 【シングルメドレー編 1/2】 1988年~1999年
http://www.youtube.com/watch?v=_LFDpdoz0WA (YouTube)

B’zのベスト盤「B’z The Best XXV 1988-1998」が6月12日に発売予定です。

B’z The Best XXV 1988-1998(初回限定盤)

新品価格
¥2,840から
(2013/5/16 18:26時点)

シュルツが1980年に起こした音響機器製造会社「SR&D(シュルツ・リサーチ・アンド・デベロップメント)社」は、その開発品ロックマン・アンプ・シリーズで多くのアーティストの支持を得ますが、1995年にロックマン・シリーズをダンロップ社に売却、その後SR&D社も売却します。(ダンロップ社Rockmanシリーズ)
しかし、シュルツの発明は数多く、35件近くの特許を持っているようです。ただ、アナログ世代の彼は、未だに今では主流のMIDIスタイルのサンプリング楽器やPCを使った音楽には抵抗があるようです。

シュルツの持つ24トラックのアナログ・テープデッキ(3M社M79)とテープ在庫(スコッチ226)は健在のようなので、長い沈黙を破って、次のアルバムの発表が期待されます。
今年11年振りのNewアルバム発表が期待されるコメントがあります。

Many exciting things are moving forward as we head into spring 2013.

Tom is buried in the studio, lovingly coaxing his legacy analogue equipment to bear with him just a little longer while he wraps up the mix of his latest song, “Someday.” ……

出典:Official Boston Website -News-

シュルツの学んだMIT(マサチューセッツ工科大学)ですが、最初はボストン技術学校としてボストンのニューベリー通りに設立されました。1865年に現在の名称に変わり、20世紀初頭のボストンの地価高騰によりコプリー広場付近のキャンパスから現在の場所に移転しました。
まさしく「ボストン・マラソン爆発事件」の最初の現場付近にあった訳です。

シュルツの一人息子(最初の妻との子供)もMITで機械工学を修めていますが、ミュージシャンの道には進まなかったようです。
今でもトム・シュルツはボストン・エリアを活動拠点とする音楽家兼技術者兼慈善家と言えるでしょう。

Boston_BackBay

写真は、MITに向かうチャールズ川に架かるハーバード橋(Harvard Bridge)から見たボストンの眺めです。左側のボストンで(ニュー・イングランド地域でも)一番高いビル「ジョン・ハンコック・タワー(John Hancock Tower)」の所がコプリー広場です。